「モクモクガーデン」

 米子・「しんまち天満屋」に木と触れ合って遊べる施設「とっとりの木とふれあう広場『モクモクガーデン』」が、2019年10月15日にオープンしました。

 鳥取県では、県産材を利用した空間を体験することで、県民の県産材利用の意欲を高めるとともに、企業等の新たな木質内装化への取組を推進するため、企業等が行う県産材を効果的かつ先駆的に使用した木質空間の整備と木質空間を活用した県産材製品の普及活動を支援する「鳥取県木質空間モデル施設整備推進事業」を実施しています。本年度に実施する事業計画を募集したところ、3件の応募があり、評価委員会で審査した結果、この「(株)米子しんまち天満屋」の事業計画が採択され、県産材を内装等に使用した「てんまやモクモクガーデン」の整備等が行われることになりました。

 鳥取県産材を使用した大型遊具、試して買える木製玩具壁面パズル木のプールなどで自由に遊ぶことができる施設なんです。無塗装なので、木の香り、ぬくもり、手触りなどで自然を直接感じることもできますね。木のぬくもりを感じながら発想力豊かに楽しく遊んで、購入することもできます。角のないスギとヒノキのボールがたくさんある「木のプール」も楽しそうです。子どもたちは、木の香り、手触り、重さの違いを感じながら、安心・安全に五感を使って遊んでいました。利用は無料。鳥取県日南町産を中心とした県産材を使った木育広場で、木製の玩具や遊具を楽しめる空間を提供し、親子連れなど新たな顧客の来店につなげる考えです。場所は、「天満屋」3階の端っこです。おもちゃ売り場付近にあります。隣はミキハウス売り場がありました。1歳~6歳頃までの子ども向けです。

モクモクガーデン米子天満屋6

 無料で、しかも県内産の木を使用した施設となっています。室内にあるから、雨、風、暑さ、寒さも感じないでずっと遊ぶことができます。また同じ3階にはベビー休憩室・授乳室もあるので小さい子どももOKです。今後、ワークショップやヨガ教室、子育てセミナーなどイベントを開催予定とのこと。「モクモクガーデン」の床・壁には日南町のスギ材を使用しています。木のあたたかさを感じながら遊べるユニークな施設です。子育て家庭にはとても嬉しい施設ですね。❤❤❤

【追記】 これにつけて私に思い出されるのは、博多駅1・2番ホームにある、子どもとおとなが一緒になって遊ぶ遊戯施設「おもちゃのチャチャチャちゃちゃくらぶ」です。木の素材を中心に作られたこの施設は、木の持つ「ぬくもり」や「やさしさ」に包まれています。博多駅を行きかう様々なデザインの列車を眺めながら、実際に手に触れ、遊べるおもちゃで、 ここでしか味わうことできない体験ができます。私の大好きな水戸岡鋭治(みとおかえいじ)先生のプロデュースです。私の詳しい紹介記事はコチラです

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

Pretty Little Men

カテゴリー: マジック紹介 | コメントをどうぞ

西村京太郎会報

 西村京太郎ファンクラブ会報の最新号「TOTSUGAWA EXPRESS」Vol.35が届きました。年2回の発行で、西村先生の作品の舞台裏を知ることのできる貴重な資料です。今号では、最新刊の『阪急電鉄殺人事件』(祥伝社)、12月に出る予定の『舞鶴の海を愛した男』(徳間書店)、来年1月に発売予定の『西日本鉄道殺人事件』(新潮社)の舞台裏が特集されています。私は、 バックナンバーの第1号から全部揃えています。先生は、10月22日に発売となった最新刊『飯田線 愛と殺人と』(カッパブックス)で、作品数が624冊となりました。目標とされている635冊(東京スカイツリーの634冊を1冊上回る)までもうすぐですね。先生も現在89歳。何とか頑張って635冊を達成していただきたいと思っています。現在分かっている刊行予定の小説は以下の通り。着々とゴールに向かっておられますね。

11月  『十津川警部仙山線<秘境駅>の少女』(小学館)
12月  『舞鶴の海を愛した男』(徳間書店)
1月   『西日本鉄道殺人事件』(新潮社)
4月   『東京オリンピック幻想』(文藝春秋)

 今回の『飯田線・愛と殺人と』(光文社カッパブックス)は、おおよそ次のようなあらすじで展開していく作品です。飯田線とアイヌの歴史の関わりなど、いつものように詳細でいて緻密な検証を背景としたフィクションです。

 旅行代理店勤めの野田花世が殺された。彼女は、旅行企画を進めていた飯田線の秘境駅で恋人と逢瀬を重ねていた。彼女への殺人予告をしていた犯人に、十津川は罠を仕掛ける!復讐に燃える被害者の恋人の暴走を止め、異常な犯人を逮捕できるのか!?

  この作品には注目すべき点が二つあります。一つは、飯田線のドラマでありながら、島根県の古代神話である「出雲神話」が頻繁に登場するんです。木次線「奥出雲おろち号」も出てきます。「出雲神話の世界に遊びたい人は、三段式スイッチバックを体験したい人は、どちらも木次線の「奥出雲おろち号」に乗ってみてください」 島根県と関連の強い作品であるという点です。二つ目は、発売元の光文社では、長野県内の書店とコラボレーションした「読もう!行こう! 長野×光文社キャンペーン カッパ・ノベルス『飯田線・愛と殺人と』カバー写真コンテスト」を開催して、JR飯田線の車両や風景写真を募集しました。その審査の結果最優秀賞に選ばれた石川県の泉 竜太郎さんの「秘境を走る」が、西村先生の最新作『飯田線・愛と殺人と』のカバー写真に採用されています。受賞されたさんのコメントです。

 このコンテストの存在を書店のポップで知ったのは、締め切りまで2週間弱というタイミングでした。慌てて仕事の都合を確認すると、たった一日だけ休暇が取れる!まさに九死に一生を得た思いでした。撮影日前夜に金沢市を出て長野県天龍村を目指し、翌午前3時に現地入り。予め当たりをつけていたロケーションをいくつか回り、始発から撮影に臨みました。私自身、小学生の頃から西村先生のファンで、光文社文庫をずっと集めていました。長男には、先生の名前をいただき「京太郎」と名付けました。3年前、湯河原の西村京太郎記念館を訪問した際には先生にお目にかかり、サインをいただいたこともあります。思い入れは誰にも負けぬ自信があり、このコンテストを知ったときには「絶対、選ばれたい!」と強く思いました。書籍ならタテ写真が良いか、文字を入れるスペースは必要か、帯も付くのか、などと思いを巡らせて構図を決めました。こうしてカバー写真に選んでいただけたのは夢のようであり、大変光栄に思っております。(泉 竜太郎)

▲光文社ホームページより この写真が作品のカバーに採用された

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

「アマンドロール」

◎週末はグルメ情報です!今週はロールケーキ

 「バッケン・モーツアルト」は、広島のケーキ屋さんです。市内に何軒もお店があります。私は、津和野高校に勤務している時代に、山口市のショッピング・センター「夢タウン」の中にある「モーツアルト」のお店で、ここのケーキをよく買って帰っていました。津和野駅から特急「スーパーおき」で1時間ですから、休みの日にちょっと思い立ってよく出かけていたんです。懐かしい思い出です。

 このお店の、アーモンドのロールケーキ「アマンドロール」がとっても美味しいんです。表面にコーティングしてある生クリームは、お砂糖だけが入っているクリームなのですが、ロールの中に入っているクリームは、なんだろう?洋酒の入った、香りのいいクリームでした。スライス・アーモンドもサクサクで、これまでに食べたロールケーキの中でも、最高においしいロールケーキでした。

 今回、広島に行ったついでに、広島駅に新しく誕生した「EKIE キッチン」をぶらぶら歩いていたら、偶然、「モーツアルト」の看板が目にとまりました。本当に久しぶりに「アマンドロール」を買って帰りました。以前のあの味でした。八幡家のお客さんにも、美味しいといって喜んでいただきましたよ。❤❤❤

カテゴリー: グルメ | コメントをどうぞ

関門海峡クルージング

 私の宿泊する「プレミアホテル門司港」(⇒私のオススメホテルです。私の宿泊記はコチラ)からすぐそばの、「門司港レトロ内桟橋」から毎週土曜日に、関門海峡クルージング」船が運航されています。約40分間の遊覧観光です。前回訪れた時には、乗ることができなかったので、今回はあらかじめ予定に組み入れておきました。出発時間まで、波止場でやっている大道芸を見たりして時間を潰しながら、散策をして待ちました。クルージングは、門司港レトロ内桟橋⇒ブルーウィング門司(恋人の聖地)・和布刈神社・関門橋・壇ノ浦・赤間神宮・唐戸市場・下関国際港・巌流島などを、船上から展望して、再び関門連絡船乗場に戻ってきます。

 歴史の薫り漂う「関門海峡」を船でめぐり、船上から下関と北九州の両岸の景色を望むことができます。ブルーウィング門司(恋人の聖地)が跳ね上がるのに合わせて同時に出港する「関門海峡クルージング(門司港レトロ内の桟橋を出発)です。船内ではお薦めスポットが近づくにつれて、放送で観光地の案内をしてくれます。ぐるっと回って帰ってきました。海峡を優雅に往来する船を眺めながら、ゆったりと過ごすのがおすすめです。主に小型の貨物船が、ときおり大型船が通り過ぎ、海運の要になっているのだな、と感じられます。時間があれば対岸にも渡り、両岸から景色を楽しむとそれぞれのカラーを感じられて面白いでしょうね。ちょっと寒かったので、2階の船上席ではなく、船内で窓から絶景を見入りました。

 さらに今回の訪問では、門司港から下関「唐戸市場」「海峡館」を訪れるために、船で下関側に渡ることにしました。門司港下関との間、距離にして約1km程を、わずか5分程度で結んでくれる、短い船の旅を楽しめる「関門汽船」です。「壇ノ浦の戦い」で知られる関門海峡は、その名の通り潮の流れが激しく、時には大回りをするので、若干遅れて到着する事もあります。東側には「関門橋、西側には「巌流島」を眺める事ができます。本州と九州を結ぶ市民の足として重要な航路となっており、近年までは海上国道2号線と呼ばれたりもしていました。あっという間に到着しました、快晴の中潮風に吹かれての楽しいひとときでした。❤❤❤

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

『ライトハウス英和辞典』パンフレット

 私たちの『ライトハウス英和辞典』(第6版、研究社)の、来年度用の販売促進パンフレットが出来上がりました。私が書きました「この1年でalmostが4回も出題された!!」が掲載されています(写真下)。新しい「共通テスト」では、文法・語法問題はなくなりますが、文法指導はしなくてもよい、ということにはなりません。文法のための文法を聞くことはなくなりますが、英語を正確に読み解くための文法は非常に大切になってきます。そのことを、この一年の「センター試験」「共通テスト試行テスト」で、はっきりと感じることができるんです。そのことを解説しました。

 以前に、このブログでも、「文法はやらなくていいか?」(⇒コチラです)と題してこの問題を取り上げたことがありますが、その完成版です。「ダウンロードサイト」に登録しておきましたので、全文をお読みになりたい先生方はご覧ください。ここら辺の語の使い方に関する細かい注記が、分かりやすい形で『ライトハウス英和辞典』にはびっしり詰まっています。❤❤❤

・「この1年でalmostが4回も出題された!!」『ライトハウス英和辞典』(第6版)パンフレット  2019年11月 ⇒コチラで読むことができます 外面  内面

カテゴリー: 英語指導に関して | コメントをどうぞ

『共通テスト重要問題演習』できました!

 大臣の思わぬ失言を発端にして、外部の民間試験が延期となり、共通テスト」のウェイトが俄然クローズアップされていますね。これだけは言っておきたいのですが、受験生は決して楽にはなりません。結構ハードな試験ですから(平均点50点、全部あらゆるジャンルの長文に、語数1,000語以上増加、イギリス英語での出題可能性、リーディング:リスニング=100:100など)、入念な準備が必要になります。そんな中、11月1日に『2021共通テスト重要問題演習英語リーディング』『2021共通テスト重要問題演習英語リスニング』の二冊が、ラーンズより刊行されました。「共通テスト」の出題方針、試行調査で見られた出題様式を踏まえて、分野別に基礎の定着をはかり、共通テストで求められる思考力・判断力・表現力の土台を養成するための教材です。問題冊子、解答・解説、別冊ナビゲータ冊子の3冊から成り立っています。詳しい中身の紹介・ページ見本は、ラーンズのウェブサイトに出ていますのでぜひご覧になってください。⇒コチラです

 長年、たくさんの先生方にご支持をいただいた『重要問題演習』シリーズの特徴を継承しながら、新しい傾向にもきちんと対応しております。これまでご好評をいただいてきた「ナビゲーター」冊子も、引き続きお届けさせていただきます。まずはこの冊子で、共通テスト」の求める力、それに対する「勉強の仕方」、各大問への迫り方を勉強していただいた上で、問題演習にかかっていただきたいと思います。実際のページを幾つかご覧いただきましょう。新たに発表になった「イギリス英語」での出題の可能性に関しても、取り上げています。ご採用いただいた学校には、データCDもお届けすることになっています。

 今までの長い経験を活かして、少しでも使いやすいものにすべく知恵を絞りました。リーディングを担当してくださったラーンズ・英語編集部湯浅真由美(ゆあさまゆみ)さん・戸國 学(とくにまなぶ)さんとタッグを組んで、作業を進めてまいりました。編集の方々のご努力で素敵な教材に仕上がっています。ありがとうございました。

▲リーデイング編集担当の湯浅さんと

 見本の請求はラーンズのウェブサイトから、あるいは各県の営業担当者にお願いします。いつもなら年明け2月に発行される教材ですが、大きく変わる新しい共通テスト」対策を少しでも早くから始めていただけるように、というラーンズの思いから、異例のこの時期の出版になりました。ぜひご検討くださいね。❤❤❤

カテゴリー: 英語指導に関して | コメントをどうぞ

城崎温泉駅

 「城崎温泉駅」に降り立つのは、これで二度目です。城崎は北近畿の温泉の名所として、また蟹料理の本場として、観光地の賑わいを見せています。志賀直哉『城の崎にて』に登場したことで、知名度がぐんと向上して、関西を代表する温泉地として成長していきました。2005年に、城崎町がお隣の豊岡市と合併することに伴い、「城崎駅」から「城崎温泉駅」へと改称されました。2000年には駅舎前に「駅舎温泉さとの湯」がオープンし、第1回「近畿の駅百選」にも選定されました。駅前には土産物店や旅館・ホテルの並ぶ温泉街が広がっています。駅舎の外観は、城崎温泉の街並みのイメージを「3階建て木造建築」と捉えて、軒下、壁面上部、腰壁の3本の木質調のラインと白色の壁とのコントラストで、街並みと調和した外観となりました。高く大きな屋根とそれを支える太い柱が印象的ですね。2016年11月に温泉街の街並みと調和するように、木調と白壁をイメージしてリニューアルされました。現在の駅舎が建設されてからの約90年間受け継がれてきた、アール・デコ調のデザインを継承しています。内装も「街並みとの調和」を重視し、駅舎の床面には「大谿川(おおたにがわ)」、「玄武岩」、「柳」をモチーフにしたデザインが施されています。その対岸には、デジタルサイネージを設置して、城崎温泉の最新情報・魅力を発信していました。華観光列車「TWILIGHT  EXPRESS 端風(みずかぜ)」のお客様専用出入り口も改札口に設置されています。 そのお隣に「待合室」があります。温泉の浴室内をモチーフにして、古式入湯法で使用する湯杓や、足湯をイメージしたデザインが施されていました。ちょっと一風変わった椅子ですね。豊岡市城崎温泉の再生の歴史を紹介する歴史パネルも壁面には設置されていました。城崎温泉の名物を販売する地域産品販売店「おみやげ街道 但馬・丹後いいものショップ」も待合室にはあります。私はここで「アトリエ・ヌー」の革小物(⇒コチラに私の紹介記事が)を見つけてファンになったのです。

 屋外の「ラウンジ」は、待合スペースとしての機能です。城崎温泉の自然との共生をコンセプトにした「こうのとり」をモチーフにしたデザインが取り入れられていました。さらには、「こうのとり」をベースにした地元作家の作品も展示されています。

 島式・相対式3面4線のホームを持つ地上駅。駅舎は4番乗り場側にあります。各ホームへは跨線橋で連絡していて、特急「こうのとり」「きのさき」の始終着駅で、特急「はまかぜ」の停車駅でもあります。駅前にある「足湯処」は無料で利用でき、電車の待ち時間をゆったりと過ごすことができました。駅前には「飲泉場」まで設置されています。落ち着いた素敵な雰囲気の駅です。❤❤❤

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

庭に人工芝

 家の周りをすぐに雑草が生えてきます。業者の方にきれいにしてもらって安心していると、暑い季節には1ヶ月もしないうちに草ボウボウになってくるんです。⇒八幡家の「草取り」の話はコチラに書きました  この間、根こそぎきれいにしてもらったばかりなのに、もう八幡家の前は草ボウボウです。「何とかならないものかなあ~?何か良い方法はないかなあ?」と、漠然と考えていたんです。そんなある日のお昼時、私にしては珍しく「ガスト」でハンバーグを食べていたところ、通路を挟んで真ん前になんだか見たことのある人が食べているではありませんか!私の家を新築するときに、何から何までお世話になったミサワホーム広澤所長さんです。ホントに偶然の出会いでした。早速席を移動して、先の草の話を相談したんです。すると幾つかの提案をいただきました。一度家を見に来て、プランをお持ちします、とのことでした。早速に担当の方がプランと見積もりを持って訪ねて下さいました。仕事が早いんです。きれいな完成図まで見せてもらいました(下写真)。一目見て、もう即決です。

 早速、工事が始まりました。庭を全部掘り起こして、防草シートを敷き詰めてもらいます(写真上)。それから本格的な工事です。お天気とも相談なので、雨の日には、途中お休みを挟みながら先週完成しました。さすがプロの仕事ですね。見違えるようになりました。自宅の正面の所は全部人工芝を張ってもらいました。最近の人工芝は実によくできていますね。見た目も綺麗で、ふかふかで、いい気持ちで寝転ぶこともできます。台所の勝手口付近はコンクリートで固めてもらいました。水はけにも留意していただき傾斜をつけて、端っこは化粧砂利を敷いて丁寧に工事が進みました。家の裏の辺りは、化粧砂利を敷き詰めてもらいました。防犯対策にもいいそうです。そんなわけで、完成した八幡家の周りが下の写真です。ああ、これで雑草の心配から解放されそうです。ああ、嬉し!ご近所さんも数人見に来られ、「ウチも真似しよう」と感心しておられましたよ。家を建てるときにも感動したものですが、「ミサワホーム」は仕事が綺麗です。そして何よりもアフターケアが万全です。もしあの日、広澤さんに偶然会わなければ、こんなに綺麗にはなっていませんでした。❤❤❤

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

テンヨー2020入手!

