「米福」の天丼

◎週末はグルメ情報!!今週は天ぷら

 水曜日午後から、米子の勝田ケ丘志学館に授業に行く前に、お昼ご飯を食べに、松江駅シャミネに入店する「天ぷら海鮮米福(こめふく) シャミネ松江店」で天ぷらを食べることがあります。京都・大阪にお店があります。この店の特徴は何と言っても、山陰の漁港で上がる新鮮な海産物と、米油であげる天ぷら。米油で揚げるとサクサクになるだけでなく、食用油の中では天然栄養成分が豊富で、コレステロールを下げる植物ステロールが群を抜いて多く含まれているんだそうです。天丼」天ぷら定食」をお願いすることが多いです。ちなみにご飯大盛りは無料です。

 店内を見渡すと、夜の居酒屋の雰囲気が伝わってきます。ランチの時間帯はサラリーマンや年配のお一人様が多い印象。おばちゃんが人生について、店員さんに長々と語っていたけど、そんな地域密着型の接客スタイルも好感が持てます。店内奥の方には個室のテーブル席もあります。夜の飲み会やしっぽりしたい方はこちらへどうぞ!

 テーブル備え付けの醤油は、地元松江の平野醤油さんの刺身醤油とかけ醤油でした。米福天丼 980円。そうこうするうちに10分も経たずにやってきのはこちら。ボリュームばっちり!米油でサクッと仕上がった天ぷらは格別です。甘党の方は、天丼のたれを追加で注ぐスタイル。2本ものったエビの大きさもばっちりのボリュームでして、これでは、大エビ天丼ってどんなもんだろうと気になってしまいました。天丼に乗った半熟卵ってちょっと意外でしたが、半熟具合もちょうどよく、とろとろでして、天丼のサクサクした食感に対していいアクセント担ってくれます。その他には鶏肉、なす、かぼちゃ、半熟卵がのっています。お味噌汁は油揚げとわかめのお味噌汁、小鉢は春雨の入ったきんぴらとポテトサラダ。きんぴらは歯ごたえと食感がよく、ポテトサラダは安定の味でした。全体的にこのセットで980円はばっちりのコストパフォーマンス!と感じました。「天ぷら定食」も同じ980円で美味しくいただきます。♥♥♥

カテゴリー: グルメ | コメントをどうぞ

『札幌時計台殺人事件』

 最近、再放送された渡瀬恒彦さん主演のTBS系十津川警部シリーズ「特急おおぞら殺人事件」の冒頭シーンは、亀井刑事伊東四郎)と息子の健一くんが、「札幌時計台」の前で写真をパチパチ撮るところから始まりました。時を同じくして、木谷恭介(こたにきょうすけ)『札幌時計台殺人事件』(実業之日本社、2014年)を読みました。

 札幌のシンボルのように親しまれている時計台だが、まわりを高いビルにか
こまれて、いかにも窮屈そうであった。
 もともと、札幌農学校の演武場として建てられたものなのだ。農学校が移転
して時計台だけが残された。建築されたのが明治11(1878)年で、学校
が移転していったのは明治39年だというから、残されたこと自体が奇蹟の
ようなものだ。
 まえにきたとき、ビルの谷間に埋もれたように建っているのをみて、写真で
想像したのとのちがいにおどろいたのだが、ボストンのハワード会社製という
時計は今年で111年、ときを刻み続けている。

 「日本三大がっかり名所」の一つがこの「札幌時計台」ですよ、と札幌講演会で札幌を訪れた際に、市内を案内してくださったMK観光タクシーの運転手さん(実に丁寧な接客で印象に残りました、この会社、実に評判がいいですよね)が説明してくださいました。二つ目は高知のはりまや橋、三つ目は長崎のオランダ坂という説と、沖縄の守礼門と説が分かれます。

dsc06792

 「えー、なんで??!」  こんな素敵な時計台がどうしてがっかり名所?!と思いますよね。北海道のイメージといえば、広大な平原、雄大な自然、そこから生まれてくる海産物や甘い野菜、スイーツなどのグルメ等々。時計台は、そんなイメージ通りの外観の建物ですから、旅行雑誌や旅行会社のパンフレット類にも、この自然や景色と重ねて必ず掲載されている有名スポットですね。しかも、現存している時計台の中では、日本最古の振り子式塔時計です(アメリカ「ハワdsc06787ード時計会社」製)。動力には50キロと150キロの重りが使われており、週2回人の手で巻き上げているそうです。しかしながら、実際に行ってみると、札幌市のど真ん中にあり(JR札幌駅から歩いても10分)、周りのビルが大きい上に、ビルとビルの谷間に挟まれて、ずいぶんと形見が狭そうな窮屈な印象です。同じ札幌市内でも、もしこの時計台があの雄大な「羊ヶ丘」辺りに建っていたら、全然がっかりしないと思うんですが…。「時計台」自体は素晴らしいんですが、ビルの間に挟まれていていかにも窮屈そう、北海道の広い大地のイメージに合わないのが「がっかり」の原因なんでしょうね。しかし、130年以上に渡って正確に時を刻み、毎正時に鳴るノスタルジックな鐘の音がビル街に時を告げ、開拓期から札幌の街の発展を見守り続ける歴史的建造物(国指定重要文化財)です。赤い星のマーク(五稜星)は、北海道開拓時代の象徴で、時計台には全部で17個付いているそうですよ。

 北海道大学の前身である札幌農学校の演武場として、初代教頭のクラーク博士の構想に基づき1878(明治11)年に建設されました。設計は2代目教頭のウィリアム・ホイーラーです。農学校の生徒の兵式訓練や、心身を鍛える体育の授業を行う場、および入学式・卒業式等を行う中央講堂として使われていた建物です。中が資料館みたいになっています。一階は通常の教室で、二階に軍事訓練場、武器保管部屋が作られました。当時、日本では西南戦争が勃発し、戦国時代さながらの不穏な空気が世に流れていました。クラーク博士は、南北戦争で命を落とした自分の生徒達が、兵士としての訓練を受けていなかったことを悔いており、札幌農学校の生徒達には同じような悲劇を繰り返さないで欲しい、という強い想いがありました。現在時計台として親しまれているあの建物は、札幌農学校の生徒達に対するクラーク博士の愛が詰まったものだったのですね。開拓期のアメリカ中・西部で流行した風船構造と呼ばれる木造建築様式が特徴です。赤い屋根と白い壁が印象的な建物ですが、市立図書館として使われていた一時期には壁の色が緑だったという意外な記録が残っています。1階大展示室ではその札幌農学校の歴史、生徒の英語による学習の様子、色の移り変わりや大火に遭った際のエピソード、修復工事の映像など、時計台にまつわる歴史をパネルやジオラマで展示をしていました。2階では再現された「演武場」の歴史的な雰囲気を体感しながら、実際に時計台で使われているものと同じ、ハワード社の同タイプの兄弟時計機械(昭和3年製作)を見学できます。貸しホールにもなっています。♥♥♥

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

職業

 職業」について考えてみます。人と「職業」の関わりにはいろいろな要素がありますが、おおよそ次の三つに集約できるのではないかと思っています。

1.生計の維持・・・経済的に自立すること(=生活ができる)

2.社会的役割の維持・・・自分が社会の中で有用な構成員であることを実感する(=社会に役立っている)

3.個性の発揮・・・自分を成長させ、何事かを成し遂げたいという欲求を発揮する(=夢の実現)

そんな「生きがい」のある「職業」を選択したいものですね。ここでいう「生きがい」(=自己実現)を定義すると、次のようになるかもしれません。

(生きがい)=(他人から寄せられる関心)×(それに応えているという自負)

 私の尊敬する故・竹内 均(たけうちひとし)先生(東京大学名誉教授)は、「理想の職業」を、①好きなことをやって、②メシが食えて、③時に人から感謝される、と定義しておられました。まさに、竹内先生の生き方そのものです。本当にその通りだと思い、生徒にもことある度に紹介しているところです。担任していた生徒たちにも、生で竹内先生のお話を聞かせてやりたいと思い、松江市くにびきメッセ」に講演に来られた時には、つてのあった保護者さんにご無理を言って、生徒全員分のチケットを取ってもらい、大挙して押しかけました。講演を聴いた生徒たちが、口を揃えて「感激した!」と言ってくれました。この時先生はもう80歳を超えておられたようです。私は幸運なことに、まさにこの「理想の職業」に就くことができました。大好きな英語を生徒たちに教えて、お給料をいただいて、時々教え子たちからお礼を言ってもらえる、こんな素晴らしい職業はありませんね。

 そしてそのような職業に運良く就くことができたなら、①勤勉、②正直、③感謝を実行しましょう。「積小為大」の精神で、小さな一歩をコツコツと積み重ね()、約束したことは必ず誠実に実行し、できそうにもないことは約束しない()、勤勉・正直を実行して多少なりとも成功をおさめることができたなら、それを他人のおかげだとして()、失敗した場合にはそれを自分のせいにすること、これが、私が竹内先生から学んだことです。♥♥♥

カテゴリー: 日々の日記 | 職業 はコメントを受け付けていません

fill inとfill out

 「記入する」という意味で、fill in = fill outと書いてある辞書や熟語集も多いようです。何かの用紙に情報を記入する場合には、fill infill outも、どちらの表現も可能で「記入する、書き込む」という意味です。確かにそうはそうなんですが、両者の厳密なニュアンスは、違っていることに注目したいと思います。fill inは、空所や空欄など比較的小さい範囲に特定の情報を記入する、という意味です。項目を埋めることに焦点を当てたイメージですね。それに対してfill outは、書類全体あるいは特定の部分に全ての必要事項を記入する、という意味です。アンケート用紙1枚を全部埋めるような時に使う表現です。つまりfill outは、用紙全てに記入することを表わすのに対して、fill inは、用紙のある部分に書き込むことを意味するのです。さらにはアメリカ人はfill outを好み、イギリス人はfill inを好む、という傾向もあるようです。

 私たちが、定期考査や校内模試の穴埋め問題などで、「空欄を埋めよ」という意味で使う、Fill in the blanks.は、まさに上の区別を表したもので、これをfill outで置き換えることはできません。そこら辺を、『ライトハウス英和辞典』では、fill inに「(用紙などに)書き込む;(必要事項)を記入する」、fill outに「(書類など)に書き込む」としています。

 ついでに、enter「記入する」の意味ですが、これはオンラインフォームなどに限られ、通常は1つの質問に使われる英語です。「パスワードを入力してください」などという時に使われ、入力情報の正確さに焦点を当てた表現です。

 『ライトハウス英和辞典』(現行は第6版)内に見られる【類義語】解説が分かりやすい、とご好評をいただいています。これは故・竹林 滋先生(東京外国語大学名誉教授)の命で、私がまだ若い頃、A~Zまで書き下ろしたものです。単語の持つ基本イメージ、ニュアンスの違いなどを分かりやすく解説してあります。ぜひ手に取って、ご覧ください。♥♥♥

カテゴリー: 英語語法 | コメントをどうぞ

上司の問題~巨人編

◎動きすぎだ!!原監督

 もう最近の巨人軍の泥沼・ていたらくを見るに堪えない八幡です。誰がどう見ても、戦力はセリーグではナンバーワンです。夏にはいいところまで挽回して、あわやという場面もあったのですが、最近は連敗が続き惨敗を喫しています。どうしてこんなことになってしまったんでしょうか??

▲写真は「東京スポーツ」より

 私は間違い無く『上司の問題』であると感じています。どんな職場でもそうですが、勢いのある集団は、部下たちが「この人のために」という強い思いを持って働いています。私のいる教育現場でも、「この校長のために頑張ろう!」と思って働いていました。ところがひどい校長になると、「誰がこんな人間のために身を粉にして働くか!バカバカしい!」ということになってきます。私もこういうことをたくさん経験してきました。野球評論家の伊原春樹さんが、今の巨人を評して、「すべては原監督の責任だ」と断じていました。監督通算勝利数で〝神様(=川上哲治監督)超え〟を果たして、巨人軍全権監督となった原監督の我慢が足りない、という指摘です。「すっかりワンマンとなってしまった原監督には誰も言ってくれないだろうから、あえて言わせてもらった。」伊原さん。読みながら、そうそう、と頷いていた八幡です。

 連れてきた外国人選手のアテが外れたとか(全員が途中帰国)、FAの井納梶谷がダメだった、というのもあるかもしれません。それでもエースの菅野は残留できたわけだし、山口も獲得しました(メジャーに出て行ってダメだったから帰ってきた、はないでしょう)。戦力的にはヤクルトより巨人のほうが上なのは間違いなく、こうなってしまったのは、原監督自身の問題の方がやはり大きいのではないでしょうかね。ヤクルトは選手みんなが楽しそうにやっていますものね。

 まあ、とにかくよく動きました。ピッチャーの継投にしても、ひどいときには一人一殺ペースで、とっかえひっかえピッチャーをつぎ込みました。うまく運んだ時には、悦に入るところでしょうが、ツケは必ず返ってきます。現在の巨人の中継ぎ陣が打ち込まれているのは、あの夏の酷使がたたったものと感じています。ヤクルトの高津監督は、たとえ打ち込まれても、ピッチャーを信じてローテーションを崩すことはしませんでした。巨人は現在先発を5人で回していますから、どうしても披露が溜まってバテてきます。一軍には、二軍には今村桜井もいるんですから、呼び寄せて6人で回せばいいのにと思ってしまいます。野球はピッチャーが一番ですから。

 の扱いにしたってそうです。あれだけの実績のある打者なんだから、何試合か打てなくたって、黙って信じて試合に出しておけばいいんです。そのうち打ってくれますよ。それを二軍に落としてしまいました。我慢が足りません。あれでは、自身だって余計におかしくなっちゃうし、ベンチがドタバタしているから周りの選手も不安になってきます。長嶋終身名誉監督に指導してもらって生き返った、などという報道もありましたが、長続きはしません。阪神の佐藤なんか60打席近くノーヒットでも、矢野監督は信じて使い続けました。選手はこれで意気に感じて頑張るんです。

 中田だって獲得すべきではありませんでした。「巨人軍は紳士たれ!」巨人は12球団で一番生活にうるさい球団です。長髪・ヒゲ禁止。集合時刻の30分前厳守。門限。罰金。今のご時世、こんな厳しい球団は巨人だけです。だから私は好きなんです。なのに暴力事件を起こした選手を、事情はいろいろあるのでしょうが、うやむやのままに取ってしまった。こういうのを『ブレる』と呼びます。そして、今季はベテランの中島が気を吐いて頑張っているところに、水を差してしまいました。しかも中田より中島のほうが成績がはるかに上なんです。なのに中田を使って中島を使わない。やる気がそがれるのは当然でしょう。その中田自身も一軍と二軍を行ったり来たりしています(過去とは言え、4番を張った選手ですよ)。間違い無く、あのあたりから巨人の成績が急降下しています。

 体調不良で帰国したハイネマンにしろ、あれだけのガッツあふれる守備をしていながら、ちょっと打てないからといって二軍に落とされれば、「なんだこの球団は?」となって、いろいろ理由をつけて帰りますよ。もっと信じて使ってやって欲しかったですね。最近、井納を一軍に上げてきて、一度も使わないまま二日で二軍に落としてしまった。これでやる気になれ、というほうが無理というものでしょう。FAで懇願して丁重に迎えた選手ですよ。重信も最近一軍に呼ばれ、二打席凡退しただけで、二軍行きを命ぜられました。これでは集団は盛り上がりませんよね。最近では、二軍監督の阿部を、作戦コーチとして一軍に上げたりとか、本当に落ち着きません。「当初から予定の行動だった」と言っていますが、これはもう「選手に危機感を植えつける」というたぐいのものではなく、度を超えています。

 とにかく、今季の原監督は動きすぎです。直感で奇策とかいろいろ思いつくままやりたくなっちゃっているんでしょうが、もうちょっとどっしりと構えていられないものか?外から見ていてベンチの落ち着きのなさがとにかく気になってしまいます。まあ、もう優勝できないとは言っても、まだCSがあります。もっとどっしり構えてやることです。力はあるんですから。♠♠♠

〔補遺〕 先週、鈴木忠平『嫌われた監督 落合博満は中日をどう変えたのか』(文藝春秋)を読みました。久しぶりに震えながら読んだ名著です(近日中に詳しく取り上げます)。落合監督は、中日を率いた8年間ですべてAクラス入りを果たし、リーグ優勝4回、日本シリーズ出場5回(優勝1回)は見事のひと言です。それでも嫌われてクビにされました。監督になったとき、落合監督は選手たちにこう言ったそうです。こういうブレない監督に、巨人軍を率いてもらいたいと思いました。あの辛口の故・野村克也監督が、ただ一人敬愛していた監督が落合さんでした。

「球団のため、監督のため、そんなことのために野球をやるな。自分のために野球をやれ。勝敗の責任はオレがとる。おまえらは仕事の責任をとれ」

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

感謝

 週に3回、松江から米子に通っています。8月18日の大雨によって国道9号線の路面に亀裂が入り、大規模な地滑りのためにJR山陰線江南駅―田儀駅間が不通になりました。並行して走る山陰線は同区間で運行を取りやめ、翌日以降バスによる代行輸送が続いていました。そのために、勝田ケ丘志学館で授業を終えて、帰りに利用していた快速アクアライナー」が、運行取りやめになってしまいました。「特急まつかぜ」「特急おき」も当然ながら運休です。せめて「特急やくも」だけでもあればいいのですが、こちらは新型コロナウィルス感染拡大の影響で大幅に減便となっていて、2時間に1本しか走っていません。その結果私は、米子駅で2時間近く、次の普通電車を待つ羽目になってしまいました。仕事を抱える私にとっては大きな時間のロスです。「いつ復旧するんですか?」松江駅で尋ねたところ、「分からない。国土交通省に聞いてくれ!」と投げやりな返事(これには頭にきました)。博労町から松江までの切符を買って境線米子駅まで帰ってくると、ホームには冷房がないので、改札を出て冷房の効いた「待合室」で待たせてもらいました(ここら辺の丁寧な対応は松江駅とは雲泥の差です)。約1ヶ月半も、こんな生活が続きましたが、10月2日、ようやく復旧して運転が再開されました。今までは当たり前のように列車に乗っていましたが、こんなことがあると、『ありがたいなあ』感謝しながら、乗るようになりました。台風でJRが全部運休になった時には、タクシーで1万円近くかけて松江まで帰ったこともあります(普段はJR510円)。なくなってみて初めてその有り難みに気がついた次第です。

 今から二年以上も前のことになりますが、私はこのブログに「感謝!新聞配達」(2019年1月28日付け)と題して、新聞配達に感謝の念を書きました。⇒コチラです 『読売新聞』の日曜版に折り込まれていた手書きのチラシ「ご存じですか?新聞配達!!」に感動した八幡です。朝の1時50分に出勤して、バイクや車両の点検・給油を行い、新聞の到着を待ちます。2時20分に新聞が到着すると、スタッフ全員で新聞の荷下ろしを行います。ここの1分1秒が勝負だといいます。2時30分からいよいよ配達開始です。雨天ではビニールをかけて、全スタッフが順次出発していきます。こうして毎日全世帯のお宅に、時間差なく配達が行われます。そうして5時から6時の間に配達完了となります。当時八幡の家には、毎朝4時30分頃には配達してもらっていました。口では言い表せない苦労に、思わず涙が出そうになるメッセージもありました。こうした配達員さんの陰のご努力・苦労のおかげで、私は毎朝新聞を読むことができています。感謝、感謝です。「新聞は朝来るのが当たり前」と思って、日頃は考えもしなかったことを、この一枚のチラシが教えてくれました。目に見えない所で奮闘しておられる新聞配達のスタッフのみなさんに、心からお礼を述べました。

 するとこのブログの記事を読まれた、読売新聞の松江所長さんが、喜んでいただいたようで、取材に八幡の自宅に訪ねて来られました。そしてそのときの取材の様子が、社内報『YOMIURI販売トピックス』4月 No.570(2019年、読売新聞大阪本社販売局)「新聞配達スタッフに感謝!」として掲載されました(写真下)。あの当時は毎朝4時半頃に配達していただいた『読売新聞』も、最近は6時を過ぎないとやってきません。『朝日新聞』は毎朝4時前には配達していただいています。おそらく配達員さんが苦労なさっているのだろうと、推察しています。

 当たり前と思っていることが、実は本当にありがたい恩恵であることを噛みしめなければなりません。今から三年前の年末に、突然左膝の激痛で動けなくなったことがありました。歩くこともできません。大晦日の日まで、ずっとベッドに寝たままで動けずにいました。普通に歩けるということが、どれだけ有り難いことかを心底感じていました。幸い整形外科の伊達先生の治療のおかげで、大晦日の朝に痛みがとれ、恒例のお正月を送ることができました。しかし、以来、左膝の慢性的な痛みが抜けず、何とか歩くことはできるんですが、階段の上がり降りがキツく、正座やしゃがむことができません。歩けることに感謝です。病気をして初めて、そのありがたみに気がつくんですね。「有り難い」は「有ることが難しい」と書きます。反対は「あたりまえ」です。今自分の目の前にあること、仕事、家族、仲間、健康、財産等を「あたりまえ」だと思うと、感謝の心は湧きませんね。今から14年前に心臓の手術を経験してから、毎朝無事に目が覚めることに、「今日も起きることができました。ありがとうございます」感謝できるようになりました。感謝の気持ちがないと、そこには生きる「ていねいさ」や「創意工夫」が失われていきます。私たちの目の前にあることは、決してあたりまえではありません。なくしてみるとそれがよくわかります。なくなるのはあっという間です。なくしてから大騒ぎしてもそれはあとの祭り。そうならないためにも、目の前の「平凡」に感謝の気持ちを忘れないようにしたいものですね。♥♥♥

人は、松下さんは成功した、結構ですなと言うてくれる。なぜに成功したんですかと、よう訊ねられるけれども、どうして成功したのか、わしにも分からん(笑)。いい部下に恵まれたこと、贔屓(ひいき)にしてくだっさるお客様が、たくさん出来たこと。世間様が、好意的に見てくれたこと。そういうことやろうなあ。だから、今日のわしの成功は、部下とお客様と世間様のお陰やな。成功の理由はそれやな。ありがたいことや。  (松下幸之助)

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

リビドー

◎週末はグルメ情報!!今週はケーキ 

 もう30年以上も前から、山陰の洋菓子グループ「リビドー洋菓子店」は、私のお気に入りのケーキ屋さんです。米子市が本店で、鳥取市、松江市、出雲市に店舗があります。1973年(昭和48年)創業の老舗洋菓子店です。松江市は今では、裁判所隣の店舗だけになってしまいましたね。以前は、勤務先の島根県立松江南高等学校の坂を下りたところにも、リビドーの店舗があり、よくここの会議室を借りて、英語科のみんなで、ケーキを食べながら、校内模試や定期考査の問題作成検討会をやっていた頃を懐かしく思い出します(ここには素敵な豪華トイレがありましたっけ。生徒に教えてもらって訪ねたのが最初です)。一畑百貨店の地階にもやはり店舗がありましたが、潰れてしまいました。古き良き時代です。ちなみに、英語のlibidoはどんな意味か、ご存知ですか? “someone’s desire to have sex”(性的衝動)という意味で、およそケーキ屋さんとは無縁のネーミングです。いっぺん関係者に聞いてみたい店名ですね(笑)。お店では、生命・エネルギーの源を意味する言葉としていますが…。緑ゆたかな山陰の地で、季節を大切に、水と空気を大切に。洋菓子のお店、リビドー。王道だけど新しい、新しいけど懐かしいお店でもあります。午後のひとときを彩る、美しくもほっと和む時間を求めて….。

 

 私は中でも、当初からあるロングセラー『アップル』というケーキが大好きです。味もデザインも傑作です。これを超えるケーキには、なかなか出会いませんね。店名こそ違いましたが、大田益田のケーキ店でも、これと同じ「アップル」ケーキを売っていましたから、おそらく同じ系列店なんでしょうね(松江を離れて大田高校に勤務を始めたとき、地元のケーキ屋さんでこの「アップル」を見つけたときの喜びを今でもはっきり覚えています)。まさに名前の通り、リンゴの色と形をしていて、中にクリームとカステラが。生クリーム・カスタードクリームをたっぷり球体のスポンジに閉じ込め、ほんのり柑橘系の艷やかな真っ赤なソースがかかっています。40年も前からデザイン、レシピも変わらない、伝統の味です。数十年にわたり定期買いされるお客さんも多い、看板商品の一つですね。りんごを思わせるかわいらしい外観と、ふんわり・さっぱりとクセになる食感です。ついでながら、下の写真で『アップル』の隣に写っているのが、甘さ控えめの『ロッド』というケーキで、私は「リビドー」では必ずこの二つを買っています。最近では、『ロッド』は冷凍したものを販売しており、家で解凍して食べます。新しいケーキを創造する若手パティシエの育成は大切かと思いますが、昔の伝統をしっかりと守り続けていただきたいお店です。 年月とともに新しいケーキがどんどん生み出されてきていますが、トレンドだけに流さずに本流とも言えるものが脈々と流れているのを感じるお店です。リビドーの社是にもなっている、「温故知新」の精神が織りなす結晶、とも言えるケーキたちを大切にしていってもらいたいですね。♥♥♥

dsc02761

▲私の好きな「アップル」これが美味しいんだ!

