「中華 虎楼」

◎週末はグルメ情報!今週は中華

 松江市の各戸に配達される情報誌「いかこい(=出雲弁で“Let’s go”の意味)の最新号に「中華 虎楼」(ころう)の紹介記事が載っていました。私は長く松江に住んでいますが、全く知りませんでした。ノーマークです。NHK松江放送局の隣の路地を入った裏側に、「中華 虎楼」さんがあります。いつもNHKの前は、自転車で通っているんですが、ちょっと目立たないですね。いかこい」では「四川麻婆豆腐定食」ががオススメとありました。確かにお店の前にも「四川麻婆豆腐」ののぼりが立っていました。お店に入ると、カウンター席に8人、奥に4人掛けのテーブル席、小さな座敷席のこじんまりとした(=狭い)店内です。私は開店(11時半)とほぼ同時刻に行ったんですが、もうすでにカウンター席はほぼ満席でした。人気店のようです。早速、ホワイトボードに書かれたメニューの一番上にある「四川麻婆豆腐定食」を注文しました。二番目には「ふつうの麻婆豆腐定食」もありました。かなり辛そうですね。約10分待って到着!見た瞬間、いかにも美味しそうです。早速、麻婆豆腐をひとくち。私にとっては、滅茶辛いです。豆腐は、つるんとした食感です。水切りを最小限にして豆腐の味も感じさせてくれるように作ってありますね。山椒はさほど多くないですが、豆板醤がかなり効いていて、舌にヒリヒリきます。定食なので4種類の副菜にスープがついています。麻婆豆腐を食べ進めると、辛いのでどんどん白ごはんが進みますね。お水とご飯を交互にかけ込みながら頑張って食べましたが、残念無念、途中でギブアップです。半分くらい残してしまいました。ちょっと私には荷が重すぎました。(株)ラーンズ金村省吾課長なら軽く平らげられるのでしょう〔笑〕。なにせあの「ちぼ」の中国人の奥さんが作られる激辛麻婆を、かる~く制覇した豪傑ですから。次回は「ふつうの麻婆豆腐定食」にします。

▲無念!途中でギブアップ!!

 日を改めてもう一度行ってきました。前回はカウンターがあまりにもギューギュー詰めで、背後には待っているお客さんまでいるので、落ち着いて食べることができませんでした。ということで、お昼時を外して午後2時前に入店しました。お客さんは一人だけでした。先日、隣のお客さんが、ラーメン、チャーハン、唐揚げを食べておられて、実に美味しそうだったので、これを注文してみました。まずまずのお味。唐揚げはイマイチかな。昔ながらの中華屋さん、といった感じです。♥♥♥

カテゴリー: グルメ | コメントをどうぞ

「高灯籠」

 香川県琴平町にある琴電・琴平駅を出て、その左隣にあるのが、江戸時代末期に建てられた灯台「高灯籠」です。入口に小さな鳥居があり、その奥に隠れるように建っています。ここに「高灯籠」があることを知らないと、通り過ぎてしまいそうですね。近くで見ると結構な大きさです。なぜ海から遠く離れたこの地に灯台が建てられたのでしょうか?不思議です。中を見学することは出来ませんが、貴重な文化遺産です。なかなか他では見ることができない風格のある灯篭です。公園の中にあり、立ち寄りやすいと思いきや、あんまり見学者がいないのは不思議です。

 石の基壇の上に木製の灯台が築かれており、三階建てで高さが27メートルもあります。日本一高い灯籠です。約5年がかりで万延元年(1860)に完成されたと言われています。高い石の基壇の上に木製の灯台が築かれ内部は三階建て、壁に江戸時代の人々の落書きが今も残されています。瀬戸内海を航海する船の指標として建てられ、船人がこんぴらさんを拝む目標にしたと言います。高灯籠」から発する光は丸亀沖の船に届くように設計されたといわれて(丸亀の海からおよそ10㎞)また、金比羅を目指して歩く人々にも重要な目印になっていたそうですよ。沖合を航海する船が船上からこんぴらさんを拝む「流し樽」の伝統がありますが、樽を流すタイミングはこの灯籠の灯りで計ったのかもしれません。1859年(安政6年)の完成で、国の重要有形民俗文化財となっています。今現在は、中に入ることはできませんが、日本一高い木造灯籠と言われ、実際に見るとものすごい迫力があり、昔からこんぴらさんへ導くすごい役割をもっていた歴史を感じさせられました。♥♥♥

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

「身の丈」

 住む場所や家庭の経済状況によって不公平が生じないか?昨年こんな質問に、萩生田光一文部科学大臣「『あいつ予備校通っててずるい』というのと同じ」などと反論。高3で受けた2回までの成績が大学に提供されることを踏まえ、生徒の境遇により本番までの受験回数に差が出るのを認めた上で、身の丈に合わせて、2回をきちんと選んで勝負してがんばってもらえば」と述べました。

◎ 「身の丈」の意味が国語辞典に載っていない!

 この「身の丈発言」が引き金となって、全国民を敵に回してしまい、英語民間外部試験が延期になったのはご承知の通りです。私は、「公平・公正さの担保」のただ1点から反対を表明していましたが(⇒コチラです)、予想通り中止となったことは記憶に新しいところです。ところで、この「身の丈」という言葉は、私はてっきり「身長」をいう言葉だと思っていましたから、文部科学大臣の使い方にちょっとビックリした次第です。その証拠に、私が引いた国語辞典のほとんどは、「身長」の意味しか載せていません。ただ、『三省堂国語辞典』(第7版,通称「三国」)だけは、「①せい。せたけ。 ②実際の(ささやかな)経済力や能力と記述して、「身の丈に合った生活」という用例を挙げており、さすがだと思いました。この辞典は、故・見坊豪紀(けんぼうひでとし)先生が、社会で実際に使われている用例を基に編んだ渾身の作品で、他の辞典とは一線を画しています。『広辞苑』(第7版、2018年 岩波書店)にも、「身の丈」の項目には「①身の高さ。せたけ。しんちょう。 ②その人や組織の実際の力量 身の丈にあった暮らしと出ていますが、明らかに『三国』の方が優れた記述です。

 萩生田光一文部科学相は7日、文科省職員への年頭あいさつで、大学入学共通テストでの英語民間試験や国語・数学の記述式問題の導入が直前で頓挫したことに触れて、「これは無理だということがあれば、勇気を出して声を出していただければ、違う展開もあった」と述べた。笑止千万。文科省の有識者会議で、検討当初から数々の問題点が指摘されていた(文科省内でも)ことが明らかになっていますが、政治主導で方針が強行決定されています。しかし、高校生や教育関係者の抗議活動や、昨年10月の彼の「身の丈発言」などで見送りに追い込まれました。その一方で、同氏はこの日、問題に気付いた現場の職員も政治家に直言すべきだったと説いたのです。さらに「政治は方向を決めるのが仕事。行政マンであるみなさんは、それを政策に制度設計をし、組み立てていかなくてはならない」とした上で、「我々より現場を知っているのがみなさん。プロとしての意識を持って、我々に反論する、そういう勇気もしっかりもって頂きたい」と語ったとのことです。これを私たちは「責任転嫁」と呼んでいます。私なら、こんな上司の下で働きたくはありません。♠♠♠

****************

 今週末はいよいよ最後の「センター試験」本番ですね。私は最後だけに、目標通り平均点が120点になるように出題されると予想しているんですが。親しくさせていただいている中川右也先生より、センター試験問題の詳細な分析をお送りいただきましたので、みなさんと共有させていただきます。これほど徹底的にセンター試験を分析しておられる先生は珍しいと思います。中川先生、いつもありがとうございます。中川先生とは、センター試験第2問に特化した教材、『センター試験英語過去問題集 文法・語法頻出17項目の演習 TREND 17』(桐原書店)を一緒に作りました。⇒ご紹介はコチラ   東京・新宿のピアソン桐原本社の高層ビルで、1日がかりで一緒に校正をやったことが、懐かしく思い出されます。♥♥♥

・「センター試験問題の分析と解法 2019年版」 三重県鈴鹿高等学校 中川右也先生 ⇒コチラで読むことができます

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

中西葉奈さんインタビュー

 年末に、秋田の国際教養大学3回生の中西葉奈(なかにしはな)さんが、北高に訪ねてくれました。彼女は、松江北高から初めて「国際教養大学(AIU)」に合格した生徒です(⇒コチラです)。この大学のすごさは、いたるところで報道されていますから、みなさんよくご存じだと思います。主な点だけでも拾っておきますね。(1)授業はすべて英語(教員は全員模擬授業をしてもらい学長が面接して採用)、(2)TOEFLの点数で能力別にクラス分け(BBCやCNNが聞けるまで)、(3)在学中に1年間の海外留学が義務付け(事前にTOEFL550点以上を義務化)、(4)20人未満の少人数教育、(5)ギャップイヤー制度の導入(11月入試9月入学)、(6)全寮制で外国人留学生と共同生活、(7)図書館とコンピュータ室は24時間開放(コンビニが24時間開いているのに大学で一番重要な図書館が開いていないのはおかしい)、(8)多様な人材を発掘する入試制度(16種類)、といった特徴を持ち、就職率100%(半分以上が有力企業!)という、今の日本には珍しく、「勉強する学生」を育てる大学です。初代学長の故・中嶋嶺雄(なかじまみねお)先生は、こう述べておられます。

    僕がいつも言うのは、大学は就職のためにあるのではないということです。就職率100%を目指して、やってきたわけではありません。国際教養大学がすべての授業を英語でやり、一年生は全寮制で外国人留学生とルームシェアをし、一年間の留学の義務がある。これらはすべて、名前の通り、国際教養を身につけるためです。特に、留学は学生を鍛えます。学生たちは、その器を大きくして帰ってきます。それが就職につながったと考えています。

 さらに中身を詳しく知りたい方は、学長を務められたお二人の著書を読むといいでしょう。中嶋嶺雄『なぜ国際教養大学で人材は育つのか』(祥伝社黄金文庫、2010年)、鈴木典比古『なぜ国際教養大学はすごいのか』(PHP新書、2016年)の二冊です。

 

 その中西さんに、国際教養大学に関して、幾つか質問をぶつけてみました。例えば、こんな感じです。他の質疑応答は最新の「あむーる」に掲載しました。

(八幡)1年次から授業が全部英語ですが、ついていくのが大変ではないですか?

(中西)大変。書く、読むができないから大変。最初の方は厳しい授業。クラス分けは、入学式前日に宣告。1(英語だけ1年半English for Academic Purposesを取らねばならない)、2(1年間)、3(半年間)。1,2の学生はもうこの時点で、4年で卒業することはできない。3分の1の学生は4年半または5年かかかる。入学式の日に泣く人がいるのはこういう訳。それだけ競争は激しい。大学側は、4年で仕上がるはずがないというスタンスで指導している。

 大学の中身・実態を知るには、「要項」「大学案内」「パンフレット」や「オープンキャンパス」も役立ちますが(いいことしか言わない)、一番いいのは、こうやって、その学校に通って生活している学生にいろいろと聞くことです(大学を訪問したら、必ずトイレ図書館は見てくるように指導していました)。私はそんな思いで、若い頃から「学級通信」「進路指導部だより」「学校通信」「英語通信」(いずれも大好きなピアニスト・リチャードクレーダーマンにちなんで「あむーる」と名付けました)において、卒業生たちに寄稿してもらった大学報告を掲載してきました。今回も、中西さんに語ってもらった内容を、「あむーる」1月号(2020年)に掲載しています。ダウンロードサイト」に登録しておきましたので、AIUに関心の向きはご覧ください。

・「あむーる」1月号 2020年 (編)八幡成人     ⇒コチラで読むことができます

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

再び「勝田ケ丘志学館」

 昨年の4月から、米子東高校内に新しくできた予備校「勝田ケ丘志学館」(かんだがおかしがくかん)へ、週に2回英語を教えに行っています。現代文指導のカリスマ藤井健志先生(ふじいたけし、代々木ゼミナール)が、『代ゼミ新小論文ノート2020』(代々木ゼミナール、2019年7月)で、入試問題の模範解答の中に、この勝田ケ丘志学館」を取り上げてくださいました。⇒詳しくはコチラです

(中略) このような問題の克服のヒントになるのがこの春から鳥取県に開学した「校内予備校」だ。自分の財を原資にしてでもという情熱を持った元教員を中心に協力者や寄付金を募り、県立米子東高校敷地内の同窓会館を利用して、地域の高卒生ならば誰でも学べる、画期的な学びの場を創り出したという事例だ。隣県島根県の教員OBの方々も協力することになったらしい。一つの高校の同窓会やPTAが主体になりながらもその枠組みに縛られず、都道府県の境さえも越えて連帯するかたちは行政に押し付けられるのとは違う新しい公共の姿である。官・民といった区別を越えて地域の人間が共に主体となって考え、行動するところにこそ、特定の人間を排除することのない重層的で懐の深い社会的包摂が実現するのだと私は考える。

▲「勝田ケ丘志学館」山根孝正館長

 「民業圧迫」との批判を受けて、米子東高校専攻科が廃止されてから6年。当時、県教委におられ、その後、米子東高校の校長を四年間務められた山根孝正(やまねたかまさ)先生が、私財を投じて立ち上げられたNPO法人です。その山根先生が、「母校のたより」に思いを語っておられます。

(Q)「勝田ケ丘志学館」と名付けられたのはどうしてですか?

(山根館長) 志を持って学ぶ場にしたいと願い、学校のある地名と合わせて「勝田ケ丘志学館」とした。志のある仲間といっしょに米子で浪人生活を過ごすのは意味があると信じている。

(Q)米子には3校の予備校があるそうですが、それらと違う志学館の特徴は?

(山根館長) 学生は慣れ親しんだ米子東高内にある同窓会館に通う。授業は月曜から土曜までで、日曜は自学か模試に充てる。高校の制服を着用し、授業の他にホームルームや校舎の掃除もする。ストレスを発散する目的で、体育や球技大会もある。高校の時と同じような環境で生活できるのが特徴だ。

(Q)専攻科に代わる予備校を作ろうと思われたのは、なぜか?

(山根館長) 専攻科が廃止されたとき、自分は県教委にいた。その後4年間米子東高校の校長を務めることとなり浪人生の動向も気にかけていた。当初専攻科が廃止されることによって浪人生が減ると思われていた。しかし実際は変わらなかった。始めの年は米子の予備校に多くの浪人生が通ったが、翌年からは県外の予備校が増え、同時に自宅浪人も増えた。家庭の経済力による二極分化かもしれない。また廃止前と廃止後の5年間で比べると、超難関大学への浪人生の進学者数は大幅に減少すると共に、現役生の安全志向も危惧されるようになった。私たちは、生徒がより高い志を持ち進学へ向かうことができるよう、また保護者の多大な出費により、親元を離れ県外に向かわなければならないような状況を打開したいと考え、この勝田ケ丘で予備校を立ち上げることを決意した。

(Q)志学館開学に向けて、一番大変だったのは、何か?

(山根館長) やはり金銭面と煩雑な申請面か。同窓会館2階を教室として使用するにはかなり改修が必要だった。でもありがたいことに専攻科の卒業生をはじめ多くの同窓生の寄付を得て,教室の改修やパソコンの購入等最低限の必要な設備、機器を整えることができた。申請面は、事務畑を全く知らない自分にとって大変な仕事だった。しかし人材面では副館長の福田先生を始め、優れた講師や事務方に恵まれたと自負している。

 早いもので、第一期生の指導もセンター試験、二次試験を間近に控え、山場を迎えています。生徒たちは、私が15年前に、松江北高に帰ってきたときのような熱気があります。学ぶ意欲が旺盛です。英語も成績をずいぶん伸ばしてくれました。教える者としては嬉しくもあり、やりがいを感じているところです。♥♥♥

★★★「勝田ケ丘志学館」のホームページを是非ご覧ください。コチラです。

 

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

AI?

 アメリカの大リーグ機構では、2022年から「ロボット審判」が導入され、ピッチャーのストライク、ボールをコンピュータが判定するという衝撃的なニュースが飛び込んできました。球審」は今まで通り捕手の後ろに立ちますが、ストライク、ボールの判定は、「トラックマン・コンピューター・システム」が行います。本塁上方に設置されたドップラー・レーダー(周波数の変位を観測することで移動速度などを測定できる機器)が、1球ごとに打者でのスタンスに応じて、立体的にストライク・ゾーンを測定して、球審」が装着したイヤホンに判定を伝え、球審」がコールするというものです。誤審の防止に加えて、球審によって変わるストライク・ゾーンのブレをなくすのが目的です。来季に1Aフロリダ州リーグで、2021年には3Aと段階的に採用することが検討され、メジャーでは早ければ2022年から導入される見通しとか。正確な判定が必要なのはよく分かりますし、そのことは最近の「ビデオ判定」でも実証されているんですが、これでは野球ではなくなってしまう、実に味気ないなというのが正直な感想です。やはり生身の人間の審判が技術を磨いて、最高の試合を見せてもらいたいな、というのが率直な思いです。

 AIに関する話題をもう一つ。学校図書館で子どもの読書や学習を支える学校司書の配置増を求める国会決議案に、与野党で唯一、日本維新の会が「近い将来、司書の仕事は人工知能(AI)で代替可能になる」と反対して、臨時国会への提出が見送られていたことが報道されました。2015年施行の改正学校図書館法で「努力義務」とされた学校司書の配置は、各自治体の温度差から、未だに全体の半数程度にとどまっています。このため出版業界や日本新聞協会でつくる「文字・活字文化推進機構」が配置増に向け超党派の議員連盟に働き掛け、衆参両院で全会派が了承した形での決議案提出を目指していたものです。日本維新の会は、決議案にある「学校司書の配置促進と専任化など学校図書館のさらなる拡充」には同意できませんとし、「公立学校の図書館であれば、やみくもに公務員の数を増やすことにつながりかねないと考えるからです。また図書館の司書は近い将来、AIにとって代わられる業務であると考えられます。たとえ過渡的措置としても、司書の配置を促進すれば、図書館の機能が充実化され、子供たちへの国語教育に大きく寄与するという発想が短絡的であり、時代にそぐわないものであると考えるからです。人員を増強すれば、教育の質が向上するというものではありません。我が党は真に子供たちの国語教育の強化に資する、学校図書館の抜本的改革を追及してまいります」と反対理由を説明しました。何をアホなことを言っているのか、と腹が立ちました。私は以前勤めていた僻地の津和野高校で、経験したことがあります。教職員の定員を1名減ということで、学校司書を追い出したのです。国語の教員が代行すればよいという安易な考えでした。どのくらい影響が出たかは言うまでもありません。保護者たちからも相当数クレームが寄せられました。やはり図書館には司書が常駐して、図書館利用を活性化し、生徒たちの様々な相談にのってやることが必要不可欠です。司書の仕事を「貸し出し業務」程度のものとして捉えているから、上記のような安易な論理がまかり通ります。司書がいなくなって、学校教育にどのような大きな影響が出たかを、私は津和野高校で目の当たりに見てきました。このことは、図書館協議会の中国大会でもレポートされました。司書の給与面での待遇もひどい実態を聞くにつけ、何とかならないものかと心を痛めている八幡です。絶対にAIに取って代わられるような種類の仕事ではありません。このような愚かな政策を推進しようとする政党に、政治は絶対に任せられません。

 AIが、急速に私たちの日常生活にも入り込んでいることは、最近のスーパー・小売店の(セルフ)レジを見ると分かりますね。初めて私がこのシステムを経験した時の衝撃は大きなものでした。私が最近入った「ミスタードーナツ」「すきや」のお店でも精算は全部機械でした。JRの駅でも、島根県では松江駅を除いて「みどりの窓口」が全て廃止されて、AI自動販売機に変わることが発表されました。中でも私が特に驚いたのは、時々お邪魔する田和山「森のくまさん」というパン屋さんです。以前から機械精算となっていましたが、いつもレジの前では精算を待つ長い行列ができていたものです。最近は、店員さんはお客さんが持って来たパンの乗ったトレイを机上に置くだけで、画面上で機械が商品を読み取り、商品名と値段を画面上に表示してくれるんです。店員さんは、お客の持って来たパンの乗ったトレイをただ載せるだけです。判読・計算からお釣りまで全部機械がやってくれるんです。画面上に表示されたパンの姿(写真上)を食い入るように見つめていた八幡でした。恐ろしやAI!いつの日か、教員AIに取って代わられる時代が来るのか?こればかりは、あり得ないな!!♥♥♥

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

「ブクブクアワー地中海リゾート」

 「東急ハンズ」をブラブラ歩いていたら、チョット面白そうな入浴剤が目に入りました。「ブクブクアワー 地中海リゾート」という泡風呂を作る入浴剤です。「ブクブクアワー」キャラクター10周年目の新シリーズです。お風呂はゆったり楽しみたいけど、お肌のケアもしたい。そんな願いを叶え、自然の恵みに包まれる泡の入浴料。自然由来のエキスがお肌のお悩みにアプローチして、自然のオイルで潤いをしっかり保つことができます。硫酸系界面活性剤をはじめ、防腐剤、鉱物油、シリコン、4つのフリーでお肌に思いやり!地中海の恵みが心とお肌をクリアに導きます。

クリアに導く秘訣はこれ!
○地中海レモンエキス(ツヤ肌成分)
○地中海ソルト(整肌成分)
○ショウガエキス(保湿成分)
○ローズマリーエキス(整肌成分)

包み込むオイル美容
○オリーブオイル(保湿成分)
○アーモンドオイル(保湿成分)

天然香料使用
○レモン果皮油
○ショウガ根油

 浴槽の湯(約200L)に1包(40g)を入れ、軽くかき混ぜます。シャワーでお湯を勢いよく注ぐと見事な泡風呂の完成です(写真上は八幡家のお風呂)。張りたてのお湯で使用するとより泡立ちます。封を開けるとかなり強めの香りがします。スパイシーシトラスの香りなんですが、癒されますね。かなり細かい粉だと思います。泡風呂を作る入浴剤や機械をいくつか購入したことがありますが、面倒臭くて定着しませんでした。これは、1袋が1回分なので計る手間もなくて手軽にできるので便利です。とても気に入ったので、大量に購入しました。♥♥♥

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

「WOW salad stand」

◎週末はグルメ情報!!今週はサラダ 

 松江に初めて、サラダテイクアウトの専門店ができたと聞いて、先日出かけてきました。「WOW salad stand ワゥ・サラダスタンド」というお店で、松江駅近くのホテル「アルファワン」の道路を挟んで斜め向かいの伊勢宮町にあります。テイクアウト専門店なのですが、東京の方ではかなり流行っているそうです。かなりボリュームたっぷりのサラダで、自分好みにカスタムができるんです。松江では珍しいサラダ専門店です。サラダのサイズが大きくて驚きました。営業時間は午前11時から午後8時までです。米子の帰りに、夕方お邪魔しました。