 2020テンヨーマジック新製品5点(⇒私の紹介記事はコチラです)のうちの2点「ミラクルフィッシング」「ミステリーブレイド」はすでに発売されていて、アマゾンではもの凄い値引きで売られていますね。残り「超能力BOX」「四次元クロス」「サプライズメモ帳」3点の全国一斉発売日が、11月6日に決まりました。 テーマパーク、全国量販店、専門店、雑貨店、等で買い求めることができます。この時期はどんな新製品が出るのかと、毎年ワクワクするんですね。そして大概その期待は裏切られることがありません。

 以前、津和野高校に勤めていた頃、博多に出かけた際に、まだ発売日までは相当あるのに、博多駅内の「東急ハンズ」には、発売前の全製品が並んでいたのを見てビックリしたことがあります。全部買い占めて帰りました。その時からです。どうも「東急ハンズ」では、発売日よりもかなり早く店頭に並ぶことを知りました。しめしめ。ディーラーさんのおられるテンヨー・ショップでも早めに手に入れることができます。今回も、広島に出て「東急ハンズ」に立ち寄った際に(私はここが大好きなんです)、2階のゲームコーナーをのぞいてみました。ありました、ありました!やはり全部並んでいます。早速全部買って、ホテルに戻って中身を取り出して遊んでみました。

 中でも私がたいそう気に入ったのは、不可能な貫通現象の「四次元クロス」です。使うのはちょうど昔のホテルの鍵のような細長いキーホルダー的なもの。懐かしいですね。これを逃げ場のない棒状のケースの中に入れるのですが、十字になるように中に入れてしまいます。あら、不思議!何の抵抗もなく、クロスしてケースを突き抜けて出てきます。それを抜いても、もちろん傷一つありません。この棒状の物だけではなく、鉛筆などを貫通させることも可能です。商品は、仕掛けの棒が2本、十字の筒1つ、鍵とチェーンが2組と詳しい解説書です。いかにもテンヨーらしさが発揮されている精密なギミックで、気に入りました。映像をご覧ください。チョット信じられませんね。これだからテンヨー・ファンはやめられません。世界中から注目されているマジックです。♠♣♥♦

カテゴリー: マジック紹介 | コメントをどうぞ

ローストビーフと天ぷらの食べ放題

◎週末はグルメ情報です!今週はローストビーフと天ぷら食べ放題

 「リーガロイヤルホテル広島」に泊まったら、1 階の「オールデイダイニング  ルオーレ」で、土・日・祝日の限定で、 ローストビーフ・ フォワグラソテー ・ 揚げたて天婦羅 食べ放題 &ディナービュッフェ 』 (2時間限定、4900円)が開催されていました。まさに「食欲の秋」にふさわしく、食欲をそそる 五感 に訴える 料理ですね。シェフとの会話や、スタンド・クッキングで目の前で調理するパフォーマンスを楽しめるメイン メニュー に は、不動の人気を誇る 肉汁と旨みをしっかりと閉じ込め た 「 ローストビーフ 」 と 、世界三大珍味のひとつで、表面がかりっと焼きあげられ、クリーミー な食感 を味わうことのできる 「 フォワグラソテー 」 、そし て 魚介類 や野菜 などを、 職人さんが最適なタイミング で目の前で 揚げてもらえる 「天ぷら」 が用意されていました 。また、ビュッフェ・ コーナー には、 日本の 「 手まり寿司 」 や 南アフリカ料理の「 ボボティー (挽肉のカレー風味焼き 」 、ジョージア料理の「オジャクリ (ジャーマンポテト パクチー添え) 」 など、世界各国の料理も多数 取り揃えてありました。まさに食の世界旅行 ですね。シックな美食空間で 贅を尽くした料理 の数々を 心ゆくまで 楽しむことができました。中でも特に美味しかったのは、アイルランドの「アイリッシュシチュー」でした(写真上)。あまりの美味しさに3杯もお代わりをしてしまった〔笑〕。デザートのコーナーには、10種類以上のショートケーキが並んでおり、チョコパフェまで自分で作ることができます。

 何回かお代わりに並んで、お腹いっぱいになりました。揚げたて熱々の「天ぷら」は最高ですね。海老、穴子、チーズ、きのこ、しらすを揚げていただきます。私はエビが大好きなので、再度エビをリクエストして揚げてもらいました。最初はお任せで揚げてもらうんですが、2回目からは自分の好きな食材をリクエストできるんです。実に美味しかった。ローストビーフ」も目の前で、シェフに塊からスライスしてもらうので、実に新鮮です。ソースをかけてもらい絶品のローストビーフです。フォアグラ」も珍味です。このように少しずついただくのが、いいのかもしれません。でもこれがバカにならない。調子こいて食べまくったところ、家に帰ったら2キロも体重が増えていました〔笑〕。今、元に戻すのに大変です〔笑〕。❤❤❤

★八幡家のローストビーフ」と言えば、贅沢をするときには、西川津の「ラパン」で塊をお願いして買って帰ります。薄く切ってしょうがをつけてソースを多めにもらって食べるんですが、これがまさに絶品です。お値段ははりますが、この上なく美味しい。日頃はパック販売もされており、これでお茶を濁しています。

 

カテゴリー: グルメ | コメントをどうぞ

ジュンク堂

 私の大好きな書店に「ジュンク堂」があります。津和野高校勤務の時代は、いつも博多・天神「ジュンク堂」に出かけては和書・洋書を仕入れて帰ってきました。3年間の勤務で37回博多に出かけていますが(1時間半で行けたんです=特急「スーパおき」で1時間で新山口、新幹線で30分で博多です)、欲しいと思ってチェックしていった本で在庫がなく買えなかった本は1冊もありませんでした。それぐらいに在庫が豊富なんです。ジュンク堂書店」の戦略は、充実した品揃えとされ、どの分野の書籍も満遍なく置かれているのが特徴です。今では日本全国に展開する大規模チェーン店となりました。

 大型書店の基準といわれる500坪を超える1,000坪以上の売場面積の店舗が多く、オープンカフェの設置や読書用の椅子、机などを配置する店舗もあります。平台よりも、縦に並べた書架の多い図書館風のレイアウトも特徴で、同社の戦略は他の書店にも大きな影響を与えたと言われていますね。今は丸善CHIホールディングス傘下の丸善書店と合併し、丸善ジュンク堂書店となりました。ただ「丸善」「ジュンク堂」の店舗名は変更せずに残っています。

 「ジュンク堂」という名前は、起業した工藤恭孝代表取締役社長の父親である工藤 淳(くどうじゅん)さんの名前から採られました。当時、父親の経営していた会社キクヤ図書販売株式会社に入社した後に、書店部門を任され独立し、1976年に三宮センター街へ移転することになりました。色々な名前を父親に提案したが、どれも駄目だと言われ、苦肉の策で「淳工藤」と父親の名前をひっくり返したら、意外に気に入られ決定したと言われています。

 私は今日も、広島駅前「福屋」デパート10階にある「ジュンク堂」に来ていますが、すごい品ぞろいです。欲しかった本は全部買うことが出来ました「ジュンク堂」の大きな特徴として、立ち読みでなく座って読んでくださいと、イスや机が置いて(時にカフェまで)あります。ここ広島店では長机が置かれ、多くの人が座って読んでおられました。本を選ぶときに内容をしっかり確認して購入したいという客からの要望が多かったから、とのことです。特に専門書など、重く高価な本を求めている人にそのような声が多かったようですね「ジュンク堂」の影響なのか、最近椅子を置いてある書店が多いですね。ちょっとチェックしたいときや何冊かを比較して選ぶときにはずいぶんと助かっています。昔、津和野に勤務していた頃、高校生が立ち読みをして困るという電話が書店からかかってきて、謝罪に行ったことがあります。普通は「立ち読みお断り」という貼り紙がしてありますね。「ジュンク堂」は、これを逆手に取って、立ち読みではなく座って読んでください、という戦略を引きました。これが大当たりしたのです。❤❤❤

▲「広島ジュンク堂」で買って帰った本

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

米子東高校PTA講演会

 先週の10月24日(木)、鳥取県立米子東高等学校の「多目的ホール」において、進路PTA」の講演会に出かけてきました。雨の降る中を、約180名の保護者のみなさんが、午後7時半よりお集まりになりました。講演のテーマは、共通テストでも英語は絶対に裏切らない!~保護者の心構え」でした。

 まずは自己紹介方々、八幡成人物語」という映像を観ていただきました。誕生から現在までの半生を振り返る写真映像です。笑い声と共に始まりました。松江北高勝田ケ丘志学館をご紹介した上で、まずはこんな話からスタートです。利き腕の手を握りしめてみて下さい。それから、親指小指の二本をのばして立てます。 この手の形が、「親子関係」を示しています。親指「親」を、小指「子ども」を表します。親指は子どもの方を一生懸命見ていますね。子どもがまだ幼いときは、「道路に飛び出さぬように、事故に会わないように、病気をしないように…」、学校へ行く年齢になれば、「勉強は大丈夫か…ついていけるだろうか?」、やがて、進学・就職等で親元を離れれば、遠く離れた子どもを思い、「無理して体を壊してはいないだろうか…」と気にかけてくれます。そして、結婚して所帯を構えても、「仲良くやっているだろうか…」と心を届けます。これが、子どもを思いやり、心配する親の姿です。一方の小指はどうでしょう?  「父さん、母さん、いつも心配してくれて有難う!」親指の方を向くかといえば、そうではありません。違う方向を見ています。あさっての方向を向いていますね。親の心配をよそに、親のすること、言うことに対して、「うるさい!」「わかっている」と、そっぽを向く子どもの姿のようです。でも、心を込めて親が精一杯子どものことを心配していくうちに、いつかこの両方の指が向き合う日がやって来ます。結構大変なんですが、何とか、親指小指を向き合わせてみてください。これが親子関係です。私はこの話を、伊東四朗さんが主演する刑事ドラマで知り、なるほどと感心したのを覚えています。

 新しく始まろうとしている「共通テスト」の大きな流れを確認した後に、リーディング・リスニングのテストの変更点の大きな特徴をお話ししました。大きく変わることは間違いないのですが、英語の試験には変わりありません。やるべきことをきっちりとやれば全く心配は要りません。ただ問題数が増え、全体が全て長文問題に変わり、1,000語以上も増えることから、今まで以上に「単語力」が重要になってくるかもしれませんね。いずれにしても、「勉強の仕方」を会得することが一番重要なことです。もちろん勉強に向かう「志」がなくては、成果は上がらないでしょう。秋田県立秋田高等学校に掲げられた(校歌でも歌われている)「己を修めて、世のため 尽くす」、これこそがまさに学ぶ目的だと私は考えています。そのために故・竹内 均先生(東京大学名誉教授)のおっしゃる「理想の職業」(①好きなことをやって、②メシが食えて、③人から時々感謝される)を目指してもらいたいと考えています。

 「保護者三悪」の話もしました。これは私が若い頃追っかけをしていた故・松井悦夫先生(河合塾本部長)から聞いた話で、保護者が絶対にやってはいけないこと、頭ごなし ②過度の期待 ③他者との比較 です。保護者の果たすべき役割は2つしかなくて、子どもの良き理解者 ②経済支援者 この2つです。これも松井先生の受け売りです。私は心筋梗塞で、松井先生はガンで、奇しくも同じ頃に入院生活を送り、互いに励まし合って元気になりましょうと、再会を約束したんですが、間もなくお亡くなりになってしまいました。実に残念でした。⇒松井先生への私の追悼文はコチラです   松江北高で15年間も勤務させていただく中で、「成績が伸びる生徒」には、ある特徴が共通して見られるというお話しもさせていただきました。結びはいつものように、「英語は絶対に裏切らない!」「ABC たり前のことをカになってゃんとやる」「散歩のついでに富士山に登った人はいない」の金言でした。

▲会の始まる前の会場 これがいっぱいになりました

  この講演会で保護者のみなさんに配布した資料の一部を「ダウンロードサイト」に登録しておきました。ご参考になさってください。当日はこれに加えて、高校1年生から高校3年生までの月別の「保護者シラバス」(⇒コチラで読むことができます)、「あむーる」の最近号(⇒「ダウンロードサイト」で全部読むことができます)、最新の模擬試験の「見直しプリント」&「繰り返し」の重要性を示したプリントをお配りしました。会が終わって自宅に戻ってからも、参加された保護者のみなさんから御礼のメールを頂き、無事役目を果たせたかな、とホッといたしました。その一通です。

先生のお話を聞いて、何か吹っ切れました。諦めの吹っ切れではなく、成功するまでやれば成功だと、腑に落ちたと言いますか。良いお話を、ありがとうございました。

 夜遅くに準備から後片付けまでお世話いただいた米子東高等学校PTA役員のみなさん、橋渡しをしていただいた米子東高校進路部長・吉村先生、ご参加いただいた保護者のみなさんに御礼申し上げます。❤❤❤

・「共通テストでも英語は絶対に裏切らない!~保護者の心構え」10月24日 鳥取県立米子東高等学校進路PTA講演 多目的ホール ⇒コチラで読むことができます

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

ミスしたら負け~自己採点

 今年の「日本シリーズ」は巨人の完敗でした。あれだけたくさんジャイアンツにミスが出たらもう勝てません。内野手山本の2回に渡る大チョンボ、若林がサードゴロをヒットにしてしまったプレー、岡本の三塁前のバントをダッシュが遅れて内野安打にしてしまった怠慢、増田の暴走、一死満塁で岡本のフェンス直撃の二塁打で二人しか帰って来れず、おまけに岡本は挟まれてアウト、それぞれが失点・得点に直結するミスでした。野球はミスをしたら負けです。一方のソフトバンクといったら、守備の下手なデスパイネが、フェンス際の大飛球を捕りきれずに二塁打にしたぐらいのミスがあっただけです。内外野ともに鉄壁の守備陣でした。明らかに力の差があった両チームでした。

 「ミスしたら負け」というのは野球に限りません。私が身を置いている教育の世界でも、センター試験」「自己採点」でミスが目立ちます。そもそもマーク模試の「自己採点」段階からデタラメです。○×の確認だけの採点がきちんとできないのは一体どういうことか??某予備校のデータによれば、自己採点と実際の得点が一致しない生徒の割合は82%もあります。模試会社の公表によれば85%とも言われています。ですから少々自己採点が間違っていても、「みんなで渡れば怖くない」実態があるので、合格していきます。でもよ~く合否結果分析を見てみると、自己採点が10点以上間違っている生徒は、まず難関大学には不合格になっています。ひどいのになると数十点も違います。笑ってしまったのは、数年前に浪人して補習科にやってきた生徒の成績開示を見ると、自己採点と117点(!)も違っていました。しかも地方大学に合格してきていました〔笑〕。成績が悪いことよりも、自己採点がデタラメなことの方が問題ですが、もっと問題なのは、それをきちんと理解してミスをなくす努力をきちんとしている生徒が非常に少ない、という点です。なんとなく済ませてしまっています。担任も「きちんとしなさい!」とは言うけれど、それ以上の手立てを講じようとはしません。無関心なんです。私が松江北高に赴任した今から15年前は、模試の各回ごとに全クラス追跡をかけて、対策を講じていたものですが、今はそれもありません。当時は、冬休みに学校独自で行うセンター模試演習でさえも、その日のうちにマークリーダーで得点と自己採点の照合をしていたぐらいです。こういう基本(私は「ABC」(たり前のことをカになってゃんとやる)と呼んでいます)がきちんとできていたから、進学成績も好結果が出ていたことを忘れてはなりません。

 今日は、なぜ「自己採点ミス」が起こるのか?その原因を考えてみたいと思います。私の考える主な原因は次の通りです。いずれも2回点検することで防げる凡ミスばかりです。

(1)問題を解く際に、自分の解答をきちんと問題用紙に転写していない。問題番号をずらしてしまう。不鮮明でどれにマークしたのかが読めない。消しゴムできちんと消していない。その結果、自己採点当日に自分の答案が再現できなくなる。

(2)問題用紙の解答を「自己採点用紙」に転記する際に写し間違える。もう1回点検することで防げるミス。

(3)正解と自分の解答を照合する際にうっかり○×を間違える。もう1回点検することで防げるミス。

(4)得点を小計、合計する際に暗算でやって間違える。電卓を使って、2回計算することで正確に合計できる。自己採点当日、電卓を忘れ手計算でいい加減にやっている生徒も目につく。

(5)解答用紙にマークする際に、決められたようにマークしていないので(形、濃さ、消し忘れ)機械が読み取れない。

受験ノイローゼのイラスト(男性)

 これらはもう一度見直す(検算)ことで全部防ぐことができますね。いかに正確な「自己採点」が重要かは、受験指導を長年やった先生なら、よくよく分かっておられることでしょう。以前に、英語のセンター本試験の分布で、平均点付近で2点違うとどのくらいの順位が違ってくるのかを、同僚の数学科の正村先生に計算してもらったことがあります。それによれば9,504人です。長文問題1問6点違うと、28,621人です。どうです?馬鹿にならないことが一目瞭然でしょう?たった1問でこれだけ順位が異なってくるのです。模試の判定でも、自己採点がデタラメ状態では、デタラメな志望校判定結果しか返って来ません。ましてやこれが本番となると…?この恐ろしさを生徒にきちんと伝えて、毎回追跡をかけて、限りなく自己採点ミスを0点に近づけていく努力を怠ってはなりません。現場では「忙しい」と称して、こうした努力を行っていない学校が数多くあります。私には本末転倒の「言い訳」としか思えません。生徒の「自己採点」を信じて、二次出願を行う訳ですから、そこをきちんとしておかないと、ボロボロと取りこぼしが出てくるでしょう。長年進路部長を務め、毎年校内データ追跡をしながら痛感したことです。

 私は若い頃、島根県立松江南高等学校に13年間勤務させていただき、そこで教師として、一から育ててもらいました。当時は「北高に追いつけ、追い越せ!」を合い言葉にして、方法論こそ違え、全教員がそこを目指して精一杯努力をしていました。そしてそれを実現して、島根県のトップに立ったものです(今はもう見る影もありませんが…)。今では信じられないでしょうが、センター試験の初日、2日目に島根大学で試験終了後には、会場で担任が生徒一人一人から問題用紙を段ボール箱に回収して持ち帰っていたんです。これには三つの理由があって、①初日、家に帰って自ら自己採点をしたりして2日目に動揺する生徒を出さないため②学校での「自己採点」当日の問題用紙忘れを避けるため、そしてここが一番重要なんですが、③担任がその夜のうちにクラス全生徒の自己採点をして、翌日学校で生徒の自己採点との照合をして正確を期すため。当時は、ここまでやっていたんです。真夜中に、その結果を担任同士で電話連絡を取り合ったりしたものです。忘れられない想い出ですが、ある年には真夜中にクラス全員の自己採点をしていて、英語があまりにも点が低いので、ショックで鼻血を出した〔笑〕こともありましたっけ(実はこの年は英語がとびきり難しく全国平均点が96.4点で、私のクラスの生徒たちはかなり高得点を取っていたにもかかわらず、見かけの点の低さに愕然としたものです。英語のセンター試験平均が100点割れを起こしたのはこの時だけです)。すでに「自己採点」の始まる当日には、生徒の点を担任がちゃんと把握しているのですから、生徒がいい加減な「自己採点」をすればすぐ突き返すことができました。ここまで正確を期してやっていたのです。

 教員が「忙しい」と称して、肝心の所で手抜きをしているのがとても気になります。事情の分かっている私などは、「ここできちんとやっておけば後で楽ができるのに。結局、後で苦労することになるのになあ…」と感じています。「負けに不思議の負けなし」です。○×の「自己採点」くらいきちんとできなければうそです。今の松江北高で「自己採点」をパーフェクトにやっているのは、クラスに数人だけです。おそらく全国の学校でも同様の実態でしょう。みんながそういう実態だから少々間違えても合格できる…。♠♠♠

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

「リーガロイヤルホテル」大好き!

