「ももたろうエクスプレス」~今回の旅苦労物語

 先週の金曜日は、松江は猛吹雪でした。7時25分に来るはずの市内循環バスがやって来たのは、もう8時を過ぎていました。乗り込んだはいいのですが、大渋滞で一向に進む気配がありません。この日は米子で授業をした後に、岡山に向かう予定にしていました。1月28日(土)の共通テストの「オンライン講演」です。この雪ではとても「特急やくも」が動きそうにありません。前日は午後3時まで運休でした。いつもなら20分で着く松江駅に着いたのは9時を回っていました。駅員さんに聞くと、「やくも」は動いていると言います。「ありがたい!」 米子に急遽授業をキャンセルの電話を入れて、「やくも」号に飛び乗りました。12時過ぎに無事岡山に到着しました。岡山は雪一つありません。快晴です。これで翌日の講演は何とかこなすことができます。夕方から従姉妹夫婦と食事を取って、英気を養いました。退院後初めての外食です。私の大好きな横浜中華の「梅蘭」でした。

 講演当日は(この日は終日「やくも号」は運転休止で当日移動していたら危ないところでした)、何とか大役を果たし、ホッとしているところへ、翌日の「特急やくも」は運転を見合わせるとの知らせが。これでは松江に帰ることができません。「困ったな~、どうしよう」と思っている所に、高速バスはどうだろう、とラーンズの編集・営業の方がご提案。調べてもらったところ、高速バスは翌日も平常運行するとのこと。最悪、岡山駅「やくも」の運行再開を待とうか、もう一泊しようか、と思っていただけに有り難い話です。営業の方と三人で、岡山駅西口バスセンターに切符を予約に向かいました。バスセンターの営業はすでに終了していましたが、電話で予約を入れてもらい、ローソンのロッピーで切符を受け取りに行きました。こういったことに全く疎い私に代わって、営業の方達が全部やってくださいました。感謝、感謝です。

 翌日は、宿泊先の三井ガーデンホテルの大浴場で3時に朝風呂に入り、地元食材の朝食をたらふく食べ込んで(私のお気に入りです)、杖をつきながら岡山駅西口に向かいました。朝冷えはしていましたが、雪一つありません。朝の8時10分、定刻にバスは出発しました。「ももたろうエクスプレス」という高速バスです。1989年に、両備ホールディングス一畑バス日ノ丸自動車中鉄バスの4社で運行を開始した高速バス(岡山~出雲間)です。今回私が利用したのはJRバスのものでした。次の便は両備バスの運行で、車両がとってもきれいで魅力的で、次回は利用してみたく思いました。結果的には、「やくも」号が午後3時までは運転見合わせということで、みんな考えることは同じようで、満席でした。高速道路は雪がきれいにかかれており、スイスイ進んでいきます。ただ一つだけ予定外だったのは、私の隣の席に100キロを超える(!)女性が座られ、窮屈な思いをしたことぐらいです。寝息も凄かった!「勘弁してよ~!」私は今までバスを利用したことはなかったので、今回のバスの運行は意外でした。JRよりもバスの方が雪に強いんだ、ということを学習しました。

 松江に着くと、再び大雪が降ったらしく市内は大混乱でした。松江駅にはタクシーが一台もいません。2ヶ月間行っていなかった南口のケーキ屋「Ciistand」にお邪魔してケーキを買って駅に戻ろうとしたら、タクシーが一台帰ってきました。ラッキー!やはり日頃の行いでしょうかね〔笑〕。何とか無事に自宅に辿り着くと、近所の人たちが私の家の前の雪かきをやってくださっている最中でした。今回は本当にハラハラドキドキの旅でした。岡山・丸善で購入した大量の本が、意外にも届けられました(大雪のために宅急便はいつ届くか分からないとのことでしたが)。♥♥♥

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

京つけもの「大安」

◎週末はグルメ情報!!今週はお漬物

 京つけもの「大安」(だいやす)の創業は、明治35年。創業者の大角安次郎が16歳の時に、家族だけで小さな「大安商店」を開くことに始まりました。それから百有余年、今も昔ながらのつけ込み方法や伝統を大切に守り伝えています。例えば、「大安本社工房。あえて工場」と呼ばずに、工房」と呼んでいるのは、つくるだけでなく、考える場所でもありたいという気持が託されているのです。手づくり、心づくりを基本に、野菜との対話を忘れずに、創業の精神を受け継いでいきたいという願いです。

 創業明治35年。「大安」の京つけものは、国産野菜を吟味し、野菜本来の風味を生かすため、化学調味料を一切使わず、天然のだしを使った味づくりをしています。また、合成保存料・合成着色料も使用していません。野菜本来の旨みを引き出すための味づくりにこだわっているんです。「野菜のおいしさ大切に」をモットーにする「大安」では、大根や白菜など厳しく吟味した国産野菜を使用しています。化学調味料を使わず、こだわりのだしを使って素材本来の旨みを大切にした味づくりをしています。

 「大安」のおつけものは野菜と塩の他に、天然の素材や調味料を使っています。使用する調味料は、野菜の持ち味を最大限に生かすために、色々と使い分けをしています。 もちろん全て国内産で、中には創業以来のこだわりで使い続けているものもたくさんあります。たとえば「米酢」は、京都の村山造酢謹製。享保年間(1716~1736)に酒造を創業し、醸造蔵は当時からのものを使われている老舗です。通称「千鳥酢」と呼ばれている「京酢加茂千鳥」は、1200年の京都の食文化に育まれ、全国的にも高い評価を得ています。「本みりん」は宝酒造謹製、「初雪みりん粕」は愛知県の角谷文治郎商店謹製。

 本物にこだわり、上質なものだけを作り続けている方々の想いも込められた「大安」の京つけもの。化学調味料は使用せず、国内産原料にこだわるのは、お客様に安心して召し上がっていただきたいという気持ちと、お取引業者様の信頼と期待にお応えしなければという想いがあるからです。心を込めて漬けあげた大安のおつけものです。普通の人は、有名な「千枚漬け」を求めるのでしょうが、私は京都駅でこのお店の「奈良漬け」を買いました。やはり味が全然違いますね。♥♥♥

カテゴリー: グルメ | コメントをどうぞ

今日の講演資料のダウンロード

 今日の私の講演(1月28日ラーンズ主催)で引用した資料をダウンロードできるようにしました。クリックしてプリントアウトしてご利用ください。

●「接頭辞と接尾辞~単語の覚え方」  ⇒コチラをクリック

●「勝田ケ丘志学館年間指導計画」  ⇒コチラをクリック

●「10月ベネッセ・駿台共通テスト模試見直しプリント」 ⇒コチラをクリック

●「まあいいか、その一言でもう一年」  ⇒コチラをクリック

カテゴリー: 英語指導に関して | コメントをどうぞ

優先席

 私の自宅のすぐ近くに小学校があり、朝夕私の家の前を通って、小学生達が集団で登下校していきます。誰一人挨拶をする子どもはいません。無言で通り過ぎていきます。ある日、一人だけ女の子が元気よく「おはようございます」と言って学校へ向かっていきました。思わず抱きしめてあげたくなるぐらいに嬉しかったのを覚えています。「知らない人には口を聞くな」という指導がこの小学校では行われているそうです。

 今日バス停に向かって杖を着きながら歩いていると、信じられない光景を目にしました。この小学校の校門前に、校長先生らしき年輩の先生と若い先生が二人立って、登校してくる小学生に大きな声で「おはようございます」と頭を下げておられます。生徒たちは無視して無言でそのまま校門の中へと入っていきました。次々と生徒達がやって来ますが、同じ光景が繰り返されます。いったいこの学校はどういう教育をしているのか?現在の松江北高は、ほとんどの生徒が先生に対しても、お客さんの姿を見てもあいさつ一つしません。知らん顔です。どうやら根はこういった小学校の教育にあるのかなと思いました。

 電車やバスには「優先席」というものが設けられていますね。米子に通うために、朝一番の市営バスに乗って松江駅まで行きます。私が乗り込むバス停ではすでに満員で、多くの人が立っています。お年寄りの方も立っておられます。優先席には、全て附属小学校の子どもたちが陣取りはしゃいでいます。確か「優先席」というのは、お年寄りや妊婦さんや障がいを持った人たちのために設けられた席だと思っていました。お年寄りが立っていようが、私も今日は杖をついて立っていましたが、子どもたちは全く意に介しません。優先席は子どものための席ということなんでしょう。私の尊敬する名文筆家の故・外山滋比古先生がこんなことを言っておられました。なるほど。

 僕は日本人の他者への労わりを壊したのは、電車の優先席だと思っているんです。あれができてから、人々の普通の席を他人に譲るという感覚が薄れていきましたよ。暗に「年寄りは優先席の方へいってくれ」という人たちが増えたようにも感じます。優先席のせいで、我々の道徳観は多少低下したんじゃないですかね。僕たちは戦争を知っている世代だから、年上に対して礼儀が厳しかった時代を良く知っています。その後、敗戦を境に大人や年上の権威が崩れ去るのも見た。

 「勉強」を教える前に、「人間」を教える必要がありそうです。♥♥♥

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

北惣門橋

▲以前の「北惣門橋」

  「北惣門橋」(きたそうもんばし)は、松江城の東側のお濠に架かっている橋です。松江城の敷地へと通じる橋です。江戸時代には、内堀の東側にあった家老屋敷と場内とを結ぶ重要な橋だったそうです。明治時代になってから石造りのアーチ橋へと架け替えられたのですが、平成になってから昔の姿へと戻そうと、木造の橋へと復元されました。明治以来の伝統を壊して、江戸時代の伝統を復活させたのでした。「伝統を造るために伝統を壊した」のです。松江城の東側には松江藩の家老職をつとめる武家屋敷があったそうで、そういった理由で重要な橋という位置づけだったようです。それもあって木造へと架け替えられたのでしょう。木造なのでいい雰囲気がある橋でした。松江城の入り口にふさわしい道路橋として、乗用車がそろ~りそろ~りと渡っていました。ただ近年は老朽化がかなり進み、架け替えられることになり、ずっと大がかりな工事が行われていました。

 松江城山公園松江歴史館前を結ぶ木造の「北惣門橋」が、老朽化に伴う架け替え工事が終わり、2022年9月1日から通行できるようになりました。従来は、一般車両も通行可能でしたが、新しい橋では、歩行者の安全確保と橋の長期保全のため、一部を除いて禁止とします。

▲新しく架け替えられた「北惣門橋」

▲新しい木の香りが漂う

 内堀に架かり、歴史館付近にあった家老屋敷と城内をつないでいた橋はかつて、アーチ状だったことから「眼鏡橋」(めがねばし)とも呼ばれていました。江戸時代は木造橋、明治時代以降は石橋へと変遷し、直近では、江戸時代の絵図や発掘調査を参考に、ヒバ材を使って1994年に復元した木造橋でした。長年の風雨で橋脚は腐食するなど老朽化が激しく、市は2022年5月から通行止めにし、約1億5千万円をかけて架け替えました。新しく完成した橋は、島根県産のスギとヒノキを使った全長19メートル、幅4・6メートルで、9月1日に開通しました。新しい橋は木の香りが漂い、実に気持ちがいいですね。通行は歩行者と自転車のほか、緊急車両、許可車両(城山内居住者ら)に限定します。バイクは手押しで渡ることができます。♥♥♥

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

寝台特急「サンライズ」

 「サンライズ出雲」は、東京駅~出雲市駅間を運行する285系寝台特急列車です。「日本で唯一の寝台特急列車」です。1998年(平成10年)7月に、客車寝台特急だった東京~高松間の「瀬戸」と、東京~出雲「出雲1・4号」をそれぞれ置き換え、「サンライズ瀬戸・出雲」としてデビューしました。東京~岡山間は「サンライズ瀬戸」「サンライズ出雲」の併結で走り、岡山駅で切り離されます。東京~出雲間は12時間かけて走り、1日1往復しています。各地で新幹線網の整備や飛行機の普及、車両の老朽化で、次々と廃止になった寝台特急ですが、「サンライズ出雲」は、現在JR路線で唯一残る定期寝台特急列車です。週末には乗車率99%になることも珍しくないそうです。またもう1つの特徴として、女性客が70%ほどになることも多いという女性に人気の列車なんです。出雲大社「縁結び祈願」旅行が若い女性に受けていますからね。正面から見ると2階建てで、車体の高さが目立ちますね。私はかつて一度だけ、この寝台列車に乗って東京へ出かけましたが、残念ながら夜一睡もできなかったので、以来利用していません。今はもっぱら新幹線です(飛行機嫌いなんです)。この寝台特急列車の「寝心地」に関しての最近の面白い調査記事が目に留まりました。⇒★コチラです