カテゴリー: グルメ | コメントをどうぞ

さよなら、二階建て新幹線

 上越新幹線「Maxとき」「Maxたにがわ」として用いられている、JR東日本の国内唯一の二階建て新幹線E4系(1997年12月20日に東北新幹線で営業運転開始)が、この10月1日をもって定期運行を終えました。運行が終了するというので、二階建て新幹線に一度も乗ったことのなかった私は、大宮~東京間で、初めて乗ってきました。ホームに入線する姿を見て、「デ、デカ~イ!」が第一声です。先頭部分の鼻先をぐーんと突き出したロングノーズ・デザイン(11.5m)が印象的ですね。 

 2019年10月の台風19号で、千曲川が氾濫し、長野新幹線車両センターにいたE7系が水没して廃車となってしまいました。これにより車両が不足したために、E4系の引退が延期されていたのでした。このE4系が姿を消す理由は、老朽化が進んだからです。新幹線の車両は高速で長距離を移動できるために、JR在来線や私鉄の車両と比べて走行距離が極端に長く、走行距離は1年に20万kmを越え、長いものでは40万kmにも達します。このため、15年も用いられると走行距離は400万kmを越え、さすがに傷みが目立ってしまいます。こうして引退を迎えることとなりました。JR東日本では「Thank you! Max!」と題した特設サイト(⇒コチラです)を設置し、「E4系Maxに初めて乗ったときのワクワクを覚えていますか?」と惜別のメッセージを贈っています。 

 E4系の車高は約4.5mと一階建ての車両と比べて1mほど背が高いんです。単に速く走るのであればモーターの力を強くすればよいのですが、走行中に発する騒音や振動を減らすことは難しくなります。前方投影面積が大きいので、どうしても騒音や振動が増えてしまうのです。沿線への環境を考えるとスピードアップは難しく、最高速度は今営業中のすべての新幹線の車両の中で、最も遅い時速240kmにとどまっています。重心が高く、車体断面の大きいMaxは高速化が難しかったのです。

 ほかに引退の理由を挙げると、二階建てであるために、2階室はもちろん、その下の1階室でも乗り降りがしづらいし(螺旋階段)、さらにはE4系のように全車両が二階建てだと、乗務員や車内販売員への負担も大きくなってきます。バリアフリーの観点からもあまり歓迎されなくなってきたので、老朽化に伴う置き換えを機に、新幹線から二階建ての車両が消えることとなったのです。今後はE7系となります。

 このような二階建ての車両が導入された最大の理由は、バブル景気(都心の地価が高騰して通勤はどんどん遠距離化していきました)で、新幹線通勤の乗客が急激に増え、その混雑緩和のため、運行本数を増やすことが困難だったので、車内の床面積を増やして収容力を高めようとしたのでした。E4系で最も定員の多い車両は2号車で、定員は2階室が64人、その下の1階室が55人、車両の端に設けられた平屋の1階室が14人の133人となります。一方で新幹線を走る一階建ての車両では、1両当たりの定員は100人が最大。定員は2倍まではいきませんが、それでも1.3倍は立派な数値です。なぜなら、8両編成を組むE4系の定員は817人(普通車763人、グリーン車54人)で、同時期に製造されて東北新幹線や上越新幹線で今も走っているE2系を10両連結して、やっと定員は815人(普通車764人、グリーン車51人)となるのですから。E4系は朝夕に通勤・通学での利用の多い列車に用いることを目的に開発されました。この結果、8両編成のE4系どうしを連結して16両編成で走らせられるようにすることもできました(先頭車両の前頭部がポッカリと開いて、連結器が現れます)。16両編成の定員数1,634人は,高速鉄道としては世界最多です。

 もともと多い定員をさらに増やすため、普通車のうち1~3号車(16両編成の列車では9~11号車も)の2階室では、通路をはさんで両側とも3人がけの腰掛が並びます。新幹線の普通車では、腰掛は通路をはさんで片側が3人掛け、もう片側が2人掛けという配置が一般的なところ、1列につき1人多く旅客を乗せられる。車両の幅が3.38mのE4系といえども、さすがに1列に6人もの旅客を座らせるのはやや苦しい。腰掛に装着されたひじ掛けは通路側にしかなく、旅客どうしの間はもちろん、窓側にもなしと、新幹線の車両の設備としては異例中の異例です。しかも、背もたれを倒せるリクライニングシートでもない。E4系もさすがに普通車の指定席では、従来どおりの座席配置で、2階下、平屋とも1階室では自由席でもやはり通路をはさんで片側が3人がけ、もう片側が2人がけです。とはいえ、1~3号車の2階室の居住性が悪いかというとそうでもないようです。腰掛1脚に大人の男性3人が座るとさすがに窮屈ですが、空いていて2人で腰掛けているときは、広々としていて、案外快適なんです。

 引退を記念して、『Rail Magazine』451(ネコ・パブリッシング)が「E4系ファイナル」として、E4系を徹底解剖していました。また、「旅と鉄道」の増刊10月号が『ありがとうE4系Max』(天夢人)という特集号を出しました。書店で見つけて、どちらも面白く読みました。ありがとう、そしてさようなら、二階建て新幹線E4系!!♥♥♥

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

エクスパンディングファイル

 辞典の編集の仕事というのは、本当に本当に手間のかかる大変な作業でしてね。英米で新しく発行された複数の辞典を細かく読み比べるだけでなく(その副産物が、岩崎研究会の綿密な『LEXICON』誌の辞書批評です)、日頃、英字新聞や英米の小説・雑誌や英語学研究書などを読む際に気づいたことを、特製の用紙に長年書き留めてファイルしておくんです。膨大な時間のかかる、ものすごく細かくて骨の折れる仕事です。その資料を収納・整理するために、私が東京・銀座の「伊東屋」で見つけて、もう何十年も愛用してきたのが、アメリカ製の自立式「エクスパンディングファイル」でした。書き留めた資料を、ABC順に配列されたポケットにポイと放り込んでおきます。マチがビローンと広がってくれて、数百枚の資料を収納することができるんです。こうして溜まった資料の1枚1枚が、その後の辞典の記述に生かされていきます。そのお気に入りのファイルが、長年の酷使で寿命が来たのでしょう、裂けてボロボロに壊れてしまいました。あー、処分するのは忍びないなあ。でも、代わりの品を探さないといけません。できれば同じものがよいのですが、もう今は売れていないようです。日本でも安くてカラフルなものが出ているには出ているんですが、長年使い込んで、愛着のあるこの「エクスパンディングファイル」がいい。

▲裂けて破れて壊れたファイル 名残惜しい!

 ネットを長時間検索していて、とうとう見つけました!!アメリカの輸入品です。1週間ほどかかって今日届きました。AからZまで印刷された21のポケットがあり、収容量に合わせてアコーディオン式にマチ幅が広がります。しっかりと自立します。古いファイルから資料のお引っ越しをしました。めでたし、めでたし!

 辞典の編纂のもう一つの武器が、「用例カード」です。私は大学生の頃から、英米の新聞・雑誌・小説を読む際に、気になった用法をカードに書き留めて、ファイルキャビネットに整理しています。カードは八幡特注のもので、地元の印刷屋さんに印刷してもらっていました。今なら「コーパス」を使えば、こんな手間をかけることもなく、必要な用例は簡単に手に入るのですが、まさにアナログな時代でした。でもこうして書き溜めた用例カードが、辞典の記述にどれほど役に立ったことでしょう。♥♥♥

▲この用例カードが辞書編集に威力を発揮!

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

渡部昇一先生のエピソード(11)~失敗は成功の素

 渡部昇一先生は留学先のドイツで、28歳の時、西洋の文献学の画期的な学位論文を出版してもらいました。日本に帰国後、それを自分で日本語に訳して、日本でも出版したいと思っておられました。何しろ、英文法史の分野では、日本人としては初めての論文でもあり、内容にも自信を持っておられました。ドイツでは向こうから出版費用を出してもらいましたが、コネも何もない日本ではどこも出してくれません。そこら中頼み回った末に、ある出版社に原稿を預けます。ところが、これが二年たっても三年たっても、一向に出版してくれません。そこで、どうせならもっと大きなところに頼もうと決めて、費用の半分ぐらいは自分で負担してもよいからということで、この分野で一流の出版社である(株)研究社に話をしました。英語の専門分野では一番だというプライドもある研究社は、内容がいいのなら、ということで、売れないのを覚悟で出版してくれました。渡部昇一『英文法史』(研究社、1965年)がそれです。

 あにはからんや、これが専門書としてはよく売れました。5版、6版と版を重ねたもので、最初に半分出した費用も全部戻ってきて、むしろだいぶんプラスになりました。あのとき、最初に頼んだところで簡単に出版されていたら、おそらくは初版でおしまい、そんなに売れることもなかったかもしれませんね。研究社という一番いい専門書店から出版したので、出版社のプレステージも加わってか、長く売れ続けたわけです。つまり、最初に失敗したことが、「もっといい」結果を導いた、と言えるでしょう。

 大学2,3年生の時、渡部先生アメリカ留学の奨学生に応募しました。当時は今と違って、自費で渡航できるような時代ではなかったので、これは大きなチャンスでした。英文科の成績もトップで良かったし、てっきり自分が行けるものと思っていました。しかし面接で落とされてしまいます。理由は、着ているものがだらしない、人付き合いが狭い、といった勉学とは全く関係のないことでした。先生は学生時代は勉強が一番大切だと考えていたので、服装などは全く気にしませんでした。それにお金もなかったので着る物などはボロで、友達とお茶を飲むなどという気にもなれませんでした。外国人の先生、特にアメリカ人教授から見たら、社会性がないと映っていたのでした。このときばかりは、歯ぎしりするほど悔しかったと回想しておられます。「留学した連中は今頃、嬉々として勉強しているのだろうな……」と思っては、歯がゆい思いに苛まれたと語っておられます。「お前はダメだ」と烙印を押されたような気がした、とも語っておられます。社交性というような馬鹿げたことで、千載一遇のチャンスを逃したのです。一日ごとに差がついていくような焦燥感に襲われることもしばしばだったと言います。しかし、それでも投げやりになったり、勉強や読書を怠ることはありませんでした「自分でできることは何か?」「自分の志、初心は何であったか?」と自問してみます。結局自分にできることは、勉強すること、自分は自分の選んだ学校で全力をあげてやってきたのだから、その志を続けることだ、そして英語教師になることだ、だから自分の初心を堅持して待てばいい。留学させてくれるのは大学側なのだから、自分がジタバタしても始まらない。他人が自分より先に行こうがどうしようが、惑わされずに、自分の今できることをやりつつ、自分の初心通りの勉強を続けることに決めたのです。しかし、結果から言えば、アメリカ留学に失敗したおかげで、その後ドイツ、イギリスと留学するチャンスを得ました(留学の一部始終については、渡部昇一『ドイツ留学記(上)(下)』(講談社現代新書、1980年)に出ています)。アメリカ留学よりも大きな有意義なチャンスを掴むことになるのです。1950年代にヨーロッパに留学するというのはたいへんなことで、結局は、アメリカ留学よりも大きなチャンスを掴んだのです。アメリカ留学に行っていたら、このチャンスには恵まれなかっただろうし、ドイツ語をマスターすることも、アメリカを含めたヨーロッパ文化圏について発言する下地も作れませんでした。アメリカ留学のチャンスを逸してから次の機会が来るまでに、5,6年もの時間はかかりましたが、その間に、先生はその時に備えてしっかり勉強もされたし、向上もしました。最初からすんなり留学できた場合よりも、ずっと実りある生活や勉強ができたのです。留学の目的意識もずっと具体的なものになっていました。留学しそこねたアメリカの大学には、後に招かれて教授として行くことになったのは、不思議な縁ですね。待つ間に決して腐らずに、自分を磨き続けてこそ、運を掴むことができるのです。教訓!一度や二度チャンスを逃したからといって、希望を達成する道が閉ざされた、と落ち込む必要はないのです。

【補遺】 若い人たちに向けて、渡部先生は次のようなアドバイスも贈っておられます。 


 人生にとって失敗するということが避けて通ることのできない関門だとすれば、むしろなるべく早い機会に失敗を多く経験したほうがいいと、今の私は思う。年をとればとるほど、その失敗を有効に利用する機会が少なくなるわけなのであるから。


 月刊誌『WILL』の最新10月号(ワック出版)に、政治学者の岩田 温氏が「知の巨人渡部昇一 私は人間として渡部昇一のようにありたい」という、ある時は優しく愛情を注ぎ、ある時は毅然とした態度を貫いた渡部先生の生き方を包括的に描いておられます。読みながら、「まさにその通り!」と膝を打ちました。オススメしておきます。♥♥♥

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

「成功は成功の母」

 「失敗は成功の母」、「失敗は成功のもと」という言葉が古くから日本にはありますね。何度チャレンジして失敗しても、その経験自体は自分の成長になるのだから決して無駄になることはない、という意味の言葉ですよね。確かに失敗を恐れていては成功することはできません。1回や2回の失敗は、人生において大きな糧となることも事実です。私はこのことの意味は十分認めながらも、成功は成功の母」を提唱しています。

 私の尊敬するパナソニック創業主・松下幸之助(まつしたこうのすけ)さんは、「七転び八起き」という言葉が大嫌いだったそうですよ。どうして七回も失敗を繰り返すのか?!一回転んだら、同じ転び方を二度とするな、という気持ちからでしょう。もちろん人生には失敗もつきものですから、失敗したらそれを糧にすればよい。でも、失敗する前から、失敗して経験を積もうとするのは大きな間違いです。勝負はいつも一回限りの真剣勝負。その心構えで臨まなければ、何度も同じ失敗を繰り返すだけでしょう。松下さんが「真剣勝負」という言葉を好まれたのは、こういった気持ちからだったと思われます。

 ちなみに、私の仕事は「教員」です。教員は自分が成功するのではなく、生徒たちにいい結果を残してもらって、なんぼの世界です。そのために、日々の授業を苦心惨憺して積み上げていきます。「共通テスト」で、「二次試験」で最高の結果を残してくれることが、教員の何よりの喜びとなります(そして何よりも、立派な社会人として成長してくれることが)。生徒が「成功」してくれることが、私の「成功」なんです。人に「成功」してもらうのが私たち教員の仕事です。関わった生徒たちが「成功」することが、自分の「成功」に直結する。何よりも生徒が「成功」するのを見るのは嬉しいことです。人に喜んでもらうのが楽しいと思える人は、もうそれだけで「成功」と言えるのかもしれません。

     以前に私が勤めていた学校は、中規模校で、国公立大学の合格者がだいたい40人~50人の学校でした。私の進路部長一年目に、それが一気に103人にまで伸びました。生徒たちが最後の最後まで粘って頑張ってくれた成果です。ものすごく嬉しかったのを覚えています。すると、全国各地の高等学校から、「どうしたらこんなに伸びるのか?」と、学校訪問が相次ぎました。実は、管理職だけでなく、たくさんの先生方の支えがあって可能になった数字だったんです。子どもたちが自分の行きたい大学・専門学校に進んでくれたことが、何よりの喜びでした。この自信が契機となって、私が進路部長を務めた3年間は、飛躍的な伸びを記録しました。新しい取り組みをどんどんとやっていきました。進路指導シラバス」という、あの当時では画期的な、高校入学1年生4月から卒業する3年生3月までの担任の動きを、1ヶ月ごとに克明にまとめた資料を作成しました。遠方から学校訪問に見えた先生方にお土産として渡して一番喜んでくださったのが、この冊子でした。まさに「成功は成功の母」なんですね。その一部分1年生編(4月~3月)は、ダウンロードサイト」に登録してあります。⇒コチラです  今でも多くの先生方が欲しいと言って下さる資料です。「成功」は大きな自信を生み、さらなる飛躍への起爆剤となります。♥♥♥

▲懐かしい資料です。尊敬する先輩教師の一言一句の観察メモから生まれました

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

「エアポート2014」

 今から4年前、2017年のちょうど今頃の想い出です。たまたまWOWOWでやっていた「エアポート2014(原題は”Airplane vs Volcano”)を見ました。恒例の航空パニックシリーズは、さらに火山パニックまで加えての、アサイラム社作品です。この会社は低予算B級映画を専門とする会社です。大量に噴き上がる溶岩と、飛び交う火山弾の間を、縫うように飛ぶ旅客機の運命をテーマとしていて、これでもかというぐらい用意されたピンチの連続に、ドキドキハラハラさせられてしまうサービス精神満点のスカイ・パニック映画でした。計器がシャット・ダウンした中で火山地帯を飛行する、というだけでも大トラブルなのに、さらには機長と副機長までもが命を落とし、あげくはパニックに陥った乗客の一人が銃を奪って暴れ出すという、これはもう絶体絶命の極限状態でのサバイバル戦争が見ものです。主演はディーン・ケイン、ロビン・ギヴンズ。ハワイ沖で眠っていた死火山が突如として目覚め、大噴火を始めます。余りにも突然の出来事に、その空域に入ったばかりの旅客機は、身動きが取れず、さらには、正副両操縦士まで死んでしまい、この後は、小型機の操縦経験のある乗客(ディーン・ケイン)が操縦桿を握るものの、自動操縦に切り替わっていて、火山が噴火している空域からの脱出は不可能! この状況を知った米軍が救助に向かおうとするのですが、ことごとく失敗します。とにかく、噴火の勢いが半端でなく、噴石の量が多過ぎです! そんな中で、自動操縦になっているから、ディーン・ケインはハンドルを握っても、ウーンウーンと唸るだけという絶体絶命の状況!旅客機は思うように動かないはずなのに、途中でもの凄く細かい操縦をしちゃって、そんな事が出来るのならさっさと脱出したらいいのに。また救助に来た米軍も、既に複数の火山がドッカンドッカンいっていて噴煙だらけの場所なのに、天候が悪化してきた!?とビックリしたり。このように、意味不明な箇所がいくつかありますよね? 「リック」と言う男は最後まで正体が不明、なぜ、大佐は乗客の救助に反対していたのかが不明?しかもコロリと態度を変えてしまうし、飛行機の天井に穴をあけて救助するのは、かなり無理があると思うのですが。

 その昔、アーサー・ヘイリーの内幕小説(次回作を楽しみに待ったものです)にのぼせて読んでいた時期があって、彼のAirportという作品も面白く読みました。するとこの作品が、『大空港』として映画化されて大ヒットしました。ドキドキハラハラの連続で、こういうスカイパニック物の映画が続いて何本も作られ、私も映画やビデオでのぼせて見ていた時期(大田高校・津和野高校時代)があります。最近はとんとご無沙汰だったんですが、この『エアポート2014』があまりにも面白かったので、アマゾンから一連のシリーズを購入しておいたんです。エアポート2010』『エアポート2011』『エアポート2012』『エアポート2013』『エアポート2015』です。ちょうどこの年の三連休に台風がやってきて、運動会も中止(私は町内の組長をやっていたもので、準備と当日で2日間は潰れる予定だった)となって、雨・風のためにどこにも出ることができないので、これはいい機会と、溜めてあったDVDを1本1本、八幡家の65インチのプラズマテレビで時代順に見ていきました。一作(ドイツ語)を除いて、いい英語の勉強にはなりました。

▲この大型テレビも壊れて今では東芝製の新しいテレビが…

◆『エアポート2010』・・・ドイツ航空111便は、インド洋上を飛行中、突如容態のすぐれない乗客が続出する。未知のウィルスによるもので、パイロットに緊急着陸を要請するが、ウィルスの拡散を恐れた各国に拒否される。巨大な生物兵器と化した機体は、ドイツへの着陸を強行。かたや首相官邸では郡部での爆破命令を下す。

◆『エアポート2011』・・・最先端のコンピューター制御システムを搭載したジャンボジェット機。乗客に紛れ込んでいたテロ組織のメンバーにより、機体はハイジャックされてしまう。彼らの要求は刑務所にいる仲間の解放。機長は大統領の弟であった。燃料タンクの故障によりコントロールを失った機体は、市街地に向けて急降下を始め、ついに戦闘機による追撃命令が下される。

◆『エアポート2012』・・・航空管制でミスの急増を重く見た連邦航空局は、衛星システムを使い自動的に危険を回避するACAT装置を設置。未だ実験段階である装置の設置に非難の声も上がる中、ジェット旅客機アメリカーナブルー23便が落雷を受け、通信機能が遮断。一方で、大統領の乗ったエアフォースワンはACATが暴走し、救助に現れたF16戦闘機に攻撃を仕掛ける。さらにこの2機は同じ高度で飛行しており、数分後には航空機の正面衝突という絶体絶命の危機を回避できるのか?

◆『エアポート2013』・・・アメリカ空軍から作家に転身したケイトは、システムの不具合で、乗るはずだった搭乗機がすでに飛び立ってしまうが、航空会社副社長の計らいで新たに用意されたコンテック108便に乗り込む。離陸したのも束の間、最大規模の太陽フレアから発生した電磁パルスの影響で機長はショック死、さらに電気系統機器が全滅してしまう。他に上空を飛び交う機体は約7,000機。地上もパルスの影響を受け、管制塔との交信もつながらない。あらゆる所で飛行機の衝突が続出。果たして無事に着陸できるのか?

◆『エアポート2015』・・・ダラス発IA42便は、ロンドンに向けて飛行中、機体は雷雲の中に突っ込んで行く。凄まじい乱気流を抜けると、タイムスリップ、そこは1940年6月17日のヨーロッパの上空だった。時はヒトラーが進撃する第二次世界大戦中、そして複数の爆撃機が機体を取り囲んでいた。機長は無線で助けを求めるが、繋がった先は連合国軍の伍長を名乗る男だった。タイムスリップした中で、ジェット旅客機対ドイツ爆撃機の運命はいかに?荒唐無稽な設定!

 もう全作で、それは機体に穴が空いたり、ミサイルが飛んできたり、エンジンが吹き飛ばされたり、機長が突然死んだり、ハイジャックありと、およそあり得ないような荒唐無稽な出来事の連続に、飛行機嫌い」の私は、ますます飛行機に乗るのが怖くなったのでありました(今度の東京行きも新幹線で行こう…)〔笑〕。♥♥♥

(追記)その後、『エアポート2017』、最新作『エアポート2021』という作品が出たみたいです。また取り寄せて見ようと思っています。

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

「神田神社」

 プロ野球も最後の追い込みに来て、巨人の絶不調、泥沼の連敗があまりにも続くものだから(原監督の言葉によれば、「今、打線がトンネルの中に入っているからね。早く抜けるように、みんなでして、抜けた後が楽しみよ。以上!」)、今抱えている進行中の仕事がなかなかはかどりません〔笑〕。追い打ちをかけるように、助っ人外国人ハイネマン選手が、体調不良で帰国してしまいました(今年入団した3人の外国人助っ人は全員が途中帰国じゃないか!一体どうなっているんだ!)。チーム内にも不穏な空気・不協和音・暗さが渦巻いていることが予想できます。「なんとかしてくれ!」という思いで、今日は、勝田ケ丘志学館の授業帰りに(事務長さんから「お参りに行っては?」と示唆を受けたものですから)、途中「勝田神社」(かんだじんじゃ)にお参りして、お祈りしてきました。お賽銭をあげて、何とか巨人がこの泥沼から一日も早く脱することができますように、とお願いしてきました。もう神頼みしかありません〔笑〕。しかも名前が「勝田」ですから縁起がいいでしょ。その御利益でしょうか、今日(10月1日)は横浜ベイスターズに何とか辛勝することができました。ああ、よかった。

 鳥取県立米子東高等学校のある勝田町(かんだちょう)には、例年多くの初詣客が訪れる“かんださん”こと、「勝田神社」(かんだじんじゃ)があります。「勝田」の文字が入る町や村は全国で14カ所。その中でも「かんだ」と読むのは米子市だけです。その由来は所説あるものの、有力なのは2つ。一つは、「勝田神社」に祭られる勝田四郎に由来するというもの。もう一つは、その勝田一族が整備した荘園「勝田庄」(かんだのしょう)の地名に由来するというものです。“商人の街”として発展してきた米子にふさわしく、ご利益はまず「商売繁盛」。どんな願い事でもご利益があるとされており、米子市民の定番初詣スポットとして、毎年多くの参拝客で賑わいます。今回の巨人の連勝&引き分けで御利益が証明されましたね〔笑〕。

 「賀茂神社」「天満宮」「祇園社」とともに、米子で最も古い神社の一つで、背景に勝田山が広がる社殿はとても壮厳です。室町時代の天文年間(1532~1554)この場所に鎮座し、江戸時代には米子城の北の守りとして重んじられ、昔から米子の総鎮守として、人々の間で“かんださん”の名で親しまれてきた、由緒ある神社です。ご祭神の名前が「正勝吾勝勝速日天之忍穂耳命」と、3回も“勝”が入っていることから縁起がいいと言われます。受験前になると、多くの受験生が訪れます。

 私は週に3日、米子東高校内の予備校「勝田ケ丘志学館」に通っているので、ここを通ることになります。JR「博労町」の駅(通称コロボックル駅)を降りて、すぐの所にこの神社があります。信心深い私は、時々お参りしているんです。♥♥♥

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

「田丸屋」のわさび漬け

◎週末はグルメ情報!!今週はわさび漬け

 室町時代(1751〜1763年)に開発されたと言われているわさび漬け。安倍川上流のワサビの産地の漬物は、ワサビの茎を味噌漬けにしたものでした。そこで行商品が工夫して塩漬けしたワサビに酒粕を混ぜました。そこから商品化し「わさび漬」と命名して販売したのが始まりと言われています。現在でもわさびの産出額は静岡県が日本一、農林水産省の「生産農業所得統計」によると、2019年は41億円。長野県(7億円)、岩手県(2億円)を大きく引き離しています。私はもう長年、「田丸屋」「わさび漬け」を取り寄せて食べています。

 「田丸屋本店」の名が、全国へと広まったのは、明治二十二年。東海道本線が開通した直後のことです。明治八年から、静岡市新通りに漬物屋を開業していた、田丸屋初代望月虎吉は、文明開化の先端を行く陸蒸気に着目し、幾多の苦労を重ねた末に、静岡駅構内でのわさび漬販売権を獲得したのです。そして、それまでの大八車によるわさび漬の計り売りをやめ、サワラで造った丸い円形の化粧樽にわさび漬を詰め、列車の窓から旅人に売り込むという、今までに無い新しい販売スタイルを試みました。このユニークな「樽詰めわさび漬」は旅人たちに大好評を博し、「静岡名産田丸屋のわさび漬」の名は、たちまち全国に広まったのです。以来百年余り。田丸屋のわさび漬けは、静岡大火や戦災などいくつもの危機を乗り越え、その味わい、品質ともに、全国に誇れるトップブランドへと成長を遂げました。一億総グルメと言われる豊かな現代においても、本物のおいしさを伝える、日本ならではの香辛料“わさび”の人気、そして「わさび漬」の人気は、今後ますます広がっていくでしょう。静岡県民なら知らない人がいないという、140年近く続く老舗のわさび漬け屋さんが、この「田丸屋」なんです。

 「田丸屋」「わさび漬」、わさび色の包装紙に包まれています。香りと味と鮮度にこだわるから、「田丸屋」が使うわさびは、すべて国内産。きれいな水が豊富に湧き出す山間の渓谷で栽培されています。山の湧き水の養分だけで11~18ヶ月かけてじっくり育つわさびは、森と清流のおくりものです。蓋をあけると、このような感じになっています。色はクリーム色で中にはつぶつぶが入っているのがわかりますね。これがワサビの茎でしょうか。お箸で少しすくってみます。ひとくち食べるとコリコリとした食感。わさびのツーンとした味が口の中に広がります。さっぱりとしたわさびの辛さが、なんとも言えない癖になるお味で、美味しいです。

▲このつぶつぶがコリコリとしてツーン!