▲若い頃竹林先生と

 私が若い頃からずいぶんと可愛がっていただいた『ライトハウス英和辞典』(研究社)の編集主幹であり、日本の音声学の第一人者、故・竹林 滋先生(たけばやししげる、東京外国語大学名誉教授)は、生前、リーガロイヤルホテル」が大好きな先生でした。プライベートでも、「岩崎研究会」の忘・新年会でもよくここを使われていました。そんなわけで、竹林先生を偲ぶ「お別れの会」も、幹事団が「先生が大好きだったこのホテルでやろう!」ということになり、「リーガロイヤルホテル東京」で開催され、私も最後のお別れに行ってきました。そんな先生の影響でしょうか、私もこのホテルが大好きになり、よく利用するようになりました。落ち着きのある高級ホテルです。ちなみに、RIHGAというのは、Royal International Hotel Group & Associatesの頭文字をとったものです。

 私は仕事柄、全国行く先々で、泊まるホテルを決めているんです。広島「リーガロイヤルホテル広島」博多「エクセル東急」「ホテルニューオータニ」神戸「ホテルオークラ」大阪「リーガロイヤルホテル大阪」岡山「三井ガーデンホテル」山口「ホテルかめ福」といったぐあいです。東京「アパホテル」が多いかな?個人旅行をする際には、旅行会社(日本旅行」)に勤める教え子が、現地で最もいい宿を世話してくれるので、安心して旅に出ることができます。

 さて今日も、「リーガロイヤルホテル広島」に泊まってきました。広島市の中心市街地、広島県庁」、「ひろしま美術館」と大通りをはさんだ向いにある、上皇さまもお泊まりになったハイクラス・ホテルです。地上35階・地下2階建ての高層タワーホテルには、488室ある客室のほか、結婚式場、宴会場、スパサロン、ブティック、生花店などが備わっています。「広島そごう」が隣にあるなど広島市中心部の商業施設も近く、広島城原爆ドームなどの観光地へも歩いて行くことができるので、広島の観光にも出張にも便利です。バスセンター、市電、など交通の便利も抜群です。何よりも清潔感があって、サービスも一流、食事も美味しいので、気に入っています。中でも、特に評判がよいのが、スタッフさんの気配りと朝食。実際に「リーガロイヤルホテル広島」に泊まってみると、お部屋への案内中なごやかにお話ししてくださったり、広島観光やグルメの相談にのってもらえたりと、さすがはハイクラスホテルという接客です。朝食もおいしく、優雅な気分で過ごすことができました。

 「リーガロイヤルホテル広島」のフロントロビーは1階にあります。いつ来ても見事な花飾りに、平山郁夫画伯の絵画が出迎えてくれます。ホテルの入口はいくつかあるんですが、どこから入っても長~いフロント・カウンターがすぐ目につきます。フロントの方へ向かっていくと、いつもすぐに配置されたスタッフさんが声をかけてくださって案内していただきます。チェックイン手続きが済むと、すぐに係の方が荷物を持ってお部屋まで案内してもらいます。今日は、私のカバンと宅急便の箱のために、2人の係の人がお部屋まで運んでくださいました。実に親切です。

 待ち合いのスペースも広々として気持ちが良い。ソファとローテーブルが数組、それぞれある程度の距離をおいて配置してあるので、チェックイン等の手続きの間、待ち時間もくつろぐことができます。「リーガロイヤルホテル広島」には、スタンダードフロア、スーペリアフロア、エグゼクティブフロアの3つの階層があります。客室の種類は、ダブル、ツイン、スイートの3種類。上に行くほど、豪華さが増し高級な客室となっています。

 全客室のベッドのマットレスには、バランスのいい体圧分散性と高い耐久性を持ち、全米ホテルシェアNo.1のSerta(サータ)社のポケットコイルマットレスが使われています。なぜか、私はここに泊まると熟睡できるから不思議です。いつもなら必ず朝4時前には目が覚めるのですが、今日は起きたら6時半、慌てて朝食会場に急ぎました。広さに特別感はないものの、落ち着いた内装と設備備品の使いやすい配置が好印象です。お部屋の窓からは、繁華街から海までを一望できます。宿泊者特典として、ホテル内レストラン割引券(15%)や、専用のクリアファイルに入れてドアの下から差し込まれる朝刊サービスがあります(私はいつも日経新聞を届けていただきます)。

 さて、私が「リーガロイヤルホテル広島」で最も楽しみにしているのが、朝食会場1階のレストラン「ル・オーレ」「スタンドクッキング」のコーナーです。そこでは、シェフが心をこめて、一つ一つ、卵からこだわったできたてふわふわのオムレツを作ってもらえるんです。いつもそこには長蛇の行列ができていますが、並んででも食べたい美味しいオムレツなんです。玉子の中には、ハム、チーズ、マッシュルーム、キャベツの4種類の具材から選んで入れてもらうことができます。これがふわふわ、とろとろのオムレツでとっても美味しいんです。いつも並びながら、シェフの見事なフラインパンさばきに見とれています。作る前にもう一つのフライパンにバターを塗って準備をしておき、調理するオムレツにかかります。玉子が温まったところで、具材を入れかすかに揺らして均等になるようにします。左手のフライパンを浮かせて、右手でこんこんと左手首をたたきながらひっくり返していく。それはもう見事な手さばきです。お皿に盛り付け、お客さんに渡すと同時に、フライパンにバターを塗って、先ほど用意しておいたフライパンで再び調理にかかります。❤❤❤❤

 

 

▲私はいつもハムを入れてもらいます

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

学生気質

 今からもう25年以上前に、経済学者の中谷 巌(なかたにいわお)先生(著書の中で過去の自分の学説の誤りを正直に認めた珍しい経済学者として私の印象に残っています)が、アメリカから帰国直後に、「仕事の周辺」というコラムに、次のような一文を書いておられて(当時は大阪大学の教授だったかな)、私は興味深く読み、それを切り取ってファイルしていました。

 私がアメリカから帰ってきて、驚いたことのひとつは、「学生気質」の違いである。
 アメリカで教えている時には授業の準備は入念にする必要があった。奨学金競争に必死の学生たちは、良い成績をとろうときわめて意欲的に教室に出向いてくる。一通り講義を終えて「質問ありますか」と私が声をかけると、何とクラスの半分くらいの生徒が一斉に手をあげる始末だ。この質問にいかに手際よく威厳を持つて答えるかが教師のお手並みということになる。もっとも、讃義途中でも疑問があると、どしどし質問が飛び出してくる。こういう状況だから教師も丹念に準備をし、いかなる質問にも即座に対応できるようにするのが習慣になる。
 ところが日本の大学では「質問ありますか」と声をかけてもほとんど手をあげる者がいない。最初の頃、これには拍子抜けさせられたものだ。質問をしないから、学生が講義をどの程度理解しているのか、あるいは、自分の講義に関心を持っているのかどうかさえさっぱりわからない。これでは教師の方の準備もだんだんいい加減になってくる。
 日本の大学にはおよそ競争というものがない。あるいは、きわめて限足されたところでしか競争がない、というのが実態だ。奨学金の支給が専ら親の所得水準によって決定され、また、就職にあたっても、成績はほとんど不問に付されるとしたら、学生が勉強しなくても当然である。教師間の競争も含め、大学にも健全な競争原理が持ちこまれないと、日本の大学はますます斜陽産業になっていくだろう。

 中谷先生の鋭い観察は、今でもそのまま当てはまり、先生の予言は的中しました。2017年の文部科学省と内閣府の発表によれば、大学進学を控える18歳人口は、今後どんどん減少を続け、14年後には現在(120万人)よりも約20万人減となります。大学進学率が横ばい状態と仮定すると(現在52%)、約10万人の受験生が減ることになりますね。計算上は、入学定員1,000人規模の大学が100校消滅することになります。事実、全国各地で大学がどんどんなくなっていっています。定員割れの大学も多く見られます(4割)。教育内容がおよそ大学と呼べないような大学があることも事実です。大学生が勉強しなくなったことだけは確かなようです。松江北高に毎年やって来る教育実習生を見ていても、それは感じますし、近所の島根大学の学生の様子を目の当たりにしてもそうです(最近何かと話題になって取り上げられることの多い、秋田県の国際教養大学の学生が必死になって勉強している姿が印象的ですが、これにはちゃんとした理由があります。大学内部で競争原理が働いているのです)。地方の私立大学が生き残りをかけて、公立化の動きも見られるようになってきました。安田賢治『笑うに笑えない大学の惨状』(祥伝社新書、2013年、最近も、木村 誠『大学大倒産時代』(朝日新書、2017年8月)というショッキングな本も読みました。♠♠♠

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

『アングロ・サクソン文明落穂集』

 渡部昇一『アングロ・サクソン文明落穂集⑨』(広瀬書院、2019年10月)が届けられました。かつて雑誌『英語教育』に連載されていた記事をまとめたものです。本シリーズは現在➊~➑が刊行されています。『アングロ・サクソン文明落穂集』シリーズは、故・渡部昇一先生が、特に大切にお考えになっておられた本で、発行元の瀬書院(滋賀県)は、この渡部先生の本を発行するために作られた出版社です。渡部昇一ブックス』が事業の草創です。渡部昇一先生の論文及び一般に向けた著作は多数、多岐多様にわたって発表・発刊されていますが、一方で、発行が途絶え、目に触れにくくなっているものも数多くあります。それらの再発掘も含め、人々を励まし、目を開かせてくれる豊かな発想に、多くの方々に接していただくことを願って『渡部昇一ブックス』の刊行を続けている出版社です。刊行のペースはゆっくりですが、今後も発行の予定です。各巻独立した内容で、どの巻のどこからでも、 自由に読むことができますから、ぜひ手に取って『知の巨人』の頭脳に触れてみてください。

 私は、学生時代に『知的生活の方法』(講談社現代新書)を読んで、頭をガツンと殴られたほどの衝撃を受けて、先生の追っかけになりました。松江の「ホテル一畑」で、初めてお目に掛かりご挨拶をさせていただいて以来、親しくさせていただいておりました。私が定年退職した際には、毛筆の直筆で長年の教師生活を慰労するお手紙を頂戴して感激しました。家宝としております。ちなみにこのシリーズの本の表紙のタイトルは先生の直筆です。私はそんな学恩ある渡部先生の、知られざるエピソードをせっせと書き連ねています。興味のある方はクリックしてお読みください。まだまだ続きます。

・渡部昇一先生のエピソード(1) (2) (3) (4) (5) (6)

 ちなみに、広瀬書院のホームページには、渡部先生の処女作からお亡くなりになるまでのすべての膨大な「著作目録」が公開されています。第1冊目から刊行順に並べてみるとこんな風になるという写真も公開されています。⇒渡部先生「全著作目録」コチラ   私の自宅の「書庫」にもそのほとんどが所蔵されています。❤❤❤

▲広瀬書院ホームページより渡部昇一先生の全著作

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

「ラミーアイス」

◎週末はグルメ情報です!!今週はアイス 

 ロッテ「ラミー」は、みずみずしいラムレーズンを、しっとりしたガナッシュチョコに閉じ込めた、香り高いチョコレートです。毎年冬季限定で発売されるこの大人のチョコレートは、1965年の発売以来、愛され続け、今なおロングセラー・アイテムとして人気を集めています。お酒の飲めない私でも、大好きなチョコレートです。⇒私の紹介記事はコチラ   昨年は、この”大人の洋酒チョコ”がアイスになって登場し、北海道地区限定で発売されました。好評だったのでしょう、今年の9月から全国展開で発売されています。ラミー・チョコの味わいを再現するため、秘伝のラム酒レシピに基づき、ラムレーズンを作り、生チョコは、洋酒がほんのり香る大人の味わいに仕上げたアイスです。チョコアイスは、生チョコ、レーズンの味わいに負けないよう、しっかりとカカオ感の感じられる味わいを追求しています。また、アイスの発売に合わせて9月24日(火)よりチョコレート「ラミー」も全国で発売されています。私が買い物をよくする「イオン菅田店」では、アイスとチョコを同時展開して、一緒にキャンペーンをしていました。

 アイスのパッケージは、「ラミー」のオリジナルデザインを踏襲しており、限りなくワインレッドに近い(暗めの)レッドです。外袋(ビニール包装)を開封すると、Rummyのゴールドフォント入りのシール蓋がついています。内容は100ml、カップアイスとしてはやや小ぶりのサイズでしょうか。カップはプラスチック製で蓋と統一感のあるカラーでまとまっています。

 やわらかいチョコレートと、生チョコとラムレーズンを混ぜたチョコレート・アイスの2層構造になっており、上部は生チョコ風のやわらかチョコ、濃厚でねっとりとした食感です。洋酒がほんのり香って、ラミーチョコの味わいをしっかり再現していますね。アイス部はチョコレート・アイスにラムレーズンが混ざっています。このラムレーズンは「ラミー」チョコ秘伝のラム酒レシピに基づき、アイス用にアレンジしたものを使用(レーズン5%)しています。チョコレートと洋酒、味のバランスが絶妙で、エンドレスで食べられるほどのおいしさです!アルコール分は0.7%、ほんのり効いているくらいですが、お子様が食べる場合はいちおうご注意をお願いします。❤❤❤

カテゴリー: グルメ | コメントをどうぞ

「結いとうろ」

 松江城武家屋敷周辺をライトアップして、光りと影が織りなす幻想的な風景を楽しむ「松江水燈路」のご紹介をしました。⇒コチラです  この松江の秋の風物詩となったイベントに、松江県庁も参加しています。「江戸期の城郭」「昭和のモダニズム建築群」が織りなす幻想的な夜景を楽しむことができます。街が「あかり」で一体となることにより、中心市街地の賑わいに繋がれば、という思いをこめて名付けた「結いとうろ」です。県庁職員の手によって設置された約200個のLED照明で、県庁舎をライトアップし、「あかり」が灯されます。また県庁の庭園と周辺街路に、約300個の手作り行灯が並べられ、夜の県庁庭園を幻想的に演出しています。❤❤❤

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

「八洪会書展」

▲島根県立美術館

 島根県立美術館ギャラリーで行われていた「八洪会」の書展へ出かけてきました。松江北高で一緒に勤めている、書道の別所由枝(べっしょよしえ)先生にお招きいただきました。

 昭和26年から始まった松江地区の書道の月例会が、88回を数えた昭和37年、それを記念する展示会を持ち、「八洪会」と名付けられました。あたかも人生の米寿と同じく祝賀の意味で「八」を冠しました。「洪」は広大の意味です。

 小筆で書かれた、別所先生の素敵な「伊勢物語」の書が印象に残りました。流れるような筆遣いの書です。別所先生は今年「第36回読売書法展」「読売奨励賞」を初めて受賞なさいました。そのことが「読売新聞」(9月2日付)に大きく報じられました(写真右)。「書く時間は1人で、黙々と自分と向き合える。今までやっていないアプローチで作品を書きたい」と抱負を述べられました。心が洗われるようないいものを見せていただきました。目の保養になった書展でした。

 松江北高の生徒昇降口の正面には、別所先生の筆による「夢湧く」の書が掲げられています。生徒たちは登校時にこれを毎日見ながら、将来の夢を思い描いています。❤❤❤

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

satisfactory

  英語の形容詞 satisfactoryという単語を、高校現場で使っている単語集などでは、「満足のいく、申し分のない、満足な、十分な」などという安易な訳語でお茶を濁しているものだから、ちょっと困ったことが起こります。

    教室で形容詞 satisfactoryが出てくると、生徒たちは「満足のいく」と訳し、相当レベルの高い満足度だと思っているようです。しかしながら、この語は成績などの評価順位に用いた場合には、否定的な意味が強く、意外に低い評価なのです。私は「普通ぐらい、まあまあ、まずまず」と訳しています。ネイティブスピーカーと議論すれば、このことはすぐ理解できます。評価の高い順に形容詞を並べてみると、次のようになるでしょう(デビッド・セイン先生による):exceptional(卓越している) → great(すばらしい) → very good(とても良い) → good(良い) →satisfactory(まあまあ)→poor(劣っている)→bad(悪い)   かろうじて及第点といった位置づけですね。ニュアンスとしては「条件・基準などをぎりぎり満たしている」「良くないとまでは言わないが、イマイチだと思う」ぐらいの感じの単語です。私はこのことを『ライトハウス英和辞典』(研究社)の編集作業の途中、回ってきたアルトハウス先生(津田塾大学)のゲラへの書き込みで知りました。先生は芥川龍之介の研究家で、日本語の細やかなニュアンスまで精通しておられます。もうずいぶん前のことです。highly satisfactoryと副詞の修飾をつけてやると「かなり満足した」という意味になります。

It’s just satisfactory. You could do better.(まあ、いいんだけど。もっと上手くできると思うよ)

 『ライトハウス英和辞典』(第6版、研究社)のgradeの項には、評価の一覧表が出ていますが(私がボリンジャー博士、アルジオ博士、イルソン博士に確認してもらったものです)、A(excellent),  B(good),  C(satisfactory),  D(just passed),  E(conditionally passed),  F(failed)であり、satisfactoryは「可」です。ですからレポートを提出して、先生から”This is satisfactory.”(まずまず)と言われて、喜んでいてはいけません。決して褒められているわけではないのです。日本語の「満足のいく」で考えたら失敗する単語なんです。単語集の訳語は改善の必要ありです。

 動詞satisfiedの使い方も、注意が必要です。Are you satisfied?(満足ですか?)と言う人がいます。満足しているかどうか聞く表現なんですが、このように単独で使われた場合には、間違いを犯した相手に向かって皮肉を込めて「これで気が済んだ?」「ご満足?」「もういいでしょ」と、問い詰めるようなニュアンスで用いられます(次例はデビッド・セイン先生)。

I lost my job, my family and my money. Are you satisfied now? Huh?(お前のせいで仕事も家庭も財産も失ったよ。これで満足かい?)