 羽田からの飛行機の最終便のずっと後に東京駅を出発して、翌朝の新幹線や飛行機の初便到着の前に岡山や高松に着くことができるのです。米子や出雲へは、翌日の飛行機でちょっとだけ先に着くこともできますが、なにより早朝の6~7時台に羽田空港へ行くのは大変ですし、さらには搭乗前後の余裕時間も必要です。実は、「サンライズ出雲・瀬戸」は観光にもビジネスにも時間を有効に使うことdsc09731ができる、とても便利な列車なのです。深夜でも町の灯りが絶えない東海道沿線を走り抜け、目覚めれば「サンライズ出雲」は中国山地の山あいを抜けて、宍道湖畔の美しい風景が車窓を彩ります。「サンライズ瀬戸」はなんといっても瀬戸大橋を渡る雄大な風景が圧巻です。フリースペースのミニロビー(3・10号車)から車窓を楽しむのもいいですね。

 この列車は、基本設計をインテリアデザイナーの剣持 勇(けんもちいさむ)さんが行い、個室の設計には住宅メーカー大手のミサワホームが参画して誕生した、居住性の高い車内設備を誇ります。内装はまるでホテルの室内のようです。飛行機の最終便の後に出発するダイヤが組まれ、上質な車内空間にこだわった点が高く評価された寝台列車です。色も、寝台列車の定番であった夜をイメージした従来のブルーではなく、一変、朝をイメージした明るいベージュと赤で塗色されている点も、人気の理由の一つです。1998年に「グッドデザイン金賞」「ブルネル奨励賞」、1999年に「第42回鉄道友の会ブルーリボン賞」を受賞しています。

 この寝台列車は、ゴールデンウィークもお盆も「上下全列車満席」で、乗車率はコロナ禍前と比較しても、ゴールデンウィークが103%、お盆が107%と、利用を伸ばしています。他の特急列車が50~70%と低迷する中、個室寝台を中心とした接客設備で安心感があることも、利用増の原因でしょう。飛行機などのなくなったな時間帯に出発し、朝早く目的地に着くことができるというダイヤの魅力も人気の一因です。米子へ通勤する際に、いつもこの寝台列車とすれ違うんですが、ほぼ満席です。特に女性の姿が目につきますね。使われている285系電車は登場から24年が経ちました。そろそろ後継車両が出てきてもよい頃と思いますが、今のところそのような話は聞きません。おそらくは、この寝台列車の「収益性」が影響しているのでしょう。特急列車と比較して「定員が少ない」「1日に1回しか運行できず切符は1回しか売れない」列車なので、収入が少なくなりがちです。「サンライズ出雲」の場合は、JR東日本、JR東海、JR西日本「サンライズ瀬戸」の場合には、さらにJR四国にまたがって走るので、車両を保有するJR東海JR西日本にそのまま収入となる訳ではないのです。ここら辺がJRの苦しいところです。

 長く続いたTBS系列の十津川警部シリーズの最後の作品となったのが、この寝台特急を舞台にした「寝台特急サンライズ出雲の女」でした。主演の渡瀬恒彦さんの顔色があまりにも悪いので心配していたところ、時を置かずしてお亡くなりになり、残念でした。十津川&亀井コンビとして最強と感じていたのが、渡瀬恒彦&伊東四朗だっただけに、喪失感は埋めることができませんでした。♥♥♥

★松江は大雪だ!!

 松江はとんでもない量の雪が降りました。今は股関節のリハビリ中でどこへ行くにもタクシーを利用しているんですが、早朝はタクシーの予約ができません(原発社員のために全部押さえられている)。今日は近所の方に学校まで送ってもらいました。授業を終えた後、タクシーでコロナワクチン(オミクロン)を打ちに近所の内科まで。歩いて家に帰ったあたりから、雪がどんどん降り始めました。今日は夕方から山口整形にリハビリの日です。迎えのタクシーに乗って向かいましたが、正面が雪の吹雪で全く見えません。完全なホワイトアウトです。帰りのタクシーが心配です。リハビリは順調で日に日に筋力が戻ってきています。受付でタクシーを頼んでおいたんですが、リハビリを終えて受付に行くと、もうどこの会社もタクシーは帰ってしまっていて頼むことができなかったとのこと。さて困りました。今日はワクチンも打っているので、寒い雪の中を歩くことも避けたい。困り果てていると、親切な受付スタッフのみなさんが一畑バスに確認を取って下さって、バスはまだ動いている、医院の真ん前が一畑バス本社だから、今から出てもらえば10分したら松江駅方面のバスが出るから、それに乗ってください、とのこと。お礼を言って吹雪の中を道路を横切ってバス停に来ました。10分ぐらい遅れてやって来ました。松江駅経由の美保関行きです。何とか松江駅に辿り着けば、タクシーがあるだろうと思っていましたが、駅前には見事なくらい1台もタクシーがいません。仕方がないので、市営バス循環線で帰ろうと思ったら、大幅な遅延で30分遅れの表示が。寒い中を待って、何とか市営バスに乗り込みました。市内は大渋滞で全く前に進みません。19時には「市営バスも運行中止」になるとのアナウンスが流れています。遅れに遅れ、淞北台団地入り口まで辿り着きました。ここから自宅まで、足下を大雪にズボリズボリ埋もれながら家に到着。ホッとしました。クタクタになった一日でした。朝起きてみると家の前はものすごい積雪です。今日は一日JRもバスも運休です。北高も志学館も休校です。

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

講演会の資料完成

 1月28日(土)の講演会「2024大学入学共通テストに求められるチカラとは ~2023大学入学共通テストの問題分析の報告と指導事例の講演~」(ラーンズ主催)の資料が完成しました。1月14日(土)に終わったばかりの「共通テスト」の最新報告会になります。私が当日に予想した通り、リーディングの中間速報(大学入試センター)は55.07点とかなり難しかったようです。駿台・ベネッセ→【やや易化】、河合塾→【昨年並み】、代々木ゼミナール→【やや難化】、東進ハイスクール→【昨年並み】 と、各社バラバラの難易度予想を公表していましたが、私は試験直後に届いた問題を解いて、ずいぶん読みづらいと感じました。特に最後の第6問Bのクマムシは、本文の内容通り「最強」でした。専門用語だらけなのは、直後に説明が与えられているので、何とかなるのですが、受験生たちは、その都度読みがストップして時間がかかります。しかも正解の根拠がバラバラにまかれていることも難度を上げていました。そもそも出だし第1問の問1から正解の根拠は最後のほうでしたね。これが受験生は大変だと私が直感した理由の一つです。もう一つ、正解が本文に書かれていない「推測」を要する問題が増加しています。書かれている内容から、こういうことが言えるハズ、という問題です。昨年の第4問のような、ひねくれた難問はありませんでしたが、こうやって問題の難易度を上げています。私が《かなり難》と判断したのはこうした理由からでした。総語数も昨年よりも約100語ほど増加しています。最後まで行かない受験生もたくさんいただろうと思います。ここら辺の詳しい中身と今後の対策について、90分お話させていただきます。

①「2023年共通テスト」の問題分析 ~八幡バージョン

②その効果的な対策とは? ~八幡の指導実践事例より

③今後の展望 ~注意すべきポイント

 種々の最新資料を提示させていただくと共に、指導事例の効果的なプリント類のダウンロード・サービスを実施いたします。ご覧頂いた先生方には、特典として【資料1】「生徒が苦手とする共通テスト特有の問題の迫り方  Ver.2」&【資料2】「共通テストの解き方の流れ」の資料(写真下)をお届けしますので、明日の授業から「共通テスト」対策にすぐにでもお使いいただけることと思います。

(1)日時:2023年1月28日(土)14:00~16:00  ZoomでのLIVE配信・動画視聴

(2)テーマ: 「2024大学入学共通テストに求められるチカラとは ~2023大学入学共通テストの問題分析のご報告と指導事例の講演~」 

(3)講師: 島根県立松江北高等学校非常勤講師&勝田ケ丘志学館講師 八幡成人(やわたしげと)

(4)申し込み:ラーンズのホームページよりお申し込みください⇒コチラです

 そしてこの講演をご覧いただいた最後には、先生方にビッグなプレゼントを準備しておりますので、是非お申し込みいただいて、お付き合いいただきますようご案内申し上げます。たくさんの先生方がお申し込み下さっていると担当責任者よりお聞きし、大変嬉しく思っております。♥♥♥

▲当日のパワーポイント資料より

カテゴリー: 英語指導に関して | コメントをどうぞ

「やりっ放し」!

 以下は、今から7年前の10月に下書きしていて、そのままになっていた原稿です。新聞記事も当時のものです。

 模試が終わっても、見直そうともせずに「やりっ放し」にしている生徒が今の北高にいかに多いことか?当時学期の中間試験に、先日の模試で全く白紙状態であった問題をそのまま出題してみましたが、きちんと書いているのは最も優秀な(と言われている)クラスでたったの9人でした。これでは勝てる訳がありません。その日の授業でやったことを、その日のうちに復習して自分のものにしておけば、試験前に長時間勉強する必要もありません。私の高校時代は、そうやっていつも高得点(90点以下は点ではないと思っていましたから)を取っていたと記憶しています。当時は、試験の前日に徹夜して大した点も取ることができない同級生がいっぱいいましたが(学年で国立大学に合格したのはたった二人でした)、今の北高もそういう人だらけです。力がつくわけがありません。「勉強の仕方」が間違っています。学校全体の成績が右肩下がりで落ちていくのには、ちゃんと理由があるのでした。英語の力というのは「復習」でつくことを忘れてはなりません。「復習、復習」です。

dsc07984

 『山陰中央新報』(9月21日付)で、島根県が、中四国9県比較でセンター試験700点以上者の割合が10年連続最下位であったことが報道されて、教育現場は再び格好の餌食となっています。非常に腹の立つ記事です。これでもかと具体的に数字を挙げながら、危機感を煽っています。ベネッセのセンター試験自己採点データが、このような形で比較に使われることを、当のベネッセはどう考えているんでしょうね。これが本来の使い方ではないはずです。データの性質もよく把握しないまま、マスコミの都合のいいように使われていることが明らかです。最近ではベネッセ『データネット』冊子には、「掲載している数値は、都道府県ごとの学力格差の実態や学力の順位を表すものではありません。これらの目的でお使いになることは固くお断りします。また、学校外へ提供されることのないようお願いします。」とあります。ではそもそもどこからこのデータを入手しているのか?記事の最後には「…なので一概に比較できない点がある」と巧妙な逃げ道を作っていますが、それなら最初から比較するな、と言いたい。悪意のある記事です。

 この記事の中で、かつて松江北高の同僚であった冨田一志先生(当時横田高校進路部主任、数学指導の神様のような先生でした。北高時代、東大の理Ⅲにも担任された生徒が合格しました)の言葉が引用されています。模試の結果を分析して活用する能力をはじめ、教員の指導力が低下し、上位層を伸ばしきれていない」 これはまさに本当です。もしかしたら北高のことを言っているような文章ですね。確かに「…の分析」として会議に出てくる資料のそれはお粗末なこと。業者の提供するデータをそのまま載せて「分析」と呼んでいるようです。進路指導部のみんなで話し合って、どこに問題点があり、その原因は何であり、それを打開するためにはどういう手が有効か、次年度に備えて何をしておけばよいか、といったことを客観的に全職員に提示するのが、私の考える「分析」です。「成績が悪い」「上位層が薄い」といった言葉の羅列は、私は「分析」とは呼びません。そんなことぐらい一目見れば分かります。現場で一番大切なはずの生徒の学力の話が、職員会議では隅っこに追いやられているのも情けない話です。私が松江南高時代には、故・石賀 昇校長先生に、模試状況をご説明するために必死で分析をしたものです(校長先生ご自身でも分析資料を作っておられる方でしたから)。私は進路部長時代、職員会議に提出する模試分析を、当時教頭だった南場俊一先生(あの竹内まりあさんの担任の先生です)にずいぶんご指導いただきました。数字をしっかり読め!」とダメ出しされて、一生懸命で進路資料作りに精を出したものです。あの時の経験が、今のベースになっているようです。お二人には今でも心から感謝しています。

 この記事に挙げられた、県の教育委員会のコメントもトンチンカンなものでした。危機感は持っている。教科を超えた教師間連携と指導を進める」 じゃあ、そのためにどんな打開策を打ち、効果を上げているんですか、と問いたい気分です。やらなくてはいけないことのピントが全くズレています。私が若い頃は、島根県はセンター試験の成績も上位に入っていたんです。それがどうしてこうなってしまったのか、その原因を真摯に「分析」しておられるんでしょうかね。はなはだ疑問です。今何を一番しなければいけないかが、分かっておられるようにはおよそ思えません。当分はこの状態が続くことは容易に予想することができます。

