「渚のアデリーヌ」

 BS-TBSの音楽番組「SONG TO SOUL~永遠の一曲」の3月22日放送分は、“ピアノの貴公子” リチャード・クレーダマンの特集でした。私がクレーダーマンが大好きなことは(⇒コチラ)、私が毎年発行している通信(学級通信、学校通信、進路指導部だより、英語通信)のタイトル「あむーる」が、彼のアルバム・タイトルからいただいていることからも分かるでしょう(「あむーる」のバックナンバーは、「チーム八ちゃん」の「ダウンロードサイト」で読むことができます)。

 1970年代の後半に、フランスから登場して、繊細なピアノタッチ、貴公子然とした端正なルックスで一躍人気者となったリチャード・クレーダーマン。彼の名を一躍世界に広めたのが、デビュー作の「渚のアデリーヌ」(1976年)です。世界38カ国で発売され、2,200万枚を売り上げたメガヒット作品でした。このデビュー曲の誕生に至るまでの数々の㊙エピソードを、解き明かしていく素敵な番組で、ここで明らかにされた事実は、私も初めて聞くものばかりで、ファンにとっては堪らないいい番組でした。番組では、リチャード・クレーダーマン本人をはじめ、この曲を書いたポール・ド・セヌヴィル、プロデューサーで、デビュー以来マネージャーも務めるオリヴィエ・トゥッサン、また曲のタイトルを捧げられたポールの娘アデリーヌらを訪ね、この曲の誕生について探っていきます。

 「渚のアデリーヌ」は、作曲家のポール・ド・セヌヴィルが、幼い次女のアデリーヌ・ド・セルヴィルのことを想い、創り上げた2分30秒の美しいメロデイです(原題は「アデリーヌに捧げるバラード」)。実は、始めから娘に捧げた曲ではありませんでした。レコーディングの時にもタイトルはまだなく、優しく美しい曲だったので、次女のアデリーヌに捧げることにしたのです(長女の名前は新しく作ったレコードレーベルの名前に)。大ヒットは、決して商業的戦略から生まれることはありません。セヌヴィルはこの曲を、大ヒットはしないが、みんな良い曲だとは思うだろうと思っていました(当のクレーダーマン自身も、これだけ大ヒットしてステージで演奏することになろうとは予想もしていませんでした)。プロデューサーのオリヴィエ・トゥッサンと二人で、この曲を大切にレコーディングしたいと考え、イメージに合うイケメンのピアニストを探し始めました。ディスコ音楽・パンク・ロックが全盛となり、音楽が過激に過激に走っていく時代にあって、あえてシンプルで美しく優しいメロディーの普遍性を訴える思いがありました。メロディの伴奏をできる限りシンプルにして、強いリズムをつけないように編曲者に依頼しました。そんな二人の前に現れたのが、当時23歳のピアニスト、フィリップ・ロベール・ルイ・パジェスでした。彼はスタジオ・ミュージシャン(伴奏者)として働いていましたが、集まった約20人のオーディションの中で、ピアノのテクニック、音楽性、さわやかな容姿、謙虚な人柄、いずれにおいても群を抜いていました。医者のようなブレザーを着て、隅々まで真面目そうに見え、きちんとした格好をしていたそうです。尊大な所が全くなかったと言います。アーティストの中には、自分を天才だと思い込み、うんざりするような人も多かったのです。ただ、セヌヴィルトゥッサン二人とも、彼の名前が気に入りませんでした。パジェスはアーティストの名前にふさわしくない、パの音はスペイン人やイギリス人には難しいので名前を変えた方が良いと思った二人は、名前を考え抜いて、芸名の「リチャード・クレーダーマン」が誕生したのでした。きっかけは、パジェスの遠い祖先に、クレーダーマンという人がいると言った時に、それがよい、でも「フィリップ・クレーダーマン」では響きが悪い、ポールが「リシャール(リチャード)・クレーダーマン」が良いと言って名前を変えたのでした。セヌヴィルが設立し、彼の長女の名前を冠した新たなレコード会社「デルフィーネ」から、1976年、この曲でデビューしたのです。

 レコードを制作するにあたって、ジャケットに使う写真がなかったので、実家のお母さんのところに写真を借りに出向きますが、あったのは古いパスポートの写真のみ。注意深く丁寧に剥がして、背景にピアノの写真を重ねて発売されました(これは初耳!)。人気に火が付き売れてきたので、彼のマネージャーを探しましたが、みな「ピアニストは売れない。人気は続かない」と言って引き受けてくれる人がいません。仕方なくトゥッサン自身が務めることになります(これも初耳!)。クレーダーマンの音楽は、大ヒットして毎年日本に招かれてコンサートに来ていますが、日本では「イージーリスニング」と呼ばれました。当時「イージーリスニング」というのは、聞こえても注意を払わない音楽のことです。曲の構成をしっかりと考え、編曲にいたるまで思いを込めて作っているものを、そのようにくくられるのががっかりだと、トゥッサンが語りました。配給会社のビクターには感謝しかないが、この点何とかならないかと持ちかけたところ、「ニュー・イージーリスニング」という新たなジャンルを作ってくれてリリースされたそうです(これも初耳!)。モデルとなったアデリーヌの結婚式には、クレーダマン「渚のアデリーヌ」を演奏し、以来今でも、交流が続いているようですね。2012年には、クレーダーマンの長女のモードが、心不全で亡くなるという辛い日々を乗り越えて(これも初耳)、この3人の小さなチームは40年以上もの長きにわたって、固い絆で結びついているのです。

 昨年5月に、米子市公会堂で行われたリチャード・クレーダーマンのコンサートに久しぶりに出かけてきました。年はとっていましたが、あの上品さは健在でした。ちなみに、彼の曲で私が最も好きな曲は、「秋のささやき」です。昨年の会場でも演奏してくれました。♥♥♥ ⇒コンサートの詳しい様子はコチラ

カテゴリー: 私の好きな芸能人 | コメントをどうぞ

東北大学1位に!

 「世界大学ランキング」で知られる英国の教育専門誌「タイムズ・ハイヤー・エデュケーション」は3月24日、ベネッセ・グループの協力のもと、「THE 世界大学ランキング日本版 2020」を発表しました。東北大学が初めて総合1位となり、京都大学が2位、東京大学東京工業大学が同率で3位となりました。⇒コチラに詳しく    THE Chief Knowledge OfficerのPhil Baty氏は、「2017年にTHE 世界大学ランキング日本版が発表されて以来、初めて昨年3位であった東北大学がトップに上りつめました。理由としては、教育成果の評判調査スコアの大幅な変化のほか、多くの改善が挙げられます。過去2年にわたって1位の座を占めた京都大学は今年2位となり、引き続き上位において確固たる地位を築いています。また、東京工業大学のパフォーマンスが大いに向上して7位から3位と4位上昇、トップ10の中で最も大きな変動となりました」とコメントしています。以下に総合順位を挙げます。

◆「THE 世界大学ランキング日本版2020」(総合順位15位まで)
1位: 東北大学
2位: 京都大学
3位: 東京大学
3位: 東京工業大学
5位: 九州大学
6位: 北海道大学
7位: 名古屋大学
8位: 大阪大学
9位: 筑波大学
10位:国際教養大学

11位: 国際基督教大学
12位: 広島大学 
13位:早稲田大学 
14位: 慶應義塾大学 
15位: 神戸大学 

 日本版の調査は、今回が4回目。国内の278大学が参加し、上位20校のうち国立大学が15校を占めました。上位10校のうち、8校までが難関大学です。昨年3位だった東北大学は、留学生比率などで測る国際性」評価されました。世界ランキングでは「研究力」が重視されますが、日本版では、「教育の充実度」「成果」「国際性」などを指標としています。学生一人当たりの資金や教員比率、授業充実度などに関する学生調査、企業人事担当者や研究者の評価、外国人学生・教員の比率など、16項目をポイント化して比較しています。私はこのランキングで、広島大学の健闘ぶりに注目しています。最近の広島大学は、実に元気がある。学内でもさまざまなユニークな取り組みが行われています。新しく始まる「共通テスト」でも、リーディングリスニングの配点比を1:1にするのは、中国地方の国立大学の中では、広島大学だけです(他は全て4:1)。

 興味ある動きを紹介します。東北大学は、米国非営利法人Educational Testing Service(ETS)との間で、日本の大学法人として初めて、英語教育と研究に関する覚書に、令和1年7月25日に調印しました。両者は、21世紀における高等教育機関における新たな教育のあり方に関し共通した認識を持ち、これからの時代を担う人材に不可欠な高度な英語力の育成に向けて、この覚え書き書を締結するに至りました。日本の大学において初となる本覚え書に基づき、東北大学の全学教育では、ETSが開発・提供しているTOEFL®のコンテンツを学士課程1、2年次の英語教育の中心に据え、幅広い教養に裏付けられた論理的思考力・問題解決能力・発信力を涵養し、グローバルな社会で指導的・中核的な役割を果たす人材を育成するために、新しいカリキュラムと教育方針に沿った英語教育を、令和2年度から開始します。研究型大学の学生が世界で活躍するために必要な「一般学術目的の英語力」を培い、「読む・聞く・書く・話す」の4技能を統合的にバランスよく身につけるための学習や教育にとって、ETSとの幅広い連携は大きな意味を持つものです。

 東北大学によると、世界の英語教育で基準として取り扱われているTOEFLコンテンツを活用することで、東北大学の英語教育のレベルアップを図るのが目的とか。入学後の学習進捗のモニタリングや評価手段に活用するほか、テストの波及効果に焦点を当てたカリキュラムや教育プログラムの改善について、共同研究を進めます。このほか、共同セミナーやワークショップを、TOEFLの日本事務局となる「CIEE国際教育交換協議会」と連携して実施します。

 定評のある東北大学「英語教育」の中身については、コチラに詳しく出ていますのでご覧下さい。昔から私の大好きな難関大学で、かつての松江北高からも多くの生徒が進学していきました。私が初めて北高で担任した、今から15年前の文系クラスからは4人が入学しています。最近は誰一人受験しません。ここら辺も大きく変わった点ですね。私の大好きなシンガー・ソングライター小田和正(おだかずまさ)さんの母校です。かつては、安井 稔(やすいみのる)先生という日本英語学会の大御所がおられ、英語を志すみなが憧れた大学です。最近では、故・渡部昇一先生の一番弟子の江藤裕之(えとうひろゆき)先生がおられますね。♥♥♥

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

無性に「福砂屋」が食べたい

◎週末はグルメ情報!!今週はカステラ

 なぜか無性に「福砂屋」のカステラが食べたくなって、岡山「天満屋」まで(!)買いに行ってきました。私は昔から「福砂屋」の大ファンなんです。このお店の歴史については、コチラに詳しく解説しました。長崎の本店にも何度も足を運んでいます。長い伝統と格式を感じる店構えですね。創業時、福砂屋」のご主人は、自分の思うような気に入ったカステラが焼けないと、早々とお店を閉めてしまわれたそうです。従業員たちは焼け損ないのカステラ(これも他店のカステラよりもはるかに美味しいのですが…)をもらって帰っては、ご近所にお裾分けするので、これに激怒したご主人は、それ以来、廃棄処分にしておられました。私はこの話を聞き、昔ながらの頑固な職人気質のファンになったものです(今はもう大量に作っておられますがね)。宮中お買い上げの、カステラ界の名店です。

▲長崎市の「福砂屋」本店

 ところで、「福砂屋」のロゴマークは、「コウモリ」です。「蝙蝠」(こうもり)の「蝠」の文字が「福」に通じ、また中国語では同じ発音をするらしく、慶事・幸運の印と尊重されているところからきているそうです。このお店は天和2年の大飢饉の際に、米を拠出して唐寺「崇福寺」に寄進して、それで粥を作って人々にふるまったといいます(大釜がが境内に残っている)。その「崇福寺」の管主から「蝙蝠」を使うことをすすめられたそうですよ。初代は「福」の字を使った登録商標でしたが、明治時代に入り12代清太郎氏が、コウモリに改めました。コウモリと改めたのには、中国との繋がりにあります。カステラに使う砂糖など、当時、物資調達に重要な交流先であった中国では、コウモリは、幸運の印とされており、縁起が良いものでした。カステラのパッケージやシール、お店の暖簾などをよく注意して見ると、コウモリがたくさん見つかるはずです。

▲岡山市「天満屋」の地下の「福砂屋」

 私が「福砂屋」で求めるものはもちろん「カステラ」ですが、「オランダケーキ」(=クルミやレーズンを乗せて香ばしく焼き上げたココア味のカステラ)と「手作り最中」(=自分で餡を最中に詰めて食べるサクサク感が堪らない、⇒コチラに私の解説が)も一緒に買い求めます。美味しいですよ。♥♥♥

 このように「超一流」の食べ物に触れると、次第にハードルが上がっていき、舌が一段と肥えてきます。何事も、こうやってレベルを上げていくことが大切だと思っているんです。今からもう15年前、松江北高で初めて担任した生徒たちが卒業する際に、次のような言葉を贈ったことがあります。私の思いが伝わったでしょうか?♦♦♦

             超一流あり
                      4R担任 八 幡 成 人

 小樽に「ルタオ」という洋菓子店がある。この店のチーズケーキ「ドゥーブル・フロマージュ」を食べた時の感動を忘れない。博多の「16区」や小倉の「ビャン・ビャン・ブラシール」のアップルパイも絶品である。行きつけの博多「エクラタン」のルーロ・フリュイもそう。世の中にはこんな美味しいケーキがある。叶匠壽庵の丹波小豆を使ったぜんざいの美味しさ。「福砂屋」のもちもちのカステラ、老舗「ふくや」の明太子、「まい泉」の黒豚ポークカレー、佐賀のステーキハウス「蜂」のハンバーグとビーフシチュー、「丸太屋」のわさび漬け、北海道富良野「唯我独尊」のソーセージカレー、宮崎の「まるおか」のパリパリのギョーザ、博多に初めてトンカツを紹介した「とん喜」、薬院のトンコツラーメン店「めんくいや」、広島の行列店「すずめ」などなど。長年食べ歩いてたどりついた店が数多くある。大好きな松山千春は、人間には三流から超一流(期待以上のことをやってみせる)までいることをコンサートで話すが、食にもまさに超一流ありである。常に高い目標(夢)を持って歩め、と教室で話しているが、そのためには超一流に数多く触れることだ。そうすることで自分のハードルが少しずつ高くなっていく。
 理想の職業とは、①好きなことをやって、②それでメシが食えて、③時々人から感謝される、の3条件を満たすものだ、とは故・竹内 均氏の言葉だが、好きなこととは何だろう。堺屋太一氏によれば、やっていて疲れない、やめるとまたやりたくなるものを指す、とのこと。好きなことを早く見つけて理想の職業に向けてスタートしてもらいたい。使えば使うほど増えていく、右手に勇気、左手に元気を持って(さだまさし)、大きな夢を持て!小さな一歩をふみ出せ!(竹内均)卒業おめでとう。

カテゴリー: グルメ | コメントをどうぞ

戻ってきた鬼束ちひろ

   私が大好きな鬼束ちひろ(おにつか)さんが、デビュー20周年を記念して、オールタイムベストアルバム『REQUIEM AND SILENCE』をリリースしました。私が「スタジオワンダー」まででかけて購入したのは初回限定版(3800円)で、全シングルを網羅した全29曲2枚組アルバムです。「月光」、「眩暈」、「流星群」、「infection」、「私とワルツを」など、チャートを賑わせたヒット曲はもちろん、近年ドラマ主題歌となり、話題を集めた「End of the world」(初CD化。新たにヴォーカルをレコーディングし直した配信シングルとは別ヴァージョン)、今作のために書下ろされた未発表最新曲「書きかけの手紙」を含む(実話と語るエピソードが盛り込まれた一曲)、レコード会社の枠を越えた、最強のオールタイム・ベストアルバムです。

 決して平坦ではなかった彼女の音楽人生です。例えば私の解説はコチラ 2作目の「月光」が異例のロングヒット、さらにはファースト・アルバムはミリオンセールを記録し、瞬く間にトップアーティストの階段を駆け上がりました。ところが過密なスケジュールの中、不安や軋轢によって心や体調を崩し、「パニック症候群」となり休業を余儀なくされます。大騒動を起こしたこともありました。メイクもケバくなり、以前の鬼束さんとは似ても似つかぬ様相となったことも。不器用ながらも、それでも決して歌うことを諦めませんでした。逃げなかった、ひとりの人間の生き様が刻み込まれた20年の記録。時代によって味わいを変えるヴォーカルの変遷とともに、デビュー当時から現在に到るまで、変わることなく珠玉の名曲を生み出すソングライターとしての、圧倒的な才能も再認識させられる、鬼束ちひろという、規格外な稀代の音楽家のまさに集大成的作品となっています。

 2月1日、NHKの音楽番組「SONGS」に出演した彼女の姿を見て、「あ~、以前の姿に落ち着いたなんだな」と思わせてくれるくらい、表情もにこやかで、昔の鬼束さんに戻っていました。「月光」「流星群」「書きかけの手紙」を歌いましたが、突き刺さるような歌詞に、ポップなメロディー、圧倒的な歌唱力を改めて認識したことでした。本人から提示された「ねこ」「ピアノ」「ファッション」「あきらめない」といった、自らを表す“キーワード”を基に、インタビューが行われました。私の大好きな「月光」に関して、初めて語る場面がありました。自身「色フェチ」だと語る鬼束さんが捉える「月光」の色は、「紫」だと断言します。デビュー前に曲をたくさん書くようにプロデューサーから言われた時には、1曲を作るのにワンピース1枚をご褒美に買う、と決めていたと言います。1日7曲作った時にはもう「破産」状態、その時の1曲が「月光」だとのことです。「私の名を知らしめたすごい曲」で、自分の「子ども」だと思っている、と。改めて「すごい歌詞だと思う。腐敗っていう言葉が出てくるんですけど、それを当時のプロデューサーにどうしようねって二人で悩んだんですけど、なぜか私はすごいその腐敗をやめたがらなかったんです。若さあるあるです。その当時なりの意地があったんでしょうね。あと、美的感覚っていうか。自分の世界観が。それ以外の言葉が思い浮かばなかったり。」 これからも全身全霊を込めて歌い続ける、「全開、全力」で生き抜いていく、と宣言しました。20周年の歳月を経た今だからこそ語ることのできる、シンガーソングライターとしての矜持や、歌にかける思いを赤裸々に明かす番組で、とても面白く観ました。

 今回、この新アルバムで、デビュー曲から順に聴いてみて、圧倒的な歌唱力に改めて感動するとともに、ふと気がついたことがあります。曲のアレンジを、この頃は、全部羽毛田丈史(はけたたけふみ)さんがやっているんですが、この人のピアノ・アレンジが、鬼束さんの歌声と対照的に、「動」「静」を成していて、歌の迫力を増して、独特の世界を創り出しているということです。羽毛田さんの切ないピアノメロディーが、歌声の背後で輝いていますね。私はピアニストとしての羽毛田さんも大好きです。♥♥♥

カテゴリー: 私の好きな芸能人 | コメントをどうぞ

baggageとluggage

 来年から始まる「共通テスト」の英語では、リーディング・リスニング共に「イギリス英語の出題の可能性」が予告されています。⇒私の解説はコチラです  確かに、アメリカ英語イギリス英語の間には、発音・語彙・意味・文法などにおいて相違が見られます。これまで現場ではこうしたことに触れることはほとんどなかったと思われますが、指導者はこれからは頭に入れておく必要があります。ただそれほど目くじらをたてることではありません。今日のテーマは、「荷物」を表すbaggage/ luggageという語です。私が教員になりたての頃は、《米》baggage/《英》luggage」という理解だったと思います。現在でもこの英米差は生きていると思われますが、重要なポイントが抜け落ちていました。

▲P.Y.Su編集長と松江にて 八幡も若い!

 baggageluggageの微妙な語感について、初めて辞典に収録されたのは、私の友人であった米国・ランダムハウス社P.Y.Su編集長による、Random House Dictionary Paperback (Ballantine Books, 1978)でした。私はそれまでは、両者はほぼ同じ意味だと思っていました。来日される度に、定宿の帝国ホテルからお電話をいただき、最新のアメリカ英語事情をお話しいただき、長電話したのも懐かしい思い出です。このコンパクト辞典のluggageの項には、“suitcases, trunks, etc., esp. empty ones as merchandiseと書かれています。一方のbaggageは、“the trunks, suitcases, etc., containing the personal effects of a traveler です。私たちの『ライトハウス英和辞典』の編集顧問のロバート・イルソン博士も、この傾向を認めておられます。大変参考になるコメントです。

 Baggage and luggage are both World English, but not exact synonyms. Baggage focuses on the contents; luggage,  on the containers. When you buy suitcases, you buy luggage. not *baggage. However, luggage can be full as well as empty. So luggage and baggage are often interchangeable in practice.  BrE and AmE have somewhat different preferences when it comes to phrases and collocations with luggage and baggage.

 ここら辺のことを、私たちの『ライトハウス英和辞典』第6版(研究社)では、「【語法】 スーツケース・トランクなどの手荷物類に対しては<米>ではbaggage、<英>では luggageを使うことが多いが、英米ともに、baggageは中身に、luggageは容器自体に重点が置かれる。ただし<英>でも船や航空機の手荷物にはbaggageを使う」と詳しい注記が入っています。それと、もう一つ押さえておいてよいと思われるのは、「《米》ではluggageの方が高級なイメージを与え、広告や店頭などで好まれる」(『アクティブジーニアス英和辞典』)という語法事実です。♥♥♥

カテゴリー: 英語語法

名門高校?

