that is to say

◎実に腹立たしい!!

 『英語教育』(大修館)の今月号(7月号)の「クエスチョンボックス」欄に、成句that is to sayに関する、実に腹立たしい質問が載りました。「成句のthat is (to say)は「つまり」という意味だと思っていましたが、そう訳すと次の文の意味が通じません。このthat is to sayはどういう意味なのでしょうか。OALD9やLDOCE6を見てもこの意味が分かりませんでした。よろしくお願いします。」というものです。

I’ve never met him. That is to say, I have no recollection of ever having met him.

 尊敬する柏野健次先生(大阪樟蔭女子大学名誉教授)が丁寧に解説をなさっておられるんですが、こんなthat is to sayくらい学習英和辞典にも出ている用法です。私たちの『ライトハウス英和辞典』(研究社)にも出ています(前に述べたことをより明確に言い直すときに用いる)。辞書を引く手間を惜しんで、自分でろくに調べもしないでQBに頼ろうとする根性が気にくわない。私は「少なくとも」こんな先生には絶対に習いたくない。現場教員のレベルはここまで落ちているかと思うと、情けなくなります。

 that is to sayの語義として存在する、1)つまり (2)少なくとも (3)ただし、…の話だが この3つの用法の根源的なコアを「もっと正確に言えば」と捉えることを柏野先生は提案しておられます。卓見です。ただ「このように英英辞典のthat is (to say)の項にat leastの語義があまり載っていないのは、that is (to say)よりもat least そのものの方がよく用いられるという事実と関係があるように思います」と結んでおられるのには、少し注釈が必要と思われます。

 実は、このことはすでに、1985年『英語教育』2月号で、旧知の淀縄先生が『アンカー英和辞典』の用例の訳文に疑義を唱えて、故・小西友七先生がそれに答えておられます。「that is to sayの’at least’の意味」と題する回答です。辞書の記述を概観した後で、「これらを見ますと、少なくともイギリスでは使われているようですが、アメリカでは過去にはともかく、今日ではもはや使われていないのではないかと思います。」と結んでおられます。後継辞典の『スーパーアンカー英和辞典』(第4版、学研)を見ていただければ、この成句の詳細な記述を読むことが出来ます。小西先生の回答には、私も若い頃よくお世話になった、米国老舗辞書出版社・メリアム・ウェブスター社の編集者Robert Copelandさんの意見も引かれていました。

     The expression that is to say in the sense of “or at least” seems to be a British usage. We can find no examples of this usage in our files of citation from American sources.

  要するに《英》ということです。確かに、英国系のLongman Dictionary of the English Language (1984) や The Penguin English Dictionary(2003)には、ちゃんと出ています。ただ、最近のイギリス系の辞典には出ていないことから、現在のイギリスでの使用頻度はどうなのかな?と私は疑問に思っているところです。こういう点をQBに聞くのなら分かります。意味を教えてくれ、など言語道断です。今回のQBを読んで、現場教員の英語に対する非常に安易な姿勢にガッカリしたことでした。「喝!」です。😠😠😠

【追記】 いよいよ今週末は、土浦でお話をさせていただきます。先週の東京会場の様子はコチラをご覧ください。松江北高卒業生の小川綾音さんと一緒に、先生方の明日の授業から役に立つ元気の出るお話をさせていただこうと思っています。資料も惜しみなく提供させていただきます。どうぞお誘い合わせの上、お越し下さい。みなさんにお会いできるのを楽しみにしております。

「ABC」(当たり前のことをバカになってちゃんとやる)、「散歩のついでに富士山に登った人はいない」、「やりっ放しにしない」を大切にして長年積み重ねてきました。「センター試験」の重要性は言うまでもありません。高得点を取れば取るほど、志望校が近づきます。英語の得意な生徒だけでなく、英語の苦手な生徒たちが意欲的に取り組むように仕向けるには、「勉強の仕方」を押さえた上で、徹底的な演習をすることが有効です。私が指導した生徒たちは、筆記平均点188点、リスニング46点を取ってくれました。その指導のノウハウを惜しみなく開陳し、使っている資料も公開します。またこの研究会に参加していただいた先生方みなさんに、私が過去に作ってきた指導資料400本以上の収録されたCDデータ集をプレゼントさせていただきます。学校で使っている種々の英語指導資料も手に取って見ていただけます。(ラーンズHPより)

  • 日時:2018年6月23日(土) 14:00-17:00(受付開始13:30)
     場所: 土浦亀城プラザ
     定員:60名
     参加費:無料      ★お申し込みはコチラから
広告
カテゴリー: 英語語法 | コメントをどうぞ

清水一正さんを訪れる!

▲テンヨー製品の数々 私は全部持っています

 今日は市ヶ谷での講演会を終えて、東京羽田空港国際線ターミナルビル5階の「博品館テンヨーマジックショップ」に、(株)テンヨーの伝説ディーラー清水一正(しみずかずまさ)さんをお訪ねしました(現在はデモンストレーター)。3年ぶりの訪問です。清水さんとの初めての出会いはコチラです。現役としていまだにお元気で大活躍しておられるところがすごいですね。

    お店に行ったら先客が一人いらっしゃって、紹介していただきました。札幌在住のマジシャン太田ひろさんです。時間の経つのも忘れて、清水さん、太田さんと三人で楽しいマジック談義にふけっておりました。いつものように、清水さんの実演を見せていただきます。コインパニック」「THEタバコ」「スマートギロチン」などを、清水流アレンジを加えての独特の「清水ワールド」を堪能しました。いつも思うことですが、清水さんの独創的なひとひねりで、ただでさえ素晴らしいテンヨーの商品が、一段とグレードアップするから不思議です。今日は清水さんから、そんなひとひねりの小道具をお土産にいただきました。早速帰って、私の持っている現物を加工してみたいと思います。清水さん、貴重なものをありがとうございました。三人で記念撮影をして、名残惜しい5階を後にしました。清水さん、エスカレーターの所まで来てくださり、私と太田さんが見えなくなるまで見送っていただきました。こんなところにも清水さんのお人柄がにじみ出ていますね。多くの人から慕われるわけです。

 階下に降りながら太田ひろしさんとお話ししました。⇒プロフィールはコチラです  島根県にも、浜田市・益田市に公演にいらっしゃったことがあるとおっしゃっておられました。ぜひに松江にも、とお願いをして、お別れしました。清水さんのおかげで、またお一人素敵なご縁をいただきました。楽しいひとときを過ごすことができ、満足して米子行きの飛行機(!)に乗りました(私は飛行機嫌いで通っているんですが、清水さんにお会いするためにも意を決して往復飛行機でした)。清水さん、本当にありがとうございました。いつまでもお元気でご活躍ください。♠♣♥♦

追記  清水さんも、この訪問をフェイスブックに取り上げて下さっています。ありがとうございました。コチラです

カテゴリー: マジック紹介 | コメントをどうぞ

市ヶ谷の研究会終わる!

◎市ヶ谷会場の様子をお伝えします!!😀

 6月16日(土)、東京・市ヶ谷「TKP市ヶ谷カンファレンスセンター 」3階において、午後2時より「「不易な英語指導と徹底した分析で英語力をつける」研究会~英語は絶対に裏切らない~」(ラーンズ主催)が開催されました。笑いを交えながらあっという間の3時間でした。今日は参加できなかった先生方のために、その様子をチョットだけご紹介しますね。

 冒頭に、ラーンズの営業責任者小野恭裕(おのやすひろ)さんより、新しい入試情報の提供がありました(小野さんには若い頃からお世話になり、昨年再会を果たしました。ご縁を感じます⇒コチラをご覧下さい)。さていよいよ八幡の出番です。東京でお話するのは初めてなので、最初に「八幡成人の紹介」という映像を、大好きな小田和正さんのピアノをバックに観ていただき、今回は成功の秘訣を最初に提示しました。成功の秘訣は二つしかありません。コツ コツ」です。それを実証すべく、「サイコロの透視」をしましたが、これが大失敗!修行が足りません。やはりまだ「コツコツ」が足りないようです(笑)。リベンジするぞ!

 前半は、現行のセンター試験の「勉強の仕方」に焦点を絞って、とびきりの資料を交えながら解説をしました。第1問は英語の力と相関が非常に低い大問なんですが、過去問からの「お色直し」という観点が理解できると、大幅に得点アップすることが松江北高の実践からも明らかです。今日はみなさんに「お色直し」の実態を知っていただくための、過去出題語1990~2018」というカラー版の資料を差し上げました。それぞれご自由に学校にお持ち帰りいただこうと思って、特別に500枚ほど会場に準備しましたが、あっという間になくなってしまい、来週の土浦会場の分まで出していただき対応してもらいました。ラーンズより各種教材ラインナップのご紹介があり、前半の1部が終わりました。休憩15分間で、会場後方に展示してあるラーンズの最新教材と、八幡作っているプリント類&著書をご覧いただきました。熱心に見入っておられる先生方が多かったですね。教材作成のヒントにしていただければ幸いです。そして八幡はその横で、2017年英語センター対策本』(800円、自費出版)の即売会です。ここでエピソードを一つ。実は買っていただける先生方に、お釣りが必要だろうと思って、5,000円ほど100円玉を準備して松江から持って行っていたんです。ところが会場に着く直前にホテルに忘れてきたことに気づき、大慌てで市ヶ谷のコンビニや喫茶店に入っては100円玉を4,000円ばかりかき集めて会場入りしました(笑)。本当に物忘れがひどくなりました(喝!)。この休憩時間に『センター本』が飛ぶように売れ、あっという間に釣り銭が底をついてしまいました。ラーンズの方に小銭を借金するという、嬉しい悲鳴をあげました。今回は買って頂いた先生方には、日頃の英作文指導でお役に立つ特典資料を付けさせて頂きました。ご活用ください。松江に帰ってからも、この『センター本』を生徒さんに欲しいと、たくさんの先生方からメールをいただきました。在庫のある限り対応させていただきます。

 後半は、生徒が一番苦労する「英単語の覚え方」のヒントから始めました。さてここで、本日のスペシャルゲスト小川綾音(おがわあやね)さん(早稲田大学文学部二回生)の登場です。小川さんは私が二年前まで松江北高で教えていた卒業生です。昨日6/15(金)が彼女の誕生日だったので、お祝いを一緒にしてから二人で会場入りしました。私が編集した小川さんの紹介映像(約1分)をまず観て頂いた後で、限られた時間の中でどうやってさまざまな活動に取り組んで成果を収めたのかを中心に、4つのポイントに関して話してもらいました(具体的な内容については、また後日まとめますね)。初舞台でたくさんの先生方を前に緊張するだろうと予想していたんですが、どうしてどうして、落ち着いた見事なプレゼンでした。会が終わってからも多くの先生方が彼女の元にやって来られ、さらに話を伺っておられました。こうしたフィードバックは実に嬉しいですね。ラーンズのスタッフの方々も、「およそ大学生とは思えない落ちついた見事な話しぶりに驚いた」と激賞しておられました。私も鼻が高かったです(低いんですが…)。ありがとう、小川さん!本当に来てもらってよかったです。小川さんは、今週末(6/23)の土浦会場にも、来てもらえることになっていますので、先生方ご期待くださいね。

 最後に、私の理想とする教師像(VSOP)をお話しして(お酒ではない!!)、「ジャンケン大会」に突入しました。実はこれ、札幌でやってとても盛り上がったんです。ご褒美は、数年前に私の活動に賛同した桐原書店が、私のセンター本を特別に印刷してくれて全国の先生方に無料で配った幻の本と、私が松江北高生のためにALTのチェルシー先生と作った「発音・アクセント頻出語」を吹き込んだ2枚組CD「チェルシー先生、お願いします!」です。このCDは全部で2000枚ほど自費で作ったんですが、全国から欲しいという先生や生徒さんが殺到し、あっという間に品切れ状態になってしまいました。先週意外な所から4枚だけ出てきたもので、今回の東京で2枚、土浦で2枚と思って持ってきました。今日は全国の遠方から多くの先生にお出かけいただいておりましたので、一番遠くから来られた先生に1組、ジャンケン大会の勝者に1組という予定です。一番遠くから来られた先生は、なんとはるばる沖縄からお見えになっておられました。まずこの先生に冊子とCDをプレゼント。その他にも広島、鳥取、新潟・富山など全国各地から足を運んで頂きました。厚くお礼申し上げます。ジャンケンは最後に残った4名全員が女性という中で締めくくりました。

 会が終わりましてからも、小川さんともども、多くの先生に声をかけて頂き嬉しかったです。「握手してください」という先生も何人かいらっしゃいました。握手でもハグでも何でもいたします(笑)。私は飛行機大嫌い人間でして、普段はいつも電車移動なんですが、今回は意を決して飛行機で往復しました。松江に帰りますと、多くの先生方からお礼のメールが届いており、疲れが吹っ飛びました。「沢山の資料とアドバイスを、宝物として、教員生活を邁進して参ります。先生のご厚意に涙涙です。」「貴重なお話と参考になる様々な資料をくださり、誠にありがとうございます。今年度高3を受け持っている身として、大変勉強になりました。」「先生のお人柄と仕事に対する熱意に強くインスパイアされました。」「先生の情熱・パワーを体感できましたので、ぜひこの“御利益”を今日から活かしていきたいと思います」「大変貴重な講演をいただき、大変感謝しております。八幡先生の大ファンになりました。八幡先生の生徒への熱い思い、溢れるほどのenergyに感銘しております。そして多くの資料を本当にありがとうございました」 お土産にお渡しました資料を特に喜んでいただけたようです。こちらこそありがとうございました。またお目にかかりましょう。さあ、次は6/23の土浦です。来ていただいた先生方に喜んでいただけるよう準備します。👊👊👊

 最後になりましたが、企画から進行、会場の準備・片付けに奔走していただいたラーンズの皆様に厚くお礼申し上げます。土浦もよろしくお願いいたします。❤❤❤

カテゴリー: 英語指導に関して | コメントをどうぞ

DMC ELITES: ROUGE Marked Deck

 マジック大好きの私は「マークトデック」をいっぱい持っています。ご存知のように、裏から見て表が分かるカードです。コンセプトは昔からあり、それこそ多種多様な「マークトデック」が販売されてきました。ずいぶんお金を遣って買い集めたものです。最近は、またいろいろと注目されていますね。もっぱら使い方次第の道具で、上手く使えばものすごい奇跡を演出することができます。(が、逆の言い方をすれば、下手に使うと「どういうマークか知らないけれど、裏から分かるんだろ??」的なざっくりしたバレかたをしたりもしますので、注意が必要です。今日ご紹介する「DMC ELITES: ROUGE Marked Deck」は、今までとはちょっと違う画期的な仕組みのカードということもあって、非常に売れたみたいで、今はどこも品切れ状態のデックです。製造メーカーでも欠品中らしく入荷の予定は全くないとのことでした。私はあるお店で、最後の1個になったこのデックを手に入れています。

    さて、このマークトデックの特徴は、オプティカル・マーキング・システム」と呼ばれる、改良に改良を重ねた独特のマーキング方式にあります。ギャンブラー起源のマーキング発想とは全く対極の、マジシャンのためのマークと言えるでしょうか。マークは実に巧妙にカモフラージュされていて、知らない人はプロでも気づくことはまずないでしょう。にもかかわらず、知っている人が見ると、大変分かりやすく、かなり大胆に堂々とマーキングされています。ここがオプティカル」(optical―視覚の)と言われる所以です。遠目でも判別できるのが強みで、2メートルぐらい離れていても読み取ることができます。ステージ・パーラーでのパフォーマンスにも、クロースアップでも普通に使えるでしょう。また、バーなど、比較的「暗め」の場所でも読みやすい方式です。瞬間的に読み取れます。一瞬見たら、すぐに分かります。1つには、よくある何かを端から数えていったりする操作が必要ありません。特定の位置にある点の数を数えて読み解くといった面倒はまったくないのです。さらには、マークを頭の中で「解読」「変換」する必要がありません。「マーク」も「数字」も、そのものズバリがそのまま書いてあるので、直感的で、楽なのです。カードをスプレッドして、観客が引いた瞬間にそのカードが何か分かるんです。でも普通の人には絶対に分かりません。

 マークの「読み方」に関しては、1枚だけイラスト解説の「カード」が入っているだけで、文字による説明は一切ありません。でもその「絵」を見れば、読み方は大体分かります。1つの「例外」を把握して、あとは軽く慣れるだけで、すぐに使うことができます。マークがよくできていても、カードとして使いづらければマジシャンにとっては困りものですが、カードとしてもかなりのハイ・クォリティで作られていますので、即戦力となります。やや硬めのカードで、すべりも抜群。表面はしっかりとエンボス加工も施されています。USPCC製ではありませんので、絵札やマークの雰囲気がバイシクルを使い慣れた人にとっては、違和感があるかもしれませんが、過剰な装飾は一切なく、シンプルなデザインのカードです。私はクラシックなカードケースが気に入りました。ちょっとお高いですが、おススメの「マークトデック」です。♠♣♥♦

カテゴリー: マジック紹介 | コメントをどうぞ

「やすらぎの館」

 

 地下1031mからこんこんと湧き出た黄金の湯の天然温泉。大浴場、露天風呂、家族風呂、岩盤浴を備えた、長崎ハウステンボスに2015年にオープンした温泉施設「やすらぎの館」です。大浴場、露天風呂、家族風呂、岩盤浴を備えた温泉施設です。ひとたび浸かれば心も体もしっかりと癒され、美容にも健康にもうれしい温泉です。緑に囲まれた自然の中、日頃の疲れを忘れリフレッシュできます。温泉にゆったりと浸かった後は、ステーキ、ハンバーグ、パスタがメインの洋食レストラン(フェリーチェ)で食事を堪能できます。大浴場の泉質はナトリウム・カルシウム・塩化物泉で、保温効果に優れ湯冷めしにくいお湯です。その他にも人工炭酸泉も用意されています。

 ハウステンボスに行った帰り、リニューアルされた特急「ハウステンボス」に乗るまでに2時間ほどあったので、出かけてみることにしました。佐世保市内から「やすらぎの館」までを結ぶ巡回無料シャトルバスが運行されていて、私は「変なホテル」から乗車して「やすらぎの館」まで行きました。帰りはタクシーを呼んでもらって、「ハウステンボス駅」まで戻ってきました。 

 まずは靴を脱いで館内に入り、上り口横の靴箱へ靴を入れて上がります。この靴箱は無料。 靴箱の鍵を持って中のカウンターへ進みます。カウンターで利用プランを伝えます。私は「大浴場」(900円)を利用しました。家族風呂・岩盤浴も用意されていました。タオルとバスタオルのセットをレンタルしてくれます。カウンター横にあるレストランへ続く廊下の先には「仮眠室」もありました。

 「やすらぎの館」の泉質は、ナトリウム・カルシウム・塩化物泉で、保温効果に優れ湯冷めしにくいお湯です。その他にも人工炭酸泉もあり、高濃度の炭酸泉を利用することができます。炭酸温泉とは、炭酸ガス(二酸化炭素)が溶け込んだお湯のことです。弱酸性で、からだの表面に対して肌や髪の引き締め効果があるといわれています。炭酸風呂」「ナノ風呂」「ジャグジー」「電気風呂(檜風呂)」「水風呂」と5種類の温泉が用意されていました。そして奥には「ミストサウナ」、外には「露天風呂」もありました。1時間くらいしか自由になる時間がなかったので、一通りざっと入ってみました。私は朝一番に開館とほぼ同時に入館したので、お客さんも誰もおらず私一人の貸し切り状態でのんびり過ごすことができました。心臓にもよいという温泉には、時間があれば、ずーーっと浸かっていたい気分でしたよ。いいお湯でした。時間のある人たちには、家族風呂、岩盤浴、アクアドリーマー(涼み室)、エステ・ボディケア・あかすりなども利用できます。そして入浴後は、レストランで食事も取れるようになっています。素敵な温泉施設でした。

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

be put in jail/be sent to jail

  • be put in jail  =  be sent to jail    刑務所に入れられる[グランドセンチュリー英和辞典 第4版]
  • be sent to jail    =   be put in jail  刑務所に入れられる,投獄される[ルミナス英和辞典]

 上記のような示し方に問題はないでしょうか?以前、私たちの編集委員のアルトハウス先生は、be put in jailbe sent to jailよりも「一時的」であるとおっしゃいました。両者には微妙な意味の違いが感じられるのです。次のように使います。

Men who get drunk and fight in bars are often put in jail until they sober up.

 したがって、上の例においてはbe sent to jailを使うことはできないのです。このことについて、ボリンジャー博士イルソン博士も同意なさいました。イルソン博士be sent to jailは、裁判所の判決を含意すると思うと述べられました。ボリンジャー博士は、いつものように語感鋭く考察されました。

 国家で管理する大がかりな刑務所を意味する一般的な語がprisonで、未決囚や軽い罪の者を収容する場所というニュアンスのある語がjail   〔ライトハウス和英辞典〕

 上記のような意味の違いが見られるので、be put in jail/ be sent to jailのニュアンスの違いが生じているのだと言われます。これをprisonに変えてみると、その区別はより曖昧なものとなります。例えば次の二つの英文をご覧ください。

He was put in prison for the rest of his life.