 お店は、すごくシンプルな外観で、パッと見は美容室かとも思ってしまいます。イケメン店長さんは(出雲出身)、東京でサラダ専門店に勤めていた経験を活かして、昨年の4月にここにオープンしました。初めてお邪魔したので、どう注文して良いか分からず、店長さんにおすすめを聞いて、お任せでお願いしました。「ポークン・イートコブ 」が一番人気ということで、オススメのドレッシング(バターミルクランチ)を添えてもらって、持って帰りました。注文のあった後に、目の前で店長さんが野菜・フルーツを細かくチョップしていかれます。ロメインレタス・ローストポーク・アボカド・ホワイトチェダー・トマト・ボイルドエッグが細かく刻んで混ぜ合わせてあります。こんなに美味いサラダを食べたのは初めてです。副菜どころか、主食と言ってもいいくらいです。なにせボールに一杯サラダが入っているので、一度には食べきれません。小食の人は、2、3人でシェアしてもいいかもしれませんね。

 ぶつ切りにした野菜やフルーツの中に、肉類や穀物を加えることで、主食としても楽しめるチョップド・サラダの専門店です。レタスやホウレン草をベースに、旬の野菜を取り入れたレギュラーメニュー9種類をラインナップしています。そのほかにも、29種類の食材から好みを指名することもできますよ。ドレッシングも11種類用意されています(各100円)。大晦日にもお邪魔して、同じ物をいただきました。ものすごいお客さんで、次から次から入って来られます。予約もいっぱいだとか。松江にこのようなお店は他にありませんから、支持されているのだと思います(オンリーワン)。大好きな「だんだん」ポテトサラダのようなものを、ぜひ作ってもらいたいとお願いしておきました。

 お正月は市場が休みで野菜が入手できないのでずっと休んでおられました。1月6日から営業ということで、行ってきました。今日は、私の大好きなレーズンアップルの入ったサラダを作ってもらいました。なにせ大量にボールに入っているので、ドレッシングも2つ添えてもらうことにしています。実にさっぱりとした味で、これまた気に入りました。♥♥♥

▲イケメン店長さんです

カテゴリー: グルメ | コメントをどうぞ

「いのちの歌」

 私は特定の歌い手(小田和正・さだまさし・髙橋真梨子など)を除いては、テレビの音楽番組は一切見ません。あまりにも下手くそな、歌を聞くに耐えないレベルの芸能人が多いからです。私の幼い頃は、日本で一番権威のあった「レコード大賞」も、今ではおよそ信じられないレベルで選考が行われています。今年の選考結果を聞くにつけ、あり得ないと感じるのは私だけではないでしょう。権威の失墜もやむを得ませんね。歌で感動させてくれる歌い手たちに、賞は上げて欲しいものです。年末、小田和正さんの「クリスマスの約束」という音楽特番が、深夜帯にもかかわらず常に高視聴率を収めていることは、歌い手たちが徹底的に歌い込み、猛練習をして、高いレベルでの歌が聴けることが支持されているのです。ただ芸能人にとっては、この賞を取ったり、紅白歌合戦に出場すると、ギャラが莫大に跳ね上がるということですから、みんな必死なんでしょうね(そのために芸能事務所は必死になるとか)。

 そんな歌番組は見ない私が、今年は「紅白歌合戦」だけは一部見ました(視聴率は過去史上最低の37.3%)。水森かおりという歌い手が、世界的マジシャンのメイガスと共演して、大イリュージョンを披露するということで、マジック好きの私もここだけはスイッチを入れて見ていました。すごいスケールのイリュージョンでした。「スポーツ報知」に細かな時間刻みの出演者表が載っていたので、10時34分過ぎの竹内まりやさんの「いのちの歌」にも注目していました。特別企画「未来へつなぐ命のメッセージ」として、緑のドレス姿のまりやさんが、NHKのスタジオから生中継で登場し、綾瀬はるかさんがMCを務めます。デビューから40年の軌跡を振り返る映像には、夫で歌手の山下達郎さんと一緒に写った写真もあり、夫婦で“紅白初共演”するサプライズで観客・視聴者を沸かせました。穏やかな笑みを浮かべながら、新緑の森の舞台セットに立ち、「いのちの歌」を圧巻の歌唱力で聴かせました。こういう歌の上手い人の歌を聞くと、うっとりしますね。まりやさんは、左手で胸を押さえた後、両手を組んで祈りを捧げるポーズ。スタジオで見守った紅組司会の綾瀬はるかさんが、「生で聴けてうれしかったです」と目を潤ませると、まりやさんは「生で緊張しましたけども、この歌に込めた思いが全国の皆さんに届けばいいな、と歌わせていただきました」とにっこり。「令和という時代が、皆さまにとって素晴らしい時代になることを祈ります」と語ると、綾瀬さんと握手を交わして静かに舞台袖に消えていきました。私と同い年の64歳とは思えない神々しい美しさでした。

 その竹内まりやさんが、1月1日元日に、シングル「いのちの歌(スペシャル・エディション)」をリリースしました。スタジオワンダーで早速購入してきました。この曲は、2008年のNHK連続テレビ小説『だんだん』で(松江北高校が舞台になったテレビロケの模様は、最近このブログでも「だんだんの想い出」として紹介しましたね⇒コチラです)、主演の三倉茉奈・三倉佳奈が劇中歌として初披露し、2012年にはまりやさん自身がセルフカバーしたものです。家族や友人、もう会えなくなってしまった大切な人たちに、「出会えた喜び」を、「命への感謝」を歌った名曲として知られています。卒業式、結婚式など様々なイベントで歌われ、昨春には道徳の教科書に歌詞が掲載される⼈気曲になりました。全国の学校で合唱曲として歌われていますね。

 初出場の紅白でこの曲を歌ったことで、2012年に既発のシングルの初回限定盤に名曲「人生の扉」のライブ映像(souvenir the movie~Mariya Takeuchi Theater Live~より)を収録したDVDをセットにした、完全生産限定盤のスペシャル・エディションでの発売です。まりやさんの歌、聞かせますね。なおこのCDが、1⽉7日発表の最新「オリコン週間シングルランキング」では、週間売上0.7万枚で第1位を獲得しています。1955年3⽉20日生まれの竹内さんにとっては、「64歳10ヵ月」での1位となり、昨年、桑田佳祐さんが記録した62歳11ヵ⽉を上回り、シングル1位歴代最年長記録」で歴代1位となりました。また今回の1位は、1998年11月30日付で「カムフラージュ/WinterLovers」が1位を獲得して以来「21年1ヵ月ぶりの1位」となり、シングル1位インターバル記録」でも、松任谷由実さんが1993年8月9日付で記録した「17年7ヵ⽉ぶり」を26年5ヵ⽉ぶりに更新し、歴代1位となりました。私と同い年の竹内まりさんのご活躍、同郷人として非常に嬉しく思っています。♥♥♥

    初めての紅白で歌わせていただいた「いのちの歌」が、沢山の方々の心に届いたことを何よりも嬉しく思います。この記録を励みにして、これからも末永く歌い続けていきます。本当にありがとうございました!(竹内まりや談)

カテゴリー: 私の好きな芸能人 | コメントをどうぞ

センター試験不正行為

 「大学入試センター試験」が近づいてきました。昨年は全国693の会場で行われました。昨年の試験では、4人の受験生がスマートフォンを使うなどの不正行為」をしたということが、大学入試センターより報道されています。この頃は終了後すぐに、いち早く大学入試センターが会見を開き、明らかにされるようになりました。以前なら、こういった情報は公表されず、全く表に出てこなかったんですが、馳 浩文科大臣の時から、全部すぐに情報開示されるようになりましたね。

 内訳は、宮城県三重県の会場で、2人が理科の試験中にスマートフォンを使った不正をしていました。1人はスマホの検索機能を使い、ウェブサイトで用語を調べていました。もう1人は電卓として使っていたということですが、外部と通信した記録はなかったということです。さらに、東京都の会場で、国語の試験において、問題文を読む際に、使用が禁止された定規を当てて読んでいた受験生と、試験が終わっているのにマークシートへの記入をやめない受験生に、試験監督が注意した後も解答をやめなかったとのことです。今までで一番多い「不正行為」がこれなんですね。注意しないといけないよ、と私は生徒たちに警告しています。かつて島根県でも経験しています。大学入試センターによりますと、全員が不正行為を認め、試験結果はすべて無効とされました。スマートフォンを使った不正は、過去の試験でも起きていて、大学入試センターは「何が不正行為にあたるかは受験案内に書いてあるので注意して受験してほしい」と呼びかけています。

 試験中に使用してはいけないものとして、要項には定規、コンパス、電卓、そろばん、グラフ用紙等の補助具、携帯電話、スマートフォン、ウェアラブル端末、電子辞書、ICレコーダー等の電子機器類」と明記されています。問題用紙の図形は正確に描かれているために、数学や物理、地理は定規があれば答えが分かってしまうこともあるからです。図形問題を定規を使って精密に描けば答えが出ることもあるでしょう。かつては、定規に英単語などを書き込んで、カンニングペーパーとして悪用する例もあったと聞きます。そういうわけで、定規は全教科で使用禁止となっているんです。

 メガネがカメラ兼ディスプレーで、問題を外部に自動送信して、ディスプレーに解答が表示されたり、小型の骨伝導イヤホンで解答を聞くなんてことが可能ですよね。外部への通信が遮断されても、ディスプレーに電子辞書機能があり、シャーペン型マウスで検索できるとか。すでにメガネに装着した超小型プロジェクターから網膜に直接映像を投影する技術は開発されていますし。

 今後は、IT技術の進化によって、カンニング行為」は巧妙化の一途をたどりそうだ、とIT事情通は予測しています(「大阪スポーツ」より)。すごい時代になったものです。私が今までに経験したカンニング行為の中で、感心(?)したのは、鉛筆の芯の部分を上手にくりぬいて、そこに小さな字で書き込んだカンニング・ペーパーをくるくる巻いて仕込んで試験中に見ていたというものです。そんなことに膨大な手間暇をかけるくらいなら勉強しろよ、と言ったのを覚えています〔笑〕。

 以下は、「大学入試センター」が公表している「不正行為」の例です。気をつけましょうね。日頃の模擬試験でも、①のケに関しては、特に注意を喚起しておきたいですね。

①  次のことをすると不正行為となります。不正行為を行った場合は,その場で受験の中止と退室を指示され,それ以後の受験はできなくなります。また,受験した大学入試センター試験の全ての教科・科目の成績を無効とします。
ア  志願票,受験票・写真票,解答用紙へ故意に虚偽の記入(受験票・写真票に本人以外の写真を貼ることや解答用紙に本人以外の氏名・受験番号を記入するなど。)をすること。
イ  カンニング(試験の教科・科目に関係するメモやコピーなどを机上等に置いたり見たりすること,教科書,参考書,辞書等の書籍類の内容を見ること,他の受験者の答案等を見ること,他の人から答えを教わることなど。)をすること。
ウ  他の受験者に答えを教えたりカンニングの手助けをすること。
エ  配付された問題冊子を,その試験時間が終了する前に試験室から持ち出すこと。
オ  解答用紙を試験室から持ち出すこと。
カ  「解答はじめ。」の指示の前に,問題冊子を開いたり解答を始めること。
キ  試験時間中に,定規(定規の機能を備えた鉛筆等を含む。),コンパス,電卓,そろばん,グラフ用紙等の補助具を使用すること。
ク  試験時間中に,携帯電話,スマートフォン,ウェアラブル端末,電子辞書,IC レコーダー等の電子機器類を使用すること。
ケ  「解答やめ。鉛筆や消しゴムを置いて問題冊子を閉じてください。」の指示に従わず,鉛筆や消しゴムを持っていたり解答を続けること。

②  上記①以外にも,次のことをすると不正行為となることがあります。指示等に従わず,不正行為と認定された場合の取扱いは,①と同様です。
ア  試験時間中に,定規(定規の機能を備えた鉛筆等を含む。),コンパス,電卓,そろばん,グラフ用紙等の補助具や携帯電話,スマートフォン,ウェアラブル端末,電子辞書,IC レコーダー等の電子機器類,教科書,参考書,辞書等の書籍類をかばん等にしまわず,身に付けていたり手に持っていること。
イ  試験時間中に携帯電話や時計等の音(着信・アラーム・振動音など。)を長時間鳴らすなど,試験の進行に影響を与えること。
ウ  監督者の指示に従わず,IC プレーヤーを操作したり,IC プレーヤーの不具合について虚偽の申出をすること。
エ  IC プレーヤー,イヤホン及び音声メモリーを試験室から持ち出すこと。
オ  試験に関することについて,自身や他の受験者が有利になるような虚偽の申出をすること。
カ  試験場において他の受験者の迷惑となる行為をすること。
キ  試験場において監督者等の指示に従わないこと。
ク  その他,試験の公平性を損なうおそれのある行為をすること。

 もう一つ触れておきましょう。毎年センター試験の会場で、突飛な行動をする受験生が必ずいます。このことにも注意喚起しておいてやるといいでしょう。時にそういう生徒がいる、ということを伝えておいてやってください。私は毎年事前にこの話をして、過去の受験教室での例を紹介します。そして、そういう場合にはどうするか、ということにまで踏みこんで指導していました。するとセンター試験終了後、職員室に「こんな変な生徒がいました」と報告に来てくれます。以下はその実例です。

・貧乏ゆすりをやめない
・ブツブツ物を言いながら解答している
・突如として奇声を上げる
・「あー、簡単だった!」と言って早々に教室を出て行く(現在は時間まで出られません)
・「必勝」鉢巻きをしている
・教室内の暑さにたまらず服をどんどん脱いでいく生徒
・あたりをキョロキョロと目線の定まらない生徒
・試験監督者がうたた寝していた。いびきがうるさかった

 私は毎年、センター試験が終わった翌日の授業で、受験を終えた生徒たちに、後輩たちにぜひとも伝えておきたいことを書いてもらっています。実際に受験を体験した生徒ならではの細かな注意事項が挙がってきて、とても参考になります。昨年の補習科・現役の生徒たちが書いてくれた資料を「ダウンロードサイト」に登録しておきました。参考にしてくださいね。最新の『週刊ポスト』1月17/24日号(小学館)が、「大学入試センター試験笑いと涙満点のドラマ」という特集記事を組んでいて、面白く読みました(大学入試センター試験31年の歩み/ふりかかった難題/受験生を悩ませた!?珍問・奇問/試験監督の耐えがたい“憂鬱”と“絶望”)。♥♥♥

・「賢者は歴史に学ぶ~センター試験先輩からのアドバイス」 島根県立松江北高等学校 八幡成人  ⇒コチラで読むことができます

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

「穴熊校長は学校を潰す」?

 若い頃は将棋が好きで、のぼせてやっていた時代もあります。引退された加藤一二三(かとうひふみ)先生が大好きで(今や「ひふみん」としてアイドルになってしまわれましたね!)、「矢倉」を一生懸命勉強したりもしていました。すると、田中寅彦(たなかとらひこ)先生が登場して居飛車穴熊」戦法を駆使して勝ちまくりだしました。王将を自陣の隅に囲い込んで、金、銀、桂馬、香車で守る鉄壁の陣形ですね。ちょっとやそっとでは、王手がかからず、数ある将棋の守備陣形の中でも最も堅牢と言われています。故・大内延介(おおうちのぶゆき)先生が愛用された王囲いです(2017年にお亡くなりになりました⇒コチラです)。当時は私も真似をして結構勝っていました。もう最近は、将棋を指すこともほとんどないので、ずいぶん弱くなりました。常勤で現場復帰して、松江北高将棋部の顧問を務めましたが、生徒たちに全く勝てませんでした。序盤はいいところまで行くんですが、終盤は全くダメです。さて、今日の本論は穴熊社長は会社を潰す」です。

 経営コンサルタントの大御所、一倉 定(いちくらさだむ)先生は、穴熊社長は会社をつぶす」という名言を残しておられます(私は一倉先生の残された数多くの名言を愛唱しています)。組織のリーダーが穴熊のように社内に閉じこもり、部下に指示するばかりでは、組織の衰退は間違いなしだ、と言うのです。お客さんや世間のニーズは、会社の中にいては絶対に感じ取ることはできません。常に会社内・現場・世間をしっかりと観察して、現場の問題点を洗い出しておかねば、会社のさらなる発展は見込めないでしょう。自社製品がどのように陳列されており、お客様が手に取っているのか、いないのか、手に取っているとしたらどういった客層が多いのか、といったことを細かく観察することが必要です。加えて、自社のライバル商品をチェックし、価格面、外観、性能面など、比較すべきポイントは山のようにあることでしょう。時には自らユーザーとなって使ってみて、体感する事も重要です。経営者が社内に穴熊のようにこもっていては、お客さんのことや現場は絶対に分からないということを、厳に戒められた言葉がこれです。環境変化やお客様の動向、現場での状況を経営者が見極めることは、企業の「方向づけ」をする上でとても大切なことです。また、現状が上手くいっているかどうか、あるいは逆に現場での問題点を見極めるためにも、お客様の意見や現場がとても重要です。それは、社長室にで~んと座っているだけでは分かりません。社長室の外へ出て、現場を見る、お客様を訪問するといったことを行わないと分からないことです。

 私の尊敬する経営コンサルタントの小宮一慶(こみやかずよし)さんのお話によると、小宮さんの会社(東京・麹町)のすぐ近くに、セブン&アイホールディングスの大きな本社ビルがあり、それに併設して、傘下のファミレスのデニーズがあります。小宮さんが、お客さんやスタッフとときどきデニーズで食事をとっていると、そこで何度か、創業者の伊藤雅俊さんをお見かけしたことがあるそうです。もう90歳を過ぎてご高齢なんですが、ご自身で階段を上り、2階のお店にやって来られるのだそうです。売上高6兆円もの会社の創業経営者ですから、デニーズの料理を食べたいのなら、秘書に言えば名誉会長室まですぐに届けてもらえると思うんですが、ご自身でお店に出かけて食べられるのです。味だけなら、名誉会長室で食べても分かりますが、お店の雰囲気や、サービスの状況、そしてお客さんが何を食べ、満足されているかどうかは、お店まで出ない限り絶対にわかりません。やはり、一代で会社を大きく伸ばす経営者は、お客さんを直接見ることや現場を大切にされるのですね。名誉会長でもあり、高齢であるので、そこまでしなくてもと思われるかもしれませんが、その「一歩の踏み込み」を自然にできるところが、一般の人と違うところなのでしょう、と小宮さんは観察しておられました。なるほど!

 長年教育現場に勤め、よ~く考えて見たら、このことは学校現場にも言えることでないかと感じるようになりました。松江北高・元校長泉 雄二郎(いずみゆうじろう)先生(現・島根大学 教育・学生支援機構アドミッションセンター教授)は、朝早くからいつも校内を歩き回って、学校内を鋭く観察をしておられましたね。今学校がどうなっているのかを、ご自分の目で確かめるべく、暇があると校内を歩いて細かなところまで目を光らせておられました。廊下で生徒に声をかけ、先生方の授業をしょっちゅう見に来られていました。学校外部の多くの方々とも太いパイプを持っておられ、その方々から絶えず情報を仕入れられ、北高を客観的な立場で俯瞰しておられました。我々教員に、朝礼や職員会議で、それらをフィードバックしてくださっていました。一方、対照的に、校長室に引き籠もって本ばかり読んでいる校長先生もおられましたね。東大の合格人数にしか興味のない校長も。研究授業に顔を出したことのない校長も。夜遅くまでみんなで頑張る高校入試の採点当日、さっさと帰ってしまった校長も。生徒・学校の成績に全く興味のない校長も。穴熊校長は学校を潰す」と言えるかもしれません。

 やはり一倉 定先生の言葉に、「良い会社とか悪い会社はない、あるのは良い社長と悪い社長である」というのがあります。私はこれをもじって、「良い学校とか悪い学校はない、あるのは良い校長(教師)と悪い校長(教師)である」と言っています。❤❤❤

            *********

 補足です。一倉 定先生は、1918年4月群馬県前橋市に生まれ、1999年3月に80歳でお亡くなりになりました。5000社を超える企業を指導し、多くの倒産寸前の企業を再建しました。徹底して、現場実践主義とお客様第一主義を標榜。経営コンサルタントの第一人者とされ、苛烈なまでに経営者を叱り飛ばす姿から、「社長の教祖」「炎のコンサルタント」との異名を持つ指導者です。中小企業の社長さん方には絶大な人気で、二日間で7万8千円のセミナーには、千人もの社長さんたちが押し寄せました。それを年に6回、30年間も続けておられたのですから、人気のほどはお分かりでしょう。「ダメな会社はTOPがすべて悪い、人のせいにするな、部下のせいにするな、環境のせいにするな」が基本方針。空理空論で経営する社長や、利益だけを追求する社長に対しては、烈火の如く怒り叱り飛ばすとされ、「こんなに叱られるのは生まれて初めてだ」「講義と聞いて来たが、これは講義ではない、落雷だ」との感想を述べる経営者もいたそうですよ。事業経営の成否は、社長次第で決まるという信念から、赤字会社の社長だけを対象に、情熱的に指導した異色の経営コンサルタントです。社長を小学生のように叱りつけ、時には、手にしたチョークを投げつける反面、社長と悩みを共にし、親身になって対応策を練る、まさに「社長の教祖」的存在でした。「経営者として成功したければ、電信柱が高いのも、郵便ポストが赤いのも、全部自分のせいだと思いなさい」という言葉もありましたね。「社長が知らないうちに起ったこと」でもすべて社長の責任なのだ。会社の中では、何がどうなっていようと、結果に対する責任は、すべて社長がとらなければならないことを述べた言葉です。自分は知らなかった、部下がやったことで、と言い訳する社長がいかに多いことでしょう。指導者はそれぐらいの覚悟を持ってあたらなければ、成功はおぼつかないということでしょう。そのような指導者がいかに少ないことか!♠♠♠

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

センターの過去問

 いよいよ最後の「センター試験」が間近に迫ってきました。今日の話題はこの「センター試験」です。

 私が教えている米子東高校内の「勝田ケ丘志学館」では、冬休み、お正月も返上で9回(!)の「パック模試」を行っています。この時期は、こうした本番並みの演習をやるのが一番効果があるんです。もちろん「やりっ放し」にせずに、間違えたところを自分なりに振り返っておく必要がありますが。以前の松江北高で、「模試→1日休み(自分なりに見直す)→フォロー講座(苦手な大問別に講座を開講)」という3日間を1セットで、最後の演習を行っていた頃が懐かしく思われます。