 最近、宝島社から『全国名門高校 人脈と歴史がよくわかる事典』(宝島新書、2020年3月、1200円(税別))という本が出版されました。日本中の「名門高校」(250校)の概要と、著名な卒業生たち(2,000人)を網羅したハンドブックです。連綿と続く「人脈とネットワークがわかる」とのうたい文句です。

 私は、『ライトハウス英和辞典』(研究社)をめぐるいわゆる「宝島事件」で、この会社の杜撰さ、いい加減さには辟易したという自身の経験を持っています。信用がなりません。⇒この「宝島事件」の顛末をご存じないという方はコチラをぜひご覧下さい  他県のことは分からないので、私の住んでいる島根県に関する記述を見て見ることにしましょう(pp.141-144)。取り上げられた「名門高校」は三校です。次の記述の下線部分は誤っています。

・松江北高校(松江市)  公立トップは松江北高校。1876年に教員伝習校内変則中学科として開設され、戦後の1949年に松江高等学校となった。さらに1961年、南北に分離され現在の校名になっている。松江南高校は「兄弟校」のはずだが、いま進学実績で優位にあるのは圧倒的に「北高」だ。

・松江南高校(松江市)  歴史的に見て、松江北の純粋なライバルである松江南高校。だが、両者の実力が拮抗していたのは1980年代ぐらいまでで、90年代以降は「南高」の凋落がはっきりしている。

・出雲高校(出雲市)  島根県3番手としてあげられるのは出雲高校ここ10年では県内2番手の進学実績を誇る。松江の2校と比べ、校風はやや保守的と言われる。

 上で述べられた、島根県の進学実績の内容には、大きな誤りがあります。私は松江南高校に13年(写真上は当時の八幡 ⇒松江南高時代の八幡についてはコチラ)、松江北高に15年間勤めていますので、ここら辺の事情はよく分かっているつもりです。私が北高に赴任した当時はここに書いてある通りだったでしょう。でも時は過ぎて、もう完全に島根県の「進学地図」は大きく変わってしまいました。まず、島根県の「公立トップは松江北高」は、「出雲高校」と訂正しなければなりません。現在はダントツで出雲高校が抜きん出ています。かつては、ダントツで松江北高がトップを走っていました。なにせ公立高校で「国公立大学合格者数日本一」を三年連続で記録した学校です。しかし、そのようなすごい学校が、どんどん落ちていき(私に言わせればちゃんと理由があります)、今では信じられないような低落ぶりです。上の記述にもあるように、私が松江南校に在籍していた頃は、「北高に追いつけ、追い越せ!」が標語で、みんなで切磋琢磨して、実際に追い越してトップに立ったのでした。しかし、ある事件をきっかけとして、その特徴がどんどん失われていき、今ではもう当時の勢いはありません。その点では、上の「凋落」という記述は正しいと思います。この間に、どんどん力をつけてきたのが、出雲高校(通称は「山高」)です。この地域の優秀な生徒は全員この学校にやって来るのですから、普通にやれば当然トップになります(松江の場合には、学区制で3校に分かれるために優秀な生徒は分割されてしまいます)。私が知っていた出雲高校は、入学時は優秀だけれども、鍛えることをしないので、卒業時には松江北高に抜かれてしまう、というのが実態でした。最近の出雲高校は、当時の北高の先生方が移り、生徒をしっかりと鍛えるようになりました。また文部科学省より「SSH・スーパー サイエンス ハイスクール」、および、「SGH・スーパー グローバル ハイスクール」の指定を受けるなど、さまざまな先進的な取り組みに真摯に向き合ってきました。今では、進学実績も圧倒的に出雲高校が上です。

■今年度難関大学合格者数(前期発表時点)
         出雲高校     松江北高校     松江南高校
東京大学       3         2         1
京都大学       8         1
北海道大学      3                   2
東北大学       2 
名古屋大学                2         2 
大阪大学       4         5         2
九州大学       7         2         2 
神戸大学       8         2         1 
                  ―『サンデー毎日』3月29日号による

 地域の事情に詳しい専門家にチェックしてもらえば、このような基本的な誤りは避けることができたはずです。「宝島事件」の時にも感じたことですが、「きちんと裏を取る」ことを怠ったために起こる誤りです。「宝島事件」のあの時もひどかった!♠♠♠

【昨日の宿題の解答】

duckの複数形として、duck/ ducksの両方が認められる理由は?

不変化複数にも変化複数にも用いられる。特に狩猟者は不変化複数を用い、一般の人は変化複数を用いるとされる(Web.3:p.26a)が、それは、動物を獲物または食料として量的に(つまり物質名詞的に)見るか、カモに1個の生物として個性を認めるかという、話し手の動物観の差に起因するものと考えられる。 ―安藤貞雄『現代英文法講義』(開拓社、2005年)

 この本を一冊手元に置いておけば、英語の疑問はたいてい氷解します。みなさんにオススメしておきますね。一ページ一ページ読み返してみるたびに、安藤貞雄先生の偉大さを痛感している八幡です。伝統文法から構造言語学生成文法に至るまで、ありとあらゆる理論に精通しておられる先生でした。授業が懐かしく思い出されます。♥♥♥

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

単複同形

 私は、このところもっぱら高校3年生・浪人生ばかりを指導しているので、高校1年生の時に、いったいどのような文法指導が行われているのか不明です。ただ何となく感づいていることは、ルールを教えるのみで、その背景やら理由には全く触れられていないのでは?ということです。いつも思うことですが、「yをiに変えて複数形の-esをつけたり、動詞の過去・過去分詞を作るために -edを付けたりする」ことは知っていても、なぜそうするのかという根本的な理由が分かっていないために、そのまま-es や-edを付ければいいのに、間違ってyをiに変えてしまう、あるいはその逆という誤りが結構見られるんです。「これはどうしてかな?」と疑問に思う姿勢が必要です。⇒解答はコチラをご覧ください  英文法には、こうした「なぜ?」と思わせるものがかなりあるんです。かつての松江北高では、このような問題を集中的に取り上げる「学問探求講座」というものがありました。それぞれ学年担当の先生が得意とする分野を、日頃の授業では経験できないような講座を開講し、生徒が自由に選択して参加するものです。北高の伝統行事となっていました。⇒コチラに紹介記事が  私は毎年「英語のなぜ?」と題して、英語の数々の不思議に迫っていました。生徒たちには好評だったんですが、残念ながら、「受験に関係ないから」という理由で廃止になりました(私は最後まで抵抗しましたが)。目先の利益にとらわれて、北高の先輩たちから長年受け継がれてきたこの伝統をぶち壊したとこら辺から、この学校の迷走が始まったように思われます。この講座で生徒たちに配布した資料が下記のものです。

・「松江北高学問探究講座~英語のなぜ?」 (編)八幡成人⇒コチラで読むことができます

 例を挙げてみましょう。英語の名詞で、魚や鳥や獣を指す単語で、単数形複数形が同形となる「単複同形」の語がありますね。これがなぜそうなるのかを意識している生徒は少ないようです。高校で使っている学習参考書にも、「単複同形」という事実は書いてありますが、その理由を取り上げているものはほとんどありません。私は生徒たちに、該当する語を挙げられるだけ挙げてもらい、それに共通するポイントは一体何か?を考えさせるようにしています。deer(鹿) sheep(羊) salmon(さけ) carp(鯉) trout(ます)などが挙がってきます。

これらの動物は、群をなして生活しているので、集団として、いわば“量的”にとらえられるので複数形をもたないのである。[注]cows, hens, monkeyなどは、“個性”を認められて、-sをとる。  ―安藤貞雄『基礎と完成 新英文法』改訂版(数研出版)p.190.

 上記は、私の恩師の故・安藤貞雄先生(広島大学名誉教授)が、高校生向けの文法参考書として書かれたものですが(若い頃、私も協力させていただきました。詳しくは⇒コチラをご覧ください)、他書にはないキラリと光る説明が随所に見られる、八幡イチオシの文法書です。それでは【宿題】です。複数形単複同形と、-sをつける形の両方を持った名詞があります:duck, ducks(カモ) herring, herrings(ニシン) antelope, antelopes(レイヨウ)これは一体なぜでしょうか?考えてみて下さい。

 「松江北高補習科」でも「勝田ケ丘志学館」でも、疑問に思ったことは分かるまで追求する姿勢を大切に指導しています。答えをすぐに私が言うのではなく、生徒たちに自分で調べてもらって、みんなでそれを共有するように心がけています。♥♥♥

【追記】 その昔、島根県立松江南高校で教えていた頃に、高校1年生の文法教材に「形容詞の並び順」のルール(評価→大小→新旧→色→材料)が書いてあったので、「なぜそんな並べ方をするんだろうね、そこには何か法則のようなものが働いているんだろうかね?」と、疑問を投げかけました。すると次の授業でK君が(今は医者として活躍しています)、「形容詞の並び順」の本質を、前に出て1時間かけて説明してくれたんです。そこで述べられたのは「主観的」「客観的」という概念でした。なんとその問題が、彼らが3年生になった時に、「センター試験」に出題されたのです!平成4年のことでした。

The Browns live in a (       ) house.

① big, white, two-story
② two story, white, big
③ white, big, two-story
 white, two story, big

 これは、全国的に見事に全滅した問題でしたが、私のクラス全員が正解したのは、このK君の3年前の説明をみんな頭に残してくれていたからでした(私がその場で解説していたら、みんな忘れていたことでしょう)。私はこの時以来、上で述べたように、疑問を生徒自身が解決する授業を心がけているんです。♦♦♦

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

本屋通い

 3月は授業もなく、頼まれていた「共通テスト」の特別授業も、新型コロナウィルス拡大防止で一斉休校になったために、キャンセルとなりました。頼まれていた原稿も全て手を離れ、本当に完全フリー状態です。5年前に松江北高を定年退職したときに、2ヶ月だけこのような天国の日々を過ごしましたが、それ以来のことです。

 気がついてみると、毎日のように本屋通いをしています。近くの「今井書店学園店」に、ちょっと気が向いたら、田和山にある「今井書店センター店」まで遠出したりしています(上の写真はこの3日間で買った本です)。気になったありとあらゆるジャンルの本を、どんどん買って枕元に積んでおくんです。今日は、ジェームズ・M・バーダマン『ネイティブが教える 日本人が絶対間違える英語大全』(KADOKAWA、2020年3月)という面白い新刊書を見つけてきました。この本、先生方に結構勉強になりますよ。帰りには、松江に3店舗ある「BOOKOFF」に立ち寄ったりして、昔の本を漁ったりしています。根っからの本好きなんですね。藤原正彦さんの言う「自ら本に手を伸ばす子」が、私です。“読書三昧”の日々を過ごしています。

 先週は、特急「やくも」号(ガラガラ!)で、岡山「丸善」まで出かけてきました。重宝しているOxford Advanced  Leaner’s Dictionary(Oxford University Press)の最新第10版が出たので(日本での販売権は旺文社)、辞書屋としてはいち早く手に入れておきたかったものですから。第9版から新たに約1,000項目が追加されています。さらに、Collins COBUILD English Usage (Collins) の最新第4版が、桐原書店から発売になりましたので、それも併せて買いに行ったわけです。世界最大45億語のコリンズ・コーパスのデータから実際の用例を紹介したもので、ビジュアルアイコンで分かりやすく掲載しています。新コーナー「Language Change and Society」が目に止まりました。過去10年の英語の語法の変化をまとめた興味あるテーマ(social media, mental health, gender等)の記事を掲載しており、現代英語の研究に参考になります。

▲目標の2冊をゲット!!

 今から40年も前の思い出を少し。島根県立平田高校(初の甲子園出場が決まっていたのに可哀想な結果になりました)で、教員なりたての頃は、8万円ちょっとの月給で、毎月5,000円本を買うのがやっとでした。平田市にある「小村書店」という小さな本屋さんから、毎日学校に配達してもらっていました。ボーナスをもらうと、親戚のあった岡山市「丸善」「紀伊國屋」に出かけて、島根県では手に入らない洋書類をどっさりとまとめ買いして帰ったものです。忘れられない思い出があります。ボーナスを懐に岡山の「丸善」で洋書漁りをしていました。すると棚にR.W.McCoard, The English Perfect : Tense-Choice and Pragmatic Inference. (1978, Amsterdam)という、オランダから出ている面白そうな研究書を見つけました。めちゃくちゃ値段が高くて(当時1万5千円ぐらいした)買おうか買うまいかずいぶん購入を迷いました。何度もレジに持って行こうとし、いや高すぎる、と棚に戻したりを繰り返していました。迷った挙げ句、思い切って買って帰りました。面白くて、なめるように読みました。中でも注意を引いたのが、英語の副詞recently latelyの意味上・統語上の違いについての記述でした。この本で、イリノイ大学R.Stockという教授が、この問題を深く掘り下げておられることを知り、アメリカから同大学の図書館から論文を取り寄せて勉強しました。その成果は、私の「LATELYとRECENTLYは同義か」『英語教育』2(1980年、大修館)という論文にまとめられることになりました。この二つの副詞の使い方は、実にやっかいな問題を含んでいるんです。決して、recently(最近) = lately(最近)などという安易な扱いはできません(現場の単語集の多くがそれで済ませていますが)。興味のある方はご覧ください。♥♥♥

・「LATELYとRECENTLYは同義か」八幡成人 『英語教育』2月号 1980年 ⇒コチラで読むことができます

◎オリンピックはどうなる??

 アメリカの『ワシントン・ポスト』紙が、「東京五輪」の開催にNOを突き付けました。ご紹介しておきます。「予防策を講じるのは良いが、全世界が歴史に残る脅威‥パンデミックと闘う中、五輪と日本の関係者が、東京五輪を開催できるかのように行動していることは、完全にばかげている‥いや、全くの無責任だ。」「(東京五輪は)ウィルスにとってふ化器のようなもの。致命的な広がりをもたらす」「五輪と日本の当局者が現実を認めることを拒否する裏には、危機にひんしている金と名声がある」「日本は建設とインフラ改善に多額の投資を行い、IOCも数十億ドルの放送権を活用している」「五輪の投資は選手の利益を含む他の利益を、最終利益より優先することはなかった。ある時点で大会を続けることができないことに気付くだろう」 ここまで言われて、果たして予定通り実施できるんでしょうかね。

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

「共通テスト」対策

 来年度から始まる英語の 「共通テスト」松江北高でも、すでに2年生は「進研模試 大学入学共通テスト早期対策模試」(リーディング・リスニング)を実施しました。八幡が以前から恐れていたように、分量が多くて最後の問題まで終わらない生徒たちがたくさん出ました。なにせ、センター試験よりもずいぶん語数が増えていますからね。その大きな特徴については、⇒コチラに八幡が分かりやすくまとめた文書がありますので、ご覧ください。まずは「語彙力」の強化が、そして意外と思われるかもしれませんが、英文を素早く読むために「文法力」の強化が必要だと私は考えています。

 旺文社から毎月発売になっている、日本唯一の受験雑誌『蛍雪時代』の最新4月号が、「共通テスト」の特集を組んでいて、とても勉強になります(私も毎月購読しています)。このテストで何が変わり、どのように勉強したらよいかということが、専門家と、受験を実際に体験した先輩たちの言葉で語られています。この雑誌は八幡が生徒たちに強く勧めているもので、松江北高の図書館でも入り口に置いてあり人気です。従来の「センター試験」対策に引き続いて、尊敬する水野 卓(みずのたかし)先生が、「共通テスト」対策の講座を担当しておられます。今月号の初回講座において、水野先生もやはり「文法力」の重要性を強調しておられましたね。私も同感です。これは毎月目を通しておきたい連載ですよ。

 最近届いた、アルク『英語の先生 応援マガジン』春号(2020年)も、「共通テスト」の概要・要点整理・対策の特集が組まれていて参考になります。リーディングの変更点、リスニングの変更点、共通の変更点別にまとめられています(pp.24-29)。分かりやすいまとめです。

 英語に関しては、4月から八幡は、松江北高補習科勝田ケ丘志学館で、『共通テスト対策実力養成重要問題演習 2021共通テスト 英語リーディング』『2021共通テスト 英語リスニング』(共にラーンズ)の両冊を使って、重点対策を始めます。まずは「勉強の仕方」に焦点を当ててスタートです。♥♥♥

カテゴリー: 英語指導に関して | コメントをどうぞ

「金澤ミート」

◎週末はグルメ情報!!今週はハンバーグ

 JR金沢駅」東口から徒歩1分。ショッピング・モール「金沢フォーラス」の6階にある、和牛ハンバーグ専門店「金澤ミート」が、無性に気になり入ってみました。観光で来られたお客様に、金沢は「魚」だけじゃないんだ!金沢発の美味しい和牛ハンバーグを食べて頂きたい、という思いから生まれたという「 金澤ミート」の絶品ハンバーグを堪能してきました。金箔の街らしい店構えです。

 綺麗な店内はテーブル席のみで、2人掛けテーブルが6卓くらいと、4人掛けテーブルが4卓くらいありました。わりと広々としています。夜の7時頃お邪魔したんですが、満員で活気があり繁盛店のようですね。とても雰囲気の良い綺麗なお店です。

 注文したのは「大海老フライと和牛ハンバーグの盛り合わせ膳」(1,580円)です。和牛の旨みが溢れ出る贅沢なハンバーグを、季節の4種類の前菜小鉢と、こだわりの赤出し汁、炊きたての地元石川県産の銀シャリと共に楽しむことができます。大海老フライはホントに大きく、大きいだけで無く箸で持つとその重みが実感できます。かといって衣で膨らませた箇所は全く無く、尻尾の付け根から先までちゃんと海老の身が入っているというシロモノで、これは食べ応えがありましたね。

 肉汁の旨みを逃がさない為、鉄板は保温状態で提供されるので、一口目から最も美味しい状態で食べることができます。熱々な鉄板ではないので、ソースが飛ばないのもGOODポイントですね。日本各地からハンバーグに合う和牛だけを厳選し、試行錯誤を続けてやっとたどり着いたというハンバーグ。和牛の旨みたっぷりの肉汁を閉じ込めるよう、手間ひまかけたタネを時間を惜しまずじっくりと丁寧に手作業でこね、一つ一つ丁寧に作られています。国産の良質な和牛を使っているため、多少赤身を残した状態で提供されます。一口食べると、肉汁はジュッワァ〜だし、お肉も実に美味しい。旨味たっぷりの肉汁が口の中に広がります。そしてこのハンバーグの相棒である「和風ソース」がまたGOOD(「デミグラスソース」「和風ソース」から選ぶようになっていました)。にんじん、セロリなどの香味野菜をふんだんに使用しており、味の奥行

▲4種類の前菜小鉢

き、広がりがたまらなくGOODでした。ソースの絶妙な甘味が和牛の美味しさを一層引き立てており、ご飯との相性もバッチリで、ご飯が進みます。ご飯のお替わりも無料でできます(店内奥のジャーからセルフで)。さすがハンバーグ専門店という、納得のクオリティでした。私が松江で時々食べる、「ガスト」「ビッグボーイ」のハンバーグとは訳が違います〔笑〕。これで食後にコーヒーが付いていれば最高だったんですが。ということで、「金沢フォーラス」に隣接する「スターバックス」で、コーヒーを飲んでホテルに帰りました。いや~、あのお肉の味が忘れられません。実に美味しかった!!♥♥♥

カテゴリー: グルメ | コメントをどうぞ

特急「サンダーバード」

 全国の特急列車を制覇する、という壮大な目標を持っている私の今回のお目当ては、特急「サンダーバード」です。都合三回乗りました。京都~金沢の往復に、そして和倉温泉から金沢に戻る時です。西日本の特急列車として、利用者数が多いことでも有名な列車です。観光目的だけでなく、通勤に利用する人も多いと聞きました。1時間に2本くらい出ています。ただ、今回の新型コロナウィルス感染拡大の影響で、乗客は少なかったですね。貫通型非貫通流線形の2タイプの車両があります。詳しく列車内を観察した報告記です。

 今回はグリーン車を利用しました。グリーン車は、西日本ではお馴染みの2列+1列の3列シートです(指定席・自由席は2+2列)。ワインレッドのダークな色調の中に、赤の華やかさが生かされていますね。2015年から2018年に「サンダーバード」用のリニュアルが行われ、普通車の座席モケットはブルー柄で統一されました。女性専用席も設けられました。照明もやや薄暗い感じで、落ち着いた雰囲気となっています。座席上部には読書灯も付いているので、本を読むのにも便利ですし、手元が暗いと感じた時には利用しましょう(自由席、指定席にもありました)。座席の幅はかなりゆったりしています。座り心地も非常に良く、グリーン車に相応しい座席です。高級化溢れるシートになっていますので、乗り心地もいいと評判ですし、長時間座っていても疲れないと話題になっています。ゆったりと座ることができるシートになっていますので、隣の方とぶつかってしまう心配なども軽減することができます。また体の大きめの方(誰だ?)でもゆったり座ることができるのも、サンダーバードグリーン車の魅力になっています。中でも特に、座席についているネックピロー(写真上)が、ふかふかで心地よいことこの上ありません。リクライニングすれば眠ることもできそうです。私が松江でよく利用する特急「やくも」ネックピローとは雲泥の差です〔笑〕。2人掛けの座席も各座席に肘掛けがあるので、肘掛けの取り合いで気まずくなることもありませんね。グリーン車の座席には肘掛けの側面に、一つの席につきコンセントも1つずつ用意されています。列車内でパソコンなどを使いたい!という方にもおススメになっています。移動しながら仕事を進めることなどもできますし、より時間を有効に使うことができますね。またパソコンだけではなく携帯電話などの充電なども気軽にできるようになっていますので、長時間の移動の際などでも携帯などで暇つぶしすることもできますし、ゆっくりくつろぐこともできます。ぜひみなさんも席に一つ用意されているコンセントを利用して、快適な列車の旅をサンダーバードのグリーン車で満喫してみてください。私はデジタル一丸レフカメラの充電に充てました。座席の足もとにはフットレストがあります。テーブルは座席の肘掛けの中に収納されています。反対側にはドリンクホルダーも付いています。通路には自販機も用意されていました。窓も大きくて、北陸の車窓を大いに楽しむことが出来ます。快適性が高く最高の乗り心地でした。あ、それからリニューアル時に、JR西日本の在来線車両としては初となる温水洗浄機能付き暖房便座が導入されています。現在は、特急「しらさぎ」や、特急「能登かがり火」(金沢~和倉温泉)にも転用されています。