 ということで、原点に戻って、一度失敗したことは、しっかりと反省して次に生かすという基本姿勢を取り戻す必要がありそうです。取りあえずは、生徒も教師も模擬試験への取り組みをベースに、その姿勢を改めたいところです。♥♥♥

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

シャトレーゼ春日店

◎週末はグルメ情報!!今週は洋菓子

 「シャトレーゼ春日店」が11月14日にオープンしました。場所は「DAISO(ダイソー)春日店」の道路向かいで、以前デイサービス「ココ・リハ」さんがあった場所です。全然知らなくて、偶然病院帰りに前を通って気がつきました。2年前の6月に、松江市東朝日町に初めて「シャトレーゼ」が出来たときは、しばらくの間は大行列が続きました。ついにそのお店が大橋を渡って橋北にもできたのです。私も行ってきました。感想は、ずいぶん安いという印象です。200円台のショートケーキなど、考えられませんね。

 株式会社シャトレーゼは、山梨県甲府市に本社を置く食品メーカー。キャッチコピーは「自然のおいしさと。人の想うおいしさと。」。昭和29年に創業しました。全国各地に600店舗以上を展開しています。「シャトレーゼ (Châteraisé)」 の社名は、フランス語で「城」を意味するシャトー (Château) と、「ブドウ」を意味するレザン (Raisins) を合わせた造語で、「ぶどうの城」を意味しています。シャトレーゼがこれだけリーズナブルな価格帯で商品を提供できる理由としては、「ファーム・ファクトリー」と呼ばれる独自のシステム構築が挙げられます。山梨県に白州工場を拠点とすることで、相場よりも数割安価に商品を提供できる仕組みを作り上げているといいます。玉子や牛乳などの新鮮素材の調達から生産、物流、店舗販売までをすべて自社でコントロールしており、中間に商社や卸売り業者を通すといった必要性がないため、その浮いた費用分で割安にできるというのです。素材へのこだわりと手頃な価格の両方を実現するために、目に見えない企業努力を重ねているのです。

 「変わらぬ美味しさ」「驚き」を両立するというスタンスを貫いて、コロナ禍でも成長を続ける菓子メーカー「シャトレーゼ」シャトレーゼの商品は、水は南アルプス、フルーツは地元・山梨産のものを使うなど、素材にこだわっているのがウリ。しかし、お手頃なイメージが先行し、それが消費者にあまり認識されていないといいます。アレルギー対応商品に業界内でいち早く取り組んだことも、シャトレーゼの売りでしょう。中でもアップルパイが美味しかったですね。♥♥♥

カテゴリー: グルメ | コメントをどうぞ

「快速エアポート」

 1988年3月に「新千歳空港」が開港したのを機に、空港アクセス用として、千歳空港駅・苫小牧駅―札幌駅間で運転開始された快速「空港ライナー」が、今日取り上げる「快速エアポート」の前身に当たります。1992年7月には、新千歳空港ターミナルビルの完成に合わせて千歳空港駅 ― 新千歳空港駅間が延伸開業したため、新千歳空港駅への乗り入れを開始し、大幅な増発の上、列車名も「エアポート」に改称されました。当初は「快速列車」のみの設定でしたが、2020年3月のダイヤ改正により、混雑緩和を目的として、朝夕に「特別快速」が設定されました。

 2014年に登場した、6両編成の733系3000番台です。札幌駅・小樽駅~新千歳空港駅間を結んで走ります。最高速度120km/h、所要33分~39分(早朝・夜間の一部列車を除く)で結び、新千歳空港発8―20時台、札幌発8―19時台はおおむね12分間隔で頻繁に運転されています。空港利用客に限らず、全区間を通して沿線の都市から札幌への通勤・通学者にも幅広く利用されています。

 特に「Uシート」(840円)は、ゆったりした座席で、フリーWi-Fiもあり、仕事や読書もはかどります。この席の指定料金が2022年4月1日から、¥530から¥840に1.5倍も値上げされて、利用客からごうごうと非難を浴びました。コロナ禍で国内外への航空需要が急減し、エアポートの利用客が激減したために、経営の苦しいJR北海道は値上げせざるを得なかったんでしょう。ソーシャルディスタンスを確保することもできます。「ゆとりやなごみの感じられる空間」をコンセプトに、シートと内装を落ち着きのある木目調とアースカラーでまとめ、ゆったりとくつろげるように座席下のスペースを広くしています。車内改札を気にせず休んでいただけるよう、チケットホルダーを設置し、テーブルもより大きいものを設けています。大きなトランクケース等を置くことのできる特別スペースもあるので、座席スペースを広々と使うことができます。733系は普通席をロングシートとし、混雑緩和を図ります。乗降口のステップをなくしてバリアフリー化を推進しています。

▲「エアポート」Uシート

 新千歳空港へのアクセス電車として人気の高い「快速エアポート」は、飛行機に乗る人を輸送する空港アクセス鉄道としての役割だけではなく、通勤・通学用の生活路線としての一面も併せ持つため、その混雑ぶりは年々激しくなっています。しかし、その分かりやすさと便数の便利さから、使い勝手が実にいいのもまた事実。便利で快適なこの電車に乗れば、あっという間に新千歳空港に到着です!♥♥♥

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

16キロやせました!

 昨年の7月から股関節の痛みに苦しみ、整形外科から痛み止めの薬をいただいて飲んでいました。これを飲み始めてから、食欲がバタンとなくなりました。1日に2回食べれば十分、全然お腹がすきません。食欲不振です。外食も一切なし。どんどん体重が落ちていきました。12月に手術を受け、1ヶ月入院生活を送る中で、病院食のみでおやつ類は一切なし。8時、12時、18時に薄味の病院食、1日4回の血糖値測定、21時消灯就寝という規則正しい生活を送っていたので、さらに体重が落ちていきます。結局なんと16キロやせました。着ている洋服や背広、ズボンがブカブカです〔笑〕。

 膝への負荷を考えると、いいことだったかもしれません。年に2,3度くらい左膝が痛くなって、整形外科で痛み止めの注射を打ってもらっていたのですが、昨年の7月から4ヶ月間右足をかばい引きずりながら、左足に重心をかけながら歩いていたせいでしょうか、左の膝の関節がつっぱったような感じが抜けません。今リハビリ通院をしている山口整形外科でレントゲンを撮って診てもらいました。すると見事に軟骨がなくなってしまって、骨と骨が直接ぶつかるような変形した画像でした。「手術はどうか?」と薦められましたが、「勘弁して下さい」とお願いして、股関節のリハビリ治療をする一方で、左膝も電気やレーザーをあててもらい、「運動療法」をしてもらっています。週2回のリハビリにタクシーで通って、筋力・体力の回復を図っているところです。♥♥♥

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

アンテナは高く、腰は低く

 私の尊敬する経営コンサルタントの小宮一慶(こみやかずよし)さんは、経営者に講演される度に、「部下の話にメモをとってください」とよく言われます。部下がメモをとるのではありません。経営者が部下の話を聞いてメモをとるのです。部下の話を聞く経営者ならたくさんいます。でもメモまでとる経営者はあまりいません。このメモをとるか、とらないかの僅かな違い。その一歩の踏み込みをやって、それを積み重ねた人が成功する、と小宮さんは強調します。だから「メモをとってください」と、口を酸っぱくして言い続けておられるのです。

 日頃の心がけとしては、「アンテナは高く、腰を低く」が大切です。今は情報化社会で、自分がその気になれば、いくらでも多くの情報を得ることができます。ただしっかりとアンテナを張っていなければ、せっかくのチャンスを逃すことも・・・・。そして必要な情報と不必要な情報を選別できる力をつけなさいと・・・・。仕事をする上では、いろいろな情報を常に得ておく必要があります。私などは、毎日7つの新聞に目を通しながら、日頃の読書でアンテナを張っています。そして全国のネットワークの先生方からいただく情報に注意しています。でも腰が高いと、アンテナが低くなって情報が入ってこなくなります。上に立つ人ほど謙虚な姿勢を持たないと、様々な情報が入ってこないので、謙虚な心でいなさいということですね。人の話をどんな姿勢で聞くのかが、カギを握っています。ナショナル創業者の松下幸之助さんが、新入社員の話にも真剣に耳を傾けていたように、謙虚な社長は誰からも学ぼうとする姿勢を持っておられました。ある意味、貪欲にヒントを探し続けておられたのです。人の知恵を活かすには、「自分はまだ分かっていない」という謙虚な姿勢が必要だということです。謙虚さがないと、情報は入ってこない、人が寄ってこないのです。知らないことを知らない、と言う謙虚さが大事なのです。「実るほど頭(こうべ)を下げる稲穂かな」とも言いますものね。

 食卓に欠かせない調味料の「味の素」。これを商品化したのが鈴木三郎助さんです。鈴木氏は、1868年、相模国三浦郡堀内村(現在の神奈川県三浦郡葉山町)生まれ。幼名を泰助といいました。家は商家で、父を早くに亡くしたこともあり、18歳の時に二代目三郎助を襲名しました。家業を継いだ当初は堅実な商売をしていた鈴木氏でしたが、資金繰りが厳しくなったことから米相場に手を出し、やがて財産のほとんどを失ってしまいます。そこで、母親が始めたヨード製造を手伝い始めることに。徐々にのめり込んでいき、ついには日本のヨード業界をリードする存在にまでなります。1908年、東京帝国大学の池田菊苗博士がグルタミン酸を主要成分とする調味料の製造方法を発明、特許を取得しました。鈴木氏は以前からこの池田博士と親交があったことから、この特許の実施契約を得て、苦労の末、商品化に成功します。これがあの「味の素」です。「アンテナは高く、頭は低く」は、そんな鈴木氏の言葉です。どこにビジネスの種が転がっているか分かりません。アンテナは高く掲げていることが大切です。しかし、アンテナを高くしていても、謙虚な気持ちがなければ、人は情報を流してはくれません。現代にも通じる名言と言えると思います。

 今日も一日頑張ろう、それと「腰は低く」。これは本当に難しいですね。ちょっと自分の方が立場が上になれば、偉そうに言ったりしてしまいます。周りを見回すと、確かに人望のある人は、腰が低い人が多いように思います。謙虚で、和やかで。「接する人とは平等に」。ホントに大切なことだと思います。そうできるように意識して行動しようと思います。「驕る平家は久しからず」という言葉が示しているように、驕る者は結局没落していくということは、歴史が証明しています。

 「イトーヨーカ堂」を創業した伊藤雅俊(いとうまさとし)さんは、人の話を聞くときには必ずメモを取る、と聞いたことがあります。常時メモ帳を手放さず、それこそ人と会食しているときでも、何か気になる話や心に響く言葉があると、食べる手を休めてすぐにメモを取ると言います。相手を受け入れる気持ちがなければメモを取ることはできません。自分には足りないところがある、どんな人、どんなことからでも得ることはある、と謙虚に思っていなければ、人の言葉はただただ通り過ぎていくだけです。必要な情報は入ってこないでしょう。つまりは、「アンテナは高く、腰は低く」生きることが大切なのです。腰を低くしておかないと、アンテナは高くならないという意味でもあります。♥♥♥

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

松井稼頭央と茶髪

 昔、プロ野球のパリーグ・西武ライオンズが黄金時代でめっぽう強かった頃、松井稼頭央(まついかずお)という名ショートがいました。盗塁王にもなった、茶髪・金髪で奇抜な格好をしては、注目を集めていた選手です。日本人内野手として初のメジャー挑戦ということで、大リーグ(メッツ)に活躍の場を求め(3年総額約26億7,000万円で契約)ましたが、結局、芽が出ず期待ほどの活躍はできずに(それでも日本人内野手最長の7年間プレー、メッツ⇒ロッキーズ⇒アストロズ)、楽天に戻りプレーしていました。日米通算で2705安打で、MVP、トリプルスリーも達成したレジェンド選手です。

 その彼が、まだ西武時代に、突如として、トレードマークである茶髪をばっさりと切って黒髪にしてきたことがありました。大事件です!これは息子の非行に悩む、ある主婦からもらった一通の切実なファンレターがきっかけでした。

 髪を金髪に染めた松井さんの姿を見て、子供が不良になりました。卒業式に金髪、私服姿で出席するなど、もう親の手に負えません。もう少し松井さんが与える影響を考えていただけませんか。

 この言葉にはさすがの松井選手自身も、身につまされました。マスコミへの露出度増加による自らの社会的影響力の大きさを痛感させられると同時に、青少年たちへの間違ったイメージが伝わることへの罪悪感に思い悩んだそうです。そしてバッサリとカットして、黒髪に染めあげました。「髪が黒いぞ!」「あれれ、茶髪じゃない!」と、選手間・報道陣にどよめきが起こりました。「僕が黒くすれば、少しは青少年の役に立つかなと思って」松井選手。こうして改心したはずでだったんですが、またしばらくすると元の奇抜な格好に戻ってしまいました。人間、本性はそう変わらないということを如実に物語っている話ですね。