 チョット懐かしい話を。私がまだ若い30代の頃、島根県立松江南高等学校で、冬休みに自分のクラス担任の生徒たちが、点を取るために休み返上で頑張るというので、知り合いの模試業者にお願いして、すでに終わった(あるいは昨年の)古い模試を譲ってもらって(当時はまだ「パック模試」などという教材は全くありませんでした)、本番の時間帯通りに演習をやろうと思い立ちました。業者の中には私の熱意に、ご好意で無料で提供してくれた所、安く譲ってくれたところもあり、自腹で生徒人数分を調達しました。保護者からはお金を取ってくれと言ってきてくださった方もおられましたが、私が勝手にやることなので、やりたいようにやらせてもらいました(当時は辞典が売れて印税がたんまり入っていましたから。「利他の精神」です)。すると他クラスの熱心な生徒の中にも、ぜひ参加したいという者も出てきて、約100人が冬休み返上で毎日頑張りました。この生徒たちがものすごい結果を残してくれたので、翌年度から学校全体で「直前模試演習」というものが始まったのでした。我ながら、良いアイデアだったと思っています。

 この時期は、「センター試験」本試験・追試験にあたって、本番に少しでも慣れていくことと、一種の「勘」のようなものを培わなくてはいけません。実際に出題された問題に数多く触れることで、現在の自分の実力を把握することが必要なんです。一生懸命に市販のセンター問題集を解くのはこの時期にやることではない、というのが私の持論です。中にはヒドイ問題もたくさんあって、そういういい加減な問題で、本来養うべき力が削がれるのが一番怖いんです。特にこの時期、配点の高い長文問題で、「本文」「正解選択肢」の言い換えの『間合い』のようなものをしっかりと体感しておくことが重要だと思っています。私は、松江北高補習科・勝田ケ丘志学館で、秋口から「センター試験」の過去問演習を始め、現時点で、2019年~2010年の本試・追試まで10年分(20回)を解き終わり、解説をしました。もちろん、各大問の解き方のコツを最初に指導しておかねばなりません。年末に米子東高の現役生徒たち(⇒詳細はコチラです)に指導した「センター試験のツボ」資料を、「ダウンロードサイト」に登録しておきました。ご参考にしてください。

・「センター試験のツボ」 (編)八幡成人 ⇒コチラで読むことができます

 尊敬する竹岡広信(たけおかひろのぶ)先生(駿台予備校・竹岡塾)が、「センター過去問」の有用性について、『Q&A即決英語勉強法』(教学社、2016年)に、こんなことをおっしゃっておられました。私が『間合い』と呼ぶものを、逆の視点から、竹岡先生『濁る』と表現しておられますね。全面的に賛成します。

 センター本試験の切れ味のある問題に対処するには過去問以外は考えられません。よくある質問に「古い傾向の問題をやる意味はありますか?」というのがあります。これに対しては「センター試験の根幹は変わっていない。すべてやりなさい」と答えることにしています。また「過去問2週目が終わりましたが、次はどの問題集をやればいいですか?」という質問を受けたときには「変な問題集をやると、『濁る』からダメ。ひたすら過去問を繰り返せ!予想問題集よりも過去問。ひたすら過去問。しみじみ過去問!」と言います。すると「過去問を5周もやったので答えを覚えてしまいました」なんて言う生徒がいるので、そんな場合には「僕なんか、問題文を覚えているけど、それでもやり直すと新たな発見があるよ。とにかく、ぶつぶつ文句を言わないで過去問をやること!」と言います。「書き込みを一杯して使えなくなりました」なんて言う生徒には「2冊目を買いなさい。1年浪人すれば生涯賃金を含めて1,000万円ぐらいの損害が出る。1,000円もしない過去問の本が高いというのはcrazyとしか言いようがない」と言っています。センター試験は良問ですから、高校1年からやるべきです。センター試験という枠にとらわれずに、良質な問題集として使えばいいのです。直前期だけにやるなんて「なんてもったいない!」 (p.142)

 「センター試験」の本番の問題は、非常によく練られていて(稀にひどい問題もありますが…)、私たちがつけるべき英語の力の指標をはっきりと提示してくれています。これを利用しない手はありません。過去問を解く度に、大問ごとに得点率を一覧表に記入させていましたが、こうすることで自分の弱点分野がはっきりと現れてきます。そこを集中的に征服することで、得点力をアップさせることができます。大切なことは、本番の問題を使って、今の自分の「立ち位置」を正確に知ることなんです。それに対して、市販の問題集の中には、本文そのままの表現が正解選択肢に使われていたり、どうしてそれ一つに正解が絞られるのかが疑問なものや、なぜそれが正解なのか根拠すら不明瞭な問題も数多く見られます。やはり長文問題(第3問~第6問)は本番のもので、「本文」とは違う形で言い換えられた「正解選択肢」を見抜く「間合い」のようなものを磨いておきたいですね(「原文典拠の法則」にしたがって「同一内容異表現の法則」を練習するのです)。特に、第1問と第2問の知識問題では、「お色直し」が頻繁に起こりますから、余計に過去問をさらいながら本番に備えておく必要があります。

 私が勤務していた松江南高校では、「二次の力をつければセンターの勉強などはしなくても大丈夫」という教育方針で、伝統的に二次試験の指導ばかりをやっていました。私もまだ若かったので、物も言えずに方針に従って指導していました。ただこれではセンターで取りこぼす生徒も多く、欠陥が生じていました。勤務13年目の最後の年に、私のわがままを言わせていただいて、8月からセンター試験の準備を始めました。福崎伍郎先生『決める!』(学研)を夏休み前に配布して、私がそれまでに指導で溜めてきたセンター試験の資料を整理してプリントにまとめ、少しずつ「センター対策」を計画的に始めたんです。この時のプリント資料が、後の私の「センター対策本」(14版まで改訂版を出しました)となっていきます。今では信じられないかもしれませんが、

▲松江北高で最後に使った黒本

松江南高校時代の若い頃は、過去問の問題集などは出版されていませんでしたから(やって来る出版社の営業の方に片っ端からお願いしていましたが、どこも作ってはくれませんでした。絶対に売れますからと保証したんですが…今では考えられないことです)、自分でセンター本番の問題を縮小コピーして、切り貼り編集をして、版下を作り、印刷屋さんにお願いをして印刷・製本をしてもらって、「過去問題集」として生徒に配布し、演習を行っていました。大変な手間暇をかけましたが、生徒たちは平均180点を取ってくれましたから、やはり効果は絶大であったと言わねばなりません。今は、各社からこぞって「過去問題集」が出版されていますね。松江北高では例年(今は買っていません…)、河合塾『センター試験過去問レビュー』(河合出版)[通称「黒本」]を全員購入して、センター対策のフォローに使っていました。どこの会社よりも解答・解説が詳しいところが魅力の本です(写真上)。「志学館」の生徒たちは現在この本を使って、振り返り学習をしています。

 親しくさせていただいている中川右也先生(三重県鈴鹿高等学校)から、「センター試験」にまつわる詳細な最新データをお送りいただきましたので、「ダウンロードサイト」に登録しておきました。中川先生、いつもありがとうございます。

・「センター試験データ」 三重県鈴鹿高等学校 中川右也先生 ⇒コチラで読むことができます

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

「引きこもり」

 日本語の「カラオケ」「オタク」が、英語圏でもそのまま通用するようになって久しくなりますね。英国オックスフォード大学出版局の英語辞書Oxford Dictionary of English (改訂3版, 2010年)に、当時新たに収録された新語約2,000語の中に、日本語の「引きこもり」hikikomoriとして収録されたことが話題になりましたね(第2版には日本語起源の「オタク」「過労死」「ラーメン」「昆布」などが収録されて話題になりました)。「えーっ、英語として通じるんですか?」と、今日も話題になりました。「引きこもり」が英語として認定されたのは、欧米では若者による「引きこもり」自体が、日本のようには社会問題化しておらず、英語で正確に表現できる言葉がないことが背景にありました。またゲームやアニメといった日本のサブ・カルチャーと、「引きこもり」がイメージ的に重なる点も指摘されました。「引きこもり」は、「社会との接触を異常なまでに避けることで、一般的には思春期の男性に多い」と説明されています。原文はこうです。

[mass noun] (in Japan)  the abnormal avoidance of social contact, typically by adolescent males.

[count noun]  a person who avoids social contact.

ORIGIN   Japanese, literally ‘staying indoors, (social) withdrawal’

 この「引きこもり」を表すとされる英語表現には、幾つかのものが考えられます。Homebodyは、週末に外出したりするでなく、家で読書したり、テレビをみたりゲームをして過ごすのがすきなひとを指す軽い言葉です。homebodyは決して悪い言葉ではないですが、自分自身を紹介する時に言います。I, myself, am actually a homebody sometimes.(時々家で引きこもったりするときがあるんだ。)

 couch potatoは、怠惰な人のことを指します。これは、外に出ないで、ソファの上にずっといる人のことを言います。

“You see James over there? He hasn’t had a job in over a year and just stays home and plays video games all day….what a couch potato
(あっちにジェームズがいるだろう?一年以上働かないで家でずっとテレビゲームだって。すごい引きこもりだよな。)

これでわかる通り、couch potatoには否定的な意味合いがあるので、使う時は気を付ける必要があります。

 anti-social は単純に、会話や社交的に振る舞うのが嫌いな人を言います。この言葉も少し強い言葉なので、誰に対してどのように言うかは気を付けるべき言葉です。友達同士でジョークを言う時に使えますが、状況次第ですね。

 和英辞典には、social withdrawal/ withdrawal from societyと訳されているのを目にしますが、米国ではこの言葉をあまり聞かないらしく、「ひきこもり」という”状態”を示す表現を英訳したものではないかとのことです。心理学や精神医学など専門領域では違うのかもしれませんが。

 cocoonはかいこなどの「繭;繭ごもりする」という意味で、そこから cocoonerが「外出せずに家にこもる人」を言うようです。

 引きこもりのことをhermitと呼ぶアメリカ人もでいました。ドキュメンタリー番組で見たときに、hermitと呼ばれていました(部屋に引きこもっているのはbedroom hermit、自分の世界を作っているのは、ただのhermitと認識していました)。

      *********************

 このような英語になった日本語の研究をしておられたのが、もうお亡くなりになってずいぶんが経ちますが、故・山岸直勇(やまぎしなおとし)先生でした(大阪府立工業高等専門学校、奈良大学)。「英語の辞書・百科事典の誤りについて」という論文を毎年書かれ、私も送っていただいていました。英米の辞典や百科事典に見られる 定義や説明の不備を(特に日本語起源の英語の) 、ライフワークとして細かく検証し続けておられた先生です。⇒例えばコチラで読むことが出来ます  こういうユニークな研究に生涯を打ち込まれた立派な先生でした。お手紙をよくいただいたあの先生の独特の文字を思い出します。♣♣♣

カテゴリー: 英語語法 | コメントをどうぞ

石部金吉

 しばらくして、食事とビールが運ばれると、治子が姿を見せた。そして酌をする。東京では洋服を着ていたせいか、こんなに魅力のある女とは思わなかった。「高比良はんは、真面目な方どすやろな」「どう見えますか」「石部金吉?」「真面目に見えて損しています」  ―峰隆一郎『函館発「日本海」27分の殺意』(集英社文庫)

 峰 隆一郎の推理小説を読んでいて、「石部金吉」(いしべきんきち)という表現に、久しぶりに出会いました。江戸時代から使われてきた表現ですが、もうすでに古風になった表現かもしれません。若い人たちはご存じない人も多いのではないでしょうか?私の周りの若い先生方は誰もご存じありませんでした。

 「石部金吉」の意味は、「非常にきまじめで実直な性格、あるいはきわめて物堅い人、さらには、融通の利かない人間性、女色に迷わされない人」といった意味合いで使われます。まるで石材や金物でできたかのような、生真面目でお固い頭(考え)を持った相手に用いる。特に男女の機微に疎い相手に用いたりもします。この表現を英語で表してみるとより理解しやすいと思われます。「man of incorruptible character」と表現されるので、腐敗していない人柄、あるいは清廉潔白な人とも訳せます。石と金の二つの硬いものを並べて人名めかしたもの」(『広辞苑』)が由来です。実在の人物ではないようです。石部金吉を使った例文を幾つか紹介しますね。―「あの人は石部金吉のような人です。」「毎日、寄り道せずに真っすぐ家に帰るとは、まさに石部金吉ですね。」「石部金吉のような性格の持ち主は貴重ですよ。」

 「石部金吉金兜(いしべきんきちかなかぶと)」は、さらに極端な堅物を指して言われます。「石部金吉」に鉄の兜を着せたような男というのだから、極端に物堅く融通の利かぬ人間を指して言います。♥♥♥

▲JR松江駅もお正月らしくなりました

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

「味司野村」

◎週末はグルメ情報!今週はデミカツ丼

 岡山のB級グルメに「デミカツ丼」がありますね。普通はカツ丼と言えば、卵でとじるのが一般的ですが、岡山でカツ丼と言えば、カツにデミグラスソースをかけていただきます。いつもは、岡山駅2階のサンステにある「Takumi」でいただくんですが(⇒私の紹介はコチラ)、現在長期にわたって工事中です。「デミカツ丼」なら絶対に「味司野村」(あじつかさのむら)が美味しいよと教えてもらいました。岡電に乗っていると、最寄りの電停のアナウンスに出てくるお店です。昭和6年(1931)の創業以来、親子4代にわたって伝統ののれんを守るカツ丼専門店です。「デミカツ丼」の元祖とも言って良い老舗名店。今日初めてお邪魔してみました。岡山駅から歩いても徒歩7分ほどです。電車もすぐそばで停まってくれます。桃太郎通りから1本中に入った道沿いにあります。店舗の外観は、老舗らしく和風な佇まいです。

 お昼時ということもあって、行列を覚悟して行きましたが、何とか1人だけ空席があり座ることができました。入り口で食券を買って注文します。和風で落ち着いた店内です。デミカツ丼が有名ですが、卵とじのカツ丼も美味しいと聞いていましたので、デミカツ卵とじカツの両方が味わえるセット「孫膳」(1,000円)をお願いしました。それぞれカツの肉を、「ロース」か「ヒレ」から選べるようになっています。私はロースを注文しました。初めての人にはこれがお勧めだそうです。ミニサイズですが、両方を食べ比べることができるのが嬉しいですね。丼のサイズは、普通サイズと2/3のサイズ、1/2のサイズがあり、観光途中に「ちょっとだけ食べたい」という要望に応えてくれます。小麦粉とショートニングを約1時間炒め、鶏ガラと野菜のだしでのばしたデミグラスソースが絶品です。ソースのベースは岡山の各店でさまざまだそうです。ご飯とカツの間にキャベツ、トッピングにグリンピースという「デミカツ丼」です。

 お箸」がテーブルに半分埋まっていあますね(笑)。テーブルの上には「七味唐辛子」が用意されてます。「玉子とじカツ丼」に良く合うんですよね〜。味噌汁と、漬物がセットになってます。ネギとカイワレだけのシンプルな味噌汁ですが、出汁がよく効いていて染みる美味しさ。カツ丼には、漬物が良く合いますね〜。2種類のカツ丼を食べるには、ちょうど良いミニサイズ感です。出汁が効いた美味い玉子とじカツ丼。ロース肉は少し厚みがありますが、肉質は柔らかくて食べやすいです。脂もそこまで多くないので、ヒレとロースで悩んだら、とりあえずロースがオススメかな。「味司 野村」では「デミグラス」ではなく「ドミグラス」表記となっていますが、「デミグラス」と言う方が一般的ですね。ご飯の上に茹でたキャベツが乗っているのが、「味司 野村」「デミカツ丼」の特徴。デミグラスソースはドロっとしたタイプで、濃厚な味わい。濃厚なデミグラスソースの中で、キャベツも良い仕事をしてますね。和の「カツ丼」と、洋の「デミグラスソース」が、喧嘩せずに絶妙なバランスに仕上げられたデミカツ丼でした。あ~、美味しかった。また来よう!♥♥♥

カテゴリー: グルメ | コメントをどうぞ

クリスマスツリー

 私の大好きな「フランフラン」(Franc franc)に来ると、必ずと言っていいほど、掘り出し物があります。⇒私のこのお店の紹介はコチラです  今日は、倉敷・三井アウトレットモールのお店に入ると、すぐに目を引いた商品がありました。今日のお買い物は「SWITCHING USB WATER TREE」(1500円)です。お手軽に飾れるLEDのクリスマス・ウォーターツリーです。電源はUSBまたは単3電池3本のどちらかを選ぶことができます。ボタンでツリーをお好みのカラーに切り替えが出来るんです。私は「ブルー」でお部屋に飾っています。ボタン一つで、クリア⇒ピンク⇒ブルー⇒グリーンと色を選ぶことが出来ます。玄関やお部屋のクリスマス・デコレーションにおすすめですね。スイッチをつけると、内部で水(water)がリズミカルに動きながらキラキラ光るのでとってもキレイですよ。お部屋を暗くしてスイッチを入れると、何とも綺麗なデコレーションでした。♥♥♥

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

monitor

 日本語で用いられている「モニター」(=依頼を受けて商品の質・内容などについて意見や感想を述べる人)という意味は、英語のmonitorでは普通ではありません。では、一部の英和辞典にあるように、monitor「一般人から選ばれて放送の批評・感想を広告するモニター」のような語義が普通なのでしょうか?故・D.ボリンジャー博士は、ラジオ・テレビの調査会社に確認を取ってくださいました(ボリンジャー博士は、理論だけでなく、このように生の言語資料・事実を大切にされる偉大な先生でした。記述の正確さを期するために、現場へ頻繁に足を運んで専門家に尋ねて下さったり、集められた言語資料を惜しみなく提供していただきました)。その結果によれば、そのような意味は知らないとのことでした。サンホセのテレビ局にも問い合わせてくださったのですが、可能ではあるとのことでした。スタンフォード大学図書館職員によれば、1977年版政府刊行物のDictionary of Occupational Titlesに、次のような記述が見つかりました。

Broadcast checker : [Person assigned to] check contract violations with advertisers and program producers in violation of FCC regulations and to detect audio and video irregularities. The person also uses a stop watch to check the timing of commercials, public service items, and news.

 しかし、これは一般の人の使う用語ではないとのことでした。イギリスでもR.イルソン博士によれば、使われていない、との報告を受けました。まず普通に使われる用法ではないとしてよいと思われます。また日本語の「商品を使用して意見を述べる人」の意味も一般的ではありません。test userproduct tester[reviewer]などと言うといいでしょう。放送に関してなら、test viewer(テレビのモニター)、test listener(ラジオのモニター)と言います。

 monitorは、普通、動詞で使うと「監視する、観察する」という意味です。名詞なら「画面、ディスプレイ」の意味もあります。

 私が和製英語の判定に関して最も信頼を置いているのが、亀田尚己・青柳由紀江・J.M.クリスチャンセン『和製英語事典』(丸善、2014年、3990円)です。著者らは大学の講義のレポート課題として毎年、受講生に様々な場面で登場してくる和製英語の収集を課してきました。学生が集めてきた「和製英語」を参考にしながら、特に近年造語されてきた和製英語の紹介に重点をおきつつ、巷にあふれる和製英語を600項目セレクトし(「500項目(単語編)+140項目(表現編)」)、1頁に2項目を取り上げ、「背景解説と正しい表現(ショートストーリー)」「そのまま使ったらネイティブにどう伝わる?」「ネイティブによるワンポイント解説」という内容構成で、興味深く解説する事典です。この事典の大きな特徴として、見出し語の右肩に○、△、×と、通じる/通じない標識」を付記している点を挙げることができます。△は「通じる場合もある」という意味で、私はこれが気に入りました。学問的に正確を期していて、今までありそうでなかった事典です。monitorに関しては、○△とありました。

●<背景解説と正しい表現> モニターとは「監視・観察する」こと、「監視・点検する人、装置」、また、消費者・視聴者など商品や放送番組などについて「意見・感想を報告する人」、コンピュータの「出力表示装置」などを意味します。英語ではそれぞれmonitorを使います。ただし「商品や放送番組」のモニターは、ただ監視しているというより、実際に使ったり番組を見たり聞いたりする人なので、「商品」ならa test user、「放送」はテレビならa test viewer、ラジオならa test listener といいます。

●<そのまま使ったらネイティブにどう伝わる?>  「モニター」というと、通常は「監視装置」などと思われます。最近はコンピュータの普及により、「モニター」をディスプレイ装置と考える人も多いでしょう。なお「商品や放送番組」のモニターの意味では、分かりにくいでしょう。(p.234)

カテゴリー: 英語語法

geek

  geek /gi:k/といえば、かつては「変人」とか「オタク」とか「マニア」「いやなヤツ」「世間知らず」「全くくだらない人」「おかしな人」といった、あまり良くない否定的な意味で使われるのが一般的でした。今でも英和辞典にはそのような訳語が並んでいますね。元々は、サーカスやパレードなどの見世物で、ヘビや鶏を食いちぎったり、昆虫を飲み込んだりするパーフォーマーのことを指していたり、1950年代のプロレス界では、敵を「へたれ野郎」とののしる挑発の言葉としても広まった語です。しかし1990年代のコンピューター産業・インターネットの躍進と、それに伴うgeekたちの活躍により、今では「専門家の」(=expert)とか「博識の」(=knowledgeable)といった褒め言葉として使われるようになってきました。そのことは、中村良夫・髙橋邦年・Alexander McAulay・山之内哲也『ネイティブの語感に迫るアクティブな英単語力<大学入学レベル>』(開拓社、2018年)の125ページにも「意味の変化に注意」として出ていました。

My wonderful brother Tom, who is a computer geek, fixed my laptop.(僕の兄のトムはコンピュータの達人でね、僕のノートパソコンを直してくれたんだよ)

 そのことは、英米の辞典のgeekの定義にも見て取ることができます。“a person who is preoccupied with or very knowledgeable about computing” [CED] / “a person who is very  interested in and knows a lot about a particular field or activity : She’s a computer geek.” [MWALED] / “a person who is very interested in and who knows a lot about a particular subject : a computer geek” [OALD]   明らかにポジティブな意味で使われています。この語はコンピュータに関してよく用いられるようですね。コンピューター雑誌に勤務するネイティブの人が言うには、geekは、“at least somewhat knowledgeable computer enthusiast”を指す言葉だということです。多くのネイティブたちの意見も同様です。時代の変化と共に、この単語の意味に変化が見られることは、オックスフォード大学辞書編集部のブログの、“How ‘geek’ has changed over time”(2013)にもはっきりと書かれています。⇒コチラで読むことができます   geek, nerd, dweeb, dorkの意味のかぶりを分かりやすく表したベン図を見つけました。