 私が初めて「田丸屋」「わさび漬け」を買ったのは、羽田空港ターミナルの土産物屋さんだったと思います。家に帰って食べてみると、ピリッとして実に美味しかったのを覚えています。ご飯に無性に合うんです。それからは、東京に行くたびに、新幹線の車中で買って帰っていました(私は飛行機嫌いで通っています)。以来、「田丸屋」さんから直接送ってもらうようになっていて、もう長いお付き合いです。私の中では、「わさび漬け」といえば、もう「田丸屋」一本です。

 最近は、「金印わさび漬」という最高級の物を送ってもらっています。わさびは、品質、色、形状を基準に、特に『金印用』として田丸屋熟練の職人の目で選別した物を使用。 他のわさび漬けより特に根の配合を多くし、風味、辛みが強く、わさびそのものの味をより堪能できる商品です。 酒粕も最上級のものを十分熟成させ、丁寧に作り上げた、田丸屋最上級のわさび漬です。裏には、原材料や保存方法、賞味期限が書かれています。原材料は、わさび。漬け原材料は、酒粕、砂糖、食塩、還元水飴、香辛料とのこと。熟成した琥珀色の酒粕を使用しており、白色の新粕と違い味はまろやかです。包装紙を開けると、金印の田丸屋のわさび漬けが現れます。蓋をあけると、このような感じになっています。色はクリーム色で中にはつぶつぶが入っているのがわかります。これがワサビの茎でしょうか。お箸で少しすくってみます。暖かいご飯のお供にも相性抜群で、あるいは熱いお茶漬けに混ぜて香りを楽しむこともできます。おにぎりの種に、ステーキやサンドイッチやクラッカーにもつけて食べると、格別な風味を発見することになります。

 残念なことに、主力商品の「わさび漬け」は、バブル崩壊後の1990年代初頭をピークに、販売量は減少の一途をたどり、ピーク時の40%にまで落ち込んでいます。購入者の高齢化も進んでいます。さらには、コロナ禍が追い打ちをかけます。売り上げ全体で、観光関連での販売が4割弱を占めますが、この1年で観光販路による売り上げは、前年の半分もいかないそうです。頑張ってほしいお店です。❤❤❤

カテゴリー: グルメ | コメントをどうぞ

前説

 去る9月9日(木)、鳥取県・米子ビッグシップで行われた4,493回目のさだまさしコンサート「さだ丼~新自分風土記Ⅲ」におけるステージ・トークで、さださんはとても面白いことを言っておられました。⇒私のこのコンサート・レポートはコチラです  9月15日に大きな会場・東京ガーデンシアターで「ほぼ4500回ぐらい記念コンサート」をやるんだけど、「前説」をやるつもりだ、お客さんが来る前にやってしまいたい、とおっしゃっておられました。「前説」(まえせつ)というのは、劇場での公演、またはテレビ番組の公開放送などにおいて、本番前に観客に行う説明のことです。日本のテレビ番組では、萩本欽一さんが自身の「欽ドン」シリーズで、関根勤小堺一機に担当させたのが初の導入と言われています。永 六輔さんがよく自分の番組でこれをやっておられました。その他、「物々交換コンサート」(20世紀梨が嬉しい)、「半券でチャンポン食べれますコンサート」などやってみたい、などと将来のユニークな夢を語っておられました。

 シンガー・ソングライターのさだまさしさん(69歳)が、9月15日、東京・有明の東京ガーデンシアターで全国ツアーの公演(4,494回目)を行いました。本来はこの日、前人未到の通算4500回コンサートの達成日となるはずだったんですが、コロナ禍で昨年、中止公演が出た影響で10月に持ち越し。そのため、この日は「ほぼ4500回ぐらい記念公演」というユーモアあふれるネーミングで、ファンの心に響く歌と、おもしろトーク、さらにはお土産付きで盛り上げました。

 さて、「開演ほぼ18時」と謳われていた通り、開演時間よりも20分も早い17時40分頃に、「ちょっとひとネタやっとこうと思って」と、前説に、フラッとステージに登場したさださんです。「この去年できたばかりの新しいコンサートホールで4,500回を迎えようと思って準備してきて、今日の公演が4,500回に足りなくなった理由は、去年コンサートを中止せざるを得なかった公演が6公演あったからなんだけど、だったらタイトルを変えてしまおう、ってことでこのタイトルで今日の日を迎えてます」と挨拶しました。「ワクチン接種率の高い(中高年の)お客さんが多いので安心です(笑)」と笑いを誘いました。バンドもいないステージ上で、上手に行ったり、下手に行ったり、時折お水を飲みながら熱弁をふるいました。コロナ禍で収容人数は約半数。達成直前記録にも合わせた満員のほぼ4,500人(定員8,000人)を、笑いに包み込みました。続いて、「今度“アオハル49.69”ってアルバムを出します。去年初めて暇な時間ってものを味わって(その時間に)“さだ丼”とこの作品を作ってました。10月25日で49年目の69歳。10月1日からは文化放送でレギュラー番組も始めます。そこではこのアルバムもたっぷり紹介していきます。」とコメントし、10月27日発売予定のアルバムから「春夏秋冬」「誰もいない海」をワンコーラスずつ弾き語りして、聴衆を大いに沸かせました。まだまだ喋り続けるさださんを遮るように、18時直前を知らせる開演のブザーが鳴ると、「それではこの後は、さだまさしさんの登場です」と、舞台袖に引っ込みました〔笑〕。改めてステージ衣装で登場し、「北の国から~遙かなる大地より~」を皮切りに幕を開けた本編ステージ(アルバム『さだ丼』通りの曲順構成)は、前説・アンコールを合わせて約2時間半に渡りました。この4,494回目のコンサートの模様は、9月16日付けの「サンケイスポーツ」で詳しく取り上げられました。

▲サンケイスポーツより

 大竹しのぶさんが『朝日新聞』(夕刊)で連載しておられるコラムでも、詳しく取り上げておられましたね。⇒コチラです

 1985年6月に1,000回公演→1993年7月に2,000回公演→2002年3月に3,000回公演→2013年7月に4,000回公演、と前人未踏の日本記録を更新してきました。関係者によると、4500回のカウントはホールコンサートが中心。ただし、1987年から2006年まで、毎年8月6日の広島・原爆の日に故郷・長崎で行った「夏 長崎から さだまさし」(無料)など野外公演も含みます。オリコンによると、当時の2位は谷村新司(72歳)の約2500回、3位はハウンドドッグの約1900回です。ダントツの日本一ですね(それだけのお客さんが来てくださったことがスゴイことです)。また、今回のこの東京ガーデンシアター公演は、12月にWOWOWで独占放送されることになっていますので楽しみです。正式な4,500回目コンサート会場は、10月11日の福島県「とうほうみんなの文化センター」です。♥♥♥

15日の公演曲順

カテゴリー: 私の好きな芸能人 | コメントをどうぞ

ニック・トロストのパケットシリーズ

▲故・ニック・トロストさん

 私の大好きなマジック・クリエーターの故・ニック・トロスト(Nick Trost)さんには、残された膨大な量の傑作オリジナル・パケット・トリックがあります。私は若い頃から、ニックさんの大ファンで、彼の作品を多数集めてきました。⇒私の「Nick Trost大好き!」コチラです  現代のパケット・トリックのクリエーターの重鎮として最も有名なイギリス人・ポール・ゴードン(Paul Gordon)さんも、ずいぶんニックさんに影響を受けておられることを告白しておられます。ニックさんの個人作品全集も出ていますが(~現在8巻まで刊行中)、私はその全部をアメリカから取り寄せて揃えています(写真下)。それぐらいにニックさんにはまっています。ニックさんの作品を全部集めてやろうと決意して、長年収集に励んできました。残念ながら、ご本人は2008年にお亡くなりになりましたが、その後もこうして作品集が出続けているのが、それこそ「マジック」と言ってよいと思います。

▲ニックさんの作品全集Nick Trost’s Subtle Card Creations.

 その昔、アメリカのL&L Publishing社から、彼のパケット作品が大量に売り出されたことがありましたっけ。当時、値段は1つが$10だったと記憶していますが、全部買い求めました。いずれもテクニック不要でありながら、特殊印刷されたギミック(ギャフ)カードを上手く活用することで、最大の驚きを演出しておられました。それらがこのたび、東京の(株)オフィス・マジックファンタジアより、7作品ディーラーズチョイス」(Dealer’s Choice)「ビッグフット」(Big Foot)「4フラッシュ」(4 Flush)「アンノウンカード」(Unknown Card)「オーストラリアンエース」(Australian Ace)「ミシシッピーモンテ」(Mississippi Monte)「マキシツイスト」(Maxi Twist)が、「傑作パケットマジックシリーズ」として、それぞれ660円という超超安価なお値段で提供されることになりました。⇒詳しくはコチラです  これぞ名作と言えるパケット・マジックを、とってもお買い得な価格で提供するシリーズで、原典の英語の解説書、使用するギミック・カード一式に加え、日本語のとっても分かりやすい演技解説のDVDまで付いています。これで日本語で練習することができますから、巨匠ニック・トロストさんの作品の敷居がずいぶん低くなったと思われます。ということで、私も記念に、もうワンセット求めることにしました(写真下)。全くのムダ遣いですね。困ったもんだ〔笑〕。♠♣♥♦

カテゴリー: マジック紹介 | コメントをどうぞ

岡本和真の打点と寄付

 このところ絶不調の巨人軍です。そんな中、セリーグのホームラン王、打点王の巨人軍四番打者・岡本和真(おかもとかずま)。頼りになる四番です。2014年のドラフト一位で巨人単独指名します。当時の各球団のスカウト陣から聞かれた声は、「岡本は一塁しかできないでしょ。だったら外国人を連れてくればいいだけの話。一塁しか守れないと現場には推しにくいよね」ということで、巨人の単独指名となります。「打球の速さ、飛距離は高校生離れしている。打球の角度がいい。アマではトップクラス。大物のホームランバッターになるのは間違いない。」「岡本のパワーは、まさに高校生離れしている。本塁打の角度がいい。将来的には三塁手として鍛えたい選手ですね。」「剛の中に柔のある金の卵」「将来のクリーンアップ候補として期待している。」「無駄な動きがない。トップクラスの選手」と、当時の巨人の関係者たちが激賞していた選手です。しかし、入団から3年間は、ファームが主戦場で鍛えられました。球団の育成能力が試される中、2軍ではスケールの大きな長距離砲として起用し続けた結果、4年目に、当時の高橋由伸監督が1軍の四番に抜擢して、才能を開花させました。その後の活躍はご存じの通りです。4年連続30本以上のホームランを打ち、2年連続100打点以上を記録しています。

 岡本和真選手は今季から、公益社団法人日本動物福祉協会を通じて、恵まれない環境で生活する動物たちを「救う・つくらない」活動を支援する「岡本和真HAPPY ANIMALプロジェクト」をスタートしました。岡本選手は、「公式戦で記録した打点数×1万円」日本動物福祉協会に寄付します。寄付金は、飼育放棄や虐待などの被害を受けた「不幸な動物を救う活動」や、望まれずに生まれてくる犬や猫などを減らすために不妊・去勢手術への助成を行う「不幸な動物をつくらない活動」に充てられます。

《岡本選手のコメント》————
「小さな頃から犬を飼っていて今も3頭の犬を飼っています。以前、テレビで保護犬についての番組を見て、僕たちの知らないところで恵まれない環境で生活している犬が多くいることを知りました。何かできることがないかと調べている中で、犬だけではなくいろんな動物が同じような状況にあることがわかりました。少しでも力になればと思い動物福祉活動を支援することにしました。この活動が広く知れ渡ることで、多くの動物たちに幸せになってほしいと思います。そのために、1点でも多く打点を挙げて、チームの勝利と日本一にも貢献していきたいと思っています。応援してください」

 巨人の原監督、菅野智之、坂本勇人、丸佳浩、 岡本和真が、医療従事者に1,000万円寄付したことも報道されました。一流スポーツ選手たちがこうやって社会貢献をしていることを、もっと報道してあげないといけません。巨人時代に内海哲也投手(現西武)が、「ランドセル基金」を行っていたことは有名です。児童養護施設の子供たちにランドセルを贈る活動で、それを引き継いだ今村信貴投手(現在は二軍調整中)は、昨季の公式戦登板数と同じ17個を出身地である大阪府の施設に寄贈しています。「内海さんの姿を見てきて、いつか僕もこういう活動がしたいと思っていた。自分も、より多くのランドセルをプレゼントしたい」「児童養護施設のみんなに、一つでも多くプレゼント出来るように頑張りたいです」と改めて活躍を誓いました。♥♥♥

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

アンテナ

 成功者たちが成功の秘訣を聞かれて、「運が良かっただけです」と答えるのをよく聞きますね。ノーベル賞受賞者の話を聞いていても、「偶然」という言葉がしばしば登場します。田中耕一氏や白川英樹氏や小柴昌俊氏たちも、ニュアンスの差こそあれ、「偶然」が大きな発明や発見につながったと語っています。将棋界のニューホープ藤井聡太三冠が14歳の時に、デビュー29連勝していた頃、勝てたことを「僥倖」と語って注目を集めました。「なんだ、偶然だったのか」と嘲笑したり、偶然がめぐってきた彼らをただうらやむだけの人がいますが、そういう人たちは運」偶然」に関しての考え方が、根本から間違っていると言わねばなりません。は誰にでも身近に転がっています。ただ漫然とそこにあるのではなく、波や風と同じように、変幻自在に形を変えながら、私たちの目の前を漂っているのです。「ラジオの周波数のようなもの」と、尊敬する故・渡部昇一先生は喩えておられました。何もしなければ、チャンスは頭の上をスースーと通り過ぎるだけです。アンテナを張り巡らせて、周波数を合わせる努力をしなければ、チャンスを捕らえることはできないのです。成功した人たちは、チャンスを捕らえるアンテナを広く張り巡らせ、感度を鋭く保っていました。人一倍、いや人の百倍ほど強く願い、飽くことなく努力を続けたからこそ、彼らのアンテナの感度は常に鋭く保たれ、その結果,運を呼び込むことができたのです。

 リンゴが落ちるのを見た人はそれこそ何百万人もいますが、ニュートンの場合は、長い間天体の問題を考えていたことが大発見につながりました。数々の失敗や試行錯誤を繰り返し、それでも諦めずに強い意志で目標を追求した結果、エジソンは大発明につながりました。強い欲求や理想を持つ人と、そうでない人の違いはまさにここにあります。欲求のある人は、常にチャンスを待ち構えて、自分のアンテナを可能な限り広く張り巡らせているのです。通俗的なことわざですが、「チャンスは前髪を捕まえろ」といいます。「チャンスは前頭部に毛髪があるが、後頭部はハゲである。もしそれを捕まえたら保持せよ。一度逃げたチャンスは、ジュピターの神も捕まえることはできない」とローマ時代には言われていました。チャンスには前髪しか生えておらず、通り過ぎてしまってからいくら捕まえようとしても、もう手遅れなんです。

 さて、私のアンテナの源は、本や活字です。よく若い先生方から「どんな本・雑誌を読んでおられるのですか?」と聞かれることがあります。現在、私が定期購読しているものを挙げておきましょう。

【日刊新聞】  
『朝日新聞』
『読売新聞』
『産経新聞』
『日本経済新聞』
『スポーツ報知』
『日刊スポーツ』
『スポーツニッポン』
『大阪スポーツ』
『The Japan Times Alpha』
【雑誌】
『致知』(致知出版)
『正論』(産経新聞社)
『イングリッシュジャーナル』(アルク)
『CNN ee』(朝日出版)
『ダ・ヴィンチ』(KADOKAWA)
『英語教育』(大修館) 
『スカパー!TVガイドプログラム』(東京ニュース)
『ミステリーマガジン』(早川書房)
『デジタルTVガイド』(東京ニュース) 
『WILL』(ワック)
『HANADA』(飛鳥新社) 
『THE21』(PHP) 
『PHP』(PHP)  
『週刊ポスト』(小学館) 
『図書』(岩波書店)
『将棋講座』(NHK出版)
週刊『ザ・テレビジョン』(KADOKAWA)
『Bun2』(ステイショナー)
『鉄道ジャーナル』(成美堂)
『鉄道ファン』(交友社)
『旅と鉄道』(天夢人)
『ノジュール』(JTB)
『ザ・マジック』(ディアゴスティーニ)
『週刊プロレス』(ベースボールマガジン社) 
Genii(アメリカのマジック雑誌)
【その他】
『まさしんぐワールド』(さだまさしファンクラブ会報)
『FAR EAST CAFE PRESS』(小田和正ファンクラブ会報)

 尊敬する出版プロデューサーの川北義則(かわきたよしのり)さんは、『死ぬまで好奇心!』(海竜社、2017年12月)の中で、読書という行為は、読む人間の頭の中に「?」や「!」を芽生えさせる。「なんだこりゃ」という疑問と「なるほど」という驚きである。これこそが、知的好奇心のタネなのである。読書は、錆びつつある脳の動きを活性化する手っ取り早い方法なのだ」「そして、読書が習慣化されると、自然と新聞や雑誌などの他の活字への反応もシャープになっていくのだとおっしゃっておられましたが、まさに同感です。キーワードは、この「好奇心」「自己変革」なんです。これがある人とない人の中の一番大きな要素が、「読書」であると私は考えています。別に本を読まなくても、人間いくらでも生きていけますものね。私は、英語、小説、ミステリー、自己啓発、プロレス、野球、文房具、将棋、音楽、写真、グルメと、ありとあらゆるジャンルの本を読みまくります。松下幸之助、江口克彦、川北義則、小宮一慶、中島孝志、稲盛和夫、野村克也、渡部昇一、 西村京太郎、デイビッド・セイン、Robin Cook, Danielle Steelの熱狂的ファンで、新刊本はすべて読みます。そしてほぼ毎日のように書店に立ち寄って、面白そうな単行本・雑誌をゲットします。旅行で大きな街へ行った時は、必ず大型書店をはしごして、日頃目に止まらないような本を買い求めてきます。教員に成り立てで、安月給のため月に5,000円本を買うのがやっとだった時代には、ボーナスをもらう度に、特急「やくも」号で岡山まで出かけては、丸善・紀伊國屋で洋書を大量にまとめ買いをして帰るのが恒例でした。そうやって英語のアンテナを磨いてきました。「幸運は準備された心に味方する」(パスツール)♥♥♥

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

「共通テスト」利用私大のメリット

 現場で教えていていつも思うことですが、「情報」が体系的に伝わっていない。進学校でも、生徒たちが大学のことを何も知らない、と感じることが多いんです。知名度や偏差値だけで大学選びをしてしまっている。名前だけで、中身を全く知らない。1年生の時から体系的に進路情報を発信して、生徒たちに本気で大学を考えさせる環境を作っていないのです。私が卒業生にお願いして、大学のキャンパス・レポートを「あむーる」に掲載し続けてきたのは、そんな隙間を埋めるためでした。その昔、島根県立大田高等学校の進路部長1年目に私がやったことは、一部屋を潰して、大学情報(要項・パンフレット・学校案内・入試問題・その他の資料)を北から順に大学ごとにキャビネットケースに収めて、種々の問題集・資料集の検索の便を格段によくして、生徒に開放したことでした。コピー機も生徒利用に開放しました。生徒たちが、毎日進路指導室にやって来るようになりました。たったこれだけのことで生徒の動きが随分変わってきたように思います。毎週大学情報を掲載した「進路指導部だより」を発行して情報発信に努めました。外部からさまざまな専門家に来てもらって、生徒たちがお話しを伺う機会も増やしました。この年から国公立大学の合格者数が飛躍的に増えたのも(40~50人→103人)、意味のある「情報」に触れた生徒たちの心に火が付いたためと思われます。全国各地から、山のように学校訪問が相次ぎました。以降私の在職3年間、この実績がずっと続きます。

 「共通テスト」の出願が始まりましたね。河合塾の調査によれば、国公立大学を志望する高校生数は例年並みですが、「共通テスト」の成績で合否を判断する入試方式で私立大学を志望する生徒らの割合が、前年比109%と大幅に増加しています。万が一、コロナ感染した場合などに、合否判定に使われる可能性もありますから、セ-フティーネットとしても役立ちますからね。

 近年、この「センター試験→共通テスト利用私大」が、増えてきました。私立大学入試において、個別試験ではなく、「共通テスト」の点数のみによって合否を決める入試形態です。ところが、この制度のメリット・デメリットがあまり伝わっていないんです。これは学校の指導の怠慢です。メリットとしては、次のようなものが考えられます。

①「共通テスト」を受けるだけで複数の大学・学部・学科を受験可能

②種々の負担が軽減・・・(1)肉体的負担減(旅行不要) (2)受験料の負担減 (3)旅費・ホテル代の負担なし  (4)傾向の異なる私大過去問の研究の負担なし

③自己採点での成績確認が可能

④合格で精神的負担が軽減・・・国公立大学受験前の緊張感が和らぐ

⑤合格可能性の増大

 もちろんデメリットもあります。確認しておきましょう。

①事前出願の場合は早めの志望校決定の必要性

②私大専願の人にとっては受験科目の負担増も

③入試会場独特の雰囲気を体験する事が出来ない

④高倍率・・・場合によっては数十倍になることも…

 ④の「高倍率」に関しては、定員が少ないので当然の結果なんですが、合格者も水増しして発表されるので、それほど心配はない、と私はずっと言ってきましたが、入学者人数の締め付けが強化された近年は、注意すべきかと思っています。こういうことを頭に入れた上で、共通テスト利用私大の出願を考えておきましょう。♥♥♥

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

藤井聡太論

 9月13日、藤井聡太二冠(王位、棋聖)豊島将之叡王(31歳)を下し、叡王を初奪取しました。この結果、19歳1ヶ月の藤井は三冠となり、羽生善治九段(50歳)の持つ22歳3ヶ月の最年少三冠記録(1993年=棋王、王座、竜王)を3年以上も更新しました。「まだ実感はないのですが……(三冠は)偉大な棋士ばかりで光栄に思います。ただ自分自身の今後が問われる。今まで以上に(将棋に)取り組んでいく必要があると思います。」 今までに三冠を達成したのは次の十人だけです。

《三冠達成者一覧》
①藤井聡太  棋聖・王位・叡王  2021年9月13日  19歳1ヶ月
②羽生善治  棋王・王座・竜王  1993年1月6日   22歳3ヶ月
③中原 誠  十段・棋聖・名人  1972年6月8日   24歳9ヶ月
④谷川浩司  王位・棋王・名人  1988年6月14日  26歳2ヶ月
⑤渡辺 明  竜王・王将・棋王  2013年3月24日  28歳11ヶ月
⑥豊島将之  棋聖・王位・名人  2019年5月17日  29歳0ヶ月
⑦森内俊之  竜王・王将・名人  2004年6月11日  33歳8ヶ月
⑧大山康晴  王将・九段・名人  1959年6月12日  36歳2ヶ月
⑨升田幸三  王将・九段・名人  1957年7月11日  39歳3ヶ月
⑩米長邦雄  棋王・王将・棋聖  1984年1月23日  40歳7ヶ月

 今こんな本がベストセラーになっています。谷川浩司『藤井聡太論 将棋の未来』(講談社α新書、2021年)です。今井書店チェーンにはどこのお店にも在庫がありませんでした。これはもうアマゾンに頼むしかない、と思って取り寄せたところ、ベッドの上に同じ本が置いてあった!先日、東京の丸善で買ってきていたのでした〔笑〕。1冊は、勝田ケ丘志学館の「共通テスト」模擬試験で最高点を取った生徒にプレゼントしておきました。最近、ボケてきたらしく、同じ本を2冊買ったことが二度ほどありました(もう一冊はOALD第10版)。「認知症」はもうそこまでやってきていますね〔笑〕。

 中学生でプロデビューした棋士は、藤井を含めて歴代5人しかいません。全員が将棋界に名を残す超一流の棋士ばかりですね。

加藤一二三  1954年  14歳7ヶ月
谷川浩司   1976年  14歳8ヶ月
羽生善治   1985年  15氏2ヶ月
渡辺 明   2000年  15歳11ヶ月
藤井聡太   2016年  14歳2ヶ月