 私の尊敬する故・野村克也(のむらかつや)さんは、以前こんなことを書いておられます:

 評論家の草柳大蔵さんに聞いたところでは、「髪の毛は毛細血管であり、そこには人間の心理が表れる」という。髪型で自分を主張しようとするのは自己顕示欲の表れと言っていい。仕事に対する姿勢は、まず服装や態度に表れる。野球選手にかぎらず、ろくに仕事のできない者ほど外見で目立とうとする。仕事や生き方に自信が持てないから、外見で自分の存在を認めてもらおうとするわけだ。野球選手はプレーで目立てばよろしい。プレーで自分を主張できるようにならなければならないのだ。「心技体」とよく言われるが、よい仕事をするためには体力・技術・気力のバランスがとれていることが大切だ。自分では個性と思っているのか知らないが、奇抜な髪型をするのは「心」が乱れている証拠なのである。むろん、髪型やファッションに気を遣うこと自体は悪いことではない。しかし、それはきちんとTPOをわきまえた、人に不快感を与えない清潔なものでなければならない。プロ野球選手は、子どもが憧れる存在だ。スター選手がだらしない格好をしていれば、子どもたちが真似をしてしまう。  ―野村克也『強打者列伝』(角川oneテーマ、2014年)

 わたしは監督時代、選手に対して「茶髪や金髪のような意味のないことはするな」と身だしなみに対して口を酸っぱくしていった。「身だしなみまで監督が注意する筆よがあるのか?」と疑問に思う人もいるかもしれないが、わたしにいわさえれば大いにある。グラウンド上で「さすがプロだな」という感動を与えるのが野球選手ではないか。ファッショやスタイルが売り物の芸能人であれば、そうした身だしなみはいいだろうが、プロ野球選手に芸能員と同じスタイルなど必要ない。ある心理学者によると、茶髪や金髪にしたがる若者の心理は「自己顕示欲」なのだという。「これだ!」と自身を持って目立てるものがないから、服装や髪の毛でごまかしてしまう。野球以外の部分で目立とうとするのは、二流の証拠だ。 ―野村克也『野村克也全語録』(プレジデント社、2022年)

 松江北高でも、3学期の終業式後に行われる「離退任式」には、体育館会場に、二週間前に卒業したばかりの卒業生たちが沢山押しかけて参列してくれるのですが、この人たちの格好を見ると、情けない人たちがいかに多いことか!!大学の合格発表と同時に、髪を異様な色に染め上げ、奇抜な格好をしてやって来ます。はたから見ていて不快感を覚えます。「この人たちは本当に大学に勉強しに行くんだろうか?!」と疑念を抱いてしまいます。教育の何かが間違っているのでしょう。スタートをゴールと勘違いしているのかもしれません。私がサッカーが大嫌いなのは、こういう勘違いをしたちゃらちゃらした選手が多いからです。本当にすごい選手は、プレーそのもので魅了してくれます。「いや、外見と内面は無関係だ」と主張する人もいるでしょう。大好きなさだまさしさんが、ファンクラブ(「まさしんぐワールド」)会員に向けて、意見には個人差があります」というタオル(今治製)を販売されたんですが、この問題もそうなんでしょうね。でも私自身は、外見や格好ではなく、中身で目立ちたいと思っています。「仕事で勝負する」ということです。♥♥♥

【補足】 数年前に西武の二軍監督の松井稼頭央が次期監督になることが決定的、と報道がなされました(誤報でした)。西武球団内にあった「FAで出て行った人間には二度と敷居をまたがせない」という古い慣習が改められるきっかけとなったのが、松井二軍監督の帰還作業でした。2019年から、西武の2軍監督として指揮を執り、今年はヘッドコーチに就任していましたが、辻 発彦監督の退任(3年連続V逸)に伴い、来季からは監督を務めることが決まっています。ただ選手時代にレジェンドであった人たちが、ことごとく新人監督としては失敗していることを考え合わせると、前途多難であることが予想されます。「名選手、必ずしも名監督ならず」。巨人の高橋由伸監督しかり、広島の野村謙二郎監督、阪神の金本知憲監督など。

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

知識・見識・胆識

 東洋古典に通じた陽明学者の安岡正篤(やすおかまさひろ)先生(「平成」の元号の発案者でもある)がよく語られた言葉に、「三識」というものがありました。識」には三つあると。「知識・見識・胆識」の三つです。この三つを意識することが大切です。

 「知識」とは、理解と記憶力の問題で、一般的に本を読んだり、人からお話を聞いたりすれば知ることのできる、大脳皮質の作用によるものです。平たく言えば、「情報の集まり」、つまり全ての学びの出発点ですね。さまざまな情報やデータを理性のレベルで知っているということです。しかし、いくら知識をたくさん持っていても、それだけでは単なる物知りというだけで、あまり意味がありません。「知識」は、その人の人格や体験あるいは直観を通じて「見識」となります。

 「見識」は、現実の複雑な事態に直面した場合、いかに判断するかという判断力の問題だと思います。「見識」を養うには、歴史や古典から学ぶことが効果的です。安岡先生に学んだ多くの政財界の要人は、『論語』や『史記』など、中国古典の教えを学びました。長年読み継がれてきた古典的な書物は、人類の知恵の宝庫です。「知識」に、自分の考え方を付加価値としてプラスしたものです。「知識」が信念にまで高まったものであり、自分が信じているということです。分かりやすく言えば、「知識」が生野菜であるのに対して、「見識」はそれを素材にしてサラダや炒め物にして美味しく食べられるようにしたもの、と言っていいと思います。

 この料理を美味しく味わい、栄養分を自分のものにするところに「胆識」が生まれます。つまり、「胆識」とは、「見識」に勇気・決断力と実行力が加わった能力です。「胆識」は、肝っ玉を伴った実践的判断力とでも言うべきものです。困難な現実の事態にぶつかった場合、あらゆる抵抗を排除して、断乎として自分の所信を実践に移していく力が「胆識」ではないかと思います。せっかく優れた「見識」を持っていても、意見を言うだけで実行力がなければ、ただの「評論家」で終わってしまいます。特にビジネスの世界では、実行力がなければ成果は上がりません。「胆識」を養うには、苦労・挫折の体験が一番の肥やしのようです。魂のレベルで固く信じているがために、何ものも恐れないという状態です。

 「知識」というのはデータそのものです。「見識」とは、「知識」プラス自分なりのものの考え方。分かりやすく言えば、生野菜としての情報を豊富に揃えると同時に、それをうまく調理して食べやすくすること。要するに知識を昇華して自分のものとすることです。限りなく「知恵」に近いものと言うことができます。最後の「胆識」とは、「見識に決断力と実行力を付け加えたもの」と定義できるでしょう。そういう意味では、集団の指導者(リーダー)に必要なのは、「知識人」「見識人」ではなく、「胆識者」であるということです。「百聞は一見にしかず。百見は一考にしかず。百考は一行にしかず」です。このような「胆識」が備わって初めて、いかなることが現れようと、正しい判断を下し、敢然と目指す方向へ組織の舵取りをすることができるのです。♥♥♥

◎《教訓》「胆識」を磨け!!

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

八幡復帰第1弾講演会!!

 「共通テスト」が終わりました。指導にあたられた先生方、受験生のみなさんはお疲れ様でした。さあ、ここからが勝負です。結果に一喜一憂することなく、志望校を目指して努力を重ねて下さいね。リーディングリスニングも昨年から大きな形式変更はありませんでした(リスニング4問Aのイラストの並べ替えが消えた)。「共通テスト」の直前に私はこのブログで、「今年は難化」「終わった後はネット・マスコミでデマが飛び交うので注意」とアドバイスしました。今回の「英語リーデイング」に限って見ても、直後に、駿台・ベネッセ→【やや易化】、河合塾→【昨年並み】、代々木ゼミナール→【やや難化】、東進ハイスクール→【昨年並み】 と、各社まちまちの難易度予想を公表していました。第6問Bの問題は非常に読みづらく、解答根拠もバラバラであったため、思わぬ時間を食った受験生も多かったと予想します。総語数も多く、最後まで行かなかった生徒も多くいたはずです。決して簡単な試験ではありませんでした。引っかけのワナや、見事な「言い換え」が随所に盛り込まれた問題に解きながら感心することしきりでした。

 さて、先生方にお知らせです。ZOOMによる八幡「共通テスト」の講演会「2024大学入学共通テストに求められるチカラとは ~2023大学入学共通テストの問題分析の報告と指導事例の講演~」(ラーンズ主催)が、1月28日(土)午後2時より開催されます。1ヶ月にわたる右股関節の手術・入院からの「八幡復帰第1弾!」のお届けとなります。試験終了間もないのですが、ホカホカのレポートをお届けするつもりでおります。次の3点に絞ってお話をさせていただきます。

①「2023年共通テスト」の問題分析~八幡バージョン

②その効果的な対策とは?~八幡の指導実践事例より

③今後の展望~注意すべきポイント

 種々の最新資料を提示させていただくと共に、指導事例の効果的なプリント類のダウンロード・サービスを実施いたします。ご覧頂いた先生方には、特典として「共通テストの解き方の流れ」&「生徒が苦手とする共通テスト特有の問題の迫り方  Ver.2」の資料をお届けしますので、明日の授業から「共通テスト」対策にすぐにでもお使いいただけることと思います。

(1)日時:2023年1月28日(土)14:00~16:00  ZoomでのLIVE配信・動画視聴

(2)テーマ: 「2024大学入学共通テストに求められるチカラとは ~2023大学入学共通テストの問題分析のご報告と指導事例の講演~」 

(3)講師: 島根県立松江北高等学校非常勤講師&勝田ケ丘志学館講師 八幡成人

(4)申し込み:ラーンズのホームページよりお申し込みください⇒コチラです

 そしてこの講演をご覧いただいた最後には、先生方にビッグなプレゼントを準備しておりますので、是非お申し込みいただいて、お付き合いいただきますようご案内申し上げます。♥♥♥

★★★プレゼントが・・・!!

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

叶匠壽庵

◎週末はグルメ情報!!今週は和菓子

 私の好きな和菓子のお店に「叶匠壽庵」(かのうしょうじゅあん)があります。「叶匠壽庵」は、1958年創業の老舗和菓子店で、総本店は滋賀県の大津市にあります。創業64年で、革命的な和菓子を次々に生み出す、注目されている和菓子メーカーさんです。テレビ東京の『カンブリア宮殿』で、村上 龍さんも絶賛していましたね。「叶匠壽庵」は、菓子作りの理想の象徴を「梅林」であると言っておられます。梅花の一弁一弁に言葉を当てはめ、「五弁の思想」という和菓子の世界観を持っているのです。お店の名前には次のような思いが込められています。

叶…お客様のお口に叶いますように。

匠…新たな感性と伝統の技を融合させることで一つの菓子へ と表現する職人芸を日々磨きをかける。

壽…いのち永く生きることをことほぎ歓ぶおもてなし。

庵…湖と川と里山の自然に抱かれた小さな菓房。

 創業者の故・芝田清次さんは、「お客様をお見送りするとき、お客様の姿が見えなくなるまで、感謝の気持ちを込めてお見送りする」と言っておられました。私の尊敬する故・松下幸之助さんも、会社を訪れたお客様が帰られるときは、いつもその姿が見えなくなるまで見送り、最後に深々とお辞儀をしておられましたね。

 1958年に開店した滋賀県大津市の小さな和菓子屋「叶匠寿庵」は、15年後には日本の菓子業界を代表するブランドになっていました。1971年に、看板商品となる「あも」を発売。1973年に「阪急うめだ本店」のデパ地下に出店すると、ブームに火がつきます。その後、西武池袋本店と日本橋高島屋等にも出店し、1977年頃には、その3店舗で、全国すべての百貨店における菓子売り場の売り上げベスト3を占めるまでになりました。

 創業者の芝田清次さんは、39歳の誕生日を迎えるまで、まったく和菓子づくりとは無縁の仕事をしていました。18歳の時に徴兵され、日中戦争に従軍して中国に派遣され、歩哨に立っていた時に、銃撃を受けて左目を失いました。帰国後は警察官になりますが、留置場に勤務していた時に同僚との間でトラブルがあり、大津市役所へ転職します。市役所では、観光課で観光主任のポストを任せてもらえたのですが、しばらくすると「今ひとつ仕事として刺激が足りない」と感じるようになっていました。辞める決意を固めた頃には、「激しく未知の可能性への挑戦に己を賭けてみたい」と思うようになっていたといいます。