 同じような意味として使われてきたnerdは、依然として、頭はいいけれど社交性のない「変なヤツ」という否定的なニュアンスが強い単語のようです。CEDgeeknerdの項の定義を読み比べるてみると、そのことがよく分かります。このことはさらに、“informal + usually disapproving” [MWALED] / “―used to show disapproval” [LDOCE] / “informal, disapproving” [OALD] といった辞典のレーベルにも現れていますね。しかし、この語も、今は徐々にポジティブな意味で使われ始めていると、北高ALTのジーノ先生(ニューヨーク出身)が教えてくれました。でもgeeknerdも、今ではあまり普通に使われる単語ではなく、最近はやりの丁寧な単語としては、[形]tech-savvy(〔人・企業などがコンピューターなどの〕現代テクノロジーに精通した)だそうです。勉強になりました。❤❤❤

カテゴリー: 英語語法 | コメントをどうぞ

三井アウトレットパーク倉敷の「ブルックスブラザーズ」

 明けましておめでとうございます。

 今年もどうぞよろしくお願いいたします。今年もブログの更新を毎日続けたいと思います。先輩の先生方に仕込んでいただいた教員魂を、若い先生方にお伝えしてご恩返しをと思っております。どうか応援をよろしくお願いします。

 最近、「三井アウトレットモール倉敷」を訪れることが多くなりました。中国地方最大級のアウトレットモールで、120店舗が出店しています。「倉敷の森」をデザインコンセプトに、水と緑に囲まれた心安らぐ環境共生型空間を演出しているのが大きな特徴です。倉敷駅前に位置し、隣接する商業施設「アリオ倉敷」から、屋根付き連絡ブリッジを通って向かいます。元は、地元の方に長く親しまれてきた「倉敷チボリ公園」の跡地であることを受け、「倉敷の森」をデザインコンセプトとして設定、既存樹木43本を含め、多数の木々を敷地内に配して、自然に囲まれた居心地のよい癒しの空間を演出しています。私の紹介記事はコチラです。年末にも訪れてきました。

 私がここを訪れる目的は、モール内にある「ブルックスブラザーズ」のお店です。1818年にニューヨークで創業以来、一貫してアメリカン・クラシックのテイストを守り続け、最高品質の既製服及び服飾品を提供し続けてきたブランドで、今では一般的な数々のスタイルは、「ブルックスブラザーズ」がこの世に送り出したものも少なくありません。私は洋服は「ブルックスブラザーズ」「ラコステ」と決めているんです。ここはアウトレットモールということもあって、定価よりもずいぶんお安い値段で提供されているのが魅力ではあるんですが、私が通うのはそんな理由ではありません。先日も広島「福屋」デパートにある「ブルックスブラザーズ」をのぞいたんですが、商品が少ない(狭いデパートの売り場では仕方がないか)ので、気に入ったものがほとんどないんです。それでも、博多「岩田屋」のお店になると、時々掘り出し物が見られるんですが、やはり限界があります。ここ倉敷のお店は、東京・青山の本店並みの広さがあるので、品ぞろいがあって、各所にお気に入りが見つかるんです。今日も私のお気に入りのブルーのセーターがいっぱいあり、飛びつきました。広い店内にこの豊富な品ぞろいが、ここの一番の魅力なんです。

 このお店で「ブルックスブラザーズ」のハンカチも買おうと思って、店員の方にお願いしたんですが、在庫が2~3枚しかなく、デザインもイマイチだったので断念しました。偶然、岡山駅前「高島屋」2階をのぞいたところ、「ブルックスブラザーズ」のハンカチが相当数勢揃いしていました。気に入った柄の物をまとめ買いして帰りました。

 もう何十年も前に、初めて憧れの「ブルックスブラザーズ」で買い物をしたとき、いつものように「LL」を買って帰ったんですが、ぶかぶかで大きすぎたんです。アメリカン・サイズであることを知らなくてやってしまった失敗です(イギリス・ロンドンでも同じ失敗をしました。私にピッタリのサイズはMでした)。今でもそのときのセーターは取ってあります。以来、失敗を忘れずに「L」を買っています。品質がいいので、長年愛用できるのが、嬉しいですね。♥♥♥

【追記】 ここに来ると必ず立ち寄るのが「ブルックスブラザース」「フランフラン」「今治タオル美術館」です。今日も収穫がありました。タオルは何と言っても今治です。数年前に講演で今治を訪れた際に、「タオル美術館」へ行って以来(⇒私の紹介記事はコチラ)、今治タオルと決めています。

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

なぐられて強くなる

ボクシングの試合のイラスト

 ボクサーの方から、面白い話を聞きました。「強くなるにはどうしたらいいと思いますか?」―「人一倍トレーニングすることですか?」―「それもありますが、一番は、なぐられることです」―「えーっ?それはどういうことですか?」

 ボクサーは、なぐられて相手のパンチを受けることで、よけられるようになるんだそうです。パンチを受けることで痛さを知る、そのことで反射神経がよくなっていくといいます。この結果、次はパンチが当たらぬように、相手のパンチをしっかりと見据えることができるようになるんだそうです。「よけるために受ける」というのは一見矛盾しているようですが、私はこの話を聞いて、「成功するために失敗する」と相通じるものがあるな、と思いました。

 人間、誰しも失敗します。一度失敗したらその原因を究明し、その根本解決に臨むことが大切です。原因を追及して、それを解決することで、二度と同じ間違いを犯さないようになっていくんです。「失敗が人間を成長させていく」(本田宗一郎)のです。私は日頃、英語の指導でも、このことを力説しています。仮に模試でいい点が取れなくても、その失敗から何を学ぶのか?ということを意識して、振り返って見ることが必要なんです。成績が伸びない人はみんな「やりっ放し」です。望月俊孝さんの『幸せの法則』(中経出版、2007年)の中に、「失敗を人生の宝にする10のヒント」というのが出ていて面白く読みました。なるほど!

1.失敗はスタートライン「さあ、ここからが勝負!」
2.失敗は誇り「失敗は勇気の証、果敢に挑戦したことに誇りを持とう」
3.失敗は学び「うまくいかない方法が1つわかった」
4.失敗は問い「キミは、本気で取り組むつもりなの?」
5.失敗は道しるべ「諦めるのではなく、もう一歩の努力・工夫が必要だ」
6.失敗はチャンス「失敗を乗り越えたらスキルアップできる。ここから伝説が
はじまる」
7.失敗はヒント「別の視点、もっとよい方法があるんじゃない?」
8.失敗はエール「時間はもう少しかかるかもしれない、でもあきらめるな!」
9.失敗は出会い「解決策を教えてくれる人と友達になれるよ」
10.失敗は光「この痛みや経験が次に生きてくるし、次に続く人の勇気になる」

 私が、模擬試験の翌日に「見直しプリント」を配布して、生徒たちに復習を迫るのを続けているのは、こういう理由からです。生徒だけでなく、教員の側も「やりっ放し」では困ります(「忙しい」と称して逃げてしまっている人も見かけます)。私は毎回自分で問題を解き、分析をして、生徒たちの陥るであろう誤りを予測してこのプリントを仕上げています(もう何十年もやっていると、生徒たちがどこでつまづくのかが手に取るように分かるようになってきます。これが大切なんです)。年末に行われた模試の「見直しプリント」を、「ダウンロードサイト」に登録しておきました。ご参考になさってください。

・「2019年3年生11月全統プレテスト」見直しプリント (編)八幡成人 ⇒コチラで読むことができます

・「2019年3年生12月駿台プレテスト」見直しプリント (編)八幡成人 ⇒コチラで読むことができます

 模試の成績が返ってきた際も、平均点や偏差値にのみ目を向けて終わりではなく、「集団の特性」をデータから読み取るために、自身で再度、データを基に分析することも必要です。そのための分析方法を、親しくさせていただいている中川右也先生(三重県鈴鹿高校)からお送りいただきましたので、「ダウンロードサイト」に登録しておきました。中川先生の勤務校の教員研修で使われたハンドアウトです。ご利用ください。中川先生、いつもありがとうございます。

・「テストの分析方法」 三重県鈴鹿高等学校 中川右也先生 ⇒コチラで読むことができます

 今日が、今年最後の更新です。今年も毎日コツコツと更新を続けることができました。いつもお読みいただき応援していただいる先生方、どうもありがとうございました。昨日、今日と大掃除をして、新年を迎えます。私は1月3日から授業です。来年もどうぞよろしくお願いいたします。みなさん、良いお年をお迎えくださいね。🎍🎍🎍

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

「クリスマスの約束2019」

 12月25日深夜12時10分より、2年ぶりの「クリスマスの約束2019」(神奈川県横須賀芸術劇場)ですした。2001年の放送開始以来、深夜の時間帯にもかかわらず、常に高視聴率をマークしており、これまで二度にわたり「ギャラクシー賞月間賞」を受賞、さらに「放送文化基金優秀賞」を受賞するなど、「放送業界屈指の音楽特番」と称するに値する番組です。

 冒頭、小田さんが岩手県・小岩井駅で、電車から降りて走ってきた小学生と会話を交わすシーンから番組は始まりました。「『クリスマスの約束』に出てましたよね?」 小学生たちがそう話しながら小田さんに駆け寄り、サインをせがみます。駅を出てからも、一生懸命手を振る子どもたち。小学生にまで認知される小田さん、いまや小田さんの代名詞の一つともなった同番組です。今回は、シンガーソング・ライターのKAN松崎ナオが初参加しました。清水翔太は5年ぶりに出演です。また、熊木杏里矢井田瞳は、3月に放送された「小田和正音楽特番「風のようにうたが流れていた」」に続いての出演です。さらに、いつものJUJUスキマスイッチ根本 要水野良樹和田 唱ら、小田さんを支え続ける最強の面々が、今回も様々な楽曲でクリスマスの夜を鮮やかに彩りました。楽曲中に何度も出てくる小田さんの「追っかけコーラス」には、いつものことながらうっとりさせられます。オフコース時代から、小田さんのコーラスへのこだわりは半端ないものがありました。

 番組初参加のKANは、小田さんのリクエストで代表曲の一つで「愛は勝つ」を披露し、観客の心をほぐしていきますが、いつまでも歌い続けるKANにストップをかける小田さん、という脚本だったようですが、「そう簡単にはいかないよね」と。同じく初登場の松崎は、小田さんから「なんとなく縁がありまして……」と、松崎の父親の事務所から初めて音楽活動をスタートしたとの関係を切り出される一幕も。母親の影響でオフコースが好きだという松崎は、小田さんのリクエストでオフコース時代に発表した地味~な曲「誇れるのはたゞ」を披露します。また、「アーティスト同士がお互いを認め、愛し、尊敬する」という共通の思いで、小田さんと共に番組を支え続ける仲間たち、“委員会バンド”は、チューリップの名曲「心の旅」をカバー。さらに新曲「愛は何度も」を初披露しました。委員会での曲作りで、一番歌詞にうるさかったのは小田さんで、指示代名詞にまで細かくこだわっていたと暴露されました。

 今回で3回目となる和田との「ムービーメドレー3」は、懐かしの映画音楽や松たか子が歌ったあのアナ雪の名曲などで場内を盛り上げます(今回はさんは参加せず、ナレーションでの登場でした)。会場のスクリーンには各映画の名場面写真が流され、映画好きには堪らない演出です。この10月に亡くなった父・和田 誠さんに、いつかCDジャケットをお願いしたかった、と小田さんは残念がりました。収録日の前日が44歳の誕生日だった和田に、小田さんの合図で出演者たちからサプライズでバースデーソングを贈る一幕も。メドレーの披露を前に、和田が観客に口笛での参加をレクチャー。観客による“口笛自主練”の成果で合唱も大成功。ステージと観客が一体になる「ムービーメドレー」に、出演者たちがノリノリで聞き入っていたのも印象的でした。

 さらに、根本スキマスイッチに次いで10回目の出演となるJUJUは、矢井田熊木と共に往年の名曲を披露。デビュー15周年を迎えツアーを終えたJUJUは「歌うことがすごく楽しい」と小田さんとの息もぴったり、しっとりと歌い上げました。

 そして最後は、「クリスマスの約束」のテーマソングともいえる「この日のこと」清水を招き入れて披露。今年の8月にSNSで清水「この日のこと」を一人で歌っているのを聴いた小田さんが「『クリ約』は この歌で始まったなということを改めて思い出した。今年はぜひ翔太を呼んで、この曲で締めくくりたいと思いました」と語った、原点回帰ともいえる楽曲です。小田さんがテーマ曲として書き下ろした、ミュージシャンたちへのメッセージソングでもあります。

 収録は3時間以上にもわたったといいます。いつも思うことですが、これだけの内容を、小田さんたちはどのくらい密に練習したかと思うと、頭が下がります。実に内容の濃い音楽番組だと思います。アーティストたちの熱い思いが詰まったステージに、3万通を超える延べ10万人の応募の中から選ばれた1,600人の観客が酔いしれました。♥♥♥

▲当日全国主要紙に出た同番組の広告 金がかかっています!

 年末は、最近発売となった小田さんのツアーDVD『Kazumasa Oda Tour 2019 ENCORE!! ENCORE!! in さいたまスーパーアリーナ』を観ながら、のんびりと過ごしたいと思います。

カテゴリー: 私の好きな芸能人 | コメントをどうぞ

鉄道博物館「トレインレストラン」

◎週末はグルメ情報です!!今週は「トレインレストラン」 

 埼玉県・大宮市「鉄道博物館」の中にある(私は全国の鉄道博物館巡りをしています)、高級な食堂車気分を味わえる「トレインレストラン日本食堂」に入ってみました。。2017年7月に鉄道博物館「車両ステーション」2階にオープンした、食堂車をテーマとしたフルサービスのレストランです。入口すぐのエスカレーターで2階へ。少し歩くと吹き抜けがあり、展示車両群を見下ろすことができます。吹き抜けの更に先に、赤くて丸い「日本食堂」の看板が見えてきました。憧れの食堂車のノスタルジックな空間を再現した「トレインレストラン日本食堂」です。

  ここでチョット「日本食堂」の歴史を。明治32年(1899)5月25日山陽鉄道(現在の山陽本線)に、日本初の食堂車が誕生しました。当時は、一等旅客のためのサービスとして導入されて、洋食中心のメニューが提供されていました。そして、昭和13年(1938)、「日本食堂」が誕生して、コックが揺れる厨房で腕を奮い、ハンバーグやビーフシチュー、エビフライなど、美味しい料理で旅人を満足させました。開業から80年、多くの方から愛されたノスタルジックな空間を鉄道博物館に再現し、食堂車時代から受け継がれてきた「日本食堂」自慢の「デミグラスソース」をさらに進化させた復刻料理を味わうことができます。

 これ、もう完全に食堂車ですね、コレ。カシオペア」で提供していたフランス料理コースやさまざまなメニューがありましたが(サーロインステーキ、ビーフシチュー、ハンバーグステーキ、ビーフカレー、メンチカツ、オムライス等々)、今日のお昼は東京駅「ドンピエール」で、久し振りにカレーを食べることに決めていたので、ここでは東京駅丸の内駅舎をモチーフにした「東京駅赤レンガパウンドケーキ」*を頂くことに。出てきたケーキの器を見て、びっくり。寝台特急北斗星」で実際に使われていたお皿です!食器類も「北斗星」で使われていたもの。磁器製のプレートと銀製のカトラリーは食堂車で実際に使われていたものとなっており、インテリアも相まってかなりのレベルで「完全再現」が実現しています。このケーキ、ヒマラヤの赤塩を使った塩キャラメル味です。甘さも控えめで、パウンドケーキよりもちょっとだけ軽く、チョコバナナの香りがします。中にはクルミの粒がちらちらと。香ばしさとコク・赤砂糖独特の熱帯系の甘さがぶわーっと。塩は、しょっぱい感じはなくてコクと甘さをキレのあるものにしてくれているような感じです。ザラメ糖に歯が当たると甘さがぶわっーとくるけれど、塩のおかげかあまり甘すぎなくって、お口の中でしっとり馴染むごとに、バターの乳味感のあるコクが膨らんできます。豊かな味わい→後ひく味わい→他にあまり無さそうな味わいで、なによりカリッジャリッが堪らず美味しかったです。

 建物窓側の席もあり、こちらからは時折走る電車が見えます。かつて誰もが憧れた食堂車のノスタルジックな空間で、上質なメニューを楽しむことができますよ。♥♥♥

*「東京駅」は1914年(大正3年)6年半の建築期間を経て開業、833万4,000個の赤レンガが使われ、駅舎の全長は320mあります。

カテゴリー: グルメ | コメントをどうぞ

ジャネーの法則

▲2013年宮崎での講演会にて柴田紘一郎先生

 数年前、柴田紘一郎(しばたこういちろう)先生(さだまさしさんの名曲「風に立つライオン」のモデルになったお医者さんです)からいただいた年賀状の冒頭に、「ジャネーの法則」についての言及があって、私は知らなかったのでいろいろと調べてみました。「いやあ、一年って早いね~。あっという間だね~。」というアレです。

 「ジャネーの法則」は、19世紀のフランスの哲学者・ポール・ジャネが発案し、甥の心理学者・ピエール・ジャネの著書において紹介された法則です。主観的に記憶される年月の長さは、年少者にはより長く、年長者にはより短く評価されるという現象を、心理学的に説明したものです。簡単に言えば、生涯のある時期における時間の心理的長さは年齢の逆数に比例する(=年齢に反比例する。例えば、50歳の人間にとって一年の長さは人生の50分の1ほどであるが、5歳の人間にとっては5分の1に相当する。よって、50歳の人間にとっての10年間は5歳の人間にとっての1年間に当たり、5歳の人間の1日が50歳の人間の10日に当たることになります。つまりは、生きてきた年数によって、1年の相対的な長さがどんどん小さくなることによって、時間が早く感じるということです。

 この「ジャネーの法則」の、「年齢に比例して感じる時間が短くなる」というのは、分かりやすく言うと、
1才のときを1とすると、
2才のときは1/2
3才のときは1/3
5才のときは1/5となりますから、
数式にすると、Y(体感時間)=1/n(年齢)となりますね。

 注意すべきは、これは今現在進行している時間の体感速度ではなくて、過去を振り返ったときに感じる時間の長さの印象を言っているということです。子どもの頃は見るもの、聞くものすべてが新しく未経験なので、驚きがあるもので、それが強く意識に残り時間が長く感じられます。一方、大人になると、新鮮味のあるものに接する機会が少なくなり、時間があっという間に過ぎ去ってしまうのです。同じことを繰り返す頻度も多くなり(マンネリ化)、それによってさらに時間の経過が早くなるのでしょう。年寄りの一年は早いのです〔笑〕。

 ブッダは、修行者たちに「命の長さ」について尋ねられました。1人目が命の長さは数日間でございますと言うと、そなたはまだ分かっていないと言われました。2人目が私は命の長さは食事の間くらいのものと感じますと言うと、そなたもまだ分かっていないと言われました。3人目が命の長さは一息つく間もありませんと答えると、ブッダはは大いにほめられてそなたのいう通りだと言われています。またこんな喩えもしておられます。「たとえばここに、弓を射る名人が四人いる。1人は東に、1人は南に、1人は西に、1人は北に向かって、同時に矢を放つ。その矢が落ちる前に、目にもとまらぬ早さで、4本とも矢をとらえてしまう男がいたら、この男は足が速いだろう」―「はい、それは速いです」―「その何倍も何倍も早いのが、人間の命だ。命は実に足が速い」

 より充実した満足感を実感できるよう、時間を長く感じるためには、次のようなことを心がけるとよいでしょう。私はできるだけこのような生き方を心がけているんです。新しい人と出会う。関わりあう。②挑戦を続ける。知識に貪欲になる。③知らない場所、新しい環境に足を踏み入れる。④何事も自発的に必死に取り組む。 生活の仕方ひとつで、充実した毎日を過ごし、時間の流れを遅くすることができるのです。ということで、来年も①~④を実践しながら、頑張ることといたします。♥♥♥

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

プレイバック~八幡の一年

 激動の令和元年も、もうすぐ終わろうとしていますね。年の終わりにあたって、私の今年一年間の活動を振り返っておきたいと思います。何と言っても、私にとって今年一番の大きな出来事は、4月から米子東高校に新しくできた浪人生の予備校、「勝田ケ丘志学館」で教えるようになったことでしょうね。今までは松江北高だけで、非常勤講師(補習科・現役)として勤めてきましたが、今は週に2回、米子東高校まで電車通勤しています。素晴らしいスタッフと、熱意・意欲にあふれる優秀な生徒たちに囲まれ、充実した授業をさせてもらっています。また、駅で、そして学校まで、かなりの距離を歩くようになって、体もチョットだけ健康になった気がしています。

◎著作活動

 赤須 薫(編)『コンパスローズ英和辞典』(研究社)が発売になりました。八幡が約3年間原稿執筆に取り組んだ最新の学習辞典で、『ライトハウス英和辞典』(研究社)の上級版学習辞典となります(かつての『ルミナス英和辞典』級)。最も大きな特徴としては、大西泰斗・ポール・マクベイ両先生に、「語のイメージ」を監修していただいていることでしょうか(写真下)。大学入試の新しい流れを見すえた編集となっており、収録項目は10万5千語になります。

 ちなみに「コンパスローズ」(羅針図)というのは、地図や羅針盤の文字盤の中で方位を表示する図案のことですが、「英語」という大海に乗り出して進路に迷わないための指針となる辞書を目指しています。『ライトハウス英和辞典』の上級版という位置づけのため、いずれも「(英語という大海での)航海を助けるもの」というイメージで統一しています(ライトハウス「灯台」ですね)。⇒詳しい中についてはコチラをご覧ください。

 2月に、熊本大学教授の登田龍彦(とだたつひこ)先生のご退職をお祝いして出版された、西岡宣明・福田稔・松瀬憲司・長谷信夫・緒方隆文・橋本美喜男(編)『ことばを編む』(開拓社、7,000円 税別)という研究論文集に寄稿しました。この本は、37年の長きにわたり、教育、研究に没頭され、多くの教え子を育てていらっしゃった、熊本大学・登田龍彦(とだたつひこ)教授の定年退職を祝して、友人、同僚、教え子たちが寄稿した40篇から成る研究論文集です。論文の内容は統語論・意味論・語用論・機能論・語法・音声学・音韻論・形態論・言語習得・英語教育・方言学・文体論・文学と多岐にわたり、登田教授のことばの研究と教育を通してつながった学徒たちが、教授への心からの思いを込めて丹念に編み込んだ一冊です。学生時代に本当にお世話になった登田先生への感謝の気持ちを込めて、「The other dayの語法」という調査結果を載せていただきました。「日本語の「先日」より現在に近いこともあり,場合によっては1日前のこともある.という、『ジーニアス英和辞典』(2014)、『プラクティカルジーニアス英和辞典』(2004)、『アクティブジーニアス英和辞典』(1999)、『ジーニアス和英辞典』(2011)に挙がっている誤った注記の問題点を分析したものです。詳しくはコチラをご参照ください。