 大好きな西村京太郎先生の作品に、『裏切りの特急サンダーバード』(祥伝社文庫)というのがあります。西村先生は、この列車の前身の特急「雷鳥」がお気に入りで、私がお尋ねした時も、「サンダーバードはちょっと…」とおっしゃっておられました。⇒コチラです  先生を湯河原にお訪ねした際に、先生の今までに乗られた列車の中で一番印象深いお好きな列車はどれですか?」とお尋ねしました。すると先生は、間髪を入れずに「やはり「雷鳥」ですね。あれ好きなんだよ。今は全部「サンダーバード」になっているでしょ。あれはちょっとね。残念だね。」と答えられました。以前の先生のファンクラブ会報には、「『雷鳥九号』というタイトルが好きなんです。何号でもいいわけじゃない。なんとなく語呂がよくありませんか?」 「私は雷鳥という名前が好きだが、それを直訳したようなサンダーバードという名前は、どうしても好きになれなかった。もう少し細かくいうと、雷鳥の中でも、雷鳥九号という名前が好きだった。九という数字に、別に縁起をかついでいるわけではなくて、雷鳥九号という音が好きなのである。それが今は、なぜか雷鳥という名前が消えてしまって、サンダーバードだけになってしまった。残念で仕方がない。何とかならないものか」というインタビューが載っていました。

 それでかどうか知りませんが、この物語ではサンダーバードを爆破するという物騒な設定となっています。あらすじは、次の通りですが、作品中には先生がこの特急列車にずいぶん思い入れを持っておられることが感じとれます。♥♥♥

    大阪から北陸本線をひた走る特急サンダーバード。ある日、この列車が400人以上の乗員・乗客とともにジャックされ人質となった。犯人グループの要求は身代金なんと11億円。拒否した場合は列車サンダーバードを爆破するという。偶然車内に居合わせた北条刑事の協力を得て車内の様子を探る十津川警部。途中駅を通過し走り続けるサンダーバードの異変に気付き騒ぐマスコミ。犯人からの指示で11億円のうち3億円はヘリからばらまかれてしまう。和倉温泉駅に列車が着き、5分後に爆破されると知り、慌てて逃げる乗客たち。犯人グループはところどころで爆弾を使用しながら、まんまと身代金をせしめる。冷静にグループを率いているのは誰なのか?十津川は犯人たちがもう一度同じ手口で犯行を行うと予測するのだが―という話。

 もう一つ、原口がこの北陸本線が好きなのは、列車が気に入っていることも
あった。
 前の特急雷鳥も好きだったが、683系と呼ばれる、最近モデルチェンジし
たサンダーバードも好きで、気に入っている。(p.7)

<私は、毎日のように、特急サンダーバードのグリーン車を利用しているもの
です。
 私は、昔からサンダーバード(その前は雷鳥)が好きなので、この際、注文
を出させて貰いたい。
 これからの特急の乗客は、二つに分かれると思っています。ある区間を、と
にかく移動できればいいという客は、安く早くの二つだけで満足するでしょう。
もう片方は、とにかく車内での何時間かを楽しみたいという客です。
 時間も金もある客にとって、料金が今の二倍になっても構わないのです。
 特にサンダーバードの乗客は、北陸の温泉郷へ遊びに行く客が大半だから、
そこへ着くまでの車内でも、ゆったりと過ごしたい。途中がみみっちければ、
温泉三昧の楽しさあ半減してしまいます。
 特にグリーン車内では、酒も楽しみたい。それも自動販売機で買って持ち込
むなどというのは興ざめです。
 美しいサンダーバードガールが注文を聞きに来て、夏なら冷えたビール、冬
なら熱カンを運んで来て、お酌をしてくれる。そんな嬉しいサービスをしてく
れたら、私は喜んでご祝儀をはずみますよ。
 どうか、こんなサービスを考えてください。
 JR西日本様
                       特急サンダーバードを愛する者>
                                 (pp.8-9)

 1号グリーン車から、2号車(指定)に入ると、座席の色が変わる。サンダ
ーバードでは、シートの色が、一両ごとに赤とグレーになっているのだ。
 グリーン車だけが薄紅色だが、それでも枕の部分は赤である。(p.13)
 
 だから、車内を見て歩くのが楽しい。一番新しい683系の車両にも満足し
ていた。
 前部の形状は前の681系に似ているが、前照灯部分が違っている。原口は
隠れた鉄道ファンでもあるのだ。(p.14)
カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

「雷鳥9号」~西村京太郎の愛する列車

 上の写真は、西村京太郎先生の『十津川警部 哀愁のミステリー・トレイン』(徳間ノベルス、2018年)です(先生の611冊目の著書です)。オリジナルの短編集ですが、冒頭の作品は、「雷鳥9号殺人事件」(1983年)です。とんでもないトリックが使われており、鉄道マニアの間では語りぐさとなっている作品ですね。TVドラマ化されたものについてはコチラに、私の紹介記事があります。

 十津川捜査班の4人が大阪での研修を終えた後、「雷鳥九号」に乗って北陸へ旅行に出かける途中に、車内のトイレでで銃殺死体が発見された。その直前に西本刑事がグリーン車内で美しい女性が一人の男性と隣の席で会話をしているのを目撃していた。その女性は福井で下車。西本刑事の証言から、殺されたのはその女性と会話をしていた男性であることが判明する。後日、他の乗客の目撃情報により、犯人はその女性であることが発覚して逮捕されたが、その女性は取り調べに対して黙秘を続けた。一方、事件当日の深夜に敦賀―新疋田間の線路脇において、保線員がブローニングの自動拳銃を発見した。その後、弁護士と銃の専門家を呼び、この事件を巡って裁判が行われる。そんな中で、「雷鳥九号」での殺人事件から1ヵ月後、金沢市内の空き家で銃殺死体が発見される。解剖の結果、死亡推定時刻が「雷鳥九号」での殺人が起きた日の朝と判明した。また、銃の専門家の鑑定により「雷鳥九号」での殺人と空家での殺人は同一拳銃(上記の線路脇に落ちていた拳銃)から発砲され、同一拳銃による犯行であるという鉄壁のアリバイが発覚した。十津川たちは空家での殺人と「雷鳥九号」での殺人事件との関連調査を急ぐと共に、拳銃と列車を使った完璧なアリバイトリックの究明に挑む。

 下り線をクロスする橋梁を走る上り列車のトイレの窓から、下り線路の横へ拳銃を落とすと、というビックリするようなトリックが使われています。当時、こんなトリックができるはずがない、という読者からの猛烈な抗議が相次いだそうです。北陸本線の上下線が交差する現場を確認して、「本当にこんなことが可能なのか?」と議論した読者たちが、「実際に見てみようじゃないか」ということになり、実証に押しかけましたが、これはなかなか難しいのではないか、という結論でした。鉄道ファン(オタク?)というのは、これほどまでに熱心なものなんですね。しかし、西村先生は、実際に同じことを試して成功しておられます(西村京太郎『十津川警部とたどる時刻表の旅』(角川oneテーマ21,2012年)。可能かどうかは別として、我々はフィクションの世界として楽しもうではありませんか。

 西村京太郎先生を湯河原にお訪ねした際に、先生の今までに乗られた列車の中で一番印象深いお好きな列車はどれですか?」とお尋ねしました。すると先生は、間髪を入れずに「やはり「雷鳥」ですね。あれ好きなんだよ。今は全部「サンダーバード」になっているでしょ。あれはちょっとね。残念だね。」と答えられました。以前の先生のファンクラブ会報には、「『雷鳥九号』というタイトルが好きなんです。何号でもいいわけじゃない。なんとなく語呂がよくありませんか?」 「私は雷鳥という名前が好きだが、それを直訳したようなサンダーバードという名前は、どうしても好きになれなかった。もう少し細かくいうと、雷鳥の中でも、雷鳥九号という名前が好きだった。九という数字に、別に縁起をかついでいるわけではなくて、雷鳥九号という音が好きなのである。それが今は、なぜか雷鳥という名前が消えてしまって、サンダーバードだけになってしまった。残念で仕方がない。何とかならないものか」というインタビューが載っていました。

 さらに続けて、私はお尋ねします。「先生のお書きになった575冊(訪問当時)の著書の中で、一番気に入っていらっしゃるのはどの作品ですか?」すると先生は「さっきも言ったように「雷鳥」が好きなので、やっぱり『雷鳥9号殺人事件』でしょうね。」とお答えになりました。西村先生「特急 雷鳥」への思い入れは相当強い物があるな、と感じたことです。

▲「京都鉄道博物館」に展示された「雷鳥」 懐かしい車両です!

  1964(昭和39)年12月25日。交直流電車の特急形式として481系が登場しました。この形式の最初の運転区間となったのが大阪・名古屋から北陸本線に向かう特急であり、大阪発の特急には「雷鳥」という愛称が与えられました。雷鳥」は当初は2往復で運転を開始しましたが、その後は順次増発されて、1973(昭和48)年に1往復が区間延長の上「北越」に変更。1975(昭和50)年にはL特急となりました。また、昭和53年に今度は逆に大阪発着の「北越」「雷鳥」に吸収され、雷鳥」は新潟まで顔を出すようになりました。車両面では1968(昭和43)年から485系が運用されるようになりましたが、大きな変化は1978(昭和53)年から運用に入った581・583系です。新幹線の博多開業で手隙気味なっていた581・583系の活用でしたが、北陸特急の拡充の一端を担いました。これは、車内設備に難点もあり、1985(昭和60)年に「雷鳥」の定期運用から撤退しました。1986(昭和61)年の国鉄最後のダイヤ改正で、それまでで最大の18往復に成長し、当時の在来線最速列車にも輝き、まさに在来線の主役となります。そしてJR化後は一部の列車が「スーパー雷鳥」となるも、大阪~金沢・富山間の主力特急でしたが、681系の登場以後は脇役に回った感が強くなりました。車両面では相変わらず485系が用いられていましたが、JR東日本の担当列車に関してはグレードアップされた車両が投入され、車体塗装も一新され、新風を吹き込みます。2001(平成13)年3月3日のダイヤ改正で、485系「スーパー雷鳥」が廃止されると共に、「雷鳥」の運転区間は大阪~金沢間に統一され、JR東日本の車両は担当から外れました。すでに大阪対北陸の主力は681・683系の「サンダーバード」に移っており、雷鳥」は完全に脇役に回ることになりました。その後、2006(平成18)年度内に「サンダーバード」に全面移行することになっていましたが立ち消えに。しかし、しばらくして段階的に置き換えが進められ、2010(平成22)年3月13日改正で、ついに1往復を残して「サンダーバード」に統合。そして、2011(平成23)年3月12日改正で、その歴史に完全に幕を閉じることになりました。西村京太郎先生が最も好きな列車です。今度は、特急「サンダーバード」を取り上げますね。❤❤❤

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

JR琴平駅

 琴平観光や金毘羅さん参拝の起点となる香川県JR琴平駅」。駅舎は大正12年の建造で、金刀比羅宮にちなんだ金のマークが目印です。2017年に駅舎が改修され、観光地琴平の玄関口らしい佇まいになりました。コンビニあり、待合室あり、実にきれいに整備されています。空港からの直行バスも駅前のロータリーに止まります。観光列車「四国まんなか千年ものがたり」用のラウンジ「大樹」も作られました。

 現在はICOCAなどのICカードが主流ですが、この駅では使えません。琴平駅は、きれいで、センス、風格もあります。駅前に燈篭が並び、赤いポストがあります。駅は小さいですが、駅内の天井は、金刀比羅にある旧金毘羅大芝居(金丸座)の内部の天井のようです。改札の扉には、金刀比羅宮にちなんだという「金」のマークがついています。駅は「有形文化財」に指定されています。

 ここ琴平には、「JR琴平駅」「琴電琴平駅」があります。見た目は「琴電琴平駅」の方が古いのですが、「JR琴平駅」は登録有形文化財となります。また、駅前には四国鉄道発祥之地の碑の大きな動輪があります。その石灯籠の左側には、C58形蒸気機関車の動輪一軸が設置されています。これは、四国鉄道発祥之地」碑です。約130年前となる明治22年(1889)5月に、讃岐鉄道によって瀬戸内海沿いの丸亀から多度津を経てここ琴平までの鉄路が開業しました。それが明治39年に国有化され、いまはJR四国の予讃線と土讃線の一部になっているのです。なお、その半年ほど前となる明治21年10月に、伊予鉄道が松山市~三津間を開業させています。夏目漱石の小説坊っちゃんに出てくる、いわゆる「坊っちゃん列車」ですが、軽便鉄道としての開業だったので、普通鉄道としてはこの丸亀~琴平間が四国最初の鉄道ということになります。

 見た目のレトロ感に反して、建物やコインロッカーはとても綺麗でした。外のトイレも利用しましたが、良くある駅のトイレよりよっぽど清潔感がありました。ただ、電車に乗るのに自動改札ではなく、ICカードが使えないのは不便だなと思います。琴平駅の改修は、外観だけではなく内装、さらには駅ホーム上屋にまで及んだ本格的なものです。その改修で目を惹くのが、駅舎内にある「セブン-イレブン」の店舗。JR四国セブン-イレブン・ジャパンと提携して、KIOSKを「セブン-イレブン」の店舗にしています。ところが、その目立つ通常の電飾は、改装後の駅舎内の雰囲気に合わないことから、モノトーン風の黒い外観にしているのです。⇒私の紹介記事はコチラ  この改装に合わせて、駅ホームでの列車接近放送メロディーには「こんぴら船々」が採用され、使われています。さらに、駅舎の一角には、観光特急「四国まんなか千年ものがたり」号の食事利用券を持っている乗客だけが利用できるラウンジ「大樹」もできました。午前の大歩危行を利用する場合はウェルカムサービス、復路の多度津行から下車したらフェアウェルサービスを受けられるそうです。ラウンジ内には、特製の「黄金の畳」が設置されていますが、地元の「ゴールドプロジェクト実行委員会」が寄贈したものだそうです。この委員会は、金比羅宮の「金」を使ったまちづくりを進めているそうですよ。♥♥♥

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

「Intersection」

「Hondoのカードスルーカードは完璧です!」  – M.H.(浜口正樹)
「信じられないほど視覚的で驚くほどシンプルです。これは魔法のようです。」         –エリック・チェン2018 FISMチャンピオンシップ

 昨年から数々のテレビ特番で、また「2019 TMA」で、日本の高校生天才クリエーターM.H(浜口大輝、はまぐちまさき)くんは、クロースアップ・パフォーマンスでスーパー・ビジュアル・エフェクトを実演しました。1枚のカードがゆっくりと他のカードを貫通し、最後、2枚のカードはつながったままでした。この現象はあまりにも視覚的で、観客全体の驚き・歓声はすさまじいものでした。およそCGとしか思えないような現象に、あのMr.マリックさんが「とんでもないマジシャンが現れました!!」と、感嘆の声を上げたのももっともなことでした。⇒私の紹介記事はコチラです

 このとんでもない作品が「Intersection」と題して、発売されました。クリエーターのHondoは、これをより進化したバージョンで演じるため、M.Hくんの現象をベースとして使用して、この作品を製作しました。このバージョンは本家本元のM.Hくんでさえ、驚いた物に出来上がっています。カードが別のカードを視覚的に貫通することができるほか、借りた紙幣にも貫通させることができ、演技の最後に2枚のカードを記念にプレゼントすることさえ可能です。とても視覚的であるため、実際の演技で観客に衝撃を与えるだけでなく、ビデオでの演技もより特殊な効果にすることもできます。解説では、2つの貫通方法を学ぶことができるだけでなく、補足も用意されており、これらの補足を使用して、複製またはカスタマイズする方法を学ぶこともできます。

1.まるでCG(特殊効果)のような視覚効果が得られる
2.簡単な操作だけで、初心者でも簡単に演じれます
3.スーパー・クイックリセット
4.2枚のカードを相手に手渡すことも可能で、その解説も動画でしてあります
5. カスタマイズ方法も解説動画で解説されています

 解説動画URLは、中国語で行われているんですが、見れば理解できます。日本にも入荷次第、すぐ売り切れてしまいましから、その人気ぶりが分かろうというものですね。♠♣♥♦

カテゴリー: マジック紹介 | コメントをどうぞ

観光特急「花嫁のれん」

 和倉温泉に行くために、金沢から観光特急列車「花嫁のれん」(キハ48形から改造、最高運転速度95km/h)に乗ってきました。私の壮大な目標に全国の特急列車を制覇するというものがありましてね、旅する度にせっせと乗っているんです。今回の旅の大きな目的の一つが、この「花嫁のれん」号に乗ることでした。「花嫁のれん」というのは、大切に育てた娘の幸せを願って、婚礼の日に色鮮やかな暖簾(のれん)を贈るという旧・加賀藩の加賀・能登・越中に古くから伝わる伝統文化に由来しており、乗車する人にも幸せになって欲しいとの思いを込めた列車愛称ですね。

 北陸新幹線金沢開業に関連して、北陸地区への観光誘致を目指して、2015年10月、金沢から能登半島の和倉温泉までの、のどかな田園風景のなかを、真っ赤な車体に金箔風の模様を施した艶(あで)やかな列車が走り始めました。運行開始以来、すぐに予約がいっぱいになってしまう(全席指定)人気のこの列車は、「花嫁のれん号と言います。臨時特急として金沢~和倉温泉間を1日2往復しており、金・土・日曜日を中心に、繁忙期には運転日が追加されます。金沢駅の4番のりばに急ぎます。入って来ました。エントランスも和のデザインです。

 

 車内外のコンセプトは「和と美のおもてなし」で、外観は赤・黒を基調とした伝統工芸の「輪島塗」「加賀友禅」をイメージしてデザインされました。改造にあたっては、前面貫通扉や行き先表示器が撤去されました。列車は2両編成で、1両ごとに内装が異なっています。1号車(定員24名)は、個性的な8つの半個室(2人用3部屋、3人用2部屋、4人用3部屋)と物販スペースからなり、ゆったりとくつろぎの旅を楽しめる空間となっています。通路には、日本庭園の「飛び石」をイメージしたじゅうたんを敷き詰め、それぞれのセミコンパートメントには、加賀友禅」のオールドコレクションがあしらわれています。

 私の乗った2号車(オープンタイプ、定員28名)は、イベントスペースを中央に配置、窓に面した1人席のほか、2人席、4人席などが備えられています。座席は虹色の生地と、背面の木の格子が特徴的な回転椅子を採用しています。木製のテーブルもあります。通路は「流氷」のイメージです。照明も通路に合わせた形状です。内装は、伝統的な「輪島塗」の図柄を用いて、車両全体で北陸の和と美を感じさせるつくりで満喫できます。車内を見てまわるだけでも楽しい時間になりますね。

 2往復運転される列車内では、“食のおもてなし”があり、乗車4日前までに「花嫁のれん食事券」の購入が必要となります。便により内容は異なりますが、和倉温泉の老舗旅館「加賀屋」総料理長監修による懐石風の「和軽食セット」(2,500円)、「ほろよいセット」(2,000円)、世界的パティシエの辻口博啓さんのオリジナルセレクトによる「スイーツセット」(2,000円)を、乗務する和装アテンダントのおもてなしと共に、楽しむことができます。車内販売や軽食提供、記念写真撮影などのサービスを実施しておられました。私はこの日「加賀屋」に泊まる予定だったので、「スイーツセット」を予約していました。列車が出発すると、和服姿のアテンダント(3名乗車)の方が食事券の回収に回られ、まもなくすると「加賀棒茶」「ヘーゼルナッツ・ケーキ」が届けられました。食べ終わると、さらに素敵な箱に入った焼き菓子のセット(世界的パティシエ辻口博啓さんのプロデュース)がやって来ました。持ち帰り用の袋もついていますので、これはお土産用としましょう。

 1号車の車端寄りに備えた「物販スペース」では、沿線にゆかりのあるソフトドリンク、アルコール飲料、お菓子、珍味、伝統工芸品、オリジナルグッズなども販売されています。私は「金箔のしおり」「オリジナル・キーホルダー」を購入しました。その真正面には、「伝統工芸品展示スペース」もありました。展示棚の背面には、金沢金箔の装飾が施されています。

 和倉温泉~金沢間を1日2往復しており、基本的に金・土・日の運転です。この日も満席でした。加賀能登の和と伝統美が満載のきらびやかな七尾線の観光列車でした。さて、次の目標となる特急列車は?♥♥♥

   大好きな西村京太郎先生の2018年の作品に、『能登花嫁列車殺人事件』(カッパ・ノベルス)というものがあります。能登路をはしる『花嫁のれん』の車内に、加賀友禅の花嫁が突然、現れ、消えた!?という展開で始まる推理小説ですが、その中で、この観光列車が詳しく取り上げられていますので、ちょっと紹介してみましょう。私がこの観光列車にぜひ乗ってみたいと思ったのは、この作品を読んだからでもあります。念願が叶いました。

 