 1958年、芝田さんは家族の反対を押し切り、満39歳の誕生日に市役所を辞し、生まれて初めての和菓子づくりをスタートしました。餡炊きなどの基本は、友人の菓子屋の職長から10日間だけ教わったものの、最初はかなり苦労しました。炊いた餡は全体の7〜8割しか売り物にならない。それでも、明日の餡炊きに必要な丹波小豆を仕入れるために、毎日売り続ける必要がありました。雨の日も、風の日も、雪の日も、琵琶湖の近くにある「圓満院門跡」の駐車場に止まる観光バスの乗客に向かって、窓の下から窓の下へと「お菓子いりまへんか、買うておくれやす」と、声をからしながら売りさばきました。そうこうして、何とか和菓子をつくり続けて半年ぐらい経った頃のある日、店の前に立派な外車が停まり、運転手さんがうやうやしく後部座席のドアをあけました。当時、お客様の9割は近所か地元の人だったので、とても驚いたといいます。降りてこられたのは背の低い小柄な、精力的な風貌の、いかにも頭脳明晰な感じの眼の輝きをおもちの中年紳士でした。ただ、暑い盛りの夏の日ではあったにしても、その身なりはいかにも無雑作でした。開襟シャツはともかくとして、下はなんと縮みのステテコ姿だったのです。靴は一見して最高級とわかる上等の皮靴。つまり相当な地位のお方が、たまたま暇をみてふらッとお立寄りになった、いわゆる“お忍び”の感じでした。その方に続いて立派な奥様がお降りになりました。

「いや実はな、このあいだ知人からあんたのとこの最中をもろうてな。なんともいえん純な味わいに感心したんや。わしもこれ(奥様)もあの味が忘れられんようになってな」

 そのお客様は、なんと1万円分の最中を買ってくれたといいます。現在の貨幣価値では、5万円はくだらない額です。特に指示したわけでもないのに、家族全員が店の前までお見送りに出ました。

 ふと見ると、老いた両親は、胸の前に両手を合掌させながら、まるでお念仏を唱えるように「有難うございました、有難うございました」と呟きつづけています。二人とももう顔中、涙でくしゃくしゃになっています。その顔を見た途端、私も、それまでこらえにこらえていたつもりの涙がこらえきれず、堰を切ったようにほとばしらざるをえませんでした。脇の家内も泣いています。そしてふとうしろを振り返ってみると、小学生の息子と娘までがポロポロポロポロ涙をこぼし、しきりにしゃくりあげているではないですか。

 去ってゆく外車からは奥様が、後の窓に手をつけて振ってくださっています。ご主人はご主人で窓を開け、顔を突き出され「いつまでも頑張れよーッ、応援してやるぞーッ」と、車が見えなくなるまで励ましのお声をかけつづけてくださいました。

 その時の光景は、家族全員、生涯忘れられないものとなったはずです。失礼にあたると思い、そのとき芝田さんは相手の名前を聞きそびれたそうですが、わずか10日ほど後に、再び来店してくださったので勇気を出して聞いてみたといいます。「わしか、わしは伊藤忠の越後や」その人物こそ、伊藤忠の“中興の祖”と称される元社長、越後正一だったのです。

 竈(かまど)の前に座り、「竈さん、竈さん、いい和菓子を作れますように」と祈り、中学校を卒業したばかりの若者を中心に採用して、まさにゼロからの出発でした。作った和菓子を近くにある三井寺に行商に行き、観光バスの客相手に売って歩きました。雪が降るある冬の日、観光バス客に売って歩いていた時、肩に積もった雪を払ってくれる人がいました。「一生懸命やっていれば、道が開けてくる」三井寺の住職でした。これで元気を取り戻したといいます。

 次第に有名になり、今では「高級和菓子」の地位を獲得できるようになりました。京都銀閣寺では、和服姿の女性店員が、お客様の姿が見えなくなるまで、笑顔でお見送りをしておられます。♥♥♥

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

『青春の読書』

 尊敬する故・渡部昇一(わたなべしょういち)先生の、若かりし頃の読書体験(~大学院時代)を綴った大著『青春と読書』(ワック出版、2018年)を、入院した日赤の病室のベッドで読み返していました(本を山ほど持ち込んで、リハビリの時間以外はひたすら読んでいました)。同社のWiLL創刊10周年記念出版の本です。表紙の文字の手触りを味わい、614ページの「厚さ」の重みを感じ、読み終わった後の達成感も味わうことができます。「知の巨人」と謳われ、溢れ出る知識の持ち主が、どのようにしてその知識を蓄えたのか?決して強制されたのでもなく、必要に迫られてのものでもなく、ひとえに「貪欲な読書」によるものだということがよく分かる内容です。ただただ本を「愉しんでいた」様子が、ひしひしと伝わって来る文章で、渡部先生が学ばれた人生を読書遍歴中心に振り返った本です。山形での幼少時代から英語を学んだ大学、ドイツ留学時代、そして上智大学での教鞭。この間に読んだ本が膨大で滅茶苦茶幅が広い。英語文法に拘った点が多いのですが、俗っぽい本から古典、哲学書、そして何よりも原書の読書体験が多く語られます。また真の歴史、語学の古典を知っている本物の恩師との出会いと感謝の気持が熱く語られているのです。影響を受けた大量の本の紹介に加え、御自宅の15万冊の蔵書に囲まれた様子がカラー写真でも見ることができます。まさにこの本自体が「渡部昇一図書館」でした。なお、渡部先生の書斎を写した写真が本書の中にも色々あって、これ、本当に個人の書斎なの?イギリスの由緒ある古書店の写真とかじゃなくて?って感じです。

 本の中にふんだんに出てくる、先生の圧巻の書斎の写真を見れば(個人の蔵書(15万冊)としては世界一と聞きました)、本好きの最終ゴール地点を実感することができます。その存在はあまりにも巨大ですが、「本を愛する気持ち」を共有できることが嬉しい一冊です。私の退職にあたって、ねぎらいのお手紙(写真上)を渡部先生からいただいたことは、何よりも嬉しかったものでした。

 私は『Will』(ワック出版)誌に連載中から、この先生の記事を毎号楽しみに読んでいました。先生はご自分でも書いておられますが、「遅進児」であったといいます。先生の並みの人間と隔絶した才能は、とにかく根気よく、継続して、咀嚼力を以て本を消化し、血や肉として自分の体に取り込んでゆく点にあります。一つ一つのものを確実にマスターしていく力にはただただ感嘆あるのみです。また先生は、学問の楽屋裏を正直に開示してくれる稀有の人です。講談社のキングや富士などの家庭向き大衆雑誌を、繰り返ししゃぶるほど読んだなどと、書く人はあまりいないと思います。旧制中学入学当初、英単語のスペリングなどというものは、暗記すべきとはつゆ思ってはおらず、赤点をとったという、楽しいエピソードも聞かせてくださいます。故・山本夏彦氏が、渡部先生が戦後意識して無視されていた徳富蘇峰を再評価し、近世日本国民史は、歴史に残る名著・労作であり、「これがあれば、たいていの時代小説を、書くことができ、多くの著述家は、蘇峰の本をネタ本として利用しているのに、そのことを表に出そうとしない。」と述べたことを、激賞した文を書いておられました。その時、山本さんは、「誠に、正直な人」と褒めたのです。渡部先生には、佐藤順太先生という憧れのお手本がそばにおられました。自分の経験からしても、「この先生の様になりたい。」と思う師匠に出会ったとき、ひたむきに頑張ることができるものです。この本を読んだ人にはぜひ、故・谷沢永一(たにざわえいいち)氏さんの雑書放蕩記・読書連弾などと読み比べて楽しんでいただきたいものです。稀有な二人の読書人の書いたものから得られる物が多いことは、保障します。

 本書『青春の読書』で特に力を入れているのは、鶴岡第一高等学校時代から上智大学時代にかけてずっと恩師であった、英語の佐藤順太先生という方のことでした。結局、本書は、佐藤順太先生を始めとする渡部先生の数多い恩師たちに捧げる「先生とわたし」本と言えましょう。渡部昇一先生は、習った先生の影響をやたらに受けまくる「素直なスチューデント」という印象です。で、素直なスチューデントだけに、人間だけでなく本の影響も受けまくる。本書はそうした、恩師・恩書へのオマージュで満たされた614ページでした。

 この本は、読書好きにとっては、一気に読むことのできる、楽しい本です。♥♥♥

 
 

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

「共通テスト」を前にして

 何とか「共通テスト」にギリギリ間に合って退院することができ、松江北高補習科、理数科、勝田ケ丘志学館でそれぞれ2時間授業をすることができました。「共通テスト」を直前に控えて、次のようなことを生徒達に伝えました。私の長年の知恵と体験に基づいたアドバイスです。参考にしてください。♥♥♥

①今年の英語は「難化」の可能性が高いこと。

②問題が配られたら、必ず第1問から第6問までをパラパラと眺めておくこと。昨年の本番問題や日頃の模擬試験とは、微妙に変わった傾向の問題が出る可能性もあるので、一応確認しておくと心強い。変化がなければそのままやればよいし、違う傾向の問題が出ている場合はそれを頭に入れてから解き始めること。

リーディングが終了したら、ただちに音源を耳にして、リスニング試験が始まるまで「耳慣らし」をしておくこと。決してリーディングの答え合わせなどをしてはならない。

④期待した得点が取れなかったからといって、「もう今年はダメだな」などと自分勝手に判断してはならないこと。特に荒れた入試の年ほど、意外な結果が出るものだ。昨年の結果を見れば明らかだ。

⑤正解の選択肢は「言い換え」、誤りの選択肢は「スリ替え」だ。

⑥リーデイング、リスニング共に、ワークシートが与えられている問題は、まずワークシートに目を通してから始めること。「本文はこんな風に進んでいきますよ」ということを教えてくれるのだ。

⑦自己採点後、ネットやマスコミで流れる情報はデマが多いこと。右往左往してはならない。

⑧自己採点後公表される各社判定システムの判定画面で、Aだ、Bだ、Dだ、などと騒ぐのは全くのナンセンスであること。それはなぜか?

⑨リーディング、リスニング共に、長文問題のテーマには「SDGs」「Society 5.0」のトレンドワードが狙われる可能性が高いこと。

⑩(自分の志望校の学部学科の昨年の合格最低点)-(自分の傾斜得点)=合格に必要な二次得点(目安に)を自分で算出し、自分の二次力と照らし合わせておくこと。二次試験で挽回ができるのは二次配点の10%と知ること。

 受験生のみなさんが全力を尽くし、自己ベストを発揮されることを節に願っています。頑張ってください。♥♥♥

カテゴリー: 英語指導に関して | コメントをどうぞ

characterとpersonality

   日本語の「性格」を英語で言うとき、 character personalityという二つの英単語があります。この二つの単語はいったいどこがどう違うのでしょうか?