 11月1日には、『2021共通テスト重要問題演習英語リーディング』『2021共通テスト重要問題演習英語リスニング』(ラーンズ)の二冊が刊行されました。新しく始まる「共通テスト」の出題方針、試行調査で見られた出題様式を踏まえて、分野別に基礎の定着をはかり、共通テストで求められる思考力・判断力・表現力の土台を養成するための最新教材です。問題冊子、解答・解説、別冊ナビゲータ冊子の3冊から成り立っています。私はこのナビゲータ冊子部分の執筆を長年続けています。おかげさまで、従来のセンター試験の『重要問題演習』同様に、全国多くの学校でご採用いただいているようで、嬉しく思っています。詳細はコチラをご覧ください。

 私が編集委員を務める『ライトハウス英和辞典』(第6版、研究社)の、来年度の販売促進用パンフレットに、「この1年でalmostが4回も出題された!!」を書きました。新しい「共通テスト」では、文法・語法問題はなくなりますが、文法指導はしなくてもよい、ということには決してなりません!「文法のための文法」を聞くことはなくなりますが、「英語を正確に読み解くための文法」は非常に大切になってきます。そのことを、この一年の「センター試験」「共通テスト試行テスト」の問題の中で、はっきりと感じることができるんです。そのことを丁寧に解説しました。コチラで現物を読むことができます。

◎講演活動

 2月25日(月)、兵庫県立豊岡高等学校(和魂百年館)で、「平成30年度兵庫県高等学校教育研究会英語部会但馬支部総会・研究大会」に招かれて、お話しをさせていただきました。但馬支部の副支部長・大塚幹典先生(兵庫県立生野高等学校教頭)とのつながりでお招きいただきました。大塚教頭先生とお会いするのは今回が初めてでしたが、先生には以前より、私の作成するセンター教材やら英語教材を可愛がっていただいた関係で、また共に故・渡部昇一先生の熱狂的ファンであることつながりで、親しくさせていただいておりました。「不易な英語指導と徹底した分析で英語力をつける~英語は絶対に裏切らない!」というテーマで、90分お話しをさせていただきました。若い先生方にメッセージを発しました。⇒詳細はコチラ

 8月31日(土)に、「『大学入学共通テストに向けて』~考えうる指導事例を通して,新入試に備える~」研究会(ラーンズ)の英語講師として東京会場に登壇しました。ウェビナー(WEBセミナー)で、仙台・東京・名古屋・大阪・博多を結んでの同時開催です。仙台会場、名古屋会場、大阪会場、博多会場は、それぞれWEBに接続してスクリーンを通して、先生方にご参加いただきました。終了後もたくさんの先生から声をかけていただき、賞賛のお言葉もいただきました。会の中でも触れたことですが、私は教師の仕事は「生徒の心に火をつける」ことだと思っています。「今日は私たち教師の心に火がつきました」という言葉が、アンケート中にたくさんあったことが一番嬉しかったことでした。⇒詳細はコチラ

 10月24日(木)、鳥取県立米子東高等学校の「多目的ホール」において「進路PTA」の講演会に出かけてきました。雨の降る中を、約180名の保護者のみなさんが、午後7時半よりお集まりになりました。講演のテーマは、「共通テストでも英語は絶対に裏切らない!~保護者の心構え」でした。私の2冊のセンター冊子を、ご参加いただいたみなさんにプレゼントさせていただき、喜んでもらいました。⇒詳細はコチラ

◎特別授業

 3月13日に岡山県立笠岡高等学校で、最後のセンター試験に向けての特別授業をしました。2年生191人を文系・理系と半分に分けて、同じ内容を2度授業を行いました。新たな「共通テスト」に変わる前の最後のセンター試験受験者ということで、ずいぶんと気合いが入ったことでした。⇒詳細はコチラ

 8月1日、兵庫県立村岡高等学校に、「センター試験」の授業に行ってきました。進路指導部長の廣地聖史先生から声をかけていただきました。英語センター試験対策夏季特別講座「英語は絶対に裏切らない!」というタイトルを掲げ、センター試験の各大問の解き方を解説しました。熱心な生徒さんばかりで、こちらも気合いが入りました。⇒詳細はコチラ

 12月6日(金)と12月16日(月)の2回に渡って、鳥取県立米子東高等学校の現役生徒諸君に「センター試験特別講座」を行いました。本当に熱い生徒たちで、かつての松江北高の授業を彷彿させるような熱気でした。授業が終わってからも、質問や私の教材を求める生徒たちで長蛇の列ができました。その後も「志学館」に教材を求めにやって来る生徒たちが後を絶ちません。⇒詳細はコチラ

「がんばってもがんばってもうまくいかない でも気づかないところで 誰かがきっと見てる」(「東京の空」小田和正さん(72歳)がしっとりと歌っています)   八幡の実感です

 この一年、毎日かかさずこのブログを更新してきました。これで9年間続けてきたことになります。「継続は力」ですね。来年もすでに、新しく始まる「共通テスト」の教材作成や特別授業の依頼も入っています。健康に留意して、ボチボチと頑張ろうと思います。今年一年、八幡の活動を応援・支えていただきましたたくさんの方々に感謝したいと思います。ありがとうございました。♥♥♥

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

伊東屋バイシクルブラック

 以前、銀座の「伊東屋」さんをのぞいていたところ、面白い物を見つけました。文房具専門店として有名なあの「伊東屋」さんの「オリジナルバイスクルブラック」です。 「エーっ?伊東屋にトランプ?」と当時はビックリしましたが、黒い背景に白と鮮やかなスートが目を引きます。特徴的なデザインでありながらシンプルで視認性が高く、使いやすいカードです。私の「趣味」の一つに(まさに英語のhobbyです。趣味」hobbyは全く異なりますが、生徒達は実に安易に捉えています ⇒コチラを参照のこと)、世界中の珍しいデックを集めることがあります。今回のデックも、私のコレクションの一つに追加されました。最近も伊東屋さんに行ったんですが、まだ販売されていました。ロングセラー商品ですね。

 ここで、このカードの歴史について。「バイスクル」というのは、世界最大のシェアを持つU.S.プレイング・カード社」(U.S.P.C)のトランプです。アメリカ・ケンタッキー州で製造されています。1885年に誕生した「バイスクル」は、ポーカーゲームやマジックなどで愛用され、世界中で認知されています。カード表面の独特なエンボス加工によりとても滑りが良く、リボンスプレッド(トランプを直線状・弧状に広げること)がしやすいため、マジシャンの必需品となっており、愛用されています。2010年前後に、U.S.P.C社は本工場をそれまでのオハイオ州からケンタッキー州へ移しました。KY製」というのはケンタッキー州へ工場を移した後に生産されたデックを指していて、それ以前のモノについては「OHIO製」と区別しています。なぜ区別しているのかと言うと、実は「KY製」となってからのU.S.P.C社製は、マジシャン側から見るとずいぶん品質が著しく低下してしまったと感じられるからなのです。大きく変わってしまったのは、主に以下の2点です。

①カードの硬さ(弾力の維持力)

②滑りの維持力

  新品を空けた直後はしっかりとした弾力が感じられるのですが、暫く使っていくうちにどんどん柔らかく、頼りない弾力になってしまいます。OHIO製」は一度弾力が弱くなってしまっても、ケースにしまって時間が経つと、ある程度は元に戻りますが(勿論使い込めば相応に柔らかくなります)、KY製」は柔らかく弱々しい弾力に定着するまでの時間が非常に短く、そのためカード自体の耐久性がかなり落ちているのです。カードの弾力というのは、マジックやフラリッシュで非常に大切な要素ですから、これの「保ち」が短くなると、それまでの感覚で行っていた技法や演出に違和感を感じるようになってしまうわけです。

 カードマジックにおいて、カードをテーブルに広げたり手でファン状にする事は多いので、使用するカードには滑りの良いモノが求められます。この点だけは今までBICYCLEを筆頭にU.S.P.C社製が断トツで他のメーカーに勝っていたのですが、「KY製」となって以降、この滑りが鈍くなりやすいカードが目立つようになってきました。カードは紙製ですから、当然汚れや手の汗などで表面の滑り具合は落ちていきます。これは仕方の無い事なのですが「OHIO製」は10年前のトランプであろうと、保存状態が良ければ非常に綺麗に滑ってくれました。また、多少使い込んで滑りの鈍くなったデックでも、ケースにしまっておけば翌日に元通り、というのが当然の事でした。しかし、KY製」となって以降、最初は滑るものの、少し時間が経つと急にガサガサになり、全く滑らなくなってしまうカードが出てきたのです。テーブル上にリボンスプレッドしても、ボソボソと他のカードを引きずるような広がり方になります。見た目の綺麗さにおいて、これはマジックにおいてかなり致命的な欠陥なんです。

 品質とは関係ありませんが、BICYCLEや他のカードのケースデザインが変更されました。裏模様の描かれていた面に広告文が入るようになり、これはマジックでの秘密動作に関わってくる点でしたので、マジシャンには不評となっています。またジョーカーが、カラージョーカーとなり、美しくはあるんですが、使い慣れたマジシャンの見地からは昔ながらの線画モノクロのジョーカーがいいという根強い声があります。パケット・マジックが大好きな私は、ジョーカーを使うことが多いんですが、個人的には、昔のモノクロジョーカーの方が好きです。

 こうした変更に対して、著名なマジシャンにより「BICYCLEに変わるマジシャン向けのデックを作ろう」、「昔の質を再現してカードを作ろう」といった動きがあります。これらのデックは勿論高品質なのですが、まだまだマジシャンのスタンダードとは成り得ていないのが現状と言えるでしょう。♠♣♥♦

<

カテゴリー: マジック紹介 | コメントをどうぞ

「ウェッジウッド」

source,java,coffee,cup,food 昔、ある人から「ティーカップはとって部分が命だ」ということを聞いたことがあります。そう言われてみると、日本製のコーヒー・紅茶のカップは、とって部分が持ちにくいものがほとんどです。指を中に入れて持ち上げようとすると、重さに耐えきれなかったり、滑りやすくて思わず落としそうになったり、熱くて持てなかったり、などです。そんな中、私のたどり着いたカップは、英国製高級陶磁器メーカーウェッジウッド」のものでした。創業以来300年にまたがる長い歴史の中で、とってのデザインだけでも何百回もの修正が繰り返された結果だけに、持った時のバランスは絶妙の感があります。とっては一点ずつ、手仕事で仕上げられます。何気ない形に、力学と美学の見事な融合を見ることができますね。何よりも上品なデザインに強く魅かれます。ボーンチャイナ(骨灰磁器)は焼いて骨にした牛骨を磁土に混ぜて使いますが、骨灰の質と量で器の肌合いが全く違ってくるのです。「ウェッジウッド」は骨灰含有率が51%。これが高くなればなるほど素地に粘りがなくなり、成形が難しくなるのです。焼いたときの収縮率が大きく、焼くときの温度幅も限定されるために秘伝の高い技術ノウハウが必要になってきます。透光性も高く、表面にはなめらかな光沢が。洗ったときの水切れもよく、長年使っても光沢が消えません。ファイン・チャイナと呼ばれるのも分かる気がします。お値段は高くても、長年愛用して必ず元の取れる陶器です。

 創業主・ジョサイア・ウェッジウッド(1730~1795年)は、若いころから製陶技術や化学・図版などの知識を評価され、彼が開発した陶器は好評を博します。彼が残した青地に白いレリーフの「ジャスパー」は、ウェッジウッド」の代名詞にもなっている美術的装飾品と言ってもよいものです。“ウェッジウッド ブルー”と呼ばれる気品高いペールブルーです。ウェッジウッド製の焼き物は、無光沢の青の地色の上に小さな白いカメオが浮き出ている優美なデザインが有名ですが、その地色が色名になりました。その青にも、「ウェッジウッドライト」「ウェッジウッドダーク」の2種類があり、どちらも1892年から色名として使われています。英国王室だけでなく、世界中の王侯貴族から愛されている名品です。飽きのこないデザインは、何年使っても大切に大切に愛して使っています。何とも味わい深いコーヒー・カップです。2009年に経営破綻しましたが、同年キャピタルパートナーズ社が親会社となり再建を目指し、2015年フィンランド企業フィスカースの子会社、WWRDグループホールディングスの一員となっています。

 人はコーヒーを目でも味わうとされ、これを「視覚試飲」と呼ぶんだそうです。目で味わうためには、やはりコーヒーカップですね。コーヒーの琥珀色とのコントラストが映える「白地のカップ」が最適と言われています。私は毎朝「ウェッジウッド」のコーヒーカップで飲んでいます(写真上)。ボディに施されている模様が、カップの正面にくるようにセットすると、美しいカップのデザインも楽しみながら味わうことができます。偶然入った喫茶店が「ウェッジウッド」のカップを使っていると、コーヒーの味が一段と美味しく感じられます。松江のバリスタ・日本チャンピオンの名喫茶店「カフェVITA」(ヴィータ)のカップも、高級感のあるウェッジウッド」でしたね。♥♥♥


 最近の病院の血液検査結果が少しずつ悪化していることもあって、甘い物は極力控えるようにしていました。今週、岡山・香川へ旅行した帰りに、久し振りに松江駅裏の「Cii stand」(シースタンド)をのぞきました(このお店の私の詳しい紹介はコチラをご覧ください)。クリスマス・シーズンということもあって、店内はクリスマス仕様の可愛らしい飾りとなっていましたよ。ショー・ウィンドウのケーキも全てクリスマスバージョンです。店長の講武千晶さんによれば、クリスマスケーキの予約で好調のようです。ということで、私もクリスマスケーキを買って帰りました。今年のクリスマス・イブのケーキです。メリー・クリスマス!!今夜は小田和正さんの2年ぶり「クリスマスの約束2019」です。♥♥♥


▲今年の八幡家のモンブランクリスマスケーキ

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

HUILE & EAU

 フランスのマジック・コンベンションで発売された「オイル&ウォーター」の最新版「HUILE & EAU」です。オイル&ウォーター」というのは、水と油が分離するように、赤いカードと黒いカードをいくら混ぜても混ぜても、いつの間にか分かれて、また集まってきてしまう、というもので、山のような作品・書籍が出ており、私もたくさん持っています。⇒例えばコチラ  この作品は、両面黄色青色のカードでこの現象を演じるもので、見た目にもビジュアルで実に綺麗です。インパクトもあります。

 トリックの考案者のPhilippe Molina氏は、このテーマに関する長年の研究の後、その集大成を今回発表しました。想像してみてください。黄色青色のカードを裏表両面を見せて、1枚ずつ交互に黄・青・黄・青・黄・青・黄・青の順に重ねていきます。おまじないをかけると、あら不思議、いつの間にか黄色4枚青色4枚に分離しています。同じ事をもう一度繰り返します。やはり再び、黄色4枚青色4枚にきれいに分かれています。今度は、黄色4枚青色4枚をそのまま重ねておまじないをかけます。するとどうでしょう。今度は、黄色青色がそれぞれ交互に並んでいるではありませんか!裏表を両面検めることができます。さらには、色で示すため、視覚効果抜群で観客に大変分かりやすい、かつ大変不思議な現象になっています。素晴らしいのは、演技が終わった瞬間に、リセットが完了している点。日本でも、発売と同時に品切れになるほどの大人気です。一つ困った点は、解説映像がフランス語でなされているので、なかなか細かな手順が理解できずに、何度も何度も失敗して苦労しましたが、繰り返し繰り返し映像を見て、何とかマスターすることができました。でもこれ、間違いなく、「オイル&ウォータ」の大傑作ですよ。♠♣♥♦

カテゴリー: マジック紹介 | コメントをどうぞ

MHくん、すごい!

 12月16日(月)、一番だけが知っている」(TBS系午後9時~)という番組に、あの大御所Mr.マリックが、「とんでもないマジシャンが現れた!」と絶賛するMH」(エムエイチ)くんが、地上波に初登場して、観客・視聴者の度肝を抜きました。マリックさんも認める天才マジシャンです。本名は、濱口大輝(はまぐちまさき)くん。札幌に住む高校1年生16歳の少年です。MHというアルファベットの組み合わせの意味は、濱口大輝(まぐちさき)のイニシャルをとったもので、マジシャンとして活動する上で、芸名で活動していきたいという想いだったのでしょう。適当にイニシャルにした、と告白していました。小学生の頃にマジシャン・セロのマジックを見て、すごい!!」と思ったのがきっかけだったそうですが、MHくんはさらに「自分にもできるかも!?」と思ったところがただ者ではありませんね。普通の人だったら、「すごい」で終わるのですが、自分にもできるかもと思ったというから驚きです。その憧れだったセロさんとは、現在SNSでつながっているということで、一つ大きな夢を叶えたのでした。

 マジックとの出会いは13歳の時、テレビで見たマジシャンのセロの演技の動画を見て、自分でもできるかもしれないと思い、ボトルにキャップが貫通するマジックを自作したのが始まりです。以来、全て自分の手作りで創作を続けています。ふと思い付いてから作るまでは、早いもので10分ほど、長くて5時間くらい費やすそうです。現象を先に考えてから、思った現象を実現する形で深めていくのだとか。仕組みの面では、基本的に既存の仕組みを応用したものや、それらを組み合わせたもの、自然に起こる現象を都合よく組み合わせて構成。突然アイデアを思い付くので、時と場所はあまり関係ありません。ただ、何となくトランプを切ってみたり、手品のことを考えているときは閃きやすいそうです。実際に彼が作成時間として当てているのは、学校から帰って来て寝るまでの間です。気が向いたときに学校の課題や勉強をすることもありますが、それ以外はほとんどマジックに費やしているとか。学校でもつまらないときや暇なときは、仕掛けを想像しているそうです。

 セロさんの影響を受けていることから、彼のマジックはとても「ビジュアル」です。初めて見る人はCGとしか思えないでしょう。それぐらいに超絶でビジュアルな現象が起こります。マジックの世界に入ってからは、SansMindsのいろいろな作品に影響されて、ますますビジュアルなものに夢中になっていったそうです。それからは、ニコラス・ローレンス(Nicholas Lawrence)さんの現象にかなり影響を受けました。ニコラスさんもすごいビジュアルな作品を発表し続けていますが、BSの番組で憧れのマジシャンと対談が実現していましたね。今後の活躍に期待です。この子、本当に信じられないくらいにすごいです!!!♠♣♥♦

カテゴリー: マジック紹介 | コメントをどうぞ

「名代とんかつ かつくら」

◎週末はグルメ情報です!今週はとんかつ

 食に対して厳しく、洗練された土地・京都でとんかつ一筋に追求してきた「かつくら」は、食材や素材のひとつひとつに心を配ります。かつ本来のサクッとしたジューシーな美味しさはもちろん、2種類のとんかつソースやドレッシングにも美味しさを追求し続けています。私は東京・新宿高島屋」の14階にある「名代とんかつ かつくら」にお邪魔しました。実は、前日も立ち寄ったんですが、休憩中でお店が閉まっていたんです。こうなったら執念でも食べないといけません。今日も再び訪問しました。お昼前だったので、行列ができており、お店の前に並べられた椅子に座って順番を待ちます。30分ぐらいは待ったでしょうか。ようやくカウンター席に案内されました。店内は満席です。

 ここで出されるとんかつの特徴は、以下の通りです。

①優れた三種類の豚からそれぞれの長所を引き出す「三元交配」技術により生まれた銘柄豚を使用。こだわりの飼料と衛生面でも行き届いた飼育方法で健康的に育てられた豚は安心・安全の美味しさです。創業以来「味・飼育方法・衛生面」にこだわり、美味しく安全な豚肉を使用しています。

②植物を原料にして精製された白絞(シラシメ)油を使用したコレステロールゼロのオリジナルブレンド。揚げあがりはソフトで、コクがありながらもカラッと仕上がります。腰が強く、油ぎれがいいのが特長です。

③とんかつをより美味しくするためにこだわった、かつくら独自の釜焼きパン粉を使用。粗めにふわっと仕上げることで肉の旨味を包み、サクサクとした衣の食感を引き立たせます。

④かつと相性のいい付け合わせの甘味の多いキャベツ。季節ごとの旬に合わせたキャベツを選び、国内の指定農場から直送しています。肉と相性のいい付け合わせは、お代わり自由です。

国産のゆずをたっぷり使用した「かつくら」特製ノンオイルドレッシングです。

赤ワインをたっぷりと使い、りんごとナツメヤシを加えてまろやかさとコクを引き出しました。かつくら自慢のソースです。またりんご、チャツネ、プルーン等の果実をふんだんに使用。11種類のスパイスをブレンドした、濃い口ソースもご用意しております。

食物繊維、カルシウム、ビタミンB1等のミネラルを含み、腸内環境を整えダイエット効果や美容効果があると言われている麦。 かつくらでは、この麦を100%のコシヒカリに2割混ぜて炊いています。よりヘルシーな「麦ご飯」でした。

 結論的には、行列して正解でした。待ってでも食べたい美味しさでした。私は限定の「金華豚のロースとんかつ」をいただいたんですが、ゴマをすってとんかつソースで頂くのかと思っていたら、山椒塩で出されました。この塩が実に美味しかった。山形産まぼろしの豚と言われる金華豚。繊細な肉質と上品な甘みが特徴です。入荷の状況によって数に限りがあるそうです。

・具沢山の豚汁、麦ご飯、キャベツ、卓上の漬物がお代わり自由。

・2種類のソース、キャベツにかける「柚子ドレッシング」が美味しい。

・卓上の漬物「かつくら漬け」が美味しい(入り口レジで購入も可)。

・店内が落ち着いていてキレイ。

・接客・サービスも実に丁寧。声かけが嬉しい。

 お値段はちょっと高いですが、トータルで満足度の高いお店でした。行列人気の理由が分かりました。とんかつファンの八幡の評価はかなり高いです。❤❤❤

カテゴリー: グルメ | コメントをどうぞ

祝紅白初出場!

 「NHK紅白歌合戦」を前に松江市が沸いています。出雲市大社町出身の竹内まりやさん(64歳)と、松江市出身者や島根大卒業生が結成した「Official髭男dism(オフィシャルヒゲダンディズム)」が出場するからです。島根出身者の出場は、テノール歌手錦織 健さん以来16年ぶりとのことです。大好きな竹内さんは、「これまで私を支えて下さったファンの皆様、そして、新しい時代を一緒に歩いてゆく全国の皆様に向けて、深い感謝と共に心をこめて歌いたいと思います」とコメントしています。歌うのは「いのちの歌」。2008年の連続テレビ小説「だんだん」で主演の三倉茉奈さんと三倉佳奈さんが劇中歌として歌い、12年にセルフカバーした曲です。このドラマの思い出については最近書きました。⇒コチラ

 現在、JR松江駅前一畑百貨店の歩道橋通路に、「NHK光白歌合戦初出場おめでとうございます」などと書かれた横断幕(縦1メートル、横8メートル)が掲げられています。


 偶然、島根県民会館の前を通ったら、どうやらコンサートがあったようで、ツアーコンサート機材運搬用のトラックが停まっていました。パチリ!