He was sent to prison for the rest of life.

 後者は前者に比べ、より客観的な響きが感じられ、彼とは手が切れたというニュアンスとのことです。英語は一筋縄ではいきません。❤❤❤

カテゴリー: 英語語法 | コメントをどうぞ

「方針」とは?

 現場では、トップが部下に仕事を指示する際に、その仕事に取り組むための『方針』というものが必要です。この『方針』とは具体的にどのようなものなのか?が、いまいち不明瞭ですね。私は、尊敬する松下幸之助(まつしたこうのすけ)さんに習って、(1)「基本理念」、(2)「具体的目標」、(3)「最終目標」、の三つを挙げることにしています。この三点セットを明確に示すことによって、努力の方向をしっかりと提示し、仕事を進めていくための羅針盤とすることができます。そして最後には、きちんと結果を検証・評価することができます。トップがこの三要素を明確に打ち出さなければ、部下はやる気を起こさず、不平ばかり言って、ろくに結果を残すことができません。部下の士気が上がらない場所に、結果はついて来ませんものね。

 「なぜこの仕事をしなければならないか、どのような仕事の仕方をしたらよいのか」(=基本理念)、そして「どのようなペースで進めればよいのか、何に注意を払いながら三ヶ月後に、六ヶ月後に、一年後にこどまでやればよいのか」(=具体的目標)、さらに「自分の仕事はどこにたどり着くのか、終着点はどこなのか?」(=最終目標)が分かれば、多少苦しい仕事であっても、やりがいを持って仕事に当たることができるのです。理念ばかり語って、具体的目標を示さないとか、具体的な数値目標ばかりが一人歩きして、何のためにこの仕事をするのか?という基本理念が示されなければ、いい仕事はできないでしょう。学校現場でよく見られるのは、『今年の教育目標は○○○○だ!』と声高に叫ぶのですが、そのための具体的方策最終目標が示されないことが多いように思われます(従って検証もできないことが多い)。一応、年度末反省」と称して、ABCDの評価をつけはしますが、抽象的なお題目に対してシビアな評価は生まれないでしょう。やったことにしている(逃げ道を作っている)というのが実態でしょう。

 尊敬する松下幸之助さんは、まず「この仕事は何のためにするのか」「どのような取り組み方をするのか」を教え、それから具体的目標と最終目標を示されました。松下幸之助さんの一番弟子・継承者の江口克彦さんが、このことをマラソン選手に喩えて述べておられます(例えば、『猿は猿、魚は魚、人は人』(講談社、2010年)『松下幸之助に学ぶ部下がついてくる叱り方』(方丈社、2017年))。マラソン選手はなぜあれだけ過酷な練習に耐えられるのか?それは「何のための練習か?」(基本理念=オリンピックで走るため、メダルを獲るため、ライバルよりも早く走るため、私が一番感心した基本理念はクロネコヤマトの「サービスが先、利益は後」等々)、「そのために何を練習するのか?」(具体的目標=途中の5キロ、10キロ、20キロ、30キロのラップタイムをどう刻むか、どんな走り方をするのか、等々)、「最後に何を目指すのか?」(最終目標=42.195キロのゴールに何時間何分でたどり着くか)、といった全体方針がはっきりしているので、激しいトレーニングに打ち込めるのです。ところが、「何のため」もなければ「最終ゴール」も分からないとなれば、過酷な練習に耐えられるはずもありません。ああ、そうか。この仕事はこういうことのためにやっていて、こういうやり方をとって、最後はこうなるんだ」と全体の流れが分かっていれば、イライラすることもありませんし、辛いと感じることもないでしょう。仮に結果として達成できなくても、中途半端なできあがりになって厳しい叱責を受けたとしても、納得がいきます。

 昨年11月に、都立日比谷高等学校校長の武内 彰先生の『日比谷高校の奇跡~墜ちた名門校はなぜ復活し、何を教えているのか』(祥伝社新書、2017年11月)を発売と同時にむさぼるように読みました。この本の中には、上で述べたような「基本理念」「具体的目標」「最終目標」が明確に書き込まれていました。「日本一の進学校」と謳われた日比谷高校は、かつて東大に200人近くを合格させていましたが、1993年にはそれがわずか1名にまで落ち込むという衝撃的な落ち込みを経験しています。その日比谷高校の近年の復活劇の背景・理由が詳しく具体的に語られています。方針』を明確に打ち出し、それに向けて全職員が取り組んだことが克明に描かれています。ここには、日比谷高校の授業内容や使用教科書、補助教材、特別講座内容まで全部公開されているところがすごいですね。ぜひ先生方に読んでいただきたい本です。生徒が飛躍的に伸びるのにはちゃんとした理由(わけ)があるんです。ちなみに日比谷高校のホームページには、教育目標」(これはどこの学校も似たり寄ったり)、武内校長の「学校経営計画」そしてその反省「学校経営報告、今年度の「学校経営シート」が公開されています。やりっ放し」にしないように、最後には検証可能なように「数値目標」も掲げられています。コレ、すごいです!これらを先生方ご自分の学校のものとぜひ見比べてみてください。⇒例えば日比谷高校「学校経営計画」コチラです。 V字回復を都教委に指示された手前、難関国立4学(東大・京大・一橋大・東京工業大)と国公立大医学部医学科や難関私立大学の合格者数の数値目標は公開されていますが、それが最終ゴールではないことを、武内先生は、はっきりとおっしゃっておられます。

 校長がこの目標を達成するためだけの学校経営をすると、教員も生徒も受験至上主義に変わってしまいます。私は、上級学校に入るためだけの学びをして来た人が将来のグローバルリーダーとして相応しいとは考えていませんし、数値目標を達成するためだけの学校経営はしたくありません。すると教員たちは、この校長は「東大合格者を何人出そう」ではなく「生徒の希望を叶えるために教員全員が力を合わせよう」「将来のリーダーとして活躍する生徒を育てよう」というメッセージを発しているのだと反応し、結果的に高い進学実績につながりました。

 やはり最後は、上に立つリーダーの姿勢ですね。組織はリーダーの力量以上には伸びない野村克也)のです。これは、現場を長く勤めての実感です。私は、松江北高が最後の現場になりましたが、自己目標」には、「世界の人たれ そのために英語の力をつける」(基本理念)、「希望進路実現のためにふさわしい教材を作る」(具体的目標=私が長年作り続ける「センター対策本」もその一つ)、「センター試験平均〇〇〇点 希望進路実現」(最終目標)と書き込んで、自己検証・評価を続けてきました。決して大学に入れることが目標ではありませんでした。授業の中で、英語学習の面白さ、楽しさ、深さ、難しさ、辛さ、喜びを伝える中で、生徒の心に火をつけて、「力をつける」ために毎日奮闘していました。すると結果的に希望大学に合格していた、というのが実感です。❤❤❤

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

part from

  以前の版の『ライトハウス英和辞典』に、次のような用例が出ていました。

              He parted from her at nine.  彼は9時に彼女と別れた。

 みなさんは上の用例をどう思われますか?この用例に関して、数多くのインフォーマントが「古風であって現在使われない」と意見を述べました。そこで故・ボリンジャー博士に確認をとりました。博士は、この用例がオカシな響きを持つのは、単にかなり古風な表現だからだけでなく、意味的にオカシイとされました。「別れる」としか書いてないので、ここら辺が辞典ではなかなか分からないところです。part と言う語は、“permanent separation”を示唆する単語なんです。ボリンジャー博士は次のような用例を挙げてそのことを説明してくださいました。実に勉強になりますね。

             He took his leave of her at nine.

             He parted from her forever. / They parted forever.

             At last they parted. Would they ever see each other again?

 この「永遠に」というニュアンスは、part with~にも見られるとして、次のような用例を提供してくださいました。

              Nothing is going to induce me to part with my money!

 もう一人の校閲者イギリス人のイルソン博士、この動詞を“ end a relationship”とパラフレーズしておられます。私は故・竹林 滋先生(東京外国語大学)の命で、疑義のある語法を両博士にお尋ねする役目を仰せつかっていたのですが、ずいぶん英語の勉強をさせていただいたと感謝している次第です。❤❤❤

▲R.イルソン博士と 八幡も若い!

カテゴリー: 英語語法 | コメントをどうぞ

山陰のあじさい寺・月照寺

 松江で「あじさい」(英語ではhydrangea)と言えば、ここ「月照寺」(げっしょうじ)です。松江しんじ湖温泉の北、小高い丘を背にたたずんでいます。松平直政公が、母月照院の菩提を弔うために寛文4年(1664)に建立し以後、松平家の菩提寺となりました。廟所には初代から9代までの墓碑が並んでいますが、不昧公(ふまいこう)のものや、大亀を配した6代宗衍(むねのぶ)のものが特に目をひきます。藩主遺愛の品を納めた「宝物殿」も見学できます。

 私は年に一度、このあじさいの季節には必ず訪れます(拝観料500円)。約1万坪の境内の参道沿いに、約3万本の青や紫、白色、色とりどりのあじさいを眺めながら、必ず「大亀伝説(⇒私の解説はコチラです)の石像の所へ足を運びます。物悲しそうな亀の表情が堪りません。あの小泉八雲が作品の中で紹介していますね。多くの観光客がこの亀に触りながら写真に撮っています。6月中旬から7月上旬にかけて参道や廟門、苔むした石灯籠を青や紫のあじさいの花が彩ります。周囲の燃えるような緑も手伝って、境内全体が梅雨のみずみずしい美しさに包まれるので、訪れるにはオススメのシーズンです。今日もあじさいを鑑賞しながら、写真を撮りました。心癒やされる瞬間です。❤❤❤

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

授業訪問

 今日6月11日(月)、松江北高3Rの5限の授業に、お隣の松江東高校の若い先生方が5人授業見学に来られました。八幡の「英語表現」の授業です。「ジジイの授業を見てもあまり参考になりませんよ」とお断りを入れての1時間でした。北高の若い先生方も2人見学なさいました。冒頭ヴィンテージ」の小テストを終えて(解答の根拠を生徒が解説しながら答え合わせ)、合格点の8点を下回る生徒は一人もいませんでした。システム英作文』(桐原書店)の「11 比較」Basicの11個の作文を黒板に書いてもらったものを、1問ずつ書いた生徒が解説していきます。八幡が所々で要点を話しながら、5問終わったところで、「何か質問は?」と問いかけると、次々と手が上がり、The population of Spain is about one third as large as that of Japan. のthatはoneではダメか? She loved her son all the more for his shyness/ because he was shy. の後半部分をfor his shy personalityではどうか? なんでall the more/betterで、「だからこそいっそう」という意味になるのかが分からない? 引き続き後ろの黒板に場所を移して、後半の6問も同様に進めました。The longer we waited, the more impatient we got/became/ grew.が正解だが、後半をthe more we were annoyed/irritated/impatientと書いてはダメか?(よくやる間違いです) 「君がばかじゃないように僕だってばかじゃないよ」は昔から「クジラ・馬構文」と言われてきたんですが、今はまず使うことはないこと、「地球なんてちっぽけな星にすぎない」の「ちっぽけな星」はa little planetと教科書の注にあるけれど、 star(星)を使ってはいけないのか? no more than/ not more than/ no less than/ not less thanはなぜそのような意味になるのか考えてみよう 「このワルツは意外に難しかった」はThis waltz was more difficult than I had expected. はI expectedと過去形にしてはダメか?OK  waltz(ワルツ)は日本語読みすると間違える「カタカナ語」なので注意が必要!  He is two years younger than his wife. とHe is two years junior to his wife.と2通りの書き方をした生徒がいるんですが、どちらが英語としてはより自然か?などといった質問を受けながら、時折笑いを取りながら進んでいきました。いつもこうやって手が上がって質問が出ることを使いながら、生徒とやり取りをする中で授業が進んでいきます。アッという間に50分の授業が終了しました。最後に、明日から始まる「マーク模試」の目標と、今日必ず自宅でやるべき課題を提示して終わりました。

 授業後、応接室に移動して今日の授業に関する質問やら、授業全般に関する質問を先生方から受けました。授業に関する資料や、八幡が北高生徒の観察から作成した勉強のコツに関する数々の資料をおみやげにお渡ししました。「北高暗唱英文」とその解説教材や、「模試見直しプリント」に関してもご質問・要望が出ましたので、現物をお持ち帰りいただきました。若い先生方のご参考に少しでもなれば幸いです。喜んでいただけましたでしょうか?最後に記念撮影をして、散会しました。ご許可をいただいて掲載しておきます。

 今日の授業の中でも生徒たちに紹介した本を、ここで挙げておきますね。先週の金曜日に(私は金曜日は授業がない日なんです)、田和山の「今井書店センター店」をのぞきました。曇り空の中、自宅を自転車で出発したのですが、上乃木のあたりでひどい土砂降りに遭いました。もう全身ビショ濡れです。堪らず喫茶店「ウィーンの森」に飛び込んで、コーヒーを飲みながら雨が小降りになるのを待ちましたが、一向に止む気配がありません。仕方なしに、雨降る中「今井書店センター店」へ向かいました。そこで見つけた一冊が、関正生(せきまさお)『世界一わかりやすい英文法の授業』(KADOKAWA、2018年5月、税別1500円)でした。パラパラと拾い読みをしていたところ、「副詞節では未来のことでも現在形を使う」という有名なルールの背景と理由が書いてありました。私も授業でよくこのことを生徒たちに問題提起するんですが、今までにこの理由が分かりやすく書いてある学習英文法書は見たことがありません。どの参考書にもこのルールは出ていますが、「なぜそうなるのか?」という理由にまで踏み込んで解説したものは皆無です。リクルートの「スタディサプリ」で高名な関先生の本は、全部買って読むようにはしているんですが、他の予備校講師の書かれるものとはひと味もふた味も違っていて、「ただ者」ではないことが実感できます。本の帯にも「なんだ、そういうことだったんだ! 丸暗記ナシ!「なぜそうなるのか」を徹底解説 心の底から納得できる→忘れない」と書いてあり、「なぜ?」にこだわった本であることがよ~く分かります。前著をフルカラーで改訂リニューアルした最新版です。みなさんにもオススメしておきたいと思います。この本です。❤❤❤

カテゴリー: 英語指導に関して | コメントをどうぞ

マイコラス投手

 昨季まで巨人軍に3年間在籍して大車輪の活躍を見せたマイルズ・マイコラス投手が、今年は巨人を退団して、大リーグのカージナルスに復帰しました。巨人時代も投手陣の大黒柱(通算31勝13敗)としてずいぶんと貢献してくれたピッチャーでしたが、今年巨人が苦労しているのも、彼がいなくなった分をなかなか埋め切れないでいることにも原因があります。マイコラスはメジャーに復帰して絶好調で、現在7勝1敗(!)と活躍しています。4年ぶりにメジャー復帰して、開幕6連勝をマークして飛躍しています。もちろんチーム最多、リーグでも2位タイです。防御率は同3位の2.27です。少し自分に驚いてもいる」と言うほどの好成績です。あの150キロ台の速いストレートとドロンとしたカーブ、日本で磨いた抜群の制球力があればこのくらいの活躍は当然と言えましょう。巨人は惜しいピッチャーを失いました。この7勝目を挙げた試合で、MLB公式サイトによれば、マイコラスが験(げん)を担いでいたことを紹介しています。彼は汗かきで普段は複数のユニホームを用意し、イニング間で着替えながら投げ続けるんですが、同試合では同じユニホームを着続けたといいます。マイク・マシーニー監督が記事の中で「彼は汗かきなんだ。本当によく汗をかくんだよ。通路を歩いていると、彼のユニホームが並べられているんだ。なぜなら彼は汗びっしょりになって着替えなきゃいけないってことがすでにわかっているからね」と明かしているほど。しかし、マイコラスは「着替えられるように(ユニホームを)用意しておくんだけど、今日は結局使わずじまいだったね。僕は少し験を担ぐんだ。いい結果が出た時のユニホームを使い続けるんだよ」と語っており、汗でびしょ濡れのユニホームで投げ続けたようです。巨人からメジャー復帰1年目にして早くもオールスター・ゲーム初出場の声も上がり始めている右腕です。もしそうなったら、すごく素晴らしい経験になる。一生の思い出にもなるね」と率直な思いを口にしています。

★巨人今季初めてのサヨナラ勝ち!!★

 なかなか調子の出ない大ファンの巨人軍ですが、交流戦もずっと負け越しが続き何と現在はセリーグ単独の最下位(!)です。そんな中、6月10日の西武戦では、今年のドラフト3位の代打大城のヒットで今季初めてのサヨナラ勝ちを収め、久しぶりのカード勝ち越しです。先発のマウンドを託された内海が3、4回に1点ずつ失い同点とされるも、ベテランらしい投球で西武打線を抑え、7回2失点と粘投を見せました。やはりベテランの味で、登録抹消となった吉川野上とは違って(彼らは初回で試合をぶち壊していましたから…)きちんとゲームを作ってくれます。その後、マシソン、カミネロとリリーフ陣が無失点でつなぎ、迎えた最終回。内野安打の岡本阿部がバントで送り、さらに一死満塁とチャンスを広げると、代打・大城が値千金の右越えサヨナラ打を放ち、勝負を決めました。巨人は今季初のサヨナラ勝ちで、8カードぶりに勝ち越しを収めました。大城の素晴らしいサヨナラ安打が決めてくれたのですが、この試合をテレビ観戦していて、実は隠れた勝因は2つあると感じました。勝ち負けこそつきませんでしたが、ベテランの内海投手が粘り強く投げて試合を壊さなかったこと、最終回に前日にホームランを打っている大打者阿部にまで(通算392本塁打)送りバントをさせるという勝ちに執念を見せたことです(最近の巨人は送りバントができないでいた。阿部がやったことに大きな意味がある)。最下位脱出!今日は気持ちよく夜の仕事に精が出せました。❤❤❤

▲巨人軍HPより

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

十津川警部シリーズ第5弾

 藤剛志(ないとうたかし)さん主演の十津川警部シリーズも、もう早いもので第5弾「京都・嵯峨野殺人迷路」になりました。内藤さん演じる十津川警部と、石丸謙二郎さん演じる亀井刑事のコンビが難事件に挑むドラマです。今回はドラマ特別企画として3時間スペシャルで放映されました。ただしこれは、以前に渡瀬恒彦・伊東四郎の名コンビでの第46弾「特急草津殺人迷路」(2012年)でドラマ化されたものの二番煎じでしたので、やはり前作の印象が強く、3時間も引っ張られてもイマイチ感動はありませんでした。視聴率は安定しているのですが、内藤さんは未だに捜査一課長大岩・京都府警土門のイメージが根強くあるために、素直に十津川警部として受け入れることのできない人たちがずいぶんいるみたいですね。

  原作は、西村京太郎先生の『草津逃避行』です。草津から嵯峨野に舞台変更が行われた理由は定かではありませんが、当時草津の白根山が噴火したために、ロケが不可能になったためかもしれません。原作とこのドラマは大きく異なり、脚本はかなり書き換えが行われています。私は大の西村ファンなので、ずいぶん違和感を覚えながら見ましたが、ドラマと原作の違いを詳細な検証をしておられる熱狂的なサイトを見つけました。やはり好きな人はいるんですね。⇒コチラです。

 十津川警部に京都から届いた郵便物。差出人は新宿の高級クラブの若いホステスだ。手紙には十津川と京都で、3日間を楽しく過ごしたと記され、十津川への恋心も綴られていた。だがそれらは全て十津川には身に覚えの無いこと。しかもこの手紙が原因で十津川の妻・直子(池上季実子)が家を出て行ったという。それを知った亀井たちは複雑な心境だ。ホステスと京都旅行をした“ニセ十津川”は一体誰なのか?数日後、そのホステスが新宿で死体となって発見された。ホステスは行きつけのネットカフェに、男女8人が写った秘密のパーティーの写真を残していた。写っていた女性の一人に話を聞くと、パーティーの最中に恐ろしいことが起こったと怯えながら証言する。 十津川は京都へ行き、死んだホステスとニセ十津川の足取りを追っていると、フリージャーナリストに出くわした。ジャーナリストもパーティーについて知っており、パーティー後に行方がわからなくなった女を捜しているという。そんな矢先、もう一人のホステスも死体となって発見される…。十津川警部 vs ニセ十津川警部! 敏腕警部の名を騙る危険人物との対決の幕が開ける! パーティーで起こった恐ろしいこととは一体。ホステスが働いていた高級クラブを舞台に、政界や医療関係者が企てるおぞましい事件が次第に浮かび上がる…。レギュラー出演者の池上季実子、六平直政、西岡德馬らが、十津川警部を支える一方、捜査一課の刑事たちには、友近、橋本じゅん、朝倉あき、岩永徹也、福田陽一を新メンバーに迎えて大幅なキャスティング変更がありました(刑事の若返りを図った?)。降板したのがオスカープロモーションの俳優さんばかりで、いったい背後に何があったのだ?と憶測が飛び交いました。早春の美しい京都を舞台に、執念の捜査を進める十津川警部の推理が冴えまくりました。❤❤❤

<プロデューサー・森下和清のコメント>
     内藤剛志さんと石丸謙二郎さんが演じる、十津川警部、亀井刑事も5作目を迎えます。この二人ならではの魅力的なコンビを進化させていきたいと思います。捜査一課の刑事たちを一新し、友近さん、橋本じゅんさんほか芝居巧者な俳優さんが顔を揃えます。新メンバーを指揮しながら事件解決に当たる十津川と亀井を新鮮に感じていただけるのでは。また冒頭では十津川に浮気疑惑が起こり、妻の直子が家出をしてしまい、十津川が困惑するシーンが登場しますが、家庭人としての十津川の一面をさりげなく描くことによって、硬軟演じられる内藤さんならではの十津川の表情をご覧いただけると思います。今回の舞台は京都。ニセ十津川の正体は誰か? その目的とは? 事件の謎解きと共に美しい風景をふんだんにお楽しみいただけます。

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

CAFE DINING BEAR FRUITS

◎週末はグルメ情報です!!