 「天才は天才を知る」。これまた天才と言われた谷川浩司(たにがわこうじ)九段(史上最年少21歳2ヶ月で名人就位)が、レジェンドの巨大な才能の秘密に迫ります。谷川さんは、私の大好きな加藤一二三(かとうひふみ)九段から名人を奪取した若き天才でした。AIの登場以降、大きく変貌する将棋界。そこに突如現れた若き天才・藤井聡太。14歳2ヵ月・史上最年少のプロデビュー後(デビュー初戦、加藤一二三九段に勝って連勝街道は始まりました)、衝撃の29連勝から始まり、史上最年少でのタイトル獲得など、次々と記録を塗り替えていく彼のすごさとはいったい何だ?人間はどこまで強くなるのか?その謎を、史上最年少名人位獲得の記録を持つレジェンドが、自らの経験を交えながら、さまざまな角度から掘り下げて解き明かすとともに、多士済々の頭脳集団が切磋琢磨し、進化し続ける将棋の魅力を伝えている本です。私は、北高の将棋部顧問をやっていた時に、伊勢志摩賢島で行われた「全国総文祭将棋部門」で、谷川九段にお会いしました。

 彼の将棋には華があります。ファンだけでなくプロも驚くような、意表を突く派手な手を指したり、びっくりするような捨て駒をしたり。直観力を駆使した魅せる将棋をします。メディアは当初、藤井の強さの秘密を将棋ソフト(AI)と関連付けました。しかし谷川さんは、それに異議を挟みます。「AIを使うから強いは語弊がある。いまやAIは若手だけでなくベテランも活用するからだ。彼が強くなったのは、結論が出ない局面を考え続けた探求心の積み重ね。将棋が好きで強くなりたい、将棋の真理を見極めたい。純粋な気持ちがその源泉にある」と語ります。著者が語る藤井聡太論や将棋論には、読者の実生活や仕事に役立つ真理が数多く含まれており、将棋ファンならずともきっと参考になるはずです。

 「本を手がけ始めたのは、去年の7月ごろ。ちょうど藤井さんが棋聖、王位のタイトルを取った時期だった。一番注目していたのは、『あと1勝でタイトル』という状況で勝ちが見えた時に、『本人の気持ちに揺れが生じるか、それが指し手に表れるか』というところ。昨年の棋聖戦第4局は、見事な指し回しを見せて優勢を築いた。最後、(1分未満で指さなければならない)1分将棋になって安全勝ちを目指すのかと思ったが、最短距離の勝ち方を見せた。タイトルがかかった一番ということを感じさせない勝ちっぷりだった。技術だけでなく、精神面でも大きな成長があったんだな感じた」谷川先生

 「私は38年前に名人になった。最終局で勝ちが見えた時は気持ちを落ち着かせるのに苦労した。それでも、打った銀がゆがんだ。私の先輩も後輩も、ほとんどの棋士は初タイトルの時は平常心でいられなくなる。そこで勝ち急いだり、手が伸びなくなったりする。勝つにしても紆余曲折の末、ということがほとんど。藤井さんの例は本当に珍しい」と。

 子ども時代の藤井は、負けると将棋盤にしがみついて激しく泣きました。「デビューして1、2年の頃は、ミスをしてひざをたたくということもあったが、今はそういうことはない。他の棋士に比べたら、気持ちの揺れは少ない。あったとしても、すぐに気持ちを切り替えて現在の局面の最善手を追い求めていける」

 彼の姿勢を見ていると、『将棋が好きだ』『強くなりたい』『真理を究めたい』ということが、本人にとっては全てに近いのだと感じられます。相手というより、将棋と真剣に対峙しています。記録とかタイトルよりも、『今日の対局で将棋の真理に少し近づけるか?』ということを目指しているのです。そういうことを考えているから、初タイトル獲得の時も揺れが生じなかったのだと納得できるでしょう。彼にとっては、公式戦はタイトルがかかった対局も予選も全て同じ対局。研究会の対局も同じ。全てが同じ『将棋』なんです。

 大事な場面で、リスクを負いながら堂々と指せる理由について、谷川九段はこう語っています。「将棋が好きで、最善手や将棋の真理を求める気持ちが強いのでしょう。結果や記録にはそこまで重きを置いていないから、極端に言えばタイトル戦も研究将棋も同じ姿勢で臨める。そのように解釈しないと彼の戦い方に説明がつかない」要するに、対戦相手と戦っているのではなく、将棋盤と対峙しているのです

 渡辺明三冠(名人・王将・棋王)との棋聖戦を4連勝で防衛し、史上最年少の九段を達成しました。豊島将之二冠(竜王、叡王)との王位戦も4勝1敗で王位も防衛しました。圧巻のダブル防衛でした。それでも藤井からは、おごりや慢心などは一切感じられません。藤井は、「渡辺名人、豊島竜王という、本当にトップのお二人に番勝負で対戦するという機会を得ることができて。その中で自分に足りないところが新たに見つかったという部分もあるので、それをまた生かせていければな、というふうに思っています」  すでにこれだけ強いのに、まだまだ強くなるつもりなのです。つい最近の豊島二冠との叡王戦も2勝2敗で最終局を迎え勝利し、叡王を奪取して三冠に輝きました。史上最年少の記録付きです。竜王戦の挑戦者決定戦でも、永瀬拓矢王座を下して豊島竜王への挑戦権を獲得しました。強い相手と将棋ができることが純粋に嬉しいのでしょう。将棋の真理を追求することを実現するためには、相手が強ければ強いほどいい。

 谷川さんは、「藤井さんの強さは、最善手を求める探究心と集中力、詰め将棋で培った終盤力とひらめき、局面の急所を捉える力、何事にも動じない平常心と勝負術など、極めてアナログ的なもの。将棋ソフトを使い始めたのはデビューする直前であり、彼の本質的な強さはAIとは関係がないと言っていい」と断言します。♥♥♥

 藤井聡太さんが、初の対談本で自らの19年間を語る本『考えて、考えて、考える』(講談社)が今話題です。同社へ届く本の反響が男女比5:5だそうで、将棋本としては異例です。「死ぬまで努力」の稀代の名経営者・丹羽宇一郎(にわうちろう)さんとの対話(二人は同郷つながりの年の離れた友人です)から見えてきた異次元の天才の頭の中身。勝つ楽しさ、負ける悔しさを知って強くなった少年時代。悔しさを乗り越え、負けをとことん分析することで、さらに強くなっていった奨励会時代。将棋に出会った幼少期から、学校に行くことの意味を考えながら通った高校時代、趣味の話、コロナ禍での日常生活、将棋AIの使い方、ふだんの研究方法、対局時の心構え、棋士になって変わったこと、これからの目標・・・・・。14歳2ヵ月で最年少棋士となって以来、次々と最年少記録を塗り替え、驚異的な勝率で勝ち続ける19歳の強さの根源とは?より強くなるための学び方、心の整え方、そして探究を続けることの楽しさ。とことんやってみることで見える風景があるのです。藤井さんは、この本の中ではっきりと述べていました。


 一つ上のフェーズに進むと、今までとは違った読み筋が展開できるようになるんです。すると同じ局面でも、そこから先の盤上は全く違うものになります。そういう、これまでとは違う新しい景色を見るために強くなりたいと思っているんです。(pp.201-202)

 次第に勝ち負けにこだわらず「いい勝負をしたい」と、気持ちが変化していきました。これはAIだけがきっかけというわけでもないんですけど、結果、精神的にいい影響があったかなと思います。今の自分だととくに、結果を求めるよりも、さらに実力をつける段階だと思っています。タイトルを目指すよりは、実力をつけたい。実力がつけば、タイトルという結果は後からついてくると思うからです。こういうふうに思えるようになったのは、本当にここ数年のことなんですが……。(p.180)


 今春、卒業を目の前にして寸前で高校中退を決断し、棋士に専念しています。2016年、歴代単独トップの29連勝で注目を浴びてはや5年。史上最年少で三冠に輝き、年度内に最大五冠の可能性を秘めた前途洋々の19歳。どこまで強くなるのか、藤井聡太?!楽しみです。♥♥♥

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

「ウィーンの森 田和山店」

◎週末はグルメ情報!!今週は喫茶店

 松江の人間が「ウィーンの森」と言えば、たいてい地元にある「珈琲館」の系列店を指します。松江市内には、殿町、京店、湖北、田和山にお店があります。その中でも田和山店は、今井書店センター店」(松江で一番大きな書店)のちょうど真向かいにあるので、私は利用することが多いんです。ちょっと朝早く行って(9時開店)、美味しいコーヒーを飲みながらひと仕事をして、朝10時の開店を待つこともよくあります。


入り口を入ると、右手側はケーキショップで、ケーキの大きなショーケースがあり、左手には喫茶ルームがあります。清潔感のある、気分が華やぐような落ち着いた内装で、サンルームにも席があり、季節でテラス席も利用できるようになっています。ショーケースのケーキは、食べ応えのありそうな美味しそうな品が色々と種類も豊富です。午前中は、なかなかの賑わいで、お客さんが多いようです。モーニングのお客さんが多いのでしょうか。私はここのコーヒーの味が大好きです。下の写真のように、分厚いカップで提供されるのがここのお店の特徴です。

 ケーキには私のお気に入りがあって、「マルキーズ」「セビリア」が大好きです。時々「アップルパイ」が出ていることもあり、これも美味しい。最近、「シャインマスカットのショートケーキ」という、スポンジの間に新鮮なマスカットと生クリームをサンドしたケーキが「お気に入り」に加わりました。「ツイトローネン」というケーキも最近美味しいです。♥♥♥

カテゴリー: グルメ | コメントをどうぞ

『変な家』

 7月26日に発売された書籍、雨穴『変な家』(飛鳥新社)が、Amazonの「ミステリー・サスペンス・ハードボイルド」カテゴリでベストセラー1位となっています。「10万部が売れた」と宣伝していますね。私も、松江の今井書店センター店」に平積みしてあったのを買い求めて読みました。

 この本は、奇妙な間取りに秘められた謎を解き明かす「不動産ミステリー」です。著者はインターネットを中心に活動するホラー作家の雨穴(ウケツ)さんで、同書の内容の一部も、ネットで公開していたものをベースにして、大幅に加筆されたミステリー・ホラー作品となっています(下記映像参照)。

book_20210812151810.jpg

 目次は以下の通りです。

第一章 変な家
第二章 いびつな間取り図
第三章 記憶の中の間取り
第四章 縛られた家

 冒頭の第一章では、「これは、ある家の間取りである」として、表紙にも描かれている2階建ての一軒家の間取り図が示されます。同書によると、雨穴さんの知人の営業マンが購入を検討していた家の間取り図だとのこと。一見すると、それは何の変哲もないありふれたものです。なんとなく壁が多く感じられるだけで、特段おかしな点は見つかりません。

book_20210812114735.png

 しかし、よ~く目を凝らしてみてみると、1階の台所とリビングの間に謎の空間、壁で仕切られた奇妙な空間があります。それが気になって、知人も雨穴さんに相談したのでした。気になった雨穴さんは、大手建築事務所に勤める設計士の栗原さんに相談してみることにします。栗原さんはミステリー愛好家で、相談内容を伝えると、すぐに興味を持ってくれたと言います。さっそく雨穴さんが間取りを見せると、栗原さんはこう言いました。「一つ言えるのは、これが意図的に作られたものだということですね」なんと、奇妙な間取りは偶然作られたものではなく、何らかの意図があったというのです。一体なぜ、不思議な空間が作られたのか。雨穴さんはその理由を、「それはあまりに恐ろしく、決して信じたくない事実である」と述べ、そこには、信じがたいほど残酷な出来事が隠されていたのです。間取りの謎をたどった先に見た「真実」とは?

 続く2章以降でも、不動産にまつわる謎が次々と提示され、そして解き明かされていきます。住居を買ったり借りたりする際には、誰もが必ず間取り図を目にします。そんな身近なものに潜む謎を解き明かす「不動産ミステリー」という新ジャンルには、誰もが没入してしまうことでしょう。文章は会話形式で、著者と登場人物の会話を、そのまま話し言葉で文章にしたものですから、すいすい読み進めることができます。物語のカギを握る家の間取り図は、必要な箇所には適宜挿入されているので、いろいろとページを遡る必要はありません。

 この本には、家の図面が頻繁に出てきます。ふだん、家の図面などは、家を建てたり引っ越しを考えたりする時くらいしか考えないと思います。普通は、自分が生活する上で、家の図面を見ることはないわけで、ましてや、人の家の図面がどうこうなどとは考えません。想像しながら、もし自分がその家に住むとしたなら、どういうメリットデメリットがあるかは考えます。何のためにその部屋があるのか、ドアがそこにある理由、窓を設置しない理由などなど、よくよく考えてみると、実は一つ一つに理由があったりします。その図面から読み取れる謎が、このミステリーの肝ですね。ミステリーなので、自分でもその謎を予想しながら読み進めていくわけですが、話の中に出てくる設計士の人が、その謎解きのサポートをしてくれます。けれども、その謎が解けても、またすぐに別の謎が現れ、さらに話がどんどん予想外の方へと展開していくので、一気に読んでしまいました。最初の間取り図から、最後の展開にまでよくつなげたものだと思います。変だったのは間取りだけでなく、登場人物の家系にまで関わりがありました。間違いなく「変な家」だったのです。♥♥♥

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

かやちゃん、ドラマに!

 フジテレビの朝の情報番組「めざましテレビ」(月~金曜午前5時25分)で、お天気キャスターを務める大好きな阿部華也子(あべかやこ)さん(かやちゃん)が、10月9日スタートの連続ドラマ「顔だけ先生」(東海テレビ・フジテレビ系、土曜午後11時40分~)に出演が決まりました。天気予報でかやちゃんを見ないと、朝って感じがしない八幡です。「さあ続いて、キャンキャンのスタイリストさんが選んでくれたコーディネイトがこちらです……」というファッション・ショーを見てから、毎日学校に向かいます。毎日のコーディネイトの記録写真はコチラで見ることができます。ファッションのほとんどは、ロングスカートでの登場ですが、かやちゃんには珍しいミニスカートの回を下に挙げておきますね。

 「めざましテレビ」のこのコーナーを担当する、キャンキャンのスタイリストさんとの対談が公開されています。

 かやちゃんがドラマに出演するのは初めてです。「オファーをいただいたときは初めてなので、私大丈夫なのかなという気持ちはすごくありましたが、本当にうれしかったです。『めざまし』のメンバーには実はまだ今回のドラマ出演をお知らせしていなくて……。たぶん、お話ししたら驚きつつも喜んでくださるのではないかと思いますね」とコメントを寄せています(先日「めざましテレビ」の芸能コーナーで軽部さんから発表されました。当のかやちゃんはNGを出さないように、それだけ心がけているとか)。

 ドラマは、俳優の神尾楓珠さんが主演。問題が山積みの私立菊玲学園高等学校を舞台に、超自分至上主義者だが顔だけはいい、“顔だけ先生”の非常勤講師・遠藤一誠(神尾さん)が繰り広げる予測不可能な学園コメディーです。遠藤の尻拭いに奔走する2年の学年主任・亀高千里役で貫地谷しほりさんも出演します。

 かやちゃんが演じるのはイケメン好きな英語教師・小畑友理佳。役柄について「結構ハチャメチャなところもあるんですけど、本当はいろいろ考えている先生なんだろうなというのは感じています」と話しています。かやちゃんの英語も楽しみですね。

 また、「神尾さんはあまり台本を現場で持っている姿をお見かけしなくて、すごいなと思います。貫地谷さんは『私が初めてドラマに挑戦するんです』って言ったらすごく優しく声をかけてくださいました」と撮影の裏側を明かし、「初めてのドラマに初めての教師役、全てが初めてだらけなので右も左も分からない状態ではありますが、私らしく頑張ります」と意気込みを語っています。

 ドラマの情報がメディアで報じられるとすぐに、ネット上には「かやこ出るなら見ようかな」といったファンの声が上がっています。視聴者にとって「朝の顔」といえるかやちゃんが深夜ドラマに出演するとあって、その意外性に反応するファンも。中には、「かやちゃんの笑顔は朝の起床スイッチなんだから、夜観た日にゃ眠れなくなりそうだ」と、かやちゃんの姿を夜に見てしまうと体内時計が狂ってしまいそうだとしつつ、本人のドラマ初出演を喜ぶ声も寄せられています。「朝の顔」たるかやちゃんに、新たな一面が加わることに期待を寄せる視聴者は多いようです。八幡の「かやちゃん愛」はコチラに詳しく書きました。最近では「かやちゃんねる」というYouTube動画サービスも始まっています。⇒コチラです ♥♥♥

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

「でん助」がない!!

 休日に、松江・田和山にある今井書店センター店」に出かけた帰りに、本郷町にあるとんかつ専門店「でん助」に寄って、「とんかつ定食」を食べて帰るのを楽しみにしていました。今日も今井書店で本を買い占めて、午前11時半の開店を見計らって、電動自転車で向かいます。お店の前にやって来ると、あれっ?見慣れた「でん助」の看板がありません!違うお店の看板にすげ替えられています(写真上)。おいおい、閉店してしまったのか?!ショックです。こんなことなら、もっと早くに最後のお別れをしておくんだった(前回訪れたのは5月でした)。

 国道9号線の相生町交差点を北に曲がりすぐのところにある、パチンコ店の一階に入居していたとんかつ屋さんが「でん助」です。以前は、JR松江駅前の“懐かしの”「ピノ」(現「一畑百貨店」)に出店していましたが、ピノ」の閉店により移転、そして、現在の場所に移られました。創業30年以上の老舗とんかつ店でした。私は開店時からの常連。とんかつが無性に食べたくなったときに、私が行くのがこの「でん助」か、学DSC00665園通りの「かつふじ」です(私の紹介は⇒コチラです)。メニューは非常に豊富で、揚げ物の定食、丼、カレー、など。お昼前は、お客さんはテーブル、小上がりの席がほぼ埋まっています。「とんかつ定食」(税込み850円)をいつも注文するんです。キャベツポテトサラダバナナが添えられたとんかつに、ご飯大盛り、味噌汁、冷奴、漬物、からし付きのとんかつのソースが、盆にのった小皿で出てきます。ドレッシングも2種類出され、自分で好きな方を選んで調整できます。少し薄めのとんかつはさくさくっとあがっており、味も上々です。接客のお兄さんもいつも笑顔で対応してくれますし、味、値段、提供する心遣い、接客ともすごくいいお店です。学園の「かつふじ」と違って、お店の「雰囲気」がそこそこなのは、パチンコ屋さんの隣の定食屋さんなので仕方がないでしょうかね。パチンコ帰りで、漫画を読みながら食事をしたりする人が目立ちます。お昼時になると、座敷18席、テーブル12席は常時満席になります。ボリュームと味と値段(コスパ高し)で、多くの人に愛されたお店でした。パチンコ客への配慮でか、全面喫煙可というのが、たまにキズで、運が悪いと煙の中で食事ということになります。

▲私の大好きだった「とんかつ定食」

 なんでも、店主さんがお亡くなりになったために閉店されたようです。あー、もう一回行っておくんだったな、と後悔の念が消えません。

 そういえば、松江で美味しい大判焼きの老舗「きむら新月堂」さんも、閉店してしまわれました(私は「一畑百貨店」地階の大判焼きのファンだったんですが、こちらも潰れてしまいました)。最近いつだったか、お店の前を自転車で通ったら、ズラーッと長蛇の行列です。交通整理の警備員さんまで出動しておられました。「最後尾はコチラ」という、松江には珍しい看板を持った人もおられます。「一体何が起こったんだろう?」と不思議に思いながら通り過ぎました。数日後に同じ場所を通りかかると、閉店の貼り紙が。店主さんご高齢のための閉店とか。あー、あの時の行列は、閉店を惜しむ人たちの最後の行列だったんだな、と納得しました。惜しいお店がどんどんなくなっていく松江市です。♥♥♥

カテゴリー: グルメ | コメントをどうぞ

007新作!

 出雲の「T-ジョイ」劇場版「科捜研の女」を見に行ったところ、スクリーンの予告編で、ずーっと公開延期になっていた007」シリーズの最新作が、ようやく公開されると知りました。ジェームズ・ボンドの活躍を描く「007」シリーズ第25作目「007/ノー・タイム・トゥ・ダイ」の日本公開日が、10月1日に決定です。北米公開(10月8日)よりも一週間も早く公開されることになりました。予告編を見る限り、いつものようにとんでもない迫力映像です。私はジェームズ・ボンドの大ファンで、過去の作品を全部観ています。

 みなさんは、イアン・フレミングが創作した、この「ジェームズ・ボンド」という主人公の名前の由来をご存じですか。私は昔、故・板坂 元(いたさかげん)さんのエッセイを読んでいて知りました(この人もいいエッセイを書かれる先生で、若い頃ずいぶんのぼせて読みました)。フレミングが小説を構想しているとき、平凡でパッとしない名前を探していました(1961年)。ちょうどその頃、鳥類学者のジェームズ・ボンドという人が、『西インド諸島の鳥』(James Bond, Birds of the West Indiesという本を出版しました。フレミング「これがよい!」と即座に主人公の名前に決めたそうです。いかにも退屈な名前だということで、これがピッタリだと決めたそうですよ。今をときめく世界の大スパイも、こんないきさつで生まれたんですね。

 ダニエル・クレイグは、シリーズ第21作目にあたる2006年公開の『007 カジノ・ロワイヤル』で、初の金髪のジェームズ・ボンド役として登場しました。その後『007 慰めの報酬』(2008年)、『007 スカイフォール』(2012年)、『007 スペクター』(2015年)でもボンド役を好演し、初代ジェームズ・ボンドを演じたショーン・コネリー以来最高のジェームズ・ボンド役とも謳われています。 しかし、残念ながらクレイグは本作をもってボンド役を引退することになっています。彼がボンドを演じるようになってから、シリーズの雰囲気も大きく変わりました。ハードボイルドなボンドを観られるのは、これで最後かもしれません。この作品は、最長の尺を誇るジェームズ・ボンド映画となり、なんと163分、つまり2時間43分も上映時間があるとのことですよ。

 当初の日本公開は2020年4月の予定でした。MGM、ユニバーサルならびに、本作の製作者より、コロナ禍に苦しむ全世界の映画興行における状況を検証した結果、3度の公開延期が発表されていました。多くの熱狂的な「007」ファン、映画ファンが長きにわたり待ち続けた劇場公開です。ネット上では、「007ノー・タイム・トゥ・ダイ」公開記念スペシャルサイト「#007 待ちきれない」が立ち上がりました。同作を劇場で見ることを心待ちにしていた各界のファンからの熱いコメントが掲載されています。⇒コチラです  今から楽しみです。封切りされたら出雲へ行って観てこようと思っています。♥♥♥

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

反省

 私は松下幸之助(まつしたこうのすけ)さんの熱狂的ファンで、自宅の家電製品は、すべてパナソニック製品です〔笑〕(あっ、最近1回だけ浮気をしました。⇒事の詳細はコチラです)。松下さんの側近中の側近であった江口克彦(えぐちかつひこ)さんの著書に、『松下幸之助はなぜ成功したのか』(東洋経済出版社、2017年)という名著があります。史上最高の経営者であった松下さんが成功した理由が事細かくまとめてあるので、私は何度も何度も読み返しています。その中に「反省する人はきっと成功するな」と題した章があります。


誰でもそうやけど、反省する人はきっと成功するな。ほんとうに正しく反省する。そうすると次になにをすべきか、なにをしたらいかんか、ということがきちんと分かるからな。それで成長していくわけや、人間として。けど、反省せんと、そういうことが分からへんからな。同じことをするわけや。間違いを繰り返すということやな。


 教育の世界でも同じです。試験を受けてそれで終わり。これでは進歩はありません。私は問題を生徒たちと一緒に解きながら、いつものように「見直しプリント」を、その日のうちに徹夜してパソコンに打ち込んでいます。それを喫茶店で点検・校正をしています。これが私の長年の日課です。かつて、そのプリントの冒頭には、次のように書きました。


「やりっ放し」が一番たちが悪い。「賢者は歴史に学ぶ」のだ。愚者は失敗しないとわからない…。見直しをすることにより間違いなく力がつく、と先輩達は「進路だより」で口を揃えて語っている。どれだけのことが反省できたか?これで次のステップが決まる!まず第一歩を踏み出せ!!何が足りなかったのか、何が理解不足だったのか、等「自分自身との対話」で力がつくのだ。まずは進研の「解答・解説」をじっくり読んでみよう!自分のおかした間違いを有効に活用して、進歩につなげることが大切だ。国公立大学志望者はセンター試験で5倍強の競争にさらされる、ことを忘れないで! ●「したい人10,000人、始める人100人、続ける人1人」(中谷彰宏)


 私は長年こうやって、模試をその都度自分で解き、問題分析をして、生徒達の答案や採点結果と照合することで、生徒たちがいったいどこで間違えるのか?、問題の難易度はどうなのか?が、手に取るように分かるようになりました。現場では「やっておきなさい!」で済ませて、自分で問題としっかり向き合おうとしない教師も数多くいます(残念ながら事実です。彼らは「忙しい」と言い訳します)。これでは生徒の力もつきませんし、自身の指導力向上にもつながらないでしょう。「やりっ放し」は、生徒だけでなく教員にも御法度なのです。かつて北高では1回の模擬試験を6度徹底的に活用していたものですが、今ではそれも遠い昔話となってしまいました(私の資料「模試の活用法~1粒で6度美味しい」をご覧ください⇒コチラです) 。毎年志望校に合格した生徒たちが、一番良かった、効果があったこととして、「試験の見直し」を挙げているのは、偽らざる実感だと思います。