カテゴリー: 英語語法 | コメントをどうぞ

『北海道新幹線殺人事件』

 大好きな西村京太郎先生の『北海道新幹線殺人事件』(角川書店)が出版されたのが、今から三年前、2016年の11月。このたび文庫化されて(9月)、角川文庫より発売されました。大ファンとしては、新書版で出たときにも読んでいますが、文庫本も再び購入し、なめるように読みました。こういう熱狂的なファンが多いので、西村先生の作品はいつもベストセラーになるわけだ。以前にも書いたことがありますが、著者本人の体験を元に描かれた、渾身の長編」とカバーに書かれているのはどういうことなんでしょうか?これは、西村先生の若い頃を知らないと理解できません。ベストセラー作家としての現在とはおよそほど遠い生活を送っておられたのです。小説の書き出しは次のような文章で始まります。まさに西村先生当時の心境そのものです。

 三浦康平は、42歳。ミステリー作家である。
 32歳で一応プロ作家となり、以後10年間、何冊か本を出したが、今までの
ところ、ベストセラーになったことはない。売れない作家の一人である。
 三浦自身はもちろん、この状況に満足しているわけではない。出来れば、売れ
る作家の仲間に入りたいのだが、今のところ、彼の願いが実現するきざしは見え
てこない。
 最初のうちは、自分には才能はあるのだが運がないのだと自分へのいいわけを
作っていたが、10年もすると、本当に自信がなくなってくる。(p.5)

 そんな貧乏作家・三浦のもとに、明日書房(めいじつしょぼう)という小さな出版社の社長からコンタクトがかかります。

 私のところは、まだベストセラーと呼べる本をだしていませんが、先生は作家
生活が、たしか、今年で10年でしたね?でも、まだベストセラーをだしていま
せんよね」(中略)
 「どうですか、三浦先生にうちで書き下ろしを書いて頂いて、それをベストセ
ラーにしようじゃありませんか?」と髙橋がいう。
 「ベストセラーにしようといったって、簡単に出せるものじゃないでしょう?
特に、私なんかは駄目ですよ。もう10年も書いているというのに、一冊もベス
トセラーになっていないんだから」と、三浦が、いった。
 「そんなことはありませんよ。先生には才能があります。ただ、運がないだけ
ですよ。先生の才能が、時代とマッチしていないから、それでベストセラーにな
らなかっただけのことですよ」
 「失礼だが、おたくだって、私と同じようなものじゃありませんか?たしか、
創業10年で、一冊もベストセラーを出していなんでしょう?」と、三浦は、遠
慮せずにいった。
 「たしかに、先生のおっしゃるとおりですが、うちとしては、今までのところ、
ただ単に運が悪かっただけだと思っています。そこで、来年こそ、ドカンと当て
るつもりでいます。それで、どんな作家の方と組んだらいいのかを、社内で会議
を開いて考えましてね。その結果、三浦先生、あなたが候補になりました。どう
でしょう、引き受けて頂けませんか?」
 「ちょっと待ってくださいよ。いきなり、一方的に決められても困りますね。
今もいったように、私はベストセラーがないどころか、いつだって初版止まりの
売れない作家ですから」三浦は自嘲的な口調でいった。(pp.6-8)

 ここら辺の記述は、当時の西村先生を取り巻く状況が、克明に描かれています。29歳で人事院を辞めた先生は、作家を目指して執筆活動に入ります。数年後、賞をもらいこれで作家デビューだと意気込んで書き続けますが、14年間あまり売れませんでした。52~53歳の頃まで、売れない小説を、ずーっと一年に一作か二作のペースで書いておられました。作品を発表すると一応褒められます。西村京太郎はいい作品を書くって。でも売れませんでした。これが定評になってしまうんです。第40回の乱歩賞に当選した西村先生は受賞第一作に『D機関情報』というスパイ小説を書きます。評判は良かったのですが、これが全く売れません。3,000部刷って売れ残ってしまいました。いくら書いても反響がないともう分からなくなってしまいます。何を書けば読者に受け入れてもらえるのか。作家として一番辛いことは初版の部数がどんどん減っていくことです。当時は新書版が出てきた頃で、初版として3万部刷ってもらったことがあります。ところが売れない。編集者は次の本が出るときには申し訳なさそうに、今度は初版を2万5千にしました、と言われます。3冊目は2万にしますと言われます。それも売れないから今度は1万5千。あの作家に書かせてもマイナスになるだけだからというわけです。正直言って、心細くなってしまい、そのうちにあなたの作品はもう出版するのをやめることにしました、と言われるのではないかと怯えていたと、先生は回想しておられます。あるときに編集者から「作家がいいと思ってるのと、売れる作品は違う」ときつく言われ、書けば出します。但し、書く前にどういうストーリーか言ってください。売れるかどうかは、私が判断します」と言われます。売れそうもないテーマなら本にしないぞということだったのでしょう。ひどい侮辱です。そこで先生は二つのアイデアを出します。当時東京駅ホームでカメラを持った小・中学生に人気だった「ブルートレイン」と、2・26の昭和7年の「浅草」の話です。先生ご自身は本当は浅草の話が書きたかったんですが、編集者は、「浅草は売れない。ブルートレインの方は、まあ少しは売れるかな」と言います。『寝台特急殺人事件』(光文社)は大ベストセラーになりました。ここから西村先生のベストセラー作家としての道が始まるのです。

 今でも先生は時代物を書きたいのですが、編集者たちは「いいですね。でも他の出版社でお願いします。うちでは今まで通り列車もので」と言われてしまうそうです。それにしてもこの『北海道新幹線殺人事件』、とてつもない構想の作品で、どこからこんなプロットを思いつくんだろう?、と感心したのを覚えています。再読しても新鮮なトリックでした。❤❤❤

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

Max Caricature Frame~マックス名人

 アメリカのカリスマ・メンタリストであるマックス・メイビン (Max Maven)さん。そのおどろおどろしい風貌と雰囲気で不思議さを演出する。その演出の方法は、テレパシーやサイコキネシス、透視など超能力の多岐にわたります。メンタリストとしてのほか、マジシャンとしても活動しており、Phil Goldstein(フィル・ゴールドスタイン)という名で活動もしておられました。マックス・メイビンさんのパフォーマンスを見ていると、同じ作品を演じても、演出の方法がとても大事だということが分かります。これも、深層心理への働きかけになっているからでしょうか。マックスさんの言葉を聞いていると、今にも「すごいことが起こりそうだ!」と思ってしまいます。サングラスをかけているときは、Mr.マリックにも見えますね。

 若い頃、単行本の研究書Focusを読んで以来、マックスさんの作品は、昔からだいたい買い揃えています。マジックランド主催の箱根のコンベンションで取り上げられた珠玉の4作品の載ったレクチャー・ノートMax Maven「HAKONE 2014」(マジックランド)も読み応えがありました。日本でもファンの多いメンタリスト、マックス・メイヴィンさん。これまで、研究家としてはずっと本名のフィル・ゴールドスタイン(Phil Goldstein)の名を使ってきましたから、レクチャー・ノートはその名で発表されていたのですが、近年、本名自体をマックス・メイヴィンに改名されました。まだ私の若い頃に、日本では入手困難だった彼の冊子を、お手紙を書いてお願いしたところ、すぐにご厚意で送ってくださいました(しかも無料で!)。とっても親切な研究家です。怖い顔で判断しないでくださいね(笑)。Max Maven2

 日本にも縁があり、かつては「マックス名人」と呼ばれ、「マジックランド」のイベントでお見かけしました。一時、クロースアップ・マジックで世間を驚愕させた(最近とんと見ませんね)前田知洋(まえだともひろ)さんのお師匠さんです。不思議な作品は、全て茅場町の「マジックランド」から発売されていて、よく買ったものです。

 さてスペインのホアン・ルイス・ルビアレス(Juan Luis Rubiales)さんが、このマックスさんに捧げた、大変不思議なメンタル・カードマジックが登場しました。クロースアップからサロンまで演じることができます。私は飛びついて買いました。

 上のようなマックス・メイビンさんの絵を見せ、中に魔法陣のような数字が書いてあることを説明します。そして、黒塗りの透明板を10数枚取り出して、それぞれ4つ透明な穴がランダムに空いていることを示し、置く向きや裏表によって、数字の合計数がいろいろと変わることを説明します。そしてたくさんある透明板の中から好きな1枚選んでもらい、さらに表裏、縦横の向きまで観客の好きなように選んでもらって、魔方陣の上に置いてもらいます。今度はデックを取り出しますが、マークも数字もバラバラであることを示した後、マジシャンは観客に指示するだけで、デックにはほぼ触れません。この状態で観客に好きなように選んでもらった6枚のカードを取り出します。そしてそのカードの数字を合計します。先ほど置いてもらったプラスチック板から見えている数字の合計数をみると・・・なんと合計数は同じく一致しているのです!!そして、さらには、メイビンさんの絵をよ~く見ると・・・、なんとそこにも同じ数字が予め予言で書かれているではありませんか!マックスさんらしい演出で演じると、何とも不思議な世界となります。限定で発売されたもので、すぐになくなってしまいましたが、今、日本にこれを持っている人が、私以外に何人おられるんでしょうか?♣♥♦

カテゴリー: マジック紹介 | コメントをどうぞ

なめらかフリクション

 (株)パイロットコーポレーションは、摩擦熱で筆跡を消去できる爆発的人気の筆記具「フリクション」シリーズの新製品として、スムーズな書き出しとなめらかな書き味が特長のペン先「シナジーチップ」を搭載した超極細タイプの消せるボールペン『フリクションポイントノック04』(税抜価格:250円)を9月1日(日)より発売しました。私は8月31日に、東京・銀座「伊東屋」(G.Itoya)に寄ったところ、たまたまお店の前でキャンペーンの試し書き即売会をやっていて、そのあまりにも滑らかな書き味に魅せられて、全色購入してきました〔笑〕。さすが、文房具の八ちゃん

 『フリクションポイントノック04』は、後部の「消去用ラバー」でこすると筆跡を消去できる「フリクション」の特長と、強度のある、書き出しが安定するコーンチップとなめらかな書き味で、細書きに適したパイプチップの機能を併せ持つペン先「シナジーチップ」の特長を活かし、スムーズな書き出しとなめらかな書き味を実現した超極細の「消せるボールペン」です。シナジーチップ」は、細書きに適した極細のステンレスパイプの先端にくぼみをつけて、ボールを点で支える構造の「パイプチップ」と、一般的なボールペンに使われる、円錐形で、チップ強度が強く、安定して書きやすい「コーンチップ」のそれぞれの特長を活かした構造・形状のチップです。細書きに最適な細いパイプ形状のペン先ですが、ペン先の強度が高く、また、パイプの後ろ部分を太くすることでインキの通り道が広がり、インキのペン先への供給がスムーズになることによって、なめらかな筆記が可能になります。超極細の0.4mmのペン先ですから、手帳や資料など、細かい部分への筆記に適し、ペン後部の専用のスリム形状の消去用ラバーでこすることで筆跡の消去もできるんです。ボディのデザインは、「フリクション」シリーズの代表的な「フリクションボールノック」のデザインを元に、金属のクリップや口金を使用し、高級感のある仕上がりとなっています。ややスリムな10.5mmの軸径で、手帳やスーツのポケットへ収納しやすい形となっています。ボディカラー・インキ色は、ブラック、レッド、ブルー、グリーン、ブルーブラック、オレンジ、ピンク、ライトブルーの計8色での展開です。実に滑らかな書き味で、気に入っています。伊東屋」の店頭で販売をしておられた担当者の方によれば、試し書きをされた方はほとんどが購入していかれると、自信作であることをアピールしておられました。❤❤❤

《主な特長》―

①  「フリクション」の摩擦熱で筆跡を消去する特長と、スムーズな書き出しとなめらかな書き味のペン先「シナジーチップ」の特長を併せ持ったボールペン。

②   パイプチップは、細書きのペン先でなめらかな筆記ができ、コーンチップは、スムーズな書き出しと強度の高いペン先が特長で、そのパイプチップ、コーンチップそれぞれの特長を活かしたのが「シナジーチップ」です。細書きに最適な細いパイプ形状のペン先でありながら、ペン先の強度が高く、また、パイプの後ろ部分を太くすることでインキの通り道が広がり、インキのペン先への供給がスムーズになることで、なめらかな筆記ができます。

③   ボディデザインは、金属のクリップ、口金を使用し、高級感ある仕上がりです。超極細の筆跡を消去しやすいようにペン後部の消去用ラバーはスリムな形にしました。従来の「フリクションボールノック」よりやや細身の10.5mmの軸径なので、スーツや手帳などに収納しやすい形状です。

④   ボディカラーとインキ色は、ブラック、レッド、ブルー、グリーン、ブルーブラック、オレンジ、ピンク、ライトブルーの計8色展開です。

カテゴリー: 文房具 | コメントをどうぞ

花園万頭の「ぬれ甘なっと」

◎週末はグルメ情報!今週は「ぬれ甘なつと」

 天保5(1834)年創業の老舗和菓子製造販売会社で、日本一高い 日本一うまい」の看板で知られる「花園万頭」(はなぞのまんじゅう)ぬれ甘なつと」、「花園春日山」が売上げの中心で、首都圏の有名百貨店内に開設されている全国56カ所の売り場で一般顧客向けに販売していました。ピークとなる平成6年6月期には売上高約42億円をあげていました。しかし、バブル期に過剰な有利子負債を抱えたほか、東日本大震災後の販売不振などで、業況が急速に悪化。さらに近年は、消費低迷による売上不振が続き、28年6月期には売上高20億1105万円に減少し、1億9042万円の赤字となり、債務超過に転落しました。29年6月期も売上高は19億272万円と回復せず、経営悪化に歯止めが立たず、ついには2018年5月に経営破綻してしまいました。あーあ、これで大好きな「ぬれ甘なっと」が食べれなくなる、とがっかりしていたら、早速あのフルーツの老舗の銀座千疋屋」がスポンサーとなって、再興がなされました。これでまた食べれるぞと思い、羽田空港ターミナルのいつものお店に行って買ってきました。

 花園万頭の本店は新宿にあります。ですが、そのルーツは天保5年(1834年)創業、下金沢の和菓子屋さん。加賀百万石の城下町で「石川屋本舗」として創業しました。かなり歴史のあるお店なんですね。金沢と言ったら、今も可愛い和菓子のお店がたくさんあって有名ですよね。花園万頭が東京に進出してきたのは、明治末期のこと、近隣にある新宿の鎮守花園神社の名にちなんで、屋号も「花園饅頭」としました。今では百貨店や羽田空港にも入っているんです。私は「羽田空港第2ターミナル」のお土産屋さんで、いつも買って帰ります。お目当ては、看板商品の「ぬれ甘なつと」です。中に入っている説明書には、次のようにあります。

北海道産の粒選り大納言小豆の姿を崩すことなく、外皮をやわらかく煮上げ、見た目にもしっとりと美しい艶をだし、豆芯までほどよい上品な甘みをよく含ませた舌にとろけるような甘納豆でございます。新国劇極付「月形半平太」の名台詞「春雨じゃ濡れて行こう」の粋な情緒に心ひかれ「ぬれ甘なつと」と命名された品です。

 なんか甘納豆って砂糖がびっしりついていて、ただただ甘いという感じで想像している人が多いと思いますが、全然違うんです。小豆本来のおいしさを追求したシンプルでありながらも美味しさが凝縮されているような深い味わいで、甘さも程よくてめちゃめちゃ旨い。私は初めてこれを食べたときには、予想以上の美味しさに興奮したものです。「ぬれ」という名前だけあって、つやつやしっとりしています。しっとりしているのに、手で触ってもベタベタしない。普通の甘納豆より柔らかいけど、一粒一粒がしっかりしている感じですね。「上品な甘さ」という言葉は、この「甘なつと」のためにあると言っても過言ではないと思います。甘いのに、すっきりしていて、本当に品があり、一粒ずつ大事に味わいたい感じです。熱いお茶がよく合います。食感は、柔らかいけど芯が感じられ、時々砂糖のシャリっとした感じもあって、とにかく美味しいです。原料は、グラニュー糖 大納言小豆(北海道産) 水飴」のみ。きっと素材も厳選されているんでしょうね。シンプルだからこそ、素材の美味しさが感じられます。豆がふっくら、しっかり。このしっとりしているのに一粒ずつしっかりしている感じ、「一体どうやって作ったんだろう?」って謎です。職人さんが今も変わらぬ製法で、蜜漬けして作っています。豆芯までしっとりと甘みを含ませた、まさに舌にとろけるような絶品です。発売以来六十余年を数える「花園万頭」の代表銘菓、私の大好きなお菓子です。

 今週、その「花園万頭」が、松江駅前の「一畑百貨店」に「全国スイーツ展」か何かで出店していました。私は米子帰りに立ち寄ってみました。ありました。ありました。ぬれ甘なっと」です。そして今回は、あんパン」も来ていました。このあんパンは、中の上品な甘さの「こしあん」が絶品で、私は大好きなんです。私は「つぶあん」よりも「こしあん」の方が好きなんですね。東京から来ておられた店員の方と、熱く話し込んでいました。再び、月曜日の米子帰りにも立ち寄ってみました。会場の6階に上がってみると、フロアではすでに後片付けが始まっていました。今日は17時までの最後の営業だったようです。お店のあった所では、すでに段ボール詰めが行われていましたが、無理を言って「あんパン」を2個分けてもらいました。それぐらいに好きなんですね。また松江に来てくださいね、と担当者にお願いして一畑百貨店を後にしました。❤❤❤

カテゴリー: グルメ | コメントをどうぞ

Rubik Predicted

 イギリスのAlakzam Magic社から出る作品は、大体当たりが多いようですね。今日ご紹介する「Rubik Predicted」は、今から10年位前に購入した作品で、ずいぶん気に入って演じてきましたが、今回再び買い直しました。八幡家の「蔵」のどこかにはあるんですが、見つからないもので、再度購入した訳です。ルービックキューブを使わないルービックキューブマジックです。マジシャンは20枚弱の「ルービックキューブ・トレーニング用カード」を取り出します。競技や練習で、ランダムなパターンを多量に必要とするときに、実際にキューブを混ぜるより早い、という目的で作られた、乱数表のようなカード、と説明します(そんなものは実在しないのですが)。表面に、ルービックキューブの「1面」のパターンが描かれていますが、このパターンはすべてカードごとに異なります。1枚ずつ観客にそのことを確認します。このカードを観客にシャッフルしてもらい、カットしてもらってその場所のカードを出します。自由に選ばれた「1面のパターン」が、あらかじめ出されていた「予言の封筒」の中の写真と、完全に一致するのです!予言はただ1枚の写真で、複数の写真が隠されているとか、封筒に仕掛けがあるとかは、一切ありません。封筒もろとも、思う存分に調べてもらうことができます。絶対にタネに気づくことはないでしょう。

 今、注目のメンタリスト、マーク・エルスドン(Mark Eldson)が考案した、「キューブレス・キューブトリック」です。マジックを演ずる場合は、どうしてもカードに偏りがちですが、観客側からすると飽きてしまい食傷気味になるものです。エルスドンも、注目を集めるために、何か風変わりなテーマを演じたいと考え、ルービックキューブを題材にしたマジックをと思ったものの、とはいえ立体のキューブを持ち歩くのはちょっと面倒だ、ということで考え出したトリックだそうです。本人は「財布に入るキューブトリック」と言っていますが、実際の商品では、氏が実演に使っているものより予言の写真が大きくなっていて、その分、見栄えは良くなっていますが、財布には入れづらくなっています(約10センチ角の写真が添付されています)。実態としては「カード・マジック」なのですが、イメージとしては「キューブ・トリック」ということで、「カード・マジック」とはだいぶ印象が異なります。観客を飽きさせないという点では、氏の作戦は大成功と言えるでしょうね。なおかつ、キューブのデザインだからこそ成立する独自の興味深いトリックを構築しており、その意味では本質的にキューブトリックだともいえます。実に頭の良いトリックで、感心しました。

 特殊な「ルービックキューブ・トレーニング用カード」(16枚)が添付されています。もちろん、このようなものが実際に存在するわけではなく、エルスドンが演出上「でっちあげた」ものですが、さすがメンタリストだからでしょうか、説明に妙にリアリティがあって、本当にそういうカードが実在するのかと思ってしまいました。素材としても実に綺麗な作りで、かつ扱いやすく作られていて、とてもいい仕事をしています。カードは、ラフ&スムースとか、ロング&ショートの類ではありません。マジシャンが見てもナチュラルです。ちょっとだけ仕掛けは存在しますが…。♠♣♥♦

“It’s a brilliant prediction trick, it’s visual and colourful, dead easy to do, spectator proof and nastily deceptive. I love it, so will you and your audiences. Ten out of ten to Mark Elsdon for devising this elegant gem.”(素晴らしい予言トリックだ。ビジュアルでカラフルで演じるのもとても易しい。観客にも絶対に分からず実に恐ろしいくらいにだまされる。とても気に入っている。あなたも観客も気に入ることだろう。このような素晴らしい作品を考案してくれたマーク・エルスドンに10点満点で10点を贈る)― Ian Rowland.