 何でもメンバーの一人(キーボード奏者)が、米子東高校の卒業生だそうで、今日(12月20日)行われた米子東高校終業式では、式において、壇上で紅白出場を祝う「サプライズボード」が披露され、全校生徒が盛り上がったそうですよ(「テレポート山陰」の報道による)。♥♥♥

カテゴリー: 私の好きな芸能人 | コメントをどうぞ

米子東高校2回目のセンター授業

 12月16日(月)米子東高校多目的ホールで、午後4時から、先日に続いて2回目のセンター特別授業を行ってきました。この日は「保護者面談」で、午前中授業だったにもかかわらず、たくさんの生徒諸君が午後4時までずっと待っていてくれて、参加してくれました(私の志学館」での授業が終わるのが3時半なんです)。今日は、前回(12月6日)に引き続き、第4問以降の後半戦「読解問題」がテーマでした。

 第4問の「図表・グラフ問題」を苦手とする人が多い理由、広告問題で注意すること、第5問「物語文」と第6問「評論文」の違い、解き方を中心に解説を進めました。それらに共通するものは、なんと言っても「単語力」ですね。センター試験で得点できない人の大部分は、単語力がないために読むスピードが遅くて、最後までたどり着けないというものです。やはり「単語力」をつけなくてはいけません。しかし高校生が最も苦労しているのが、この単語の暗記です。丸暗記は楽チンですが、すぐに忘れてしまいます。「勝田ケ丘志学館」の生徒たちは、竹岡広信先生の『LEAP』(数研出版)清水建二・すずきひろし『英単語の語源図鑑』(かんき出版)の二冊を使って、理詰めで単語暗記に励んでいます。回り道のように見えますが、長い目で見たら、絶対にこちらの方が効果的です。さらには他の単語集では絶対に見られないような興味深いウンチクも『LEAP』の至る所に見られ、生徒たちは「知的刺激」をもらっています。もちろん確認のための小テストも入れ、単語の意味だけでなく、その単語を使って英作文をしながら、記憶の定着に努めています。このような取り組みを紹介しながら、具体例を交えて、単語力増強の重要性」をお話ししました。最後はいつものように、「英語は絶対に裏切らない!」、「当たり前のことをバカになってちゃんとやる」(ABC)、「散歩のついでに富士山に登った人はいない」と、八幡お決まりの格言を紹介して結びました。あ、最後の最後にジャンケン大会で勝ち残った1人に、八幡の最新問題集をプレゼントさせていただきました。盛り上がりましたよ。

 90分の授業が終わった後は、前回同様、質問攻めに教材の購入希望です。前回・今回と授業をやってみて、生徒たちが刺激に飢えている印象を強く持ちました。こういう生徒たちは絶対に伸びます。ご参考までに、前回と今回使った「センター大問の解き方」の資料を、ダウンロードサイト」に登録しておきました。興味のある先生方はご覧ください。今回の企画で、いろいろとお世話になった進路部長の吉村眞徳先生、ありがとうございました。♥♥♥

・鳥取県立米子東高校「センター試験特別授業資料」 (編)八幡成人 ⇒コチラで見ることができます

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

keep early hours?

 12月に実施された「駿台プレテスト」において、keep early hoursという熟語を問う問題が出題されました。問題文では、その前にmake it a rule toという熟語も含まれており、これもいささか問題があると思われますが、これに関しては以前のブログで詳しく取り上げていますので、ここでは立ち入りません。興味のある方は⇒コチラをご覧ください。こんな問題文でした。

Sitting up late has damaged his health, so John makes it a rule to 
(      ) early hours.
①count          ②extend          ③keep            ④pass
(駿台の訳:夜更かしのせいで健康を損ねてしまったので、ジョンは早寝早起きを
することにしている)

 そもそもこのような熟語を高校生に問うこと自体に疑問を感じます(駿台のマーク模試の出題には第2問に特徴があり、「こんなの知らないでしょ!」といった感じで、難度の高い?(普通ではないものも含めて)表現をこれでもかと聞いてくるのです。今回もそんなの知らなくても関係ないよ、といった熟語のオンパレードで、決して良い出題とは言えません)。問題点が幾つかあります。

【問題点その1】 現代英語では普通に使われる表現ではありません。確かに大学受験の熟語集などでは取り上げられており、私も高校時代に覚えたものですが、ジーニアス英和辞典』《この成句は今はまれ》と記している通り、かなり古風な表現です。そのことはネイティブ・スピーカーと議論してみればすぐわかります。北高ALTのジーノ先生もそのようにおっしゃっておられました。私の今から約10年前のジョージア大学での調査によれば、尋ねた教授・学生たちの多くが、よく分からないが、と前置きして次のような反応を示しました。

It's not something I hear very often
I think
Could mean
I would think
Probably
I've never heard of keeping early hours, just late ones

 ここからも分かるように、現代英語では普通の表現ではないことがうかがわれます。私たちの編集顧問のアルジオ博士(John Algeo)は、“All of these facts strongly suggest that the expression is a rare one in American use, and that when respondents gave a meaning for it, many of them were just guessing at what it sounds like. It may be more common in British use―but it did not strike me as particularly un-American.”と述べられました。そして、「まれ(rare)」とラベルをふるようにとの指示でした。次のサイトも参考になるかもしれません。いずれにしても高校生に必要な成句ではありません。⇒コチラ

【問題点その2】 意味は本当に「早寝早起きする」なのでしょうか?先の調査で協力してもらった大学スタッフ・学生の約3割が、この表現はどこかおかしい、容認できないと答えました。1人は《イギリス用法》と答えました。意味に関して残りの反応は、多かった順に次の通りでした。

go to work or begin the day early, or get up early         54%
get up early and go to bed early                           19%
go to bed early                                            10%
stay up late, i.e., until the "early" hours                 7%
go to bed early and get up early                            5%
leave work early                                            2%
stay up late, or get up early                               2%
go to bed early, or go to work early                        2%

 現代英語では、これぐらいに意味が揺れていることがお分かりいただけるかと思います(ちなみにアルジオ博士ご自身は、「早く寝る」の意味しか知らないとの反応でした)。若い頃に、アメリカの大学に留学していた同級生に依頼して、この成句の意味について調べたことがあります。圧倒的に「早起きする」という意味でした。決して「早寝早起きする」という意味には受け取られませんでした。私たちの『ライトハウス英和辞典』(第6版、研究社)では、こうした事情を踏まえて「(早寝)早起きをする;《まれ》早寝をする」としておきました。

 いずれにしても、高校生に模擬試験で問う必要のある成句ではありません。このようなものを平気で出題する駿台の姿勢に、大いに疑問を抱いている八幡です。♠♠♠

カテゴリー: 英語語法 | コメントをどうぞ

ダイソーのディズニー三段スタンプ

    時々、100均の「ダイソー」をのぞくことがあります。掘り出し物を見つけることもたびたびあります。文房具好きの私は、今日は、素敵な形の「クリップケース」に目が止まりました(写真下)。これが110円なんですから、堪らないですね。色はブルー、ピンク、ホワイトの3種類が店頭にありました。私はクリップ&クリップケースには目がないんです。今までに一番のお気に入りは、アレッシー「DOZI」というハリネズミの形をしたクリップホルダーで、全色揃えています。⇒コチラです

 さらに棚を見ていると、生徒たちのやる気を引き出すために、あると便利な可愛いスタンプを発見しました!以前からダイソー「ディズニー3段式スタンプ」はとっても可愛らしく、発売時から大人気でしたが、今回はキャラクターのバリエーションが増えたり、表記が「英語→日本語」になっていたりと、より進化していました。以前に、セリア「ビジネス4段スタンプ」をご紹介しました(⇒コチラです)

 「ミッキー」 は絵柄が変わり、英語→日本語」へと表記を変更して再登場しています。年齢が低い子どもたちには日本語表記がありがたいですね。チップ&デール」は新登場!ドナルド とプーさん」も元気いっぱいの絵柄が可愛らしいです。

 「アナ雪」は新登場しました。現在その映画(第2作)が公開されているので、注目度はナンバーワンですね。他のプリンセスは絵柄が変わり、「英語→日本語」へと表記を変更して再登場しています。トイストーリー」は新登場!4も映画公開されたばかりなので、注目度が高いですよね。車好き男子には色合いがカッコいい「カーズ」がオススメ!モンスターズインク」は色合いが鮮やかなので、女の子も好きになるはず。

 文房具屋さんで見かけた、同サイズくらいの浸透式スタンプは1個1柄で200円くらいしますね。その点、ダイソーの3段式スタンプは、1個に3柄のスタンプがあり、とってもおトクです。しかも、3つを1つに重ねて収納出来るので、なくす心配がありません。インクはどのくらい持つのでしょうか?イラストの線が細いからか、約1ヶ月使っても、インクはまだまだ持ちそうです。生徒たちのノートや添削問題にポンっ!と押せて、実に便利なグッズです。110円、お買い得です。♥♥♥

カテゴリー: 文房具 | コメントをどうぞ

「来宮神社」

 「来宮神社」(きのみやじんじゃ)は、静岡県・熱海市・西山町にある話題のパワースポットです!「来宮神社」には、樹齢2,000年を誇る「大楠」(おおくす)が祀られ、縁結びや禁酒、商売繁盛などにご利益があるといわれています。熱海の自然に囲まれ、長年信仰されて続けてきた「来宮神社」はパワースポットとしても有名ですね。来福・縁起の神として古くから信仰されており、由緒のあるところです。一番の見どころは、本殿の裏にある樹齢2,000年を超えると言われる「来宮神社」のご神木「大楠」で、幹周りなんと24メートルの迫力に圧倒されます。パワースポットとしても有名ですね。これを一周すると寿命が一年延びる、とか願い事が叶うと伝えられています。私は、どうしても、ここはお参りしておきたかったので、観光タクシーの運転手さんにお願いして連れてきてもらいました。

 「来宮神社」「来宮大明神」と呼ばれ、熱海郷の地元の神が鎮座しています。来宮」は伊豆にある地名で「きのみや」と読みます。来宮大明神さまは来福・縁起の神で、昔から人々に信仰されており、山の気と水の気の両方を持つ、日本屈折のパワースポットの1つだと言われています。テレビや本、雑誌などでもよく紹介されていますね。なぜここまで有名なパワースポットなのか。それは「来宮神社」がある場所にも関係しています。まず、山と川、両方の自然エネルギーを持つスポット。また、この一帯は特に水のパワーが強く、山から流れてくる気は、この川を使って「来宮神社」に集められているのです。境内にある弁財天は強力な気を発しているので自身が持つ気を高めてくれます。しかしマイナスの気も高めるのでご注意!と、案内をしてくださった観光タクシーの運転手さんに言われました〔笑〕。

 「来宮神社」には、主に「縁結び」の神・「商売繁盛」の神・「酒断ち」の神が祭られています。これらの神から御利益を授かろうと、多くの人達が参拝に訪れているのです。しかしご利益はそれだけではありませんよ。富士山を守る結界や境内のそばを流れる糸川は邪悪なものを流してくれます。さらに山と川、両方の気を持っています。そんな自然のパワーに加えてそれぞれの神様の力をいただくことができます。恋愛運や金運、健康運、美容運など、誰もが望む運気を得ることができます。さまざまなご利益がある「来宮神社」では参拝にもいくつかのポイントがあります。通常神社を参拝する際には御手洗で外界のけがれを落とす、二礼二拍手一礼などがあります。ここ、「来宮神社」でもそれは同じように行いますが、ちょっと変わっているのは大楠の周りを周る、などです。さらに各社によって祀られている神様が違います。

 やはりここに来たら、「来宮神社」にある樹齢二千年を超える天然記念物「大楠」にお参りせねばなりません。この大楠が凄いのは樹齢が長いだけではなく、その大きさにも驚かされるのです。この大楠の周径は24mあり、日本で2番目に大きな木だそうです。そしてこの大楠には神が宿り、①大楠の周りを1周すると寿命が1年延び②願い事を誰も言わずに、この願い事が叶うことを願いながら大楠の周りを1周すると願いが叶う、と言われています。二千年もの間、落電や暴風雨などに耐えてきた「来宮神社」大楠。写真を見ただけでも、そのパワーが伝わってくるくらいですね。実際に訪れた人の声を見ると、この大楠に家族の病気の快復お願いをしながら1周をした方の家族の病気が快復したなどというコメントがあり、この大楠のパワーは並大抵のものではないことが分かります。以前まではこの大楠は境内に7本あったそうです。しかし嘉永年間(1848~1853年)に起こった「大網事件」という漁業権を巡る争論の際に、訴訟費用捻出のために、5株は伐採されたそうです。そしてこの大楠も切ろうとしたところ、白髪の老翁が現れ木の前に立ちふさがり大鋸を折って消えたという言い伝えがあります。それ以来、この大楠は神木として崇められています。白髪の老翁は何を訴えたかったのでしょうね。私も神妙な面持ちで、グルッと一周してきました。これで寿命が1年延びたぞ!!❤❤❤

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

とっとり花回廊イリュミネーション

 中四国最大の花のテーマパーク「とっとり花回廊」(鳥取県南部町鶴田)で、11月15日から、園内約8万平方メートルを花と光で彩る「フラワーイルミネーション」が始まりました(点灯時間は午後5時半~同9時)。光りと花が織りなす冬の絶景がまた始まりましたね。私は毎年出かけています。今年は全エリアでデザインを変更一新していて、中国地方最大級となる140万個のLED電球が幻想的に輝き、来年1月13日まで来場者を楽しませてくれます。私は今日、「志学館」の授業を終えて、米子駅前から出ている無料シャトルバスに乗ってでかけてきました。フラワーパークならではの、花と光の織り成す趣向を凝らした見どころが満載です。

 「開園20周年」記念の今年は、「花と光の楽園」がテーマです。今年初登場の「フラワーマッピング」は、光りを閉じ込めて幻想的に輝く「フラワードーム」内の縦6メートル、幅9メートルの大スクリーンに、同園メインフラワーのユリをはじめ、花や風景、20年の歩みを振り返る特別映像を投影しています。キラキラ輝く約2メートルの巨大ハーバリウム「ハーバリウムツリー」も素敵なフォトスポットでした。天井から降り注ぐイルミネーションです。

 ビオラの花壇とユリの木が一直線に並ぶ約130メートルの通りが、20周年を祝う光りのブーケの「ビオラとリボンの並木道」に変身していました。飾られた大きなリボンも注目でした。

 光りの妖精がパンジーの花を咲かせるファンタジーな「パンジーのドームガーデン」も実にきれいでしたね。半径20メートルのドーム型イルミネーションの中に入って、夜空を見上げれば、まるで光りの妖精がパンジーの花を咲かせているかのような見事さでした。

 園内を走る「フラワートレイン」も電飾されて、キラキラ輝く可愛らしい「フラワースタートレイン」が登場しています(運行は月~木の17時30分~20時)。乗車して光りの世界を巡ることができます。金、土、日曜日や祝日などには、午後7時から打ち上げ花火(約400発)とイルミネーションの競演もあります。私は金曜日に訪れたので、花火も見ることができましたが、いつも見慣れている「水郷祭」の花火を思い浮かべると、ちょっとショボい花火ですが、それでも会場の雰囲気を盛り上げるには効果的な演出です。

 1周1kmの光で繋がった「展望回廊」もキラキラと輝き、素敵な夜景でした。屋台村ではテーブルやイスが用意されていますので、好きな食べ物を買って、座って食べることができます。ただし野外なので、とっても寒い。1番人気は「牛骨屋台ラーメン」です。私もラーメンを食べましたが体の底が温まってホッとしました。その他にも定番の、ホルモン焼きそば、たこ焼き、唐揚げ、ホットドック。ハンバーガーなどがありました。♥♥♥

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

ブルーマウンテンは違うね

◎週末はグルメ情報!!今週はコーヒー 

 少し前の事になりますが、10月1日は「コーヒーの日」でした。八幡はコーヒー滅茶大好き人間でして、美味しいコーヒーがあると聞けば、全国どこにでも飛んでいくのです。今から30年以上も前に、神戸「UCCコーヒー本社」へ同僚と行って、飲んだブルーマウンテン」の美味しいコーヒーの味が忘れられません。以来、美味しいコーヒーを求めて、悪戦苦闘してきました。買い揃えたコーヒーメーカーや、取り寄せたコーヒー豆、コーヒー器具の量も半端ではありません。

 「コーヒーの日」は、「全日本コーヒー協会」が1983年に制定した記念日です。では、10月1日が「コーヒーの日」の由来となったのはどうしてでしょうか?実はコーヒーには、「コーヒー年度」というものがあって「国際コーヒー協会」は、毎年10月をコーヒーの始まりの月としているんです。10月を新年度としてコーヒーの取引が始まるということですね。そういえばお米にも年度が(新米)ありますよね。それから、「全日本コーヒー協会」によれば、日本では、秋・冬がもっともコーヒーの需要が高まるそうです。やっぱり気候が落ち着いて涼しくなってくると、温かいコーヒーが飲みたくなるのかもしれませんね。

 なんと言っても、コーヒーの王様は「ブルーマウンテン」ですね。優雅な香りと、苦み・酸味・甘みの全てが調和したまろやかな味わいが心地よく口に広がります。私は若い頃に、神戸・UCC本社ブルーマウンテンコーヒーを飲んで以来、魅せられてずっとUCCの「ブルーマウンテンNo.1」豆を、一畑百貨店地下の「UCCメルカード」で買って飲んでいました。大田・津和野に勤めていたときも、松江に買いに出てきたものです。松江に帰ってきてからもずっと飲み続けていましたが、一時、ハリケーンの被害で豆が壊滅的な被害を受けて全く入荷しなくなった時期があります。UCCからもそのようなお知らせがあり、他のコーヒーを探さなければならなくなりました。⇒ここら辺の消えた事情についてはコチラに詳しく書きました  東京銀座カフェパウリスタ」のコーヒーと出会ったのも、その頃です。最近ではまた店頭に並んでいますが、滅茶苦茶値段が高くなっていますね。それでも大都市に行った時には、喫茶店でブルマンのコーヒーを見つけては飲んでいる八幡です。最近は「UCCドリップポッド2」のマシンを愛用しています。プロがいれるハンドドリップのこだわりの蒸らしを再現した優れものです。⇒コチラです  12月に「UCCドリップポッド」で届けられたコーヒーが「ブルーマウンテン」でした。一杯ずつ密封得されたポッドは、飲む度に挽き立ての香りと味わいを届けてくれます。実に美味しい!

 カリブ海に浮かぶ小さな島国のジャマイカブルーマウンテン山脈のごく限られた地域「ブルーマウンテンエリア」で栽培されて、さらにジャマイカの公的機関に認められた原料だけが「ブルーマウンテンコーヒー」として出荷することを許されています。ここは険しい斜面の山岳地帯で、昼夜の寒暖差が大きく、弱酸性の土壌、豊富な雨量と頻繁に発生する霧が、適度な水分を補給するなど、コーヒーの栽培にはまさにうってつけの条件が備わっているんです。険しい斜面に栽培されているために、収穫も丁寧に手摘みされることも多く、類いまれな調和した味わいが誕生するのです。

 コーヒーを飲むときのカップも、コーヒーの美味しさを決定づける重要な要素ですね。このことについては、また日を改めて書きますが、私は「ウェッジウッド」で飲んでいます。♥♥♥

カテゴリー: グルメ | コメントをどうぞ

ENCORE!! ENCORE!!