 「見直し」の一環として、「テスト直しノート」を課している学校もあると思いますが、北高でも、ただ答えを写して終わり、という生徒も多く見られます。全然分かっていませんね。「模範解答」も全員に配っているのですから、こんなことをしても何の意味もありません。自分の答案といかに向き合ったか(=会話したか?)が伝わるノートだけが、力をつけることができます。私が忘れられない思い出は、かつて英語の力抜群の女子生徒がいました。彼女は定期考査・課題テスト等、いつも100点満点を取るのですが、それでも彼女の提出する「テスト直しノート」は書き込みで真っ赤かでした。自分に少しでも不安な箇所があれば、徹底して深く掘り下げて反省をしていました。センター試験本番ももちろん満点でした。彼女は現在、東京大学・薬学部の博士課程で活躍しています。

 教員も同じです。「やりっ放し」では力はつきません。松江北高定期考査・校内模試で、生徒の答案の○×結果を、全クラス、細かく大問・小問別に入力して、徹底的に分析して、生徒の弱点を把握するだけでなく、自分たちの問題作成の質を振り返るのも、こういう理由からなんです。

 今年度に入って受験した模擬試験の「見直しプリント」を、「ダウンロードサイト」に登録しておきますね。ご参考にしてください。♥♥♥

・2021年「3年全統共通テスト」見直しプリント (編)八幡成人 ⇒コチラです

・2021年「3年5月全統記述」見直しプリント ⇒コチラです

・2021年「3年6月進研共通テスト」見直しプリント ⇒コチラです

・2021年「3年7月進研記述」見直しプリント ⇒コチラです

・2021年「3年8月全統共通テスト」見直しプリント ⇒コチラです

・2021年「3年9月全統記述」見直しプリント ⇒コチラです

カテゴリー: 英語指導に関して | コメントをどうぞ

普通列車グリーン車

 山陰地方ではちょっと考えられない「普通列車グリーン車」は、東海道線、横須賀・総武快速線、宇都宮線、高崎線、湘南新宿ライン、上野東京ライン、常磐線の普通(快速)列車に連結されています。2004年10月のダイヤ改正から走り始めました。なにせ他の車両は、超満員のぎゅうぎゅう詰め。のんびりと腰掛けて移動したいですから、そのゆったりした2階建て車両は目を引きますね。私は今までに東海道線熱海・湯河原へ行くのに、「湘南新宿ライン」では大宮まで、そして今回は横浜~東京間で乗りました。グリーン車は、1編成(10両~15両)の中央辺りの4、5号車に連結されており、階段やエスカレーターに近い駅が多いのはありがたいところです。次は車内。

 座席配置は2+2、シートピッチは970mmとなっています。2階席はブルー系のシート、1階席はピンク系・パープル系のシートとなっています。座席はどこも同じ仕様。主な装備としては特急列車の普通車とほぼ同等と考えてよいでしょう。背面テーブル、ドリンクホルダー、網ポケット、小物を掛けられるフック、肘掛け、傘掛け(一部車両)があります。座席の中心に支柱があるため、足元は広々しています。1階席限定の装備として読書灯が設置されています。リクライニング機能(意外と深く倒れます)はもちろん付いていますが、そのボタン周りをみると座面スライドのボタンを設置できるようなスペースがあります。おそらく、E257系普通席の座席がベースのため、わざわざ新規の部品を作らずに流用したためでしょう。2階席の目線は非常に高い位置にあり、観光や景色を楽しみたい人にとってはうってつけで、まずは2階から席が埋まっていくように感じます。1階席はホームの床と同じ高さにあり、正直見てはいけないものを見てしまいそうなくらい低いので注意しましょう。案内表示は、列車種別や現在駅・次駅を案内する最低限のもので、ここはちょっと寂しいところです。普通列車のグリーン車は自由席なので、空いている座席であればどこに座っても大丈夫です。各座席の上にあるグリーン券情報読み取り部に、グリーン券情報を登録したICカードをかざします。赤ランプ空席で、グリーン券情報を読み取ると緑ランプに変わります。これで座席を確保したことになるのです。座席が空いているか否かは,座席上のランプの色を見れば分かるんですね。初めて乗った時には、なんて先進的な仕組みだと感じた事でしょうか。現在、JR東日本の普通列車は座席のカーテンがなくなりつつありますが、グリーン車にはついています。

 このグリーン車に乗るのには、乗車券の他に、普通列車グリーン券を購入する必要があります(写真上)。料金は目的地までの距離と、曜日別(平日・土日祝)に加え、車内購入か事前購入かによって分けられています。他の車両があまりにも混んでいたので、グリーン車に乗ることにしました。車内で、グリーンアテンダントさんが回ってこられた時に買ったのですが、事前購入よりも260円高く取られました。土・日・祝よりも通勤客の多い平日のほうが割高となっています。普通列車グリーン車の停車駅ホームには、Suicaグリーン券専用の券売機もあります。ただし支払い方法はSuicaの残高のみで、現金は使うことができません。

 普通列車のグリーン車は、1階席、2階席、平屋席の3つの区画に分かれています。それぞれに一長一短があります。1階席は乗降扉のすぐ近くにある階段を降りたところです。2階席と比べて人が少なく、車内照明も他と比べて少し薄暗いものが使われていて、落ち着いた雰囲気の中でゆったりすることができます。座席上に読書灯があるのも1階席の特徴で、車窓からはスピード感のある景色を眺めることができます。ただ台車に近いところにあるために、やや騒音がうるさく感じます。2階席は乗降扉のすぐ近くにある階段を上がったところにあります。スペースの関係で、上部に荷物棚がありません。丈夫に1番台車から距離が離れている区画なので、静かに過ごしたい人はここがオススメです。車窓からは、高い視点からの景色を眺めることができるのがメリットでしょう。座席が高いところにあるために,1階席に比べて揺れが大きいことです。平屋席は乗降扉のすぐ近くにあります。デッキと扉で仕切られており、他の区画に比べて座席数が少なく、天井が高いので、空いているとまるで個室にいるような感覚を味わうことができます。階段を使わずにすみ、荷物棚があるのもこの平屋席のみです。台車の真上に位置するので、揺れと騒音がグリーン車の中では一番大きいところです。

 特急の普通車と同等のサービスが展開されていますが、気になるところが2つあります。1つは頭上に荷物棚がなく、大きな荷物は座席の下か前に置かなければいけません。1階でも2階でもなく平屋席も存在し、こちらには荷物棚があるので、荷物が多い場合にはこちらがおすすめです。2つ目はデッキとの仕切り扉がありません。ドアの開閉音や発車チャイムが車両中心部に座っていても割りとはっきり聞こえます。ドア付近は風も吹き込んできます。平屋席は仕切り扉がありますが、車両の両端部にあることから台車からの騒音がうるさいので、結局、どこも一長一短のような気がします。

 超満員の首都圏の電車(横向きに座るシート)を、2階建てのグリーン車で静かに快適に移動ができるんです。こんなに有り難いことはありませんね。♥♥♥

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

「薬膳スープカレー8,000,000」

◎週末はグルメ情報!!今週はカレー

 「薬膳スープカレー8,000,000」(八百万・ハッピャクマン)は、薬膳スープカレー」の専門店です。出雲大社、稲佐の浜にある複合施設「神TERASU」において、キッチンカーで営業されていましたが、2020年6月松江へ移転して来られました。松江の老舗洋食屋の西洋軒」のお隣にあります。北海道発祥のスープカレーに(札幌でいただいたスープカレーは美味しかったな)、南九州地方独自の出汁文化を融合させた薬膳スープカレーが頂けるお店です。昨年の6月にオープンしただけに、落ち着いたムーディなBGMの流れる「和モダン」のお店の中はとってもきれいです。気になるお店の名前「800万」は、スープカレー発祥の北海道と、この味の原点である奄美大島が、この出雲の地に集まっているので、八百万の神々をモチーフにしているとのことです。店内には多くのテーブル席とカウンター席が。店内入り口にある自動券売機で食券を購入してから、席に案内されます。丁寧にカレーの説明をしてくださいました。

 しかしココ、ほかのお店にはあまりない、“ちょっと変わった”スープカレー屋さんです。それは、もともとカレー大嫌いだったオーナーがやっている!ということ。「カレー嫌いのオーナーがカレー屋やってるってどういうこと!?」オーナーの中島さんは、もともと保険の代理店で働く営業マンでした。カレーが嫌いな理由は「胃にもたれるから」。しかし、営業で鹿児島県・奄美大島に行った時に出会ったスープカレー屋さんで、人生が一変します。中島さんも驚いたそのカレーは、出汁王国ともいわれる奄美大島の出汁を使ったスープカレー。胃もたれをすることなく、最後までおいしく食べられたのだそうです。中島さんはその店主からスープカレーの作り方を教わり、独自の視点でアレンジし、「身体の中からきれいになれるスープカレー」を完成させました〜!!それがコチラの塩・小麦粉不使用の「薬膳スープカレー」です。

 「朝も昼も夜も食べたくなるスープカレーです。」中島さん自慢の味は、塩と小麦粉を一切使わないスープカレー!メニューは「赤カレー」「黒カレー」の2種類に分かれていて、トッピングを「チキン」か「ポーク」か「野菜」の中からどれかを選べます。スープカレーの作り方は、出汁とスープを分けて作るというラーメンと同じような手順で行われます。まずカレーのベースとなる出汁を2日間以上煮込みます。その出汁の中に、40種類以上のスパイスを使ったスープを入れるとまず「赤カレー」が完成。「赤カレー」を数分煮込み→冷蔵保存、これを2~3回繰り返せば、まろやかな味の「黒カレー」の完成となります!私は店員さんにオススメを聞いて、「黒カレー」ポークでいただきました。

 「黒カレー」見た目は「赤カレー」より少し濃いですね。煮込んで保存の繰り返し作業で熟成されているので、味は「赤カレー」よりもマイルド。スパイスのカドが取れて、味わいにまるみが出たような感じです!「黒カレー」のトッピングの豚軟骨はホロッホロでコラーゲンがたっぷり~~~!!煮込みすぎると溶けてなくなってしまうので、溶ける寸前で火を止めているそう。ポークはごろっとした食べ応えのあるサイズです。十穀米のご飯はレモンと共にやってきます。ご飯にレモンを絞って、それをカレーにインして食べます。スープカレーの鍋にはそれぞれ冷めないようにロウソクが付けてあります。なので最後まで温かい状態で食べることができます。ご飯はスープに浸して食べます。お水はセルフです。

 身体を中からしっかり温めるデトックス効果もあり、スタミナつけるのにも最適。「食べた翌日は化粧ノリも違う!?」なんていう美肌にも効果的なスープカレー。この夏注目のひと皿です!!ただ、私はお昼時に行ったんですが、お客さんは誰もいません。お昼のかき入れ時にこれでは……心配です。経営は大丈夫なんでしょうか?♥♥♥

カテゴリー: グルメ | コメントをどうぞ

ロートZi

▲安売り時にまとめ買いを

 アウトドアで汗だくになった時、スポーツ時、パソコン作業を長時間した時など、疲れた瞳をリフレッシュしたいときに、私が長年使っている目薬が、ロート製薬「ロートZi」です。目のさまざまなトラブルに対応できるバランスのとれた処方と、とてもクールな清涼感が特長です。硫酸亜鉛水和物配合で、紫外線による炎症も改善します。自由な角度で点眼できる“フリーアングルノズル”を採用しています。私は今は「高梨眼科」で、白内障予防のための目薬を2種類処方してもらっていますが、スッキリしたいなという時には、この目薬をさすと、目がスーッとして、爽快な気分になれます(「爽快クール!」と宣伝しています)。時々、ドラッグストアで安売りをしていることがあるので、そんな時にまとめ買いをしておくんです。♥♥♥

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

クリップスケール定規

 100均の「セリア」で見つけました。10cmまで計れるアルミ製の定規「アルミクリップスケール」です。先端にはクリップがついていて、書類などに挟み込むことができます。持ち歩きなどでよく使う手帳にはさんで使うことができます。便利なものを安く。いいですねえ。長さ10cmの定規ですが、上部のクリップ部分と合わせると、ちょうどボールペンと同じぐらいの長さででしょうか。ちなみに、色はシルバー、レッド、ブルー、ブラックがありました。

 私はこれまで、薄いアルミのボディにクリップの機能性を備えたハイタイド社「クリップルーラー」をずっと使っていました(東急ハンズで600円以上した、写真下)。アルミの厚みは0.5mmから0.8mmになり、以前と比べて薄くて軽い、丈夫なボディに強度がUPしました。手帳などページに挟んでも邪魔にならず、脆弱にもならない絶妙な厚みを目指しています。ボディが薄く、持ち運びに便利なクリップの機能性を備えた定規「クリップルーラー」は、ステンレス素材を使った上位モデルです。メタリックの美しいボディが特徴です。手帳やノートに挟んでおけば、必要な時にすぐに使用することができます。私は赤・緑・青を買って使って気に入っていました。それとほぼ同じものが(もちろんハイタイド社の方が作りはしっかりしているんですが)110円で手に入る、こんな嬉しいことはありませんね。全種類買って帰りました。「セリア」恐るべし!!♥♥♥

▲ハイタイド社の「クリップルーラー」

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

劇場版 科捜研の女

 1999年から22年間も続く人気ドラマシリーズ「科捜研の女」の初映画化作品です(上映時間108分)。京都府警科学捜査研究所(通称「科捜研」)の榊マリコが、法医学、化学、文書鑑定などの専門技術を駆使して、現場に残された数々の遺留品から、研究所の仲間たちと事件の真相に迫る姿を描く人気ミステリー・ドラマシリーズです。映画では、科捜研が現代最新科学では絶対に解き明かせないトリックを操る、「シリーズ最強の敵」に立ち向かいます。京都、ロンドン、トロントなど、世界で同時に発生する科学者が高所から飛び降りるという不審死事件です。犯罪につながる物的証拠もなく、各地で自殺として処理されようとしていた中、主人公マリコ役の沢口靖子、マリコのバディである土門薫刑事役の内藤剛志をはじめとするテレビシリーズのキャスト陣が、史上最強の敵となる天才科学者役の佐々木蔵之介と対決することになります。先の見えないスリリングな展開、美しい古都・京都の映像美、さらには、渡辺いっけい、若村麻由美、風間トオル、金田明夫、西田    健など、歴代の豪華レギュラーキャストも総出演しました。まさに「22年間の集大成作品」と言えましょう。

▲「T-joy出雲」のシアター5で上映

 私は「T-joy出雲」まで、この映画を見に行ってきました。雑誌『デジタルTVガイド』9月号で、このドラマを総力特集しており、この記事を予習代わりにさらってから映画を見ました。冒頭シーンは、伊東四郎さんと沢口さんの、コントのようなやりとりから始まりますが、これが物語の後の伏線になっています。シリーズ22年間の集大成というだけあって、実に面白かった。テレビドラマの何倍も面白く、手に汗握る展開です。「y gion」「福田美術館」「先斗町歌舞練場」「錦市場」「東福寺」といった京都の名所がズラリと登場します。風光明媚な京都の雰囲気、京都観光気分を味わうこともできますよ。最後の衝撃シーンが下の写真ですが、どうなることかと思わず劇場で身を乗り出していました(思わぬドンデン返しが)。

 このドラマは、現在テレビで放送されているものの中では、最も長寿の人気シリーズですが、これほど長く続いて愛されている理由について、沢口靖子さんは次のように述べています:

 毎年進化していく最新の科学で事件が解明されていく面白さ、その新鮮さに惹かれているのかなと思います。それから人間ドラマですね。登場人物みんなが、弱さであったり愚かさであったり、未熟だったり、でも愛おしいという、だれもが共感できるようなところが丁寧に描かれている。そうした部分で長年愛していただいているのかなと思っています。

 劇場版という新たなステージに挑みながら、兼﨑監督は、20年以上続いた榊マリコ=沢口靖子の変化、および不変の魅力、その両方を実感しているようです:

 最初はマリコが“科学一辺倒”というキャラクターでスタートして、まわりの人との接し方を覚えていった。20年間で、そんなプロセスを感じますね。演じる沢口さんは20年間をかけて科学の知識を積まれたので、おそらく今では検視の腕もプロ並みかと……。そして演じるマリコも、沢口さんも、現場での集中力の高さが魅力だと、改めて認識しています。

 「改めて認識する」といえば、『科捜研の女』が、なぜ20年以上も人々に愛され続けているのか?その理由について、中尾プロデューサーも思いを巡らせています:

 単にリアリティを追求するのではなく、ちょっと突飛なことにもチャレンジする精神が維持されてきたからでしょう。『突っ込まれてなんぼ』という部分もあります(笑)。サービス精神を心がけてきたわけですが、ただ、ふざけ過ぎのレベルまでいかないのは、榊マリコ、沢口さんの誠実さのおかげ。彼女こそが作品の精神的支柱です。また、20年前に始まったときは、科学という題材が珍しかった。『CSI:科学捜査班』(アメリカの人気TVシリーズ)より『科捜研』の方が1年早いんです。20年間で科学の現場もいろいろ進化していて、今でも新しいネタには事欠きません。それもシリーズ継続の秘密のひとつでしょう。

 主役の沢口靖子さんは、この劇場版の現場で、マリコの魅力について「エジソンのように1万回失敗しても真実を見つけようとする精神」と語っています。「映画のお話があったのは今から2年前でした。長年支えてくださったファンの皆様に感謝の気持ちを込めて、精いっぱい撮影に臨みたいと誓いました。そのときは、後でこんな“大変な事態”(=コロナ禍)が起こるなんて思いもしませんでした」と涙を浮かべながら語り、「諦めずにやってきて良かった……」と振り返りました。また、劇場版は「科捜研の女」の“集大成”だと明かした沢口さんは、「全国の劇場に足を運んでくださった皆さん、本当にありがとうございます。私たちをここまで連れてきてくださったのは、皆さんのおかげです。この映画を見て皆さんが少しでも元気になってもらえたなら最高に幸せです!」と語りました。はい、私は元気になりましたよ。

 沢口演じるマリコとの名コンビぶりが“どもマリ”の愛称で知られる内藤剛志(66歳)さんは、「2人の関係は、兄弟以上親せき未満といえるほど近いもの。いつか“どもマリ”が信頼し合っている関係を示す言葉になっていれば」と、こちらも感慨深げです。「マリコはいつも未来を見ている。未来を悲観しないというのがテーマ。こんな時代ですからね」とファンに語りかけていました。内藤さんも私の好きな俳優さんで、最近『スポニチ』で連載中の自叙伝「我が道」を、毎日面白く追いかけています。

▲映画館でこの科捜研ノートとクリアファイルを購入

 もう一つ、映画の本編が終わって流れる主題歌がまたよかった。新進気鋭の遙海(はるみ)さん(⇒オフィシャルホームページはコチラです)の「声」という曲です。思わず聞き惚れて、エンドロールが終わるまで、席を立たずに、聞き惚れていました。♥♥♥

 

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

妄想トレイン

 月曜日の21時から、BS日テレ「友近・礼二の妄想トレイン」という番組を毎週欠かさず面白く見ています(昨年の6月にスタート)。旅好きの友近さんと、鉄道好き中川家・礼二さん、女子鉄アナ(アシスタント)の久野知美さんの三人が、毎週ゲストと共に、時刻表を片手に、鉄道、温泉、グルメ、理想の旅を、ただただ妄想トークする「旅をしない」新感覚の人気旅番組です。スタジオで練りに練った妄想をもとに、番組スタッフがカメラを片手にいざ現場へ。スタジオトーク+映像で完成する妄想トリップは、新たな旅気分を盛り上げてくれます。コロナ禍にあって、どこにも旅をすることができないでいる八幡は、特に観光列車を取り上げた回は、興奮しながら見ています。限られた条件下で、旅を妄想する新番組が、どこにも出かけられないこのコロナ時代にはまったと言えるかもしれません。番組内では、出演者それぞれに役割分担が決まっています。こんな感じです。


◎礼二さん&鉄道オタクのゲスト ⇒鉄道オタクとしてウンチクを披露する。

◎友近さん ⇒鉄道オタクではないが、旅好きの芸能人として、礼二さんたちの話がマニアックに走り過ぎないようにブレーキをかけながら、モノマネで妄想にアプローチする。

◎土地に縁のあるゲスト ⇒その放送回に訪れる観光地の「隠れオススメ情報」を提供する。

◎久野アナ ⇒数字や公式情報を提供して、妄想旅をフォローする。


 毎回、主に東京をスタート地点として、ゲストの好みの寄り道ポイントを経由しながら、設定された目的地まで、鉄道の他、グルメや景勝地を映像で巡る趣向です。この番組には、最新の車両や、珍しい車窓風景も画面に多く登場しますが、かつて都会で働いていた通勤車両が地方私鉄でまだ活躍している場面など、古い年代の人たちに敬意を表すかの鉄道愛あふれる場面が多いのが微笑ましいところです。特に笑ってしまうのが、礼二と毎回変わる鉄道好きゲストがしばしば掛け合いで行う声帯模写です。車内放送や駅の構内放送の物真似に始まり、電車や気動車の走行音や風を切る音など、鉄道ファンなら「ここ!ここ!」と耳を傾けるポイントの擬音芸は秀逸で聴きごたえ十分です。旅番組というとグルメや豪華な旅館、温泉や寺社仏閣などに焦点が置かれがちですが、鉄道や時刻表を中心に旅を楽しむという切り口が新鮮で、毎回見終わると、番組と同じ鉄旅に出かけたくなってくるのです。

 その月曜夜の“旅をしない旅番組”が、このたびJTBとコラボして1冊のムックとなりました。『脳内リアルに楽しむ!達人が教える鉄道旅』(JTBパブリッシング、2021年7月29日発売)がそれです。アマゾンの鉄道部門でベストセラー第1位に輝きました。鉄道の達人達の指南による、鉄道旅の多彩な魅力、楽しさがこの1冊にぎゅーっと詰まっています。各鉄道ジャンルの達人たちが、「達人ならではのポイント・視点」を見せながら、鉄道旅の魅力を妄想プランとして紹介していきます。巻頭特集では、上の大人気番組「友近・礼二の妄想トレイン」ともコラボして、鉄道旅の魅力をぎゅっと詰めており、家にいながら脳内で楽しめる、そんな1冊です。ちょっとだけ内容をご紹介してみましょう。

【巻頭特集「友近・礼二の妄想トレイン」主な内容】
・友近さん、中川家・礼二さん、番組アシスタント久野さん、番組ゲスト巻頭インタビュー
・番組セットの詳細解説
・過去の放送で出演者が立てた「妄想プラン」を厳選して5プランを紹介します!
♣「ひのとり&しまかぜで行く伊勢志摩の旅」
♣「西武鉄道「52席の至福」を満喫、秩父日帰りの旅」
♣「富士急行乗り比べで行く富士山の旅」 etc
・番組仕掛け人のインタビュー

【達人が教える鉄道旅・主な内容】
各ジャンルの達人がそれぞれのジャンルの鉄道旅の楽しさ、魅力を、余すところなく伝えていきます。「こんな面白い場所があったんだ!」「こんな見方もできるんだ!」「こんな楽しみ方もあるんだ!」「こんな列車に乗ってみたいなあ!」「この列車のここが注目!」など、鉄道旅の楽しさを、より深く知ることのできること間違いなしの一冊でした。とりあえずは、この番組で旅気分を味わうことで辛抱しておきましょう。♥♥♥

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

「さだ丼」コンサート

▲米子・ビッグシップ駐車場に停まっていたコンサートトラックをパシャリ!