 女優の上戸 彩(うえとあや)さんが、フジTV「日本ルー列島」の番組内で、地球最後の日に食べたいものに選んだ「スーパー焼きカレー」が大絶賛されたお店、門司港「CAFE DINING BEAR FRUITS」です。芸能界屈指のカレー好きで知られる明石家さんまさんも大満足したと、門司港グルメマップ「おいしい門司港」に出ていました。連日このお店の「スーパー焼きカレー」目当ての行列ができるほどの有名店で、開店前から多くのお客さんが詰めかけ、いつも満席状態だと聞きました。中に入った、野菜と卵、こんがり焼いたチーズが絶妙なバランスでクセになるとのこと。昭和30年頃、門司港の栄町商店街の喫茶店(現在は閉店)で余ったカレーに卵を乗せて焼いたのが始まりだとか。現在では門司港の約30店舗でそれぞれに趣向を凝らした焼きカレーを味わうことができます。私もぜひ食べてみたいと、のぞいてきました。夕方の中途半端な時間だったので、お客さんは数人しかいませんでした。ラッキー!

 このお店はJR門司港駅から歩いてほんのすぐのところ(徒歩1分)にあります。駅より信号を渡り、国道沿いに小倉方面へ少し行ったところの門司港センタービル1Fに入っているお店です。少し、門司港側に行くと、門司港レトロ」「BEAR FRUITS」を超えて小倉側にしばらく行くと、海峡ドラマシップがあり、昔のレトロの雰囲気を再現しています。入店してぐるっと見回すと、有名人のサインがところ狭しと飾ってあって、人気の高さがよく分かりますね。また、海に面したレトロな港町ということもあり、店内外ともにオシャレです。これなら女性ひとりでも気軽に入れることでしょうね。

 「スーパー焼きカレー」を注文します。待つことしばし。こんがり焼かれたカレーが出てきました。ご飯にカレー、さらにはチーズを乗せて焼いているだけに、美味しいのは一目瞭然です。食べなくてもおいしいのがわかります。さっそく一口いただくと……これは!今までに味わったことのない味です。甘めながらも味が濃厚です。また、チーズに隠れて半熟卵が「こんにちは!」 してくるのも見逃せません。決してカレーの味を邪魔することがないのも言うことなし!アツアツをホフホフしながら、幸せな気分で食べることができました。さらに人気の秘訣だと思ったのは、テーブル上に備え付けてある「びっくりスパイス」の存在です。この香辛料がまた絶妙で、自分の好みに合わせて違った味を楽しむことができるようになっています。スパイシーな感じが一気に倍増します。これを振りかけることでスパイシーとなり、深みとコクが増してとても美味しいんです。こんがり焼かれたチーズはとってもまろやか!食べ進めていくと玉ねぎピーマンが出てきました。食感が残っておりとても食べ応えがありました。一度の食事で複数回も味を楽しめるのは、嬉しい配慮です。

 店内には訪れた数多くの芸能人のサインが掲示されていました。最近引退した乃木坂46の生駒里奈さんのサインもありました。❤❤❤

 

カテゴリー: グルメ | コメントをどうぞ

研究会参加の特典について

▲昨年7月博多での講演会にて

 「チーム八ちゃん」会員の先生方には、先日すでにメールでお知らせしておりますが、6月16日(東京)6月23日(土浦)の研究会にご参加いただいた先生方には、目玉の特典が用意されています。そのいくつかを挙げておきましょう。

① ラーンズさんのご好意で、「英語は絶対に裏切らない!~英語センター二次試験参考データ集  Ver.3」(下記写真参照)を、みなさんにおみやげ(無料)として用意いたします。例年各会場で喜んでいただいている、八幡のセンター・二次対策指導資料データ集の最新版です。全国の先生方からこの「データ集」だけ欲しいという要望がたくさん寄せられる「宝物」CDです。41年間の教員生活で、特に松江北高で私が作りました種々の資料を惜しみなく収録しております。今回のものはさらにバージョンアップした極めつけの最新版で、全部で417本のファイルが収録されています。前回版は350本でしたから、かなりの改訂大幅増補となりました。センター試験の「第1問~第6問」、「その他」、「リスニング」、「二次試験対策」、「模擬試験対策」、「特別オマケ」、「八幡最近の著作から」といったフォルダーに、該当する最新資料が収められています。明日からの指導にすぐ使っていただける資料ばかりです。内容をこっそりとお知らせします。このデータ集にどのような資料が収録されているかを一覧にしたものを、「ダウンロードサイト」に登録しておきましたのでご覧ください。⇒コチラです  資料の一例として、第2問Aの「文法・語法問題の一覧・分析資料」(1990年~2018年)をご覧いただきましょう。⇒コチラをご覧ください。このデータ集は、研究会にご参加いただいた方のみが手にすることのできる非売品です。

② 「発音・アクセント問題過去出題語一覧表」センター本番では過去に出題された語が繰り返し出題されています(「お色直し」)。⇒コチラです センター試験(1990~)で、発音・アクセント問題に最も繰り返し出題された単語はenergyの4回です(共通一次時代から遡ればsouthernの6回)。そのことを一目でご理解いただけるカラー印刷の最新資料(裏表)を用意しました。学校に持ち帰っていただければ、教室でのセンター対策に重宝しますよ。模試対策にも活用できます。最近の河合塾の「全統マーク模試」では、全28語中13語が、この過去出題語からの「お色直し」でした。現在私の生徒たちは、この一覧表を一生懸命音読しているところです。

③ その他、私が松江北高で作っているとびきりの資料をご用意しました。明日からすぐに、教室のご指導で使っていただけるものばかりですよ。「生徒の心に火を付けるために」私が苦労して作っている教材に触れてください。

④ これまでに私が作りました英語冊子、松江北高で使っております各種プリント教材を会場に展示いたします。ラーンズの最新英語教材とともにぜひ手にとってご覧下さい。みなさんのこれからの教材作成のヒントになるかもしれません。

⑤ 私の41年間の英語教員生活の集大成本『2017年センター試験対策本』(自費出版、800円)を会場で販売いたします。素敵な特典もご用意しました。参加出来なかった同僚の先生方へのおみやげにもぜひどうぞ!きっと喜んでいただけると思います。今も全国たくさんの学校からお問い合わせ・ご注文をいただいている自信作です。

⑥ 当日、会場でご登録いただいた先生方には、今後の私の出版物・最新情報などを差し上げます。「こんな資料が欲しいんだが…」というご要望があれば、ここでお知らせいただければ、対応させていただきます。

 いろいろと素敵な特典が用意されていることが、お分かりいただけたことと思います。この研究会にご参加希望の先生方は、ラーンズのHP⇒コチラからお申し込みください。みなさんにお会いできるのを楽しみにしております。❤❤❤

 

カテゴリー: 英語指導に関して | コメントをどうぞ

スペシャルゲスト?

 先日からご案内している「「不易な英語指導と徹底した分析で英語力をつける」研究会~英語は絶対に裏切らない~」(ラーンズ)の受付が、ウェブ上で始まっています。⇒コチラからお申し込み下さい  ありがたいことに、わざわざこのために遠方から参加します、という嬉しいメールを数多くいただいていますが、とびきりの資料を用意して、たくさんの先生方にお会いできるのを楽しみにしているところです。お近くの先生方でお誘い合わせのうえ、お越し下さい。「参加してよかった」と、きっと思っていただける会にするつもりで準備を進めております。ハイ。

●日時:首都圏会場 2018年6月16日(土)14:00~17:00
                      (受付開始13:30)
●場所:TKP市ヶ谷カンファレンスセンター
●定員:120名
●参加費:無料
●日時:土浦会場 2018年6月23日(土)14:00~17:00
                      (受付開始13:30)
●場所:土浦亀城プラザ
●定員:60名
●参加費:無料

 実は、今回の講演(東京・土浦会場)には、スペシャル・ゲストが来てくれることになっています。二年前まで私が松江北高で教えていた卒業生・小川綾音(おがわあやね)さんです。彼女は現在早稲田大学・文学部に学ぶ二回生です。高校在学時代は、通学時間往復2時間の中を、卓球部、ESS部、生徒会執行部に所属して、厳しい理数科の勉強に取り組みました。そして課外に各種の弁論大会(英語・日本語)に出場して優勝を果たしました。⇒その大会結果に関してはコチラコチラをご覧下さい   そんな頑張り屋さんの彼女が、時間の有効な使い方」に関して、自分の体験談・苦労を話してくれることになっています。今から思い起こしてみても、本当によくこれだけの量をこなしていたものだと感心するしかないのですが、果たしてそこにはどのような秘密が隠されていたのか??! 先生方にも、きっとご参考になる話だと思います。

 私は松江北高で14年間、生徒をじっくり観察していて、英語の学力が飛躍的に伸びる生徒に「共通点」があることに気づきました。講演の度にいたるところでお話していることですが、次の6つです。その中の一つに「時間の使い方のうまい生徒」というのがありますね。彼女はこれが非常に上手だったということです。1日24時間は皆に平等に与えられています。「忙しい」と称して、ただ言われた決まり切ったことだけを淡々とこなしている人と、自分からいろいろなことに挑戦して自分の限界に挑んでみる人と、どちらが充実した生活になるかは明らかでしょう。

①自分なりの「勉強の仕方」を確立している生徒 (これが最も重要)
②「基礎・基本」を大切にしている生徒 (基本のキ)
③「英単語力」のある生徒 (英語学習の8割までは単語!)
④「時間の使い方」のうまい生徒 (24時間は誰にも平等!)
⑤「素直な」生徒 (先生の雑談を面白そうに聞く、アドバイスに耳を傾ける)
⑥「読書好き」な生徒 (図書館の常連)

 松江北高では、現在の3年生が1年生の時から、ラーンズ「今未来手帳」を生徒全員に持たせて、各自のスケジュール管理をさせています。8割の生徒が日頃からスケジュールを意識するようになった、3割が勉強時間が増加した、という調査結果が出ています。3月の地元紙『山陰中央新報』に、このことが大きく取り上げられて話題となりました。成績が伸びる人は、こういった時間管理がきちんとできているようです。時間管理をいかにさせていくか?」これも私たち教師が、早い時期に生徒たちに教えこむ必要のある重要なファクターだと思います。❤❤❤

カテゴリー: 英語指導に関して | コメントをどうぞ

ローカル線聞き込み発見旅

 6月4日(月)、BSジャパンの人気番組「ローカル線聞き込み発見旅」は、島根県を走る一畑電車原口あきまささんと大林素子さんが、1泊2日の聞きこみ旅で巡りました。⇒コチラです  鉄道好きの私は、時間があればこの番組は必ず見るようにしているんです。地元の優しさに触れることのできるホッとする番組です。今日の一畑電車は、車窓からのどかな田園風景、絶景の宍道湖が望める人気地元ローカル線です。ずいぶん前になりますが(1985年)、ライトハウス英和』の編者故・竹林 滋先生(東京外国語大学)や、ライトハウス和英』の故・小島義郎先生(早稲田大学)をはじめとする「岩崎研究会」の恒例の夏の旅行で、一畑電車をご案内したのが懐かしく思い起こされます。竹林先生は私に電話で、「あの車体が傾いたまま走る電車に乗りたい」とおっしゃっておられました(笑)。車内では竹林先生が小島先生と子供のようにはしゃいでおられたのが印象的でした。

▲松江城天守閣で小島先生、竹林先生、八幡

 縁結びの聖地、出雲大社」から旅をスタートした2人は、「島根ワイナリー」「宍道湖」のシジミカレーと、ご当地グルメに舌鼓を打ちます。海の幸と天然温泉が楽しめるモダンな和風ホテルに大満足も、まさかのスタート地点(出雲大社)に逆戻りのハプニング。宍道湖沿いをサイクリングして「珈琲館」へ。そして最後は国宝「松江城」を駆け込み見学。今回登録された一畑電車名所の10カ所は次の通りです。

◎聞きこみ① ご当地ワインを堪能!島根ワイナリー
浜山公園北口駅「島根ワイナリー」

◎聞きこみ② 名物宿禰餅&どら焼き 坂根屋
浜山公園北口駅「坂根屋入南店」

◎聞きこみ③ 出雲大社と深い関係 鹿島神社
川跡駅「鹿島神社」

◎聞きこみ④ 温泉と海の幸!月夜のうさぎ
雲州平田駅「月夜のうさぎ」

◎聞きこみ⑤ 平地のスイッチバック!一畑口駅
一畑口駅「一畑口駅」

◎聞きこみ⑥ 目にご利益!一畑薬師
一畑口駅「一畑薬師」

◎聞きこみ⑦ 宍道湖のシジミカレー!フォーシーズン
秋鹿町駅「カフェレスト フォーシーズン」

◎聞きこみ⑧ 本格英国式庭園!松江イングリッシュガーデン
松江イングリッシュガーデン前駅「松江イングリッシュガーデン」

◎聞きこみ⑨ 絶景の宍道湖!珈琲館
松江イングリッシュガーデン前駅「珈琲館 湖北店」

◎聞きこみ⑩ 宍道湖を一望!国宝 松江城
松江しんじ湖温泉駅「松江城」

 駅で電車を降りるものの、あたりに人がまったくおらず、探し当てた人も「ここには何もありません…」と言われてがっかりする二人が微笑ましかったですね。島根県らしい光景です(笑)。フォーゲルパーク駅」を素通りして「フォーゲルパーク」

▲庭園管理責任者の目次くん

見学しなかったのは残念でした。驚いたのは、⑨の「イングリッシュガーデン」で、先日紹介した(⇒コチラです)ここの管理責任者の目次博明(めつぎひろあき)くんが、二人の案内をしていたことです。「あっ、目次くんだ!」 ここの前身の古江中学校時代の大木3本を紹介していました。目次くんは、僕が松江南高校2Rで担任した生徒です。何度も原口さんにハグされていましたね(笑)。彼が次に二人に紹介した名所は、宍道湖沿いの「珈琲館」でした。ここは私もよく行った趣のある喫茶店ですが、なんで「イングリッシュガーデン」のお隣にあるウナギの名店「おおはかや」を紹介しなかったのか(笑)!前の秋鹿町駅でウナギを食べ損ねていた2人は、大喜びしたことでしょうにね。私が登録しておきましょう(笑)。❤❤❤

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

Box Office

 久しぶりにすごいメンタル・マジック「Box Office」を手に入れました($29.95)。映画をテーマにした予言マジックです。Magic Dreamというフランスのパリ、エッフェル塔のすぐそばにあるマジック・ショップの新作品です(映像にもエッフェル塔が登場するのはそういう理由です)。考案者はJeremy Marouaniです。私はこういったメンタル・マジックが大好きです。滋賀のフェザータッチマジック」から購入したんですが(⇒ HPはコチラです)、このお店はこういったコテコテのメンタルマジックが大得意な会社です。

 10枚の映画のポスターの書かれたポストカードを見せて、観客に1枚だけ好きなポストカードを選んでもらいます。それぞれ1枚のポストカードには、どこかで見たような10種類の映画ポスターの写真が並んでいます。全部で100の映画です。観客には、それら10の映画の中から、一つ全く自由に心の中で選んでもらいます。いっさい誰にも言いませんし、紙にも書きません。観客本人しか知りません。選び終わったら、10枚のポストカードを観客に渡し、ぐちゃぐちゃに良~く混ぜてもらいます。そうしたら、演者がポストカードをテーブル上に、または観客の手に1枚1枚置いていきます。演者は置いていく間、横を向いたまま配りますから、ポストカードはいっさい見ません。観客には自分の選んだ映画が入っているカードが配られたら「ストップ」と言って、そのカードの上に手をパッと置いてもらいます。演者には観客がストップしたカードの映画ポスター写真は見えませんが、「あなたがその映画を選ぶのは私には分かっていました!」と言って、即座に観客の選んだ映画名を言い当ててしまうのです。この間、何の質問もしません。観客が手を置いたポストカードも見ません。ただ、観客の選んだ映画の入っているカードでストップをかけてもらって、その上に手を置いてもらうだけです。それだけで、そのカードにある10種類の映画の中から、ズバリ選ばれた作品名を当ててしまうんです。選んだ映画の入っているカードがこれとこれにあるといった、入っているカードが何枚あるか教えてもらって当てる「年齢当てカード」のようなものではありません。全く異なる素晴らしいシステムが内蔵されていました。

 上記手順を2人、3人の観客相手に、一種のゲームとして演じるのも面白いでしょう。最初に1枚のポストカードを選んでもらったら、数人にそれぞれに好きな映画をその中から選んで心に決めてもらいます。誰がどの映画を選んだかは全く分かりませんね。ここからゲームのスタートです。ポストカードを良~くシャッフルしてもらってから、テーブルに1枚1枚配っていきます。一番先に選んだ映画を見つけ手を置いた人の勝ちです。誰の選んだ映画がいつ出てくるかは分かりません。配られるポストカードを真剣に見つめています。配ってテーブルに置くポストカードは、演者は横を向いて配るので見ません。選んだ映画のポストカードが配られたら、かるたとりの要領でパッと手を置いてもらいます。誰が一番かを競ってもらいます。数人の選んだ映画がたまたまその1枚のカードに入っている場合もあります。また、同じ映画を2人が偶然選んだ場合もあり得ます。演者には、手を置かれたポストカードの映画の写真は、観客の手に隠れているために見えませんが、観客の心の中のイメージを読み取り、風景、人物像等から見事選んだ映画を当ててしまいます!楽しさと不思議さがミックスされたメンタリズムです。映画ポストカードの中に同じ映画はありません。1枚に10種類、10枚で100種類の映画が入っています。観客には1枚のポストカードを自由に選んでもらいます。選んだ映画名を当てるのに、計算は不要です。メモリーワークも不要です。大変ユニークな 自動的に分かるシステム が内蔵されています。ポストカードは両面に映画ポスターの写真がランダムに並べてあります。反対側には、映画ポスターの上に数字が書かれています。この数字は映画の興行収入が印刷されています。この数字を使って、手順の最後には選んだ映画のランキング(~100位)まで予言してしまいます。映画をテーマにしたカラフルなポストカードです。当てる時もいくつもの映画のイメージを当てていく面白さがあります。ぜひ、楽しく盛り上がる手順で、予知・予言トリックを演じてみてください。

《良いと思われる点(英語ではprosと言います)

(1)映画という身近なテーマを題材にしており、映画も話題作が多く、みんなが知っている映画なので、観客と心がつながりやすい。

(2)使用するカードがきれいな作りで、演じるのにも良い。記憶することは何もない。内部に隠された巧妙なシステムは、演じるのも実に簡単ですぐに覚えられる。負担は少ない。

(3)その都度選ぶ映画は変わるので、繰り返し演じることもできる。

《苦労する点(英語ではconsと言います)

(1)相手の選んだカードの裏面をどうしてもピークする必要があるので、それをいかにバレずに自然に見るかが工夫を要する。私は選んでもらったカードを絶対に見ません、と言って裏向きに返してもらうことで解決しています。♠♣♥♦

カテゴリー: マジック紹介 | コメントをどうぞ

縁雫アンブレラスカイ

▲松江城近辺に8体の「雨粒御伝」のお地蔵さんが登場

 梅雨時季に多種多彩な企画を催して、雨の松江旅の魅力を発信する「縁雫(えにしずく)観光月間」が6月1日、松江市内で始まりました。ちなみに、縁結びの地であり、水の都でもある松江は、とても雨の似合う街です。宍道湖や大橋川、松江城堀川にしとしと落ちては消えていく雫。しっとりと濡れそぼる雨の日の松江は、木々や花々を彩りよく蘇らせ幻想的な美しさをかもしだします。そんな水の都・松江に降る雨を松江市立女子高の生徒たちが、2009年の「観光甲子園」「縁雫(えにしずく)」と名付けました。素敵なネーミングですね。松江に降る雨は、心をリセットし、あなたのもとへ素敵なご縁を運ぶ雨なのです。数年前に(2014年)、この雨粒をモチーフにした可愛らしいお地蔵さん「雨粒御伝(あまつぶおんでん)」が松江城周辺に設置されて、市内を苦労して全部探し回ったことがありました(笑)。⇒私の探索記はコチラです  この「縁雫観光月間」は7月末まで開催されていて、期間中に、松江城周辺に設置されている雨粒をモチーフにしたお地蔵さん「雨粒御伝」を撮影した写真を店員に見せると、市内飲食店の割引など各種サービスが受けられるそうですよ。また、松江旅館ホテル組合に加盟する10の宿泊施設では、「縁雫宿泊プラン」を予約した方に、松江地方気象台が観測するチェックイン当日の12時から18時までの1時間当たりの最大降水量をそのまま宿泊料金から割引にする(!)というキャンペーンも始まっています。例えば、1時間当たりの最大降水量が30mmだった場合、宿泊料金から30%割引になります。割引の上限は、各宿泊施設により異なりますが、例えば、「野津旅館」は割引上限100%なので、宿泊料金が無料になるチャンスも出てきますね(笑)。