 10月にNHKで放送された小田和正(おだかずまさ)さんの「小田和正Tour 2018~2019 ENCORE!!ENCORE!!」の貴重なライブ映像が、12月1日(日)に再放送されていたので、再び見ました。「ラブ・ストーリーは突然に」「言葉にできない」「愛を止めないで」「たしかなこと」「YES-NO」「YES-YES-YES」など22曲を熱唱しました。あのお歳にして(72歳)、あの美しいメロディー、人の心を動かす歌詞、そしてあの透き通った響き渡る歌声、すごいですよね。全国24か所64公演、およそ55万人を動員した最新の全国ツアーの中から追加公演の模様を放送です。さらにライブではおなじみとなっている名物企画「御当地紀行」を、小田さんの大ファンである阿部 渉(あべわたる)アナウンサーと一緒にめぐり、ライブにかける思いや今の心境を語りました。テレビでは、小田さんの曲に涙ぐんでいる女性がたくさん映しだされていましたね(TBS系列の番組「クリスマスの約束」では、毎年涙ぐむ美しい女性ばかりをカメラでアップしていました。カメラマンの人は結構大変だったと思います。NKHはそうでもありませんでした〔笑〕)。最後の方では、小田さん自身も思わず涙する場面もありましたっけ。

 また、11月27日(水)には、小田和正Blu-ray&DVD『Kazumasa Oda Tour 2019 ENCORE!! ENCORE!! in さいたまスーパーアリーナ』が発売になりました。私はすぐに、田和山の「スタジオワンダー」に買いに行ってきました。7年ぶりのライブ映像です。堪能しました。

 昨年は延期になった「クリスマスの約束2019」も、今年は例年通り放送されるようですね(12月25日TBS系0:10分~)。18度目の特番は、神奈川県・横須賀芸術劇場で、すでに収録が終わりました。約3万通から選ばれた1,600人を前に、「my home town(横浜)を突き抜けて、横須賀までやってまいりました。楽しくやっていきたい」と笑顔で語りかけたそうです。今から楽しみにしたいと思っています。コチラで収録当日の詳しいレポートを読むことができます。ファンには堪らない記事です。

 私はあんなジジイになりたいと憧れています。72歳でも現職教員として輝いていられるか?これが問題です〔笑〕。♥♥♥

カテゴリー: 私の好きな芸能人 | コメントをどうぞ

Kaze guru ma(カゼグルマ)

 

 

Kazeguruma Pinwheel Magnet カゼグルマ ピンホイール マグネット かぜぐるま Kaze guru ma 風車 磁石

 東京駅「東急ハンズ」で面白いものを見つけました。風車(かざぐるま)ならぬ「Kaze guru ma(カゼグルマ)」です。くるくるカタカタと回るので、思わずふーっと息を吹きかけたくなりますね。写真やカードなどを飾ったり、小さなオブジェとしても楽しむことができます。アッシュコンセプト デザインコンペティション2017」最優秀賞に輝いた商品です。私は3個セットで買いました。

 自然とふーっと吹きかけて回したくなる「Kaze guru ma(カゼグルマ)。その裏側には、マグネットがついているので、画鋲の上にくっつけて、メモや写真、カードなどを飾ったりすることができます。小さい頃に誰もが目にしたことのあるかざぐるまの回る様子は、どこか懐かしく、どこか新しい風景ですね。日常生活を新鮮なものにしてくれます。回っていると、止まっている時とはまた違った雰囲気に。風を飾るだけでなく、風を見ても楽しめます。豊富なデザインがあるのも、Kaze guru ma」の魅力の一つです。複数付けて組み合わせを楽しむ事もできます。また、ドアに付ければ、開けるたびに自然と回ってくれます。鉄製の画びょうの上にくっつけられます。誰もが目にしたことのあるかざぐるまが回る姿は、懐かしい気持ちをもたらしつつも、日常生活を新鮮なものにしてくれます。チョット癒やされるアイテムでした。

 作者の阿津侑三さんは、 千葉県袖ケ浦市生まれ。千葉工業大学 建築都市環境学科にて建築を学び、桑沢デザイン研究所にてビジュアルデザインを学んだ方です。グラフィックデザイナーとして活動中です。❤❤❤

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

神戸シティループバス

 神戸の観光スポットといえば、北野異人館街ハーブ園南京町(中華街) ベイエリアあたりが代表的ですが、これらの観光地を、とっても効率的に巡ることができるバスがあるんです。それが、シティループ。平成2年4月7日に初めて神戸の街を走りました。神戸市「市制100周年記念事業」の一つとしてスタートしました。以来30年間、神戸の町を走り続けている歴史ある循環バスです、車体は神戸の街並みに合うグリーン(緑)を基調に、「飾り屋根」をつけるなど、「異人館」をイメージしたレトロなデザインのかわいらしいバスです。車内もしかり。木目調でレトロな雰囲気。1回の乗車がどこから乗っても、どこで降りても260円。私は前回神戸に来たときには、1日乗車券」を買って(660円)、街中をぐるっと一周しました(一周63分)。停留所は全部で17カ所。神戸はコンパクトな街ですが、それでも見どころをくまなく回ろうと思うと、時間もかかりますし、坂の多い神戸では足もクタクタになります。でも、シティループ」に乗って一回りすれば、神戸の代表的な観光スポットはだいたい回ることができるんです。時間帯にもよりますが、約15分間隔で循環しているので、一度降りても、長く待たずして次の便に乗ることができるんです。

 シティループバス」は、神戸の街をぐるぐる巡っていて、一周63分で神戸の街を一回りします。停留所は17か所、どこで乗ってどこで降りてもOKなのですが、停留所ナンバーの1番は、ベイエリアの「ポートタワー前」から始まります。鮮やかな赤が印象的な「ポートタワー」は、間違いなく神戸ベイエリアのランドマーク(⇒私の紹介記事はコチラ)。ベイエリアでは、「ポートタワー」や、特徴的な建物の形を持つ「神戸海洋博物館」を見てみてもいいですし、モザイク・ガーデン」でぶらぶらしながら買い物をするのも、オススメの過ごし方です。クルーズ船に乗って、海を楽しむのも素敵ですね。他の街の循環バスと違うのは、シティループ」には、ガイドさんが乗っていて、乗っている間に簡単な観光案内をしてくれます。 そのため、神戸の概要や見どころ・ミニ情報を知るにも、恰好の案内役になっていました。ちなみにガイドさんの着ている制服は、神戸を代表するアパレルメーカー「ワールド、帽子は老舗専門店「マキシン、靴も長田の「アルジェント」製と、メイドイン神戸にこだわっているところも隠れた見所の一つですよ。

 神戸の観光スポットとしては外せない北野異人館街にも、もちろん「シティループ」の停留所があります。実は、北野異人館街は、神戸の有名な観光スポットでありながら、公共交通機関のアクセスがそれほど良くないんですよね。三ノ宮駅から徒歩20分ほど、新神戸駅からでも10~15分ほどかかります。ですが、シティループバス」だと、異人館街にダイレクトに行けるので、利便性という意味でもオススメです。緑のバスに乗って北野異人館街を走るだけでも、観光気分は味わえますので、時間のない方にもぴったりですね。❤❤❤

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

『隈研吾の魅力』

 最近完成した「国立競技場」の設計にあたった建築家の隈 研吾(くま けんご)さん(東京大学教授)。私と同い年なんですね。木材を使うなど「和」をイメージしたデザインが特徴的で、「和の大家」とも称されます。安藤忠雄(あんどうただお)さんのコンクリート建築も大好きですが、さんの木の魅力を最大限生かした建築も大好きです。最近、そんなさんの建築の魅力の秘密を明かした本が出て、面白く読みました。田實 碧『旅する建築家 隈研吾の魅力』(双葉社、2019年11月)です。世界20カ国以上のプロジェクトを手がけ、伝統文化を継承し、自然環境に調和する「負ける建築」を提唱する、さんの魅力に迫る好著でした。「負ける建築」というのは、その地の環境や文化に溶け込む、優しくて柔らかなデザインが特徴で、自然や環境と一体化した建築を志向するもので、その場所が発する声やクライアントの言葉に耳を傾け、その地で採れた木や石などを使いながら、その地に合った建築をつくるという思想です。

 私が、さんのデザインで強烈な印象に残っているのは、「大宰府天満宮」に至る参道に沿って建つ、「スターバックス大宰府天満宮参道店」でした(⇒私の探訪記はコチラ)。間口7.5m奥行き約40mの長細い敷地を考慮して、木をななめに組み、光と風が流れるような有機的な空間を作っています。内部空間を覆い尽くすX形の木組みは、60角の1.3m~4mの杉材を約2,000本も使用して、材の全長は4kmに及びます。木組みは筋交いとして、建物を支えていて、全体を組んだ後、ジョイントをダボで縫うことにより、木組みをより硬いものとしました。太宰府という歴史ある土地と、現代的な木造技術の遭遇が、他のスターバックスとは異なるユニークな空間を生み出しています。初めて訪れた時に、この建物に衝撃を受けたのを覚えています。店舗の入口から店内にかけて、伝統的な木組み構造を用いた特徴あるデザインに圧倒されますね。店頭から木材に覆われている作りに驚かされますが、店舗内に入るともっとスゴい。なんと店舗のいたるところに木材が組まれているではないですか。入口から店内へ、木組み構造の天井と壁が続きます。店内まで続く木材の網。よく見ると少しずつ組み方が違うのが分かりますか?自然素材による伝統と現代の融合がコンセプトなのだとか。なんだか別世界に飛んでしまったかのような気持ちになりますよね。歴史ある太宰府の街並みと見事に調和しており、連日、多くの観光客が店の前で足をとめ、記念撮影を行っています。

 店舗の奥庭には、太宰府天満宮」のシンボルでもある梅の木が植えられていますね。店内もコンクリートの壁、天井に木組みが張り巡らされ、圧巻の景色です。無機質なコンクリートに木が合わさるだけでこれほどの温もりを感じられるから不思議。圧迫感がなく広々とした印象を受けます。木のぬくもりが迎えてくれている雰囲気、そしてカフェの心地いい香りがリラックスさせてくれる作りとなっていますね。2000本ものスギの木材を使用しているのですが、一切釘を打っていないそうです。というのも「太宰府天満宮」の歴史ある雰囲気を壊さないためだとのこと。木材ひとつひとつが丁寧に組まれており、美しいインテリアを表現。伝統と歴史を融合した作りには感動を覚えてしまいます。ちなみに、日本各地に現在19店舗存在する、スターバックスコーヒー「コンセプトストア」の一つです(これも全部制覇したいと狙っていますが……)。それぞれ、通常のストアとは異なるコンセプトが存在し、こだわった外観や内装がとてもオシャレです。スタバによれば、『いつものお店とは違った側面からスターバックス エクスペリエンスを提供するお店』とされており、それぞれのお店が、特徴あるデザイン、テーマを持っています。

 2年前に「さだまさし展」を見に行った時の(⇒私のレポートはコチラ)、長崎県長崎市「長崎県美術館」も素敵な隈建築でした。長崎水辺の森公園」に隣接するように位置していて、運河によって分断された2つの敷地を、美術館によって一つにつなごうとしています。敷地内中央に運河が流れ、左右に「ギャラリー棟(市民にも開放)と「美術館棟(展示室)を配置し、それらを「空中回廊」で繋いだ建物です。ふたつの建物が役割を分担していることで生まれる人の動きや、回遊性が魅力の一つとなっています。展示空間は運河に向けて開かれ、水と運河、自然とアートとを一つに融合しようとしていますね。屋上は緑に覆われ、もう一つの「緑のミュージアム」となっていました。さんの特徴でもある、縦の線が強調された外観の「ルーバー」は木製ではなく、花崗岩で作られています。印象的ながらも軽やかで、周囲の環境にうまく溶け込んでいますね。天然石独特の美しい風合いも見所の一つでしょう。ここは、さんの代表作の一つで、「グッドデザイン賞」「建築業協会賞」「日本建築家協会賞」「日本建築学会作品選奨」、イタリアの「マーブルアーキテクチュラル・アワード」など様々な賞を受賞しています。「展示空間は運河にむけて開かれ、水と運河、自然とアートをひとつに融合しようと考えた」(隈研吾建築都市設計事務所HPより)という言葉通り、建築として際立つのではなく、美術館とその周辺の自然や地形の面白みを最大限に引き出そうと計算された建物、つまりさんの言う「負ける建築」であることがわかります。❤❤❤

 

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

米子東高でセンター授業

  12月6日(金)、米子東高校の現役生徒諸君に「センター試験特別講座」を行いました。場所は「多目的ホール」です。生徒たちは授業が終わると、入り口で、(1)今日のセンター解説資料、(2)「センター試験のツボ」、(3)「11月ベネッセ・駿台マーク模試」「11月全統プレテスト」の見直しプリント、(4)センター試験発音・アクセント過去出題語リスト(カラー版)を各自取って席につきます。続々とやって来ました。16時にスタートしました。90分の授業です。

 冒頭に、自己紹介を兼ねて「八幡成人物語」を映像で見ていただきます。最近は、「感動かんたん!フォトムービー8」(ジャストシステム)というソフトで作成しています。早速、授業開始です。初めは「心構え」を説明することから始めました。「やりっ放し」は絶対ダメであること、成功するまでやるのが成功の秘訣、英語は絶対に裏切らないこと、どんなに結果が出なくてもあきらめてはならないこと、などです。最近は、小田和正さんの「東京の空」「がんばっても がんばっても うまくいかない でも気づかないところで だれかが きっと見てる」という歌詞が気に入って紹介させてもらっています。72歳の歌声を聴きながら、決してあきらめない心構えの大切さを力説しました。いますぐに結果が出なくても、必ずどこかで見てくれている人がいて、助けてもらえるのです。小田さんは10年間辛抱しました。

 続いて、第1問から順に「勉強の仕方」を、パワポの映像を駆使しながら説明していきます。生徒の皆さんと掛け合いをしながら、問題を実際に解いてもらったりして、楽しく第3問まで駆け抜けました。それぞれの大問の解き方には「ツボ」のようなものがあって(たとえば、第1問は「出る単語は決まっている」、第2問は「解いた問題の量が決め手」など)、それを知らずにいくら機械的に問題演習に励んでも力はつかないし、結果にもつながりません。そんなことを経験談を踏まえ話させていただきました。私の作りましたセンター教材『2017年英語センター対策本』(800円)『2019年度英語センター対策本』(200円)、音声CD・データ集の「センター発音・アクセント「過去出題語」リスト・音声」(300円)もご紹介させていただきました。

▲今日ご紹介した私の教材です

 90分の授業が終わってからが圧巻でした。沢山の生徒さんが私の周りにやってきて囲まれました。「リスニングで高得点を取るにはどのような勉強をしたらいいですか?」「並べ換え問題は何をすればよいですか?どこにありますか?」「授業中にあった○○を教えて下さい」 質問攻めです。私のセンター本やCDデータ集を欲しいと言って来てくれる生徒もたくさんいました。今日は見本しか持って来ていなかったので、手に入れてもらえなかった生徒さんもたくさんいました。月曜日と金曜日に改めて買いに来てくれることになっています。並べ換え問題は「100題くらい解くとコツみたいなものが見えてくるよ」と授業で話したところ、問題を欲しいと言ってくれる生徒がたくさんやって来ました。

  ということで、昨日12月9日(月)の昼休みと放課後、たくさんの生徒が 「並べ換え問題」(150題)を目当てに、私の教材を購入にと、「志学館」職員室へやってきました。志学館の授業を終えて、教室を出たところ、私を待っている生徒たちがいてビックリしました。問題・教材を渡して激励しておきました。

 今日は、1日「志学館」の授業を終えてからの、授業でしたので、体力的に結構きつかったです。でも、生徒の反応や終了後の質問攻めを体験して、私は15年前に松江北高に帰って来た頃の授業風景を思い出していました。当時は授業が終わっても質問攻めで帰ることができず、次の授業に遅れそうで困り果てるくらいの熱気が教室にありました。今は残念なことに全く反応もありません(わずかに補習科に残っているくらい)。あの当時の充実した毎日を思い浮かべるくらいの勢いが、今日の生徒諸君にはありました。さすがに、島根・鳥取両県で最も英語の成績が良い現役生だけありますね。疲れましたが、心地よい疲れでした。松江に帰り、バタンキューでベッドに潜り込み、目が覚めたら、なんと土曜日の朝の7時12分でした。いつもは3時、4時に目が覚めるのですが、こんなことは今までなかったことです。熟睡させてもらいました。

 次回は12月16日(月)、第4問以降の読解問題を扱います。「単語力」の話が中心になると思います。楽しみです。❤❤❤

カテゴリー: 英語指導に関して | コメントをどうぞ

「だんだん」の想い出

 今年デビュー40周年を迎えた、島根県大社町出身のシンガー・ソングライターの竹内まりや(64歳)さんが、大みそかの「第70回NHK紅白歌合戦」(後7時15分)に初出場することが決まりましたね。特別企画枠で出場し、竹内さんがナレーションも務めた、NHK連続テレビ小説「だんだん」(2008~2009年)の劇中歌だった代表曲「いのちの歌」を歌うとのことです。NHKは、これまで何度も出演の打診をしてきましたが、竹内さんはその度に断りを入れていました。一大転機となったのは今年3月、同局の感動的な特別番組「竹内まりや Music&Life~40年をめぐる旅~」への出演ですね。番組スタッフと信頼関係を築いたことが大きな後押しとなり、初出場が実現したわけです。そもそも竹内さんはライブも少なく、生放送に出演すること自体、極めて異例のことで、生歌を聴くことができる貴重な機会になりそうですね。「いのちの歌」は、人と人との出会いや何げない日常の大切さを歌った素敵なバラードです。今年9月発売のアルバム『Turntable』では、オリコン週間アルバム・ランキングで1位を記録し、女性アーティストで初めて昭和・平成・令和の3時代にまたがって1位、女性アーティストで最年長1位(64歳6か月)を獲得しました。今年の日本レコード大賞特別賞も受賞するなど、節目の年にふさわしい活躍を見せていたところでした。

 今日は、そのNHK朝ドラ「だんだん」(2008年~2009年)の思い出です(「だんだん」というのは出雲弁で「ありがとう」の意味です)。三倉茉奈(33歳)・三倉佳奈(33歳)さんが出演して大ヒットしたドラマですね。島根京都で別々に育った双子。それぞれ相手の存在を知らずに育った双子のめぐみのぞみがある日出会い、そして2人は、それぞれ医療と祇園の女将への道を進んでいくという筋書きでした。当時2人はまだ可愛らしいお嬢さんで、人気抜群でしたね。実は、松江市でテレビ・ロケが行われた時に、NHKから、松江北高にも協力要請が来て、撮影現場となったんです。当時総務部長を務めていた私は、教頭先生・生徒部長と一緒に、このドラマの撮影に協力をさせていただきました。30人ほどの松江北高生がエキストラとして出演しています。北高校舎への坂道での自転車登校場面の撮影、グランドで戯れる場面の撮影、等々いろいろと思い出はありますが、一番思い出に残っているのは、北高4階の社会科教室(当時)で、担任の先生が通信簿を返却する場面・昼休みの昼食場面の撮影でした。この教室からは、真正面に国宝・松江城を見渡すことのできる絶好の現場でした。北高生エキストラの諸君は、朝早くから登校し、見事に大役をこなし、NHKの関係者からはずいぶんお褒めの言葉をいただきました。私は撮影終了後、松江東急イン」で行われたドラマ出演者・制作者・関係者の打ち上げにも呼んでいただき、楽しいひとときを過ごしました。余興のジャンケン大会で、勝てば豪華景品がいただけるというイベントでは、1回戦負けでしたが〔笑〕。懐かしい想い出です。❤❤❤

カテゴリー: 私の好きな芸能人 | コメントをどうぞ

「天真爛漫」

◎週末はグルメ情報です!今週はラーメン

 島根大学の正門から西側へ200~300m、西に向かって進行方向左手の「昭和軒」の隣に「麺工房 天真爛漫」(てんしんらんまん)があります。

 お店は、以前ここにあったラーメン名店「花さか」の後に入られました(私は「花さか」の熱狂的ファンでした。食べれなくなってがっかりだったんですが、東津田にお弟子さんが「谷やん」という流れを汲むお店を出されて今はそちらへ通っています)。その前は「ひばり」でしたね。白の壁、黒のチェア、ちょっとおしゃれな感じのする店内です。お店のイチオシは「担担麺」で、みなさん頼まれるのも「担々麺」だそうですが、私は「担々麺」は、田和山の「一龍」が一番だと思っているので、今日はダメ元で、「醤油ラーメン」(650円)を頼んでみました。ついでに「半チャーハン」(390円)もお願いしました。なんと、これが当たりでした。「醤油ラーメン」は、最近食べた中では最高に美味しかった。スープが私好みなんです。これは思わぬ発見です。しっとり系のチャーハンも、あっさり味で美味しかった。癖になって最近チョット通っています。❤❤❤

カテゴリー: グルメ | コメントをどうぞ

「Buzz Kill」

  私の大好きなクリエーター・ジョン・バノン(John Bannon)さんの最新作「Buzz Kill」(Bigblindmedia)を手に入れました。実にユニークなブンブン飛び回るハエをテーマにしたパケット・トリックです!これはジョン・バノンが20年以上もの間、温め続けていたピクチャーパケット・トリックです。ついに解禁されました。

 映像解説で、バノンさんも言っていましたが、着想は上のコロンビニさんのトリックでした。ただこの作品は、ちょっと長すぎて時間がかかり、間延びします。もっとスマートな作品に、と改良したのが、今回の「Buzz Kill」です。まず、4枚のハエのイラストが描かれたカードを示し、テーブルに裏向きにして置いておきます。次に4枚の何も描かれていない真っ白なカード(=ハエ取り紙)を示し、最初に置いたハエのカードの上に1枚ずつ重ねていきます。2組を手に持ち、2組をテーブルに残します。どの組もハエのカードと真っ白なハエ取り紙のカードのセットになっています。手元に持った4枚のカードにおまじないをかけると、なんと、全部が真っ白なカードになってしまいます。テーブルに残した4枚のカードを思い切り手で叩いてから、表を確認すると・・・なんと、4枚全てがハエの潰れたデザインのカードに変化しているのです。枚数が少ない分、スマートな手順構成になっていますね。カードも実に綺麗な作りです。絵が綺麗ですね。バノンさんがデモ映像の中で使っているカードは、裏模様やフェイスのデザインが、今回届いた物とは異なります。商品化にあたり、このトリック専用に新たに作り直したようですね。バックには、「BANNON’S BUZZ KILL」というロゴや、ハエの可愛らしい絵も描かれています。

 ジョン・バノンと言えば、緻密で洗練された手順構成には、「頭脳派」の定評のある方ですね。易しい技法の組み合わせのみで、アイデアを駆使して高度な作品を構築する手順は見事なものです。普段は法律事務所で、複雑な企業関連訴訟に関わり、腕を振るっておられる辣腕弁護士さんです。職業も緻密な作品構成に影響しているのでしょう。バノンさんが考える優れたパケット・トリックとは、いくつかの条件を満たしていなければなりません。(1)視覚的にも鮮やかであること、(2)どこでも演じられ、難しい技法や角度の制限がない、(3)だますような技法のない、(4)強烈な予期せぬクライマックスが用意されている、(5)クリーンに終わり、最後にカードを全部調べてもらえる、(6)演じるのが易しい、(7)構成・演技が一直線に進むこと、などが挙げられます。これらの条件を満たしたマジックをバノンさんは、以前から“Fractal Card Magic”と呼んでおられます。中でも(5)の最後に観客に手渡しできる、というのにこだわっておられるようです。今回の「Kill Bill」の映像解説でも、後半では、この作品のFractal Versionの解説を行っておられましたね。

 バノンさんの作品の特徴と、背景、代表的作品は、コチラのサイトが詳しく扱っていて参考になります。私はバノンさんの熱狂的ファンで、作品をコレクションしています。♠♣♥♦

カテゴリー: マジック紹介 | コメントをどうぞ

ゆとり

 一時、ゆとり」という言葉が大流行したことがありましたね。教育現場では「ゆとり教育」などと言って、中でも特に、英語教育の現場では、週の授業時間数を削減したり、中学校の必修語数を極端に減らすという愚かなことまで行われました。で、どうなったか?島根県は、文部科学省の施策を忠実に実行してきた県で(主たる責任者の「学校教育課長」がずっと文部省からの出向だったことも大きく影響しています)、ゆとり教育」を押し進めてきました。私はセンター試験成績の全国各県の推移を追いかけて一覧表にしているんですが(こうして一覧にしてみるといろいろなことが分かってきます。こういうことを教えて下さったのは、当時の岡山県立朝日高校の進路課長・鷹家秀史先生(現・岡山高校校長)でした。3年前には先生を北高に招いて講演会・授業をお願いしました⇒コチラです)、少なくとも英語の成績は、ゆとり教育」の推進と呼応するかのように、ズルズルと低下していきました。見事にグラフの下降曲線が、「ゆとり教育」の浸透と一致しています。かつては、英語では全国のベストテンに入る成績を保持していた島根県が、全国の最下位近辺にまで落ち込んでしまいました。一旦落ち込んだ成績はなかなか元には戻りません。

 「ゆとり」という考え方の根幹が、大きく間違っています。何かを一生懸命にやっていれば、他のことを顧みる余裕もないし、忙しくて心などのどかになれるはずがありません。だったら最初から、余裕を持ってやればよい、というのがゆとり教育の当時の考え方でした。ここが大きな間違いだと私は考えます。喩えてみましょう。一生懸命汗を流して働けば働くほど、経済的にはそれなりの余裕が出てきます。すると旅行にでも行こうかという「ゆとり」が生まれてきますね。全力を尽くして頑張っているプロセスの中から、心の「ゆとり」「喜び」が生まれてくるのです。はじめに「ゆとり」ありき、では絶対に「ゆとり」など生まれるはずがありません。私も体験をしてきました。