カテゴリー: マジック紹介 | コメントをどうぞ

「ニューシャトル」

 埼玉県大宮市「鉄道博物館」に行くために利用したのが「ニューシャトル」です。始点の大宮駅から終点の内宿駅までは13駅、わずか約13キロで、終点までの時間はわずか24分です。ニューシャトル」の線路は、東北・上越新幹線」の高架橋にピタッと張り付くように沿っていて、両者が共演したときなどはまさにウサギとカメ状態となります。こんな背景もあり、遅いという印象だけが先行し、「ニューシャトル」の魅力は埼玉県民の間でもあまり知られていないのでしょう。次駅の「鉄道博物館駅」までは20~30㎞の速さでスススッと線路上を滑るように走っています。しかし、ひとたび「鉄道博物館駅」を過ぎると……。「ウィィィィーン! ウィィィィーン!」とうなりを上げながらながらスピードはグングン上がり、ついに時速60㎞に到達するそうです。通勤快速には敵いませんが、各駅停車と比べてみてもそこまで大差がないのです。かといってゴトゴトと揺られることもなく、じつに快適な乗り心地です。ニューシャトル」の名称は、起点の大宮駅と、終点の内宿駅を織機の梭(ひ)つまりシャトルのように往復する意味から名付けられた愛称です。

  • 停車駅はバス停並みに概ね1kmごとに設けられ、利用客の利便を図っています。

  • 電車はワンマン運転ですが、コンピュータシステムによるATC(自動列車制御装置)やARC(自動進路制御装置)を採用し、安全が確保されています。

  • 車両は小型軽量でゴムタイヤのため騒音・振動は少なく、冷暖房も完備しており、乗り心地は快適です。

  • 列車は6両編成(乗客360名程度)で中量輸送機関として人にやさしい交通機関と位置付けられています。

  • ニューシャトルの最高速度は60km/h、表定速度は31km/hです。

 「ニューシャトル」は、ゴムタイヤが車体を支え、側方の案内軌条によって車体が誘導されコンクリートの上を走ります。鉄の車輪が鉄のレールの上を走るのではなく、ゴムタイヤでコンクリート板の上を走行するのです。なお、ニューシャトル」のゴムタイヤは、中空タイヤの中に鉄輪があるので、万一パンクしても、走行できるそうですよ。使われているこのタイヤの実物が、「鉄道博物館」へ行く通路に展示されていました(写真上)。ニューシャトルの車体は、普通の鉄道車両に比べ長さ、高さ、幅ともに小さく、幅は2.3m、1両の長さは8mと路線バスよりも小さい車両が6両1編成で走っています。利用者は「埼京線」と比べ桁違いに少ないため、小さな車両でも十分で、最少半径25mのきついカーブを曲がることができるのも、小さな車両のおかげです。ゴムタイヤで走ることや車両の大きさ(小ささ?)のほかに、営業キロ12.7kmの間に13もの駅があるので平均駅間距離は約1kmとバス停なみに短く、鉄道と言うよりはバスと言った感じもします。

 「ニューシャトル」の大きな魅力の1つ、それは近代的なデザインでしょう。パっと見の印象だけではなく、車内のシートなどディテールがいちいちカッコいい感じです。そして「ニューシャトル」のHPを見てみると、なんと14種類もの車体があるではありませんか!2015年から順次導入している最新型の車両2020系では、車体がステンレス製からアルミ製に変わり、車内のデザインも一新しました。6両編成4本が在籍し、編成ごとに車体のカラーが異なります。2016年度の「グッドデザイン賞」を受賞しています。私は、今回の「鉄道博物館」の旅で2種類の「ニューシャトル」車両に乗りました。帰りに乗った新型車両はとてもかっこよかったですね。❤❤❤

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

「共通テスト」の対策に!

 11月1日に、(株)ラーンズより『重要問題演習2021共通テスト 英語リーディング』『重要問題演習2021共通テスト 英語リスニング』の2冊が発刊されます。現行の「センター試験」対策でも、この『重要問題演習』を可愛がって長年使っていただいている高等学校が多いんですが、この本についている「ナビゲーター」冊子が、「勉強の仕方」「問題への迫り方」がよく分かると好評なんです。 新しく始まる「共通テスト」対策でも、大問ごとの勉強の仕方が重要になってきます。私は今年の3月から5月のゴールデン連休にかけて、頑張って原稿を書いていました。ゴールデン連休時は、毎日(!)米子東高校の「勝田ケ丘志学館」に通いながら、早朝の松江駅の「ドトール」で、そして帰宅してから毎日徹夜で書き上げました。「勉強の仕方」「問題の解き方」を分かりやすく解説しています。それを踏まえた上で、演習問題にチャレンジすると力がつくでしょう。訳も分からずにただ問題を解くだけでは、決して力はつきません。そのことは「センター試験」と同様です。8月31日(日)には、東京・仙台・名古屋・大阪・博多を結んで、共通テストでも英語は絶対に裏切らない!」と題して、その主な内容をお話しさせていただきました。⇒講演会の内容はコチラです  やはり「共通テスト」でも各大問ごとに「勉強の仕方」が重要であることを強調し、そしてそのために「ナビゲータ」冊子を執筆しました。そのさわりの部分は、次の資料でご確認下さい。

・「新「共通テスト」勉強のツボ」 島根県立松江北高等学校・勝田ケ丘志学館 八幡成人 ⇒コチラで読むことができます 

 

 

 

 

 

 

 

 講演会直後、嬉しいお知らせをいただきました。まだ見本すらできていない発刊前にもかかわらず、上の本を、早速全員採用いただいた学校があります。ありがとうございます。研究会後、「八幡先生のお話にとても感銘を受けた」「八幡先生のお話をぜひ生徒に対して実践したい」とのお声をいただき、恐縮しております。ご期待を裏切らない出来映えになっていると思いますので、もうしばらくお待ちください。

 各学校とも新しい「共通テスト」対策に頭を悩ませておられることと思います。ぜひこの2冊を使って、一足早く勉強をスタートさせてみてください。11月1日に発刊です。見本はラーンズまたはラーンズの地区担当者にお申し付けください。(株)ラーンズのウェブサイトにも、この本の紹介が出ていますよ。⇒コチラです❤❤❤

カテゴリー: 英語指導に関して | コメントをどうぞ

雨が降ったら傘をさす

 尊敬する松下幸之助(まつしたこうのすけ)さん(私の家の家電製品はすべてパナソニックです)が、松下電器の社長から会長になられてまもない頃の話です(昭和36年)。ある新聞記者の取材で、松下さん、あなたの会社は非常に急速な発展を遂げてこられましたが、どういうわけでそうなったのか、その秘訣をひとつ聞かせてくれませんか?」との質問を受けました。松下さん曰く、「あなたは雨が降ったらどうされますか?」 よほど予想外の質問だったのでしょう。その記者はびっくりした顔つきでとまどいながら、そりゃあ傘をさします」と答えます「そうでしょう。雨が降れば傘をさす。そこに私は発展の秘訣というか、商売のコツ、経営のコツがあると考えているのです」

 「雨が降ったら傘をさす、そうすれば濡れないですみますね。それは天地自然の理に順応した姿で、いわば万人の常識、ごくごく平凡なことです。商売や経営に発展の秘訣があるとすれば、それはその平凡なことをごく当たり前にやるということに尽きます。松下さんは、総計520万部を売り上げた国民的ベストセラー名著『道をひらく』(PHP研究所)の「前書き」で、次のように述べておられました。

雨が降れば 人はなにげなく 傘をひらく
この 自然な動きに その素直に
私たちは日ごろから あまり気づいていない
だが この素直な心桜 自然な心のなかにこそ
物事のありのままの姿 真実をつかむ
偉大な力があることを 学びたい

  100円で仕入れたものは適正利益を加味した110円なり120円なりの価格をつけて売る、売った物の代金は必ずきちんと集金する、売れない時には無理に売ろうとせずに一休みする、売れるようになれば懸命に作る、こういった当たり前のことを着実に力強く実践していくなら、商売は必ず上手くいくはずだ、というのが松下さんの基本哲学でした。

 このことは、商売・経営に限りません。勉強」においても同じことが言えます「基礎・基本」を大切にして、間違えたら、理解できるまで徹底的に解き直す。定期試験・課題テスト・模擬試験なども、間違えた箇所を繰り返し反復・復習する。私は生徒達にこのような姿勢を、ABC(たり前のことをカになってゃんとやる)」と呼んで強調しています。最近の松江北高を見るに、こういう当たり前のことができていません。せっかくのチャンスである模擬試験「やりっ放し」です。「テスト直しノート」を提出させても、答えの丸写しです。こういう状態が長く続くと、井の中の蛙」ではなく、「湯の中の蛙」となってしまいます。湯に浸かっている時間が長いと、麻痺している度合いもひどいので、自分が「ゆでガエル」になっていることすら分からなくなっています。これだけ長い期間低迷が続いている松江北高は、「湯の中の蛙」という例えがピッタリします。

 最近の模擬試験の「見直しプリント」「ダウンロードサイト」に登録しておきました。一つの試験を6回も利用していた当時(「模試の活用法~一粒で6度美味しい!?~模試の活用法」をご覧ください⇒コチラでダウンロード可)が懐かしく思い起こされます。力がつくわけだ。生徒たちと一緒に必死で解くことで、教員も見えないものが見えるようになってきます。忙しさにかまけて、「見ておきなさい」では、生徒も教員も力がつきません。私は今でもこの「見直しプリント」試験翌日に生徒に配布して、見直しを迫っています。❤❤❤

・9月進研・駿台マーク模試「見直しプリント」 島根県立松江北高等学校 八幡成人 ⇒コチラです

・8月全統記述模試「見直しプリント」 ⇒コチラです

・8月全統マーク模試「見直しプリント」 ⇒コチラです

・7月駿台マーク模試「見直しプリント」 ⇒コチラです

・7月進研記述模試「見直しプリント」 ⇒コチラです

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

WIN㊙話&苦情

 リーグ優勝した巨人がレギュラーシーズン3位から勝ち上がった阪神を4勝1敗で下して、6年ぶりの日本シリーズ進出を決めました。それにしても度肝を抜かれました。ベンチもビックリです。1―1で迎えた6回裏の2死3塁。丸選手は、初球を三塁線にセーフティバントを試みました。意表をつかれ、マウンドを駆け下りた西投手の一塁への送球がそれ、セーフに。三塁走者山本が生還し、これが決勝点となったのです。どよめきの中、塁上で両手をたたいた背番号8は「よっしゃー」と叫びました。丸選手は、三塁手・大山の守備位置を見逃しませんでした。「打席に入って、大山が少し下がっているのが見えた。大山に捕らせるバントをすれば確実に内野安打になると思ってトライしました」「常に打席に入る時には、一番、確率の高いものをといつも心掛けている。打席に入ってから決めた」「紙一重でセーフになってよかった。打席に集中する中でも、しっかりと一歩引いた所から見られるようにとずっとやってきたので」と。ノーサインです。広い視野と洞察力が発揮されたプレーでした。悔しさを隠しきれない西投手は、グランドに両膝をついて座り込んでしまい、呆然として、しばらくは立ち上がることができませんでした。原監督「サインではありません。丸自身が状況の中で『フォア・ザ・チーム』のプレーだった。ベンチもびっくりした。全員が勝とうという気持ちが集約されていた」と手放しで喜びました。

 シーズン中から丸選手は、フリー打撃の前には常にバント・マシンへ足を運び、打球を転がします。中軸の打者には一任されている練習のため、ある時、ゲレーロ「なぜバントの練習をするんだ?」と質問を受けました。すると「ベースボールではなく野球だからね」と返答。精密さや機動力が根付く野球を、ここ一番の大舞台で体現しました。

◎あのバントには伏線が…!

 さて今日の㊙話です。丸選手のバントには、実はこの試合前に伏線がありました。試合前の円陣で、全選手に炭谷銀仁朗が、みんなに問いかけます。「今日は真面目なことを言います。WIN(勝利)は何の略か知ってますか?”What’s Important Now”。今何ができるか。各自が考えて行動すれば必ず勝つ。心に留めて戦いましょう」 炭谷の言葉「今一番大切なこと」を体現し、チームの勝利に貢献したのでした。「日本シリーズ」でも、ソフトバンクを倒して日本一になってくれることを念願している八幡でした。❤❤❤

 そんな素晴らしい丸選手ですが、一つだけ苦情を。ホームランを打ってベース一周して戻って来た時に例の『丸ポーズ』をして、迎えられる。ベンチでも原監督までもが一緒になって「まる」のポーズをしながら出迎える。あれはいただけません。以前にも書いたことがありますが(⇒コチラです)、私は派手なガッツポーズや、これみよがしのパーフォーマンスは好きになれません。「時代は変わった、試合を盛り上げるために、ファンのために」という声が聞こえてきそうですが、あれはただ自分が目立ちたいだけの演技です。今、球界には蔓延していますね。己の技術を全て出し切って、全身全霊をかけて戦った相手選手や相手チームに対する冒涜であり、「尊敬」の念が一切感じられません相手に対する真剣勝負を挑んで、勝った・負けただけ、相手に対する敬意はみじんも揺るがない、という哲学が成せる態度ではありません。この気持ちが一切感じられない(楽しければそれでいいといった)ああいったパーフォーマンスは、もしメジャーでやったら、即刻相手投手からぶつけられることでしょう。世界のホームラン王、巨人軍の王 貞治選手、メジャーでも大活躍したスーパースター松井秀樹選手、三冠王を三度も獲得した中日ドラゴンズの前監督の落合博光さんたちは、どでかいホームランを打とうが、顔色一つ変えることなく淡々とベースを回り、喜びを表現することはありませんでした。それが相手に対する「敬意」というものでしょう。自分さえ良ければそれでいい、という風潮が球界にも蔓延しています。そしてそれをよしとする世間。いかがなものでしょう。「球界の紳士たれ」という巨人軍の伝統の成せる業ではないと思うのですが…。😠😠😠

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

米子東高PTAで講演します

 来週の10月24日(木)、午後7時30分から午後9時まで、鳥取県立米子東高等学校「多目的ホール」において開催される「PTA進路講演会」に、八幡が講演をします。演題は「共通テストでも英語は絶対裏切らない~保護者の心構え」です。⇒米子東高校PTAの詳しい案内文書はコチラです。

 2021年に始まる新しい「共通テスト」では、英語が最も大きく変わります。私は8月31日に、東京・仙台・名古屋・大阪・博多で、「共通テストでも英語は絶対に裏切らない!」と題して講演をいたしました(ラーンズ主催)。沢山の先生方にご参加頂き、充実した時間を過ごすことができました 。共通テスト」では、何が変わるのか?どのような力が求められるのか?そしてそのためにはどのような指導が効果的なのか?に関して、とびきりの資料をご用意して、お話しをさせていただきました。アンケートを見ると、会場でご提供させていただきました資料はずいぶん喜んでいただけたようです。私なりの「新「共通テスト」勉強のツボ」(リーディング・リスニング)は、大問ごとに「勉強の仕方」を解説した資料です。「ダウンロードサイト」に登録してありますので、ご参考にしてください。

・「新「共通テスト」勉強のツボ」 島根県立松江北高等学校・勝田ケ丘志学館 八幡成人 ⇒コチラで読むことができます 

 10月24日(木)の講演会は、これの「保護者バージョン」です。新しい入試では何が変わるのか?を分かりやすく解説して、保護者としての心構え・あり方を具体的にお話しさせていただきます。今、一生懸命資料を作っている最中です。当日は参加された保護者のみなさんには、豪華プレゼントも考えています(私の哲学は“Give and Give”です〔笑〕⇒解説はコチラです)ので、ご期待ください。❤❤❤

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

「伊東屋」の野菜工場

◎週末はグルメ情報!今週は野菜?

 創業1904年6月16日という、東京・銀座の老舗文房具専門店「伊東屋。115年の歴史を持つ私の大好きなお店で、東京に出たときには、どんなに忙しくても立ち寄る文房具店です。⇒ホームページはコチラ  東京メトロの「銀座駅」の「A13出口」を出て、まっすぐ歩いて行くと、中央通りにかかげた赤い大きなクリップ、通称「レッドクリップ」が目印です。2015年6月にリニューアルして、大きく店構えが変わりました。私は個人的には、以前の「伊東屋」の方が好きでしたが、G.Itoya」「K.Itoya」(別館)いう2店舗の体制が整ったのが、2015年の夏頃です。G.Itoya」の裏口を出て斜め前が「K.Itoya」となります。その当時は、G.Itoya」にライフスタイル関連の商品を充実させ、「K.Itoya」は文房具を集める、というイメージで展開していました。そこから、2016年の秋頃に、高級筆記具売り場を「K.Itoya」の1、2階から「G.Itoya」の3階に移動して、事務用品を「K.Itoya」の1、2、3階に集中させるというフロアの入れ替えが実施されました。ところで、みなさん、このG.Itoya」K.Itoyaの違いはご存知ですか?G.Itoya」はもちろん『銀座・伊東屋』ですよね。ではこの別館の「K.Itoya」とは?・・・正解は、創業者である伊藤勝太郎氏のイニシャルから取られているのです。遠い昔、銀座には伊藤勝太郎が自分のイニシャルの『K』を掲げた、3階建てのビルがありました。もともと、K.Itoya」の建物は「Kビル」という名称です。「K」勝太郎の頭文字からとっていて、社員のあいだでも、Kビル、Kビルと呼んでいたそうです。お客さまに公開する表向きの名称というよりは、社員が便宜上使っていたのが「K」なんです。K.Itoya」はそのビルと、そこに込めた勝太郎の思いへのオマージュでもあるんですね。

 さて、今日の話題です。この「伊東屋」の11階には「FARM」というフロアがあります。このフロアには、ペンやノートなどの文房具は一切ありません。あるのは、ガラスの向こうに並んだ緑の野菜たちだけ。そう、ここでは、なんと野菜の栽培が行われているのです。リニューアル後初めて訪れた時には、ビックリしたのを覚えています。太陽の代わりにLEDの光を使い、土の代わりに水耕栽培で、植物を育てています。「なぜ、文房具屋さんにこんなものが?!」 私だけでなく、きっとそんな疑問が湧いてくると思います。この「FARM」が出来たきっかけは、2015年に行ったビルのリニューアルだったそうです。そのときに設定したお店の2つのテーマが、「【働く】をサポートする」と、買う場所から過ごす場所へ」体の中からも、働く方たちをサポートしたいという意図から、サラダをメインにしたレストランを計画しました。しかし、野菜は季節によって値段や出来ばえも変わってきます。そこで、天候などに左右されない「野菜工場」という方法に行きついたのだといいます。現在栽培されているのは、フリルレタス、ルッコラ、ミントなど。収穫されたものは、12階のレストラン「CAFE Stylo」で食べることができます。おすすめメニュー「ファームサラダ」には、その日にとれた野菜がたっぷり。シンプルなドレッシングで、新鮮な野菜そのものの味を楽しむことができるそうですよ。そして、一階にある「ドリンクバー」では、一袋300円で野菜の販売も行っています。しかし、文房具屋さんで、野菜を食べたり買ったりする時代がやってくるとは、誰が想像したでしょうかね。「買い物をする場所」から「心地よく過ごせる場所」へをテーマに掲げ、正面・裏面共にガラス張りで、光が入り込む大胆なビルに生まれ変わったことは記憶に新しく、買う場所から過ごす場所へ」がひとつのテーマだったんです。お客さまに「心地よさ」を提供するには、どうすればいいのか?ただ商品を売るということではなく、接客も含めた体験として、お客さまに満足して帰っていただくには、どうすればいいのか?そういったことに、意識をしながらお店の運営が行われています。

 この11階には、初代本店が展示してありますね。和漢洋文房具」と看板にあり、当時から輸入品(「舶来品」)を扱っていたことがうかがえます。同じフロアには、戦前の伊東屋ビルに飾られていたエンブレムの実物(写真上)や、1904年の創業当時の店舗を再現した1/17スケールの精巧なミニチュアも展示されています。創業から現在、そして未来へ。伊東屋」の歩みがワンフロアで感じられるようにしつらえてあります。「伊東屋」の歴史を知ることのできる貴重なフロアでもあります。

 専任のスタッフが野菜の勉強をして管理をしているんですよ。12階のレストランも、ホールマネージャーのソムリエ、シェフ、すべて「伊東屋」の社員です「FARM」で現在栽培されているのはフリルレタス、ルッコラ、ケール、ミントなど。一番多いのがフリルレタスなのだそう。1日あたりの収量はレタスに換算すると330株ほどで、併設のレストランで提供する分は、完全にまかなえるようにあらかじめ設計されています。12階のレストラン、CAFE Stylo」に移動。ちなみに、店名の「Stylo」とは、フランス語で「ペン」を意味します。ここでは11階の「FARM」で採れた野菜を、各種のサラダでいただくことができます。また1階の「ドリンクバー」で、300円で野菜を買うこともできます。❤❤❤

カテゴリー: グルメ | コメントをどうぞ

アグラバーマーケットプレイス

 「東京ディズニーシー」「アラビアンコースト」にある「アグラバーマーケットプレイス」は、アラビアンコースト」をつくったジーニーが、親友のアラジンプリンセス・ジャスミンのためにつくったお店。アラジンが少年時代に住んでいたアグラバーの小屋と、美しい宮殿に住むジャスミンの部屋を再現したお店です。そのため、このショップは二人の思い出の部屋を繋げたつくりになっているんですね。アラジンの部屋を再現したところでは、アラジンやその仲間たちのキャラクターグッズや手品グッズ、チャンドゥの商品が置かれています。一方、きらびやかなジャスミンの宮殿をイメージしたところには、キラキラとしたガラス製品やアクセサリーが並んでいます。ジーニーチャンドゥのグッズのほか、ガラス製品と手品用品の実演と販売もしています。

 私は手品の実演を見るために、このお店に入っていきます。ランプの精ジーニーが親友であるアラジンジャスミンのために作ったお店というバッググラウンド・ストーリーがあります。ここには、ディズニーリゾートオリジナルの手品用品が揃っているんです。ジーニーといえば、魔法(マジック)ですので、そのことからこのショップがマジック・グッズ専門店となったのでしょう。本格的なものから、子どもがチャレンジできそうなものまで、さまざまな種類の商品が揃っています。また、アグラバーマーケットプレイス」では、その手品グッズの実演販売も行っています。ぜひキャストの方の華麗なマジック(今日は若いイケメンのマジシャンでした)をご覧になっていってくださいね。せっかく来たんだから、ディズニーシーでしか買えない3点セット「Magical 3」マジックコイン・マジックカード・マジックペンシル)を購入して帰りました(全部持っていますがディズニーシー仕様になっていてここでしか手に入りません)。♠♣♥♦

▲私が購入したここ「ディズニーシー」でしか手に入らないオリジナルの「Magical 3」

 

カテゴリー: マジック紹介 | コメントをどうぞ

「塩や」閉店!