 今日、たまたま通りかかった殿町の「カラコロ工房」をのぞいてみたところ、中央のガーデンテラスに、天井を赤・青・黄色など色とりどりのビニール傘で覆った装飾「縁雫(えにしずく)アンブレラスカイ」がお目見えしていました。なんでも若い女性観光客のインスタ映えするSNSへの投稿を期待して、松江観光協会が初めて企画したものだそうです。赤や黄など6色のビニール傘216本が、ワイヤロープで高さ約4メートルの天井につるされています。太陽の日差しを浴びると、色とりどりの傘の影が壁や床を多彩に染めあげる仕掛けで、訪れた観光客の人たちは「きれい!」と足を止めて見入ったり、スマートフォンで撮影したりしていました。確かに美しい光景で、テンションが上がります。雨の日も楽しくなりそうですね。この「縁雫アンブレラスカイ」は7月31日までやっているそうです。よろしければ見に行ってみてくださいね。 

 この傘のアートはとってもきれいなんですが、私は昨年長崎の「ハウステンボス」を訪れたときに、これと同じ傘のアートを写真に収めています(写真下)。約130メートルのモンドリアン通りが、7色のカラフルな傘に彩られる「アンブレラストリート」です。約1,000 本の傘がずらーっと並び、雨の日も傘をささずに歩け、晴れの日は日差しをやさしく和らげてくれます。見上げれば色とりどりの傘。歩くだけで心も華やかになりますね。規模も全然違って大迫力の通りでした。これは、ポルトガルにある街アゲダで毎年夏になると、自治体が制作する色とりどりのカラフルな傘を無数に吊るして日陰と美しい景観を人々に提供するユニークなパブリックアートを模したアートです。そして「ハウステンボス」の夜には、この通りが、音楽に合わせて光が降り注ぐ「光のアンブレラストリート」に生まれ変わり、音楽とイルミネーションでにぎやかに彩ります。あー、また行きたいなあ…(私は3回訪れています)。❤❤❤

 

 

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

『竹岡の英文法・語法ULTIMATE究極の600題』

 尊敬する竹岡広信(たけおかひろのぶ)先生の新著『竹岡の英文法・語法ULTIMATE究極の600題』(学研プラス、2018年5月)をご紹介します。「はじめに」を読むと竹岡先生がどうしてこの本を作ったのかという背景がよく分かります。懺悔から始まっています。巷には「頻出」と謳った杜撰な問題集がかなり出回っていますが、そういった「本の批判は本で」という精神で作られている究極形の問題集がこの本です。先生は以前にも『必携英語表現集  Essential English Expressions<厳選800表現>』(数研出版)という素晴らしい教材を出しておられます。私の書評はコチラです。

 最新の大学入試問題を徹底分析した上で、入試に本当によく出る文法・語法問題だけを厳選セレクトしています。問題選定にあたっては、高3生、受験生にすべての問題(3000題)をモニター受験者として解いてもらい、間違いの多かった「差がつく問題」を中心に収録しています。モニター受験者が正解の選択肢を選んだ割合を「正答率」としてパーセンテージで表示しているところもユニークです。問題の難易度を計る指標として活用でき、これにより自分の立ち位置を把握することができますね。この手法は、私が『センター試験英語過去問題集 文法・語法頻出17項目の演習 TREND 17』(桐原書店、760円+税)でも実践した手法です(犬の表情のアイコンで難易度を明示しました)。さらには、本書の全問には「使用頻度レベル」の表示が付いています。これは実際の英語で、それぞれの表現がどれだけ使用されているかを示したものです。CEFR-JのGrammar Profile、British Counsilが公開しているCore Inventoryなどの指標、そして本書の英文校閲のStephen Richmond先生のご意見などを踏まえて、本書独自の「使用頻度レベル」をA、B、Cの3段階で示しています。使用頻度がもっとも高いのはA、使用頻度は低いものの重要な文法事項にはCを付してあります。新しい入試にも対応している初めての問題集です。生徒の思考を育むために、従来のような分野ごとの配列にしていない所も斬新です。

 1回の演習は20問です。これを15分で片づけます。類題が時を置かずに繰り返し出てきます。それを30回分解くことで、重要ポイントを繰り返し学習できるような工夫(スパイラル方式)を採用しています。「手を替え品を替え」反復練習する、これが英語学習には実に重要なんです。このことは、英単語の学習に関しても『音読英単語』(Z会)において、その成果がはっきりと実証されています。本書を最後まで解き切ることで、入試にも、そのあとも使える英文法がしっかり身につきます!

 何よりもこの本の素晴らしいところは、正解に至るプロセスを、全600問すべてにおいて、竹岡先生がくわしい解説を加えているところでしょう。解答のカギになっている文法事項についての知識や関連表現、解答のコツなどを竹岡流にコンパクトにまとめた「Ultimate Rules、「正答率」が50%を切りとくに低かった問題については、受験生を励ますために竹岡先生がコメントを加える「Cheer up!」のコーナーなど、竹岡先生の日頃の授業のエッセンスを私たちも味わうことができます。先生の英語教師としてのスタンスを感じる事が出来るコラムです。正解に至るプロセスがわかるだけでなく、文法事項の要点のまとめや竹岡先生による誤答分析コメントなども豊富に掲載しているので、英文法が基礎からよく分かるようになっています。この本で、私が非常に勉強になったのは、「Oh, my…」という竹岡先生の英語への思いを吐露しているコラムです。「CEFR(セファール)とは何か?」「日本の文法問題集について思うこと」「theとは何?」「end focus「文末強調」の概念」「「イコール」で結ぶのはやめよう!」「学校は「なぜ、何」を説明するところ」「英英辞典で単語の正しい意味を知ろう①②」など、膝を打ちながら興味深く読ませていただきました。竹岡先生がただの英語教師ではないことがよく分かります。一つだけコメントを。「使用頻度と使用場面が重要!」というコラムで、forget to do「…することを忘れる」/ forget doing「…したことを忘れる」というよく参考書に見られる記述を批判して(私も全面賛成です)、「これは単純にforget doingとは言わないからです」と言い切っておられます。実は、事はそれほど単純明快なものではなく、一筋縄ではいかないやっかいな問題を含んでいて、なかなかに奥の深い語法なんです。かつて私が、三浦新市教授(慶應大学)『英語教育』(大修館)誌上で再三論争した語法の問題です。八幡成人「Forget+V-ingの語法とその問題点」 『英語教育』10月号  1980年(大修館)八幡成人「再びForget+V-ingの語法とその問題点~三浦新市氏の調査に答える」 『英語教育』3 月号 1982年(大修館)をお読みいただければ、そう簡単に割り切ることができないことがお分かりいただけると思います。「ダウンロードサイト」に登録しておきました。 ⇒コチラコチラです

 特設ウェブサイトで本書の使い方を竹岡先生が語り尽くした動画「本書の使い方」を公開しておられます。これはこの問題集を効果的に使うために、始める前に生徒にぜひ見させたいすぐれた講義です。また、本書の問題英文の正解英文を読み上げた音声を、同じく特設ウェブサイトで無料ダウンロードできるようになっています。この音声を使って、英文のイメージを抱きながら、問題を「瞬殺」できるレベルにまで引き上げることが可能です。ぜひ受験生に勧めたい一冊です。

 この本は学研プライムゼミの一冊ですが、著者の竹岡先生が、今年のセンター本試験で正答率の低かった問題を取り上げて解説しておられる映像を、同ゼミから公開しておられます。非常に核心を突いた優れた講義ですので、みなさん、ぜひご覧ください。松江北高の生徒たちにも勧めている映像です。❤❤❤

カテゴリー: 英語指導に関して | コメントをどうぞ

「爸爸厨房」の爆飯(バオファン)

◎週末はグルメ情報です!!

 松江・京店商店街の中、私のご贔屓の老舗料亭「みな美館」の斜め前あたりにある創作中華「爸爸厨房」(パパちゅうぼー)は、私のお気に入りの中華料理屋さんです。ここの「麻婆豆腐」は、四川中華料理を本格修行されたご主人だけに絶品ですね。結構辛くて舌がしびれます。お昼にここの麻婆豆腐を食べたはいいものの、帰って午後の授業でしゃべるのに苦労した経験があります。以前に、このブログでも取り上げました。⇒コチラです  私はお昼どきにランチを頂くことが多いんですが、リーズナブルなお値段で本格中華を頂けるので、いつもお店は満員となっています。今日もお昼前にお邪魔しましたが、すぐに店内いっぱいのお客さんになりました。

 さて、このお店の人気メニューの一つに「爆飯」(バオファン)というチャーハンがあるんです。今までに二度ほど食べに行っているんですが、最初に料理を持ってこられた時には、度肝を抜かれました。店員さんが目の前で、アツアツできたての焼き飯を鉄板に移して、そこにウィスキーを注ぎ、火をつけられるんです。ボ、ボーーツ!!とてつもない火柱がテーブルの上に立ち上ります。それはもうものすごい迫力の炎です。「炎のチャーハン」の炎上ですね。周囲のお客さんたちもみな何が起こったんだと、目が釘付けです。何処がどう美味しくなったかはよく分からないんですが、とっても美味しいチャーハンです。シットリ系の肉の主張が強く、野菜もたっぷり、いい味を出しています。「しっとりとしたチャーハン」という表現が一番ピタッとくる料理です。今までよそのお店のチャーハンで、この味は体験したことがありませんね。「サラダ」「スープ」もついて、終わると「杏仁豆腐」のデザートまでついてきます。これで880円はとってもリーズナブルですね。八幡は時々無性に、この「爆飯」(バオファン)が食べたくなることがあるんです。今日も満足でした!❤❤❤

カテゴリー: グルメ | コメントをどうぞ

「モネの睡蓮の池」

     日本人が所有していたにも関わらず、戦時中にフランスで接収され、所在がわからなくなっていたクロード・モネの代表作「睡蓮」の1つが、パリのルーブル美術館で破損した状態で見つかり、日本に返還されたというニュースが最近報道されました。国立西洋美術館によれば、この作品は印象派を代表するフランスの画家、クロード・モネの油彩画、「睡蓮ー柳の反映」で、一昨年の9月、パリの「ルーブル美術館」の収蔵庫で、ロールに巻かれた状態で発見されました。縦2メートル、横4メートル余りの大作ですが、損傷が激しく、カンバスの半分程度が失われているということです。日本の実業家、松方幸次郎が大正から昭和初期にかけて集めた「松方コレクション」の中の1点で、フランス国内で保管されていましたが、第2次世界大戦の末期にフランス政府に接収され、その後、所在がわからなくなっていました。松方コレクションのほとんどは、戦後、日本に返還され、国立西洋美術館に収蔵されましたが、この作品は返還リストに含まれていなかったということです。作品はフランス政府から返還され、松方家から寄贈を受けた国立西洋美術館は、ことし4月から修復を進めて、来年6月に予定している展覧会で公開したいとしています。馬渕明子館長「『やはりあったか』という思いです。損傷していることはとても残念だが、歴史的な価値は高く、モネや睡蓮の研究に欠かせないものになると思う」と話していました。

 倉敷美観地区にある「大原美術館」を昨年訪れた際に、中庭にある「モネの睡蓮の池」では、睡蓮の花が見頃を迎えていました。毎年、この睡蓮の花の見頃を楽しみに観光客、地元の人がカメラを片手に集まってきます。2000年の6月、遠くフランス郊外の小村ジヴェルニーから「大原美術館」に睡蓮の株が送られてきました。クロード・モネ(1840-1926)の自宅の庭の池からやってきた睡蓮です。生涯、モネの関心は、外光によってさまざまに表情を変える自然にありました。同じモチーフを時間毎に描き分け、光と色の変化を追った作品を数多く制作しています。また、大原美術館本館で展示している油彩画「睡蓮」は、「大原美術館」を基礎となる西洋絵画の収集にあたった洋画家児島虎次郎(1881-1929)が1920年秋、ジヴェルニーを訪れ、モネ本人から直接購入したものです。

 ちなみに、八幡家のトイレにはモネの「睡蓮」の複製画が飾られています。トイレに絵を飾ると運気がアップすると聞きました(笑)。❤❤❤

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

Four King Miracle

 まず下の映像を見てください。どうやってキングを出しているか分かりますか?私はこのデモ映像を見て、「これしかないだろう!」という確信がありました。届いた現物を手にとってみると、やはりその通りでした。超ビジュアルで、傑作パケット「Four King Miracle」(Henri White作)です。

 マジシャンは観客に2枚のジョーカーの表裏をはっきりと示します。そして軽くおまじないをかけて揺すってやると、2枚の間に瞬間的に1枚のK(キング)が出現します。テーブルに置き、再度おまじないをかけると、またもやK(キング)が1枚現れます。手に残った2枚のジョーカーにおまじないをかけると、その2枚もKになってしまい、全部で4枚のKが揃います。商品は、ギミックカード1式(4枚)です。見ていただいてお分かりの通り、難しいことは何もしていません。パケットの扱いに慣れてくると、Kの取り出しをフラリッシュ的に華麗に行えるようになってきます。難しいカウントもなく、セットもシンプルですし、秘密さえわかってしまえば、簡単なトリックでしょう。「えっ?それだけ…?」って思う人もいるかもしれませんが、むしろ、一般の方を相手にして演技しているマジシャンには、「これはイケる!受ける!」って思う人が多いと思います。オープニングなどで使うもよし、見た目がたったジョーカー2枚だけですので、普段のデックの中から抜いたジョーカーとして、カードの演技途中で使うのもよいでしょう。応用性も高いと思います。出現⇒出現⇒変化⇒変化の四段からなる非常にパワフルなルーティンです。きわめてテンポよく現象が起こりますし、演技のつかみにはもってこいのマジックだと思います。いつも持ち歩くパケットケースなどに、ぜひ1セット入れておくと便利な作品です!!♠♣♥♦

カテゴリー: マジック紹介 | コメントをどうぞ

谷津嘉章(やつよしあき)

     『週刊プロレス』の最新号(6月6日号)には、「谷津嘉章アルバム」という懐かしい特集が組まれました。谷津嘉章(やつよしあき)というプロレスラーは、新日本プロレス、全日本プロレスでスター選手としてそれなりに活躍していたのですが、運があれば、もっと凄い選手(ブランド)になっていた選手です。この特集記事を読みながら、少し振り返ってみたくなりましたので、取り上げることにしました。

 谷津嘉章は大学時代、日本大学のアマレス部に所属しており、全盛時には国内無敵で「日本レスリング史上最強のヘビー級」と呼ばれていました。1976年~1980年の5年連続全日本選手権優勝、1976年モントリオール五輪フリー90キロで8位、1978年と1979年にアジア選手権で優勝、そして1980年モスクワ五輪フリー100キロ級にエントリーされて「金メダルは確実」と言われていましたが、米ソ冷戦の影響で日本が出場をボイコットしたために、1984年のロス五輪を待たずしてプロ転向を決意しました。当然、オリンピックに出場していれば、谷津はヘビー級で金メダルを獲得することができたはずです。しかし、当時ソ連がアフガニスタンへ軍事侵攻したことを受けて、アメリカがオリンピックへの不参加を表明、日本も不参加を表明しました。これが谷津の人生の大きな分かれ目になりました。

 その後、谷津新日本プロレスに入団します。東京・新宿の京王プラザホテルで行われた彼の入団記者会見には、アントニオ猪木坂口征二の両巨頭が、巡業先から駆けつけてきたのですから、いかに期待が高かったかが分かりますね。当然鳴り物入りでの入団でしたので、前座はいっさい経験せず、いきなり海外WWFへ武者修行に旅立つという破格の待遇を受けました。ニューヨークのマジソンスクエアガーデンでホセ・エストラーダをフロント・スープレックスで撃破、1年後に凱旋帰国すると、国内デビュー戦として、アントニオ猪木とのタッグコンビで蔵前国技館のメインイベントに登場という、超破格の扱いを受けます。凱旋帰国の国内デビュー戦で、蔵前国技館のメインイベントを務めたプロレスラーは、日本プロレス史上で谷津嘉章ただ1人です。昭和56年6月のことでした。

 しかし、最高の舞台での華々しいデビュー戦は、谷津にとっては見るも無残なものとなりました。対戦相手はスタン・ハンセンアブドーラ・ザ・ブッチャーというトップ外人との戦いでしたが、谷津は、お互いに「俺こそがトップ外国人」と対抗意識を燃やす2人にボコボコに破壊されました。二人がかりで鉄柱に叩きつけられて大流血。新日本デビュー戦で張り切るブッチャーの凶器攻撃で血の海に沈み、ハンセンのウエスタンラリアートで失神KOされると戦闘不能に陥り、最後は「試合放棄」で負けました。国内デビュー戦を、蔵前国技館のメインイベントで飾ったレスラーは谷津ただ1人ですが、デビュー戦でこんなひどい目にあわされたのも谷津ただ1人でしょう。普通、鳴り物入りでプロレス入りした大物新人選手の場合、どんなに試合が下手であったとしても、通常の国内デビュー戦ではそれなりに見せ場を作ってもらって、勝たせてもらうケースが常套手段です。坂口、鶴田、天龍、長州、北尾、輪島、みんなそうでしたね。谷津の場合は、大流血に追い込まれ、まったくいいところを出させない。実力差を見せつけられた谷津は、再び渡米し、再起を図る、というのが、アントニオ猪木の描いた構図(アングル)でした。予定調和を嫌う猪木は、誰もが予期しない展開が大好きなんです。谷津はその生け贄にされた格好です。試合前控え室に、ブッチャーハンセンにこのアングルを伝えにミスター高橋が行くと、グリーンボーイの谷津を気の済むまで痛めつけるだけでいいという、新日本プロレスの意図に大喜びしたと言います。ましてや特にこれが新日本デビュー戦となるブッチャーは、持ち味を十二分に発揮して「いい仕事」をしました。

 アマチュアから鳴り物入りでプロレス入りした谷津のデビュー戦が、何でこんな無残だったのかその背景を改めて考えてみると、やはり当時の新日本プロレスには、それだけの余裕があったのだと思います。昭和56年当時の新日本プロレスは、エースのアントニオ猪木を筆頭に、坂口征二、藤波辰巳、タイガーマスク、キラー・カーン、タイガー戸口等のスター選手がずらりと並び、中堅クラスとして長州力、ストロング小林、木村健吾らが控えていました、今、思えば選手層が最も厚い充実の時代でした。会社にしてみれば、急いで谷津をスター選手にする必要はなかったのです。むしろ、谷津のデビュー戦を通じて、プロレスはそんな甘いもんじゃないそ!」という厳しさをアピールした方が、世間に強いインパクトが残せると猪木は考えたのでしょう。谷津のデビュー戦から3年後、新日本プロレスは選手の大量離脱で窮地に追い込まれますが、もし仮に、谷津がこの時にデビュー戦を迎えていたとしたら、扱いは全然違っていたはずです。このあたりも谷津の不運と言えましょう。

 谷津はその後、長州 力のタッグ・パートナーとして急成長し、ジャパンプロレス、全日本プロレス、SWSという各団体でスター選手として活躍します。しかし、ジャパンプロレスでは長州 力に次ぐナンバー2、全日本プロレスでもジャンボ鶴田に次ぐナンバー2、SWSでも天龍源一郎に次ぐナンバー2と、ついにメジャー団体でエースとなることはありませんでした。そこそこの存在感を発揮するにとどまっています。

 谷津がなぜプロレス界に燦然と輝くブランドになれなかったのかを考えると、やはりあの惨憺たる国内デビュー戦が、その後の谷津のレスラー人生に負のイメージを残してしまったからではないかと思います。もし谷津が国内デビュー戦を颯爽と飾っていたら、その後のプロレス人生はまた違ったものとなったはずです。さらに言えば、昭和55年のモスクワ・オリンピックに日本が参加していれば、谷津の人生はまったく違っていたでしょうね。

 谷津嘉章というプロレスラーは、トップになれる資質を持ちながらも、2番手に甘んじてしまったという感があります。残念ですね。私は彼の「ジャーマンスープレックスホールド」や「監獄固め」は大好きでした。「振り返れば、“凄いヤツになれ!”って言われて、“強ければ何とかなるんじゃないか”と思って入ったプロレスだけど、強さだけじゃ駄目な世界だったね。決して嫌いではなかったんだけど、どこかで冷めていたんだよね。熱くなれなかったな」と、谷津はインタビューで振り返っています。週刊プロレス』の特集を読みながら、谷津嘉章というプロレスラーの悲運を改めて振り返ってみました。♠♠♠

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

So-soは「まずまず」ではない!