 黒木は、銀座にある大手の旅行代理店に行き、「花嫁のれん」という観光列車
のパンフレットをもらった。
 そこに書かれた説明によれば、「花嫁のれん」というのは、北陸の石川県を中
心とした旧加賀藩一帯に昔から伝わる嫁入り道具の一つらしい。婚礼の日、花嫁
は、嫁ぎ先に掲げられた、加賀友禅で作られた通称「花嫁のれん」をくぐって嫁
入りする。それを観光列車に応用したというのである。
 二両編成の外観は、ピンク色の華やかなもので、和と美のおもてなしと書かれ
ている。外観は輪島塗や加賀友禅をイメージしたものらしい。
 この列車が運行されているのは、主に金土日と祝日ということで、とにかく、
乗ってみなければ、優雅さや楽しさが分からない。(p.10)

 二人は、ホームに停まっている「花嫁のれん一号」に乗り込んだ。
 座席は全席指定で、二人の乗った一号車は二人用、三人用、四人用と分かれて
いて、それぞれに桜梅の間とか撫子の間といった名前が付いていた。
 二人が乗ったのは、二人用の個室、菊の間である。ただ、個室とはいっても、
独立した、個別の部屋があるわけではなくて、S字型に曲がった廊下を歩き木の
格子で囲まれた半分個室の部屋に入るだけなのだ。それよりも、黒木は通路の方
に感心した。
 列車の通路は、普通は一直線なのに、この列車は微妙に曲がり、その上飛び石
模様になっていて、まるで京都の何とか小路のような感じになっているのは、一
つの知恵だなと、黒木は思った。(pp.12-13)
 
 カウンターが、一号車にも二号車にもあって、そこにいるアテンダントは、全
員が和服姿である。とにかく、列車全体で和の美しさを強調しているのだ。
(p.13)

 「この10時15分発の『花嫁のれん一号』で出るのは、スイーツセットです
けど、時間によっては、ほろよいセットというのがあって、和倉温泉の加賀屋が
選んだお酒と肴が出るんです。黒木先輩は、そのほろよいセットが出る列車に乗
りたくて、本当は、この10時15分発の『花嫁のれん一号』には、乗りたくな
かったんじゃないですか?どうですか、違います?」
 と、綾乃が突っ込んでくる。
 「残念ながら、下りの列車では、ほろよいセットは出ないんだ。帰りの、上り
の『花嫁のれん四󠄁号』で出るんだ。その取材もしたいから、その『花嫁のれん四󠄁
号』にも、乗るぞ」と黒木は、笑いを殺して、いった。
 若い綾乃は、北陸のスイーツが出て、ご機嫌である。
 仕方がないので、黒木は、自分の小さなデジカメを持って、車内を歩いてみた。
 一番の見ものは、あらためて、通路だと思った。通路にはグリーンのじゅうた
んが敷かれた、その上の石のような模様は、やはり、京都の石塀小路にあるよう
な飛び石をマネているのだろう。
 その他、半個室の背中には、美しい加賀友禅の、いわゆる「花嫁のれん」が下
がっていた。
 黒木と綾乃は、途中で、食事を取ることになった。列車に乗る前に、あらかじ
め食事券を買っておいたので、それを示すと、お弁当が、渡された。
 たぶん、このお弁当も、加賀屋の料理長が厳選したものなのだろう。北陸のお
弁当らしく、合鴨料理やシイタケ、ニンジンなどが豊富に入っている。
 それに、添えられているのは、おそらく加賀屋で作ったと思われる加賀ドリン
ク、加賀棒茶である。(pp.14-15)
カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

Cii standの心配り

◎週末はグルメ情報!今週はケーキだ

 松江駅南口を出たところに、私が大好きなケーキ屋さん「Cii stand」があります。⇒私の詳しい紹介記事はコチラです  いつも美味しいケーキを食べさせてもらっています。松江にもたくさんのケーキ屋さんがあるんですが、私がこのお店を気に入っている理由は、ケーキが美味しいこと以外にもあるんです。今日はそれをお話ししますね。

(1)箱詰めする際に、ズレないよう動かないようにきちんと固定してもらえるんです(写真上)。私は自転車で訪れることがほとんどなので、これは実に有り難いサービスです。他のケーキ屋さんでは、そのまま箱に入れてしまうので、家に帰るともうグチャグチャになっていることが多いんです。ケーキ同士が、あるいはケーキが箱の上部にあたって原形をとどめなくなっていることも度々。このお店はその点、紙の仕切り版で1個1個固定してあるので、家に持ち帰っても、そのままきれいな姿のままです。気持ちいい。関西博多では当たり前のサービスのようですが、松江ではまだ珍しいお店です。

(2)箱を開けやすくシール角が折ってあります。他のお店ではそのままシールを貼ってあるので、爪を立てて剥がすのが一苦労ということも多いんです。その点、こうして折ってあると、その部分からペロッとスムーズに剥がすことができるんです。ちょっとしたことですが、これも有り難いサービスですね。この点を一度聞いたことがあるんですが、店長さんが食べ歩きをしている中で、出くわしたサービスに感動して取り入れておられるんだそうですよ。

▲私の写真失敗作品!でも感じは分かりますよね

(3)買ったケーキをお客さんのところまで出てきて渡してもらえる。松江のケーキ屋さんのほとんどが、レジのところでお金を払い、そこでカウンター越しにそのまま手渡してもらうのがほとんどです。こうやって、こちらまでカウンターから出てきて渡してもらえるのは、松江では田和山「ウィーンの森」ぐらいでしょうか(出口まで持って来て渡してもらえます)。お客さん目線で大事にしてもらっているみたいで、なんだか嬉しいですよね。

 若い女性オーナーさん(講武千晶さん、26歳)は、母の日、父の日などのイベントに向けて、他のお店と新たなコラボを考えておられるとのことでした。私は最近、病院検査の結果が芳しくないので、自分でケーキを食べることはできませんが、お世話になっている知り合いの方々にせっせと届けては、喜んでもらっています〔笑〕。ぜひみなさん、一度足を運んでみて下さい。ちなみに私が今一番気にいっているのは、「フレジェ」というケーキです。♥♥♥

カテゴリー: グルメ | コメントをどうぞ

「湯元の広場」

 和倉温泉」の開湯は、今から約1200年前のことです。二羽のシラサギが傷ついた足を海中に湧く湯で癒していたのを、一人の漁師が見つけ、飛び立った場所に行ってみると、海の中からお湯がわき出ていたという伝説から、湯が湧く浦」ということから「湧浦」、これが時代を追って変化して後に「和倉」となりました。温泉の湯は、塩の香りがほんのりと漂う、日本でも珍しい「海の温泉」です。

 宿泊した「加賀屋」を出て右にちょっと歩くと、温泉街の「湯元の広場」にある涌「浦乃湯壺」には、その開湯の伝説にちなんだ二羽のシラサギのブロンズ像が立っています。岩山の上に時計台が建ち、記念碑が置かれ、塩分を含む高温の源泉が湧き出しています。像のかたわらに湧く源泉に、半熟とろとろの「温泉玉子」を作るかごが設置されており、自由に利用できます(15分ほどで完成)。噴水のように温泉が出るモニュメントの「温泉流水塔」や、高さ11.5mの日本最大のガス灯「涌浦の炎」も立っています。和倉温泉の名所スポットです。夜を迎えると、町全体が温泉街ならではのレトロな雰囲気へと変わるので、湯冷ましの散歩がてら訪れるのもおすすめです。日本でも珍しい海の温泉であり飲泉もできるので、温泉の効能を体の中からも感じてみては。♥♥♥ 

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

「理想の職業」論

 私がいつも生徒たちに話している、理想の職業」をご紹介しますね。これは日本の地球物理学の権威、故・竹内 均(たけうちひとし)先生(東京大学名誉教授)の教えです。竹内先生は、東大の教授を務める傍ら、全国を講演に飛び回られ、その後、代ゼミの校長、雑誌『ニュートン』の編集長を務め、そしてあれだけの膨大な数の著作を残された先生です。その竹内先生から教わった「理想の職業」論、(1)「好きなことをして」、(2)「それでメシが食えて」、(3)「時々人から感謝される」、この三つを満たす職業に就ければ幸せだよ、というものです。自分自身を振り返ってみるに、そういう意味で私は、まさに「理想の職業」に就いていることになりますね。大好きな英語を勉強させてもらい、給料をいただき、教え子や全国の先生方から温かい感謝の言葉をいただくことがたくさんあります。教えることが楽しくてしょうがありません。生徒たちにも、日頃から教室で「そういう職業に就ければ幸せだよ!」と、よくこの話をしてやるんです。

 センター試験が終わってからは、私は、毎日(土・日もなく)、米子東高内に昨年誕生したばかりの「勝田ケ丘志学館」へ通いました。これは前・米子東高校の校長先生だった山根孝正(やまねたかまさ)先生が、ご自分の退職金を投げうって、新設された予備校です。⇒詳しいホームページはコチラです    午前中は松江北高・補習科で教えて、松江駅に移動して、電車で米子駅~博労町へ、そして夜7時まで授業をした後で、特急「やくも」で松江に帰るという超ハードな毎日を過ごしていたんです。2月途中から左膝がパンク(激痛)してまともに歩けなくなり、米子駅から学校までタクシーで通い、帰りはいつも担任の福田先生に駅まで送ってもらっていました。結構辛かったんですが、何とか授業に穴をあけずに最後まで務めました。3月に入ると、生徒たちから続々と合格の喜びを知らせるメールが届き、嬉しく思っていました。10日で前期試験の最後の結果が出揃い、東京大学(文1)・京都大学(工)を受験した生徒も合格してくれました。松江北高・補習科で教えた生徒も、東京大学・理1に合格しました。「先生に英語を鍛えてもらったおかげです」などと言ってくれると、嘘でも嬉しいですね。松江北高・補習科で、最後の授業が終わり、大職員室の所まで帰って来ると、教えていた補習科の生徒たちがみんな追いかけてきて、御礼を言ってくれました。御礼に一発ギャグをやります、と言って披露してくれましたが、私にはチンプンカンプン、何のことやらサッパリ分かりません。それならもう一つやると言って、やってくれましたが、これまたさっぱり。年代の差を感じたことでした〔笑〕。手紙やらメールやらでいろいろと感謝の言葉をいただきました。こういう嬉しい言葉をもらうと、また調子に乗ってなかなか引退できそうにありません〔笑〕。やはり私の「理想の職業」なんでしょう。一部をご紹介しますね。♥♥♥

◎短い期間でしたが、八幡先生に英作文を見ていただき、私自身、雑に、アバウトにやるところがあったのですが、今ではケアレスミスをなくすよう丁寧に取り組むようになったと思います。本当にありがとうございました。また、読解の授業でも、一文、一文精読していく、論理的に読んでいくなどと、今までに疎かにしていたことを教えていただき、前よりも(一年前)英語を読めるようになりました(まだまだですが…)。

◎今年一年で英語に対する考えががらっと変わりました。特に、英単語は丸暗記ではない、ということは僕にとって衝撃でした。これから海外へ行くことになると思います。その時は先生に教わった知識を自信に新たなことをどんどん吸収していこうと思います。先生の授業の時の深い話も本当にありがとうございました。

◎八幡先生には、英語だけでなく、僕の知らない世界や勉強の仕方をたくさん学ばせていただきました。大学で目標を定めて、勉強をがんばりたいと思います。1年間ありがとうございました。無理はなさっていると思いますが、お体に気をつけてください。

◎第1志望で受かれたのは八幡先生の指導のお陰で踏みとどまれた(特に英作文)からだと思っております

◎ほんとに先生に鍛えて頂いたおかげです。ありがとうございます。

◎一年間大変お世話になりました!最初は英語が一番苦手な教科でしたが、おかげさまで1番楽しい教科になりました!!本当にありがとうございました!!大学でも勉強を1番に頑張ります!!

◎1年間みっちり英語を教えていただきありがとうございました。

◎八幡先生には1年間大変お世話になりました。和文英訳や英作文の添削も、指導していただいたおかげで、本番で思う通りに書くことが出来ました。本当にありがとうございました。

◎本当に1年間ありがとうございました。先生のご指導のおかげで合格できたと思っています。

◎先生のご指導のおかげで東京大学に合格することができました。東大でもこれまで学んだことを生かしながら、気持ちを新たに頑張りたいと思います。大学の様子等はまた連絡させていただきます。先生もお体に気をつけて頑張ってください。

◎理科一類に合格しました!!本当に2年間ありがとうございました!!

◎先生から教わったことを大学で最大限活かせるよう頑張ります。1年間ご指導いただきありがとうございました。

 

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

『重要問題演習』動画公開!

 昨年11月に、 『2021共通テスト重要問題演習英語リーディング』(株)ラーンズより刊行されました。来年から始まる「共通テスト」の出題方針、2回の試行調査で見られた出題様式を踏まえて、分野別に基礎の定着をはかり、「共通テスト」で求められる思考力・判断力・表現力の土台を養成するための格好の教材です。問題冊子、解答・解説、別冊「ナビゲータ&チェック」冊子(私が執筆協力)の3分冊から成り立っています。幸い増刷もかかり、全国の先生方に好評でたくさん使っていただいているようです。この本の詳しい中身の紹介・ページ見本は、ラーンズのウェブサイトに出ていますので、ぜひご覧になってくださいね。⇒コチラです

 このたび、この本の「紹介動画」が完成したのでご紹介します。

 この動画の最後の方で、私も「声」で出演しておりますので、ぜひご覧になってくださいね。最後に下のような私のイラストが出てきます。そこに私の生の声がかぶさってきます。この動画の録音をする際に(松江北高英語研究室で)、私は痛めていた左ひざに前日ヒアルロン酸を打ってもらったのが悪かったみたいで、激痛の中で収録しました。全く歩くことができませんでした。収録が終わるとすぐに整形外科に駆け込んだ、という忘れられないエピソードがあります。

 手探りの「共通テスト」対策で、何かいい教材はないか?と、お探しの先生方は、ぜひこの本の見本を手に取ってみてください。私が最も大切だと考える「勉強の仕方」「取り組み方」が詳しく解説されていますよ「ナビゲータ&チェック」冊子でこれを勉強してから、本冊の新規オリジナル問題へと進んでもらうのが、お薦めの勉強法です。♥♥♥

【追記】 今週3月15日(日)に、米子東高校内の予備校「勝田ケ丘志学館」で、来年度の保護者・生徒対象の説明会が行われます。 大きく変わる来年度の英語の「共通テスト」に関して、分かりやすくまとめた資料を作りました。「ダウンロードサイト」に登録しておきましたので、興味のある先生方はご覧ください。♦♦

・「「共通テスト」で英語は大きく変わります!」 (編)八幡成人  ⇒コチラで読むことができます

 この一年間、「勝田ケ丘志学館」で、私がどんな教材を用いてどのような指導をしてきたのかを一覧にしたものをまとめました。生徒たちはかなりの力をつけて、志望の大学に合格してくれましたので(東大・京大を含む)、方向性・指導内容は間違っていなかったものと考えています。ご参考に。♦♦

・「「勝田ケ丘志学館」英語指導年間計画」 (編)八幡成人 ⇒コチラで見ることができます

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

「吸血鬼カード」

 カードマジック愛好家の私が最も好きなパケット・トリックが、今日ご紹介するPaul Hallus「吸血鬼カード」です。 Magic Makersから発売されていました。もうずいぶん前から演じています。

 1枚の真っ白なカードを示して、それを持って他の4枚のカードが吸血鬼の絵が描かれていることを示します。真っ白なカードは、テーブルに裏向きにして伏せておきます。「ここに4枚の吸血鬼のカードがあります」まずマジシャンは、4枚のバンバイヤー(吸血鬼)の絵が描かれたカードを1枚ずつ示します。ここで、一番上のバンパイヤー・カードを裏向きにします。1枚だけ裏向きになっているはずです。そして、テーブルに置いた裏向きの白いカードでおまじないをかけると、2枚のバンパイヤー・カードが裏向きになってしまいます。再びおまじないをかけると、続けて、3枚、4枚と次々にバンパイヤー・カードが裏向きになってしまいます。4枚全部が裏向きになりました。さてここで表を確認してみましょう。すると・・・、バンパイヤー・カードは裏向きになっただけでなく、吸血鬼は全て消えていなくなって4枚とも真っ白なカードになっているのです。なぜこんなことが起こったのでしょう?テーブルに置いてあった、おまじないをかけていた白いカードを見ると・・・なんと、お墓のカードになっているのです。あらかじめテーブルに置いたおいた白い1枚のカードには、いつの間にかお墓の絵と「Prof. Van Helsing   Vampire Hunter」と書かれ、吸血鬼が退治されたことを示したカードに変化してしまいます。ちなみに、Van Helsingという人はドラキュラ・ハンターとして知られている人です。

 ストーリーがしっかりとした手順です。しっかりとしたオチが付いています。コーティングとエンボス加工もされとても美しく品質の良いカードです。吸血鬼という、ちょっと変わったカードを使ったトリックですので、普通のカードを使ったトリックに飽きた方におすすめです。使う技法はダブルリフトエルムズレイ・カウントだけです。私は5組以上買っています。それぐらいにお気に入りのマジックなんです。♠♣♥♦

カテゴリー: マジック紹介 | コメントをどうぞ

読書三昧!

 2月いっぱいで、私の全ての授業が終わり、3月は完全にフリーとなりました。1月のセンター試験が終わってからは、毎日(土・日も)米子に教えに行っておりました。午前中は松江北高補習科で授業し、松江駅に移動し、電車で米子まで、午後7時まで授業をして特急「やくも」で帰る、というハードな日々を過ごしておりました。ようやく解放されました。3月に依頼されていた県外の「共通テスト」の特別授業も、一斉休校でキャンセルとなり、完全に朝から晩まで自由に過ごせる天国状態です。思い起こせば、退職時に2ヶ月だけこんな有り難い日々を過ごして以来の経験です。生徒たちから届く「合格」のメール報告を喜びながら、読書三昧の日々を過ごしております。3月は旅行三昧と考えておりましたが、どこへ行っても休館・休園なので、旅に出ることもできません。書店に出かけて本を仕入れたり、馴染みのお店に食事に行ったりで、のんびりと過ごしております。今年一年使った教材の手入れをしたり、来年度用に手直しを加えたりする時間がたっぷりとできました。

 溜まりに溜まった積み上げられた本を、1冊1冊読破しております。毎日「今井書店」「BOOKOFF」松江・出雲「BOOKOFF」は、都会のお店よりも品ぞろいがいいんです。都会にはない本が結構手に入るんですよ。旅先の「BOOKOFF」を回ってみて、これは意外な発見でした)に出かけて、補充をしております。今日はこんな本を「今井書店学園店」から仕入れてきました。読書三昧、最高です。

 買い溜めしてあるマジックの最新商品の整理にも充てたいと思っています。今日も「フェザータッチマジック」から、4つの最新用具が届きました。あ~、天国です。♥♥♥

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

髙橋真梨子ラストコンサート?

 大好きな髙橋真梨子(たかはしまりこ)さん(71歳)が、1978年のソロデビュー翌年から毎年開催してきた全国ツアーを、44回目を数える今年2020年をもち休止することを発表しました。彼女は、1973年3月10日にペドロ&カプリシャスの二代目ボーカリストとして「ジョニィへの伝言」でレコードデビューし、今年でデビュー48年目を迎えます。1978年11月25日のソロデビュー後、翌年開催した全国ソロツアー以降、全国規模のツアーを毎年欠かすことなく行ない、今年のツアーでソロとして42年連続、44回目を数えます。近年は体調不良などもあり、「納得するステージを毎回継続していくことが年々厳しくなってきた」というのが理由です。最近では公演が終わると疲れ切って立てなくなるようなこともあったといいます。髙橋さんはステージが全てで、プライベートも含めて全てを公演のためにかけてきており、「ステージで倒れたら本望」とまで言い切っていました。ここ数年は特に体力に自信がなくなってきており、「万全じゃないとお客さまに歌を提供できない」という、自分の音楽に対して決して妥協を許さない髙橋さんの真摯なプロ魂を見ることができます。「毎年足を運んでくれる全国のファンがいる、というありがたい環境になるのに、そんなファンの皆さんに心から申し訳ない気持ちです」

 今年の全国ツアー『Mariko Takahashi Concert vol.44 2020 Our Days』の全33公演の情報は既にオフィシャルホームページ等で発表されていますが、3月4日の彼女のホームページにおいて、「2021年以降のコンサートツアーのお知らせ」と題して、「常日頃より髙橋真梨子を応援いただき誠にありがとうございます。この度、2020年いっぱいのステージをもちまして、コンサートツアー活動をお休みさせていただくこととなりました。デビュー以来48年間にわたり今日まで休むことなく走り続けてきましたので一旦ここで充電期間を持つこととなりました。本年度は全国の皆様にこれまでの感謝をお伝えするツアーにしたいと思っております。今後とも温かいご支援のほど何卒よろしくお願い申しあげます。」とコメントを掲載。ステージを主軸に活動してきた髙橋の、前人未到の“42年連続44回目となる全国コンサートツアー”という記録は、2020年いっぱいで途切れることとなりました。ファン会報では、

 みなさま、お元気でお過ごしでしょうか。いつも応援していただき、ありがとうございます。今まで私はステージを中心に活動してきましたが、この度、2020年をもちまして、しばらくコンサート活動をお休みさせていただくことに致しました。近年は、お客さまの声援に励まされ、自分自身を鼓舞しながら歌をお届けしてきましたが、納得するステージを毎回継続していくことが年々厳しくなりました。そこで一度立ち止まって、歌と向き合ってみたいと思います。2020年は全国のみなさまに、これまでの感謝の気持ちを、お伝えするツアーにしたいと思っています。お逢いできることを楽しみにしています。   髙橋真梨子

 自身の活動48年間の集大成とも呼ぶべき作品『髙橋千秋楽』を、ツアー初日を目前とした6月10日(水)に発売することも発表しました。同作品は、髙橋の活動を代表する楽曲を、プロデューサーで公私にわたるパートナーでもあるヘンリー広瀬と共に2人でセレクトした、CD4枚組、計67曲を収録したオール・タイム・ベスト・アルバムです。さらに、現在の髙橋の心境を自身が綴った書き下ろし新曲も2曲収録されるほか、このタイミングだからこそ初心に戻り歌うペドロ&カプリシャス時代の隠れた名曲3曲を今回初セルフカバーするなど、新録音楽曲も計5曲収録される予定です。さらに、発売当時以来長らく入手困難となっていた幻のソロ・セカンド・シングル「夢ゆらり」とカップリング曲「誕生日」も約40年ぶりに音源化・収録されるなど、話題満載の作品として完全生産限定盤と通常盤の2形態で発売となります。

 このまま引退してしまうのか?ということが心配ですが、夫でプロディユーサーのヘンリー広瀬さんは、「一度休んだ後でリスタートを切れるのか、先のことは分かりません。でも本人は『引退は考えられない』と話しています」と否定しておられます。まずはこの6月からスタートする全国ツアー(33公演)に一曲入魂で頑張るつもりとのことです。

◎髙橋真梨子スゴイ記録の数々!!