▲9月をもって閉店した「塩や」

 新しくできる店があるかと思えば、惜しまれつつ閉店していくお店もあります。学園通りにあった「塩や」もその一つです。15年間続きましたが、この9月30日をもって閉店しました。私が津和野から松江に帰ってきたのが今から15年前。ちょうど私が松江に暮らすようになってから、新しくオープンした塩ラーメン専門店でした。⇒私の紹介記事はコチラです  オープンした当初は、毎週のように通って、ご主人ともお母さんとも親しくさせていただいて、おみやげに野菜などを頂戴しておりました。連れだって行ったり、ずいぶん周りの人にも薦めたお店です。島根大学のそばにあることもあり、学生たちでいつも満員だったように記憶しています。翌年、私が心臓の手術をしたことと(塩分を控えろと言われていた)、スープの味が少し変わったこともあって、久しくご無沙汰していました。ご主人は非常に研究熱心で、「塩」にこだわり、スープを絶えず改良して、究極の味に近づけようという努力をしておられました。スープの味が少し変わったこともあり、私はその後、をっちゃんラーメン」(⇒私の紹介記事はコチラ)や「ラーメン長さん」(⇒私の紹介記事はコチラ)の方へ行くようになり、ここのところはほとんど行っていませんでした。今朝、郵便ポストに入っていた、ラズダ」第7号で、9月いっぱいで閉店したことを知りました。15年の歴史に幕を下ろされたのです。私が最後に、この店で塩ラーメンを食べたのは、8月1日でした。ほとんどお客さんはいませんでした。島根大学を囲むこの一帯は「ラーメン激戦区」で、多くのラーメン屋さんがひしめきあっています(「風々ラーメン」「昭和軒」「志那そばかつみ」「ラーメン拓」「天真爛漫」「中華食堂炎」「王将」「天空」「天下一品」「濃超乱」「ラーメン現進」)。競争も激しいのです。♠♠♠

 

カテゴリー: グルメ | コメントをどうぞ

「松江水燈路」始まる

 今年もこの季節(9月21日~10月31日)、松江水燈路2019」(すいとうろ)が始まりました。水の都」松江の秋を彩る光のイベントです。⇒ホームページはコチラ  私も今日出かけてきました。

 ライトアップにより城下町松江の光と闇を流麗に映し出す「松江水燈路。今年も土曜、日曜、祝日を中心に松江城・塩見縄手周辺を約2,000基の行燈(あんどん)が並び、多くのイベントが開催されます。水燈路期間中は平日・土日問わず、二の丸上の段に行燈が並べられます。週末は多くの人が訪れますが、平日は静かな雰囲気で、デートスポットとしても人気のようですね。並べられる行燈は松江市民の手作りです。毎年、行燈のデザインコンテストが行われ、優秀作品は表彰されます。市内外の作家さんがデザインした「アーティスト行燈」や、松江総合ビジネスカレッジ・Webデザインコースの学生さんたちが制作した幅15メートルの「巨大屏風型行燈」も目を引きます。期間中の土・日の夜には、お堀端の通り(塩見縄手)は通行規制が敷かれ、行燈が道を照らします。お堀では、照明が積まれた「光船」が水面と城山の森を照らします。また、年間を通してこの時期だけ、「堀川遊覧船」の夜間運航が行われます。船上から眺める行燈の明かりもまた格別ですね。この期間は「松江城」もライトアップされてきれいです。

 近くの「松江歴史館」(松江市殿町)に入ってみると、松江出身の漫画家・故園山俊二(そのやましゅんじ)さん(1935―1993年)の代表作「はじめ人間ギャートルズ」に登場するマンモスをモチーフにした、高さ3メートルの巨大なねぶたも設置されており、観光客を楽しませていました。壮観でしたね。園山さんを顕彰する市民グループ「園山俊二の会」松江市観光協会が企画し、授業でねぶた作りを学ぶ京都造形芸術大学に制作を依頼したものです。学生と市民がワークショップで制作し、マンモスと骨付き肉を組み合わせた力作が出来上がりました。土・日・祝日(午後6時~9時)に灯りが灯されます。❤❤❤

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

阿部慎之助引退!

 大好きな巨人阿部慎之助選手が引退します。まだCSと日本シリーズが残っていますので、日本一になって最後の花道を飾ってくれるものと期待しています。巨人一筋、19年。チームを8度の優勝に導いた男のために用意された舞台が、9月27日本拠地最終戦となるDeNA戦の「4番・捕手」でスタメン出場でした。1軍の公式戦でキャッチャーマスクをかぶるのは、2015年6月6日のソフトバンク戦以来、実に1574日ぶりでした。先発のマウンドに立っていたのはスコット・マシソン投手でした。阿部が捕手を離れたのは、マシソンの投げた球に、相手打者のファウルがマスク越しに顔を直撃して首を痛めたことが原因でした。来日当時は、スピードはあるものの制球力はありませんでした。そのマシソンにほどよく力を抜くこと(8割の力で投げる)をアドバイスしたのが阿部捕手でした。4年前のあの試合で止まったままの時計の針を動かせるのはマシソンしかいませんでした。するとどうでしょう。再びファウルチップが阿部捕手の顔を直撃します。今回は大事に至らず、マスク越しに笑顔の阿部がいました。いつも痛い目にあってホームランを量産されているソト選手を、こうやって打ち取るんだよというお手本を示して三振に取りました。2回からマウンドに上がったのは、中央大学の後輩沢村投手です。忘れもしない、2012年の日本シリーズの頂上決戦で、けん制のサインを見落とした沢村投手の頭を、鬼のような形相でマウンドに行き、ポカリと叩いた事件が有名ですね。今回も何度もサインに首を振る沢村投手に、しびれを切らした阿部捕手がマウンド上に足を運びます。やや、あの時の再現か!、と思いきや、手を振りかぶって、そのまま温かい握手「ありがとう」に移行しました〔笑〕。この小芝居の演出には笑ってしまいましたね。事前に綿密な打ち合わせをして臨んだそうですよ。

沢村「ポカリ事件」㊙秘話

 あの「ポカリ事件」は、今でも脳裏に焼き付いていますが、あの試合の終わった後のことはあまり知られていませんので、秘話として書いておきましょう。日本シリーズで連勝に沸く試合後、沢村ぁ~~」と叫ぶ阿部の声が響き渡ります。スタッフが使用する第2ロッカー室に呼ばれた沢村「殴られるかも。でも阿部さんになら殴られてもいい」と腹をくくります。すると阿部から出た熱い言葉は、ああいう大事な試合でサインミスなんかありえないだろ。どこの大学だ?お前には(内海)哲や(杉内)俊哉よりも高いものを求めている。だから厳しくする」でした。涙がボロボロと頬を伝わってきました。野球で泣いたことは、プロ入り後これが初めてでした。試合中に頭をはたかれた瞬間には「ここでですか?」と思ったが、阿部の思いを聞いた時に、愛があって、そんなふうに思ってくれていることが嬉しかった」と、阿部が部屋を去った後も、1人で泣き続けました。プロ1年目の2011年4月21日、初勝利の夜に届いた祝福メールは、保護され年季の入った折りたたみ式の携帯電話に今でも残っています。僕の唯一の保存メールです。消えたら嫌なので、替えられなくて、一生残します」

 9月27日、本拠地最後の試合は「ありがとう、慎之助」と銘打って、チーム全員が「ありがとう慎之介」のロゴの入ったユニフォームを着用して臨みました。そんな中で見事同点の特大ホームラン(通算406号)をライトスタンドに叩き込んだ阿部選手は、長嶋終身名誉監督もおっしゃっていたように「持っています」ね。セレモニー的な要素に満ちあふれた球場でも、阿部選手の目に最後まで涙はありませんでした。「涙を流してしまうと、気持ちが切れるんじゃないかと思って我慢している。日本一になって泣こうと思う」と。「感謝しかないです。ありがとう。最高です」

 2001年にドラフト1位で巨人入り。1年目から正捕手の定位置を確保し、2012年には首位打者、打点王、最高出塁率、のタイトルに輝き、セリーグのMVPに選出されました。2017年には通算2千安打を達成。ベストナインを9度。ゴールデングラブ賞を4度獲得し、今年6月には通算400本塁打を記録しました。首や膝など、体のいたるところが悲鳴を上げている中でも、残り試合を全力で戦い抜き、7年ぶりの日本一を奪回して、有終の美を飾って欲しいと切に願っている八幡でした。❤❤❤

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

茶房「にしむら」

 2001年10月に開館した、湯河原にある「西村京太郎記念館」の1階は、喫茶室の「茶房にしむら」になっていて、千歳川の流れを眺めながら、温泉街散策の合間に、ゆったりとひと息つけるスポットとなっています。

 「京太郎コーヒー」をいただくんですが、西村先生の直筆サイン入りコーヒーカップで、「炭火焼コーヒー」をいただくことが出来ます。しかも、このコーヒーは、普段から西村先生がご愛飲されているオリジナル・ブレンドです。香ばしい香りは勿論のこと、非常になめらかな口当たりで、気持ちよく喉を通っていきます。「炭火焼コーヒー」のブレンド比率は、聞いたところによれば、ブラジルサントス40%、 コロンビア30%、 モカ20%、 ブルーマウンテン10%だそうです。さらには、この写真の「京太郎コーヒー」「サイン入りコーヒーカップセット」は、そのまま「お土産」として持ち帰ることもできるんです。実際に手にすると、軽くて持ちやすい陶器なので、自宅で使うのも結構楽しいかも。時々、「自分が飲んだものを洗って持っていくの?」と思われる方がいるそうですが、もちろん、お土産用に未使用のカップセットが用意されていますのでどうぞご安心を〔笑〕。私も購入して帰りましたが、もったいなくて使うことができずに、飾ったままになっています〔笑〕。

 

 さらに「京太郎コーヒー」のお供に最適なのが、「十津川警部どら焼き」(216円)です。東京・三鷹の有名店「末廣屋喜一郎」が手がけた本格的なもので、国産小麦粉、砂糖、卵、北海道産大納言など、厳選された食材を使った甘みサッパリ、大人のどら焼きで、どうりで美味しいはずです。⇒その秘密はコチラ  お店の方によると、十津川警部シリーズのTVドラマを制作されたプロデューサーさんのご縁で誕生したそうで、好評を博しています。私が買った5個入り1,000円の箱詰めもあり、コチラはお土産に最適です。しっかりと「西村京太郎 十津川警部」と焼き印が入っていますね。美味しかったですよ。❤❤❤

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

「竹内まりやMusic & Life~40年をめぐる旅~完全版」

 島根県の生んだ偉大なスーパースター・竹内まりやさんの「竹内まりや Music & Life ~40年をめぐる旅~ 完全版」が、9月7日(土)にBSプレミアム午後9:00~10:30に放送されました。まさに永久保存版! これを見れば、竹内まりやさん(64歳)の代表曲を見ることができる、今年3月「11年ぶりのTV出演」で大きな反響を巻き起こした特番の「完全版」です。「シングル・アゲイン」「告白」の未公開ライブ映像を、初公開していたのが、目玉でした。

 デビュー40周年を迎え、大きな注目を集めている竹内まりやさん。昨年公開のライブドキュメンタリー映画で芸術選奨を受賞し、ディズニー映画『ダンボ』では日本版エンドソングを担当。さらに1984年発表の「プラスティック・ラヴ」が海外を中心に驚異的な動画再生数を記録し世界的に注目される中、2014年に発売されたオリジナル・アルバム『TRAD』以来、約5年ぶり、通算18作目となるニューアルバム『Turntable』(3枚組)が発売されました。これは以前のベスト盤に入らなかった人気曲を集めたCD、アルバム未収録曲など聴ける機会の少ない音源を集めたCD、ビートルズなどのカバー曲を集めたCDの3枚組アルバムで、竹内さんの音楽ルーツを知るにいい機会を提供してくれています。早速、オリコンアルバムランキングでも1位を記録しました。女性アーティストで初めての昭和・平成・令和の3時代で1位を獲得したほか、女性アーティストで最年長1位(松任谷由実さんの64歳3ヶ月を上回る64歳6ヶ月)、女性史上2組目(松任谷由実さんに続く)の5年代(20代カラ0代)連続1位の3つのアルバム記録を同時に成し遂げています。テレビに出るでもない、コンサートをやるわけでもない、時々こうしてアルバムを発売するだけで、これだけ注目される歌い手も珍しいと思います。昨年秋に公開されたフィルム・コンサート『souvenir the movie ~Mariya Takeuchi Theater Live~』も、「平成30年度(第69回)芸術選奨 文部科学大臣賞(大衆芸能部門)」を受賞し、大きな話題になりましたね。⇒この映画の私の感想はコチラです

 11年ぶりのTV出演となった3月26日放送の「竹内まりや Music&Life」では、スウェーデンでのレコーディング密着や、貴重なロングインタビューが実現。40年を振り返る言葉と、今も音楽に向きあい続ける姿が話題を呼びました。中でも初めて語られた、楽曲提供で深い交流のあったアイドル、故・岡田有希子(おかだゆきこ)さんへのおもいは大きな反響を巻き起こし、また夫でありプロデューサーの山下達郎さんによる楽曲解説や、実に38年ぶりとなるTVスタジオ歌唱「いのちの歌」にも大きな注目が集まりました。今回のアルバムにも、岡田有希子さんのデビュー曲「ファースト・デイト」(作詞・作曲 竹内まりや)がセルフカバーで入っています。岡田さんは1986年に2年間のアイドル活動を、18歳でビルの上から飛び降り「自殺」という衝撃的な幕引きで終えた伝説の歌手です。彼女のファンから竹内さんに「ぜひ歌ってください」という手紙をもらったこともありましたが、どうしても今まで踏み切れなかったそうです。ういういしい、愛くるしい感じの高校生だった岡田さんのイメージは、今でも竹内さんの心に深く刻まれており、恩返しというとおかしいけど、思いを伝えるすべにはなったかな」と語りました。10月16日には、竹内さんが岡田さんに提供した名作11曲が、蘇ります。『岡田有希子 Mariya’s Songbook』というコンピレーション・アルバムです。

 今回の番組では、「40年をひもとく、珠玉の40曲」というテーマで、これまで生み出された代表曲が紹介されました。NHKに残る貴重映像の「不思議なピーチパイ」をはじめ(懐かしい!)、過去3回しか行われていないライブツアー映像から「元気を出して」「マンハッタン・キス」「人生の扉」などをノーカットでお届け。さらに、これまで全く公開されなかった「シングル・アゲイン」「告白」のライブ映像を、この番組で初めて公開します。その他、September」「駅」「カムフラージュ」「真夜中のナイチンゲール」「毎日がスペシャル」「すてきなホリデイ」「Forever Friends」「純愛ラプソディ」なども紹介!

 竹内まりさんと山下達郎さんが、ホームグラウンドとするレコーディング・スタジオに初めてTVカメラが入った場面に加え、カンツォーネのイタリア語指導で招いた親友の漫画家ヤマザキマリさんと丁々発止のやりとりが繰り広げられるレコーディング風景など、普段なかなか見ることのできない“素”の部分が垣間見える、充実の内容となっていました。キラキラしたポップソングから、大人の切ない恋の歌、そして、人生を見つめた歌まで、それぞれの人生のステージで、人々の胸に響く多彩な名曲を生み出してきた竹内まりやさんの音楽の世界と、音楽とともに歩んだ人生に迫る、“永久保存版”の90分番組でした。

 生家は出雲大社正門前に位置する老舗旅館『竹野家』で、六人兄弟の三女として生まれました。世界で通じるように、との父の考えから「まりや」と名付けられています。高等学校在学中に、AFS交換留学制度によりアメリカ・イリノイ州のロックフォールズ・タウンシップ・ハイスクールに留学後、慶應義塾大学の英文学科へ進学しておられます。高校時代の留学の後押しをしたのが、私の尊敬する当時担任だった南場俊一(なんばしゅんいち)先生でした。私は進路指導の神髄を、この南場先生から教えて頂きました。当時の想い出を竹内さんが、母校・大社高校の同窓会誌に書いておられます。❤❤❤

 たくさんの優しい仲間達に出会い、理解ある先生方と出会い、自分の目指す未来にまっすぐ立ち向かえたのは何という幸運だったでしょうか。二年生の担任で数学を教わっていた南場俊一先生が、「竹内、お前は数学の才能はないけど、英語ができるから絶対にアメリカへ行け。数学は俺が何とかしてやるから留学試験を受けてみろ。」と声をかけて下さった事です。あの言葉によって、私はかねてからの夢だった留学を果たし、その後の人生を大きく左右するような豊富な体験を得て、再び大社高校へと戻ったのでした。

 頑張れば出来るという事を身を以て経験した結果、大学受験も、大好きな音楽を職業にする事も同じようなやり方で突き進んできたように思います。今さらながら、私の数々の夢を育んでくれた母校に感謝すると共に、願わくば我が娘の高校生活もそんな実り多い日たらんことを、と祈らずにはいられません。学級崩壊だとか高校生による犯罪がやけに目を引く今日この頃ではありますが、性善説を信じる私は、いつの時代も若者たちは自分の良き可能性を見つけたいと切望しているはずだと思っていますし、またそうできる世の中であってほしいと願っています。私の歌う歌が、たとえほんの少しでも彼らの明るい夢を育てるためにお役に立つのならこんな嬉しいことはありません。これからも私は、気持ちだけはあの頃のままで歌い続けていこうと思っています。  ―「いなさかい」第29号(大社高校同窓会誌)より

 『MUSIC MAGAZINE』10月号「竹内まりや特集」を組んでいて、面白く読みました。まだまだいい曲を書いてもらいたいと思います。私も最新の「あむーる」9月号裏面で竹内さんの特集を組んでみました(「大学選び」を偏差値名前で選ぶのではなく、大学の中身をよく調べて、ヒントにするという一例を生徒たちに訴えた統計資料がメインです)。♠♠♠

・「あむーる」9月号 島根県立松江北高等学校 八幡成人 ⇒コチラで読むことができます 

カテゴリー: 私の好きな芸能人 | コメントをどうぞ

「珈琲館」再開!