 英語研究室で、毎日ALTのエドワード先生(アメリカ・アリゾナ州出身)と話していると、英語の発見がいろいろあって楽しいんです。語感の鋭い彼からは、ずいぶんいろいろなことを教えていただきます。今日は、日本人の生徒がよく使う“So-so”という表現について、二人で話し合っていました。私個人は、”How are you ?”と聞かれて、“So-so.”と答える日本人高校生がとても気になっていました。本人は「まずまず、可もなく不可もなく」(=良くも悪くもない)という気持ちで答えていると思うのですが、私にはずいぶん違和感があります。たしかに英和辞典などにもそう書いてありますから、当然と言えば当然のことなんですが(英米の辞典を写しているだけのものが多いですから、これは至極当然のことかもしれません)。代表的なものを見ておきましょう。これらをそのまま和訳したのが「まずまず」という訳語です。

neither very good nor very bad = average :  “How was the party?”―”Oh, so-so.” [Longman Dictionary of Contemporary English]

not particularly good or bad; average : “How are you feeling today?”―”So-so.”[Oxford Advanced Learner’s Dictionary of English]

 エドワード先生は、辞書的には確かにそうなんだが、実際の自分の語感ではよくない意味で使うと、言われます。実際のネイティブの会話では、ニュアンスがかなり違って聞こえているということです。尊敬するデビッド・セイン先生の『日本人が「使いすぎる」英語』(PHP文庫、2012年)によれば、“So-so.”の正確なニュアンスは、実は最悪の気分なんだけど、それを言うのもなんか気が引ける」といった感じなのです。したがって、思わず、“Oh what’s the matter?”(おや、どうかしたの?)“Why?”(どうして?)と聞き返したくなる言葉です。そもそも使用頻度の点でも、“So-so.”という表現は、日本人ほどよく使われる表現ではありませんし、「日常ではほとんど使わない」というネイティブ・スピーカーもいます。少なくとも、ネガティブなイメージの時や悪いときの感じに使われます。「よくなかった」「納得いかない」「不満が残る」などの場合ですね。エドワード先生の語感によれば、40:60で悪いイメージだとおっしゃいます。英語で“How are you?”に対して、“So-so.”と答えるときは、実は何か問題があるけれど、それをはっきりと言うのは憚られるような時なのです。例えば、会社の同僚に聞かれた ときに“So-so.”と答えた場合、二日酔いでちょっと具合が悪かったり、昨日恋人と別れただとか、交通事故で車が廃車になっただとか、或いはもっとシリアスな状況なのかもしれません。普通は、“Not bad”、”Not too bad”、”Fine”、”I’m all right”、”I’m okay”などと答えるのでしょう。このような“So-so.”の否定的なイメージを捉えた珍しい辞書が、Cambridge Advanced Learner’s Dictionary (Third Edition)です。

INFORMAL  between average quality and low quality; not good or well : a so-so performance     “How are you getting on with your new boss?”―”So-so.”

 また、日本人高校生が、何かのことが好きかという質問に対して“So-so.”と答えるのをよく見ますが、英語のネイティブ・スピーカーにはこういう答えは不自然だと感じられます:“Do you like natto?”―△“So-so.” cf. デビッド・バーカ『英語じょうずになる事典』(アルク、2008年)こういうときの正しい答えは、“It’s okay.”です。

 「まあまあ」の意味でよく使われる英語表現には、“Not bad.”「変わりなく順調」、“Nothing Special.”「相変わらずだよ」、“Same as usual.”「いつも通り」「相変わらず」というニュアンス、“Not much.”「特に大きなことはないよ」、“It’s okay.”「まあまあ」などがあります。

 今日取り上げた“So-so”のように、辞書的な意味と実際の使用とで差が見られる例は他にないですか、とエドワード先生に尋ねたところ、“Fine.”を挙げてくださいました。これについては、後日改めて考えてみたいと思います。❤❤❤

カテゴリー: 英語語法 | コメントをどうぞ

松江イングリッシュガーデンのローズフェスティバル

 宍道湖を望む抜群のロケーションに作られた本格的な英国式庭園が、「松江イングリッシュガーデン」(島根県松江市西浜佐陀町)です(午前9時~午後5時半、入園無料)。一畑電車(バタ電)に乗って「松江しんじ湖温泉駅」からおよそ5分で着く「松江イングリッシュガーデン駅」(220円)で降りて、歩いてすぐのところにあります。ここはかつては「ルイス・ C.ティファニー庭園美術館前駅」という一畑電車の小さな駅で、2001年4月2日から2007年5月20日まで、日本で一番長い駅名であったことで知られていました。現在は、同美術館が撤退したことに伴い「松江イングリッシュガーデン駅」と改名され、「松江イングリッシュガーデン」の表玄関口となっています。

 この庭園は、直線を基調とした「フォーマルガーデン(整形式庭園)」と自然風に作られた「ランドスケープガーデン(風景式庭園)」から出来ています。樹木と多年草を主体とした庭園では、四季折々に様々な花が楽しめる他、場所ごとに趣向を凝らした庭園デザインを見ることができます。回廊カフェや宍道湖の眺望を楽しめるイタリアンレストランも併設しています。土曜・日曜には、園内の多目的ホールで、クラシックやフォークなどの無料コンサートも開かれているようです。

 5月18日から「ローズフェスティバル」が始まりました(~6月3日まで)。園内には赤、黄、白、ピンクなど色とりどりのバラが来場者を楽しませています。約1万平方メートルの庭園では、新緑に映える純白の「アイスバーグ」や、香りが良く花びらの枚数が多くて華やかな英国産のバラ「イングリッシュローズ」など、約70種類2,000株が花を咲かせています。今年は気温が高いことから、例年より1週間ほど早く見頃を迎えています。こんなにたくさんのバラを一度に見ることのできる場所はなかなかありません。純白のバラを見ていると、なんだか落ち着いた気持ちになりますね。

 私が松江南高校で担任した目次博明(めつぎひろあき)くん(43歳)が、この庭園の責任管理者として長く勤めていて、ここを訪れる度に会っています。今日も出会いました。記念写真をパチリ!目次くんの話によれば、いつもの年よりも少し早めにバラが咲き始めたので今がちょうど見頃、とのことでした。私の体を心配してもらいましたが、6軒の病院(!)に通いながら、何とか生きている、と答えておきました。庭園を後にして、お目当ての「おおはかや」でウナギを食べて電車に乗って帰ってきました。いい息抜きになりました。帰ったらひたすら原稿書きです。❤❤❤

▲庭園管理責任者の目次くん

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

大原美術館

 岡山県倉敷市の大実業家(倉敷紡績社長)であり、美術品収集に巨額の私財を投じた実業家、社会貢献や福祉の分野にも多大な足跡を残した大原孫三郎(1880―1943年)は、西洋美術を紹介する日本初の本格的な美術館「大原美術館」を、1930年に倉敷に創設しました。私設では日本初の西洋美術館です。印象派の洋画を中心に、日本の工芸や東西アジアの古美術まで、4館にわたって多彩なコレクションを展開しています。開館の礎となったのは、同じく岡山県出身の画家である児島虎次郎(1881―1929年)が、孫三郎の支援と理解を得てヨーロッパで収集した美術品の数々でした。その後も大原美術館は、孫三郎の思想を引き継いでコレクションを拡充し、日本を代表する美術館として多くの美術愛好家の心を捉え続けてきました。 大原美術館のコレクションは、西洋近代美術のほかにも、日本近代洋画、民芸運動ゆかりの作家たちの作品、エジプトやオリエント、東洋の古代美術、そして戦後美術から、いま第一線で活躍している現代美術家の作品まで、きわめて多岐にわたります。私はこの場所が大好きで何度も訪れています。

 まず、優美な姿をたたえる「本館」に入ると、最初に入館者を出迎えるのが児島虎次郎「和服を着たベルギーの少女」で、「館の原点を示す」とのメッセージが込められており、虎次郎の死を悼み、その翌年に開館したこの美術館を象徴する作品です。2階にはクロード・モネの傑作「睡蓮」が飾られています。モネの家を直々に訪ねた虎次郎が、「日本の絵描きのために」とモネが用意していた数点の中から、15年間モネが手放さなかったという本作品を選び、持ち帰ったものです。いわば日本のために贈られた一枚で、私の大好きな作品です。他にもエル・グレコ「受胎告知」ゴーギャンの作品などが目を引きます。パリの画廊でグレコの作品を見た虎次郎は、金額の高さに即決はできず、孫三郎に「カネオクレ」と電信を送ります。60日後、「グレコカエ、カネオクル」と返信が届き、買い付けに走った日本が誇る奇跡の一枚です。

 日本の絵画・彫刻を展示した分館」、日本の工芸や東アジアの古美術を扱った工芸・東洋館」、歩いて10分ほどのところにあるアイビースクエア内にある「児島虎次郎記念館」にも回ってみました。出口にある小さなショップで売られていた「アートトランプ」も記念に買っておきました。私は珍しいトランプのコレクターでもあるんです。

   「中庭」にはモネの自宅から株分けされたスイレンが浮かぶ池もありました。出口を出てその隣が名画の余韻を楽しむカフェ「エル・グレコ、そのお隣が「大原美術館ミュージアムショップ」です。❤❤❤

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

「から好し」

◎週末はグルメ情報です!!

 2018年4月4日、場所は松江市北田町のくにびき道路沿い、「母衣小学校前横断地下道」のある交差点の角地、「エクセレンシア学園東マンションギャラリー」さんの跡地、その前は「ポプラ 松江くにびき店」さんだったところにから好し(からよし) 松江北田町店がオープンしました。「すかいらーくグループ」の唐揚げ専門店で、山陰地方初出店になります(4月2日にオープンした出雲渡橋町店と共に)。大阪以西にはまだ支店がありませんでしたから、中四国・九州初出店になります。「毎日自店で仕込んだ、アツアツ揚げたてのから揚げを誰でもいつでも気軽に楽しめるお店」だそうです。

 田和山の今井書店センター店に行った帰りに、初めて立ち寄ってみました。 朝の10時半より営業しているのが、チョット嬉しいですね。定食は税別590円と十分お得感があります。ちなみにごはんは大盛も無料です。カリッとしていて、にんにくの効いた、ちゃんと味の染みたカリカリのおいしいから揚げが4個にキャベツにんにくのつけだれレモンがついてきます。味噌汁杏仁豆腐もついていて、さらにお得感があります。漬物も各テーブルに2種類ずつ置かれていて、特にキムチがおいしいものでした。からあげ1個1個がでかい!!(4つで200gらしい)揚げ方もサクサクで、柔らかいです!!さすがチェーン店!!圧倒的なコスパですね。ご飯大盛りが無料なのも男子学生諸君には嬉しいサービスでしょう。レモン汁であっさり食べるもよし、ごまニンニクタレの食欲そそる味で、ご飯をいただくもよしって感じです!!ニンニクタレ美味しいですよ。

 2回目に行った時は「油淋鶏定食」にチャレンジしてみました。これも大きな唐揚げが4個。ただ、杏仁豆腐のクオリティは正直美味しくありません。値段が40円なんで仕方がないと言えば仕方がない。安いですからね。定食だけ食べて、コンビニとかでデザート食べたほうが満足感がさらに増すかと思います。唐揚げは確かに美味しいです。❤❤❤

カテゴリー: グルメ | コメントをどうぞ

ヘルマン・ルムシュッテル

 博多駅JR博多シティ屋上には、「つばめの杜ひろば」という公園のような施設があります。旅の安全を祈る「鉄道神社博多駅の列車を出入りを見下ろせる「列車展望スペース、電動のミニトレイン「つばめ電車、福岡市の街並みや博多湾からの遠くの山までを一望できる「展望テラス、尊敬する水戸岡鋭治(みとおかえいじ)先生の作品が販売されているショップ「鈍治屋」(どんじや)など、たくさんの見どころがある場所で、私は博多駅に降りる度に必ず立ち寄っています。博多口博多阪急デパート」のエレベーターで屋上まで上がると、そこは上のような別天地が広がっています(大分駅にも同様の施設があり、これをさらに発展させたものとなっています。もちろんこれも水戸岡鋭治先生のプロデュースです)。

 その一角に、上のような肖像のレリーフがあります。いったいこれは誰だろう??と疑問に思い、調べてみました。名前はヘルマン・ルムシュッテル。ドイツ人です。現在では世界でもトップクラスの高い技術を持つ日本の鉄道ですが、その黎明期には、あらゆる技術を欧米に依存していました。九州鉄道にその技術を持ち込んだのはドイツ人の鉄道技師でした。九州鉄道は、当時機関車や客貨車、そしてレールなどをドイツから輸入し、技術者も招聘しました。それが、ドイツ人のヘルマン・ルムシュッテルで、肩書きは顧問となっています。44歳で招かれた当時、母国ドイツでの役職は、国有鉄道の機械監督という重要ポストに就いていました。彼は九州の鉄道開業にあたって大きな貢献をしています。学識深く、温厚で親しみやすい人物であり、指導と教育に優れていたことから、多くの日本の鉄道技術者に強い影響を与えました。九州鉄道最初の区間が開業する1889(明治22)年から翌年にかけ、第一陣となる蒸気機関車が10両輸入されます。その内訳は、ホーエンツォレルン社製の1~3号機と、クラウス社製の4~10号機でした。いずれもドイツのメーカーです。重要文化財である九州・門司港駅の駅舎(現在は改修中)も、このドイツ人技師ルムシュッテルの指導で建設されました。九州鉄道で5年間にわたって技術指導をした後は、東京でドイツ公使館の技術顧問となりました。その後、ルムシュッテルが1892(明治25)年に退任すると、それまではドイツ一辺倒だった九州鉄道が大きく転換しました。イギリスやアメリカの機関車が輸入されるようになったのです。国有化されるまでに九州鉄道が輸入した蒸気機関車の総数は263両でした。製造国別に見ると、ドイツが50両、イギリスが9両、スイスが5両、アメリカが199両と圧倒的な多数派となりました。1894(明治27)年に帰国後は、国鉄に復職し、晩年は日本の鉄道発展のために鉄道資材購入顧問を務めました。1918年(大正7)年ベルリンで死去。74歳でした。

 「鉄道友の会」および「日本国有鉄道門司鉄道管理局」が中心となって、国鉄88周年の記念事業の一つとして、ルムシュッテルのレリーフが製作されました。青銅製の高さ75.8センチ、幅57.6センチ、厚さ1センチの物です。製作担当は彫刻家の中野五一で、当時の国鉄総裁十河信二が揮毫しています。最初は博多駅のコンコースに設置されましたが、JR博多シティ」の開業に際して、屋上の「つばめの杜ひろば」に移転して現在に至っています。この一枚のレリーフにもこれだけの歴史が詰まっているんですね。博多駅に行かれることがあったら、ぜひ屋上に上がってみてくださいね。❤❤❤

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

旧北海道庁舎

 外壁の赤い星が開拓使のシンボル。北海道の象徴といえばこのレンガ造りの建物ですね。札幌の北3条通から西方面を望むと、突き当たりに堂々とした姿の「北海道庁旧本庁舎」が見えます。赤れんが庁舎」の愛称で知られる煉瓦づくりの建物です。現在使われている新庁舎ができるまで、約80年に渡り道政を担った旧本庁舎は、1888年(明治21年)に建てられたアメリカ風ネオ・バロック様式の建築です。建築の資材の軟石、木材など多くは北海道産品を使用しました。明治時代に作られたひずみのあるガラスや、化粧枠にしまわれた寒さ対策の二重扉など、そこかしこに当時の機能美が感じられます。館内は一般に無料公開されていて、北海道の歴史をたどる種々の資料を展示しています。時間さえ許せば、常駐している観光ボランティア・スタッフの説明を聞き、建物の奥深さを感じることができます。建物の至るところには、北海道開拓使のシンボル「五稜星」が。周辺をぐるりと回って、探してみるのも楽しいですよ。

 札幌の歴史的建造物は、その多くが有料での観覧になりますが、「赤れんが庁舎(北海道庁旧本庁舎)」は無料で開放されているのが嬉しいですね。写真撮影の場としてもおすすめです。北3条広場(通称・赤プラ前)にはれんが造りの休憩スペースが多くあります。ポプラ並木の下でランチをとるのも札幌市民の楽しみ方。赤れんが庁舎前で旅グルメ、一度試してみてください。

 使われているレンガは、札幌近郊で焼かれたものです。当時、レンガに適した土が見つかった白石村(現・札幌市白石区)に、鈴木煉瓦製造場など何軒かのレンガ工場があり、これらのレンガが使われました。レンガの積み方は長手と小口を交互に積む「フランス積み」で、美しい姿を見せています。また至るところにあしらわれた赤い星のマークは、北極星をイメージして開拓使が自らのシンボルにしたものです。

 中に一歩足を踏み入れて、庁舎内内装もクラシックです。1階正面ホールの三連アーチ、防寒対策の二重窓をはじめ、旧北海道長官・知事室であった記念室の細かい装飾やデザインは、思わず見とれてしまう繊細な美しさを放っています。その他、北海道の文化と歴史や樺太、北方領土関連の資料が揃う北海道立文書館、北海道博物館 赤れんがサテライト、樺太関係資料館、赤れんが北方領土館、国際交流・道産品展示室などを見学することができます。❤❤❤

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

「願いの泉」

 松江の「カラコロ工房」(旧日本銀行松江支店)に行ってきました。そこのガーデン・テラスに、「願いの泉」という観光客に人気のスポットがあります。今日も中学生の旅行者たちが、石を投げ入れていました。皆さんの願いを5種類の石に託してください。まず、叶えたい願いを石に込めます(石は2つ準備)。あとの1つは願いが叶うまで大切に持っているんです。そして、もしも願いが叶ったらその石を持って、再び「カラコロ工房・願いの泉」に戻って来てください。

《5つの願い(5つの石)》
1. 恋愛の石(紅水晶)恋愛成就
2. 学問の石(ソーダライト)成績アップ
3. 健康の石(めのう)健康
4. 金運の石(タイガーアイ)金運アップ
5. 万能の石(水晶)一つに絞れない人

 石は「インフォメーション」で扱っています。願いを込めながら泉へ投げ入れます。もう一つの石は願いが叶うまで大切に手元に持っておきます。願いが叶ったらもう一つの石を泉に投げます。泉の中には、たくさんの石がありました。泉に投げた人たちは、恋愛が成就するように一生懸命に願いを込めて投げたんだろうな・・・・

 そのお隣がピンクの「幸運のポスト」です。このポストから大切な人へ手紙を送ると、送った相手にも、さらに送った人にも幸運が運ばれると言われています。⇒私の紹介記事はコチラです  ポストのお隣には大量のハート型絵馬が掛かっていました。松江は「ハートの街」です。❤❤❤

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

栗城史多さん遭難死!