 2,000人以上収容できる大規模ホールで、年間25公演以上を42年も続けている女性ソロ歌手は髙橋さん以外にはいません。2015年に発売されたアルバム『ClaChic』オリコンの女性歌手のトップ10入り最年長記録(66歳3ヶ月)、2016年にソロとして紅白歌合戦」に4回目の出場をしましたが、これは当時の67歳9ヶ月は紅組最年長記録で、翌年も出場し、自己記録(68歳9ヶ月)を更新しました。「音楽の殿堂」と呼ばれるアメリカのカーネギーの大ホールで、日本人で唯一3回公演(1993年、2008年、2016年)を達成しています。307曲のオリジナル作品中、150曲以上の楽曲で作詞を手がけ、ドラマや映画の主題歌は25曲にのぼります。1979年のソロコンサートから昨年の「MariCovers」まで、毎年欠かさず行ってきた全国ツアーは41年間で2,763回を数えました。今年を合わせると2,796回。単発のスペシャルライブが16本、297回のディナーショーを加えると計3,109回です。こんな歌い手、もう出てこないですね。これを考えると、72歳で全国を巡りまだ元気に歌い続けている小田和正さんや、67歳で4,400回以上の全国コンサートを続けているさだまさしさんがいかにスゴイ存在かが分かろうというものです。♥♥♥

カテゴリー: 私の好きな芸能人 | コメントをどうぞ

ルミュゼドゥアッシュ辻口博啓美術館

◎週末はグルメ情報!今週はケーキ&美術館

 宿泊した「加賀屋」から歩くこと5分、「ルミュゼドゥアッシュ 辻口博啓美術館」にお邪魔しました。辻口博啓(つじぐちひろのぶ)さんは、史上最年少の23歳で「全国洋菓子技術コンクール」にて優勝し、その後、フランスの「コンクール・シャルル・プルースト」で銀賞を受賞。1997年、パティシエのワールドカップと呼ばれる世界の「クープ・ド・モンド・ドゥ・ラ・パティスリー」のあめ細工部門で優勝という、華々しい経歴を持つ世界的パティシエです。一度この人の作るケーキを食べてみたかったんです。金沢駅や至る所で、辻口さんのどや顔のポスターを見ましたから、かなりの有名人です。地元・七尾市出身で世界的に活躍するパティシエ辻口博啓さんによる斬新な構想のもと、能登に誕生したミュージアム&カフェ。同氏の砂糖の芸術作品(シュークルダール)が展示される「ミュゼ(美術館)」とオリジナル・スイーツが味わえる「カフェ」、スイーツのテイクアウトやギフトにも利用できる「パティスリーブティック」の3つで構成されています。 スイーツを様々に変化させた、まさに“五感を堪能させるアート空間”の集大成です。「能登の地は私の原点であり続けるでしょう。この地から世界に通用する菓子と菓子文化を創造するのが私の新しい企みです」

 シックなブラックを基調とした高級感あふれる漆黒のエントランスをくぐり抜けると、正面奥には目を見張るばかりのパノラマの海が広がり、黒とシルバーを基調とした空間との鮮やかなコントラストに、しばし圧倒されることでした。お店は満席で、名簿に名前を書いて椅子に座って順番を待ちます。待つこと10分、係の方が案内に来られました。まずはショー・ウィンドウの中から注文のケーキを選びます。能登の恵みをふんだんに使用したスイーツで、どれも美味しそうですね。席に案内されました。椅子に座ると、目の前には七尾湾が広がっています。まるで船内かと思うほど海にせり出している店内です。

 コーヒーとケーキが届きました。頼んだのは、能登の旨みたっぷりの「のとミルク」と、栄養バランスに優れた「セイアグリー健康卵」を使用した「セゾン・ド・ガトー」です。この洗練されたケーキも美味しかったんですが、ケーキ皿に1本さりげなく載っていた焼き菓子(写真上)がとっても美味しかったんです。係の方に伺うと、これはお店の看板商品で「YUKIZURI」という商品名で、いろいろな味があるそうですが、定番の梅味だそうです。お土産にいっぱい買って帰りました。お土産コーナーには、美味しそうなパウンドケーキやフィナンシェがあったので、一緒に購入しました。能登の食材を中心に地元素材を厳選して焼き上げたパウンドケーキ「ケーク・バリエ」「ミルフレーズ」で、ブルーベリーとイチゴのコンフィを閉じ込めたフルーティな味わいで実に美味しかったです。

 カフェを出て、隣接する「美術館」に入ります。七尾の海の小宇宙はまさに海の中に広がる銀河。そこから湧き出るイマジネーションが、辻口さんのお菓子創作の原点で、スクリーンに広がるLED(発光ダイオード)で照らし出される光りの演出がきれいでした。刻々と変化する光りの芸術に、スイーツの無限の可能性を表現しているのだろうと感じました。数々の美しい飴細工アートが展示されていて、癒やされました。♥♥♥

 金沢駅・百番街「あんと」にも、この辻口さんのお店がありました。お土産を求める観光客でごった返していましたね。

カテゴリー: グルメ | コメントをどうぞ

ひゃくまんさん

 石川県・金沢駅構内の「観光案内所」前に、石川県の観光PRマスコット・キャラクター「ひゃくまんさん」が展示されています。2013年に、2015年3月に予定されていた北陸新幹線金沢駅開業を、首都圏でPRするために作成されたものです。公式ホームページはコチラです。 石川県の郷土玩具であり、縁起物の「加賀八幡起上り」をモチーフとして、加賀友禅柄の菊やぼたん、色彩には赤・黄・緑・紺青・紫の九谷五彩を活用した豪華絢爛なデザインで、体と眉毛は金箔、ひげは輪島塗、全国に誇る石川県の伝統工芸の技術が取り入れられています。背中には大きく「石川県」と書かれていました。全身の素材には、炭素繊維が使われており、伝統だけでなく、石川が誇る先端技術の粋を見せてくれています。金沢市出身のグラフィック・デザイナー田中聡美氏の作で、名前は一般公募で寄せられた中から、「加賀百万石」を連想させる「ひゃくまんさん」に決定しました(応募総数は約5,000件)

 全身には、兼六園「ことじ灯籠」「白山」「能登キリコ」「加賀てまり」「金沢城」など、県内各地の観光資源が、これでもかと言わんばかりに描かれており、石川のマスコット・キャラクターを代表するような風格も兼ね備えています。それでいて実にチャーミングな広告塔でした。♥♥♥

 この「ひゃくまんさん」は石川県の魅力をPRするために活動しています。その「ひゃくまんさん小唄」という石川県の観光資源のPR動画が公開されており、作曲はあのユーミンこと松任谷由実さんです。

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

松江もかよ!!

 新型コロナウィルス感染拡大の影響で、マスクのみならず、日用品を買い占める動きがあり、各地のお店でトイレットペーパーティッシュペーパーなどが、棚から消えています。ネット上のデマに惑わされた現象と言われています。デマの理由としては次の2つ。「マスクの製造にトイレットペーパーの材料が使われている」「中国に原材料を依存しており、中国からの輸入が止まる」 しかし、どちらもウソです。マスクは「不織布」、トイレットペーパーは「パルプや古紙」と、原材料は異なります。ほぼ100%の国産品でもあり、新型ウィルスの発生源である中国の影響は受けません。「在庫は十分。冷静に行動して」と呼びかけても、依然として買い占めが続いています。松江市内のスーパーやコンビニ、ドラッグストアを今日回ってみましたが、どこも棚は空っぽでした。

 デマと分かっていても、スーパーやドラッググストアやホームセンターの売り場から商品が消えた、と聞かされれば、不安を抑えきれなくなるものですね。社会心理学でいう「予言の自己成就」の典型現象です。これは、人々が根拠のない予言(うわさや思い込み)を信じて行動することによって、予言が現実化する現象を指して言います。今回の場合、問屋には在庫が十分にあったにも関わらず、「紙製品が足りない」という予言が実際に起きてしまったのです。メディアやSNSでトイレットペーパーが売り切れていると報じられたり、ネット上で売り切れの情報や現場写真が出回ったり、自身が店舗で直接売り切れている状況や購入のための大行列を見たりして、「紙製品がない」と認識した人々が購入に走り、それをまたメディアが大きく報道する。この繰り返しによって全国的に広まっていったのです。SNSのデマだけでなく、メディアの「過剰報道」が原因だと思われます。在庫がない訳ではなく、「爆買い」が原因なのです。

 買い占めに走った人自身の心理は、自分はただ紙製品が欲しいから、あるいは家にないから買うのであって、パニックに陥ってあわてて買いだめをしているわけではない、というものです。「落ち着いて冷静に行動して下さい」と言われても、「自分は落ち着いているので関係がない」と思っています。「トイレットペーパーが足りないのはデマ」と言われても、実際には目の前の店舗にはないのを見ると、全く説得力がありません。つい買い占めてしまいます。

 『今は店頭にはありませんが、配送センターには製品が届いているので、○○日には店頭に安定供給されます』と、具体的な状況と供給時期の目安を知らせてもらえれば、この騒動は沈静化するものと考えます。実際に今日「イオン菅田店」に行ってみると、少しだけトイレットペーパーが入荷していました。

 鳥取県・米子市で、診療所などを運営する「医療生活協同組合」の男性職員が、デマの投稿者の一人だったことが分かり、医療生協側が謝罪したとの報道がありました。こうした心ない人間のたった一言の発信が、爆発的に広まってしまうという、今日のSNS社会の「恐ろしさ」を垣間見ることのできる騒動です。♠♠♠

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

「UNOrthodox」

     最近入手したAlakazam社の最新作品、Blackpool大会でも完売した 商品名は「UNOrthodox」です(この会社の商品にまずハズレはないというのが私の感想です)。通常の読み方としては「アノーソドックス」なんでしょうが、内容を考えると、「ウノーソドックス」といったほうがいいかもしれません。作者のAntonio Martinezは、そこら辺をかけたタイトルにしています。日本語の意味は、「型破りな」という意味の単語です。

 基本的な現象は「インビジブルデック」の現象になります。⇒このトリック・デックに関する私の思い出はコチラ  観客の自由選択で、1枚のカードに絞っていってもらいます。そしてケースからデックを取り出すと、トランプではなくカードゲームに使う「ウノカード」が入っています。マジシャンが広げていくと、1枚だけトランプらしきカードが裏向きに入っています。相手のカードを再度確認して、そのカードを表向きにすると観客の選んだカードと一致しています。カードサイズはポーカーサイズ(スタンダードサイズ)ですので、普段通りで扱いに不便はないと思います。加工の方法が少々変わっているために(サイエンスフリクション)、所定のカードをずらすのが、ラフ・アンド・スムーズ加工に比べて、ずいぶん楽になっています。ただし、その分加工の特性を知らないと、デックの劣化が早くなってしまう可能性などがありますから注意です。また、デックは1デック分の厚みで(バイスクルのケースから出せることからもお分かりかと)、カードも普通のカードとなると、非常に不思議な点も出てきますが、その辺の扱いに関しても、動画で解説がなされています。子供などでも、ビジュアル的に色味がきれいですので、それだけで興味を引くアイテムになっていると思いますし、不思議さは十分ですね。通常の「インビジブルデック」と異なる点は、「インビジブルデック」は「1組の中で1枚がひっくり返っている」ですが、このデックは「たった1枚のトランプが紛れ込んでいた」と、不可能の度合いがぐっと上がることです。仕事量は全く変わらないのに、相手の受け止める不思議の量がグンっと上がるのですから、演じないのは損ですよ!非常にお勧めなデックです!!

 「価格の$40が高すぎる」とのマジシャンのネットの批評がありますが、「ウノカード」は通常のトランプのカードよりも一回り小さいので(56mm×88.9mmのブリッジサイズ)、Alakazam社は新たに1からデザインし直して、マジシャン御用達のバイシクル・ポーカーサイズ(63.5mm×88.9mm)に作り直しています。

・簡単に演技できる  ・技術不要   ・すぐにリセット可能   ・複雑な計算は不要   ・数える必要もなし  ・カスタムデザインされた美しいデック

これらの特徴を考えれば、決して高い買い物ではないと私は思います。日本に入荷後すぐに売り切れになったことからも、人気の度合いが分かりますね。♠♣♥♦

カテゴリー: マジック紹介 | コメントをどうぞ

ホテルの英語掲示のひどさ

 商売柄、全国のホテルに泊まることが多くあります。英語教師という仕事上、ホテルの部屋に置いてある種々の英語掲示にはどうしても目が行ってしまいます。中にはとんでもないヒドい英語も散見されます。⇒例えばコチラをご覧ください

 そこら辺、一流ホテルはさすがにネイティブにチェックをしておられるようで、立派な英語パンフレットが多いようです。でもそんな一流ホテルでも、時には下記のような英語が見られます。全国チェーンの有名ホテルです。みなさん、どこがオカシイのか読んで考えてみてください。Wi-Fi接続に関する案内書の英語です。

Please enter the password after select the Network/SSID below.

Network connection may not become available or become depending on the area.

This system cannot be used to connect to other wireless LAN devices.

You may require certain program or software provided by the hardware distributor to change the setting on your computer /device. It is in a front desk.


 チェックアウトの際に、フロントでこの英語のオカシさをお知らせしておきましたから、さて、今度泊まりに行った際にどうなっているか?が見物です。一流どころはこのような指摘に対して、すぐ対応して改善しておられます。私とALTのジーノ先生が話し合って訂正をしたのが下記です(太字部分が訂正箇所)。

Please enter the password after selecting the Network/SSID below.

The network connection may not be available depending on the area.

You may require a certain program or software provided by the hardware distributor to change the settings on your computer or device.  …. is located at the front desk.

最後の英文は何が「フロント」に置いてあるのかが不明です。

 松江北高図書館にも入れてもらっているAsahi Weeklyには、このような日本全国に見られる英語掲示のジャパニーズ・イングリッシュを取り上げた連載があって面白く読んでいます。♥♥♥

カテゴリー: 英語語法 | コメントをどうぞ

勘弁してよ~どこも休館!

 楽しみにしていた「金沢21世紀美術館」、行ってみると閑散としていました。新型コロナウィルスの感染拡大を防止するために、2月29日から3月15日まで有料「展示ゾーン」は休館とのことでした。知らずにここを目当てに来られた観光客の方がたくさんおられ、みなさんガッカリしておられましたね(私もその一人)。仕方がありません。外の「交流ゾーン」と、ガラス越しに館内の通路部分をグルッと回って、金沢駅に帰ってきて、特急観光列車「花嫁のれん」号で、和倉温泉「加賀屋」に向かいました。この列車良かったです(また詳しく報告しますね)。翌日、再び金沢に戻り、昨年出来たばかりの「谷口吉郎・吉生金沢建築記念館」を訪れようと、駅前からタクシーに乗りました。行き先を告げると、タクシーの運転手さんが、「確か今日から休館だったと思いますが…」とのことで、無線で会社に確認してくださいました。やはり休館でした。残念!

 金沢帰りに京都に立ち寄って、京都駅からタクシーで「京都鉄道博物館」を目指しました。二度目の訪問です。⇒私の初めての訪問記はコチラです  私の大好きな「ハローキティ新幹線」の特別展示が開催中とのことで、これが目当てです。建物の裏手でタクシーを降りて向かおうとすると、駐車場係の方が、「今日は博物館も水族館も休館ですよ!」と教えてくださいました。鉄道博物館を見た後で、お隣の「京都水族館」も覗こうと思っていただけに、ダブルパンチです。痛む左足を引きずりながら、九条通まで歩いてタクシーを拾いました。

 「観光業」はあがったりですね。どこもお休みです。思わず「勘弁してよ!」とつぶやいていた八幡でした。😢😢😢

 でも良いこともあったんです。いつもお世話になっている「日本旅行」田中さんから、北陸鉄道「金沢定期観光(半日コース)」を申し込んでもらっていたんです。出発時刻の10分前には、バスセンターで手続きをということだったので、和倉温泉「のとじま水族館」までタクシー(30分)を飛ばし、開館時間(9時~)ピッタリに入館し、タクシーを待たせておいて40分ほどジンベイザメなどを観覧して、強行軍で和倉温泉駅に戻ってきました。特急「サンダーバード」で、何とか金沢駅前のバスセンターに着きました。手続きを終え、係の方に「今日はお客さんは多いですか?」とお尋ねすると、「お客さんお一人です」と!!―「エーーツ!!」信じられない!これも新型コロナウィルスの影響です。日曜日にもかかわらず、「午前中コース」は一人の申し込みもなかったそうです。こんなことは今までになかったそうです。金沢めぐりの観光バス・ガイドさんを独り占めという貴重な体験をすることができました。申し訳ないやら、有り難いやら。「ひがし茶屋街」⇒「兼六園」⇒「天徳院」 からくり人形劇観覧⇒長町武家屋敷跡⇒喫茶店でコーヒー、という半日を実に楽しく過ごすことが出来ました。二度とない体験でした。♥♥♥

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

捜査一課長大岩純一

 内藤剛志(ないとうたけし)さんが演じるドラマ「警視庁捜査一課長」大岩純一(おおいわじゅんいち)は叩き上げのデカであり、部下と共に努力と根性と人海戦術の捜査で事件を解決に導く “等身大のヒーロー”かつ“理想の上司”として描かれていて、私も大好きなドラマです。⇒私の紹介記事はコチラです   ドラマの中で「いいかみんな、何としても証拠を見つけて、必ずホシを挙げる!!」と、内藤さん扮する一課長が力強い決意を告げ(決めぜりふ)、総勢50名の捜査員たちが「ハイッ!!」と士気を高める場面が印象的です。初回は「必ずホシを挙げろ!!」と言っていたと思いますが、途中から「必ずホシを挙げる!!」に変わりました。コチラの方が部下の士気は高まりますものね。故・渡瀬恒彦さんの後継の、内藤さん演ずる十津川警部はチョット勘弁と思いますが、それもやはり「科捜研の女」(土門警部)やこの「警視庁捜査一課長」(大岩一課長)の刑事イメージがあまりにも強すぎるために、印象が薄れてしまったためと、私は分析しています。

 約400名の捜査一課員を陣頭指揮し、常に複数設置されている捜査本部への的確な指示と共に、マスコミ対応にもあたります。そんな激務をこなす一方で、捜査が行き詰った時は、自ら現場に出向いて捜査に加わり、現場主義を貫くところが一番の魅力です。部下を心から信頼し、ねぎらいの言葉をよくかけ、犯人に対しても、動機の質に関わらず、辛辣な批判で追い打ちをかけたりはせず、反省や再起を促す熱い言葉を贈る人情味豊かな人物でもあります。事件の遠因が自分にあった場合、笹川刑事部長(最近のこの人の態度がひょうきんで面白いです)に辞表を提出することもあるなど、責任感も強く、これらの言行から、部下たちの厚い信頼を勝ち得ている人物です。まさに「理想的な上司」として描かれていますね。20年前に一人娘を病気で亡くしており、月命日には、必ず娘の好物だったカレーライスとプリンを食べる習慣があります。愛猫ビビちゃんを慈しんでいますが、あまり懐いてはいないようです。

 さて、毎回このドラマを見る中で、一定のパターン(様式美?)があることに気づきます。以下は八幡の分析ですが、おそらくそれもこのドラマの人気に繋がっているのでしょう。❤❤❤

(1)冒頭シーンは、内藤さんが電話を受け、事件の発端を簡潔に説明しながら現場に臨場するところから始まります。毎回実に視聴者の関心をそそるタイトルです。

(2)脇を固める女刑事のあだ名は全部スイーツ系です。「大福」「もなか」「チョコ」「和菓子」「あんこ」「ババロア」「ようかん」「スムージー」と、全部大岩一課長の命名です。

(3)捜査が行き詰まると、無謀なレベルの人海戦術へと展開します。むしろの中から針一本を見つけるような。そこで決定的な手がかりが発見されます。「よくやった!○○」と大岩がねぎらいます。

(4)笹川刑事部長役の本田博太郎は、大岩を叱咤激励する役割ですが、時々コントを展開し、運転担当刑事役の塙 宣之(ナイツ)の主婦ネタとドラマに安らぎと笑いを与えています。

(5)妻の床嶋佳子や愛猫のビビから、事件解決のヒントをもらうこともあります。妻に「いつもありがとう」とねぎらいの言葉をかけます。視聴者はここで癒やされるのでしょう。