 「character」は、ギリシア語の charakter「刻みつけられた印」から英語に入りました。「印刻」から「記号」となりさらに「性格」の意味になったものです。それに対して、「personality」は、ラテン語の personalis 「個人の」から英語に入りました。personality の -ity は「性質、状態、程度」などを表す語尾です。personality は、「個人の性質や状態」から「個性、性格、人格」という意味になりました。

 「character」は、その人の持つ特徴や人格、品位など道徳的な性格を表す語。一緒に使われる語には、 bad, good, great, noble などの形容詞があります。必ずしも、個人について用いられるとは限らず、集団・国民性・動物・非生物に関しても用いられます。一方「personality」は、他人への振る舞い方や印象を表す人柄、性質を表す語で、一緒に使われる語には、pleasant, warm, lively, violent, quiet などの形容詞があります。

 「character」は基本的に「変わらない」部分で、あなたの内面そのものを表す単語です。それに対して「personality」は、態度や振る舞いとして現れる部分の性格です。状況や判断される人々によって変わりうるものです。周囲に与える影響や関係をかもし出す「性格」です。

 私はこの両者の違いに関して、若い頃にいろいろと調べて、次のような【類義語】解説を『ライトハウス英和辞典』(研究社)に書きました(この辞典の【類義語】欄は故・竹林 滋教授の命で私が全部執筆したものです)。特にその用例が参考になるでしょう:

【類義語】 character  道徳的・倫理的な観点からみた人格・特性  personality 人柄・個性といった意味での特性:Professor Smith has character but no personality. スミス教授は立派な人だが、おもしろ味がない。 

 このような両者の違いを、尊敬する故・渡部昇一先生と故・谷沢永一先生のお二人が、歌人の石川啄木(いしかわたくぼく)を例に出して語っておられました(『人生行路は人間学』(PHP研究所、1997年))。金田一春彦先生石川啄木のことを、あんな嘘つきはいない、と言って激怒しておられたというのです。啄木の破廉恥のために両親がどれだけ困らされたことか、啄木がどれほど親不孝であったかを、さんざん見ておられます。父・金田一京助先生石川啄木は、同じ岩手県渋民村出身で、小中学校の先輩と後輩関係になり、唯一無二の親友同士でした。実は、伝記を読むと、啄木という男は、お金にルーズで、女性にもルーズなダメ男でした。あれだけ立派な歌を作った啄木がです。最も有名なところでは、「たはむれに 母を背負いてそのあまり 軽きに泣きて 三歩あゆまず」「東海の 小島の磯の白砂に われ泣きぬれて 蟹とたはむる」などの感動的な歌がありますね。彼は親不孝をしながら、自分は親不孝だと思っていました。本物の親不孝には、反省がないので歌は作れません。彼は友人の金田一京助先生をだまして、なけなしのお金をとっては吉原に直行します。心の中では悪いと思いながらも、次にまた同じことを繰り返します。そんな破廉恥な行動を起こすエネルギーがあって、それを反省するセンサーもあって、表現力があって、はじめてあの感動的な作品ができるわけです。啄木には、このような二重人格のようなところがあったというのです。お金を貸してくれと言われれば、自分の蔵書を売ってお金を工面します。奥さんの嫁入り道具の着物まで質屋に入れて、啄木のためのお金を作っています。住むところがないと言えば、下宿に一緒に住もうと言い出したりもしました。characterというのは、修養してだんだん固めていく形、つまり能面のようなものです。対してpersonalityは、固まらない状態のまま、豊かに湧き出てくるものです。啄木は友人の金田一京助夫妻から金を借りる時は、これで生活を建て直そうと思うのでしょうが、人格が固まっていないわけですから、金を手にした途端にフニャフニャとなって、遊郭の方へ行ってしまうのです。金田一家に金を借りに行っている瞬間には、その金で吉原へ遊びに行こうという計画はなかったと思います。そこまでの悪ではありません。ところがいったん金を握ってしまうと、前後の見境がなくなって人格が変わってしまうのです。せっかく金があるのに、これをむざむざ生活費になし崩しに使ってなるものか、一発パーッとやろう!ということになるのです。わがままで見栄っ張りな借金王なのですが、その実、明るく素直でさっぱりとした性格でもありました。両親の苦労をさんざん見ていた金田一春彦さんが、今もって啄木を許せないのは当然かもしれません。♥♥♥

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

入院生活を勇気づけてくれた曲

 この度の一ヶ月にわたる入院生活を支えてくれた曲が2つあります。もうそれはベッドの上で毎日聴いておりました。聴く度に勇気と元気をもらい、動かない右足を奮い立たせておりました。そんな2曲の思い出を書いてみようと思います。2曲とも、詩を書いたのはさだまさしさんです。梶井基次郎が好きだった若い頃のさださんに、「梶井ときみの詩には共通点がある。それは透明感とやさしさだね」と喝破したのは作家の森敦先生でした。

 2019年のカウントダウン・コンサートの最終盤に、さださんはこんな言葉を語りました。

 こんなに頑張っているのに、なかなか評価されない。こんなに頑張っているのに、誰も褒めてくれない。でも、自分がいるじゃないか、と僕は言いたいんですよね。自分だけは、ちゃんと自分のことを分かっているから。

 こうした自己肯定のエールを背景に、あー、さださんらしい曲だなと一番に気に入った曲が、柊の花」(ひいらぎのはな)でした。さださんは、去年の秋、澤 和樹先生(当時:東京藝術大学学長/バイオリニスト)と藝大の「奏楽堂」でコンサートをする機会があって(さだまさしの名によるワルツ」という名曲が誕生しました)、その時澤先生に、澤さん、僕の歌でもバイオリンを弾いてくれませんか?」とお願いしました。「やります」と言ってくださったので、さんの名器“ガルネリ・デル・ジュス”1732年製の名器「アークライト」) が鳴ることを前提として書いたのが、柊の花」なんです。素晴らしかったですね、さんの演奏は。技量はもちろん、音色も本当に美しくて、音楽をやる人間として、心ときめく瞬間だった、とさださんは語ります。子どものときの自分に「将来、藝大の学長がお前の歌でバイオリンを弾いてくれるぞ」と言いたいですよ。たぶん信用しないでしょうけど(笑)、と。実にぜいたくないい曲です。さださんは、澤先生の凄みを見せつけてくれるフレーズが3小節くらいあればいいなと思っていましたが、編曲者の盟友・渡辺俊幸(わたなべとしゆき)さんは、澤先生が弾いてくださるのだからと、腕によりをかけて難しい譜面を書いてきました。またそのややこしいことを、普通の顔でスラっと弾いてしまうところがこの人のすごいところです。NHKの生歌番組「うたコン」に出演した二人の演奏には、もう鳥肌がたちましたね。さださんがお礼のメールを送ったところ、澤先生から『私のこころが解き放たれた。その責任をとてもらわないと』と返信があったそうです。あんなバイオリンの音色、初めて聴きました。むずかしい歌だけど、とても癒されます。生きる力が湧きます。まさに歌の力です。さださん、ありがとうございます。間奏のバイオリンのすごさに、ただただ震えておりました。

     柊の花       作詩・作曲 さだまさし

宵闇の手探りの中でこそ
仄かに匂う柊の花
見せかけの棘にそっと隠した
その麗しくゆかしき花

その花の名前を呟くとき
美しさとは何かを思う
誰も居ない末の秋に咲いて
冬とすれ違いに行く花

愚かしい過ちの数々を
一つ一つ胸に並べている
あなたはそれでもこんな私を
許してくれるだろうか

終列車が鉄橋を渡る音
秋風の気紛れなカデンツァ
明日は木枯らしが吹くらしいと
遠い窓の灯りが言う

辛い夜を過ごすあなたに
いつか本当のさいわいを
届けることが出来ますように
私に許されますように

宵闇の手探りの中でこそ
仄かに匂う柊の花

▲澤和樹先生のバイオリンが泣ける

 

 さてもう一曲は、2007年のクリスマスに放送されたTBS「クリスマスの約束」がきっかけで制作された、小田和正さんとの幻のコラボレーション音源(さだまさし作詞・小田和正作曲・TBS番組共演楽曲「たとえば」)です。ファンにとっては夢のようなコラボでした。しかし所属レコード会社の関係もあってか、なかなかリリースされることはありませんでした。今回小田さんもさださんもTBSも「この曲をそのままにしておくのはダメだよね」ということになって、当時のテレビの音源を小田さんがリミックスし直し、それをさださんがさらにリミックスを重ねて完成させたのがこの曲「たとえば」です。小田さんにも「もっと良くなったね」と言ってもらいました。

      たとえば」
                 小田和正・さだまさし共作

話したいことが  幾つもある  あの頃の僕に会えたら
たとえば  迷いながら選んだ道の  辿り着く場所について
伝えたいことは  他にもある  あの頃の僕に会えたら
たとえば  信じていたことの正しさと  その過ちについて
それから不安を胸に映し  怯えたあの夜の闇も
たとえば  ありもしない夢に紛れて逃げたことも

あの頃の僕に告げたいのは
ひたすら  そこから  ひたすら  歩き続けること
あの頃の歩幅でいいから
ひたすら  ただ  ひたすら  生きてゆくこと

尋ねたいことが幾つもある  未来の僕に会えたら
たとえば  傷ついたり愛された  この命の重さや
尋ねたいことは他にもある  精一杯生きたかどうか
たとえば  奇跡的にめぐり会えた  愛しい人のことを

ここからの僕に言えることも
ひたすら  このまま  ひたすら  歩き続けること
今のままの歩幅でいいから
ひたすら  ただ  ひたすら  生きてゆくこと

ひとつだけ言えることは  全ては今日のために
たいせつなことはひとつだけ  全ては今日のために

話したいことが幾つもある  あの頃の僕に会えたら
話したいことが幾つもある  未来の僕に会えたら

 「クリスマスの約束」番組中で、2007年10月19日に、さださんが、崇拝する小田さんの事務所に打ち合わせにやって来たところが放送されました。「あの頃の若かった自分に向けてメッセージを贈るのはどう?」という話になったとき、小田さんがとても興味深いことを言っていました。あの頃の自分に、お前それでいいんだ、そのままでいいんだって声をかけてやりたい」と。出来上がった詩は、作詩家としてのさださんの面目躍如たるすごい詞でした。

 さださんは高校生のとき、ノイローゼで眠れず、108時間眠らなかったことがありましたし、28歳のときに映画『長江』で28億、金利も入れると35億の借金を背負ったときが「怯えたあの夜の闇」でしょうか?幾度の苦渋の三叉路を選んで来たさださんですが、子どもの頃から修行してきたヴァイオリンを諦める決心をして、その後、グレープ」を経てソロになり、叩かれ続けた紆余曲折ある音楽人生。それが「迷いながら選んだ道の たどり着く場所」ということでしょうか。「あの頃の 歩幅でいいから」とは、走り疲れたら歩き、歩き疲れたら休めばいい、という哲学でしょうか。「ただひたすら 生きてゆくこと」とは、あたりまえに、ささやかでいいから、前のめりに生きたい、ということか?そんなことを思いながら、さだ・小田さんの詩、メロディー、歌声に魅せられました。さださんのコメントです。「本作「たとえば」は自分の生命や生きた道へのエールだ。決して後悔ではない」(ライナーズ・ノーツより) 

 小田さんと初めて会ったのは1974年か75年頃だと記憶してます。僕も小田さんたちが出場したヤマハのライトミュージックコンテストに出たこともあって、オフコースは憧れの存在でしたね。『クリスマスの約束』は何度も観てたので、声をかけてもらった時は“楽しみだなぁ”と思いました。そこで“一緒に曲を作りたい”と言われて、もちろん僕も歌作りをしている人間ですから、小田さんと一緒に歌作りをするのを、とても楽しみにしてました。が、いきなり『今から作ろう!ほれ、とりあえず詞を書いてみろ!』というノリには正直焦りましたね(笑)。いや、でも素晴らしい曲が出来ました。二人寄れば文殊の知恵ですなぁ。アッハハ。次回作は何時やりますか?この調子なら10日もあればアルバムができますなぁ(笑)。 ―小田和正会報「FAR EAST CAFE PRESS」Vol.354(2020年4月)

 この詩に感情移入しながら、自分の過去、未来の姿に思いを馳せながらベッドの上で聞いていました。少しずつ少しずつ動かなかった右足が動くようになり、1日1日回復していくことに勇気をもらい、リハビリに励んだ1カ月でありました。その入院生活を支えてくれたのが、今日ご紹介した2曲です。♥♥♥

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

「丁賞感微名の法則」

 「人間関係の達人」に、「どうしたら、そんなふうになれるのですか?」と訊いたところ、「何も特別なことはしていませんよ」との答え。「けれど、“丁賞感微名”だけは心がけています」と言います。社会的な地位や収入などとは関係なしに、人を人として本質的に認めることのできる心根の持ち主、そこから自然に謙虚な態度というものが生まれてきます。その態度とは具体的にどのようなものでしょうか?これを、「丁賞感微名(ていしょうかんびめい)の法則」と呼んでいます。商業関係では賞感微名」と呼んだりもしています。

 人間関係をスムーズにする秘訣は、お互いを認め合うことです。相手を受け入れ、自分を理解してもらうことは、親子でも夫婦でも、恋人や友人でも、仕事においても、すべての人間関係に当てはまることでしょう。では、お互いを認め合うにはどうすればよいのでしょうか。それが、「人間関係の達人」が心がけているという、次の「丁賞感微名の法則」なのです。

 丁:どんな人にも寧に接する  低:どんな人にも姿勢で接する
 賞:人の良いところをみつけ、心から賛する
 感:どんなに小さなことでも、どんな人にもいつも謝を忘れない
 微:笑を絶やさない
 名:相手の名前をよく覚え、人と会話をしている間に、必ず相手の前を呼ぶ

 真に実力のある人ほど、「実るほど頭(こうべ)を垂れる稲穂かな」の諺通り、おのずと腰が低いものです。人を褒める時は「事実」と「誠意」に基づいていなければなりません。お世辞では逆効果になる場合もよくあります。英語でも、compliment(心のこもった敬意)とflattery(お追従)を使い分けています。常に「感謝」の気持ちを持つことは言うまでもないでしょう。

▲新 将命さん

 私の尊敬する経営コンサルタント新 将命(あたらしまさみ)さんは、(株)ジョンソン&ジョンソンの社長時代、出社するとまずトイレに行って、鏡に自分の顔を映し、「微笑みした顔」「普通の顔」の練習をしてから、自分の部屋に入ったそうですよ。