 今から5年前、松江北高2013年の学園祭「紅陵祭」の記念講演は、島根県民会館で、栗城史多(くりきのぶかず)さん(35歳)の「NO LIMIT~限界という壁を超えて」でした。凍傷で壊死した両手の指を包帯でグルグル巻きにした状態で、大学登山部での登山との出会い、山登りの喜び、苦しみの体験談、現在の苦労話を伺いました。インターネットで登山の様子をリアルタイムで生中継するという新しい試みと、資金調達・スポンサー探しの苦労に関して、興味深いお話をお聞きしました。この講演を聞いた直後に、栗城さんの『一歩を超える勇気』(サンマーク文庫)を読んで、「一生懸命に生きる。弱音を吐かない、そして最期に『ありがとう』と言える人生を送ること」という言葉に感動したのを覚えています。

 世界最高峰エベレスト(8848メートル)登頂を目指していたその栗城さんが、5月21日、遺体で発見されました。栗城さんは「無酸素」「単独」でのエベレスト登頂を目指しており、過去7回失敗しており、今回が8度目の挑戦でした。2009年に初めてエベレストに北側から挑戦し、2010年には南側から挑戦も失敗。2011年は7800メートル地点でカラスに食料を食い荒らされテント用ポールも無くしたことから登頂を断念します。そして2012年の挑戦では、ヒマラヤのジェット気流の強風に悩まされ断念。下山途中に両手、両脚、鼻に重度の凍傷を負い、両手の指9本の大部分を失っていました。それでもエベレスト挑戦を続け、2015年、2016年、2017年も挑戦しましたが、ことごとくその壁にはね返され断念、今回が8度目の挑戦でした。「苦しみも困難も感じ、感謝しながら、登ってます」「体調が悪く、7400メートル地点から下山することになりました」と伝えたのが最後のメッセージとなりました。下山途中に無線連絡に反応がなくなり、捜索の結果、低体温で息絶えた栗城さんが発見されました。登山技術や経験に危ぶむ声も聞いたことがありますが、揺るぎない夢の実現に奮闘した姿は素晴らしいものがあります。5年前に栗城さんの生の声を聞くことができたことは、得がたい体験でした。心より御冥福をお祈りいたします。😢😢😢

 

続きを読む

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

利他の心

 研究会では、私が作りました英語指導資料は惜しみなく先生方に提供させていただいております。先生方からは、国宝級の資料」「お土産の資料は本当にすばらしく無料で本当にいいのか」などと賞賛していただいております。私は、勤務先の学校でも、作りました資料は同じ学年の英語科の先生方だけでなく、他学年の先生方にもお配りして参考にしていただいております。その根底にあるのは「利他の心」です。尊敬する稲盛和夫(いなもりかずお)さんは、「今日まで86年間歩んでこられて人生で一番大切なものは何だと感じておられますか?」という質問に対して、一つには、どんな環境にあろうとも真面目に一生懸命生きること」「もう一つは、利他の心、皆を幸せにしてあげたいということを強く自分に意識して、それを心の中に描いて生きていくことです」と述べておられます(月刊『致知』5月号、2018年)。

▲これとても勉強になる雑誌です。オススメです。

 私たちの心の中には、「自分だけがよければいい」と考える自己中心的な「利己の心」と、「自分を犠牲にしてでも他の人を助けよう」とする「利他の心」があります。「利己の心」の塊になると、自分のことしか考えませんから、誰の協力も得られず、自己中心的な狭い視野に陥り間違った判断をしてしまいます。一方、「利他の心」で判断すると、自分を犠牲にしてでも「人によかれ」という気持ちですから、周りの人みんなが協力してくれます。視野も当然広くなりますから正しい判断が出来るのです。より良い仕事をしようと思ったら、周りの人のことを考え、思いやりに満ちた「利他の心」に立って物事をやるべきです。しかし現実には、「自分さえ良ければそれでいい」「楽して儲けよう」「金がすべてだ」「どうして自分がこんなことをしなければいけないか、面倒くさい」「なんで自分ばかりが?」という人たちが、ちまたにうごめいています。

 あのお釈迦様は前世で、今にも飢えて死にそうな虎の親子に自分の身を投じて食べさせたというお話があります。駅のホームから線路に転落した人を救おうとして自分の命を犠牲にした人もいました。川に流された見知らぬ子どもを助けようとして自分が溺れて亡くなった人もいます。さすがに、そこまでは私にはできませんが、自分に出来る範囲内で、他の人に喜んでもらおう、助けよう、と思って行動してきました。阪神淡路大震災や東日本大震災の災害時に見られた、多くの方々のボランティア活動や多額の寄付などは、日本人にはまだまだ「利他の心」が消えていないことを証明していますね。

 私がいろいろなところでお話しするお気に入りの一つに、「たらいの法則」があります。これはあの二宮尊徳(金次郎)の考え方からいただいたものです。彼は五歳の時に、酒匂川が氾濫して所有の田畑を流されたにもかかわらず、貧困のどん底から一家を再興しました。彼が一生をささげた農村の復興事業で、彼が一番苦労したのは、荒れ地の開墾などではなく、すさんだ人々の心を耕すことでした。農民の中には、反発する者や、自己中心的な者がいて、なかなか一つにまとめることが難しかったのでした。ある日、金次郎は、丸い風呂に入りながら村人を諭します。

 「自分の利益ばかり考えている者は、風呂のお湯を、しきりと手前へかき寄せているのと同じだ。一時は自分の方へお湯が寄ってくるが、すぐに脇をすり抜けて向こう側へ流れていってしまう。結局、自分も恵まれることがない。これと反対に、常に相手のためを思い、自分の持っているものを与えようとする人は、お湯を向こう側へ押しやるのと同じだ。そのお湯は向こうへ行くように見えるが、実際には、ぐるっと回って自分の方へ返ってくる。相手も喜び、自分も恵まれることになるのだ。」

 金次郎が終始一貫して村人に訴え続けたのは、利他の心」でした。「自分さえよければ人はどうでもよい」という自己中心的な心(我利我利の生き方)を捨てて、自分だけでなく相手のことも思いやり一致協力した(自利利他の生き方)から、およそ不可能と思えた600余の農村の復興を成し遂げることができたのでした。

 おまえ、ここに水が入った盥(たらい)があるだろう。両手でその水を自分の方へ左右から送ってごらん。水は初め、自分のところに集まるけれど、すぐに自分の手元から離れていく。反対に、水を左右に送ってみなさい。水はおのずと自分の方へ集まってくるだろう。自分の幸せばかり考えているとな、その人の幸せはどこかへ行ってしまうのだよ。だから人が喜ぶようなことを、無理せず、少しずつ積み重ねていくことがとても大切なんだな。これを「損して得取れ」と言います。

 たらいに大きな水を張る。手前から人差し指一本で水を向こうに押しやる。水の波紋は途中で消えてしまう。それでも、ただひたすら押し続ける。やがて、波紋は大きくなり反対側の壁にぶつかって自分に返ってくる。与えて、与えて、それでも与え続けること。それはすべて自分のためになる…。そんな生き方をしなさい。

 こんなところから私の人生哲学である“Give  and give”は生まれました。人を喜ばせておくと、いつかは自分に返ってくるんです。もちろん裏切られることもたくさんあるんですが、それはまたそれでいい勉強と思って。見返りを期待するのではなく、「人を喜ばせる」ことを目的にしていると、いろんなところで思いもかけずに助けてもらうことも多いみたいですよ。各所の研究会で私が苦労して作った資料を、惜しげもなく差し上げると、先生方はとっても喜んでくださいます。そんな先生方に今度は私が助けていただく、という経験を何度もしてきました。まさに「情けは人のためならず」です。やはり「たらいの法則」は真実でした。二宮翁夜話』の中で、尊徳はこんなことを言っていました。

 人間の体の組み立てを見てみなさい。人の手はわが方に向いてわが為に便利にできているが、向こうに向けて押してやることもできるようになっている。鳥獣の手はこれに反して自分の方へ掻くことしかできないようにできている。だから、人たる者は他のために押し譲るという道があるのだ。それを自分のために取ることばかりに努力して、他のために譲ることを忘れてしまった者は、人にして人にあらず、禽獣と同じである。恥ずかしいことではないか。ただ恥ずかしいだけではなくて、天理に反することであるから、ついには滅亡するだろう。

 私は、稲盛和夫さんや二宮尊徳の生き方に学ぼうと思っています。❤❤❤

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

講演会受付開始!

◎申し込みの受付が始まりましたヨ!!

 先日ご案内した、「「不易な英語指導と徹底した分析で英語力をつける」研究会~英語は絶対に裏切らない~」(ラーンズ)の参加受付が始まりました。聞いていた予定より早かったですね。⇒コチラからお申し込み下さい

●日時:首都圏会場 2018年6月16日(土)14:00~17:00
                      (受付開始13:30)
●場所:TKP市ヶ谷カンファレンスセンター
●定員:120名
●参加費:無料
●日時:土浦会場 2018年6月23日(土)14:00~17:00
                      (受付開始13:30)
●場所:土浦亀城プラザ
●定員:60名
●参加費:無料

 当日使う資料も全て完成し、担当責任者の方にお送りしました。後は当日を待つのみですね。せっかく忙しい時間を割いてお越し頂くわけですから、「来て良かった!と、喜んで帰って頂くためにとびきりの資料を準備いたしました。⇒昨年の「博多研究会」に参加なさった先生方の感想はコチラをご覧ください

 ご参加なさった先生方には、「英語は絶対に裏切らない!~英語センター二次試験参考データ集  Ver.3」をおみやげに用意いたします。例年各会場で喜んでいただいている、八幡のセンター・二次対策指導資料データ集の最新版がようやく完成しました。全国の先生方からこの「データ集」だけ欲しいという要望がたくさん寄せられる「宝物」CDで、41年間の教員生活で、特に松江北高で私が作りました種々の資料を惜しみなく収録しております。過去2回の改訂版をお届けしてきましたが、今回のものはさらにバージョンアップして極めつけの最新決定版で、全部で417本のファイルが収録されています。前版は350本でしたから、かなりの改訂大幅増補となりました。センター試験の「第1問~第6問」、「リスニング」、「二次試験対策」、「模擬試験対策」、「特別オマケ」、「八幡最近の著作から」といったフォルダーに該当する最新資料が収められています。教室ですぐに使って頂けるものばかりです。完成したCDの概観はこのようなものです。

 このCD集の歴史についてチョットだけ触れておきましょう。もう今から10年以上も前、私の「センター試験対策本」をたくさん買っていただく先生方に、何かご恩返しをしようと思って作ったのがこのデータ集でした。当時作成していたセンター・二次関連の資料を収録して、自宅のパソコンでCDを焼いて1枚1枚手作りしました。センター本を10冊以上ご注文いただいた先生方には無料で付けさせていただいたんです。このCDをお目当てに、10冊以上頼んで頂く先生もずいぶんいらっしゃいました。これだけ喜んでいただけるんだったらと、長く続けさせていただきました。1枚焼くのにもずいぶん時間がかかります。さらにはキヤノンのプリンターでCD本体にダイレクト印刷をかけます。こうやって手間暇をかけて誕生したのがこのデータ集だったんです。

 3年前に教員を退職したときに、ラーンズの社長さんと編集者の方が八幡の自宅にお見えになって「講演会」の依頼を受けました。その際に、先生方に喜んで頂けるからと、私から提案させていただいたのが、このCDデータ集でした。「それはよい!」ということで、以来、ラーンズさんのご好意でずっと作っていただいています。今回も、現在プレス作業をしていただいており、当日研究会に参加される先生方の机上に並ぶ予定です。❤❤❤

カテゴリー: 英語指導に関して | コメントをどうぞ

カラコロ工房mt展

    「カラコロ工房」(松江市殿町43番地)。水郷松江を堪能できる堀川遊覧船乗り場が目の前にあり、松江城小泉八雲記念館など観光には持って来いの場所です。 旧日本銀行松江支店だった当時のものが至るところに残っており、レトロでありながらモダンな建物は見どころ満載です!「ピンクの幸運のポスト」(⇒コチラです)や「願いの泉」など観光客に人気のスポットが工房内にあります。その「カラコロ工房」で4月27日から「mt store at Karakoro Art Studio in Matsue」が開催されていました(5月4日まで)。

 山陰地区で初のmtイベントになります。旧日本銀行松江支店だった「カラコロ工房」が、かわいいmtワールドに大変身しています。地下金庫室が全面マスキングテープで彩られているのを楽しむことができます。「カモ井加工紙」さんによる期間限定マスキングテープショップもオープンしています。期間中はカラコロ工房がカラフルでカワイイマステであふれていました。マスキングテープはこの企画のためだけに作られた特注品です。よ~く見てみると、日銀らしくお金の数字も所々印刷されていました。普段はがらーんとした金庫室が可愛らしく変身しています。各種マスキングテープの販売や実演講習も行われていました。エレベーターの内部もマスキングテープが全面に貼られていると聞きましたが、今日は運転中止でした。残念!❤❤❤

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

エヴァンゲリオン展

 現在、リニューアルなった松江市袖師町にある島根県立美術館(⇒コチラ)で、大ヒットアニメ「エヴァンゲリオン」の魅力を解き明かす本格的な展覧会「エヴァンゲリオン展」が開催されています。~7月9日(月)までです。私はこの連休中にお邪魔してきました。「エヴァンゲリオン」は、1995年にテレビアニメが放送されて以来、幅広い世代から人気を集め続ける日本のアニメーション史上、屈指の名作です。魅力あふれるキャラクターや壮大なストーリー、そして映像や音楽への高い美意識。本展は映画『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』シリーズを中心に、総数約1300点の作品・資料を展示しています。総監督庵野秀明氏および制作会社カラーの監修で開催される展覧会です。ご興味のある方は展覧会のチラシコチラをご覧ください。展示のほとんどを占めている原画の数々はファンの人たちにとっては堪らないのでしょうね。私はアニメの世界はよく分からないので、「なんか、ずいぶん指示がごちゃごちゃと書き込まれているなあ」という程度です。多くのファンらしき人たちは原画の前で立ちつくして入念に目を凝らしていました。

 そういえば、以前にご紹介したエヴァンゲリオン新幹線」(⇒私のこの列車への乗車記はコチラをご覧下さい)も、去る5月13日に運行を終了しましたね。人気アニメ「新世紀エヴァンゲリオン」をデザインに取り入れた500系新幹線「500 TYPE EVA」の最後の姿を一目見ようと、最寄りの停車駅には大勢の見物客が詰めかけました。もともとは、JR西日本が山陽新幹線の全線開業40周年を記念し、2015年11月に運行を開始したもので、新大阪―博多間を1日1往復してきました。当初は2017年3月までの予定だったのですが、外国人観光客にも好評で、今月まで運行を延長していたものです。紫色を基調とした外装は、アニメの主人公が搭乗する兵器「エヴァンゲリオン初号機」をイメージしたもので、1号車には対戦ゲームが楽しめるコックピットが設置され、旅行客にも好評でした。珍しい列車なので、是非一度乗っておきたいと思い、私は昨年乗車しました。

 あ、そうそうJR西日本は今夏から、人気キャラクター「ハローキティ」をあしらった新たな新幹線を走らせるそうですよ。⇒コチラ  1号車では、西日本の地域紹介が期間限定で行われます。最初は観光キャンペーン「山陰デスティネーションキャンペーン」が開催される鳥取県島根県だそうです。絶対に乗るぞ!❤❤❤

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

おさかなすき(や)ね

 サラサラ血液・ピチピチ血管には、まず、食生活の見直しがとても大切です。基本は栄養バランスを考え、1日の適正エネルギーを守りながら3食きちんと、よく噛んで食べること。主食・主菜・副菜・汁物の定食スタイルを取り入れると、バランスがとりやすくなります。 そして、気をつけたいのが糖質の過剰摂取です。ごはんやパン、お菓子、果物といった糖質のとりすぎは中性脂肪を増やします。中性脂肪はメタボの元凶。糖質は、総摂取エネルギーの50%程度を目安にし、適量を守りましょう。と、ここまでが、私が日頃行きつけの病院の管理栄養士さんに指導を受けていることです。なかなか思うように数値が落ちてくれません。

 今から12年前に心臓の手術で「日赤」に入院したとき、いよいよ退院の日に、若い大学を出たばかりくらいの管理栄養士さんが病室に来られて、退院後の食生活に関していろいろと指導をしてもらいました。普段の生活においてどのようなものを食べると良いのか、そのヒントは「おさかなすきね」にあると言われました。おさかなすきね?それ、何?「お魚はあまり好きではありません」とトンチンカンな答えを返してしまいましたが(笑)、これは血液ドロドロを解消する、それぞれの食べ物の頭文字を取ったものでした血液や血管の健康を促進してくれる食材の頭文字を並べたものです。

・・・―カテキンがコレステロール値、中性脂肪、血糖値を下げ抗酸化作用。
・・・―DHA、EPAなどの不飽和脂肪酸が血流をよくする。
・・・草類―中性脂肪を吸着して排出。代謝促進のミネラルも豊富。
・・・などの大豆類―血栓を溶かす作用。脂質代謝を促進するビタミンも。
・・・―クエン酸が血中の老廃物の排出を高め、血流促進。疲労回復も。
・・・のこ類―コレステロール値や血糖値を下げる。
・・・―血小板凝集抑制、血栓予防、活性酸素抑制作用。

 こういった食べ物が、血液をサラサラにするのに効果的なんだそうです。よく見ると、昔ながらの日本の食事のまんまですね。最近では食の欧米化が進み、どんどんこういった食事も減ってきてはいますが、改めて、日本の伝統的な食事の素晴らしさに気付かされますね。

 最近では、これに菜」も加えて、「おさかなすきね」と言っているようです。私も気をつけてはいるんですが、なかなか思い通りになってはくれません。2年前に検査入院をして血管を見てもらいましたが、5年したらまた来なさいと執行猶予の身です。反省!😢😢😢 

▲とっとり花回廊のチューリップ祭り

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

野宮神社

 大好きな故・渡瀬恒彦さんの十津川警部シリーズ第16作『寝台急行銀河殺人事件』では、警察エリートの三浦警視が十津川警部を、京都野宮神社(ののみやじんじゃ)へ案内するシーンがあります。私は最初「のみやじんじゃ」かと思っていました。「ののみやじんじゃ」です。

 みどりが急に行きたいと言い出した野宮神社のことが気になった十津川は、京都へ向か
う。新幹線で、大阪へ向かう理恵と出くわす十津川。十津川が無断で星野に事情聴取をし
たことが大阪府警の上層部にバレ、呼び出しを食らったのだと言う。
「上から圧力でも?」
「圧力でなく苦情です。相手は小山内の身内なんです。で、星野はクロでしたか?」
「シロです」
「ご納得いただけてよかったわ。だから聞き込みの必要はないって言ったのに」
「必要の有る無しは結果判断ですから」
「さすが敏腕十津川警部、カッコいいことおっしゃるわ」
 十津川が野宮神社へ行こうとしていることを知った理恵は、案内を買って出る。嵯峨野
の野宮神社は、縁結びの神として有名な場所だった。自分と好きな人の名前を奉納木に書
いて納めると、2人は末永く結ばれると言われている。今は警察という男社会でバリバリ
働いている理恵も、若かりし頃はよく縁結びを祈願したという。理恵の意外な一面を見て、
十津川は微笑ましい気持になる。

 私も以前、嵯峨野見物で、竹林を抜けてお参りした、ひっそりとした清らかなたたずまいの中にも、どことなく華やかな雰囲気のある素敵な神社です。「嵯峨野巡り」の起点として多くの観光客が訪れる場所でもあります。えんむすびの神様、子宝安産の神様として全国から崇敬を集めています。もともとは「斎王」「潔斎」(身を清める)するのに使われた場所でした。斎王に選ばれた皇女が、伊勢で奉仕に就く前に皇居内で1年あまり潔斎し、それが終わると、浄野(汚れのない地)に仮の宮(野宮)を建ててそこに移って、さらに3年間世俗を離れて潔斎し清廉な日々を送った後、伊勢神宮に向かうことになっていたそうです。宮が野にあることから「野の宮」と呼ばれるようになったそうです。その中で神社として後生に残ったのが、この野宮神社なんだそうです。チョット歴史を勉強したぞ!あのミステリーの女王山村美紗(やまむらみさ)さんも、作品の中に登場させておられます(下記参照)。

 「源氏物語」にも登場する「野宮神社」「黒木鳥居」は、ここでも見ることが出来ます。樹皮のついたまま建てられる原始的な鳥居です。普通私たちが見る鳥居は、朱色に塗られたものですよね。でも「野宮神社」の鳥居は、下の写真でも分かる通り、木の皮を剥がずに、木の質感をそのままに使ったものでした。平安時代当時の様子を残したいという思いから、古来の様式をそのまま使った、と説明を受けました。縁結びの神様として有名ですが、子宝や学問、安産、病気平癒、商売繁盛など多彩や御利益がある神社だそうです。境内社、大黒天の左側にある「亀石」を祈りを込めてさすると、一年以内に結ばれる(願いが叶う)という伝説もあります。霊験あらたかな石ですね。私もなでなでしてきました(笑)。❤❤❤


 嵯峨野は、京都市の北西にある美しい竹林の里である。
 天竜寺の壮大な山門を左に折れると、竹藪がはじまる。
 その小路を、しばらく行くと、野宮神社がある。
 嵯峨野めぐりの起点は、この野宮神社である。
伊勢神宮の斎宮に選ばれた未婚の皇女が、伊勢にくだるのに先だち、潔斎のために、一年
間、おこもりをするため建てられた宮であるためか、何となく、清らかな中にも、淋しい
感じがするたたずまいである。
 ここは、また、「源氏物語」で、光源氏との恋に破れた六条御息所が、斎宮に選ばれ潔
斎する一人娘につき添い失意の日々を送ったとされているところである
      ―山村美紗『京都嵯峨野殺人事件』

 

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

wedding night

 新刊の辞典を手にするたびに目が行く、「試し語」(ためしご)なるものをみなさんお持ちのことでしょう。かつて教員になりたての頃、私は、新刊の「和英辞典」を手に取るたびに引いていたのが「初夜」でした。当時辞書の世界に巣食う「孫引き」という因習をまざまざと実感させられた好例で、判で押したようにどの和英辞典もが、bridal nightとなっていたのです。ところが、私が新聞・雑誌や小説で出くわすのはいつもwedding nightばかりで、bridal nightという表現には一度も出会ったことはありませんでした。現実の語法との乖離を見せられた好例でした。

(1) I married a virgin, but I knew on our wedding night that sex was never going to be a breathless part of our lives.― “Ann Landers” Asahi Evening News, Aug.30, 1994

(2) On the wedding night, her parents expect to be able to show proof of her viginity. Time, Apr.2, 1979

(3) “Okay, Loren, get on upstairs. It’s not a good thing to keep a bride waiting on her wedding night.  H.Robins, The Betsy.