(6)大岩の右腕「ヤマさん」こと金田明夫とのあうんの呼吸、絶妙なコンビが見物ですが、彼のネクタイが毎回ド派手です〔笑〕。

(7)いつも意外な人物が犯人です。

(8)レギュラー陣のキャラが着々と濃厚になりつつあります。

 

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

「五島軒」のアップルパイ

◎週末はグルメ情報!今週はアップルパイ 

 明治12年 初代若山惣太郎が富岡町でパン屋を創業。長崎五島列島の五島英字の協力を得て、ロシア料理とパンの店・五島軒」を創業。幕末の開港と共に 花ひらいた西洋文化・・・平成12年には、函館の食文化育成と「函館ブランド」の全国発信に貢献したとして「北海道新聞文化賞」教章。平成21年 創業130年を迎え伝統の味と歴史を継承。そして未来へと続く、北海道・函館「 五島軒」です。

 1879(明治12)年創業のレストラン「五島軒」で、フルコースのデザートとして出されていたケーキ類は、今も伝統を守って丁寧に作られています。りんご生産日本一の青森産ふじりんごをたっぷり使用したアップルパイは、30年以上にもわたるベストセラー商品。しっかりと食べごたえのある昔ながらのパイで、地元人の手土産にも人気です。マラスカ種のスイートチェリーを使用してこくのあるマラスキーノ酒と、シナモンで味つけされたふじりんごは、シャキシャキ感も残って、何層にも重ねられています。パイ表面のつやつやの杏ジャムも、いいアクセントに。シナモンもあまり主張しすぎておらず、りんごの風味が生かされているので、子どもにも食べやすい味わいです。お土産にはホールタイプのものを買われる方が多いそうで、冷蔵便で地方発送できます。

 私はアップルパイには目がなくて、全国の美味しいアップルパイのお店を求めて旅しています。そんな私の現在の第一位は、博多・阪急デパートの地下1階「アンジェココ」のアップルパイです。⇒私の紹介はコチラ  現在、松江・一畑百貨店で開催されている「北海道展」で、「五島軒」のアップルパイが販売されています。以前はホールでの販売だったんですが、今はホールを8カットした4個入りの箱で販売されています。私のお気に入りのアップルパイでした。♥♥♥

カテゴリー: グルメ | コメントをどうぞ

「一太郎2020」

 私の愛用している(株)ジャストシステムのワープロソフト「一太郎」の2020年版が届きました。私が購入したのは特別上位版「一太郎2020プラチナ[35周年記念版]」です(38,000円税別)。早いもので、もう35周年ですか。私は30年以上このソフトを使い続けています。毎年この時期にバージョンアップされる度に購入しているんです。現場のほとんどの先生方はマイクロソフトの「ワード」派だと思いますが、私は熱狂的な「一太郎」派で、年季が入っていますから、どんな込み入ったレイアウトの文書でもこのソフトで作ることができます。私が長年にわたって作成してご好評をいただいた「センター対策本」は、毎回このソフトを駆使してレイアウトを構成していました。

 今回の「一太郎2020」は、35周年記念版ということで、いくつかの記念ソフトウェア・コンテンツを含んでいます。主なものは

①風景写真などを選んで文字を入力すれば、タイトルロゴを作成できる「フォトモジ」…インパクトのある「見出し」を作るときには重宝する機能です。これを使って通信を作成するのが楽しみです。

②回顧録や年譜などに便利な「昭和・平成・令和   時をかけるイラスト70」…私はイラストソフトを沢山手元に置いて、様々な文書を作っています。そんな私には格好のプレゼントがこの70枚のイラストでした。とても綺麗です。

③「モリサワフォント26書体」…文書はフォントでどのようにも変身します。美しいフォントを集めている私にとっては最高のプレゼント企画でした。

④13年ぶりに全面改定して26万9,000項目を収録した「大辞林4.0 for ATOK」…入力の際に辞書機能があると便利ですね。

⑤PDF・画像を一太郎やOffice文書に変換できたりするPDFソフト「JUST PDF 4」…今回の添付ソフトの中で私が一番高く評価したのがこのソフトでした。これでPDFから一発で「一太郎」「ワード」文書に変換してくれるので、便利なことこの上ない。変換精度もかなり気に入っています。これは実に重宝します。

 このほかにも、音声データの増量で、自然なイントネーションを再現した「詠太10」(えいた)には、日本語の女性話者「RISA(リサ)」を新たに搭載。これまた私の長年のお気に入りのグラフィックソフト「花子2020」は機能がアップしました(図面を作るならこのソフトです)。表現力やMicrosoft Officeとの互換性を高めた「JUST Calc 4/R2」「JUST Focus 4/R2」、基本機能は変わらないメールソフト「Shuriken 2018」も収録していますがこれらは一切使っていません。これらの特徴を、分かりやすくまとめた幻の「一太郎新聞」コチラで読むことができます。実に見事なレイアウト構成です。こんな文書を作りたいと思っている八幡でした。♥♥♥

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

Waiter!と呼びかけてよいか?

 次のような記述がネットの英会話サイトに載っています(下線は八幡)。果たしてそうでしょうか?

 呼びかけについて言えば、日本語では「おまわりさん」「先生」「郵便屋さん」などと職業を表わすことばがすべて呼びかけのことばに使えますが、英語ではそうはいきません。警官への呼びかけは、Come in, officer.(おまわりさん、入ってください)のようにofficerを使い、決してPoliceman!などとは呼びかけません。学校の先生にはGood morning, Mr./Mrs./Miss/Ms. Brownのように、名前を言います。ふつうはTeacher!という呼びかけはしません。そのほかの場合も職業を呼びかけに使うのはWaiter!とかPotter!とか限られた場合です

 『ジーニアス英和辞典』(第5版)にも、waiterの項に「呼びかけ可」とありますし、ウィズダム英和辞典』(第4版)にも「時に呼びかけでフェイバリット英和辞典』には「呼びかけにも用いるグランドセンチュリー英和辞典』(第4版)には、Waiter, two sirloin steaks, please.(ボーイさん、サーロインステーキを2人前ください)という用例まで載っています。確かに、アメリカ映画の中で、“Waiter!”と呼びかけていた場面を知ってはいますし、辞書や実際の用例もありますが、私の観察では、現代英語では実に横柄な感じを受けます。「非常に失礼」な印象を与える表現です

Waiter, bring me a cup of coffee, please.

Waitress, bring us two coffees.

③ “Waiter! The menu, please.”[LDOCE2]

④ Here’s the TV mogul version of the old complaint, “Waiter, there’s a fly in my soup.”―USA Today, Feb.18, 1989.

⑤ Nancy reassured her. “Come and sit down for a minute. Waiter” ―she beckoned to him―”could you bring us some tea? I’ll pay you for it now. I’m afraid we won’t be staying   for dinner.”―C.Keene, Very Deadly Yours.

 上の学習辞典LDOCEには、“though some people consider that this is impolite”という重要な注意書きが付けられていました。現在では用例もこの注記もバッサリ全部カットされています。

 私は、『ライトハウス英和辞典』(研究社)の編集作業の過程で、ボリンジャー博士並びにイルソン博士に、この呼びかけ語としてのWaiter, Waitressに関して伺ったことがあります。以下はそのご回答です。

《ボリンジャー博士》 I find waitress impossibly rude, waiter  a little less so but still rude to merit deletion. (The passage you cite(⑤)could almost get by because the speaker is preoccupied with her conversation, and waiter is pronounced with a rising intonation. In the two examples(①②)it starts the utterance and is too imperious.) When I need to attract a waiter’s attention, I try to do it gesturally, usually just by catching the person’s eye. Calling is risky because it draws attention to the person’s menial status. I might use miss for a waitress who is young enough for that, but I would hesitate to use sir for a man.

《イルソン博士》 I would be far too shy to use waiter/ waitress vocatively, despite <“Waiter, the menu, please.”―LDOCE>. I would try to ‘catch the waiter’s eye’ by using body language. Perhaps a usage note is called for, saying that many people prefer not to call out Waiter! or Waitress! in a restaurant. Americans might say Miss! to a waitress, but probably not Sir! to a waiter. Note also that waiter/ waitress are not used as vocatives in the same way as doctor is. You can say <Good-bye, doctor.> but not <*Good-bye, waitress.> But that is probably because you can say <Doctor R.F. Ilson> but not <*Waiter R.F. Ilson>.

 以上を整理すると、(1)呼びかけ語としてのWaiter, Waitressは無礼に受け取られる可能性が強い。(2)その度合いはWaitress>Waiter    (3)目で合図したり、手招き、手を挙げたりで合図を送るのが無難。次の用例が参考になるでしょう。

⑥ Carol shook her head. Motioning to a waitress, Carol indicated she wanted more coffee.―R.Cook, Mortal Fear.

⑦ After a minute, the performer sat back and signaled a waiter, who brought a big pitcher of iced coffee and put it on the table.―C.Keene, Fatal Attraction.

 私が尊敬する山岸勝榮先生『スーパーアンカー英和辞典』(学研)には、「なお、呼びかけるときにはWaiter!などと言わないで名前を呼ぶのが普通(向こうから自己紹介するか、大きな名札をつけている)」という注記があり、他の辞典とは一線を画しています。♥♥♥

 

カテゴリー: 英語語法 | コメントをどうぞ

「不二家」閉店!

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

『広島電鉄殺人事件』

 西村京太郎先生『広島電鉄殺人事件』(新潮社、2018)が、最近文庫化され、発売されました(新潮文庫)。西村先生は、ここ数年、地方鉄道を積極的に作品に取り上げることで、苦戦する地方鉄道を応援しておられます。今、広島では一番売れているようですよ。新潮社からは、『神戸電鉄殺人事件』『琴電殺人事件』に続いて執筆されたのが本書『広島電鉄殺人事件』です。舞台になった鉄道会社は、事件で取り上げられて名前が売れて喜ぶのと、殺人事件でイメージが悪くなると思うのと、どっちが強いのでしょうね?

 最初の章に、広島市と広電の歴史が書かれているのが良いですね。1910年(明治43)に広島電機軌道として開業し、路面電車網を広島市内に広げていきました。昭和二十年、原爆投下によって十万人近い人々の命が奪われ、都市機能がストップして焼け野原になった広島市内を、原爆投下後のわずか三日後に路面電車が走っています。その姿に生き残った広島市民はどれほど勇気づけられたか分かりません。さらには、昭和三十年代後半から四十年代のモータリゼーションによる路面電車排斥の危機を乗り越えて、「軌道敷地内自動車乗り入れ禁止」という規則を作り路面電車を守ります。そして今では日本最大の路面電車を擁しています。その車両たるや、LRVから各地からの中古車まで、まさに路面電車の博物館といった様相です。広電は、日本で一番成功している路面電車と言えるかもしれません。会社も黒字経営だし、車やJRとの差別化もできているんだとか。人口が100万人を超える日本の大都市で、路面電車が市内交通の中心となっているのは広島だけです。「原爆ドーム」「厳島神社」という2つの世界遺産を結んで、観光の足の役割も果たしています。 

 広島電鉄の特集を予定している「月刊鉄道新時代」の編集長・宮本彰は若い女性カメラマンの籾山里奈を連れて広島の路面電車の取材に出かけた。籾山里奈の高校時代の友人・高橋雄介が広島電鉄で運転士として働いている。ところが、会社ではそういう社員はいないというのだ。調べていくと、市内を走る路面電車のスピードを制限速度以上に上げて走り、現在停職中だとわかった。なんとか接触をとったが、なぜスピードを上げたかは話さない。しかし、宮本たちが東京に帰る日、高橋は別れの挨拶に駅を訪れた。その後、高橋雄介は何者かに襲われて負傷する事件が発生した。その数日後、三鷹でも籾山里奈が空き巣に襲われた。殺人未遂事件として十津川警部たち捜査一課が乗り出したが、簡単な事件だと考えていた本件が、7年前に高橋雄介が捲き込まれた事件が絡んでいるように思えてきた。過去に何があったのか?政治家を巻き込んで事件は複雑な展開を見せる。はたして真実は?

広島電鉄の若い運転士が暴漢に襲われた。ライトレイルの制限速度を大きく超過する不祥事で、停職中の身だった。彼はなぜ突然速度を上げたのか? 暴行事件との関係は? やがて浮上する長野県渋温泉で発生した七年前の未解決事件。十津川警部が追う連続殺人の現場は、長野、東京から広電宮島線へ! 長編トラベルミステリー最新作。(新潮社ホームページ)

 上は、新潮社新書版のこの本のカバーの写真ですが、広島市中区・土橋町で電車が曲がる地点から撮られた写真のようです①道路に敷設した軌道(鉄道線含)の路線総延長日本一、②車輌総数日本一(298両)、③一日平均利用者数、この3点でダントツの日本一という輝かしい実績を誇ります。広島電鉄は日本最大の軌道事業者なんです。もっとも、純粋に路面電車なのは19.0kmで、広電西広島~広電宮島口の宮島線を加えて、35.1kmです。この宮島線は元々路面電車ではなく、普通の鉄道車両を使っていましたが、利便性を高めるために路面電車を市内から直通させて、鉄道車両を追いだしてしまいます。現在でもその名残は、路面電車用途鉄道用という高さの違うホームが併設されています。私がよく利用する「紙屋町町西」の電停は、一度に多くの電車が停車することからホームが非常に長いのが特徴です。「広島そごう」前の交差点では、T字形の路線配置が見られますが、これは広島港から来た電車が、宮島口へも広島駅にも行けるように配置されたものです。

 広島駅前の電停から、次々と発車していく電車はバラエティーに富んでいます。廃止になった京都市電1900形・元大坂市電2601形・元神戸市電570形・被爆からの復興のシンボル被爆電車650形もまだまだ元気です。そして近年は、ドイツからの輸入車「グリーンムーバー」(5000形 ドイツ・シーメンス社製)、そして日本の風土に合わせた国産初の超低床車両「グリーンムーバーマックス」(5100形 純国産)を走らせています。両グリーンムーバーは超低床で、老人でも乗りやすく、乗り心地も快適。これらの電車を撮影しようと、全国からカメラ小僧が集まっています。市内を路面電車の路線が網羅しています。軌道敷内は自動車乗入禁止。電車優先だからスピードは出せるのですが、時速40㎞と抑えて悠然と走ります。まさに路面電車が主役なんです。これからも路面電車文化のリーダーとして頑張って欲しいものです。♥♥♥

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

『屍人荘の殺人』

 「デビュー作にして、前代未聞の3冠達成!」(『このミステリーがすごい』、<週刊文春>ミステリーベスト10、『2018本格ミステリ・ベスト10』)という キャッチコピーにつられて、一昨年末に買っておいたのが、今村昌弘『屍人荘(しじんそう)の殺人』(創元社、1700円税別)でした。第27回鮎川哲也賞」受賞作品です。2018年の「本屋大賞(全国書店員が選んだ一番売りたい本)にもノミネートされていました。当時の新聞には23万部突破とありました。新人にして、処女作がこれだけ売れるというのは、推理小説の世界ではまずあり得ないことです。残念ながら、急ぎの原稿書きと他に読むべき本がたくさんあり、ずっと読むことができずにいました。ようやく時間が取れたので、一気に読み上げました。昨年文庫化されて出ていますね。

     私は高校時代は、エラリー・クイーンに夢中になり(国名シリーズ)、大学時代はアガサ・クリスティを全冊読破、教員になってからは、島田荘司・綾辻行人・法月綸太郎などの「新本格派」の推理小説にのめり込んだ、完全なミステリー・マニアなんです。アール・スタンリー・ガードナーの弁護士ペリー・メイソン物や、ド・マクベインの警察小説も大好きで、英語の勉強を兼ねてずっと読んでいました。熱狂的なミステリーファンです。

 「史上初、デビュー作にして3冠達成!」は、決して大げさな宣伝ではありませんでした。本格推理+奇想天外」の組み合わせで、一気に読むことができます。前半は多少まだるっこしい所にも気がつきますが、後半部分は怒濤の驚きの連発です。この若い作家さんはすごい!これがデビュー作とは思えませんでした。大学のホームズと呼ばれている明智(あけち)くん。その相棒・葉村(はむら)くんが、若くして数々の事件を解決。同じ大学の美少女と共に参加した映画研究会の湖畔の別荘での夏合宿。去年、自殺者まで出したいわくつきのその合宿は、とある理由で(これがとんでもなく奇想天外!)、クローズドサークル(閉ざされた場)になり、一夜明けて発見された部員の惨殺死体…。こういう「陸の孤島」の中で幕が上がる連続殺人!!!ミステリーマニアにはもう堪りませんね。ゾクゾク物です。でも、どうせ、去年自殺した人の関係者や恋人とかによる復讐でしょ、と分かるところまではいいんです。スマホを駆使する今どきの若者たちの間で、そんな閉ざされた状況を作れるのか?!がポイントです。そうきたか!!ビックリ!!どんなに自分の頭が「型」にハマっていたか。常識に囚われていたか?!を思い知らされます。単行本で重くて、値段も高かったけれど、読んで良かったですね。ただ、記憶力低下のせいで、巻頭のホテルの見取り図と、多くの登場人物の名前を何度も何度も見返すのが大変!途中で、多くなりすぎた登場人物の名前を、分かりやすく覚えやすく解説する場面では苦笑しました。でもこの描写はありがたかったですね。

 さて昨年末に、この作品の映画が公開されました。どう映画化されるのかに興味があったので、私は先日、イオン松江東宝」に見に行ってきました。結論的に言うと失敗作です。原作のおどろおどろした緊迫感は全く感じられず、一種のコメディ映画になりさがっていました。原作者の今村さんはこの映画をどう感じておられるのか、聞いてみたいとことですね。ただ、驚いたのは、映画の冒頭に、新日本プロレス永田裕志(ながたゆうじ)選手が、本人役でランニングをするところがありました。葉村譲(神木隆之介)、剣崎比留子(浜辺美波)、明智恭介(中村倫也)が訪れるサベア湖に、トレーニング中たまたま通りかかり、その後事件にも巻き込まれてしまい、なんと最後の場面ではゾンビとして登場しています。プロレスファンには堪らないシーンですが、「一体なんでー?」という疑問が湧きました。なんでも、この映画の木村ひさし監督は、自作の映画に“プロレスネタ”を放り込んでくることで有名なんだそうですよ。♥♥♥

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

ニセ十津川とニセ亀井

 ミステリー界の重鎮・西村京太郎先生が生み出した人気キャラクター「十津川警部」「亀井刑事」が、時刻表や鉄道列車にまつわるトリックを解明しつつ、事件の背後に潜む人間ドラマを浮かび上がらせていく、お馴染みの西村京太郎トラベルミステリー。1979年にスタートした本シリーズは、旅情あふれる映像はもちろん、時代を反映した鉄道トリックを取り入れるなど、意欲的な挑戦を続けてきました。その最新作となる第71弾「ニセ十津川とニセ亀井!! 草津逃避行」では(2020年1月5日放映)、なんとサンドウィッチマンの2人がメインゲストとして登場しました。しかも2人が演じるのは、“十津川&亀井のニセモノ”という衝撃の役柄です。《警視庁最強コンビ》×《お笑い人気No.1コンビ》が激突する、いまだかつてないコラボが実現したのです!ドラマの展開はこうです。

 警視庁捜査一課に「十津川警部に殺される…!」と助けを求める電話が入ったところから幕を開けます。電話をかけてきたのはモデルの女性で、彼女は十津川警部(高橋英樹)と亀井刑事(高田純次)を名乗る怪しい2人組に追われていると訴えますが、翌朝、彼女が刺殺体となって見つかります。やがて、十津川の名をかたっていたのは達川幹生(伊達みきお)、亀井になりすましていたのは富山岳史(富澤たけし)という、ワル仲間2人組と判明。彼らはいったいなぜ捜査一課刑事だとウソをついたのか…。達川と富山、そして美雪の所属事務所の副社長・三枝しのぶ(とよた真帆)が捜査線上に浮かぶ中、さらなる殺人事件も起きて―というスリリングなストーリーです。

 主演の高橋さんも高田さんも、サンドウィッチマンの演技を、「うまい!」と激賞しておられました。村川透監督「この2人、スゴイね!」と絶賛しておられました。2人とも監督が要求したとおりにスッと動き、何より真面目。実は、シナリオの第1稿ではサンドウィッチマンさんのセリフがとても多かったので、忙しい兄さんたちには大変すぎるんじゃないかと思ってプロデューサーと相談し、2人のセリフを少し、髙橋・高田さんが担うことにしたんだそうです。でも、撮影が始まってみたら、彼らはとても上手だったので、そのままやっておけば良かったと後悔したとか 。風光明媚な美しい景色を背景にして、義理人情の素晴らしさを感じ取ることのできる番組となっていました。

 サンドウィッチマン伊達さんが、高橋英樹さん、高田純次さんという大ベテランのお二人との共演の感想を聞かれてのコメントがこちらです。

 『トラベルミステリー』シリーズは大好きでよく見ていたので、まさか出演させていただけるなんて…しかも十津川さんのニセモノを演じるなんて…と、ちょっとパニックになりました!演じていても、まるで自分がテレビの中に入ったみたいな感じで、夢のような時間でした。もうこれは永久保存版です。“畑”の違う僕らにも、とてもやさしくしてくださってホッとしました。実はずーっと緊張していたので…。本当はもっと僕らのセリフが多かったらしいのですが、英樹さんがプロデューサーさんに掛け合ってくださったおかげで、ちょうどいい量になりました。漫才やコントのセリフはスッと入るのに、ドラマのセリフはなかなか頭に入らなくて難しかったので、これは本当にありがたかったです。本物の十津川警部の前で“オレが十津川だ”と威張るシーンもあったのですが、そのときの英樹さんの圧倒的な威圧感にビックリしました。そこまでわりとすんなり撮影が進んでいたのに、僕、ビビッて噛んじゃいましたもん(笑)。撮影前は笑顔でお話してくださるんですけど、本番で英樹さんのお顔が変わるのは本当にスゴイ! 高田さんも、バラエティーのときとはまるで違う人なんです。全然、テキトーじゃないので驚きました(笑)。僕は本気で英樹さんにビビった顔をしているので、ぜひそこを見ていただきたいです(笑)。富澤と2人のかけあいもあるので、そちらも楽しんでください。あとは、どれだけ僕らが悪いヤツらなのかを確認していただきたいですね。本当に面白い回だと思いますよ!