 名前についても、欧米人から学ぶところが多くあります。とにかく彼らは、会話の中に嫌みにならない程度に、相手の名前を差し挟むのが実にうまいんです。人間にとって、自分の耳に一番心地よく響く音は、自分の名前だと言われていますからね。うまく相手の名前を呼ぶことができれば、会話の成功は間違いなしです。

 「なんか、あの人いい人だなあ」「誰からも好かれる人だなあ」という人は、いつもこの5つを実践しています。人は誰でも自分が大切ですし、自分に関心を持たれると、誇らしい気持ちになるものです。ですから、「丁賞感微名」を自分に向けられると、その相手から認めてもらったと感じることができるのです。認められていると実感すれば、その相手のことも尊重します。つまり、「丁賞感微名」は、相手を認めつつ、自分のことも認めてもらう掟なのです。「丁賞感微名の法則」は、信頼関係を築きたい相手、大切に思っている相手にこそ真価を発揮するのです。♥♥♥

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

ニニピーペン

▲松江・田和山「ぶんぶん堂」にて

 松江・田和山今井書店センター店」の中に、文房具専門店「ぶんぶん堂」があります。ここには時々珍しい文房具が入荷していることがあって、私は今井書店に行くたびに必ずのぞいてみるんです。今日も面白いペンを見つけました。サンスター文具から出ている、1つのペン先にペンとマーカーが一体化した、特許申請中の新機能ペン『Ninipie(ニニピー)』(220円)です(2020年12月発売)。手に持ちながら、クルッと回転させるだけで簡単に使い分けることができます。ペン先にペンとマーカーの2本をを1つにするという、発想はあったのでしょうが、実際にそれをやってしまうサンスター文具はすごい!攻めてますよね。

 「ペンで書く「マーカーで引く機能を1つのペン先に集約させることで、持ち替える手間・煩わしさを解消した全く新しい新機能ハイブリッドペンです。最大の特徴は、ペン部分が少し傾いているところ。この傾きがあることで、書く時にマーカー部分がノートなどに付くことがなく、またマーカーを引く時にペン部分がノートに触れることがないのです。ペン先は、細かい文字が書きやすいニードルペン(0.5mm)と、大事なところを目立たせることができるマーカーペンの2種類が一体化し、手に持ちながらクルッと半回転させて向きを変えるだけで、簡単に使い分けることができます。絶妙な角度です。見た目には普通のマーカーペンとほとんど一緒です。2本のペンが1つになっていますが、ペンの太さはそこまで太くなってはいません。ペン先が一体化することで、ニードルペンとマーカーペンを別々に持つ必要がなく、ペンの数を減らして持ち歩くことができるため、ペンを複数使いたい方や、スリムタイプのペンケースを使う方にはオススメでしょう。2回キャップを外す時間のロスを埋めて、一度にできるのはありがたいですね。

 白を基調とした本体に、カラーバリエーションも豊富で、ライトピンク×ピンク、ライトイエロー×イエロー、ライトブルー×ブルー、グレー×ブラック、ライトグリーン×ピーチピンク、ライトバイオレット×ネイビーの、選べる6色展開です。「グリーン×ピーチピンク」だけ全く異なる色の組み合わせですが、そのほかは、同系統の組み合わせでした。ニードルペンとマーカーペンでインク色が異なるので、マーカーを引いた上からペンで文字を書き込む際にも見やすい仕様です。ロゴの「Ninipie(ニニピー)」の部分をよく見ると、マーカーとニードルペンのインク色で描かれているところなど、ちょっと手が込んでいます(写真右)。クルッと回すだけで2パターン使えるペン先のマーカーが便利なので、勉強シーンで活躍すると思います。ただペンの書き心地(ちょっと違和感を感じることがあり)自体はそこまで感動レベルではないので、どこまで普及するでしょうかね。私の評価では、アイデア賞といったところでしょうか。♥♥♥

カテゴリー: 文房具 | コメントをどうぞ

吉野屋「牛すき鍋膳」

◎週末はグルメ情報!!今週は牛すき

 吉野屋の新商品「牛すき鍋膳」(並盛 767円)をいただいてきました。2013年以降、毎年冬季限定で販売されている「牛すき鍋膳」は、これまでの累計販売数が約8,000万食にもなる人気定番商品です。1食で半日分の野菜が食べられるほど、大量の野菜が入っています。 白菜、タマネギ、豆苗、ニンジン、そして絹豆腐ときしめんを、特製すきやきのタレで煮込んだ「牛すき」と玉子、ご飯、漬物を御膳仕立てで楽しめます。鍋で用いる牛すきやき肉は「牛丼」同様、穀物肥育の牛肉を使っており、くさみがなく、赤身と脂身のバランスが良いことが特徴です。五徳の火の上に置かれた鍋が、目の前でグツグツと煮込まれる様子は、食欲をかき立てます。タレは、昆布や椎茸などの出し汁に加え、牛の旨味と風味が詰まった牛肉のエキスを追加しています。鍋いっぱいに深みのある牛の旨味が行き渡っていますね。ネギではなく、タマネギが入っていたので、ちょっとびっくりしました。 すき焼きのような鍋の場合には、ネギを入れることが多いからです。 でも、もともと牛丼にはタマネギが使われていますし、タマネギを使うことで甘みが出てくるのかもしれません。お膳の上には、ご飯・お新香・生卵、そして鍋。この鍋、固形燃料が下にあって火が付いた状態で提供されました。グツグツ言っているすき鍋、お醤油の香りはもちろんですけど、食べる前から、音まで美味しいです。一食で半日分の野菜が摂れて、ご飯は増量無料!これは嬉しいですね。

 パッと見、肉鍋。で、このお肉が大きくて、食べ応えがあるの。そして適度に脂身を含んでプルップル。お肉の上には緑色のカイワレ大根。

 大量のお肉を掻き分けるとお野菜の登場。人参・白菜・長ネギなど。メニューによりますと、これ一食で半日分の野菜がとれるそうです。こういうのは、一人暮らしには助かります。そして、うどんとお豆腐も。これがね、また美味しいのよ。付け合わせのお新香、そして生卵。生卵につけていただくお肉にお野菜、こりゃたまらんね!

 この「牛すき鍋膳」を丼にした「牛すき丼」(並盛り624円)が、今年初めて全国販売されています。コロナ禍でテイクアウトの需要が高まると、丼商品が人気の傾向があり、新登場したようです。今日はテイクアウトで初めて食べてみましたが、お肉の量も多く、豆腐や白ネギにすきやきのタレがしみこんでいていい味を出していました。お客さんの日々の生活に沿った「うまい、やすい、はやい」の価値を提供していますね。♥♥♥

▲テイクアウトの「牛すき丼」

カテゴリー: グルメ | コメントをどうぞ

利他で動けば利自になる

 一ヶ月にわたる入院生活の中で、昼夜を問わず懸命に飛び回る医師や看護師のみなさんを間近で見ていて、「人のために尽くす」ということの大切さを改めて考えさせられたことでした。

 仏教の教えである「自利利他」を、ビジネスに最初に取り込んだのは、室町時代の近江商人だったと言われています。全国の近江商人は、僧から仏法を聞くようになり、「自利利他」の精神を商売に取り入れるようになります。その結果、近江商人の商売は「三方よし」(売り手よし、買い手よし、世間よし)として評判になり、売り手も儲かり、買い手も満足し、世間も高い評価をするような商売に励んだそうです。このような商売を続けていくことで、彼らは遠隔地の行商先でも、次第に信用を集めていき、全国的に繁栄していきました。

故・稲盛和夫さん

 現代では、京セラ」の創始者である故・稲盛和夫(いなもりかずお)さん(昨年8月に90歳でお亡くなりになりました。⇒私の追悼記事はコチラです)が、「自利利他」をビジネスの世界に取り入れた成功者として有名ですね。稲盛さんは「経営の神様」と呼ばれ、「利他の心」を重要視しており、「自分を犠牲にしてでも他人を助けよう」、「利他の心を判断基準として行動することが大切」と述べて、「利他の心」を人生で一番大切なものとして挙げておられます(⇒私の詳しい解説はコチラです)。最近、月刊『致知』12月号と、『PRESIDENT』12月2日号稲盛さんの追悼特集を組んでおり、とても面白く読みました(写真下)。

▲お亡くなりになった後も影響力は甚大です

 「周りの人を幸せにするために働く」ことこそが目標です。「働く」は元来「傍楽」で、はたを楽にすることです。勝ちたい、儲けたい、そのような利己的な欲求ばかりで仕事をしていたら、決して成功することはないでしょう。短期的にうまくいったとしても、長続きはしません。「自分さえ良ければいい」という人は、周りから嫌われるからです。少なくとも好かれることはないでしょう。「お金を追うな、仕事を追え」というのも、私の好きな言葉で、仕事上の信念となっています。⇒詳しくはコチラをご覧ください

 この私も、数多くの先輩の先生方から教えてもらったことを、さまざまな形で教材に盛り込んで、みなさんに提供・還元してきました。「センター試験」の対策本を自費で第14版まで作成して、生徒達の勉強に多少なりとも貢献しました。今まで作成した数多くの資料を、このウェブサイト「チーム八ちゃん」のブログ情報の発信や、ブル具「ダウンロードサイト」(自腹)で自由にダウンロードして利用していただけるようにしているのも、まさにこの「利他の精神」によるものです。その他、最近では「共通テスト」対策の最新資料を、全国たくさんの先生方にご提供させていただいております。

 古今東西、大成功を極めた人ほど、「お客さまのため」「社会のために」という信念で仕事をしておられます。そんな人は周りから好かれるので、結果的には儲かるという仕組みです。松下幸之助さんや、稲盛和夫さん、スティーブ・ジョブズさんが好例でしょう。宅急便の世界において「サービスが先、利益は後」信条とした、「クロネコヤマト」の創業主・小倉昌男(おぐらまさお)さんも思い起こされます。私はこの話を聞いて以来、熱狂的な「クロネコヤマト」ファンになったぐらいです。こうした生き方は「先義後利」として知られています。

 サービスというものの本来は、相手を喜ばせるものであり、そしてまたこちらにも喜びが生まれてこなければならないものとし、そういう喜ばれ喜ぶ姿の中にこそ真のサービスがある。(松下幸之助)

 「お客さま第一」というフレーズを掲げている会社ほど、実は「お客さま第一」が実行できていないことが多いという印象ですね。口では「お客さま第一」と謳いながら、業績に結びつかないのは、金儲けの手段として「お客さま第一」を行っている会社です。「お客さま第一」の結果、売り上げが向上するのであって、売り上げのために「お客さま第一」を行ってもうまくはいきません。この順番が大切なのです。そのこと自体を目的にしなければなりません。お金を儲けるための手段ではないのです。ここを間違えないようにしたいものです。

 私が尊敬する経営コンサルタントの小宮一慶(こみやかずよし)さんによれば、「お客さま第一」の本来の意義は、一つには「お客さまに良い商品やサービスを適正な価格で提供すること」であり、二つ目には、「働く人に働きがいを与える」です。この二番目が大切です。「お客さま第一」を標榜しながら、働く人が働きがいを感じられず、疲弊しているということであるなら、それは「お客さま第一」とは名ばかりで、実は、「金儲け第一」「内部第一」が現実の姿のように思えます。先の稲盛さんが、京セラ経営の理念として、「全従業員の物心両面の幸福を追求すると同時に、人類、社会の進歩発展に貢献すること。」と掲げておられることに注目したいと思います。♥♥♥

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

新年明けましておめでとうございます

新年明けましておめでとうございます。ことしもどうぞよろしくお願いいたします。皆さんのご健康とご多幸をお祈りいたします。

 ★12月7日に右股関節に人工関節を入れる手術を受けました。昨年の7月からずっと痛みに我慢を重ねて生活しておりましたが、これ以上は無理と判断して、日赤で手術してもらいました。入院生活ちょうど1ヶ月、今退院して自宅に戻ってきました。術後は全く動かない右足を、昼夜を問わず献身的に看護していただいた看護師のみなさん、毎日リハビリにつきあってくださった理学療法士・作業療法士のみなさん、そしてもちろん手術をしてくださって毎日のようにのぞいてくださった担当医師の先生、その他病院生活を支えて下さった数多くのスタッフのみなさん(食事・清掃)のお陰で、何とか杖に頼りながらも歩けるまでに回復いたしました。ベッド生活が長かったもので、体力・筋力が落ちており、しばらくはリハビリに通院が続くものと思います。この1ヶ月は、「健康」の有り難みを実感する毎日でした。「当たり前は当たり前じゃない」ことを痛感しながら入院生活を送っておりました。

 1月に入ってからこのブログを更新できておりませんでした。「どうしたのか?」とご心配していただきましたが、そういう事情でした。これからせっせと更新していきますので、楽しみにしてくださっている先生方はご期待ください。♥♥♥