 私は、現役教員時代には、朝6時半から登校して教材を作り、目一杯教え、校務をこなし、部活動の指導をして、土・日も出勤する毎日でした。自宅に帰っても、夜は遅くまで辞典や参考書・問題集の執筆です。定年を迎え、一切の仕事をお断りして、憧れだった悠々自適の生活に入りました。確かに時間に縛られることなく、朝から晩までのんびりとした毎日を送ることができました。旅行も存分に味わうことができました。でも毎日が暇だらけで、のどかでゆとりのある生活かと言えば決してそうではありませんでした。単なる「暇」であって、ゆとり」では決してなかったように思います。2ヶ月して松江北高に復帰して、再び忙しい日々が始まりました。でも充実していたように思います。今年の4月からは、松江北高に加え、米子東高校内にできた浪人生のための「志学館」にも通っています。現役時代よりも忙しく働いて、とてもじゃないが「ゆとり」があるとは思えないでしょうね。しかし、私の心の中には充実した喜びやのどかさがあるのです。そしてちょっとした時間的な余裕ができれば、さらに楽しくゆとり感が倍増するのです(12月20日に全ての授業が終わりますので、冬は旅に出かけます)。全力を尽くしてこそのゆとりなのです

 私の尊敬する故・渡部昇一先生も同様のことを著書の中で述べておられました。ちょっと長いですが、実に参考になる生き方だと思われますので、引用します。

 私にも、この陶淵明のいうゆとりを感じたことがある。大学時代のことだ。
 私は家庭の事情もあって、どうしても学費を免除してもらう必要があった。
 学費免除をしてもらうためには、学年で必ず一番にならなければいけない。そ
うすると、これはほかの生徒との競争を考えるわけにはいかなくなるのである。
 私よりもっと成績のいい学生がいるかどうか私にはわからないからだ。誰と競
っていいのかわからないが、とにかく一番になるにはどうすればいいのか。これ
は全部百点を取るしか手がない。
 こう考えて、他人と競争するのではなく、全科目で満点を取るようにと心を切
りかえた。競争を考えると、同級生の成績にいちいち嫉妬しなければならない。
しかし、満点を取れば、そんなわずらわしいことをしなくても一番になれるとい
うわけだ。
 そのためにはどうするか。
 まず、授業はよく聞かねばならない。だから、必ず教室の一番前に座ることに
した。最前列に座って、先生と自分との間に物理的な邪魔が入らないようにした
のである。そして、しっかり授業を聞くようにした。
 当時は午後の授業はなく、朝は始まる時間がきちっと決まっていて、午後一時
には終わった。
 授業が終わって部屋へ帰ると、習ったノートをまず読み直して、わからないと
ころにだけパッパッと印をつけた。そして、次の授業の時に、そのわからなかっ
た部分について質問し、授業で習った部分については完全にマスターするように
心掛けたのである。授業について非常によく勤めたということであろう。
 そうすると、しだいに、授業はもちろん、試験までもが楽しくて仕方がなくな
ってきた。今考えると、これが陶淵明のいう「達成感のあるのどかさ」なのでは
ないかと思う。端から見れば、しゃにむに勉強しているように見えたかもしれな
いが、私自身の中では楽しくて仕方がなくなっていたのだ。
 だから、心の中にはいつもゆとりのようなものがあったし、のどかだった。
 そしてその結果、十数科目の平均点が九十点以上だった。二番だった学生の平
均が八十数点だったというから、総計では百数十点ぐらい違ったことになる。
 こうなると、次は本当に時間的な余裕も出てくるようになるのだ。授業で習っ
たことについてはほぼ完全にマスターしているという気持ちがあるから、空いた
時間を自由に使えるようになったのである。
 心に不安があれば、なかなかそうはいかないだろう。疑問点や不明点を残した
まま授業を終えていたのでは、心穏やかに遊べはしないものだ。
 その点、私は授業でやるべきことはすべてやっていたから、心のどかに余りの
時間を使えた。雑誌はもちろん、好きな本もずいぶん読んだと思う。この時に日
本の古典まで読んでしまったくらいだから、いかに私が自由に時間を使えたかが
わかろうというものだ。  ―渡部昇一『なぜか「幸運」がついてまわる人10の
ルール』(三笠書房、2003年)

 上の渡部先生の言葉に出てくる陶淵明(とうえんめい)の言葉とは、帰去来辞」(ききょらいのじ)に出てくる一節「勤(いそし)みて労を余すことなければ、心に常(とこしえ)なるいとまあり」です。「一所懸命やって全力を尽くすと、心には常にゆとりがある」という意味ですね。一見パラドックスのようですが、これが真実です。

 かつて、松江北高の全盛時代の伝説の校長故・鞁嶋弘明(かわしまひろあき)先生は(私を北高に呼んでくださったのもこの校長先生でした)、生徒たちに「定期試験の勉強は二週間前から始めるのだ」と、訓示しておられましたね。部活動が休止になるのは試験一週間前ですから、大抵の生徒たちは一週間前から試験勉強を始めます。これを二週間前から始めることで、心に余裕が生まれて好結果につながるのだと。試験前ギリギリになって勉強する人たちは、前日に徹夜徹夜の連続で、一見乗り切れているように見えても、試験が終われば全部忘れていますから、結局は力がつかないのです。私自身を振り返ってみても、高校時代、試験勉強なんかした記憶がありません。毎日少しずつ今日習ったところを復習していましたから、試験前になると、無性に好きな本が読みたくなったものです。さらに、鞁嶋先生は、普段の生活についても生徒たちに踏みこんで教えておられました。金曜日は翌日が休みということもあって、のんびりしてしまってダラダラと過ごすことが多いようですが、実はこういう金曜日とか、余裕のある土曜日・日曜日に、次週の予習を溜めるだけ溜めておくと、次の週の毎日に「ゆとり」が生まれる、そしてその浮いた時間を自分のやりたいことに充てるのだ、とおっしゃっておられました。予習の先取り」ですね。力のつかない生徒は、明日のことを今日行うその日暮らし、自転車操業になっていることが多いようですよ。「やらされる勉強」ではなく、「自分でやる勉強」は力がつくのです。こういった具体的な勉強の取り組み方を、校長先生自ら発信しておられた学校が、松江北高でした。強いわけだ。❤❤❤

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

「ホテルオークラ神戸」

 この時期には「神戸ルミナリエ」で、神戸は賑わっていることでしょうね(今年で25回目)。「ルミナリエ」を見るために、私が神戸で定宿として利用しているのが、高級老舗ホテル「ホテルオークラ神戸」です。退職後、日本旅行」の教え子が、初めて「ルミナリエ」を見るために旅行した際に、私のために取ってくれたのがこのホテルでした。高層階から眺める神戸の夜景が滅茶苦茶きれいだったのと、ホテルの接客やら食事・サービスが最高に良かったので、以来ここを定宿にすることに決めています。周辺には、神戸港メリケンパークウミエモザイクなどがあり、観光・ショッピングにも最高のロケーションなんです。地上35階建てのそびえ立つホテルで、高層階の客室の窓から見える景色が素晴らしいのも人気の理由の一つです。神戸の夜景を堪能したい人にはまさにぴったりのホテルだと思いますよ。新神戸駅三宮駅から無料シャトルバスも出ています。

 

    エントランスを入ると、天井の高い開放的なロビーが、左手にフロント・デスクがあります。メインロビーには、ソファがたくさんあり広々としていて、平山郁夫画伯の絵がひときわ目を引きますね。このホテルで私が一番好きな雰囲気の場所がここです。高級ソファに深々と腰掛け、画伯の絵に癒やされながらのんびりと悠久のひとときを楽しんでいます。ちょっとした仕事もここではずいぶんはかどります。やはり雰囲気でしょうか。

▲これも平山郁夫画伯の「瀬戸内海曼荼羅」(平成元年)

 客室も広く余裕のあるお部屋で、ゆっくりとくつろぐことができ、仕事もはかどります。壁際には、幅広のライティング・デスクとテレビボード。デスクの隣には、電気ケトル、ティーカップ(ちゃんとフタがついていました)、インスタントコーヒーのセット、ティーバッグが。窓ぎわには椅子と小さなテーブルが。空気清浄機も。ベッドサイトのテーブルには、電話、アラーム付き時計、エアコン、ライト(室内灯・天井灯・足元灯)、カーテン開閉の操作パネル。サイドテーブルの引き出しの中にはセキュリティボックス(金庫)が入っています。バスルームはお風呂とウォシュレット・トイレ。水回りには若干の古さも感じられますが、清潔感があり、とてもきれいでした。洗面台には高級感漂うアメニティが設置されています。クローゼットも十分な広さがあり、傘・靴べら・洋服ブラシ・スリッパが用意されていました。

 私は毎回夕食に、このホテルのフレンチを頂くことにしています。このお店のサービスがとても気に入っているんです。一度、作っていた教材の忘れ物をして、部屋まで届けて頂いてこともあり、そのお心遣いに感動したことも理由の一つです。レストランも和・洋・中といろいろと入っているので、食事に困ることはありません。朝食ブッフェも、ホテルオークラ」伝統のフレンチトーストや、シェフが目の前で料理してくれる卵料理、10種類もある焼きたてのホームメイドブレッドがお気に入りです。何度もお邪魔しているうちに、ポーターさんとも親しくなりました。私のお気に入りホテルです。♥♥♥

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

「神戸ポートタワー」

  私が神戸で泊まる「ホテルオークラ神戸」の目と鼻の先に「神戸ポートタワー」(料金700円)があり、登ってきました。青空に映える深紅の鼓形のフォルム。和楽器の鼓を長くしたような双曲線構造の美しい外観と独特のパイプ構造。そびえ立つ赤のアクセントが特徴的ですね。眼下にはハーバーランドメリケンパーク神戸ウォーターフロントの中心部です。海に向かう開放感も心地いいです。最上階の展望室からは、港と市街地六甲山系の大パノラマが望め、夜には1千万ドルの夜景が眼下に広がる神戸ポートタワーです。言わずとしれた神戸のランドマーク・タワーですね。展望3階に360度20分で床が一回転する喫茶店、展望5階の天井に光ファイバーで四季の星座も楽しめます。周辺の神戸港の散策とあわせて楽しむことができました。

▲私の泊まる「ホテルオークラ神戸」

 神戸港の景色が楽しめるように、埠頭の上に、1963年に建設された展望用のタワーです。その後、1980年代のメリケンパーク造成により東岸が、1990年代の中突堤堤中央ターミナル造成により西岸が埋め立てられ、現在は埠頭上には位置していません。 世界初のパイプ構造の建造物で、和楽器の鼓を長くしたような外観が特徴です。その独特の構造・形状から「鉄塔の美女」とも称され、高層建築物のモデルの一つとなっています。また、日本で初めてライトアップされた建造物でもあります。当時の神戸市長(第7代)であった原口忠次郎さんは、元内務省の技術官僚でもあったのですが、1959年にロッテルダムを訪れた際に、港を一望する「ユーロマスト」に感激し、このタワーの建設を思い立ったといいます。その4年後1963年に実現しました(総工費4億5千万円)。ちなみに、当初はタワー全体を銀色にする予定だったのですが、地上からの高さが60mを越す事から、当時の航空法によって黄赤をメインに白にアクセントにした塗装に変更させられています。以降、神戸港のシンボルとして広く知られ、修学旅行などの観光客が、港町神戸を学習する際に、その多くが立ち寄る拠点ともなっています。2009年12月~2010年3月の間、神戸市によって建設以来の大規模な改修工事が行われました。総事業費は約3億3,000万円。17年振りの鉄塔の塗装の塗り直しをはじめ、LEDの使用による新たなライトアップや展望室のリニューアル、バリアフリー化がなされました。照明の色は白1色から光の三原色(赤・青・緑)にすることにより40種類のイルミネーション演出が可能となりました。夜の「ポートタワー」も素敵です。何よりも神戸の街が一望できるのが一番の魅力でしょう。

 パイプの螺旋構造が独特で、よそにない鼓の形も印象的、海と神戸の街並みによくマッチしていました。その優美さから「鉄塔の美女」と呼ばれています。とても頑丈で、神戸大震災の時もビクともしなかった、と聞きました。真下から見上げると、タワーが倒れてきそうな迫力を感じます。建設当時周辺は、はしけだまりだったそうですが、造成されてウォーターフロントに発展しました。第15回日本建築学会賞(1963年)、建築業協会優良建築賞、照明学会照明普及賞、DOCOMOMO JAPAN選定 日本におけるモダン・ムーブメントの建築(2003年)など多くの受賞歴があり、2014年12月には国の登録有形文化財にも登録されています。

 そうそう、これと同じく京都には、京都駅の正面に立つ「京都タワー」がありますね(写真下)。⇒私の訪問レポートはコチラ  9階建てのビルの上にスックと立つ白い巨塔です。お寺の街だけに「ろうそくをイメージしている」とささやかれますが、本当は海のない京都の街を照らす灯台をイメージ」しています。地上100メートルからの眺めは抜群です。私が訪ねたときはこの「京都タワーホテル」に泊まり、大浴場で骨休めをしました。2年前に、地下1階~地上2階がおしゃれな「京都タワーサンド」にリニューアルしたそうで、おしゃれな雑貨や、お土産フロア、美食フロア、体験フロアへとイメージを一新したそうで、また行って見たく思っています。❤❤❤

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

ホテルのコーヒーはなぜ美味しい/まずい?

 コーヒー大好きの私は、その昔、川島良彰『コンビニコーヒーは、なぜ高級ホテルより美味いのか』(ポプラ新書、2015年)という本を読んだことがあります。衝撃的な事実がいっぱい書かれていて、結構面白かったのを覚えています。確かにセブン・イレブン、ファミマ、ローソン、マクドナルドのコーヒーは、100円という安値にもかかわらず、確かに美味しいと思います。その内情・からくりが展開されている本でした。高級ホテルのコーヒーは高価にもかかわらず、それに見合う味が提供されていないのはなぜか?という点にまで、鋭く踏み込んで書かれていました。

  ホテルで食材に人一倍こだわるシェフがなぜ、コーヒーの味にはこだわらないのか?理由は、コーヒー業界の悪しき商習慣」があると言います。大手コーヒー会社がホテルやレストランに抽出器具を無償提供することや貸し出すことを条件に、コーヒーの長期納品契約を交わす商習慣があり、納入するコーヒー豆をすべて会社に一任しているのです。また、ドリップしたコーヒーは抽出後20分以内がおいしく飲めるのが限界です。それも抽出後保温ポットに入れた場合で、ホットプレートで保温すれば、加速度的に酸化してマズくなります。これが、ホテルのコーヒーがマズイ理由です。このままいけば、「同じコーヒーなら安い方がいい」という消費者が増えていくだろうと著者は指摘していました。

 100円のコンビニ・コーヒーの原価は12~13%で、12円。1200円の高級ホテルのコーヒーは2%程度で24円。どちらもほぼ同じ価格帯の豆を使っています。コンビニは消費量が多いため、豆自体も新しいものがどんどん入ってきます。ホテルのコーヒーの消費量はそこまで多くありません。コンビニの方が豆自体もフレッシュであり、その場で挽いて抽出している分、コンビニ・コーヒーのほうが美味しくなる、というからくりです。なるほどね。豆自体はそんなに変わらないんですね。なぜか、高級ホテルでコーヒーを飲むと「高級な豆使ってるんだろうな?」とか思っちゃいますよね。でも実際はそんなに美味しくないといいます。まあ高級ホテルで飲むというシチュエーションを楽しむ分には、ありですけどね。高級ホテルのコーヒーは、ほぼ「場所代」ですしね。

 さて、ここからは私の感想です。とはいえ、ホテルのコーヒーにも、結構美味しいものが多いのも事実です。特に朝食で供されるコーヒーで、美味しいなと感じるホテルも結構あるんです。「奈良ホテル」(⇒私のレポートはコチラ)や「ホテルオークラ」「リーガロイヤルホテル」のコーヒーは最高でしたし、「三井ガーデンホテル岡山」のコーヒーも実に味わい深いものです。古くは、東京・千鳥ヶ淵にあった「フェアモントホテル」のコーヒーも感動ものでしたね(さだまさしさんのコンサートで聞いて、行ったら外国人ばかりだった)。いい豆を使っているのでしょう。

▲三井ガーデンホテル岡山 実に美味しいコーヒー

 

 コーヒー大好きの私は、現在、東京・銀座の「カフェーパウリスタ」から(芥川龍之介、与謝野晶子、谷崎潤一郎、森 鴎外、菊池 寛、アインシュタイン、ジョン・レノン、オノ・ヨーコ夫妻などが通い詰めたことで有名。⇒私の紹介記事はコチラ銀ブラ」の語源になった(嘘!)ともされる)毎月コーヒー豆を送ってもらっているのと、キューリグ・エフィーの「ネオトレビエ」のコーヒー・マシンでブルー・マウンテンを毎日飲んでいます。つい最近は、「UCCドリップポッド」を購入して、毎月月替わりで世界各地の美味しいコーヒーを送ってもらって楽しんでいる八幡です。❤❤❤

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

エスカ

◎週末はグルメ情報です!!

 名古屋駅新幹線口である西口(太閤通口)からエスカレーターを降りていくと、地下街「エスカ」が広がっています。エスカレータで降りる様子が真正面の鏡に映し出されます。名古屋駅からこの地下街に向かうと、まるで異空間に吸い込まれていくような感じを抱いた私でした。「エスカ」地下街は、1964年(昭和39年)の東海道新幹線開業に伴い整備された、名古屋駅西口駅前広場の地下に設けられた地下街です。名古屋駅の新幹線改札口から最も近い商業施設であるため、土産物店が並ぶコーナーや、味噌カツ、エビフライ、味噌煮込みうどん、きしめん、名古屋コーチン、ひつまぶし、などの「名古屋めし」の有名店が軒を連ねています。矢場トン」(⇒私の大好きなお店です。食レポはコチラです)など大抵の「名古屋めし」がここで食べることができ、観光客には便利な地下街です。名古屋駅西口前を南北方向に走る、市道椿町線を越えた西側に位置する「ビックカメラ」や「河合塾」といった施設へ向かう際のルートとしても用いられています。

 2001年に名古屋の飲食店が東京に出店しました。雑誌記者が店を訪れた際に、「味噌カツ」や「ひつまぶし」などの料理をまとめてどう呼んだら良いかが疑問となりました。当初は「ナゴメシ」でどうだろうと言っていましたが、「名古屋めし」としたのが、2005年の「愛知万博」をきっかけに全国に広まったようです。私がこのエスカに降りてきたのは、「想吃担担面」(しゃんつーだんだんみぇん)という、大阪の先生から教えてもらった、名古屋一の担々麺を食べるためでした。目茶苦茶美味しかった!⇒私の食レポはコチラ❤❤❤

カテゴリー: グルメ | コメントをどうぞ

名古屋駅の金の時計・銀の時計・ナナちゃん

  名古屋は私の好きな町です。その玄関口JR名古屋駅「桜通口」にある「金の時計」周辺は、広い空間になっていて、JR名古屋高島屋の出入口やタワーズ上層階エレベーターへつながるエスカレーターがあります。この空間全体が待ち合わせをする際に、定番中の定番の場所として利用されています。ちょうど東京駅の「銀の鈴」のような場所ですね。ただ、みんなが一斉に待ち合わせをしているために、金時計周辺はいつも連日大変混雑していています。いかんせん人が多くて、目当ての人を見つけるのが大変です。特に初対面の人と待ち合わせるのは至難の業かもしれません。

 一方、「銀の時計」JR名古屋駅「太閤通口」の構内にあり、新幹線北口改札と南口改札を出た目の前にあります。「金の時計」前の待ち合わせ空間ほど広くはありませんが、それでも「銀の時計」周辺は大勢の人が滞在できる広いスペースがあります。

 もう一つ待ち合わせスポットとして、また、観光スポットとして定番の巨大マネキン人形「ナナちゃん」も外せません。名古屋で一番オシャレな巨大人形です。この人形自体がとても大きく分かりやすいので迷う心配もありません。名鉄百貨店」前の歩道に設置され、初めて訪れた人は圧倒的な存在感とファッションセンスに度肝を抜かれることも多いでしょう。流行に敏感なナナちゃんは、季節やイベントのよって衣装も替わります。そのファッションが常に話題となる「ナナちゃん。しかし、なぜ、ナナちゃん」はここに存在し、これだけの名物になったのでしょうか?その生い立ちは?

 ナナちゃんのプロフィールは、1973年(昭和48年)4月28日生まれの44歳。身長約6メートル、体重約600キロ。公式サイトでは3サイズまで公表しています。本業は名鉄百貨店の「広報部員」で、日々の業務を担っており、彼女にしか着こなせない最新ファッションを常に提案しています。1972年に「名鉄百貨店」が若者を対象とした新館「名鉄百貨店セブン館(現・ヤング館)」をオープン。その1周年を記念した“百貨店らしいシンボル”として、当時の担当者が東京のマネキン展示会で見つけたのが、インパクトのある「巨大マネキン」でした。ちなみに当時のセブン館にちなんだ『ナナちゃん』という名前は、この時期に一般公募で決定したといいます。歩道に巨大マネキンを設置したことで「当時のお客様からはとにかく驚きの声が多かったと聞いています」。「待ち合わせ場所にこの巨大オブジェを見て、『駅前の仏像の前で待ってるね』や、『銅像の前で集合』」という声をよく耳にしたそうです。設置当初は様々なファッションに身を包むことはなかったそうで、「ナナちゃんの一番最初の衣裳はエプロンでした。当時の名鉄百貨店セブン館では、夏と冬のクリアランスセールを『せぶんまつり』と呼んでおり、店員は全員、このセールの名前が入ったエプロンを着用して接客していました。このPRのため、ナナちゃんに同じものを着せようという発案で、年2回着用していました」と振り返ります。

 数年前からは衣装替えの頻度も急増しました。「安さに驚いてアゴが外れてしまったり、日頃の感謝を込めてお辞儀をするなど、ナナちゃん自体に動きがあるときは大きな反響があります。また、アニメのキャラクターに扮したときも好評をいただきますね」とも。最近ではSNSの普及などにより、全国的にもその存在が広く知られるようになったナナちゃん名古屋を訪れたら必ず出会っておきたい「女性」といえるでしょうね。観光スポットだけでなく、地元にも愛されるナナちゃんは、今日も広場周辺を歩く人たちをなごませています。❤❤❤

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