 9月9日(木)、さだまさしコンサート「さだ丼~新自分風土記Ⅲ」(米子・ビッグシップ)に行ってきました。今年は2月6日に松江・島根県民会館で延期になっていたコンサートを聴き(⇒私のライブレポートはコチラです)、今回また米子で聴くことができました。一年に二度もさだまさしコンサートに行けるとはラッキーです。今回は、先行して発売されたセルフカバーアルバム『さだ丼~新自分風土記Ⅲ~』(⇒私の紹介はコチラ)の曲順通りにコンサートを行うことが、事前にアナウンスされていましたから、徹底予習をして臨んでいます。ソロになって4,493回目のコンサートでした。開演は午後6時1分。冒頭のステージ挨拶で、「本日のアンコールは「いのちの理由」ですよ」とネタバラシしていました。

 さださんは、「ショーを止めるな!」(The Show Must Go On)と、勇気を持ってコンサートを再開され、昨年の9月から今年の2月まで、全41公演を1人の感染者も出さずに走り抜けました。⇒詳しくはコチラに書きました  今回もコロナ対策を万全に、理想的な対策をしていると話題になっています。入館時には、何かあったときの連絡先として、必ず連絡先などの個人情報を記載して提出します(1ヶ月で責任を持って廃棄)。導線設計がきっちりされた会場では、検温、手指消毒、足裏消毒を行った上で会場内へと入っていきます。係員のチケットもぎりなども、人との接触を避けるために、自分で半券をちぎって担当者の箱へと入れます。場内はもちろんマスク必着立ち上がったり、声出しもNGです。プレゼントも当然禁止。コンサート終了後は、「密」を避けるために係員の指示による規制退場です。人だかりができがちな「セットリスト」の公開もありません。このようにコロナ対策が万全なのは観客にとっては安心なことなんですが、そのせいで、いつもは飛ぶように売れるコンサートグッズの売れ行きがあまり芳しくないそうです。人気商品の「あ、さだ飴」(⇒私の商品紹介はコチラです)の新作ニッキ味も、在庫が大量に売れ残っていると話しておられました。コンサート時間自体も、専門医からの指導で「できれば1時間半から1時間45分でまとめられませんか?」と言われたそうです。さださんは「トークがですか?」と尋ねました〔笑〕。

《コンサートのセットリスト》    ★開演 午後6時1分
1.北の国から~遙かな大地より~ ※「最前列の双眼鏡ありがとうございます!」
2.案山子
3.道化師のソネット  ※遅れて前列に二人の観客が入ってくる。「いらっしゃま
せ、いらっしゃませ、ゆっくりと席をお探しください。まだ1曲歌っただけです」
定番の笑いです。東京ガーデンシティ(定員8,000人)が押さえられたので、
4500回記念コンサートを予定していたが、コロナのために回数が合わない。中止
も検討したが、「ほぼ4500回ぐらい記念コンサート」で9月に実施。ここら辺の
お茶目さ、いい加減さがさださんらしい。

4.無縁坂
5.桃花源
6.天までとどけ  ※3曲連続でグレープ時代の歌を。「みなさん、グレープを
ご存じですか?」―(大きな拍手)―「エー、ホント?見えない、見えない、暗くて
(笑)」今までお客さんがコンサートに来てくれるのは当たり前のことと思ってい
たが、コロナ禍を経験して、これは特別なことなんだと気がついた。今日を一生懸命
生きて行かねばならない。
7.にゃんぱく宣言
8.関白宣言  ※差別語がいっぱい出てくるが、オリジナルを尊重して当時の原曲
通りに歌う。演奏後、オリジナルに合わせて、子どもの笑い声ならぬバンドメンバー
が笑う。「お気持ちはありがたいが、あなた方の笑いは猥談にしか聞こえない(笑)」
とさださん。ここでバンドメンバーを「さだ工務店のテーマ2020」にのせて紹介。
9.あなたが好きです  ※今日の大ネタは「八丈追っかけ娘」でした。めっちゃ
受けた。ご存じない人はトーク集CDで。さださんに照明スポットを当てる担当の斉藤
さんとのスポットのやりとりが受けた。
10.聖夜
11.しあわせについて   ※「ひめゆりの塔」の主題歌で、サプライズで吉永
小百合さんが花束を持って登場された思い出が。バンド・スタッフに大拍手。
12.SMILE AGAIN
13.奇跡2021
14.<アンコール> いのちの理由   ※上着をキラキラの服に着替えて
             ★終演 午後8時15分

 バンドはクラシカルな「さだ工務店」の面々です。今回のツアーでは,普段の担当楽器とは違う楽器を各人が演奏したりもしており(例えば、ベーシストがトランペットを)、サウンドに厚みが増したように感じました。長い年月の間にはメンバーも替わっていますが、その都度バンド名も変わっていきます。昔、「亀山社中」というのもありましたっけ〔笑〕。私は個人的に、倉田さんのピアノが好きです。宅間さんのマリンバが懐かしいなあ。

<さだ工務店のメンバー>
・ピアノ:倉田信雄

・アコースティックギター:田代耕一郎
・パーカッション:木村“キムチ”誠
・チェロ:徳澤青弦
・バイオリン:藤堂昌彦
・オーボエ:庄司さとし
・ベース:平石カツミ
・ドラム:島村英二

 ステージの最後に、「今日も素晴らしい演奏をしてくれたステージのメンバーに拍手をお願いします!」と呼びかけます。そして間髪を入れず「そして今日も皆さんの見えないところでこのステージを支えてくれているスタッフの仲間にも大きな拍手をお願いします!」と、裏方で働くスタッフへの感謝の言葉を伝えます。さださん本人、バンドメンバー、観客が一体となって拍手喝采です。何十年とコンサートに通っていますが、もうずっと昔から、こうやって裏方さんへの気配りを忘れません。だから49年もの長きに渡って続けてこれたんですね。

 69歳という年齢を感じさせない歌・演奏・トークの素晴らしさ・バイタリティを実感させてくれた2時間でした。音楽家としてのこだわりの深さ、妥協することなく常に上を目指す職人気質を目の当たりにし、自分ももっと頑張らないと、と痛感させられた空間でした。私は「コンサートプログラム」「クリアファイル」「マフラータオル」を買って、会場を後にしました。♥♥♥ 

カテゴリー: 私の好きな芸能人 | コメントをどうぞ

宮国椋丞

▲「スポーツ報知」より

 9月7日、大好きな巨人横浜ベイスターズに敗れました。頼みのエース菅野が崩れ、敗戦となったわけですが、この日の敗戦は悔しいけれど、ある意味で嬉しい敗戦でもありました。昨年巨人を戦力外となった宮国椋丞(みやぐにりょうすけ)投手が先発して、菅野に投げ勝って勝利投手となったのです。宮国投手は巨人時代から好きなピッチャーで、2013年には開幕投手を務めたほど期待されていた若手でした。長嶋終身名誉監督もキャンプ地を訪れ、激励していたのを思い出します。その宮国が巨人を追われ、12球団合同トライアウトを受験するも、どこも手を挙げる球団もありませんでした。それでも現役を諦めることなく、一人で黙々と練習を続けていました。コロナ禍も重なって、練習場所を確保するにも苦労したと言います。極秘で横浜の入団テストを受け、3月15日育成選手として契約してもらいました。巨人をクビになって以来、ずーっと彼の動向には注目してきました。スポーツ新聞にちょこっと小さな記事が出る度に、切り抜いてスクラップしてきました。こういう苦労した選手が陽の目を見るのは嬉しいものです。

 左手でウィニングボールを握りしめた宮国が一塁ベンチ前でグータッチをかわした。移籍後初登板初先発で5回2失点。ヒーローインタビューで「初めまして、宮国と申します」とかましてハマスタ初笑いもゲットしました。17年7月12日のヤクルト戦以来、1518日ぶりとなる白星の味をかみしめていました。「意識しないといったらうそになる」と昨季まで着ていた巨人のユニホームを相手にして気持ちの高ぶりを隠せず、初回に2失点。2回以降は「このままズルズルいったら何も成長できていない」と自分に言い聞かせ、140キロ台後半の直球にシュート、スライダーなどの変化球を低めに集めて無失点で切り抜けて、味方の反撃を呼び込みました。

 「素直にうれしいです。マウンドに立てる喜びをかみ締めて投げました」とお世話になった人、苦悩の日々を思い出しながら腕を振りましたえ。昨季巨人から戦力外通告を受けたが、DeNA入団は3月まで決まりませんでした。浪人中はコロナ禍も重なって練習場所の確保にも苦労し、地元・沖縄の海岸で走ることもありました。

 1月は巨人時代から慕っている西武・内海らと自主トレ。2月になり各球団のキャンプが始まっても、契約してくれるチームは見つかりませんでした。あてのない苦しい日々でしたが、それでも野球を続けたのは、巨人時代2017年に、56歳で亡くなった父・透さんの「投げられるのだったら、一年でも長く野球を続けなさい」との言葉を心に刻んでいたからでした。負ければ自力CS進出の可能性が消滅していた試合で、尊敬する菅野との投げ合いを制して、今季の本拠地巨人戦初勝利をもたらした右腕が、劇的な復活を遂げました。諦めない気持ちと、支えてくれた周囲の思いやりが実を結んだ瞬間でした。

 宮国にとって、投げ合った菅野は、野球以外の面でも尊敬し続けてきた師匠です。14年以降、米アリゾナやハワイの自主トレに同行。投手としての技術や練習方も学んだが、最も心に残った教えは「気づき」の重要性でした。「私生活も含めていろんなところで目配り、気配りだったり、そういうことができないとマウンドで相手打者の少しの変化にも気づけない、と常日頃から言われていた」と胸に深く刻んでいます。共に食事をすれば、先輩ながらも後輩が席を外せば料理をとりわける。キャッチボール中でも少しの変化を見逃さずに助言をもらっています。「先輩ですけどすごく後輩に気を使いますし、後輩より先に気づくことも多い」。かつては150キロを超える直球が主体だったが、この日は最速147キロながら低め、両コーナーに丁寧にボールを集め、「自分のボールの数値と照らし合わせてそういうピッチングも必要」と自身の変化に気づいて、新天地での1勝をつかみとりました。

 練習場所が見つからず、宮国の恩師である元巨人コーチの小谷正勝氏のつてを頼りました。練習場所の確保は難しく、40日間で公園を含め計8カ所を転々としたが、困難をもプラスへと変えたのです。自主キャンプを支えたのは、西武・内海投手の巨人時代の個人トレーナーの保田貴さんです。「いろんな方にお電話したんですが、練習場所を探しながら「宮国、頑張ってますよ」「宮国、元気ですよ」と知ってもらえたらなと。もしかしたら、プロ野球関係者の方にも届くかもしれないなと。」忘れられない光景がありました。ある日の夕方、練習場所が取れず、河川敷での練習中、野球場が遠くに見えました。「『帰る場所』はあそこ。絶対、あの場所に帰ろう」。二人三脚で汗を流した40日間を経て、2人で誓った地に立ちました。

 古巣相手の勝利は「(プロ初勝利とは)また違ったうれしさ、感情があります。今回は周りの方々への感謝を持って、少しでも恩返しをと。大変うれしく思います。ウィニングボールはおやじに見せようと思います」「正直ホッとしています。初回に点を取られてどうなるかと思いましたが、粘っていれば野手の皆さんが打ってくれると信じていました。楽しさ、喜びもありましたが、一番は支えてくれた周りの方に感謝の気持ちを持ちながら投げました」と、悲願の劇的復活を喜びました。前年までいた巨人から他球団に移籍して、古巣との初対戦で勝利は、1979年に阪神にトレードされた小林 繁以来42年ぶりの快挙です。♥♥♥

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

コーヒー大好き

◎週末はグルメ情報です!!今週はコーヒー

 私は熱狂的なコーヒーファンで、○○に美味しいお店があると聞けば、すぐに飛んでいきますし、コーヒーメーカーの新機種が出るとすぐに買ってしまいます。おかげで八幡家の台所には何台ものマシンが置かれています。今私が毎日使っているのは、本格的なプロのハンド・ドリップをボタン一つで味わえる「UCCドリップポッドDP2」というカプセル式のコーヒーメーカーの1種です。カプセル式コーヒーメーカーは、通常のコーヒーメーカーとは違い、コーヒーの豆・粉をセットするのではなく、「カプセル」を使用します。ちなみに「UCCドリップポッド」の場合は、このカプセルのことを「ポッド」と呼んでいます。このポッドをコーヒーメーカーにセットしてボタンを押すだけで、簡単にコーヒーができるんです。とにかく手間がかからないのが特徴。通常のコーヒーメーカーの場合は、使った後にフィルターにこびりついたコーヒー粉の洗浄などをする必要があり、これが結構面倒なのですが、カプセル式の場合は、使用したカップをポイと捨てるだけなので、そういった作業が一切必要ありません。カプセル式のコーヒーメーカーでは「キューリグ・エフィー」なども有名で、私は初代のマシンを持っています(初めて飲んだ時の美味しさは格別で、北高の周りの先生方に宣伝し、結構人気で購入された先生も多かった)。

▲その日の気分でポッドを使い分け

 その日の気分に合わせて好みのカプセルを選んで、⇒マシンにセット、⇒ポッドに最適の湯量を調節してボタンを押す⇒抽出が始まり60秒(電源を押してから90秒)で、ささっと簡単にできあがります。カプセルは、特殊な製法によって炒りたて挽きたてのコーヒー豆が、一杯ずつ完全に密封パックされています。コーヒーを淹れる技術がなくても、誰でも簡単に本格的な味が楽しめるというのが「ドリップポッドDP2」の魅力なのです。コーヒーだけではなく、紅茶煎茶も入れることができるんですよ。またカプセルを使わずに、家で挽いた豆も使うことができます。カプセル一個あたりの値段は、大体60円~100円くらいなので、コーヒー粉で淹れるよりかは、若干コストがかかります。一杯あたりの値段がちょっとだけ高いという点を除いては、相当使い勝手がよいコーヒーメーカーだと思います。片付けの手間などもほとんどかかりません。時間に追われ忙しい朝にも、気兼ねなく本格的な味わいのコーヒーが飲めるというのが魅力ですね。契約で、UCCの熟練したコーヒー鑑定士が、世界中の生産地から厳選したコーヒーを一杯ずつ密封パックして毎月届けてくれ、異なるテイストを楽しむことができるんです。この機械の主な特徴は次の通りです。

・場所をとらないコンパクトなサイズ。

・カップをセットするだけで、とにかく手間がかからない。使用後にフィルターについているコーヒー粉を洗うという作業がない。清潔で後片付けが実に簡単。

・すぐに飲める(約60秒で簡単濃縮抽出)。

・味のクオリティが高い(「蒸らし」が効いている)。

・その日の気分に合わせて専用カップのオリジナルの味が楽しめるカプセル(14種類)。蒸らしの際に豆がふくらむためのヘッドスペース。均等にお湯がゆきわたるための僅かなくぼみ。すべてが計算しつくされたカップは、シンプルな半円の形状。

・機械の作動音が静か(他のカプセル式機械に比べてほとんど気にならない音です)。

・1杯あたりの値段が若干高い(大体60円~100円程)。

 「ドリップポッドDP2」を手掛けるのは上島珈琲店株式会社です。その昔、私は同僚と一緒に神戸の「UCC本社」を訪れ、「ブルーマウンテンコーヒー」をプロに入れてもらったことがあります。あの味が忘れられなくて、以来、自分でもUCC「ブルーマウンテン」の豆を買って、コーヒーを淹れてきましたが、なかなかあの味を出すことが出来ませんでした。やはりプロのハンド・ドリップは違うんですね。「UCCドリップポッドDP2」は、今まではプロの手作業でハンド・ドリップするしかなく、ドリップポッド抽出機では不可能とされていた、スペシャルなコーヒーがボタン1つでできるようになったのです。美味しさの秘密は、しっかりとした「蒸らし」ができるハンド・ドリップの技でした。UCCが長年培ってきた職人の技を再現した「湯温」「抽出速度」「蒸らし時間」によって、ボタン一つで本格的なコーヒーを飲むことができるんです。

 「UCCドリップポッド」では、そんなスペシャリティコーヒーの本格的な味を、手軽に安価に、自宅で飲めてしまうのは、魅力的ですね。レベルの高いコーヒーを提供していることから、コーヒーに対して本物嗜好が高い方たちから、強い支持を集めているようです。ドリップポッドは専用のポッドだけでなく、レギュラーコーヒー(粉のコーヒー)も作ることができるのが魅力です。抽出量も調節できるので、普通のコーヒーメーカーがなかったとしても、レギュラーコーヒーを作る役割も担ってくれるのがよいところです。音は静かで、ほぼ音はないに等しいので気になることはないかと思います。通常サイズの水タンクは0.75L(750ml)で約5杯分(140ml抽出時)作ることができます。

 これと並行して、現在私はもう長年、毎月東京・銀座「カフェパウリスタ」から直接コーヒーを送ってもらっています。ここの「森のコーヒー」は本当に美味しい。銀座のお店で飲んで以来のファンです。あのジョン・レノン夫妻が3日連続で通い詰めたというのもうなずける味です。私の1日は、この淹れ立ての最高の一杯から始まります。⇒私の紹介記事はコチラです

 なんと言っても、コーヒーの王様は「ブルーマウンテン」ですね。優雅な香りと、味(苦味・酸味・甘味)のコクが絶妙な割合で柔らかく絡み合い、完璧なまでに調和がとれていることから、「黄金バランス」を持つ「コーヒーの王様」と称されています。私は若い頃に、神戸・UCC本社でブルーマウンテンコーヒーを飲んで以来、魅せられてずっとUCCの「ブルーマウンテンNo.1」豆を、「一畑百貨店」地下の「UCCメルカード」で買って飲んでいました。大田・津和野に転勤したときも、わざわざ松江までコーヒーの買い出しに出てきたものです。松江に帰ってきてからもずっと飲み続けていましたが、一時、ハリケーン被害で豆が壊滅的な打撃を受けて、ブルマンが全く入荷しなくなった時期があります。UCCからもそのようなお知らせがあり、他のコーヒーを探さなければならなくなりました。⇒ここら辺のブルマンが消えた事情についてはコチラに詳しく書きました  東京「銀座カフェパウリスタ」のコーヒーと出会ったのも、その頃です。最近では、また店頭に並んでいますが、滅茶苦茶値段が高くなっていますね。それでも大都市に行った時には、喫茶店でブルマンのコーヒーを見つけては飲んでいる八幡です。

 秋田県ほどの面積を持つ、カリブ海に浮かぶ小さな島国のジャマイカブルーマウンテン山脈(標高800~1200m)のごく限られた地域「ブルーマウンテンエリア」で栽培されて、さらにジャマイカの公的機関に認められた原料だけが「ブルーマウンテンコーヒー」として出荷することを許されています。ブルーマウンテンコーヒーは、木樽で出荷されます。木樽は内外の湿気を吸収・放出し、輸送時などに発生する急激な温度変化も緩和してくれ、品質保持に重要な役割を担っています。「黄金バランス」が生まれるのには2つの理由があります。まず第一に、ここは険しい斜面の山岳地帯で、昼夜の寒暖差が大きく、弱酸性の土壌、豊富な雨量と頻繁に発生する霧が、適度な水分を補給するなど、コーヒーの栽培にはまさにうってつけの条件が備わっているんです。二つ目は、険しい斜面に栽培されているために、収穫も丁寧に全て手作業で行われています。収穫は、完熟したコーヒーチェリー(赤く熟れた実)だけを一粒ずつ丁寧に手摘みされることで雑味のない味わいが生まれるのです。手摘みされることも多く、類いまれな調和した味わいが誕生するのです。私はこのブルーマウンテンコーヒーが大好きです。♥♥♥

カテゴリー: グルメ | コメントをどうぞ

「ポンパドウル」のアップルパイ

◎週末はグルメ情報!!今週はアップルパイ

 私はアップルパイ」には目がないんですが、残念ながら、なかなか松江の近辺では美味しいアップルパイに巡り会いませんね。松江・田和山「ウィーンの森」アップルパイ」くらいなんですが、常時販売されているわけではありません。今私が一番気に入っているのは、米子「天満屋」1階の「ポンパドウル」アップルパイ(389円)です。「ポンパドウル」は、1969年(昭和44年)、本場欧州から2人の職人をフランスパンとデニッシュの技術者として迎え、横浜元町に第一号店を開業したお店です。そのお店が天満屋に入っているんです。

ホームメイド感たっぷり! ポンパドウルのアップルパイは、おやつにも朝食にも

 家に持ち帰って、包みから取り出すと、必ず香ばしい匂いが広がるんです。ここがまず気に入っているところ。これぞ「ポンパドウル」のパイ。どの店舗も、全ての商品をお店の中の工房で焼いているのが、美味しさへのこだわりだそうです(一店舗一工房制)。焼き立てには敵いませんよね。お味は、外はパリっとしていて、中にはシナモンをきかせて甘く煮たリンゴとレーズンがたっぷり包まれていて、素朴で飽きの来ない大人向き。決して甘すぎないのが私好みです。スイーツというより、おやつに食べたくなるパイ。私の好きなレーズンは柔らかくアップルとなじなだ食感と味わいです。周辺のパイの部分は結構厚みがあります。あっさりしていながら、中のりんごは甘さがしっかり。私は、1/4カット(389円)を買って(1ホールは1,556円)、朝食に手づかみでいただいたりしています。マグカップにたっぷりのブルーマウンテンコーヒーと一緒に。コトコト煮込んだ自家製のリンゴフィリングを使用していて、シナモンをきかせて甘く煮たリンゴを包みこんでいます。香り豊かな特製アップルパイです。「ポンパドウル」アップルパイは、ケーキ屋さんのより砂糖とバターを少なめに入れてあるのでしょう。あっさりしていて美味しいです。ほんのりとした甘さも控えめで丁度良いくらいです。これは自家製でリンゴを煮込んであるからでしょう。今のところ、これが八幡一番のお気に入りです。♥♥♥

カテゴリー: グルメ | コメントをどうぞ

しまねっこ電車Ⅱ

▲水引きも描かれた「しまねっこ号Ⅱ」

 一畑電車(通称「バタ電」)の人気電車「ご縁電車しまねっこ号Ⅱ」がリニューアルされました。初代の「しまねっこ号」(2013年9月誕生)も、実に可愛らしかったんですが(⇒私の初代レポートはコチラです)、一段と愛くるしさを増して再登場です。ピンク色の外装が特徴の一畑電車「ご縁電車しまねっこ号Ⅱ」(1編成2両)、この電車を見かけると「幸運」を呼ぶ、と親しまれています。このほど車両の内装がリニューアルされ、2021年3月21日から運行を始めています。私は、「松江しんじ湖温泉」10時41分発、「出雲大社前」行きの電車に乗ってきました。 この電車は、元東急電鉄より譲受した1000系車両をラッピングしたものです。

 内装のリニューアルは、島根県がインバウンド重点市場と位置づける台湾へのPRを目的に、600万円の予算で実施しました。「しまねっこの走る別荘」をイメージした車両の各所に、小籠包やタピオカドリンクなど、計8点の「隠れ台湾」イラストをあしらっていて、島根のゆるキャラ「しまねっこ」の特大オブジェも設置しています。一畑電車台湾鉄路管理局は、2019年4月に友好協定を締結しています(⇒詳しくはコチラです)。一畑電車の野津昌巳営業課長「素晴らしい内装になった。台湾からのインバウンドとともに、地元の方々にも乗って楽しんでほしい」と話しました。では早速電車の外観・内装を見てみましょう。外観はこんな感じです。

【1両目】 初代「ご縁電車しまねっこ号」の復刻版をイメージし、座席シートを「ピンク色」に変更しました。床に「ご縁あみだくじ」が見られるのは、初代電車から引き継がれたもので、「御縁」を大切にしようというメッセージが込められています。一面ピンク色の車内は幸せな気分に浸れそうですね。

【2両目】 こちらの車内は、一転、オレンジ色黄色で元気はつらつになれそうです。「しまねっこの走る別荘」をイメージしたデザインに仕上がり、別荘内に台湾のモチーフを8箇所隠しており、乗っている合間に楽しく探せる空間が演出されました。島根県の観光キャラクターしまねっこ」の特大フィギュアも、初代から引き継がれ、座席の上にちょこんと鎮座していて、記念撮影にもピッタリです。オシャレなカーペット風の床も見られます。異国情緒も感じられる車内となっています。床面はしまねっこの足跡や、いろいろな模様に彩られています。窓ガラスにも、ステンドグラスやカーテンなどの模様が描かれており、別荘らしさを演出しています。

 車内の中のつり革(丸型と三角型が混在)には、ただ一つだけ「ハート形」のものがあり、これを見つけると、幸せが訪れると言われていますので、探してみてください。なおこの電車の運行時間は、毎日変わっているので、松江しんじ湖温泉駅」に問い合わせると、親切に教えてくださいますよ。♥♥♥

【追記】 8月22日(日)BSフジで、午後7時から、<BSフジサンデースペシャル>『ローカル単線でめぐる夏の旬旅 にっぽんの原風景を求めて出雲国へ』という番組が放映されました。日本全国の旬を求めて旅をする番組ですが、今回は、島根県の松江市から宍道湖沿いを経て出雲市を結ぶ、畑電車」の旅へ出発です。目のお薬師様として知られる「一畑寺」詣りの足として、大正3年に開通したこの鉄路の沿線には、出雲大社松江城など人気の観光スポットも目白押し!そんな一畑電車の沿線で途中下車をしながら、旬を味わう旅の模様を届けました。ぶどうなど季節の食材や名物グルメを楽しみます(個人的には、大好きな「皆美館」が詳しく紹介され大満足です。私は遠方からのお客様は必ずここでおもてなしをするんです。ここの「鯛飯」は絶品!)。さらに江戸後期の街並みが楽しめる雲州平田の木綿街道や、日本海に沈む夕日が美しく見える東洋一の日御碕灯台も紹介され、自宅にいながら旅行気分を味わえる風景を楽しむことができました。

 「一畑電車(通称バタデン)」の思い出と言うと、その昔、故・竹林 滋先生(東京外国語大学名誉教授)からお電話をいただき、「あの松江を走っている車体が大きく傾いて走る電車に乗りたい!(先生は鉄道が大好きでした)と言われ、その年の岩崎研究会」の夏の旅行に、みなさんでお越しになりました。竹林先生小島義郎先生(早稲田大学名誉教授)東 信行先生(東京外国語大学名誉教授)を、松江城出雲大社にご案内したのが今では懐かしい思い出です。お三人とも故人となってしまわれました。本当によくしていただきました。感謝あるのみです。♠♠♠

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

「ダブレット」が使える

 現職教員時代に、ESSの活動や、授業の中でよくやったゲームに、「ダブレット」(doublets)があります。一つの単語から出発して、文字を一文字ずつ変えていき、別の目的となる単語にするパズルです。途中の単語(中継語)も、すべてちゃんとした単語でなければなりません。日本語で例を挙げてみると、「はたけ」から「たんぼ」を作ってください。途中の単語も、すべてちゃんとした意味のある単語でなければいけません。かつて熊本で行われたZ会「英語指導研究会」(2012年10月)で、私が先生方に実演解説をしたことがあります。まずは日本語でやってみましょう。

はたけ
 ↓
はたき
 ↓
はんき
 ↓
たんき
 ↓
たんぼ

といった具合です。これは、『不思議の国のアリス』『鏡の国のアリス』の作者ルイス・キャロルが考案したゲームです。退屈していた二人の娘のために考案したと言われています。本業は大学の数学教授・数学者ですが、言葉遊びや論理ゲームが大好きだったんですね。彼の書いた童話本を読むと、そのことがよく分かります。研究書もたくさん出ていますね。大学に入学して、指導教官から最初に与えられた課題は、ルイス・キャロルの本に出てくる「かばん語」を調べて報告するように、というものでした。あ~、懐かしいですね。