◎週末はグルメ情報です!今週は「珈琲館」の再開!!嬉しい!!

 嬉しいお知らせです。ずっと「臨時休業」していた京店の「珈琲館」が9月25日に再開しました。私が学生時代からずっと通っていた大好きな喫茶店で、最近ではアイデアに行き詰まった時の気分転換に、そして原稿書きに利用していました。2階の指定席に座り、窓辺を行き交う「堀川遊覧船」を眺めながら、仕事場として使っていたのが、閉店してしまい、すごいショックでした。⇒私の落胆の記事はコチラです そのせいで、私の仕事場が早朝の松江駅「ドトール」に変わってしまいました。松江の伝統ある名店で、繁盛もしていましたから、一体何があったんだろう?と疑問に思わざるを得ませんでした。すると最近、自転車でお店の前を通った時に、「臨時休業」だったお知らせビラが、次のようなビラに変わっていたので、「アレ、もしかしたら再開するのかな?」と思っていました。予想通り、9月25日に再開しました。実に嬉しい!!

 「珈琲館ブレンド」は450円です。特徴的な厚みのあるコーヒーカップで提供され、厳選された自家焙煎で、味・コク・香りが揃った豊かな深煎りコーヒーです。これに系列店の「ウィーンの森」のケーキ(「マルキーズ」or「セビリア」or「いちごショート」)を一緒にいただきます。今日は病院帰りに、久しぶりに落ち着いた店内で、あの懐かしい分厚いコーヒーカップでいただいて、美味しかったですよ。❤❤❤

 私の詳しい「珈琲館」の紹介記事はコチラをご覧ください。愛すべき素敵な喫茶店です。♦♦♦

カテゴリー: グルメ | コメントをどうぞ

13人目は?

13人目は?

 「Where Is The Thirteenth Man?」という作品です。アクリル製の綺麗なシート上に、全部で13人の人間が並んでいます。間違いなく13人いるかどうか、観客に1人ずつ数えてもらいます。間違いなく13人です。次に、2つのピースの位置を入れ替えます。そして、ここで観客に人数を数えてもらうと、なんと!12人しかいません。1人減っています。一体どこへ行ったのでしょう?とっても不思議です。結構考えても、そう簡単に答えが見つからないので、かなり盛り上がりますよ。アクリル製のシートで作られた、とっても綺麗な作りの商品です。この現象は、昔からあった原理の物ですが(以前に「消える力士」という作品をご紹介しました⇒コチラです)、このような形になったのは初めての物です。気軽に演じられる小品としてポケットに入れておきたいですね。♠♣♥♦

カテゴリー: マジック紹介 | コメントをどうぞ

冷蔵庫を買い換えた

 10月1日から消費税が上がるということで、もうずいぶん長く使っていた(10年チョット)冷蔵庫」を新しく買い換えました。私の家の家電製品は全部「パナソニック」と決めています。一切浮気はしません。創業者の松下幸之助(まつしたこうのすけ)さんの人間性・生き方を尊敬しているからです(最近私は右の本を読み感銘を受けました)。キッチンに60cmの幅しか取れないので、この幅で最もたくさん入るモデルを、お店の人に教えてもらって購入しました。450㍑の容量です。同じ幅、奥行きの所に設置してもらったんですが、前の機種に比べてずいぶん広く、物がたくさん入れられます。省スペースで大容量、科学技術の進歩ですね。

 冷蔵庫は大きなもので、ある程度のスペースを残して収納することがベストとされています。そのため、大容量でなおかつ掃除がしやすかったり、野菜室がフルオープンすることで、見逃しがちな野菜を無駄なく使うことができるのが経済的に優れています。引き出し自体もガタンと下がってしまったりすることなく、スムースな動きをするようです。気のついた新機能がコチラです。実に賢い冷蔵庫です。❤❤❤

①微凍結パーシャル…チルドよりも低い-3℃の微凍結なので、解凍いらずで鮮度が約一週間長持ちする。

②はやうま冷凍…業務用レベルの急速冷凍で、下味付けをした食材や作り置きのおかずも解凍・加熱後のおいしさがグッと上がる。クーリングアシスト機能は「冷ます」「急冷」「急凍」

③シャキシャキ野菜室…適切な湿度をコントロールして、野菜が新鮮に保存される。使ってみた感じでは特に葉野菜が新鮮のよう。「ナノイー」効果か。野菜室は「ワンダフルオープン」で100%全開で奥の奥まで大容量に入り使いやすい。スムーズに開け閉めができる。

④エコナビ…自動で収納量に合わせてかしこく節電。少ないと判断するとエコナビ運転が始まり、冷やしすぎのムダを省いてしっかりと節電してくれます。冷蔵庫前面のガラスパネルにランプ表示がされる。さまざまなセンサーが節電をアシストする。電気代が前の冷蔵庫に比べて桁外れに安い。これビックリ!

⑤ナイトアシスト機能…冷蔵庫を開けると3方向から明るく奥まで照らして(LED)実に見やすい。今まで使っていた冷蔵庫よりもずいぶん明るい。さらに部屋が暗いときには、自動で照度をさげてまぶしさを軽減する機能もついている。これ感心した。

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

喫茶室「翠」

 昨日の続きです。山陰本線の安来(やすぎ)駅から無料シャトルバスに乗って揺られること約20分、田んぼに囲まれたのどかでこじんまりとした温泉郷・鷺の湯温泉(さぎのゆおんせん)にある「足立美術館」(あだちびじゅつかん)。展示は昭和初期の日本絵画が中心で、特に横山大観(よこやまたいかん)の絵画だけでも120点所蔵されています。絵画の他に、北大路魯山人(きたおうじろさんじん)の食器も数多く展示されていますが、やはり一番有名なのは館内の広大な日本庭園です。アメリカで発行されている日本庭園専門誌では、2003年から16年連続で第1位を獲得していて、ミシュラングリーンガイドでも山陰地方では唯一3つ星を獲得しています。「庭園もまた一幅の絵画である」という創設者足立全康(あだちぜんこう)さんの理念の元に、本当に絵みたいに手入れが行き届いていて、庭園を切り取って掛け軸や衝立の絵のように見せる仕掛けもあって、実に面白い美術館です。その日本庭園を窓越しにちょうど真正面から眺めることのできるのが、この喫茶室「翆(みどり)」です。

 高級ホテルの喫茶室のような雰囲気で、ドリンクは全て1,000円均一となかなか強気の価格設定です。足立美術館オリジナル・ブレンドコーヒー(ADACHIブレンド)一杯が1,000円ですから、お客さんはガラガラ状態ですが、この景色を眺めながら美味しいコーヒーが飲めるなら安いもんかな。場所代と考えましょう。ちなみにこの庭園の景観を守るために、なんと日本庭園の奥に見える山も電線や電灯が敷かれないように買い取っているそうですよ。店内の座席は窓際と壁際とありますが、ほとんど空いているので、ほぼ問題なく窓際の席を確保できるチャンスがあります。窓の外に枯山水が広がるこの喫茶室「翠」、そこで座ってゆったり眺める庭園は、さらに思い出に残るものとなるでしょう。❤❤❤

▲これが一杯1,000円のADACHIブレンド

 

 

 

 

 

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

西村京太郎先生の島根県作品~足立美術館

 トラベル・ミステリーの巨匠、私の大好きな西村京太郎先生(89歳)は、島根県を舞台にした十津川警部作品を幾つも書いておられます。山陰路殺人事件』(1986年)、『鳥取・出雲殺人ルート』(1993年)、『萩・津和野に消えた女』『出雲 神々への愛と恐れ』(1997年)、『出雲 神々の殺人』《2004年)、『「スーパ隠岐」殺人特急』(2005年)、『十津川警部 トリアージ 生死を分けた石見銀山』(2008年)、『出雲 殺意の一畑電車』(2011年)、『萩・津和野・山口殺人ライン 高杉晋作の幻想』(2012年)などがあります。十津川警部の標的』(光文社)に収録された「十津川警部「いたち」を追う」(『小説宝石』1994年4月初出)という作品の中には、安来市の外れにある「足立美術館」で起こる殺人事件が取り上げられています。「横山大観特別展示室」で毒殺された東京在住の男が、発見者の刑事に「ハシモト」というダイイング・メッセージを残して亡くなった事件の捜査に、十津川警部があたります。ものすごいトリックが仕掛けられていました。最近刊行された十津川警部シリーズ 日本遺産からの死の便り』(徳間文庫、2019年9月)という作品集の中にも収められています。作品の冒頭はこんな文章で始まっています。足立美術館」が舞台です。私の小さい頃は、このすぐ近くの広瀬町という所に住んでいました。よく温泉につかりに来たものです。当時はまだ小さな小さな美術館でしたが、あれよあれよという間に、ビッグな存在となりました。

 最近、地方に行くと、やたらに、立派な美術館があったりする。
 島根県安来市の外れにある足立美術館も、その一つである。安来市出身の実業
家、足立全康が集めたコレクションを展示してあり、特に、横山大観、橋本関雪
など、近代日本画の作品が多いことで知られる。
 松江出身で、現在、警視庁捜査一課の刑事をしている北川は、休暇をとって松
江に帰り、高校時代の親友の結婚式に出席したが、そのとき、足立美術館のこと
を聞き、寄ってみる気になった。
 北川は、横山大観が好きで、自分も、趣味で日本画を習っていたからである。
 山陰本線で安来まで行き、駅前から鷺の湯温泉行のバスに乗った。足立美術館
は、この温泉街の一角にある。
 バスは市街地を抜けると、山間に入っていく。低い山に生える赤松は酸性雨の
ためか、一様に枯れてしまっている。
 北川は、ひどいものだなと思いながら、バスにゆられていた。四月上旬のこの
あたりは、まだ寒く、ところどころに根雪が残っている。
 20分ほどで鷺の湯に着く。
 バスを降り「ようこそ足立美術館へ」と書かれた大きな看板に誘われる感じで、
北川は歩いた。
 近代的な、真新しい美術館である。前が広い駐車場になっていて、観光バスや
自家用車が、何台も停まっていた。

    さらにはこんな記述もあります。足立美術館」は、アメリカの日本庭園専門誌『ジャーナル・オブ・ジャパニーズ・ガーデニング』において、16年連続「庭園日本一」に選ばれたことで広く知られています。「gooウェブ検索」「dメニュー」の検索ログ(2018年1月1日~12月31日)の検索回数からはじきだした「人気美術館ランキング(NTTレゾナント発表)でも、全国一位に輝きました。

 ゆったりと造られた二階建ての美術館である。
それを取り囲む庭園が、やたらに広い。何万坪という広さだろう。
 少しばかり整いすぎた庭だが、それでも、東京に住んでいる十津川には、心の
なごむ広さだった。

 私は疲れが溜まってくると、この美術館に出かけては、館内の椅子に座って、美しい日本庭園を長時間ぼーっと眺めているのが大好きです。心が癒やされる庭園です。帰る時には完全にリフレッシュしています。

★ここでお知らせです。テレビ東京の人気番組『新美の巨人たち』で、今週この足立美術館」が特集されます。ホームページでの予告はコチラで。又吉直樹(またよしなおき)さんが旅します。是非ご覧ください。そしてまだご覧になったことのない方は、一度足を運んでみてくださいね。島根県まで来た甲斐がありますよ。山陰本線・JR安来駅から無料シャトルバスが運行しています。❤❤❤

番組:『新美の巨人たち』   「横山大観『紅葉』 島根・足立美術館

テレビ東京 2019年10月5日(土)  22:00~22:30
BSテレ東  2019年10月12日(土) 18:00~18:30

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

「YES-YES-YES」ドリンキングジャー

 「YES-YES-YES」というのは1982年のオフコースの名曲です(作詞・作曲 小田和正)。ファンには、小田和正(おだかずまさ)さんの高音の魅力が堪らない曲です。昨年の「明治安田生命Presents ENCORE!!」コンサートでも歌われた、私の大~好きな曲です。

 1982年6月30日、オフコース5人が最後のコンサートとなる日本武道館。舞台から5人が引き上げたコンサート終了後、詰めかけた観客からこの「YES-YES-YES」大合唱が起こります。有名な伝説的事件ですね。君が思うよりきっと 僕は君が好きで でも君はいつも そんな顔して あの頃の僕は きっとどうかしていたんだね 失すものはなにもない 君の他には YES-YES-YES」「消えないうちに愛を 預けておくから せつないときには 開けてみればいい YES-YES-YES」「振り返らないで 今 君はすてきだよ WOO…僕のゆくところへ あなたを連れてゆくよ 手を離さないで」の歌詞が印象的で、次第に強くなっていく、熱のこもった小田さんのボーカルが忘れられない歌でした。

 「愛を預けておくから、せつないときには開けてみればいい」というのは小田さんのファンたちへのメッセージです。振り返らないで」どんな不安も辛い出来事も後悔も、全部かなぐり捨てて勇気を持って、このまままっすぐに突き進めばいいんだ、お互いにそれを「YES-YES-YES」と約束して果たそう、というメッセ-ジのこもった小田流ラブソングでした。

 ところで今、小田さんのファンたちの間で話題となっているのが、百均のダイソー」が発売しているプラスチックボトルで、「YES YES YES」とロゴが印刷されているものです。の2種類がありますが、都会ではなかなかの人気で手に入らないようですよ。私の家の近所にあるダイソー・春日店には(小さなお店です)、ずいぶんたくさん在庫があります。八幡もちゃっかりと買ってきました。ダイソーでは、この商品はドリンキングジャー」と呼ぶのだそうです。これでコーヒーやジュースを飲むのがオシャレですね。小物入れにもなるかもしれない。❤❤❤

▲このお店にはこれだけ在庫があります!

 

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

「ギャンブラーの誤謬」

 授業で、東京大学2002年度の「ギャンブラーの誤謬(ごびゅう)」に関する入試問題を読んでいます。英文読解の力をつけるために私が日頃強調しているのは、①語彙力、②文法・構文力、③論理展開を把握する力、の三つですが、これを鍛えるためには実に良い英文です(東大入試の英文は本当に良く練られた質の高いものです)。英文は、「神が世界を相手にサイコロ遊びをするなどとはとうてい思えない」というアインシュタインの有名な言葉で始まりますが、人生は理詰めで動くチェスではなく、一手ごとにサイコロを振る運任せのバックギャモン・ゲームなのだ、と展開します。しかし、日常生活では過去の出来事の経緯から、次に何が起こるかを予想することが有益である、という英文です。確かに、人生では未来を予測するのは難しいことです。何が起こるか分かりませんからね。

 今日私は、いつものように松江駅から米子駅を目指して、山陰線のガラガラのワンマン電車(2両)に乗っていました。すると安来駅の手前のところで、電車が緊急停車をして、車内にピーピーというけたたましい非常警報が鳴り響きます。一体何が起こったのか?電車には数人しか乗っていませんでしたが、無線交信が車内に響き渡り、緊張が走ります。私も初めての経験でした。どうやら線路内に人が入っていて接触でもしたのでしょうか?車両の最後尾に行ってみると、お年寄りらしき人が線路内をフラフラと歩いておられるのが見えました。すぐにパトカーがやって来て、警察の現場検証が始まりました。運転手さんも電車を離れて現場に向かって行かれました。その間30分以上足止めをくらい、一向に電車が動く気配がありません。「勝田ケ丘志学館」の授業に間に合うかどうかが心配でした。幸い、お年寄りに大きなお怪我はなかったようで、運転手さんが帰ってこられました。米子駅に着いても、乗り換えの境線はとっくに出てしまっており、駅からタクシーを飛ばして何とか授業には間に合いました。ところが慌てていたので、電車の中に傘を忘れてしまいました〔笑〕。世の中かくのごとしで、予期せぬことが起こるんです。ラグビーのワールドカップで、日本が世界2位のアイルランドを倒したこと(ジャイアント・キリング)もそうですね。「人生はバックギャモン・ゲームだ」という一文は、そういうことを言ったものです。実際に「バックギャモン」をやったことのある人なら、この言葉の意味がさらによく分かることでしょう。私は授業で、何を言っているのかよく分からない英文に出くわした時には、その「具体例」を考えると見えてくるよ、とアドバイスしています。

 「ギャンブラーの誤謬」というのは、コイン投げで表、表、表と連続して表が出ると、次は裏が出そうな気がするという心理傾向です。実際には何回表が連続して出ようとも、コイン投げは、毎回独立事象(前回の結果と次のコイン投げは無関係)ですから、次に表が出る確率は1/2なんですが…。日常生活においては、過去の歴史から、パターンを読んで、次に何が起こるかを予想する(ギャンブラ-の誤謬)ことは、意味のあることですし、またそうすべきです。私が過去のセンター試験を詳細に分析して、そこから次のセンタ-試験の内容を予想するのもその一つの例でしょう。過去のデータから、来週の天気を予想するのもそうですね。「歴史は繰り返す」もそうです。ところがそれが通用しない例外が一つだけあります。それが「ギャンブル装置」です。出来事がそのような予想過程とは無関係に起こるように設計されている機械には、今言ったような過程は通用しないのです。さてこの後に、次の英文が続きます。生徒は訳はできるのですが、その言わんとする「論理展開」を考えることができません。

If our love of patterns were not sensible because randomness is everywhere, gambling machines should be easy to build and gamblers easy to beat.(どこもかしこも行き当たりばったりのことばかりだという理由で、私たちのパターン好きは分別のある振る舞いではないとすれば、ギャンブル装置を作るのは簡単なはずであり、ギャンブラーを打ち負かすのも簡単なはずである

 最後の結論部分の次の英文も、生徒たちは、その背後にある「論理展開」を読むことができませんでした。この論理をじっくりと考えて「あー、そうか!」と納得するのに、松江北高補習科勝田ケ丘志学館ともに、あーでもない、こうでもないと、1時間以上を費やしました。

Indeed, calling our intuitive predictions reliable because they fail with gambling devices is unreasonable. A gambling device is an artificially invented machine which is, by definition, designed to defeat our intuitive predictions. It is like calling our hands badly designed because their shape makes it hard to get out of handcuffs.(いやそれどころか実際のところ、ギャンブル装置でしくじったからといって、直感的な予想が当てにならないと言うのは筋が通らない。ギャンブル装置というのは人工的に考案された機械であり、明らかに直感的な予想を負かすように設計されているのだから。それはちょうど、手の形のせいで手錠をすり抜けるのが難しいからといって、手のデザインが悪いと言って非難するのと同じようなものである