 一方、相方の富澤さんは次の通り。

 最初は、ちょっと何言ってるかわかんないな、と思いました(笑)。“ニセモノ役”だとだけ聞かされたので、意味がわからなくて…。台本を読んで、あぁ、こういうことなのか、と納得しました!役名や仙台出身というところなど役柄の設定を僕らに“寄せて”くれた脚本だったので、それがまた驚きと感激で…。ちゃんとやらなくちゃ、と思いました。知らない役者さんとの共演だと緊張の度合いも違いますが、お2人はやさしい方だとわかっているので、緊張は早々にほぐれました。でも、机に足を乗せながらふてぶてしいお芝居をやらなくちゃいけないシーンがあって…早く引っ込めたくて仕方がなかったですね。失礼すぎて、足がけいれんを起こしそうでした(笑)。僕らの存在を通して、親子、そして仲間との絆など人間にとって大切なものが描かれています。それから今回は、同じ事務所の後輩芸人がいっぱい出演しているので、そんなところにも注目してください!

 ちなみに、原作となったのは、西村京太郎先生『草津逃避行』(2006年) で、今までに渡瀬恒彦主演「十津川警部」シリーズ第46弾「特急「草津」殺人迷路」として、また最近では、内藤剛志主演「十津川警部シリーズ5 京都嵯峨野殺人迷路」でドラマ化されています。今作で三回目。よほどプロデユューサー好みの作品なんでしょうね。♥♥♥

【追記】 原作者の西村京太郎先生は、現在89歳、間もなく90歳を迎えようとしておられます。目標の著書635冊まで(東京スカイツリー634mを1つだけ上回りたい!)カウントダウンが始まっています(最新の『西日本鉄道殺人事件』(新潮社、2020年1月)627冊目)。先生は、最近の雑誌『一個人』3月号(KKベストセラーズ)で、特別寄稿「百歳までにしたいこと」を寄せておられ、そこでは、頭の方は30歳で止まっており、進歩も退歩もしていないが、体の方はガタが来ており、昔のようには早く書けなくなったことをこぼしておられます。「頭の中では、とうにストーリーは出来ているんだが、どうしても、遅くなって申し訳ない」と担当者に頭を下げる日々だとか。西村先生、目標までもうちょっとですね(熱狂的なファンとしては635冊と言わず書き続けていただきたいです)!頑張ってください!!!♦♦♦

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

城崎温泉「ノバ」

◎週末はグルメ情報です!!今週は喫茶店

 温泉地・城崎温泉で、ブラブラと街歩きをしていた時に、駅前の喫茶店「ノバ」にフラッと入ってみました。決め手となったのは、お店の前の大きな看板にブルーマウンテンNo.1の飲める店』と書いてあったことです。コーヒー大好きの私は、以前からブルーマウンテンの大ファンで、松江・一畑百貨店の地階「UCCメルカード」で、いつも購入していました。その後、気候変動でブルーマウンテンの出荷が大幅に落ちこんで以来、価格が高騰し、量が確保できなくなったりで、美味しいコーヒーを求めて、苦労を重ねてきました。ここら辺の詳しい事情はコチラに取り上げました。

 同じ兵庫県内でも、神戸の喫茶店やカフェとは一味違う、不思議な喫茶店「ノバ」です。いろんなオブジェがあり、ジャズが流れていました。コーヒーだけ頂きましたが、カップはそれぞれ違っていて、食器類にもこだわりが感じられました。ここ「ノバ」は、古き良き珈琲屋さんといった感じです。店内は薄暗く、あったかみのある照明で照らされています。置いてある調度品も木製のものが多く、古い木を模したどっしりした柱や梁が目立つ焦げ茶色の店内には木の人形が置かれ、ジャズが流れ、一人ずつ違うカップでコーヒーが供されます。おそらく、お店は長い事営業されているものと思われる雰囲気です。店内に飾られているアンティーク品が、レトロっぽさをさらに演出していますね。店内にはジャズ・クラシックが大きなスピーカーから流れており、非常に落ち着いた雰囲気です。お客さんも観光客や地元の常連さんらしき方と、老若男女問わずおられて、昼過ぎなのに結構流行っている感じでした。そしてオーダーしたのが「ブルーマウンテンNo.1」です。やはりまろやかなバランスのとれた口当たりは美味しいですね。やっぱりコーヒーの最高峰はブルマンですね。憩いのひとときを過ごしました。❤❤❤

カテゴリー: グルメ | コメントをどうぞ

受験生、頑張れ!!

 今日で「勝田ケ丘志学館」の授業が全て終了しました。明日土曜日に、松江北高の補習科の最後の授業で、今年度の授業は全て終わりです。年末までは、週に3回、松江北高補習科へ、週に2回、志学館へ教えに行っていました。それが「センター試験」が終わってからは、ほぼ毎日志学館へ行き、土曜・日曜も松江米子の往復の生活でした。さすがにちょっと疲れました(左足を痛めてこの2週間は米子駅からタクシー通いでした)。その甲斐もあってか、どちらも関東・関西の有名私大に続々と合格者が出ています。指導者としては、これに勝る喜びはありません。今日の最後の授業では、

(1)気を抜かずに最後の最後まで受験をやり切ることの大切さ。途中で投げ出さない。

(2)大学は名前や偏差値では決まらない。自分でどれだけのことをやり切るかだ。

(3)学問は人間を変える絶大な力を持っている。私もそうだった。

といったことを話しました。最後の最後まで力を出し切って、頑張ってきて欲しいと願っています。お土産は「合格通知」でお願いします。JR米子駅では粋な応援メッセージを見ることができます。頑張れ!受験生!!♥♥♥

▲JR松江駅キオスクにて

▲JR米子駅にて

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

「雨が降ったら傘をさす」

 丁稚奉公から身を起こし、一代で天下のパナソニックを築いた松下幸之助(まつしたこうのすけ)さんは、ただ、当たり前のことを当たり前にコツコツやる、というのが信条だったそうです。売り上げが伸びなければ改善する。それでもダメならその事業はやめる(コンピューター事業から撤退したことは有名ですね)。大切なものは大切に扱う。無駄なものは捨てる。力を注がなければならないときには踏ん張る。そして、「雨が降れば、傘をさす」、そうすれば濡れない。当たり前のことを、当たり前に続ける何をするのでも、つまるところはそれが成功への道なんですね。会社経営だけじゃなくて、私たち人生は、そういう当たり前の積み重ねによってよりよいものになっていくのです。こけたら、立ちなはれ。」とも言っておられます。関西弁のやわらかい物言いが心に沁みますね。雨が降ったら傘をさすように、こけたら立てばいいんです。まわりが嗤っていても、転んだ傷が痛くても、僕らは立ちあがらねばならない。いつまでもそこに寝そべっているわけにはいかないんだから。立ち上がって、もう一度やってみる。こけるというのは、失敗するということだけではありません。何かに腹を立てたり、悲しんだり、へこんだり、気持ちがマイナスの方向へ傾いたときも、立ちあがるんです。笑って、また一歩踏み出すために。

傘をさした男性のイラスト

 「成功するまで続ければ、それは失敗ではない」というのも松下幸之助さんの言葉ですね。さあ、立ちなはれ。肩くらいなら貸してあげられるよ。自然の理法に順応した姿、これを松下さんは喩えて「雨が降れば傘をさす」ことだと言っています。雨が降ったら傘をさす。それはいわば万人の常識、当たり前のことです。商売、経営に成功の秘訣、発展の秘訣があるとすれば、それは、この「雨が降れば傘をさす」ように、平凡なことを当たり前にやることに尽きるというのです。ところが、雨が降れば傘をさすのは誰でもやっていますが、これがこと商売や経営となると、なかなか当たり前にはいかなくなるんです。競争に負けたらいけないということで、100円で仕入れたものを90円で売ったり、集金をキッチリやらないで、他から新たにお金を借りるといったことをしてしまいます。これではうまくいくはずがありませんね。やはり、利益をあげるには、仕入れ値以上の価格で売る。また借金をする前に、まず集金に全力を注ぐというのが本来のあるべき姿であって、それでもなお資金が要るというときにはじめて他から借りるべきなのです。それが「雨が降れば傘をさす」、つまり自然の理法に従った姿なのだという。言葉にするときわめて簡単で、当たり前のことのように思われますが、しかしこの至極簡単、当たり前のことを適時適切に実行するところにこそ商売なり経営の秘訣があると松下さんは言うのです。松下さんの経営は、この“自然の理法に従う”ことを常に考え続けた経営であったといってよいと思います。その経営に一貫しているのは、何が自然の理法に従うことなのか、何が自然の理に適うことなのか、何が正しいことなのかということを常に考え、その正しさを求め、それに従おうという姿勢でした。最近のパナソニックはそれが失われてきていないでしょうか?(赤字を出しています)

 では、自然の理法に従うにはどうすればよいのか?そのために必要なこととして、松下さんは「衆知」「素直な心」をあげています。どんなにすぐれた人であっても、人間1人の知恵はしょせん1人の知恵にすぎません。だから、できるだけ多くの人の知恵を集める必要があります。そしてその場合に大切になるのが「素直な心」だと言います。先入観や既成概念、私欲私心といったものにとらわれていては、いくら衆知を集めても、それは偏ったものになってしまいます。したがって、とらわれない、偏らない心で集めることが大切で、そうすれば実相がわかるから、何が正しいか、何が間違っているか、正しい価値判断ができ、正しく衆知を集めることができるというのです。「雨が降ったら傘をさす」、当たり前のことを当たり前に実行することがいかに難しいことかは、長く生きてくるとよく分かります。私は日頃から教室では生徒たちに、たり前のことを鹿になってゃんとやる」(ABC)と言っています。♥♥♥

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

「ジェットストリーム エッジ」

 (株)三菱鉛筆は、「クセになる、なめらかな書き味」で好評の油性ボールペン「ジェットストリーム」シリーズに、「ジェットストリーム エッジ(JETSTREAM EDGE)」(本体価格1,000円税別/インク色:黒/ボール径:0.28mm/軸色:全5色:ブラック、シャンパンゴールド、ネイビー、ホワイトレッド、オレンジ―期間限定カラー)を新発売しました。油性ボールペンの限界に挑戦した新商品として、油性ボールペンカテゴリで初めて、世界最小のボール径0.28mmのものです。今全国の文具店で爆発的に売れています。油性ボールペンの「細字」とは0.7~0.8mmのことを指し、0.6mmから「極細」よ呼ばれるようになります。0.28mmがいかに驚異的な細さかが分かりますね。

 「ジェットストリーム」は、「クセになる、なめらかな書き味」というキャッチフレーズで、2006年7月に国内発売して以来、好評の新しいカテゴリーのなめらか油性ボールペンです。一般に油性ボールペンはインクの粘度が高く、インクの出がよくありません。したがってペン先を細くするのも困難で、インクが元から詰まりやすく壊れやすくなってしまいます。「ジェットストリーム」は低粘度油性インクのパイオニア的存在で、筆記荷重、速度にかかわらず低い筆記抵抗でなめらかに書け、くっきり濃い描線を表現でき、速乾性にも優れています。発売以来、軸機能・ボール径・インク色のさまざまな新機能アイテムを追加しながら、社会人男女を中心としたさまざまな人々に人気で、シリーズ世界販売本数は、年間1億本以上(!)となっています。

 一般的に、ボールペンは、ボール径が小さくなるほど技術的な開発が難しくなりますが、細字ニーズの高まりに後押しされ、「ジェットストリームインク」を使用した、超極細ボール径0.28mmの「ジェットストリーム エッジ」の企画・開発に至りました。商品名の「EDGE(エッジ)」には、「鋭い」、「限界」といった意味があり、際立った特徴を持ち、油性ボールペンの限界に挑戦した新商品の意気込みを明示しています。

 油性ボールペンのカテゴリでは、世界で初となる、世界最小、超極細のボール径0.28mmです。低粘度油性インクの「ジェットストリームインク」を使用しているので、濃くはっきりとした描線を、なめらかに筆記することができます。速乾性に優れているので、書いた文字に手が触れて汚れるというストレスがない点も人気の秘密です。新開発のポイントチップは、ペン先にかけてスリムに絞った形状で、細かい筆記作業をする際にもペン先がクリアに見えるようになっています。筆記部分の視界がいいんです。本体の軸はボール径0.28mmの描線が持つ細く、鋭いイメージをスタイリッシュに表現し、筆記時の安定感など機能面にもこだわったデザインです。細字を書くための専門ツールとして、各パーツの素材やデザイン、使い勝手にもずいぶんとこだわりました。先軸は金属製で、グリップ部分(金属製)には縦に掘られた細いライン加工を施し、滑りにくい設計となっています。また、重心をペン先側に寄せたことで、細かい筆記を行う際にも安定する設計となっています。デザインを損なわず、それでいてグリップとして滑り止めの機能を果たしているのが心憎いですね。全体の重量は14gと程よい握り心地で、腕への不安は少なく作られています。軸は「ジェットストリーム エッジ」によって書ける細く鋭い描線を、製図用シャープペンのようなスタイリッシュさと、ワイヤークリップ(針金)のワイヤーの細さと、六角軸で生じる放射状の直線によって表現しています。ペン尻に向かって細くなる形状によってペン先側に寄せた重心を、視覚的に見せたメカニカルなデザインが美しいですね。さらに、このペンを押した後の「カチッ」というノック感も素敵です。

 従来、油性ボールペンで最も一般的なボール径は細字の0.7mmでしたが、「ジェットストリーム」シリーズでは、極細0.5mmが最も人気のボール径となっています。より小さいボール径0.38mmも人気が高まっており、細字ニーズの高まりが伺われますね。もう一方で、小さいボール径の油性ボールペンの開発は、インクの粘度が水性ボールペンよりも高いため、ボール径を小さくすると、ペン先の耐久性や、書き味が固くなるなどの解決すべき課題が多く、大変難しいものでした。細字ニーズの高まりに後押しされる形で、技術的に耐久性、筆記性能、書き味の両立など、超極細0.28mmの実現に向けて、開発を進め、技術的な問題をクリアし、油性ボールペンカテゴリで過去に例のない超極細ボール径0.28mmの発売に至ったわけです。最近発表になった『文具屋さん大賞2020』(扶桑社、2020年2月)で、「ボールペン部門」第1位に輝いた商品です。私は手帳にスケジュールを極細字でぎっしりと書かねばならないので、この0.28は嬉しい商品で、米子「ロフト」で2本(ネイビー・ブラック)購入しました。なおリフィル・インキ(替芯)は、黒・赤・青(各200円税別)の3種類が販売されています。本体購入時は黒インクが入っていますので、他の色を使いたい場合は、別にリフィルを購入しましょう。♥♥♥


【欠点】 ボール径が小さいので、紙とペンの角度が垂直から遠い角度になると、ボールが回転しにくくなって、インクがかすれてしまいます。極めて細いゆえに仕方がないのですが、シャープペンのように垂直に近い角度で握れば、全く問題はありません。

【長所】 一般的なボールペンよりやや高い値段設定ですが、十分元の取れる商品です。①デザインがグッド! ②字がめっちゃ細い!  ③書き味なめらか!

カテゴリー: 文房具 | コメントをどうぞ

Cheek to Cheek

cheek-to-cheek-deck ダイ・バーノン(Dai Vernon)「トライアンフ」(Triumph)は、正真正銘の本物クラシック・マジックでした。一組のデックの裏と表をグチャグチャに混ぜても、元に戻り相手の選んだカードだけが、向きが違っているという大傑作です。スライハンドが改良されても、初心者にはなかなか手の届かない作品でしたが、1970年代にポール・カリー(Paul Curry)「Cheek-to-Cheek」で大旋風を巻き起こしました。全く技術不要で、この現象を演じることが可能になったのです。まさに素晴らしいトリック・デックでした。

 お客さんに好きなカードを、デックより1枚選んでもらい、そのカードをデックに返してもらいます。そして半分を表向き、半分を裏向きにして、全体をぐちゃぐちゃに混ぜてしまうのです。デックを広げて間違いなくよーく混ざっていることを示した後に、デックを揃えて息を吹きかけると、一瞬で全てのカードが裏向きに揃ってしまうのです。しかしテーブルに広げていくと、1枚だけ表向きのカードがあり、そのカードは、なんと先ほどお客さんが選んだものなのです。こんなマジックを、みなさんはテレビで見たことがあると思います。もちろん、レギュラーのタネのないデックで演じることもできるんですが、このトライアンフ・デック「Cheek to Cheek」を使うと、ほとんど技法を使わないで、初心者でも簡単に演じることが出来ます。

 私はかつて東京駅・八重洲口前にあったマジック・ショップ「トリックス」で(今はもうなくなってしまいましたが)、この「Cheek to Cheek Deck」を買いました。当時はブリッジ・サイズの赤裏カードで販売されていたと記憶しています。そのほかインビジブル・デック」(Invisible Deck)、「ブレーンウェイブ・デック」(Brainwave Deck)、「メンタルフォトグラフィー・デック」(Mental Photography Deck)などの基本的なトリック・デックを、すべてこのお店で揃えています。あの当時は、こういったトリック・デックを狂ったように集めていた時期がありました。懐かしいですね。その後、バイシクルのポーカーサイズでも販売になり購入。その後、ずいぶんたくさんの種類の改案トライアンフ・デックを持っています。

 これら全てのコレクションが、私の自宅の中2階の「蔵」に埋蔵されています。少し暇が出来たら、ここに寝そべって(ふかふかのカーペットも引いてあります)のんびりと作品を眺めて過ごしたいと思っていますが、今は毎日、松江と米子の往復で、そんな余裕ができる気配はありません〔笑〕。ただ二次試験が終わり、3月になると授業が全部なくなるので、ちょっとのんびり過ごせそうです。マジック三昧の日々は果たしてやってくるのか?♠♣♥♦ 

カテゴリー: マジック紹介 | コメントをどうぞ

Cops and Robbers

 このマジックの原案は、元々はDr. Daley「Last Card Trick」です。原案では赤いエース2枚(♥♦)と黒いエース2枚(♠♣)が入れ替わるというものでした。それを警官ロボーのカラフルなイラストに置き換えて作られています。題して「Cops and Robbers」。たったこれだけの変更で、全くの別のマジックのように見えてしまうから不思議ですね。

 2枚の警官の絵が描かれたカードと、2枚のドロボーの絵が描かれたカードを示します。2枚のドロボーの絵が描かれたカードを観客の掌に渡して、両手でしっかりと押さえていてもらいます。つまり、ドロボーが捕まっている状態ですね。マジシャンの手元には間違いなく、2枚の警官の絵が描かれたカードがあります。しかし、マジシャンがおまじないをかけたその瞬間にマジシャンの持っている2枚のカードがドロボーのカードに入れ変わってしまっています。観客がしっかりと押さえていたはずのカードは、2枚とも警官のカードになっています。逮捕されたドロボーが、警官から見事に脱出を図るというストーリーで演じると楽しいと思います。技法としては、エルムズレイカウントパスの二つだけです。解説のDVDに詳しく手ほどきがされています。フ加工ではなく、特殊な完璧な加工が施されています。バイシクルカードに綺麗に印刷されたもので、私は気に入っています。♠♣♥♦

カテゴリー: マジック紹介 | コメントをどうぞ

再びbe willing toを考える

◎「喜んで~する」ではない!!

 以前にも、このbe willing to Vという成句について、私は「be willing toの語感」と題して詳しく述べたことがあります。⇒コチラです  決して私が高校時代に習ったような「喜んで~する」という意味ではありません。この成句は、「やってもいい、異存はない」程度の意味で、積極性は含まれず「本当はやりたくないけれど…」という気持ちを暗に示しています。デイビッド・セイン先生は、be willing to …ifと、後ろにifの条件文がついていると考えるとよい、と的確なアドバイスをしておられますね。最新の著作でも取り上げておられます。

    A  I'm willing to help.
    B I want to help.
 be willing to...を、「喜んで…する」という前向きな意味で覚えている人が
多いようです。しかし本来は「(条件次第で)…する意思がある」と、限定的な
状況でのみ使うフレーズになります。そのためAのI'm willing to help.をネイ
ティブが聞くと、「喜んでお手伝いします」という積極的な申し出ではなく「
(条件次第で)お手伝いします」という、やや後ろ向きな提案と受け止めます。
 それに対しBのI want to help.ならI want to...(…したい)なので、自主的
な「お手伝いします」という申し出になります。交換条件もなく、親切心から手
助けを申し出る、Please let me help you.(お手伝いさせてください)と同様
のフレーズです。これならカジュアルにもフォーマルにも、また状況を選ばずに
使うことができます。
 条件付きで手伝いを申し出るならAのI'm willing to help.を、条件なしで積
極的に手伝うならBのI want to help.を使うといいでしょう。ちなみにI'm 
willing to help, if you write me a recommendation.(推薦状を書いてくれ
れば、手伝ってもいいですよ)といった言い回しなら、I'm willing to help.
のニュアンスがうまく伝わるはずです。
  ―デイビッド・セイン『誤解しやすい英語表現使い分けドリル』(DHC,2019
年)p.34.