(4) But I was eight when I witnessed Sharon’s wedding night, and discovered what IT could grow ITself into.  Anonymous, I.

 確認を取ったアメリカの辞書の老舗メリアム・ウェブスター社の膨大な用例ファイルにも、bridal nightは一例も記録はありませんでした(当時のFrederick Mish編集長のご教示による)。故・ボリンジャー博士も「聞いたことがない」とおっしゃっておられました。最近の和英辞典は、さすがにwedding nightになっていますが…。

【先日の形容詞の語順に関する追記】 センター試験の形容詞の語順を問う問題に関して、「主観的⇒客観的」という大原則を述べました。そしてこれが絶対的なものではないことにも触れました。このことを分かりやすく解説した本に田中茂範『表現英文法』(コスモピア)があります。Mr. Suzuki is a bearded old man./ Mr. Suzuki is an old bearded man. の意味の違いにまで踏み込んで、形容詞の並び順の神髄にまで迫る解説です。私は今の所、これ以上の参考書の解説を読んだことがありません。みなさんにオススメしたい英文法書です。著者の田中茂範先生は35年の大学生活を終えられ、この4月から「PEN英語教師塾」(⇒コチラです)を中心にした活動をしておられます。

 

 

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

lead a dog’s life

 以前にこのブログで、lead a dog’s lifeという成句の意味について、書いたことがあります。再録してみます。

**********************************************************************

    lead a dog’s life「みじめな生活を送る、苦労の多い生活をする」という成句に新しい意味があることに気付いたのはもうずいぶん前のことで、Gyles Brandreth, Everyman’s Modern Phrase & Fable (1990)を拾い読みしていたときでした。そこには「興味深いことに、最近ペットの犬が過保護になっていることから、この句は時に皮肉あるいは不正確に、贅沢で心配一つない生活を送の意味で使われる」と、書いてあったのです。「ペット犬のように贅沢な暮らしをする」という意味で使われることがあるということです。イルソン博士に実情をお伺いすると、そのような意味の可能性は認められたものの、まだ辞書への収録は必要ないとのことでした。今度はアメリカ英語での実態をアルジオ博士に調査してもらいました(1991年ジョージア大学での調査)。それによると、52%が悪い意味に、47%が良い意味に、2%が文脈により両義が可能としました。さらには、年配の人は悪い意味に、若い人は良い意味に取る傾向が観察されました。明らかに犬の生活の向上と共に、この成句の持つ意味合いに変化が生まれようとしていることだけは間違いありません。Brandreth(1990)が観察した、”ironically or inaccurately”という但し書きは、良い意味に取ると答えた学生たちには全く無縁のものでした。以来、20年間注意して見ていますが、辞書の扱いには変更はなさそうです。さらに今後の変化に注意が必要な成句です。

*******************************************************************

 このことを私は、1996年に島根県立松江南高等学校時代に『研究紀要』No.21に、現代英語の語法観察」として発表しています。この懐かしい論考を「ダウンロードサイト」に登録しておきました。若い頃はこんな問題に興味を抱いていたんだな、ということがよく分かりますね。lamely,  cheap price, wedding night, have only to, police box, traffic light(s)などの諸問題を取り上げています。興味のある方はご覧ください。

・八幡成人「現代英語の語法観察」『研究紀要』No.21 島根県立松江南高等学校、1996年  ⇒コチラです

 あれから20年以上が経過し、気をつけていますが、まだ辞典への収録にはいたってはいないようです。人間以上に手をかけてもらっている犬もたくさんいますからね(人間の散髪代よりもはるかにトリミングの料金が高い。食べるものも高価。ホテルまである!)。私はいち早く『カレッジライトハウス英和辞典』(研究社、1995年)その改訂版『ルミナス英和辞典』(第2版、研究社、2005年)において「[皮肉](飼犬のように)気楽に暮らす」という記述を入れておきました。今日もALTのエドワード先生とこの句について話しておりましたが、先生は良い意味に取ると言っておられました。いずれにしても、「〔大事にされる飼い犬のような〕ぜいたくな暮らしを送る」という意味が生まれてくるのは、当然の成り行きだと思われます。❤❤❤

カテゴリー: 英語語法 | コメントをどうぞ

麺屋Qu

◎週末はグルメ情報です!!

 松江のラーメン激戦区、島根大学周辺にまたもや新店「麺屋Qu(クウ)@松江市学園」が誕生しました。長らく閉店状態だった理髪店の店舗に改修工事が入り、「麺屋Qu」が開店しました。基本は牛骨ラーメンのようですが、メニューには「担々麺、塩、味噌、醤油」とある。店長さんによれば、牛骨の香りをよく味わえるのは塩で、醤油はけっこう強めなのでそばのようです、とか。「私は透き通ったスープの塩が好きでして」という店長さんの言葉で、「牛骨塩ラーメン」(750円)を注文。スープはとても丁寧で、牛特有の臭みもなく、甘みと香ばしさを感じる美味しいものです。中太麺も固めに仕上げられていて美味しいです。けっこう脂が多めで、表面を覆う、清湯スープ。しかしそれほど牛骨特有の甘い香りは強くなく、やや甘さのある塩味で、スッキリ淡麗な味わいです。麺は中細縮れ麺。加水はやや高め?粘りを感じる食感です。トッピングは、炙りチャーシュー、もやし、ネギ、海苔。チャーシューは芳ばしさもあり美味い。器や盛り付けもお洒落で,鳥取の牛骨スープを上質にした感じ。この激戦区では牛骨スープは初めてなので、定着するといいなとは思います。島根大学がすぐそばにあるので(1分)、ある程度学生の懐事情を考慮して、学割サービスなどを取り入れる必要があるかもしれません(750円という値段設定は学生にはチョットキツい)。ドンブリのマークや看板に小さく「63」と書いてあるんですが、同じ松江市学園で営業するダイニングバー「シックススリー」の2号店という扱いのようです。

 一緒に頼んだ「炙りチャーマヨ丼」は(「ミニ」と「普通」があります)この近辺では珍しいと思いました。北海道・小樽の「初代」(⇒コチラです)に行く前に、地元の先生から「「チャーマヨ」が美味しいからぜひ食べてみて」と言われて、行列して美味しくいただいたのを思い出します。それ以来でしょうか。すごく美味しかった。ラーメンと一緒に食べるには「ミニ」が適量です。

 店内は新しいお店らしくきれいです。カウンター席、テーブル席がおしゃれに配置されています。店長さんは鳥取出身で、きさくな方でいろいろとお話を伺うことができました。❤❤❤ 

 

 

カテゴリー: グルメ | コメントをどうぞ

形容詞の語順

 もうずいぶん前のことになりますが、平成4年のセンター本試験の【第2問】に、「形容詞の語順」を問う問題が出題されて、全国の受験生を困惑させた(正答率極めて低し!)ことがありました。次のような問題でした。

The Browns live in a (       ) house.

① big, white, two-story
two story, white, big
white, big, two-story
white, two story, big     

 これは「形容詞の語順」のルールを理解していないと、解くことの出来ない超難問で、早慶などでも出題されたことがあります。

★形容詞の語順★ 
限定詞(冠詞・所有格・指示形容詞) →序数→数量 →性状→大小・形→新旧→色→材料・所属

というルールがあるんですが、その頭文字を取って「げ・じょ・す・せ・だ・し・い・ざ」と覚えておく方法もないではありません。でも私は、もっと本質的な形容詞の並べ順を、生徒たちには知っておいて欲しいと思っています。

 形容詞はcute, beautiful, interestingなど話し手にとっての「(主観的な)気持ち」を表すものと、white, iron, roundなど話し手の意思に左右されない「客観的な事実」を表すものがあります。そしてこれらを並べる時には、通常「主観的な気持ち」→「客観的な事実」の語順になります。これは、自分が言いたい重要な情報(主観)を先に言うためだと考えられます。センター試験本番で私のクラスの生徒たちがこれを正解したのは、一年生の時の文法の授業で、生徒が自分で調べたことを黒板の前に出てみんなに解説してくれていたことを、印象深く覚えていたためでした。

 上のセンター試験の問題では、形容詞のtwo-story, white, bigを、主観→客観の順に並べると、big, white, two-storyに順になりますね。「色」よりも「大きさ」のほうが気持ちによって左右されやすいですね。逆に二階建てという「形状」が気持ちによって一階建てになることはまずあり得ません。ということで①が正解となります。と、ここまでは教室で話すことです。先日も、現役3年生・補習科の授業でも取り上げました。

 ここからは、事情はそう簡単なものではないという語法の実態です。「形容詞の順序」は、日本の学校で習うほどきちんと決まっているものではないんです。特に話し言葉ではその傾向が強く見られますし、書きことばでさえも順序が確定しているわけではありません。先ほどのセンター試験の問題のwhitetwo-storyの順序についても、どちらが先でも構わないと指摘するネイティブスピーカーもいます。下の(1)(2)ともに正解にすべきです。センター試験ではさすがに選択肢に工夫が加えられていて、正解選択肢が限定されるようにはなっています。

(1) The Browns live in a big white two-story house.
(2) The Browns live in a big two-story white house.

 さて、このことに関して1つ面白い調査がありますので、紹介しておきますね。阿部  一氏がアメリカ人ネイティブ30人に行った調査(阿部一『ダイナミック英文法』(研究社、1998年))です。これによれば、

(a) I like a low-priced Japanese small computer.
(b) I like a Japanese low-priced small computer.
(c) I like a small low-priced Japanese computer.
(d) I like a low-priced small Japanese computer.
(e) I like a Japanese small low-priced computer.
(f) I like a small Japanese low-priced computer.

のうち、「どれが一番自然か」とネイティブに聞いたところ、(c)をあげた人が24人で最も多く、この他に自然なものとして、(f)をあげた人が20人、(d)をあげた人が8人いたそうです。(a),(b),(e)については「なんとなく収まりが悪い」と答えたそうです。このように形容詞の並べ順というのは一筋縄ではいかないことを、この調査は物語っていますね。

 先ほどのセンター試験の問題を、ネイティブ30人に聞いてみれば、意見がかなり分かれる結果が出るような気もします。そもそもネイティブ・スピーカーでも使い方に揺れがあるようなこうした用法を試験に出題して、一つだけ正解を選ばせること自体には、強い疑問を感じずにはいられません。あまりいい問題とは言えないと思います。❤❤❤

カテゴリー: 英語語法 | コメントをどうぞ

奈良駅・旧奈良駅

 「奈良駅」は、2010年3月13日に完成した3階建ての高架駅で、3階がホーム、2階は改札口・駅業務施設と商業施設、1階は商業施設・飲食店が設けられています。列車を降り、ホームから2階の改札に降りて、ビックリしました。内装は、改札内は無装飾ですが、改札外部分は天井には格天井を意識した装飾が、また柱は吉野杉で美装されており、一部柱には組物を思わせる装飾が施されていました。また、柱からは釣灯篭を思わせる照明も吊るされています。改札口を出たところで、あまりに壮観な駅の姿に立ちつくしておりました。古都の名にふさわしい趣のある駅舎ですね。1・2階には商業施設「ビエラ奈良」が営業していました。駅情報も最新のタッチパネル方式です。

 それと、JR「奈良駅」を出て東口には、威厳に満ちた美しい建物があります。どっしりとした鉄筋造り、縦長の窓、レリーフはまるで洋館のよう。しかし、屋根に九輪、四隅には風鐸がある様は、まさにお寺のようでもあります。これこそが「日本国有鉄道(現JR西日本)奈良駅舎」。昭和9年(1934年)から平成15年(2003年)まで利用されました。経済産業省から「近代化産業遺構」に指定されている歴史ある建築物です。奈良の寺院の屋根を模し、寺院風和風と鉄骨鉄筋コンクリート造りの折衷様式の、実に美しい建物ですね(写真上)。

 すでに昭和初期、奈良にはヨーロッパからの観光客も多く訪れていました。和と洋の要素が取り入れられた特徴的な造りには「世界の奈良にふさわしい駅舎を」との旧鉄道省の技師たちの気概が込められています。しかし、そんな愛された駅舎も、1997年の「奈良駅」の高架化に伴い、解体・撤去の話が持ち上がります。由緒ある駅舎の保存を望む市民や建築家らの懸命な署名活動などが実を結び、当時の場所から北東へ18m、「曳き家工法」で移動を行い、現在の場所に移りました。現在、この建物は2009年7月に「奈良市総合観光案内所」として生まれ変わっています。

 まず中に入ってビックリ!中央に巨大な朱塗りの4本の柱が建っています。これは平城宮跡の第一次大極殿正殿の復元の際に作られた、高さ5.3m、直径0.7mのものを再利用しているのだそうです。塗り直された白壁と、天井の茶色、そして朱色の柱が見事にマッチしています。天井には、美しい文様が刻まれているのが分かります。奥手には観光案内のカウンターがあり、スタッフが常駐されており、私も東大寺「お水取り」の情報・地図をいただきました。「東大寺学園」にも行ってみたかったので、お尋ねして地図まで書いて貰いましたが、これはハズレ。現在は移転してずいぶん遠くにありました(タクシーを飛ばして行ってきました)。ここは夜9時まで営業しているようです。奈良名物の展示スペースやら、観光情報から宿泊情報まで観光パンフレット(外国語版を含む)が充実していますから、観光客にはとってもありがたいですね。角っこには「スターバックスコーヒー」も営業しており、便利です。私は美味しいコーヒーを飲みながら、この素敵な旧駅舎の支柱に囲まれて、遠き奈良の雰囲気に浸っていました。奈良駅旧奈良駅、とっても気に入りました。駅舎に感動するのは大分県由布院駅以来でしょうか。❤❤❤

 

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

講演会の申し込みについて

「お知らせ」のイラスト文字

 先日、6月のラーンズの研究会のご案内をいたしました。⇒コチラです  「チーム八ちゃん」でも、会員の先生方にお知らせしております。ここ数日、私の方へ全国の先生方から「申し込みをしたいのだが、ラーンズのホームページを見ても出ていない。いつから申し込みできますか?」というお問い合わせが相次いでおります(かなり遠方の方も含めて)。だいたいひと月ぐらい前から申し込みが始まります、とお返事しておりましたが、ラーンズ・営業部のグループリーダーの棚町裕作さんより、正式な日程をお知らせ頂きましたので、この場で先生方にお知らせしておきます。

◎東京会場(6/16)のお申し込み・・・・・5月25日(金)より

◎茨城・土浦会場(6/23)のお申し込み・・・・・5月29日(火)より

 ラーンズのお客様センターのホームページあるいはお電話で受け付けるそうです。近隣の学校には、直接案内が送られるそうです。先生方、もうしばらくお待ちくださいね。八幡は現在、いらしてくださる先生方に喜んで帰っていただけるように、とびきりの資料を準備しているところです。新たな企画も…。お楽しみに。

 昨年7月に行われました博多講演会の責任者の守安 彰さんより、参加なさった先生方のご感想を送っていただいておりますので、ご紹介させていただきます。お申し込みのご参考にしてくださいね。それでは東京・土浦でお会いしましょう。❤❤❤

▲ラーンズ営業部の金村さんと棚町さん

<昨年参加された先生方のご感想>

◎明日への勇気をいただきました。ありがとうございました。
◎伸びる生徒の特徴、単語の指導の工夫等、とても参考になりました。とても貴重な国宝級の資料、ありがとうございます。
◎たくさんの有意義な情報ありがとうございました。たいへん参考になりました。
◎昨年に引き続き、参加させて頂きました。今年度は3年生担当ですので、大いに学ばせて頂いたことを活用したいと思います。ありがとうございました。
◎“目からうろこ”の内容ばかりでした。まずは模倣することから始めたいです。しっかりとまず自分が先生自身の教材を勉強したいと思っています。
◎大変参考になりました。ありがとうございました。熱い思いに心打たれました。
◎これまで蓄積されたものを惜しげもなく紹介して頂き、本当に感謝しています。
◎習慣づけ、繰り返しが大切だと改めて思いました。早速実践します。ありがとうございました。
◎何よりも元気をもらいました。ABCちゃんとやります。ありがとうございました。
◎先生のこれまで蓄えてこられた資料、情報をたくさんいただき本当に感謝です。是非有効に活用させていただきたいと思います。
◎研究力と生徒さんへの学習支援や人間的なサポートがすばらしいと感じました。
◎生徒の努力もさることながら先生の情熱が生徒に伝わっていると感じました。貴重な経験をお話しいただきありがとうございました。
◎3年間参加させて頂きました。毎回新しい話もあり、また前回もきいたけど新たな発見があったりして、勉強になります。
◎たくさんの貴重なご経験をお話頂いて資料もいただき毎回とても参考になります。ありがとうございました。
◎指導技術よりも、英語教師の姿勢に関して大変刺激を受けました。
◎豊富なご経験に基づく貴重なお話を具体例を示しながらご教授いただき大変参考になりました。ありがとうございました。
◎先生のお話や教材から生徒たちに対する情熱を強く感じました。今日学ばせていただいたことを早速生徒に還元させていただきます。貴重なお話ありがとうございました。
◎昨年は出張で参加できませんでしたが、今回2年ぶりに八幡先生のお話を聞くことができ、本当にうれしく思います。「やりっ放しはダメ」という言葉はまさに今の私に必要な言葉でした。八幡先生のお話はいつも心に響きます。「お土産」もありがとうございました。来年も博多にいらして下さい!
◎先生の熱意あるお話に、日ごろの自分の指導を省みずにはいられませんでした。「やりっぱなし」になっているところを改善していきます。
◎たくさんの資料(お土産)をありがとうございました。活用させて頂きます。
◎5年ぶり(おそらく)に講演を聴くことができ、嬉しかったです。直に八幡先生の声で教えをいただき、今後の英語指導にやる気がでました。ありがとうございました。
◎先生へ指導、生徒への愛を感じました
◎すばらしいご指導をされていて。
◎3年生のクラスを担当していた時は、年末年始休みなく学校を開けていました。逆の方向に現在進みつつあります。やはり、大切なことだと主張する元気が出ました!ありがとうございました!
◎毎回参考になるご講演で、また勇気づけられました。お土産の資料は本当にすばらしく無料で本当にいいのかという内容です。ブログも楽しみにしております。
◎ものすごく参考になりました。模試のくり返し活用法など、目からうろこが落ちた気持ちです。
◎ぶれない指導の大切さを実感することができました。ありがとうございます。
◎非常に示唆的な情報が満載で、これからの指導が楽しみになりました。
◎センター対策本素晴らしいです!購入させて頂きます。
◎今日、お話が聞けて本当に良かったです。先生の資料もたくさん頂け、自分の研究に成果を他にも無償で提供される先生の姿勢に感動しています。また「もっと頑張らなくては」と私の心にも火をつけてくださったと思います。
◎昨年とまた違ったアプローチでとても勉強になりました。惜しみない情報の提供がとても有難く、昨年の3年生に役立てることができました。
◎生徒を指導する上で見落としていたことがたくさんあったことにきづかされました。
◎基本の徹底、繰り返しの重要性といった「当たり前」のことを再認識でき、よい勉強をさせていただきました。
◎授業での指導で使えそうな内容がたくさんありました。これからも多くの経験を後輩に受け継いでいってください。
◎長年の経験を教えて頂き、くり返しが大切なのだと再認識しました。
◎とてもやる気が出ました。ありがとうございました。
◎先生の情熱を感じることができました。ありがとうございました。
◎本当に有意義な情報をありがとうございました!!大変、勉強になりました。
とても参考になりました。
◎語いの獲得に苦しむ生徒が多いので、先生の指導をヒントに今後とりくんでみたいと思います。ありがとうございました。
◎分析と情熱と生徒を思う気持ちが伝わってきました。サラリーマンではなく、生徒の心に火をつける教師でありたいです。

カテゴリー: 英語指導に関して | コメントをどうぞ

もじ鉄

 このブログをご覧になっているいろんな方から、「八幡先生は本当に鉄道大好きなんですね」と言って頂きます。「乗り鉄」「撮り鉄」「模型鉄」など、鉄道ファンを分類する言葉はいろいろありますね。確かに私は鉄道が大好きで、全国の特急列車を制覇したい(中でも特に、鉄道デザイナー水戸岡鋭治(みとおかえいじ)先生のデザインした全列車を)という希望を持っていますが、勤務時間に縛られて、なかなか思うようにははかどりません。「フォント」にも興味があるので、旅で駅に降り立つと、記録用にまずは駅名標」を写真に撮ることから始まり、駅の中の至る場所を写真におさめます。普段は気がつかないのですが、駅名の看板文字一つとっても、地域によって若干の差が見られるんですよ。この分野に興味を持っている人たちのことを「もじ鉄」と呼びます。新しく発売になった石川祐基『もじ鉄 書体で読み解く日本全国全鉄道の駅名標』(三才ブックス・1700円+税、2018年1月)を読んで、初めてその微少な違いを詳しく理解することができました。石川さんは「もじ急行」という鉄道と文字のマニアックなウェブサイトを立ち上げて、詳しくこの問題を掘り下げておられます。実に興味深い。⇒コチラです