 ①「語彙」の部分でつまづいたのは、by definition(明らかに、当然のことながら)という成句でした。生徒たちは「定義によって」と単語を訳しただけでそれ以上考えようとしません。私も学生時代この成句に初めて出会った時には、はたと考え込んでしまいました。当時の辞典には載っていませんでした。今は英米の学習辞典にも、当然日本の学習英和辞典にも収録されています。分からない時には、辞書を引く手間を惜しんではなりません。両英文中に何度も出てくるbecauseも「~だからといって」の用法です。calling~部分は「SVOC」(日本人高校生が苦手な構造)となっており、ここまでが主語であり、述語部分はis unreasonableで「SVC」の構文となっています。ここら辺は、「文法・構文」の力が必要ですね。そして一番厄介なのが、両英文が何を言わんとしているのか、その③「論理」をしっかりと把握しなければなりません。訳はしたけれど、何を言っているのか分からない、では英文を読んだことにはなりません。生徒たちの理解は、最初は2割~5割程度でしたが、いろいろな「具体例」を出して考えてもらい(パチンコ屋さんの例、ラスベガスのカジノのサイコロまで持って来て実演、ドイツのカードシャーク社から出た最新の不思議なトリック・デックを実演)、最後にはようやく10割の理解にたどり着きました。先生方は、この二つの英文をどのように料理なさいますか?考えてみてください。今日の授業風景からの報告でした。❤❤❤

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

「おいしいラーメン」

◎週末はグルメ情報です!今週は白菜のラーメン

▲新大阪駅の駅マルシェ「神座」

 大阪に出ると必ず立ち寄るお店が、「道頓堀神座(どうとんぼりかむくら)」で、そこで私はいつも「おいしいラーメン」ギョーザをいただきます。お店の前は行列ができていることも多いんですが、並んででも食べたいラーメンなんです。5,6年前だったでしょうか、大阪講演に行った際に地元の先生に教えてもらって、以来はまっています。各所に支店があるんですが、私がよく利用するのは、新大阪駅駅マルシェに入っているお店と、大阪駅LUCUAに入っているお店です。道頓堀に1号店を開店した当初は(1986年7月19日)、わずか4坪9席のお店だったそうで、そんな小さなお店から始めたものの、神座」「おいしいラーメン」は口コミでどんどん広がり、今や大阪を代表するラーメン店(ランキングで1位となったことも)となっています。神座」の名前の由来は、偉い人が座る「上座」からきているそうです。今日も新大阪駅で、山陽新幹線「さくら」の待ち時間に入店しました。お昼時は外れているのに、超満員でした。人気店ですね。

 ホテルのフレンチ・シェフであった創業者が「今までにない味のスープを」と完成させたのが、おいしいラーメン」のスープです。その秘伝のスープは誰にも真似できないらしく、作り方も極秘だそうです。スープの素は南京錠のかけられた場所で管理されているとか。材料やレシピは代表取締役や幹部社員など一部の人にしか分からないそうです。スープは工場で作り(レシピは極秘なので、中身のすべてが分からないように数カ所の工場で部分的に作っているというこだわりです)、店舗で仕上げます。おいしいラーメン」の秘伝のスープをどのお店でも忠実に再現できるように、スープ・ソムリエだけが調理できるのです。創業者がホテル出身のシェフだからか、調理スタッフのみなさんが白いコック帽をかぶっておられますね。

 「おいしいラーメン」には、白菜がたっぷり入っているのが特徴なんですが、白菜の産地、ネギの産地、豚肉の産地などがしっかりとホームページに記載されています。⇒ホームページはコチラ  生産者の顔が見えるというのは大切なことですね。

《神座ラーメンの特徴》★★★ 

1回目の味は今までに味わった事のない味なのでおいしさがわからないかも。訳のわからない味。

2回目の味は1回目と味付けが変わったと思わせ、深みやおいしさがわかる。やみつきに。

3回目の味は神座本来の味が分かって頂ける。ラーメン中毒。

 ほぼ無色で透き通ったあっさりしたスープに、炒めた白菜の甘みが凝縮されています。コクがあって優しくちょっと洋風なシンプルな味わいです。思わず何度もスープを口に運んでしまいます。麺は黄色いストレートな中細の玉子麺です。麺のつるつるとした感じがスープに馴染んでラーメンの美味しさを堪能することができます。チャーシューも柔らかく、口に入れるとほどけてしまいます。でもなんと言っても、この「おいしいラーメン」の嬉しいところは、くたくたになるまで煮込まれている白菜でしょう。ラーメンと言うよりもお鍋をいただいている錯覚に陥ります。これでもかというぐらいに白菜が入っています。これが堪らないんです。テーブル上には、トッピング用に辛味噌やラー油、ニラが置いてあります。まずはスタンダードなラーメンを味わってから、自分好みの味を試してみるのがよいでしょう。ギョーザも堪らなく美味しく癖になりますよ。❤❤❤

カテゴリー: グルメ | コメントをどうぞ

「石見神楽トレイン」デザイン一新

 石見神楽をモチーフにしたJR西日本のラッピング列車(2両)が、「石見神楽トレイン」です。2012年10月から運行を開始し、山陰本線(米子~益田駅間)を中心に運行している快速列車です。キハ126系「快速アクアライナー」の車体に、島根県西部で盛んな伝統芸能である石見神楽のラッピングを施しています。側面のデザインは同じですが、前面が違います。かたや石見神楽の演目に登場する悪の象徴の「赤鬼」、かたや神様のスサノオです。赤鬼が駅に入ってくる時はずいぶんん迫力がありますね。大変インパクトのあるビジュアルで、迫力のラッピングとなっています。神楽歌や八調子のお囃子が聞こえてきそうですが、車内はいたって普通の列車です。舞台などありません〔笑〕。「神々や鬼たちが躍動する神話の世界~石見地域で伝承される神楽~」日本遺産に認定されました。「山陰デスティネーションキャンペーンアフターキャンペーン」も開催されたことから、「石見神楽トレイン」の運行を通じて、石見神楽、石見エリアの魅力を発信してきました。車内は普通のディーゼルカーの車内で、座席は基本的に4人向かい合わせのいわゆるボックスシートとなっています。

 さて、「石見神楽トレイン」が、このたびラッピング・デザインをリニューアルされ、8月31日から運行しています。先週、米子駅松江に帰るためにホームで時間待ちをしていたところ、3番線ホームにリニューアルされた「石見神楽トレイン」が入ってきました。おー、黒を基調としていた以前のラッピングに比べてずいぶん明るい雰囲気となった印象ですね。黄色を基調とした豪華絢爛な衣装の柄を下地として、石見神楽に登場する八岐大蛇などが、車両の前面や側面にあしらわれています。前回は車内は普通の列車だったんですが、今回のリニューアルでは、車内の一部にもラッピングが行われているそうです。改修費約700万円は島根県が負担したそうです。

・石見神楽を代表する演目の「大蛇(おろち)」や「塵輪(じんりん)」などを車体前面および側面に配置し、背景は絢爛豪華な衣裳で激しく舞う「石見神楽」の華やかさをイメージしています。
・今回新たに、内装に演目「恵比須」に登場する事代主命(ことしろぬしのみこと)を配しています。

 島根県を走るラッピング列車として、もう一つ取り上げたいのが、「いわみキャラクタートレイン」で、平成26年8月23日から始まった「山口線・山陰本線全線運転再開キャンペーン」の一環として、同年9月15日から運行を開始しました。山口線や山陰本線を走る「スーパーおき号」「スーパーまつかぜ号」に、島根県石見地域の観光イメージとマスコットキャラクターをあしらったラッピング列車となっています。島根県観光キャラクターの「しまねっこ」をはじめ、らとちゃんテンピーオロチくんつわみんなど、楽しいキャラクターが車両側面に勢ぞろいです!キャラクターの背景は、石見神楽の衣装をイメージしており、黄色をベースとしたきらびやかな雰囲気となっています。

 米子―鳥取間を走る快速列車「コナントレイン」もリニューアルするなど(⇒私の紹介記事はコチラです)、JRもいろいろと考えて、お客さんの集客に苦労しておられますね。❤❤❤

 今は全国でラッピング電車が走っています。どうやってあれだけの細かいデザインを描いているのか、不思議に思っていた時期があります。その現場のからくりを公開した映像がこちらです。こうやって貼っているんですね。大阪万博記念公園を走っているモノレールをラッピングしています。先日私もこのモノレールに乗ったばかりです。3Mすごい技術です。♦♦♦

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

「金ピカ先生」逝く

 1980年代、コワモテの顔に金のネックレスの風貌でありながら、代々木ゼミナール東進ハイスクールなどの予備校で英語を教え、生徒から絶大な支持を受けていたカリスマ英語講師・佐藤忠志(さとうただし)さん、通称「金ピカ先生」が亡くなりました。68歳の若さでした。人気が高じてタレント業にも進出し、全盛期には年収2億円超えた」とも語り、華々しい生活を送っていました。1987年には秋元 康さんがプロデュースした「1度きりだぜ人生は―花の受験生応援歌―」で歌手デビューしたり、2001年に自民党公認で参議院選挙に比例区で出馬し落選、2009年、それまで一度も訪問したことがなかった鹿児島・種子島の西之表市長選に出馬して、本名よりも知られている「金ピカ先生」の名前で届け出たが、惨敗しました。その後は、2度の脳梗塞と心筋梗塞を患ったこともあり、表舞台から姿を消していました。2018年の「スポーツ報知」のインタビューでは、日本に1台しかないというクラシックカー(1億円?)を購入する車道楽や、暴力などが原因で、夫人とけんかし、2016年ごろから別居していることを告白、離婚調停中、子どももいませんでした。自らの生活については、隠居。生きる屍(しかばね)ですよ」と自虐的に話し、朝から酒をあおるなど、激ヤセして不摂生を続けていましたが、それまでの人生を「バラ色」とも語る日々でした。「もう私には趣味は無い。生きる甲斐、目標が無い」と語っていました。

 報道では、佐藤さんは生活保護を受け、独り暮らしだったが、関係者によると、地域包括支援センターからデイサービスを受けており、担当者がこの日、自宅を訪問したところ、返事がなく、警察官が立ち会いの下、室内に入ったところ、冷たくなっている佐藤さんを発見したといいます。死因は不明で司法解剖が行われるとのことです。佐藤さんは、1951年5月4日、東京都生まれ。慶応大学法学部政治学科卒。筑波大学大学院地域研究科修士課程修了。1977年に代々木ゼミナール講師となり、旺文社の「大学受験ラジオ講座」を担当。1988年、東進ハイスクールへ移籍。「金ピカ先生」の愛称で知られ、40万部突破の『ズバリ!合格の英単語』など参考書、著書多数。タレントとしても派手に活動し、テレビ番組「天才・たけしの元気が出るテレビ!」やVシネマ、ドラマに出演。拓殖大では客員教授も務めました。

 私のまだ若い頃、代ゼミのカリスマ講師として名を馳せ、奇抜なファッションで着飾り、はったりをかましながら、集客力抜群の英語講師でした。彼が、代ゼミ横浜校で元日のオープン講義をしたときには、徹夜で並ぶ生徒たちが、校舎の周辺を三重に取り巻き、その列が横浜駅まで連なっていた言います。多くの生徒を集められる人気講師には、当然のように高い給料が支払われました。当時2億ぐらい稼いでおり、地元の長者番付に載るくらいすごかったと言います。パンチパーマに派手なスーツ、装身具で飾り立てたいで立ちに、日本刀を持って授業をする、という典型的なパフォーマンス講師でした。タレント講師の先駆けですね。私は彼のような外見を飾る教師を信用はしませんでしたが、彼が現在どんな生活を送っていたかという様子は、インタビューで詳しく読むことが出来ます。⇒コチラです  あれだけ名を馳せて絶大な人気を誇り、裕福で派手な生活を送っていた人が、生活保護を受けながら孤独死というのは、実にショックでした。やはり「地道にコツコツ」という人生が一番だということを教えてくれます。御冥福をお祈りします。

 尊敬する英語学者の山岸勝榮教授が、佐藤さんの思い出話を書いておられました。⇒コチラです

カテゴリー: 英語指導に関して | コメントをどうぞ

「MAXたにがわ」

 E4系新幹線電車は、新幹線ではただ1つの2階建て車両です。オール2階建て新幹線電車“Max(Multi Amenity Express)”の二代目として開発され、1997年12月20日に東北新幹線で営業運転を開始しました。通勤・通学にも用いられるように、すべての車両を2階建てとして座席を増やしています。巨大な輸送力を活かして、朝の高崎駅から東京駅方面への通勤・通学に威力を発揮しています。E4系は、先頭部分の鼻先をぐんと突き出したロングノーズ・デザインが印象的(11.5m)。また、運転室は航空機のようなキャノピー形で、標識灯もふっくらと盛り上がったスタイルになっています。これらは空力特性を追求して得られたデザインです。20編成、160両が上越新幹線の「Maxとき」「Maxたにがわ」として使用されています。この2階建て新幹線が、間もなく廃止になると聞いたので、一度乗っておかねばと思い、上越新幹線MAXたにがわ」に乗車してきました。入線してきた新幹線を一目見て、「デカイ!!」他の新幹線よりも一回り大きい感じがします。

 基本は8両編成ですが、両先頭車には分割併合装置を備え、2本連結した16両編成でも運転できます。16両編成時の定員1,634名は、高速車両としては世界最大の定員数です。新幹線の通勤・通学輸送の混雑緩和に貢献しているのです。座席定員の増加、環境対策としての騒音低減、座席の改良による快適性の追求、バリアフリー設備の充実、メンテナンスの軽減などが盛り込まれた車両です。グリーン席は7、8号車の2階部分とし、他はすべて普通車となっています。普通車自由席として使われる1~3号車の2階座席は、1人でも多くのお客さまに座ってご利用いただけるよう、隣の席との肘掛けを省略した3人掛け+3人掛けの座席配置としています。3座席が一体となっているのでリクライニング機能はありません。特急料金を頂いているので、ヘッドカバーこそついていますが、まさに通勤新幹線のイメージです。1階席と4~6号車の2階席は2人掛け+3人掛けです。7~8号車の2階グリーン席は2人掛け+2人掛けとなっています。また、6号車のフラット、8号車の2階席には、車いすに対応した座席が設けられています。座席はリクライニングだけでなく、座面も動くようになっていました。8号車には車いす昇降装置を設置しており、2階部への移動にも配慮しています。ワゴンを使用した社内販売がスムーズに行えるようにワゴン用の昇降装置も見られました。

▲普通車指定席

▲グリーン車

 他の新幹線にはない見所の一つがデッキ付近です。高い天井、1階へ降りる・2階へ上がる階段がドーンと現れ圧巻ですね。ものすごく長い廊下もあります。これは2階建てのため、床下機器を置くスペースがすくないので一部箇所が両側機械室になっているためです。新幹線は高架フェンスが高めに設計されているので、1階席の眺めはほとんどがフェンスです。上下方向への揺れはあまり感じませんでした。モーター音も静かです。最高速度が240km/hと押さえられているからでしょう。

 当初は、東北新幹線「つばさ」との併結運用が中心でしたが、現在は上越新幹線に活躍の場を移しています。このE4系は、近年少しずつ廃車車両が発生していて、2017年度からは後継としてE7系(12両編成)を11編成増補することが決まり、投入完了となる2020年度末には、その姿を消す予定です。私は新幹線が大好きで、頻繁に乗っているんですが、このたび進化し続ける日本の大動脈を支える新幹線の技術を徹底解説した梅原 淳『新幹線の科学(改訂版)』(サイエンス・アイ新書、2019年9月)という本が出ました。日本列島を駆け巡る高速鉄道の秘密、新幹線の最新知識を得ることの出来る本で、面白く読みました。9年ぶりの改訂版です。❤❤❤

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

「カタカナ語」が狙われる!

    センター試験第1問の「発音・アクセント問題」には、必ず「カタカナ語」が出題されます。一時大流行し、その後ちょっと下火になりましたが、「2017年センター試験」で、marine, severe, unique, evidence, satelliteの5語が、「2018年本試験」では、advance, engine, limit, foundation, opinion, championship, delivery, supermarketの8語が、今年の「センター本試験」でも、control, equal, calendar, character, tough, mood, story, totalの 8語が、「追試験」でも、medium, sweat, theme, label, modern, entertain, communityの7語が出題されており、再び復活傾向が見られます。今年になって3年生・補習科生が受験した、5月「全統マーク模試」では、epoch, orchestra, satellite, delicacy, varietyと5語が、「6月進研マーク」では、coach, goal, road, pause, stadium, debate, initial, interval, sentimentalの9語が、「7月全統マーク」では、police, approach, boat, goal, smooth, advice, control, pattern, manager, volunteer, thermometerの11語が、「7月駿台マーク」では、manager, comment, madam, leadership, mechanism, operatorの6語が、最新の「9月ベネッセ・駿台マーク」では、smooth, heart, pearl, search, advice, pioneer, authorityの7語が出題されています。間違いなく、来年の本番でもかなりの数の「カタカナ語」が出題されることが予想されます。

 そのことは「大学入試センター」から公開されている「試験問題評価委員会報告書」を読むと、はっきりと分かります(「追試」も貴重な情報源です)。この報告書は次年度のセンター試験の動向を知る上で、現場教員は必ず目を通しておきたい資料です(ご存じでない先生も多くおられますが)。⇒コチラで読むことが出来ます 「カタカナ語」に関してこんなことを言っています。

▲今年度の「試験問題評価委員会報告書」(本試験・追試験)

●問3については、①~③の選択肢は日本語においてカタカナ表記がなじみ深い単語であるが、下線部がカタカナでは同じ表記となる単語でもあったため、やや難しかったと思われる。いずれの問題も使用頻度が高い基本的な単語の発音が問われており、英語を「聞くこと」及び「話すこと」の技能を育成するためには、こうした基本的な単語の発音に注意しながら聞いたり話したりすることが必要である。(本試験 高等学校教科担当教員の意見・評価)

●また、外来語(いわゆるカタカナ語)として用いられている英語が出題されている。equalは、イコールでなく[発音記号]、calendarは、カレンダーでなく[発音記号]、characterは平板調で発音するのではなく、[発音記号]というように、本来の発音やアクセントとは異なるカタカナ読み(平板調に発音する傾向)が多く見られる中で、正しい発音や強勢を認識させることは重要なことである。(本試験 教育研究団体の意見・評価)

●いずれの問題も使用頻度が高い基本的な単語の発音が問われているが、“theme”や“label”など、日本語におけるカタカナ表記と発音が大きく異なる単語も出題されている、普段から基本的な単語の発音に注意しながら聞いたり話したりすることが必要である。(追試験 高等学校教科担当教員の意見・評価)

●本体のアクセントとは異なるカタカナ読み(平板調に発音する傾向)が多く見られる中で、正しい強勢を認識させることは重要なことである。教室においても、このことを正しく認識させ、発音できるように指導することが望ましい。(追試験 教育研究団体の意見・評価)

 となれば、カタカナ語」対策を練る必要がありますね。私は今回の「ベネッセ・駿台マーク模試」の前に、カタカナ語リスト(私のセンター対策青本をお持ちの方はpp.22-23をご覧ください)配布して、生徒全員で読み合わせを行いました。結果、7語がここから出題されていました。たったこれだけのことでも、ずいぶん結果は違ってくるんです。ちなみに、今回の「ベネッセ・駿台マーク模試」の第1問に出題された28語中、私の「頻出語リスト」に載っている単語は25語でした。「A.発音」で9/12(的中率75%)、「B.アクセント」で16/16(的中率100%)です。出る単語は決まっている!」と、私がいつも言っていることが裏付けられたことになります。全国的にはこの問題を落とす生徒が多いんですが、私に言わせれば明らかに「準備不足」です。私の4種類の「頻出語リスト」「過去問出題語」の一覧表を、読み合わせるだけで、得点率はずいぶんアップするはずです。私は生徒に音声を配布し、リストの音読を促しています。これをきちんとやった生徒と、何もせずに受験している生徒とでは、得点が全く違います。「英語は絶対に裏切らない!」のです。ぜひやってみてください。❤❤❤

▲4種類の「頻出語リスト」の掲載されたセンター対策本

 

カテゴリー: 英語指導に関して | コメントをどうぞ