 松江北高のALTのジーノ先生は、「あなたは掃除をして住宅を退去しなければなりませんよ。もし大変だったらお手伝いしていいですよ」というのが、be willing toの典型的な使い方だとの観察を示されました。参考になりますね。

 最近刊行された『アクシスジーニアス英和辞典』(大修館、2019年)には、Question Box」という、日本人学習者がつまづきやすい盲点を解説した39個のコラムが収録されていて、とても勉強になります。高校生の英語に関する素朴な疑問にていねいに答えています。リストも挙がっていますので、先生方にはぜひ全部読まれることをお薦めします。 この辞典の詳しい特徴に関しては、次のサイトが参考になります。⇒コチラ  そこには、このbe willing  to~も取り上げられており、実に明快な解説が見られます。まさにこの説明に尽きます。

<Q> be willing toは「喜んで‥する」という意味ではないのですか。

<A>  違います。「‥してもかまわない」という意味を表します。be willing toは、自分から積極的になにかをしたいという意味を表しません。特に反対する理由もないので同調する場合に「‥してもかまわない」という意味で用いる表現です。強調する副詞のperfectly やquiteをつけても、そのことは変わりません。I’m (perfectly[quite]) willing to do that, but it may take several days.(それをしても別にかまっわないけど数日かかりますよ) 「喜んで‥する」の意味は be ready[glad] to で表します。gladの方が「喜んで」の気持ちが強くなります。I’m ready[glad] to drive you into town any time you want to go. (あなたが行きたい時にいつでも車で町までお送りします) ただしwillingが名詞を修飾する場合、また副詞形の willinglyは、「喜んで(‥する)」という意味を表します。

 木村達哉先生『ユメジュク』(アルク、2010年)には、「快く~する、~するのをいとわない;~する用意がある」として、I’m willing to assist you.(喜んであなたのお手伝いをします) という、いかにもちぐはぐな記述があります。昨年出た改訂版では、「~するのをいとわない、進んで~する」という訳語に変わり、訳文も「あなたのお手伝いをするのは構いませんよ」と正しく変更になっているものの、「備考 「やりたくないことでも進んでする」というニュアンス」というトンチンカンな注記が添えられています。どこまで分かっておられるのか不思議な記述です。

 『英熟語ターゲット1000』(旺文社)には、「~してもかまわない ▲be glad[pleased] to do などに比べ、積極的な気持ちは弱い」と正しく解説されています。私が尊敬する竹岡広信先生『LEAP』(数研出版)には「嫌がらずに~する  ▲(必要に応じて)~しても構わない」と、さすがの記述です。関 正生『英単語Stock』(文英堂)は、「willの「~する意思がある」という意味から発展し、「進んで~する」となりました。be willing to~「進んで~する」という形で使われます I’m willing to help you anytime.いつでもよろこんでお手伝いしますよ」と、いつもの関先生らしくない誤った記述です。まだまだ正確な理解には至っていないことがよく分かることでしょう。♥♥♥

 

 

カテゴリー: 英語指導に関して | コメントをどうぞ

さじ谷とうふ

◎週末はグルメ情報!今週はお豆腐と油揚げ 

 私はお豆腐が大好きなんです。夏は冷や奴、冬は湯豆腐です。「勝田ケ丘志学館」福田先生から(一流の料理人でもあられます)、「一番好きな美味しいお豆腐」をいただきました。中谷食品株式会社の作っている「さじ谷とうふ」というお豆腐です。生田事務長さんも大好きと言われるほどの美味しいお豆腐です。これが絶品でした。

 遺伝子組み換え大豆は一切使用せず、鳥取県産大豆100%でできています。さらに「消泡剤」不使用!!「消泡剤」というのは、人工的に作られた添加物で、豆腐を作る工程で発生する泡を消すため等に使用されるもので、効率よく同じ品質で豆腐を大量に作るために、大手メーカーの豆腐にはほとんど入っています。そういう意味で、貴重なお豆腐です。安全な物は優しい味で美味しいし、そういった作り方をしている会社にはずっと残って欲しいものです。適度な柔らかさと適度なコシのバランスのとれたな豆腐。松江では、こんなに美味しい豆腐にはお目にかかったことはありません。「丸合米子店」にだけ売れているそうです。

 「さじ谷とうふ」だけでなく、「手揚(油揚げ)」も美味しいとのことで、今日頂きました。ふっくらとした厚みがあって、味がよくしみていて、実に美味しい。早速、お味噌汁に、この「さじ谷とうふ」「手揚」を入れて美味しくいただきました。

 この10年間に全国で約5,000軒以上の豆腐屋さんが廃業しているとか聞きました。原因としては材料になる大豆の価格高騰や、豆腐の安売りが激しくなっている事などがあげられています。アメリカから安価な遺伝子組み換えの大豆がどんどん輸入され、良い材料を使って、人の手で時間をかけ丁寧に作っている豆腐屋さんほど、ますます厳しい状況になるのではと言われています。中谷食品さんには、ぜひ頑張って、作り続けて欲しいものです。♥♥♥

カテゴリー: グルメ | コメントをどうぞ

Four Card Surprise

 かつて、ドイツのカードシャーク社から発売になっていた「Four Card Surprise」が、最近、東京の「マジックファンタジア」さんから、再発売になっています。私は当時ドイツから直接3セットぐらい送ってもらった記憶があります。今これらがどこにあるか、もう完全に忘却のかなたです〔笑〕 。なにせ大量の道具が「蔵」に眠っていますので。ツイスト現象」をご覧頂いた後に、衝撃のクライマックス・フィニッシュが待ち受けています!

 演者は4枚の赤裏のカードを示します。カードはAから4が順番に揃っています。演者は4枚のうちの1枚を背後で表向きにし、お客様にどのカードをひっくり返したか?を当ててもらいます。お客様の答えが何であろうと、演者はAをひっくり返したことを示します。Aだけが表向きになって現れます。再びAだけが表向きになっている4枚を1枚ずつカウントすると、不思議なことに唯一ひっくり返っているのは、今度は2のカードになってしまいます。これを繰り返すとひっくり返っているカードが3、4と変わっていきます。最後に演者がおまじないをかけると、4枚とも表向きにひっくり返ってしまいます。

 お客様はこの「ツイスト現象」でマジックが終わりだと思いますが、実はこのマジックの秘密を最後に教えるのです。これはトリックカードだから可能だと。そしてカードを1枚ずつ裏向きにひっくり返すと、なんと、カードの裏模様がカラフルなすべて異なるデザインに変化してしまっているのです!実に見事などんでん返しのトリックで、気に入っていました。私の好きなパケット・マジックです。♠♣♥♦

 

カテゴリー: マジック紹介 | コメントをどうぞ

「四谷シモン人形館」

 「香川県立東山魁夷せとうち美術館」を訪れた帰り道に、鎌田醤油敷地内にある淡翁荘 四谷シモン人形館」に行ってきました。この建物は、1936年(昭和11年)に、淡翁・鎌田勝太郎が、迎賓館として建てた鉄筋コンクリート2階建ての洋館で、現在は改修・増築されて人形館となっています。人形師であり、女形として俳優を務めた四谷シモンさんの代表的作品が集められた全国唯一の人形館です。2014年12月に「登録有形文化財」になりました。現在は23体の人形が展示されていました。入館料500円を払って、パンフレットとポストカードをいただいて座敷に上がると、担当の方が案内してくださって詳しい説明を聞くことができました。鎌田醤油の社長さんの趣味半分みたいなコレクションだそうです。昭和の雰囲気を残す館内には、寄せ木細工の床、房飾りのついたモダンな照明、天井には漆喰の繰形、各部屋には贅を凝らした調度品が置かれていました。

 入り口で出迎えてくれる、2mを超える大男の人形「ルネ・マグリットの男」は半端ない威圧感があります。洋画のホラー映画に出てくるような迫力で、のっけからインパクトがありますね。

 係の方の説明によれば、四谷シモンさんの人形作品は、20歳の時に自身が衝撃を受けたというハンス・ベルメール「球体関節人形」がベースとなっています。リアルな造形の人形にむき出しの機会部分を見せた生体メカ的な人形が多く、どこかしら怪しくて、威圧感さえ感じます。

 注目すべきは、その展示方法にあります。ただ展示されているだけでなく、人形があちこちに隠れているので、自分で引き戸を開けて探して見つけなければいけないんです。全裸の男性がお出迎え。す、すごく大胆です・・・。

 このほかにも人形たちがいろんな所に隠れています。扉を開けて探すのがまた楽しい。肌むっちゃ綺麗やん。もちもち肌~。人形なので当たり前ですけど、なんか触ると温かいんじゃないかと思ってしまうほど温もりを感じる・・・。何かちょっといけない所にお邪魔してしまったような気持ちに。

 うーん、充実した時間を過ごしました!観光ガイドでもあまり紹介されていない穴場スポットでした。タクシーの運転手さんもこの施設を知らなかったので、坂出駅の「観光案内所」で道を聞いて歩いて向かいました。洋館の中で妖しい人形を探して歩くという、非日常を体験することができましたよ。♥♥♥

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

早めに病院へ!

 先週、松江は、今年初めてドカ雪が降りました。真っ暗な雪道を、朝の6時半に家を出て歩いて北高に向かいました。家を出て北高に向かうのに、まずは坂道を下らなければなりません。その坂道で雪に足を取られてスッテンコロリン転倒しました。実は2年ほど前から左膝が曲がらなくなり(正座やあぐらをかくことができません)、整形外科に通って、水を抜いてもらったり、ヒアルロン酸を注射してもらったりしているんです。そんな訳で、足の踏ん張りがきかずに、雪の中で転んだんです。膝がねじれて痛い思いをしました。情けないことに、立ち上がることができません。左足の踏ん張りがきかないので、立つことができないんです。立てない!かばんに手を置き、頑張って起きようと踏ん張ります。誰もいない真っ暗な雪道で、立ち上がるのに10分くらい悪戦苦闘していました[笑]。この時ほど情けない思いをしたのは初めてです。何とか立ち上がれた時は、嬉しかったですね。北高に急ぎました。雪はどんどん降り続きます。2時間目の北高補習科の授業を終わり、タクシーで、松江駅に移動しました。センター試験が終わってからは、ほぼ毎日米子で授業なんです。

 松江駅に着くと、朝から電車が全便止まっていました。駅員さんに聞くと、復旧の見込みは全く立たないとのこと。夕方から米子東高校「勝田ケ丘志学館」で授業があるので、何とかして米子まで移動しないといけません。結局、午後2時過ぎまで松江駅で待って、ようやく電車が動き始めました。米子駅には雪はありましたが、鳥取方面も、境線も、電車は定刻通り動いていました。益田―出雲―松江区間だけが不通となっていたみたいです。ということで、翌日も雪が積もると来ることができなくなるので、この日は家に帰らずに、米子「ワシントンホテルプラザ」に泊まりました。

 さて次の日です。朝のんびりとホテルで過ごして、「志学館」に向かいます。いつものように、元気よく15時半頃まで授業をしていました。するとどうでしょう。突然、左足に激痛が走り、ズキズキ痛み始めます。歩くこともできなくなってしまいました。これはやばいゾ!!「志学館」福田先生が、すぐにかかりつけの松江・黒田町「だて整形外科」まで車で送って下さいました。

 レントゲンを撮って骨には異常がありませんでしたが、診てもらったところ、出血していたみたいで、血を抜いてもらい、水を抜いてもらい、膝を洗浄してもらいました。雪道で転倒したときに、膝を打っていたんですね。痛み止めを打ってもらったり、2時間ほど病院でお世話になりました。今までとは違った経皮吸収型鎮痛消炎剤「ロコアテープ」をいただいて(これ効きました)、タクシーで家に帰りました。するとどうでしょう。あれだけ痛かった足が全く痛くありません。嘘みたいです。歩けます。歩けることがこれほど嬉しかったことはありません。この2年間膝が痛くて辛い思いをしてきましたが、なんだかこちらの方もずいぶん楽になった気がします。みなさん、とにかく「おかしいな」と思った時には、「早めに病院に行く」ことです。もう一つは、「かかりつけの名医をキープしておく」こと。この二つが今回の教訓でした。♥♥♥

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

責任者、出てこい!

 私たちの年代には人気のあった、人生幸朗(じんせいこうろう)師匠夫妻の「ボヤキ漫才」というのが昔の大阪にはありました。冒頭で幸朗師匠が、「浜の真砂は尽きるとも、世にボヤキの種はつきまじ」石川五右衛門の辞世の句をもじります。相方の幸子がすかさず「キザなこと言うな、このハナクソ!」と突っ込むと、続いて幸朗が「わたしのこと、みなボヤキやあ、ボヤキやあ言うてねえ」と言うと、幸子が「当たり前や。誰かて言わはるわ。ボケ!」と返します。幸朗が「しかし、みなさん、これは私がボヤくのやのうて、今の世の中が私をボヤかしまんねん」と言い、「まぁ皆さん、聞いてください」と聴衆に語りかけ、世相・ニュース・歌謡曲の歌詞の矛盾を、毒舌で鋭く皮肉ったりする漫才でした。そしていつも最後には、怒り顔で「責任者、出てこい!」で終わります。これ、実に面白かったんです。

 「責任者、出てこい!」と、毎年思っていることがあります。「センター試験」が終わった直後から、ネット上に平均点情報、難易度情報が流れます。新聞紙上にはどこかの予備校の先生のコメントが掲載されます。でもこれが当たった例しがない。私は生徒たちには、こんなデマに踊らされることなく、二次試験の勉強に打ち込むように言っています。松江北高補習科のある生徒が、今年の英語の「センター試験」直後からのネット上の動きを観察してくれました。「取り組みやすかった」から始まって、「昨年並み」「例年通り」と推移し、自己採点が進むにつれてその難しさが判明するや、「やや難化」「難化」と次々に書き換えられ、最後の方では119点→117点と変えられていったそうです。最初の報道とは全く異なる記述が、何の断りも無しに挙げられているのです。2月6日には、大学入試センターから最終平均点が発表になりましたが、何と116.31点でした(昨年は123.30点)。リスニングも28.78点(昨年は31.42点)でした。問題を自分でちゃんと解けば、難しいことぐらいすぐに分かります。私は毎年1問1問丁寧に自分で解いて、自分の担当する教え子たちならこれぐらいだろう、という予想を書き込みながら、センター試験を分析しています。私は「センター試験」終了直後に、「【速報】センター試験分析<筆記>」と題して、自分で解いた分析を発表しましたが、そこでは「決して簡単な試験ではありません。「昨年並み」ではありません。」と断言しています。長文問題では、実に巧妙に選択肢が誘導してあって、絶対にひっかかることがよく分かったからです。⇒コチラです   個人的に問い合わせのあった方々にも、メールで「筆記・リスニング共に昨年よりも難しくなっている」ことをお知らせしておりました。

 「英語に関しては、例年並みではないかと思います。とは言っても、それも大して難しくなかったので、平均点は、例年並みで120点ちょっとぐらいではないかと思います。」などという、無責任なコメントを出す指導者の言うことを、私は信用しません。ネット上に挙げられた無責任極まりないデマ情報に踊らされた受験生が、今年もたくさんいたことでしょう。本気で解いておられますか?と問いたいところです。まさに、「責任者、出てこい!!」です。♠♠♠

◎「責任者、出てこい!!」(人生幸朗)

【追記】 若い頃に、13年間勤めた松江南高校の英語科で、「定期考査」「校内模試」を作成する際には、問題検討に併せて、各問ごとに電卓で点数を入れて、全体の平均点がどのくらいになるのかを確認・調整しながら、完成をしていました。そして試験が終わった後には、コチラの目論みが当たっていたのか外れたのかを反省して、次につなげていました。「やりっ放し」には絶対にしませんでした。そうやって鍛えられてことが、実に勉強になりました。私が現役時代の松江北高でも、「校内模試」が40点~42点になるように、長時間かけて問題検討を行っていました(夜が明けて翌日になることも度々。問題が却下されて翌日になったことも度々)。試験を行う前に、すでに平均点が出ているのです。そうやって、問題の難易度を的確に判定する力をつけていったように思います。そして小問ごとに全生徒の得点を入れて、一覧表にして分析に生かす。これが先輩の先生たちから教わったノウハウでした。今の問題作成がいかに安易になっていることか!実に短い時間で終わってしまいます。これでは生徒の力もつかないばかりか、教員の指導力にもつながりません。

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

タイガー戸口の「キウイロール」

 日本プロレスに入門し、単身米国武者修行で「ヒール」(悪役)としてトップとなり、「週1万ドル」を稼ぐアメリカン・ドリームを実現したタイガー戸口(71歳)キム・ドクとして大木金太郎(キム・イル)との韓国師弟コンビで、全日本プロレスジャイアント馬場ジャンボ鶴田の師弟コンビを撃破し、インタータッグ王者にも輝きました。その後、タイガー戸口として、馬場鶴田に次ぐ第3の男として、全日本プロレス入りしましたが、途中、アントニオ猪木新日本プロレスに電撃移籍。裏切り者として、馬場さんの存命中は、全日本のリングに上がることは絶対に許されませんでした(こういう点で馬場さんは厳しかった。「裏切り者」は絶対に許さないのです)。

 今年2月19日の「ジャイアント馬場没20年追善興行~王者の魂~」(東京・両国国技館)では、悪役のキム・ドクとして、第1試合の「ジャイアント馬場メモリアルバトルロイヤル」に出場を果たしました。71歳まで現役を続けているからこそ、恩讐を超えたいろんな出番があるということに感謝していると語っていました。心臓が悪く、最近引退を表明したようです。このタイガー戸口初の自伝が『虎の回顧録 昭和プロレス暗黒秘史』(徳間書店、2019年)です。馬場さんへの不満やら、語られることのなかったエピソード満載で実に面白かった。

 1978年9月13日愛知県体育館で行われたUNヘビー級選手権試合、王者ジャンボ鶴田対挑戦者キム・ドク(タイガー戸口)の試合が行われました(ジャンボの引き分け防衛)。1本目にドク鶴田からギブアップを奪いますが、このときに見せたのが「キウイ・ロール」です。ゲスト解説の竹内宏介さんが技の名前を「キウイ・ロール」と紹介しますが、実況をしていた倉持アナウンサーは、初めて見る技だったので、竹内さんの言った技の名前を「キーロール」と聞き間違えてしまいます。解説の山田さんからもこの技の由来の紹介がありました。

 これは、かつて新日本プロレスにも来日した覆面レスラーのレッド・ピンパネールの得意技です。素顔のアベ・ヤコブとして日本プロレスにも来日しました。当時新日本プロレスの外国人ルートが無い時に、カール・ゴッチが招聘しました。アントニオ猪木ゴッチから奪取した世界ヘビー級ベルトにも1度挑戦したこともあるレスラーでした。「キウイ・ロール」は、レッグロックの状態から後向きに後転してグルグルと回る技です。アベ・ヤコブカール・ゴッチが招聘したレスラーでしたから実力者でした。

 今では使い手が誰もいませんから、ほとんど知られていません。もうちょっとこの技に触れておこうと思います。うつ伏せにした相手の膝の裏側に、自分の膝をのせて体重をかけ、その足を取って曲げ(自分の膝をテコの軸に)捻るように固めます。この時点で「レッグロック」という、基本技になりますが、その体勢から足を固めたまま、後ろ向きにでんぐり返しをします。相手は足を固められたまま、横向きに回転させられるわけです。一回転すると元の体勢に戻ります。この時、相手の膝裏に自分の膝で体重をかけて捻るのがコツ。また後転します。この繰り返しです。テコの原理でどんどん膝が締め付けられ激痛が走ります。ジャンボ鶴田も、堪らずギブアップしてしまいました。初めてこの技を見たこの試合のことが、無性に頭に残っていて、今でも鮮やかに蘇ってきます。この選手権試合がユーチューブで公開されています。12分頃にこの「キウイロール」で決着します。♥♥♥

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

「バックシャン」

 年末からお正月にかけて、峰 隆一郎(みねりゅういちろう)さんのトラベル・ミステリーをまとめて読んでいましたところ、バックシャン」という、耳慣れない言葉が出てきました。

 高級な女だろう。歩き方もきれいだ。もちろん、こんな女とは縁がない。バックシャンというのがある。もう古い言葉になってしまった。後ろから見て美人ということだ。バックシャンは顔を見てはならない、という。顔を見ればがっかりするからだ。  ―峰 隆一郎『四国発「瀬戸」殺人夜行』(廣済堂ブルーバックス)

 「むかし、バックシャン、って言葉があった。後ろから見れば、すごくいい女だ。前に回れば、ブスだったりして。尾戸さんは後ろからも前からもシャンだ。シャンとは美人だということ。もう古い言葉だよね」「あたし、バックシャンなの」「そう、後ろから見てもいい女だ。足も長くてきれいだし、腰も細い。柳腰だね」「ほんとに」  ―峰 隆一郎『寝台特急「瀬戸」鋼鉄の棺』(講談社ノベルス)

 上の記述からも分かるように、バックシャン」というのは「魅力的な後ろ姿の女性」という意味です。後ろ・背中(背部)」といった意味の英語“back(バック)”と、美しい」という意味のドイツ語“schoen(シャン:左記は英語表記。独語表記ではschon(oの上にウムラウトが付く)と書く)”の合成で、「和製英語」の一種です。ただし、後姿だけが美人(後姿だけで期待したほど顔は良くない)といった否定的なニュアンスが強く、褒め言葉として使われたものではありません。当時は、正面から見ても美人という意味の反対語「トイメンシャン」という言葉もありました。しかし、「シャン」という言葉自体が使われなくなり、バックシャン」も今では死語となっています。誰も知らない言葉です。♥♥♥

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