 この本は、グラフィック・デザイナーの石川さんが、北海道から沖縄まで全166社(路線)の鉄道・駅の看板や文字の違いを写真入りで紹介しています。下の写真は私が今までに撮った「駅名標」のサンプルですが、たとえば、JR北海道の駅名標(ホーム上の駅名看板のこと)は、漢字が「ゴナE」、ローマ字が「Helvetica Regular(ヘルベチカレギュラー)」。これがJR東海だと漢字は「スミ丸ゴシック」、ローマ字は「JNR-L」です。JR西日本では漢字は「新ゴシックB」、ローマ字は「Frutiger Bold(フルティガーボールド)」JR九州になると漢字は「新ゴシックM」、ローマ字は「Helvetica Regular」です。じつに細かい違いなんですが、これが確かに面白いんです。このように、地域によって、また会社会社によって駅名標の文字は異なっているんです。

 「駅名標」は、乗客が一瞬で読み取れないといけないので、基本的な要素と配置は全国共通していて、大きな文字で当該駅、左右に小さく隣接駅。そこだけは変えられません。この制約の中で、鉄道各社は配色や字体、デザインにそれぞれ工夫を凝らしており、微妙な違いの中に“個性”が見えてきますね。実に面白い!駅名標は未知の土地への案内人なんです。こうした鉄道文字の歴史、源流をたどった本にもう一つ、中西あきこ『されど鉄道文字』(鉄道ジャーナル社、2016年)があります。これも面白く読みました。鉄道文字もずいぶん奥が深いことがわかりました。

 私の住む松江には、私鉄一畑電車」も走っています。ここの「駅名標」は、漢字もローマ字も両方とも「UD新丸ゴシックR」です。上品で落ち着きのある駅名標ですね。余計な装飾もなくシンプルな中にも威厳を感じるフォントです。最近乗った「京都丹後鉄道」では、漢字は「新ゴシックDB」、ローマ字は「Helvetica Bold」でした。このように、地方鉄道もそれぞれに、個性のある駅名標を工夫しているんです。

 そんな中で、私が今までに訪れて見た「駅名標」の中で、一番印象に残っているのが二つあって、大分の「由布院駅」と北海道「小樽駅」のそれでした。実にロマンチックで個性的な雰囲気が漂っていますね。さあ、次はどこに行こうか?❤❤❤

アサイド | 投稿日: 投稿者: | コメントをどうぞ

小田さんの最新シングル

 5月2日に、古稀を迎えた大好きな小田和正さん(70歳)の最新シングルCDが発売になりました。私は前日に手に入れて、このゴールデン連休中も毎日何度も何度も聞き続けました。今日はそのシングルの感想を綴ってみたいと思います。まずは構成についてです。通例CDにはA面があって、そのカップリング曲が収録されて、カラオケがつくといったのが普通の構成です。しかし今回の小田さんのシングルは、この道を」「会いに行く」「坂道を上がって」「小さな風景」と全部A面タイアップの新曲ばかりが4曲ずらっと並んでいます。ある種「ミニアルバム」と言ってもいいでしょう。 私はこの曲順にも、小田さんの強いメッセージが込められていると感じています。最初の案では「会いに行く」が冒頭に配されていたと聞きました。実際、熊本で始まったコンサートのオープニング第1曲目は「会いに行く」だったといいます。確かにノリの良い曲でピッタリかとも思いますが、今回のこの曲の配列にも大きな意味があると思うのです。私の解釈はこうです。

この道を」待ってくれている人たちに「会いに行く」ために「坂道を上がって」その先には求めていた「小さな風景」が広がっている。(ジャケット写真はそのままの光景!)

 またジャケット写真もチョット変わっていますね。今まで小田さんは、こういういたずらっぽいジャケット写真を届けてきた前科があります。小田さんの顔も全く出ていません。麦わら帽を肩に階段を上がる小田さんの後ろ姿だけです。一目で四国の金比羅(こんぴら)さんだと分かりましたが、小貫信昭さんの情報によれば、コンサートの「ご当地紀行」で流された映像の一枚だそうです。「誰が好き好んでこんなジジイの顔を見たがるんだよ」という、小田さんの自虐的な意思を反映しての選択だったようです。

 それぞれの曲の詳細に関しては、オフコース時代から小田さんの音楽を最もよく理解している音楽評論家小貫信昭さんが書かれていますので、そちらをご覧ください。⇒コチラです 最新の「会報」Vol.330でも書かれていましたね。

 今回の新曲4曲に添えられた、小田さんの生の声を挙げておきましょう。

▲「この道を」…4曲の中で私が一番好きなスロー・バラードです。

依頼を受けた段階で音楽的にはこういう風にしようと決めていましたが、制作されているみなさんの番組に対する強い想いを伝えられていたので、曲が出来た時点でこれにどんな言葉を載せるべきかと随分迷いました。でも、いただいた資料を何度も読み返すうちに、番組に携わる人たちが主題曲に求めているものと自分が歌いたいことはきっと同じ線上にあると確信して「この道を」が出来ました。ドラマが書かせてくれた曲です。皆さんはどんな風に聴いてくれるのでしょう。

▲「会いに行く」

再び「めざましテレビ」の曲を書かせていただきました。あれからもう10年になるのですね。三宅や軽部をはじめスタッフ皆がきっと期待して待ってるから、喜んでくれる歌を書かなきゃと勝手にプレッシャーを感じたりしていました。そして様々な企画で全国の視聴者と繋がるんだという番組制作者たちの想いと、ツアーで全国の待っている人たちのところへ行くんだという僕の想いを重ねて、「会いに行く」という曲を書きました。「めざましテレビ」を見てくれる皆がさわやかな朝を迎えてくれたら嬉しいです。

 「坂道を上がって」

ボクの高校も海を見下ろす高台にあったので、やはり坂道を上って通っていました。中学高校と6年間。で、この曲を書きながらその頃のあれこれを思い出すことになりました。参考までにと見せてもらった『坂道のアポロン』は素晴らしく、特に演奏の場面はスタッフの音楽に拘る気持ちが伝わって驚くほどの仕上がりでした。自分の書く曲が映画制作に携わった人たち、見る人たちの想いに少しでも添うことが出来れば嬉しいです。

▲「小さな風景」

いなくなってしまった人との思い出を懐かしくたどるだけでなく、自分の知らないその人もきっとどこかにいたのだろうと想う気持ちに触れたかったのです。それが「君の心の中の 小さな風景」になりました。 小さな風景は幾つもあるんだと思います。この曲は出来るだけ言葉数を少なくと初めから考えていました。短く印象的な歌にしたかったのです。

 このミニアルバムをひっさげて、5月4日から熊本で2018年全国コンサートツアー「Encore」が幕を上げました(21カ所全48公演)。熊本からスタートというのが小田さんの思いを反映しています。2016年のツアーのリハーサル中に熊本大地震が発生し、深刻な被害を受けました。どうしてもここ熊本からスタートしたいとツアー初日の場に選びました。当時は「ギター一本でも歌いに行きたい」と模索しましたが実現せず、「次のツアーがあるなら、何としても熊本から始めたいと思っていました」この日を迎えるに当たり、約1カ月間はほぼ無休でリハーサルをこなし、その合間にはスポーツジムに通ってトレーニングで汗を流し5、6キロ体重を落として動きやすい体を作りました。5月5日のスポーツ新聞各紙には、コンサート初日の模様が取り上げられていました(私は全部買いに行きました―笑)。全長240メートルに及ぶ花道を全力で走り抜け、持ち前のハイトーンボイスで何と32曲も熱唱しました。昨年9月に、30年にわたって小田さんのステージを支え続けた舞台監督永岡宏紹さんが51歳の若さで急逝されました。コンサートのアンコールでは彼が好きだった「the flag」を捧げて涙を浮かべて歌いました。当初周りのスタッフは小田さんの体力面も考慮して公演数など規模を小さくすることも提案したそうですが、小田さんは「行けるときに行っておかないと、もう行けない」と拒否したそうです。「もう70歳になって。うかつに次の約束はできませんが、とにかくみんな元気で頑張りましょう」「今日のような日が、またあるように」その思いを胸に、小田さんは全国を旅していきます。❤❤❤

▲コンサート初日の模様を伝える各スポーツ紙

 

カテゴリー: 私の好きな芸能人 | コメントをどうぞ

特急「丹後の海」

 京都府の北部を走る京都丹後鉄道で、2015年11月より運行を開始した新しい特急車両「丹後の海」「特急はしだて5号」に乗ってきました。天橋立駅から、島根県津和野町出身の安野光雅(あんのみつまさ)さんの美術館が6月にオープンしたばかりの久美浜駅までの乗車です。この列車は、丹後の美しい海を想起するような「海の京都」をイメージした車両を導入したいという願いから、工業デザイナーの水戸岡鋭治(みとおかえいじ)先生に設計・デザインを依頼して誕生しました。以前は、JR京都駅~京都府北部エリアを結ぶ特急「はしだて・まいづる」号の一部などに使用されていた「タンゴディスカバリー」(車両KTR8000形)をリニューアルした車両です。車体色を藍色のメタリックとして、利用者をはじめ多くの観光客に、丹後の美しい海を想起してもらうことができる列車です。ニューアルにあたっては、京都北部エリアは日本海に面していることから、「海の京都」をテーマとしており、外観は丹後の海をイメージした「藍色メタリック」となったほか、車内は温もりある空間に”変身”しました。地元の人たちの新しい足として、そして旅行者にとって丹後への足として、愛される列車として運行しています。水戸岡列車」の全制覇を目論む私は、一度是非乗ってみたいと思っていましたが、ようやく実現しました。

 車体色は、旧「タンゴ・ディスカバリー」で採用されていた緑と白のカラーリングから一変し、海の京都をイメージした藍色のメタリックカラーとなり、海原のように日差しを受けてキラキラと光る調色になっています。外観について水戸岡先生は「元々の車両は、大きなおでこ、丸い形で不細工に見えた。逆にそのおでこを活かすデザインをし、藍色のメタリックカラーにすることで空が映り込み、なかなか高級感を出せた」と、デザインのポイントを語りました。ボディカラーに映えるアクセントとして、車体の各所に「ななつ星in九州」「或る列車」と同じように、金色のシンボルマークやロゴが配置されています。シンボルマークのモチーフは、すでに京都丹後鉄道で運行されている観光列車「あかまつ」「あおまつ」「くろまつ」で使われている“松”と、丹後の海をイメージした“水(海)”を組み合わせて考案されました。ボディのあらゆる場所にマークがあるのは、列車のどこを記念写真で撮っても「丹後の海」であることが分かるように、という水戸岡先生の配慮・哲学からです。前面上部の曲面にも、シンボルマークが配置されています。前面に取り付けられたシンボルマークのエンブレム。標識灯まわりもブラック塗装で引き締まりました。金属製のアクセントもあしらわれています。側面の窓ガラスにも、松と水(海)が描かれています。乗車口の脇には、ひときわ大きなロゴが描かれていますね。

 車内は、外観のクールなイメージとはうってかわり、床、天井、窓枠、座席の背面、テーブル、肘掛けなど、ありとあらゆる部分に素材としてを採用した温かみのある空間となっています。木に囲まれ、森の中にいる感じを演出していますね。これは、リビングルームや書斎、レストランをイメージしたものだとのことです。天井に採用したのは、自然の木目や木肌を活かし、特殊塗装仕上げを施した特殊積層シートで、アルミ材に0.2mmの薄い木(ツキ板)を貼った不燃材。天井表面のドット柄は、パターンや色を数種類使うことで、広い面積の中に変化を付けていました。また、各窓の周りも木枠でまるで額縁のようになっていました。照明も温かみのある電球色で落ち着いた空間を演出しています。運転室後ろには「のれん」を発見しました。のれんをくぐると、そこはフリースペースになっています。運転室横は隣の車両へ通り抜けられるようになっていました。フリースペースにはソファが並び、列車の中であることを忘れてしまいそうです。座席は車両・場所によってオリジナルのモケット(パイル織物)は色を変えています。芸が細かいですね。⇒詳しくはコチラです  生地も厚く高級感が漂っていました。窓枠と窓枠の間にはちょっとした飾り絵も。ここら辺が水戸岡先生のこだわりなんでしょう。木製のセンター肘掛けは、形とサイズが違う2種類が存在します。これは、当初大きめの肘掛けを作ったが、体の大きな人が使いにくいということで、小さいサイズも作ったとのこと。2種類の肘掛けがあるため、自分の体型から席を選んで座って欲しいとのことです。隣の車両へ移動します。出入口デッキ周りはシックなデザインです。

 内装について水戸岡先生「心地よい、贅沢な空間が移動している……というのが楽しいのではないだろうか。工業製品ではなく、人の手間暇が見える仕上がりが重要。今は、利便性と経済性を追求する時代で、今回はいかに手間暇をかけるかという逆方向のやり方をした。しかし、これが、これからの日本を支えていくもっとも大事な考え方だと思っている。手間暇を惜しんでは楽しいことも、豊かなことも、うれしいことも感じさせられない。まずは、来て乗って、車内で話をして、食べて飲んで、豊かな時間を過ごすなかで、この手触り感、本物感を知って欲しい」と語っています。

 水戸岡先生「今回、席数をあまり減らせないという条件があり厳しかった。4席減らして、共有空間を広げた」と語っています。入口にはのれんが掛けられ、運転席や大きく広がる展望窓には格子がはめられた“和”を感じさせる空間に仕上がっている。リニューアルにあたり、どのような部分に苦労があったのかを水戸岡氏に尋ねると、今まで使っていた車両をいかに蘇らせるか、形を何も変えられない中、デザイナーとして以前とは全然違う車両にしたい。そのために、何をしたらよいのか。たくさんの職人さんたちを説得して、予算もスケジュールもない中で技術を発揮して欲しい。最高のものにして欲しい……という説得が一番難しく苦労した」と語っています。実際に出来上がった車両を見ての感想を聞くと、結構、贅沢で豊かな車両ができた。日本の特急のなかで、一番とは言わないがトップクラス。世界でもトップクラスの車両かもしれない」と、職人たちの働きによって完成した車両に満足した様子です。WILLER TRAINS 代表取締役の村瀬茂高氏は「パース図で見たものより、実際の車両を見ると、とても乗りたくなるできあがり。特に、藍色のメタリックカラーが印象的。日に照らされるときれいに光るので、天気がよい日に乗ってもらいたい。今までの車両と比べ見た目のインパクトが強いが、実際に乗ると、優しく包んでくれてリラックスして乗れる。目的地に着くまで、和気藹々と気持ちが明るくなる」と、新車両に期待を寄せました。

  1号車の車内。内装には木がふんだんに使われています。優先席には、車イスのスペースと、固定する器具がありました。棚や天井も木が使われていて、照明は暖かみのある電灯色です。リニューアル前はカーテンだったそうですが、ブラインドとしてすだれが設置されました。座席は肌触りのよいモケットと芯のしっかりしたクッションで快適です。床にはナラ材を使用。座席に張られたモケットはオリジナルで、複数の色や柄がありました。座席の背面も、木目や木肌を活かした特殊積層シートで化粧されています。テーブルも木製。さらに、座席背面にドリンクホルダーが追加されました。贅沢な空間が演出され、リラックスしながら旅を満喫できそうです。ちょっとしたスペースにも、木製の棚が設置されています。厚さ0.2mmの白樺が貼られた天井。天井の柄は数種類あり、微妙に色も違うマークが配置されています。形とサイズが違う2種類が存在するセンター肘掛け。1号車の運転席周辺のガラスには格子をあしらったデザインが施されている。のれんをくぐって共有空間に入っていきます。共有スペースは、広い空間で、ひときわ大きな展望窓が特徴。運転席の窓にも格子があしらわれています。木製でない箇所は、黒を基調とした落ち着いたカラーになっています。1号車の乗車口付近は、トイレや洗面所などが設置されています。多目的トイレも、床材や額縁など、車内の雰囲気を踏襲している。すだれで仕切られた洗面所。側面のガラスにも格子のデザインが施されています。内装も、木を使っていますが、木製床の耐久性についても、あおまつ」で実証済みとのことです。⇒私のこの列車の乗車レポートはコチラです

 代表取締役の村瀬茂高氏は「『丹後の海』は、地元の人が“私たちの地元にはこういう鉄道が走っている”と、誇りを持てるシンボルになる。多くの方が京都丹後鉄道を利用し、天橋立やコウノトリの郷といったたくさんの観光地を見てまわれる、とてもよい車両が完成した」と、新車両への自信を表明しています。❤❤❤

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

塩や

◎週末はグルメ情報です!!

 松江の学園通りにはラーメン屋さんが群雄割拠状態です。島根大学が近くにあるので、学生もたくさん利用しているようです。そんな中で、3月 25日で開店13年になった「塩や」というお店があります。私が松江に帰って来た年に開店したお店で、毎週のように行っていました。心臓の手術をしたこともあり、スープの味が変わったなと感じたこともあり、長年ご無沙汰していました。当時はまだ数少なかった魚介系ニューウェーブのラーメンで新鮮だったものです。今や松江で屈指の人気店となりました。昼限定で最近リリースされた「塩楽」を食べに行ってみました。淡麗なスープは、やや甘さを感じるくらいに旨味がシッカリとあり、魚介系ではなく、やや豚勝ちな出汁。松江人には、馴染み深い懐かしさのある「太平楽」のラーメンを、「塩や」流にリスペクトしたそうです。麺は多加水ストレート中太麺。トッピングはシンプルに肩チャーシュー、メンマ、モヤシ、ネギ。価格もワンコインと嬉しい設定です。すぐ近くに島根大学もあることから学生さんにも人気となっています。

 右の写真は「塩や」さんで使っている塩です。これを見た感じとても拘っていますね!モンゴル岩塩は、3億5千万年前に作られた歴史あるものです。大体頼んでから10分程でしょうか。塩ラーメンが来ました! 塩を拘っているだけあってスープのコクが深くてとても美味しいです。塩っぱい感じもなくとてもあっさりとしていて食べやすいです。麺もつるつるしていて食べやすかったし、メンマは甘くて食べやすかったし、チャーシューもコッテリしてなくて塩ラーメンとの相性がとても良かったし、とても食べやすいラーメンでした!ちなみに昼時は小ライス無料だそうです!しかし無くなり次第終了なのでお早めに。❤❤❤

カテゴリー: グルメ | コメントをどうぞ

講演会打ち合わせ

 今日は学校に、(株)ラーンズマーケティング営業部営業1課課長の金村省吾(かねむらしょうご)さんと、同・グループリーダーの棚町裕作(たなまちゆうさく)さんがお越しになりました。6月からスタートする研究会の打ち合わせのためです。会の方向性と内容について、突っ込んで議論を深めました。「不易な英語指導と徹底した分析で力を付ける指導」をテーマに、先生方に少しでも喜んでいただけるような内容と、会のおおまかなスケジュールについてお話を伺いました。私の方からは、幾つか用意した資料のサンプルを基に、先生方に喜んでいただける資料の充実を模索しました。

 その後、場所を「みな美」(末次本町)に移して、食事をしながら、さらに話しを続けました。このお店は宍道湖七珍を中心にいつも美味しい料理を食べさせていただきます(銀座と日本橋にも支店が)。途中絶品の「ビーフシチュー」が出てきたのにはビックリしました。長年「みな美」に通っていますが、初めての経験でした。最後はいつものように「鯛飯」で締めました。いつ食べてもここの「鯛飯」だけは飽きません。多岐にわたる興味深い会話を魚にして、久しぶりに楽しいひとときを過ごすことができました。この日はあいにく雨模様だったんですが、ピタッと雨が止んだので、自慢のお庭に出て、松江の美しい夜景を味わいました。金村さん、棚町さん、遠方をわざわざお越し頂きありがとうございました。😃😃😃 

 

 この連休中は、この研究会のための資料作成に明け暮れております。今年もラーンズさんのご好意で、『英語は絶対に裏切らない!~英語センター・二次試験参考データ集』(Ver.3)を作っていただきます。これは私が過去の教員生活で作り溜めてきた指導資料を400本以上収録した最新データ集です。いつも研究会の度に、全国から「ぜひ欲しい!」とお問い合わせをいただいている好評のデータCD。今年は、今までのもの(Ver.2)に加えて、最新資料を大幅に追加しました。明日から教室ですぐに役立てていただけるものが多数収録されていますよ。当日は、ラーンズが発行する最新教材だけでなく、私が毎日の指導で使っている教材も手に取って見ていただけます。この他、当日はみなさんに喜んでいただける、とびきりのオリジナル資料をお持ち帰りいただこうと思っています。東京会場では、私の教え子も駆けつけて協力してくれることになっているんです👏。

  ■6月16日(土)  東京会場  14時~

  ■6月23日(土)  土浦会場  14時~

 ゴールデン連休明けから、ラーンズのホームページ上で申し込みの受付が始まります。⇒コチラ  会場、時間等、近隣の学校には担当者から直接詳しい案内が届くことと思います。先生方、ぜひお誘い合わせになってお越し下さい。お待ちしております。「チーム八ちゃん」の会員の先生方には、メールで案内を差し上げます。❤❤❤

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