 英語の例で考えてみましょう。FOUR(4)FIVE(5)にしてください。

 FOUR  (4)
 ↓ 
FOUL  (とてもいやな)
 ↓
FOOL  (愚か者)
 ↓
FOOT  (足)
 ↓
FORT  (とりで)
 ↓
FORE  (前面)
 ↓
FIRE  (火)
 ↓
FIVE  (5)

できましたね。こんな感じで作っていくんです。英語の語彙の勉強になるゲームです。途中相当の「語彙力」を要求されます。では3つほど宿題を出しておきましょう。(1)「tea(紅茶)をhot(熱く)してください。」 (2)「tears(涙)をsmile(微笑み)にしてください。」 (3)「head(頭)をtail(しっぽ)にしてください。」たどり着く方法(正解)はさまざま考えられますが、できるだけ最短を目指したいですね。やってみてください。♥♥♥

カテゴリー: 英語指導に関して | コメントをどうぞ

「アナグラム」が使える

 今年から「共通テスト」になり、リーディングでは「センター試験」時代の約1.5倍の分量の英文を読まねばならず、「語彙力」がますます重要なものとなってきました。あれやこれやの手を使って、徹底的に「語彙力」を鍛えていかねばなりません。今日は、私がよく使っている「アナグラム」をご紹介します。「アナグラム」(anagram)というのは、言葉遊びの一つで、単語の中の文字をいくつか入れ替えることによって、全く別の意味にさせる遊びです。例えば、「タモリ」「森田」(もりた)のアナグラムですね。ベストセラー作家の湊かなえ(みなとかなえ)さんは、金戸美苗(かなとみなえ)のアナグラムです。私の好きな直木賞作家の故・「泡坂妻夫」(あわさかつまお)というペンネームも、本名の「厚川昌男」(あつかわまさお)を組み替えた茶目っ気たっぷりのアナグラムなんです。ATSUKAWA MASAOを組み替えてみてごらんなさい。AWASAKA TSUMAOという名前が作れるでしょう。こういうのを英語では「アナグラム」(anagram)と呼んでいます。

 この「アナグラム」(anagram)が、「語彙力養成」に結構使えるんです。単語の中の文字を入れ替えることで、全く別の意味の新しい単語を作ってもらいます(例:nowwon)。今日、勝田ケ丘志学館&松江北高補習科で、私が生徒たちに出題した「アナグラム」は次の10語でした。挑戦してみて下さい。生徒たちは、これを全部見つけるのに10分近くかかりました。英語の語彙の勉強にも役に立つ言葉遊びですよ。


(問題)次の単語の文字を入れ替えて、全く新しい単語を作りなさい。複数作れるものもありますから、挑戦してみましょう。難しいと感じる人は、一文字一文字バラバラにして(母音と子音)、それを組み合わせるようにしたらよいでしょう。
①lemon
②skin
③cheap
④heart
⑤danger
⑥shore
⑦flow
⑧beard
⑨listen
⑩near


 ある程度語彙力のついた生徒たちには、応用問題としてoceanを出題してやります。たいていできません。ある程度英語の語彙力がついてくると、複数の解答が出せるようになってきます。例えば、⑨のlistenでは、たいていの生徒はsilent止まりですが、最近の潮力発電の評論文の中に出てきたinletsを思い浮かべる生徒や、listの動詞形enlistを思いつく生徒が出てきます。語彙力のバロメーターが「複数解答」なんです。最近ではこの「アナグラム」を自動で出力してくれるソフトまで出ています。例えば、Angram Solver コチラです  最後には、私の作った「アナグラム」「ワークシート」(30題)を宿題に課して授業を終わります。

 この「アナグラム」を練習した後、「Scrabble Flash」(米国Hasbro社)を使って、発展的に語彙学習に繋げていきます。これは全米の小学校などでも単語学習教材として使われていた教具で、全米で「ゲーム・オブ・ザ・イヤー2011」を受賞した、本当にスグレモノの電子玩具です(51×51×19mm)。全ブロックの側面をピタッと合わせて、各ブロックの下にあるボタンスイッチを押すと、電源が入り、1、2、3の数字が現れます。ここで1を押すと(2,3ではさらに高度な遊び方が)、液晶画面(ディスプレイ)付きの5つのブロックに、ランダムにアルファベットが表示されます。これを自由に組み合わせて、3文字以上でできる限りの英単語を作っては側面を合わせて横一列に並べていきます。作った単語のスペルが正しければ、瞬時に光と音「ピーッ」で「よくできました!」と反応してくれます。間違った組み合わせでは一切反応しません。約1分の制限時間内に、何個単語が作れるかを競うのです。制限時間終了後は、自分の正解数(スコア)と、そのアルファベットから作ることができた英単語の最大可能組み合わせ数が画面に表示されます(最初のうちはそのギャップにショックを受けます〔笑〕)。実にスグレモノですね。私は現職教員時代には、ESS部を指導する中で、このゲームをアメリカから大量に購入して(現在はホコリをかぶっていますが)、生徒達には10個以上をノルマに課していました。非常にスリリングで、かつ語彙力の研鑽には有用なゲームです。生徒たちは緊張感の中で、知る限りの単語を作っては一喜一憂しながら、単語ゲームを楽しんでいました。制限時間が近づくと「ピッピッピッピッピッーー」と、電子音の秒読みで迫られるので、最後のひとあがきと頑張ります。Scrabble専用の辞典も出ていますので参考にします(写真上)。頭の引き出しに詰め込んだ英単語の記憶を素早く取り出す練習で、間違いなく遊び感覚で語彙力がつきました。懐かしい想い出です!!

▲さあ、何個の単語が作れるかな?

  これを、日本の(株)タカラトミーが、2011年に、英単語パズルゲーム「ボグルフラッシュ」(Boggle Flash)として国内で発売しました。5個のデジタルブロックに表示されるアルファベットを使い、並べかえて英単語を作ります。上の写真の場合は、 A – P – N – S – T がお題として与えられていますから、PANTS とか ANT (複数形のANTSもOK)とか NAP とかPANとかTANとかSPANといった英単語を、思いつく限りどんどん作っていくことになります。ここで各自の「語彙力」が発揮されるんです。英単語を形成するアルファベットの配列に、一定の規則的な法則を見出すこともできます。タカラトミーに言わせれば、「グローバル化が進行する社会背景を踏まえ」た製品ということでした。当時、価格は4,515円でした(ボタン電池別)。ブロックを3分以上動かさなかった場合には、自動的に電源がオフになります。持ち運びが便利な専用のケースも付いています。手のひらサイズに収まるので、どこにでも持ち運んで遊べます。その後、これはいい、使える、ということで、英語科で大量に購入し、単語定着の小道具として活用したものですが、最近は誰も使う人がいないようで、お蔵入りしています。残念なことです。今はもう売れていないようですね。アマゾンの最後の在庫1個を購入したのは私でした〔笑〕。勝田ケ丘志学館松江北高補習科の教室には、使い方を説明した後で、これが置いてあって、休み時間などに生徒が単語練習に使っています。

 当時は、海外仕様のままで売られていたんですが、日本バージョンとして、高等学校で出てくる英単語に限定するとか、MAXの語数を示すだけでなく、その解答をも併せて表示するとか、レベルに応じて制限時間をもうちょっと長く設定するか複数選択できるようにするとか、さらなる工夫の余地はあったと思いました。日本語バージョン(ひらがな版)を出しても面白いかも。どこか開発してくれないかな?

 こういった英語の「ことば遊び」は、語彙力の養成に有用だと気づいてから、さまざまな英米の単語ゲームを購入してきました。⇒例えばコチラ  『ライトハウス英和辞典』(研究社)を使ってできるこのような英語の「ことば遊び」については、昔私が出版した『英語の辞書指導 ~『ライトハウス英和辞典』を使って』(研究社、1984年)と、その改訂版『ライトハウス英和の活用法』(研究社、1991年)に詳しく書きました。残念ながら今は共に絶版ですがね(アマゾンの中古本で21,631円の値がついていたのには驚き笑ってしまった)。明日は「ダブレット」(doublet)を取り上げます。♥♥♥

▲辞書の活用法・指導法を解説したオンリーワンの教材だった!

カテゴリー: 英語指導に関して | コメントをどうぞ

ダメ押し

 首位決戦の天王山巨人―阪神戦。第1・2戦ともまさかの逆転負けで、巨人は首位から陥落しました。第3戦も6対0と完全な勝ちゲームから、まさかの引き分けです。終盤は完全に阪神のペースでした。初戦は戸郷が5回までパーフェクトに押さえ、3対0とリードをしながらも、6・7回につかまり同点とされ、いつもの原監督の1人1殺のピッチャー総動員リレーが裏目に出て、大逆転をされて7対3で敗れました。策に溺れた感があります。たくさんのピッチャーをつぎこめば、調子のいい人もいれば悪い人もいる。当然確率は悪くなるのです。ところが、これがうまくいくと味をしめて夢よもう一度となる。そんな美味しい話はいつも転がってはいません。もっとピッチャーを信頼して投げさせなければいけません。こんな継投をしていたら、ピッチャーは疲弊しきってしまいます。

 続いて第2戦。抜群の安定感の高橋(過去阪神戦4戦4勝)が梅野に被弾し逆転を許しますが、岡本が起死回生の第34号ホームランを放ち再逆転。8回は中川が1死満塁のピンチを招きながらも併殺で切り抜け、さあこれで9回守護神・ビエイラで逃げ切りだと思いました。そのビエイラは、糸原に左前打を許し、大山に逆転サヨナラホームラン被弾でまさかのサヨナラ負けです。32試合無失点の外国人投手記録を打ち立て、抜群の安定感を誇っていた守護神が、一死もとれずに2試合連続で失点。高橋の11勝目をぶち壊しました。でもビエイラは責められません。長いシーズン、こういうこともあります。ただ前試合から打たれている球は、全部速球です。スライダーのコントロールが不安定になっているので、仕方なしに速い球を投げ込んだところを全部痛打されています。

 剣が峰となった第3戦。初回から怒濤の攻撃で3点リード。岡本の35号ホームランも飛び出して6対0と完全に巨人ペースです。ピッチャーのメルセデスも完封ペース。ところが、リーグ随一の堅い守りが売りの巨人に信じられないようなエラーが何度も出ます。守乱から6点差を追いつかれます。絶好調のメルセデスを5回で下ろしてしまい、主力の坂本まで下げていました。「もう勝った」と油断しましたね。原監督も、「私の用兵ミス」と反省していました。

 解説陣はまったく触れないのですが、私に言わせれば、敗因は共通しています。巨人は三試合とも、追加点を取れる絶好のチャンスが何度もありながら、凡退しているのです。ここで「ダメ押し」をしておかないから、後半にひっくり返されてしまうのです。取れる時に取っておかないから、痛い目に会うのですね。「ダメ押し」の大切さを感じながら三試合とも見ていました。「あーっ、きっとこれが尾を引くだろうな……」と予感しながら見ていた八幡でしたが、その通りになってしまいました。

 教育の世界でも「ダメ押し」が大切です。教師が一回説明したから分かっただろうと思ったら大間違い。重要なことは、何度でも繰り返し繰り返し口を酸っぱくして反復することが大切です。ダメを押すのです。生徒はテストの答案でも、書いてそのままではいけません。もう一度誤字・脱字はないかどうか内容の確認が必要です。ダメを押すことが大切なんです。東京大学合格最低点より0.15点差で合格した、京都大学合格最低点より0.5点差で合格した、岡山大学に1点差で不合格だった、という報告を聞くと、このことを実感しますね。共通テスト自己採点でも、同様のことが言えます。もう一度点検することで、「自己採点ミス」を防ぐことが出来ます。「ダメ押し」の大切さです。これを疎かにするから、結果が出ないのです。

 数年前に、松江北高の出来上がってきた「学校要覧」が、とんでもない数のひどい誤植だらけで、呆れるや情けないやらで、苦い思いをしたことがありますが、これもダメを押さなかったために起こった失敗です。担当者が繰り返し点検をし、部内でもう一度再点検していれば、こんなことは起こるはずもありません。どの世界でも「ダメ押し」が大切なんです。♠♠♠

 下は、9月上旬に行われた「第2回全統記述模試」「見直しプリント」を、たたき台を入力してから、何度も何度も推敲・訂正を重ねているところです。今日生徒たちに配布します。♥♥♥

▲「見直しプリント」のたたき台

▲修正・訂正を加え検討

▲「ドトール」で最終点検だ

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

cowardly attackは「臆病な攻撃」か?

 みなさんは、久野 暲・高見健一『謎解きの英文法 形容詞』(くろしお出版、2018年10月)はもう読まれましたか?この著者たちのシリーズ(全10冊)は、英語を勉強する者にとって、とても勉強になる良書です。私も長らく読んでいますが、興味深いテーマに関していろいろな発見がありました。みなさんにオススメしておきますね。さて、この本の最終章の第11章に、「テロリストの自爆行為はcowardlyか?」という実に興味深い論考があります。今日の話題はこのcowardlyという単語です。私たちの『ライトハウス英和辞典』(第6版、研究社、2012年)、『コンパスローズ英和辞典』(研究社、2018年)には「おくびょうな;ひきょうな」と載っています。

 例の「9.11」の卑劣極まりない自爆テロを指して、当時のジョージ・ブッシュ大統領が、cowardly”(臆病な?)と呼びました。その他テロリストたちの自爆テロを、今ではcowardly act / cowardly attackと表現することが定番となっています。最近では、アフガニスタンの自爆テロで、再びこの表現が新聞の見出しを賑わせています。本章では、テロリストたちの自爆行為が、自らの死を覚悟した「勇敢な行為」であるはずなのに、どうして「臆病な行為」(cowardly act)と呼ぶのかという疑問から出発して、実際に自爆行為をcowardlyと呼ぶのは妥当ではない、とする識者たち見解を紹介し、近年種々の辞典に「卑怯な」を挙げているのは誤訳だ、と結論づけています。実に面白い指摘でした。ただ、残念ながら、私は同意することはできません。

 著者たちは、この「卑怯な」という意味を初めて載せたのは、New Oxford American Dictionary(2001)  の“adj. lack of courage   ■ (of an action) carried out against a person who is unable to retaliate : a cowardly attack on a helpless victim” であるとしています。著者たちはこの副次的な意味(■)に噛みつき、近年の英和辞典に挙げられた「卑怯な」という訳語は「誤訳」だと主張するのです。果たしてそうでしょうか?

 私は、この主張には問題点が2つあると思います。まず第1に古くはH.W.Fowler, Modern English Usage(1926)に、すでにこんな記述があります。“The identification of coward & bully has gone so far in the popular consciousness that person & acts in which no trace of fear is to be found are often called coward(ly) merely because advantage has be taken of superior strength or position; such action may be unchivalrous, unsportsmanlike, mean, tyrannical, & many other bad things, but not cowardly” まさに、私たちの知りたい情報がはっきりと書かれているではありませんか!さらには、私の手元にあるThe Oxford American Dictionary and Language Guide(Oxford University Press, 1999)において、すでに上記の副次的な意味は収録されております。そもそも辞書に載る意味は、辞典編集部で用例やコーパスに基づいて、現実の語法を詳細に検討して掲載されるものです。私も辞典に関わっているのでよく分かるのですが、いい加減なものではないのです。したがって、オックスフォード辞典編集部が、この意味を掲載したのには、それなりの証拠の積み重ねがあってのことと推察されます。これがまず1番目の問題点です。第2に、「誤訳」と断じる前に、どうしてこのような副次的な意味が生じるようになったのか、そこら辺の経緯・背景を検討してみる必要があると思われます(「多義語」には必ず意味の関連が認められるんです)。そもそも正々堂々と真っ正面から立ち向かわなくてはならない強敵を前にすると、自分の無力・非力を痛感して、その敵に対して必要以上の恐怖感にかられ、まともに正々堂々と戦ったのではとうていかなわないので、それと誠実に向き合うことを回避しようとする気持ち(臆病)が働きます。その際、敵に対する恐怖感に駆られて怯えている人が取る態度としては、次の2つが考えられるでしょう:(1)勝負することそのものを避けて、敵から逃げてしまうこと(これが「臆病な」の意味です)、そして次が今話題としているcowardlyの意味ですが、(2)正々堂々とした勝負を避けて、敵を不意打ちしたり、騙し討ちしたりすること(これが「卑怯な」の意味です)です。ドイツ語のfeigeにもこれと同じような二義が存在するという報告もありますから、英語だけの現象ではないのでしょう。このことは、アメリカ英語だけに見られる現象ではないことは、先ほどのオックスフォード系辞典や、イギリス系のMacmillan English Dictionary (2009)が、語義の2として、“cruel towards someone who is weaker than you : a cowardly attack”と収録していることからも明らかです。大多数の辞典に未だに収録がない事実は、それほどこの語の「臆病な」という意味があまりにも明白過ぎて、話者にそれほど意識されていないのかもしれません。

 上のFowlerの本を、OED改訂の主幹であった故・R.W.Burchfieldが改訂増補したFowler’s Modern English Usage (Third Edition, 1998, Oxford University Press)には、上の記述にもう一歩踏み込んで、次のように出ています:

 Fowler (1926) pointed out that acts of violence and persons who committed them were often described as cowardly (reflecting the view of the person or persons attacked) even though courage and determination might well have been needed by the assailant(s). International terrorism in the period since the late 1960s has tended to draw the word cowardly into ever more frequent use in exactly the manner described by Fowler, that is in contexts in which innocent and unsuspecting persons are killed in acts of terrorism.

 “despicably mean, covert, or unprincipled”といった定義を挙げている辞典もあります。小島義郎(編)『ライトハウス和英辞典』(研究社)「卑劣な」の項に 「(卑怯な)cowardly」として、 「彼は卑劣な奴だ He is a mean [dirty; contemptible; cowardly]  fellow. 」という用例を挙げているのは、他の和英辞典と違い、卓見と言わねばなりません。

 実際の英語では、cowardly attackという共起関係が頻繁に見られます。テロ行為などがあった時の頻出表現です。最近もアフガン飛行場の自爆テロを、‘Cowardly attack’: Kabul airport scene of horror as 60 Afghans, 12 U.S. troops die/ ‘Cowardly attack‘: Hochul orders flags at half-staff Friday in wake of Kabul airport attack/ Schumer condemns ‘cowardly’ attack in Kabul that killed 12 U.S. troopsなどと、新聞の見出しが伝えていました。❤❤❤

  • ‘This man has carried out a cowardly attack on an elderly woman who he knew would not be able to defend herself.’

  • ‘This appears to be a premeditated and cowardly racially motivated attack.’

  • ‘This was a particularly cowardly attack, it’s the nastiness of the injuries really.’

  • ‘Saying it was ‘a cowardly attack by three on one, the Judge did acknowledge that no weapon had been used.’’

  • ‘Ours is the greatest city in the world and we will not be divided by your cowardly attacks.’

  • ‘I would urge the man responsible for the cowardly attack to come forward and admit the crime and face the justice which awaits him.’

  • ‘And Londoners will not be divided by this cowardly attack.’

  • ‘A cowardly attack on innocent civilians brought us an unprecedented level of cooperation and understanding around the world.’

  • ‘‘This was a very cowardly and unprovoked attack on a middle-aged lady going about her normal business,’ he said.’

  • ‘It was a cowardly attack for very little gain – they got a couple of tins of groceries and a few pounds.’

  • ‘My prayers and condolences are with those whose lives were tragically altered by the cowardly attacks.’

  • ‘This cowardly attack ended the life of ‘a loving, kind and gentle man’.’

  • ‘It is an horrific and extremely cowardly attack, which was totally unprovoked.’

  • ‘After the case she said the men behind the cowardly attack would have known there were children in the house.’

  • ‘What concerns me was they contained a cowardly attack on a local councillor.’

【追記】 coward(臆病者)という単語は受験指導でも重要な単語ですが、この単語に「cowウシが尻尾をまいて逃げる様子から」とさりげなく触れている竹岡広信『必携英単語LEAP』(数研出版、2018年)に感心しました。古期フランス語coe(しっぽ)からきた単語です。動物が両足にしっぽをはさんで逃げる情景が浮かびます。こんなウンチクをさりげなく盛り込んでくれているところが、他の単語集には見られないこの単語集ならではの特徴で、私が高く評価して英語好きの生徒たちに薦めている理由でもあります。♦♦♦

カテゴリー: 英語語法 | コメントをどうぞ

ポテトチップス

◎週末はグルメ情報!!今週はポテトチップス

 ポテトチップスは各社から出ていますが、私がいつも食べるのは「カルビーポテトチップス うすしお味」です。北高に帰ってきてから、英語科の女性の同僚に勧められて以来の病みつきとなりました。それまではプリングルのポテトチップスを食べていたんです。じゃがいもの美味しさを生かしたパリッとした軽い食感と、ほどよい塩味で、どんどん食べ進むことができます。1975年の発売以来、時代のニーズに合わせて、リニューアルを繰り返してきましたが、昨今の健康意識の高まりを受けて、ポテトチップスの塩分量を知ってもらうことで、より気軽に、より安心して商品を購入してもらえるようにと、2019年に商品の大幅リニューアルをしています。アレルゲン不使用や食品添加物はなるべく使わないという制約がある中で、「パリッ」とした食感に合う塩味に仕上げるのに、200回もの試作を繰り返しています。1袋あたりに含まれる塩分量がわずか0.5gとは驚きでした。食塩の使用量を削減しつつも、感じる塩味に物足りなさが出ないように工夫したと言います。

 (株)カルビーは、北海道で初掘りしたばかりのじゃがいもを使った新商品、『北海道初掘りポテトチップス うすしお味』『北海道初掘りポテトチップス 昆布しょうゆ味』を、8月2日(月)から全国の総合スーパー「イオン」で数量限定で発売しています。カルビーは、じゃがいもの一大生産地である北海道でじゃがいもの収穫が始まったことを告知するために、2020年初掘りじゃがいもを使った商品を、数量限定で発売しました。昨年は「北海道 初掘りじゃがいも キャンペーン 2020」と題して、プレゼントキャンペーンも展開し、大きな反響がありました。今年の「初掘りポテトチップス」のフレーバーは、王道の「うすしお味」に加え、昆布粉末に函館市産昆布を使ったやさしい味わいの「昆布しょうゆ味」を選定しました。パッケージには、左側に大きく茶色に黄ヌキで「北海道初掘り」の文字を入れることで、通常の商品とは異なるプレミア感を伝え、売り場で目を引くように工夫しています。素材の味を生かした2種類の「初掘りポテトチップス」を発売し、昨年に比べてパワーアップしたプレゼントキャンペーンも実施しています。⇒コチラです  じゃがいもの味をしっかりと楽しめるように味付けしているのが特徴です。私はナイターで巨人を応援しながら、ボリボリと食べています。♥♥♥

▲イオンのコーナーではひときわ目立つパッケージ

 

カテゴリー: グルメ | コメントをどうぞ

「餃子の365日」

◎週末はグルメ情報!!今週は餃子

 「餃子の365日」は、山陰初の餃子専門の無人販売所です。コロナ禍でいま流行りの無人販売所ですね。コロナ感染対策の一環として、店員スタッフと、お客さんの接触を極力無くしても営業が成り立つように、無人の販売スタイルをとっているそうです。島根県にはなんと初出店なのだとか。365というのは、365日毎日食べて欲しいという願いが込められているんだそうですよ。ポップアップストアとして「HOK黒田店」を入ってすぐ左側の場所に、期間限定でオープンしました!販売期間は2021年8月12日から9月12日の一ヶ月間です。早速試してみました。

 もちもち食感の皮と、国産野菜たっぷりのあんが特徴です。餃子は冷凍餃子で、30個入って1,000円です(15個入りのパックが2つセットです)。餃子の特徴は、台湾水餃子風のモチモチっとした皮、鳥取県産の大山豚と野菜、特にキャベツの甘味を活かした毎日食べられる優しい味わいです。パリパリふっくらと、大きさ・具・皮を追求したこだわりの餃子です。「餃子が半分浸かるくらいのたっぷりのお湯で蒸し上げるのがおいしいコツ!」というワンポイント情報も「餃子の半身浴」として紹介されていました。プロ直伝の餃子の焼き方も学べます。奥の方では、販売方法や料金の回収方法などを、テレビ動画で説明していました。まずは冷凍庫ケースから欲しいパック(1ケース1,000円)だけ取り出してケースを閉めます。隣には餃子のタレのケースがあります。1本100円です(酢醤油ベースのさっぱりした味でした)。そして料金を料金ケースに入れて完了です。その気になればいくらでもごまかすことができそうですが、そんな人はいません。早速買って帰って試してみました。いつもは「餃子の王将」で持ち帰りの生ギョーザを頼むんですが、これが意外と美味しいじゃないか!!9月12日までの期間限定ショップです。♥♥♥

カテゴリー: グルメ | コメントをどうぞ

insanely

 最近気になっている英語の副詞に、insanelyがあります。英米の辞典や日本の英和辞典では、副詞を形容詞insaneの追い込み(~ly)でさらっと流すだけで、その意味や用法について、あまり詳しく記述してくれていません。ここら辺が現在の辞典の大きな課題だと私は思っています。副詞になると意外な意味や働きとなるものも結構あるので厄介なんです。insanelyには、(1)狂ったように(in an insane manner, in a way that suggests unsoundness or disorder of mind)と、(2)非常に、異常なくらいに(to a very extreme degree)の2つの意味があります。狂ったように→非常識に→ものすごく、と意味が発展してきました。元々は否定的な響きのある(1)の意味を、肯定的な意味(2)で用いるようになってきたのです(意味拡張)。crazily, madly, deadlyなどが類例として挙げられます。日本語では「やばい」などが相当するでしょう。

 英米の辞典に挙げられた用例を吟味してみると、形容詞のjealousとの強い共起関係が観察されます。

Her boyfriend was insanely jealous. [MWALED] 
He is insanely jealous. [OALD]
I would be insanely jealous if Bill left me for another woman.[CAAED,
 CALD]
She gets insanely jealous if he so much as looks at another woman.
[CALD]
insanely jealous [MED, LDOCE]

 この副詞は、Asahi Weeklyの7月4日号で田邉祐司先生が、「ハタと膝を打つ英語表現7」に、「意味拡張のinsanely」と題して取り上げ、この語とアップル社のスチーブ・ジョブズ氏との関連に触れておられました。

 insanelyを有名にしたのはAppleの創始者の一人Steve Jobsだと言われています。彼は素晴らしい製品に出会った時に“Insanely great!”を連発した人で、Steve Jobs : Insanely Greatという題名の評伝があるほどです。ちなみに「クルマ命」の友人も「Jobs信者」で、Mac userです。インフルエンサーたるJobsが彼の言葉遣いにも影響を与えているのは間違いありません。

 この田邉先生の連載は実に面白い。8月1日号では、“in a New York minute”という口語表現が取り上げられていました。オススメしておきますね。♥♥♥

 

カテゴリー: 英語語法 | コメントをどうぞ

マクドナルドのM

 日本「マクドナルド」の創業者の藤田 田(ふじたでん)さんは、松江北高の古い卒業生(東京大学に進学)であることもあって、マクドナルドを日頃から応援しているんです。大先輩藤田さんの哲学・その生き方については、⇒コチラに詳しく述べましたのでご覧ください。 最近はコロナ禍で、巣ごもり需要もあり、マクドナルド社は絶好調のようで、俳優の木村拓哉さんのCMがガンガン流れていますね。最近では私は、米子・昭和町にあるマクドナルドで時間を過ごすことがあります。外観がちょっと素敵な店舗なんです。勝田ケ丘志学館に行く前に、教材作成や予習の最終点検を行っています。カフェのようにお店が広々としているので、ちょっとゆったり気分で仕事に打ち込むことができます。ただ辟易するのは、お客さんがどんなに多くても、注文カウンターに店員が一人しかいないために時間がかかり、長蛇の列となっている点です。待てども待てども順番が来ません。レジは3台用意されているので、少しはお客さんのことも考えてくれたらいいのに、と感じています。

 今日の話題は、国内に約2,900店舗を構える世界最大のファストフードチェーンマクドナルド」の例の「M」のロゴです。このM」は英語のMから来ていると信じている人が多いはずです。しかし、あのMは、実はクドナルドの頭文字ではないのです。それどころか、あの形はアルファベットのMでさえありません。実はあれは、1955年にオープンした、マクドナルドのシカゴ1号店に設置されていた建造物を表しています。その店では看板の上に大きな黄色い2本のアーチを作り、目印としました。それが「ゴールデンアーチ」と呼ばれるようになり、マクドナルドのシンボルとなったのです(写真下)。1950〜1960年代にはこのデザインを取り込んだ店舗が多くありました。ここに挙げたのが、その次の年代のロゴマーク。この絵を見る限りでは「M」という感じはあまりしませんが、現在の「M」にかなり近づいてきていますね。

マクドナルドのロゴ1962年-1968年

 マクドナルドのロゴマークはもともとは現在の「M」のような形ではありませんでした。もちろん「M」の意味もありませんでした。それが年代と共に変わってきたようです。1950年代にはお店の両端にゴールデンブリッジを付けるようになり、1962年にはそのお店の形をイメージしたデザインのロゴが作られたようです。最初は「M」ではなかったようですが、1968年頃から現在の「M」に近いデザインになっていったようです。もちろん、そこには「McDonald’sのMだからぴったりだ!」という意味合いもあったのでしょう。それを現在もロゴとして使っているのですね。初心忘れるべからず、という気持ちが込められているかどうかは分かりませんが、今も昔も変わることのない美味しさを届ける、マクドナルドにふさわしいマークなのでしょう。ということで、今回はちょっとばかりマクドナルドの歴史を感じるお話でした。それをアメリカから初めて日本に持ち込んだのが、松江北高の大先輩の藤田 田さんだったのです。残念ながら、北高の生徒たちは全く知りません。もうチョット偉大な先輩の話をして欲しいものです。♥♥♥

 

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

リスニングの作戦

 私の長年の観察によれば、リスニング試験を苦手とする生徒たちには共通点があって、①語彙力不足、②聞く絶対量が不足、③集中力不足、のようです。これを克服しない限り、成績向上は望めません。毎日少しずつでも、時間を決めて英語の音声を聞くことが極めて大切です。

 リスニング勉強の基本。まず知らない単語は聞こえません。自分の知らない単語はいくら聞いても頭の中に入ってくることはないのです。よく「自分はリスニングが苦手です。どうしたらよいでしょうか?」と相談に来る生徒がいますが、このうちのほとんどは語彙力不足」なんです。「まず単語をしっかり覚えなさい」と、アドバイスすることにしています。頭で理解しているだけで、自分で発音することのできない単語も聞こえてはきません。Ikeaを「イケア」と読んでいる人には、この単語は耳に入って来ないでしょう。したがって単語を覚える時には、目、耳、口をしっかり使って、何度も何度も発音を確認しながら頭に入れる必要があるのです。これは一見当たり前のことなんですが、案外できていない生徒が多い気がしています。『CNN ENGLISH EXPRESS』9月号には、「Languageは「ランゲージ」じゃない!発音カン違い単語30」という発音特集が組まれていて、参考になります。

 それから、一生懸命リスニングの問題集をやって、答え合わせをしてハイ終わり。これでリスニングの勉強をしている気になっている生徒(教員も?)が多くいますが、これではリスニングの力は絶対につきません。模擬試験でも問題集でも答え終わったら、スクリプトをしっかりと読んで、自分の分からない箇所はなかったかどうか確認しておくことが大切です。読めない文章も聞こえてきませんからね。それでもう一回聞いてみる。この繰り返しで、少しずつリスニング力がついてきます。もう一度言いますよ。リスニングの問題集をやって○×をつけてはい終わり。こんな勉強をいくら続けても力はつかないのです。たとえ問題集を何冊やってもダメでしょう。そこからが勝負なんですよ。まず問題文のスクリプトを徹底的に読み込みます。知らない単語・熟語を・構文はないかどうか?意味の分からない英文はないかどうか?を確認します。読めない英文も聞こえないのです。それが終わったところで、スクリプトを見ながら音声をもう一度聞きます。最初とは格段に違って耳に入ってきます。オーバーラッピングや、シャドーイングや、ディクテーションを一緒にやってみるとさらによいでしょう。最後には何も見ずにもう一度聞いてみましょう。最初とは全然理解度が違ってきているはずです。こうやってスクリプトを徹底的に使い回すということが重要なポイントなんです。「共通テスト」のリスニング演習では、私は下記のような段取りで、スクリプトを徹底して読み込むことで、リスニングの力をつけています。

 リスニングで受験生がやらかす顕著な間違いは、「解答で悩んでいる間に、次の問題の放送が始まってしまう」というパターンです。リスニングは一度崩れたらなかなか立て直すことができません。「問題の指示文が流れている時間」「空き時間」を、次の問題の設問文や選択肢の「先読み」に充てて、「さあ、いらっしゃい!」と、余裕を持って待ち受けることが重要です。

 さて、「共通テスト」のリスニングが苦手な生徒たちに、ぜひ伝えていただきたいことがあります。2回読まれる第1問第2問、それと1回読みでも比較的聞き取りやすい第3問までで、配点が100点満点中59点もあります。ここを全力投球することで、第4問以降の得点率が低くても、ほぼ6割の点が取れることに注目させてやってもらいたいと思います。私はリスニングの不得意な生徒たちに、この作戦を徹底しています。今年の第1日程リスニングの平均点は56点でしたから、十分それ以上の点がこれだけで稼げる、ということに注目したいと思います。第4問以降の後半は1回きりの読み上げに加え、発言内容や状況を整理し、図表・ワークシートなどを見ながら解答する(時にはメモも)という必要があるため、難易度が高くなるのですね。英語が得意で難関大学を狙う生徒たちには、第4問以降の得点を狙った対策で、8割以上の得点を狙いたいところです。私は各大問の詳細な分析に基づく「攻略マニュアル」を作成して、注意点をしっかりと指導しているところです。

 リスニング試験で最も大切なことは、日本語による問題の指示文や、小問と小問の空き時間を、次の問題の「先読み」に充てることです。空き時間や問題の指示文が流れている時間を上手に利用して、「さあ、いらっしゃい!」という「待ち受け態勢」が作れるかどうかがカギとなってきます。私はキャッチフレーズで「前へ前へ、先へ先へ」と言って、注意喚起をしています。♥♥♥

カテゴリー: 英語指導に関して | コメントをどうぞ

京都水族館の「クラゲワンダー」

 京都水族館」に来ています。二回目の訪問です。2020年7月16日に公開された新展示エリア「クラゲワンダー」がお目当てです。ゆらゆらと漂う脳も心臓も持たない不思議な生物・クラゲの姿を見ていると、ほんわかとした気分になって癒やされるんです。展示されているクラゲは、京都の海で見られる種類を中心に、約20種類以上、約5,000匹。約350㎡の広さ、西日本最多を誇る展示数です。なんと古事記の時代から私たちの身近にありながら、未解明の謎をたくさん抱えたクラゲは、世界中で3,000種以上いると言われており、大きさ、形、色など見た目が異なるだけでなく、拍動の仕方もそれぞれ異なります。開館以来、宮津の沖でクラゲの採集・調査を続けている同館が、満を持してオープンさせた展示エリアです。ちなみに人工海水100%でクラゲの飼育を国内で初めて成功させたのも京都水族館なんですよ。

西日本最大規模のクラゲ展示エリア「クラゲワンダー」

 多くのクラゲが、ここ京都水族館で生まれ寿命を全うします。最初に目に入るのが、約1,500匹の「ミズクラゲ」を、成長過程ごとに水槽を分けたコーナー「プロローグ」。生まれたばかりの小さな小さなミズクラゲが、だんだん姿や形を変えながら大きく成長していくのが分かります。真っ暗な展示エリアに足を踏み入れると、薄暗くライトアップされた幻想的な空間に、ふわふわと浮かぶクラゲの赤ちゃん。ミズクラゲが生まれてから大きくなるまでの成長過程を水槽別に見ることができます。大きくなったミズクラゲの中に、四つ葉のクローバー模様を確認できたら、幸運が訪れるかもしれません。クラゲへの興味や生命を感じられる場所となっていました。

西日本最大規模のクラゲ展示エリア「クラゲワンダー」

クラゲの世界に包まれる、360度パノラマ水槽「GURURI」

 最大の見せ場が、クラゲが漂う海の世界を体感する360度パノラマ水槽「GURURI(グルリ)」です。足元・頭上に気をつけながらアーチ状の水槽をくぐって中に入ると、360度ぐるりとクラゲに包まれる特別な体験ができる場所です。青と白をベースにした赤・黄・緑などの色鮮やかなライトに、クラゲの透き通った姿が映し出され、うっとりすることでしょう。ライトアップはゆるやかに色彩が変化します。

クラゲの世界に包まれる、360度パノラマ水槽「GURURI」

 これだけの数に囲まれても、圧迫感や恐怖感が無いのが不思議なくらい。ミズクラゲの透き通るような姿に魅了され、安らぎを感じるくらいです。リズミカルな拍動を繰り返しながら、ポワーっと漂う海の世界を体験することができます。いかにも心癒やされる光景ですね。

クラゲの世界に包まれる、360度パノラマ水槽「GURURI」 

 ゆったりとしたクラゲの動きとクラゲの鼓動をイメージしたやさしい音楽、海の青とミズクラゲの白さに時折加わる鮮やかな照明、なんともいえない幻想的な世界へといざなってくれます。

 これまで「京都水族館」のバックヤードで行っていた飼育員スタッフによるクラゲの繁殖や研究をお客さんにも見てもらおうと、「京都クラゲ研究部」を立ち上げています。鑑賞するだけではなく、好奇心を刺激し、謎の多いクラゲの魅力を再発見することができます。クラゲ博士たちが、熱心に質問に答えている姿が見られました。チャートに沿って簡単な質問に答えるだけで、あなたと同じタイプのキャラクラゲを教えてくれる「京都水族館クラゲ別キャラ診断」もお楽しみ。京都水族館の全24種のクラゲの名前や特徴、飼育スタッフの想いを解説した「クラゲワンダー大図鑑」も勉強になる展示でした。⇒前回の私の訪問記はコチラです。♥♥♥

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

読書と寿命?

◎図書館の多い山梨県は……?

 大好きな医師・作家の鎌田 實(かまたみのる)先生が(『がんばらない』以来のファンです)、『日刊スポーツ』に毎日連載されている「コロナに負けない生き方」を楽しみに読んでいます。最近面白いことが書かれていました。山梨県は、健康寿命が高い県として知られています。2018年の健康寿命は、男性1位、女性3位でした。「NHKスペシャル」が、人工知能AIを使って膨大なデータを分析した結果、予想外のことが浮かび上がってきたというのです。

 山梨県は、人口比率で図書館の数がダントツに多いんです。人工10万人に対する図書館の数は、全国平均で2.61ですが、山梨県6.56と、全国平均の3倍に近いのです。蔵書数も全国でトップクラス。運動の実施率は全国でも低い方ですが、読書の習慣が、運動の少なさをカバーしているという結果が出たのです。

 「読書と寿命が関係ある?」という意外なポイントが明らかになってきました。読書と寿命の関係は、世界でも広く研究されています。アメリカのイエール大学の発表によれば、本を読む人は寿命が2年近く長いということです。理由は分かりません。読書への意欲があるということ自体が、若々しく健康であるということなのかもしれません。私は、読書の大切さを長年生徒たちに説いてきましたが、もしそうならば、若い生徒たちにも一層強く薦めなければいけませんね。最近本を読まない生徒が一段と増えています。全国大学生活協同組合連合会(全国大学生協連)が、2018年に行った調査によれば、電子機器を含めた1日の読書時間がゼロの大学生が、53%にものぼることが分かりました。一方で、スマホの使用時間は、1日平均177分間だそうです。平成15年に文部科学省が実施した調査結果によれば、平日に読書をしない子供の割合は、小学生が28%、中学生が48%、高校生が61%という惨憺たる状態でしたから、その芽が発芽したのがこの惨状と言えましょう。発表された最新調査結果でも、1日の読書時間ゼロの大学生が48%にのぼりました。昨年より5%下がりましたが、依然として高い数字です。一方、「1時間以上」の学生は前回より約8%増え、読書をする層としない層の二極化が進んでいます。大学生協連の担当者は、「受験勉強や部活動で忙しい高校時代に読書週間が失われている。大学入学後に時間的なゆとりができ、一部の学生は再び本を手に取るが、読書週間が戻らない学生も多いようだ」と分析しておられました。

 松江北高の生徒たちを見ていても、このことは一致しています。本を読みません。「忙しい、時間がない」と彼らは言います。しかしこれは事実ではありません。読んでいる生徒はちゃんと読んでいますから。「忙しい」というのは単なる言い訳にすぎません。こういう生徒はたとえ時間があったとしても、本に目を向けようとはしないのです。私の北高での長年の観察によれば、成績の伸びる生徒というのは、読書好きの生徒が多いようですよ。⇒私の「新・伸びる生徒とは?」松江北高で伸びる生徒には共通した特徴が見られることを観察したものです。ご覧下さい コチラ

 人生は限られている。実生活の中で何もかも体験することはできない。そこで読書が重要になる。本や新聞の中には無尽蔵の知識や情報が満ちている。人間の思考のさまざまな道筋が痕跡を残している。それをたどることは論理的思考の訓練となろう。

 感動の追体験は情緒をはぐくみ、正義を愛し卑怯を憎むことを学んで徳性を養うこともできる。読書はそうした人間の基礎をつくる国語力を涵養する。そのおおいなる力をもう一度思い返したい。   ―『産経新聞』2006年10月29日

 元・松江北高の校長で、東出雲町町長在職時、2010年末に急死された尊敬する鞁嶋弘明(かわしまひろあき)先生は、まず小学校3校、中学校1校に専任の学校司書を配置されました。そしてとてつもない規模と充実した中身の東出雲町立中学校の図書館を作られました。その結果、素晴らしい成果を残され、モデル校として全国から見学者が絶えません。なぜ先生は学校図書館の充実に尽力されたのか?というと、実は松江北高の進路部長、校長時代の経験に遡ることができます。北高で、学年の途中から、ぐ~んと成績が伸びる生徒がいるので、なぜか?と思って調べて追跡してみたところ、その生徒たちの共通点は、とてもよく本を読んできた生徒だったのです。以来、松江北高が、毎年図書館の書籍購入予算(県下NO.1)に、ことのほか力を入れて頂いているのには(財政難で県内のどこの学校も図書購入費を削る傾向にあるにもかかわらず)、こんな歴史があったのです。

 私のもう一つの観察。生徒が本を読まないのは、大人が本を読まないからです。最近の教員も、「忙しい」と称して本をあまり読まないようです。本好きの両親の家庭に育った生徒は、高校でも本が大好きです。両親が、そして教員が本を読む姿を毎日見ていれば、生徒たちも本に手を伸ばし始めます。藤原正彦(ふじはらまさひこさんの言う「自ら本に手を伸ばす子」を育てるのが、私たちの仕事なのでしょう。

 コロナ禍にあってどこにも旅行に行けない私は、ひたすら本屋に通い、本を読んでいます。人生の進路で悩んでいて、偶然立ち寄った本屋さんでふと立ち読みした本の中で、その先のヒントが見つかった経験とか、今悩んでいる問題の答えが偶然読んだ本の中でその解決策が見つかることも珍しくありません。こういう読書の力を身をもって経験をしているので、教養を身につけるというより、実用的な理由で、読書をしています。その本を読むか読まないか、そんな小さい行動がその後の人生に影響を与えてくる。それが読書の不思議なところです。今日はそれに「長生き」が加わりました。「長生きしたければ本を読め!!」♥♥♥

▲八幡が今週本屋で購入した本 旅行にいけない私はひたすら読書三昧

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

全日本ご当地ラーメン特集

◎週末はグルメ情報!!今週はラーメン 

 文房具好きの私は、米子天満屋4階の「LOFT」にはよく立ち寄ります。そして帰りに道路を挟んで真ん前のフレンチレストラン「Dacn’Dac」で美味しいご飯を食べて帰ります。今日ものぞいてみたところ、「LOFT」の売り場の片隅で、「日本全国よりすぐりご当地ラーメン大集合」というイベントをやっていました。北は北海道から南は沖縄まで、日本全国からこだわりのインスタントラーメンが揃っています。あっさり・こってり・変わり種、メディアで紹介されたあの味など、様々な種類の選りすぐりのラーメンが全国から勢揃いしています。

 ラーメン好きの私には、目移りしそうなラーメンばかりです。その中で私が注目したのは「喜多方ラーメン」でした。昔から喜多方ラーメン「坂内食堂」の大ファンでしたから、喜多方ラーメンには目がありません。1つだけ買って帰って食べてみたところ、実に美味しい。そこで電話して大量に取り置きしてもらいました。麺とスープが付いているだけの簡単なインスタント麺ですが、これがあなどれないくらいの美味しさなんです。喜多方市の「五十嵐製麺」の商品でした。HPには次のように出ていました。


 五十嵐製麺は昭和6年、五十嵐本家より先代泰次が分家して、精米を行い、豆・大豆等、米殻商として創業しました。
 
 大豆等の取扱いに習熟し、喜多方の味噌、醤油、だしの味を知りつくし、昭和24年からは、製麺業 七十余年の歴史を刻んでまいりました。 飯豊山麓を眼前に望む恵まれた環境の中で選りすぐった小麦粉に飯豊山系のおいしい水を使い、自慢の平打ち太麺の 生ラーメン・低温熟成させた乾燥ラーメン、自然の風味豊かな乾麺など、コシのある麺を生み出した私どもは、万全の衛生管理体制で生産しております。


 ちなみに、このイベントは9月12日まで、天満屋4階米子LOFTの売り場で開催されています。第1位、第2位と宣伝された北海道のラーメンも食べてみましたが、それほどでもありませんでしたよ(好みには個人差があります)。♥♥♥

カテゴリー: グルメ | コメントをどうぞ

「マインドスティック」とビリーさん

 世界のマジック界をうならせた傑作読心術マジック「フォーチューン・スティック」の復刻版「マインドスティック」です。まずは、テンヨー専属ディーラービリーさんの明快な実演映像をご覧ください。

  マジシャンが後ろを向いている間に、3本のスティックの4面に描かれた8つのシンボル(ハート、炎、木、ワイングラス、ハト、目、月夜、玉子)から好きなものを一つ選び、一列に揃えて、心に刻んでもらいます。 その後すぐにスティック3本を占い師のように手の中でぐちゃぐちゃに混ぜ合わせ、全てのシンボルを両手で握って隠してもらいます。マジシャンは、 振り向いてスティックの上で手をかざして、その状態で何一つ質問することなしに、選ばれたシンボルをズバリと言い当てることができるんです。やり方は簡単、実にユニークで巧妙な原理ですぐにマスターする事ができます。すごいメンタルマジックです。何度でも繰り返して演じることができます。道具としての完成度が高いだけに、演出の工夫次第で驚きも格段に増すコレクターズ・アイテムとなることでしょう。

 発売された当初(2017年)、大人気になり早々と売り切れてしまい、多くのマジシャンから復活を望まれていた商品です。やっと復刻版が再登場です。発表されるや、世界の専門家をもうならせた読心術マジックの傑作「フォーチュンスティック」の復刻版「マインドスティック」です。カナダの会社から、表面処理をしてアルミ製で革製のキャリングケースの付いた豪華バージョン(テンヨー・エリートシリーズ)まで発売になりました。その開発ストリーを挙げておきます。


相手の選んだものを当てるメンタルマジックでは、状況に応じて何らかの手がかりを得て、そのあと覚えておいた暗号にもとづいて、それが何であるかを当てるという原理が多く使われます。野球のサインのようなものを道具が出してくれると考えればよいでしょう。プロのメンタルマジシャンは、それこそ何十通りもの暗号を覚えたりします。普通の人がそういったマジックを演じる場合、3つか4つくらいなら、何とか覚えておくことができます。しかし8通り以上ともなると、やさしく演じるためには、ひそかにノートや本の裏に暗号表を貼っておいたりということが必要になります。フォーチュンスティックは、相手の選んだものを当てる原理だけでなく、それを当てるための暗号表の新しい原理ということで、ユニークです。グラフィック・デザイナーでもある鈴木徹ならではの発想といってよいでしょう。


 さて、上の映像で演技をしていたビリーさんは、新宿高島屋」9階テンヨーショップの専属ディーラーさんです(東京都出身)。2005年4月「テンヨー」と正式にコミッション・ディーラー契約を結び、新宿高島屋」専任ディーラーに就任されました。ディーラーとしての活動を主軸に、各種ショーやメディアへの出演多数。その傍ら、俳優やタレントへの演技指導も多く手掛ける。趣旨意向を充分に見据えたその教え方には定評があり、各所でレクチャーの講師も務めておられます。マジックを考案・創作するクリエイターとしても数々のオリジナル作品を別名義で発表。その発想の独創性は国内外の専門家からも高い評価を得ています。既存のマジックを一捻りした緻密な演出が見ものの“ビリースタイル”の演技で、クロースアップからステージまで幅広く活躍中です。一流プロからも高く評価されるマジシャンです(下記推薦文参照)。

 “I think Billy is a very fine magician and demonstrator and devises excellent variations of Tenyo’s tricks. I was very happy to have printed some of them in my book  Tenyoism. I always visit his Tenyo Magic Corner when I’m in Shinjuku.”  - Richard Kaufman(Genii編集長)

 「ビリーさんの底抜けにハッピーな演技のスタイルやナイスガイさにあっさり騙されないでください。長年にわたり真摯にマジックに向き合い、演じ続けてこられました。その経験から生み出された専門家をもうならせる賢いアイデアと高い技術が彼の演技には惜しみなく散りばめられています。次回お会いしたときに彼にどう騙されるか、今から楽しみなのです」  - 角矢 幸繁(マジック・キュレーター)

 テンヨーの専属ディーラーさんは、各自が独特の世界観を持って演じておられ、その個性的なパーフォーマンスを見せてもらいに、私は暇があると全国のディーラーさんに会いに出かけています。中でも羽田空港国際線ターミナル清水一正(しみずかずまさ)さんのテンヨー作品の味付けは、もう名人芸の域です。⇒訪問記はコチラです  当時は大阪梅田・阪急デパート博多駅・東急ハンズにおられた富 吉宏(とみよしひろ)さんのアレンジも味がありましたっけ。⇒訪問記はコチラです  かつて名古屋駅・高島屋の東急ハンズにおられた、1日の売り上げが日本一の西川仁大(にしかわじんだい)さん(今は引退。さんが後を引き継いでおられます)にはデックのおみやげまで頂戴しました。⇒詳しくはコチラ  私は3回ほど、「新宿高島屋」9階のビリーさんに会いに行きましたが、2回は出張中、3回目は緊急事態宣言でお店が休業中でした。未だに会えていません。残念!!♠♣♥♦

▲新型コロナウィルスの影響で休店中の新宿・高島屋

カテゴリー: マジック紹介 | コメントをどうぞ