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

「当たり前田カレー」

◎週末はグルメ情報!!今週はカレー

 鳥取県はカレー大好き県としても有名です。1世帯当たりのカレー消費量が全国1位に輝いた実績も持ち、街中にカレーが溢れています。

 米子駅前にある「当たり前田カレー」。何よりもお店の名前にインパクトがありますね。はっきりと目立つ黄色い看板です。年輩の方は分かると思いますが、1962~1968年にTBS系列で放送されていた番組「てなもんや三度笠」において、藤田まことさんが、スポンサーの前田製菓「前田のクラッカー」を胸から出して言う決め台詞、「俺がこんなに強いのも、当たり前田のクラッカー!」をもじってつけた名前でしょう。店名のギャグのセンスが光ります。お店によればカレーの特徴は、

山どりと大山山麓の恵みの香味野菜を使った黄金のブイヨンに玉ねぎの甘みとトマトの酸味を加えた”至高のスープ”がベースになっています。胃にもたれない21種の当店オリジナル調合スパイスの妙技でカレースパイスと黄金のブイヨンが絶妙なハーモニーを奏でます。

 オーダーテイクから6分ほどでカレー登場。最初に甘さを感じるカレー。玉ねぎの甘味、とメニューには説明してあります。どの程度の玉ねぎが使われているのか分かりませんが、この甘さならかなりの玉ねぎが使われているのでしょう。ジワジワと辛さを感じなくもないですが、やや甘口のカレーじゃないかと思います。硬めの豚カツ。ザクザクした衣に、噛み応えのある豚カツ。でも、人によっては硬いと感じる人もいるかもしれません。メニューに「甘い、辛い、旨いの順番に味覚を刺激!!」と書いてある通り、一口目には甘さを感じるのですが、徐々に口の中に広がっていく刺激的なスパイス。じわーっと旨味が広がります。カレールーは21種類のスパイスが溶け込んでいるそうです。欧風なんですが、焦がしの要素を取り入れていて、独創的な苦味も感じます。やや堅めに炊かれたご飯も美味しくいただけます。

 米子という立地において、かなり強気の価格設定です。1,000円を切るものがないのは、ちょっと高めだなあと感じます。卓上には福神漬けひとつありません。サービスも今一歩といった感じです。店内はガランとした雰囲気です。このお店の周辺には、「トンキン」「カレーキング」があり、競合他店と比べるとCPが悪いと感じたのが正直なところです。♥♥♥

カテゴリー: グルメ | コメントをどうぞ

8カードブレインウェイブ

▲故・ニック・トロスト氏

 マジシャンは、8枚のカード(トランプ)を表向きで観客に示します。その中から、全く自由に1枚のカードを観客に選んでもらい、それを抜き出してテーブル上に置きます。マジシャンは、選ばれなかった他の7枚のカードを、裏・表を検めながらゆっくりと観客に順次示していきます。最後に、選ばれたテーブル上のカードを裏向きにすると、なんと!その選ばれたカードだけが、裏の色が違っているではありませんか!観客は、知らず知らずのうちに、1枚だけ裏の色の違うカードを選んでしまっていたのです!この「8 Card Brain Wave」の考案者は、私の大好きな天才クリエーターの故・Nick Trost(ニック・トロスト)さんです。すでに古典として定着している歴史的な超名作です。彼は「パケット・トリックの帝王」と言ってもよい巨匠です。これを知らない方は「モグリ」だと言われても仕方がないほどの作品ですね。私はニック・トロストさんの作品は、トリックカード、レクチャーノート、書籍に至るまで、片っ端から集めています。⇒コチラです

 名作中の名作であるため、ご存じの方も多いとは思います。習いたての頃はもちろん実際に試されただろうと思いますが、ちょっと特殊なセットが必要なため、わざわざ自分で仕込んでまで持ちネタとして演じ続けている方は、そう多くはないものと思います。そうです。この手のネタは、ある意味、レギュラーでできるとは言っても、実際には売り物のパケット・トリックなどと同様に「専用の用具」を作っておくのが正解。私はちょっと裏模様の変わったデザインのカードで、自分専用のパケット(マイパケット)を作って演じています。

 テクニックらしいテクニックも使わず(オーラム・サトルティのみが必要ですが)、ごくごく簡単に行えて、(知らない人に対しては)めっぽう不思議、という強力なレパートリーが手に入ります。やさしくできて効果絶大だからこそ、天下の名作と謳われ、歴史に残ってきたわけでしょう。最近では、東京のマジックショップ・オフィス・マジックファンタジアから、ニックさんのパケットの秀作数点が、廉価で売り出されていますね。⇒コチラです♠♣♥♦

 最近、上のトリックを世界各国の観光地に応用した「ファイナルデスティネーション」というマジックが、オフィス・マジックファンタジアより発売になりました(660円)。自由に選んだ名所が予言されています!様々な世界の名所がカラーで描かれたカードを示します。観客に全く自由に1枚のカードを選んでもらいます。選んだカードをテーブルに出します。そして、残りのカードの裏・表を全て見せていきます。すると、残りのカードの裏は全て「赤」です。観客の選んだ1枚のカードの裏だけが「黒」になっているのです。オイ、オイ!いったいどうなっているんだ?♠♣♥♦

●フォースは一切使いません。
●どのカードが選ばれても大丈夫です。
●難しいテクニックは一切使いません。
●とっても簡単にできます。

カテゴリー: マジック紹介 | コメントをどうぞ

同床異夢

 大好きな故・西村京太郎先生『十津川警部シリーズ 伊豆箱根殺人回廊』(ノンノベル)を読んでいると、「同床異夢」(どうしょういむ)という言葉が出て来ました。現在日常生活ではあまり使わない慣用句ですが……。

「管野愼一郎と久間征信。それに、木村更三の三人だと思います。相手は、看板
を盗まれた六人というか、六企業です」
 「最初の頃は、一緒になってマネーゲームを楽しんでいたんじゃないんですか
?そんなふうに見えましたが」
 十津川が、いうと、三浦は電話の向こうで、笑った。
「正しくいえば、同床異夢(どうしょういむ)でしょうね。うまくいってる時
は、笑顔で手を握りあっていたが、まずくなってくると、一斉に逃げ出すという
か、損を押しつけ合うというわけです」(pp.208-209)

 尊敬する経営コンサルタント・新 将命(あたらしまさみ)さんの新著『伝説のプロ経営者が教える30歳からのリーダーの教科書』(日本実業社、2021年)にも、この言葉が出てきます。

 相手と波長(Wavelength)を合わせることが重要なのは、コミュニケーションには、常に同床異夢の危険があるからだ。人は自分の関心のあることに意識が向かう。例えば初対面の相手と商談をしているとき、一方は商品の品質に関心があり、一方は低価格が重要と考えていれば、「よい商品」と言ったときの意味合いは、すこしずつズレることになる。

 この言葉の意味するところは、同じ床に寝ながら異なる夢を見ることです。寝起きをともにしていながらも別々のことを考えていることを指します。転じて、同じ立場や、仲間同士であっても、目的や考え方・意見が違うということです。一緒に仕事をしていたとしても、意見が一致しないことを意味します。

 これは、同じ寝床に寝ていても、それぞれ違った夢を見ることから来ています。中国の書物陳亮「乙巳春(いつしはる)朱元晦秘書(しゅげんかいひしょ)に答(こた)うるの書(しょ)」より生まれました。これは寝床を共にしながらもそれぞれが違った夢を見る、という意味になります。共同して1つのことをしていたとしても、意見や目的などは異なるものですよね。これは中国の南宋時代に陳亮という人物が書き記したものであり、ここに「同じ寝床であったとしても別の夢を見れば、周公且でもお互いの考えや意見は理解できない」という表現がなされたのです。

 例えば、職場ではチームと協力しながら仕事をしますよね。しかし、それぞれやり方は異なりますし、個々の主張も違ってくるでしょう。たとえ同じ目標を持っていたとしても、個々のやり方は違いますし、人によっては理解ができない、周りの人の考え方についていけない、などということも多いかもしれません。このような場合に「同床異夢」という表現を使うんです。同じ屋根の下で生活しながら協力して何かをする時、それぞれが違った考え方を抱いている、という意味にもなります。良い意味でも悪い意味でも使われます。

 「同じチームであったとしても、同床異夢ですから、誰かを蹴落とそうとしている人がいるかもしれません」たとえチーム一丸となって努力をしていたとしても、中にはお互いをライバル視している人がいるかもしれません。協力して何かを達成しようとしていても、中には相手のあら探しをして、できる限り自分が上に立ちたいと思っている人もいるでしょう。このように、「同床異夢」という表現は悪い意味でも使えるのです。

 「合コンに参加をするにしても、友達を作りたい人もいれば恋人を見つけたい人もいますし、ただ単に人数合わせの人もいますから、まさに同床異夢でしょう」合コンに参加する場合、あわよくば恋人を見つけたいと考えている人もいれば、もしも友達ができたら嬉しい程度に考えている人もいるかもしれません。その一方で、人数合わせのために嫌々参加する人もいるかもしれないですね。人数合わせのために参加する場合、ただそこにいるだけで良いわけですから、ただ料理を楽しむということもあるかもしれません。同じ合コンに参加していたとしても、目的はそれぞれ異なるのです。しかしこれは悪い意味では無いですよね。「同床異夢」という表現は悪い意味で使われるとは限らないのです。♥♥♥

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

internet or Internet?

 固有名詞の場合、先頭の文字は大文字になり、一般名詞の場合は小文字になります。AP Style (アメリカで採用されている記事を書く際の基準)によると2015年までは、「Internet」は固有名詞と見なされていましたが、インターネットの普及が進み、2016年からは一般名詞と見なされるようになりました(『APスタイルブック』(The Associated Press Stylebook)。従って、現在では小文字の「internet」が一般的に使用されます。中学校の英語教科書でも小文字になっています。

About 3 billion people all over the world use the Internet now. (2015年まで)

About 3 billion people all over the world use the internet now. (2016年から)  現在、世界中で約30億人がインターネットを使用している。

 元々、この語はinternetworkの略語として使われ始めたもので、商標でも固有名詞でもありません。大文字が使われたのは、「新語だから」というのが一番の理由でした。

 『AP Stylebook』は、多くの新聞やWebサイト(一つの単語‘website’になる?)が、自分たちの表記法の参考にしている拠り所です。多くのマスコミがこれに準じる言葉を使用しています。それは、インターネットをこう定義しています: 「お互いにコミュニケートできるコンピュータの全世界的な分散ネットワーク」。それは相当に大きな定義だから、大文字のIがふさわしかったのでしょう。しかし、それも終わりです。それだけではなく、AP Stylebookは、2016年から”Web”も小文字の”web”にすると決めたのです。

 学者たちも、インターネットが日々の生活に浸透したら、大文字ではなく小文字を使うべきではないかと主張しました(Phonograph(蓄音機)も最初は大文字だったのが、広く使われる様になってからは小文字となりました)。

 かつて、北高で中間試験の英語の問題を作っていて、英問英答をセンター試験の形式に添って作ったことがあります。段落内容に関する設問が、そして最後に要旨をまとめる問題で、2016年度のセンター試験を意識しながら作成しました。英語研究室に常駐していたアメリカ人ALTのチェルシー先生に、その英語をチェックしてもらいました。ネットの危険性を扱った課で、Internetという単語が何度も登場します。その英語についてこんなコメントをいただきました。“Recently, both “Internet” and “internet” are acceptable, even though dictionaries may only show Internet. Younger people prefer internet.” 大文字と小文字表記に関して、ネイティブスピーカーならではの観察ですね。学習英和辞典もこのことを銘記するべきです。チェルシー先生と毎日話していると、こういった新しい発見がいっぱいあったことを懐かしく思い出します。彼女は北高を去った後に、コロンビア大学の大学院に入学されました。♥♥♥

▲松江北高のALTだったチェルシー先生。才女でした。

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

Yes or No~相手の思ったカード

 「YES NO」 といえば、私の大好きなオフコースの名曲中の名曲です(作詞・作曲 小田和正)。今でも思わず口ずさんでしまうくらい、お気に入りの曲なんです。その後、小田和正さんがアレンジし直したバージョンも出ていますが、私はオフコース時代の原曲のままが好きですね。

 鬼才・小林俊晶(こばやしとしまさ)氏が開発したこの商品「Yes or No」(フォーサイト、1200円)は、観客と対話をしながら気軽に使える、便利な実践的アイテムです。実践派のプロ、小林さんのアイスブレイク・マジックは、現場で培ったノウハウで、楽しくマジックができます。

 “yes”か“no” の質問をするだけで、観客が選んだ52枚のカードを簡単に当てることができます。使うものはランダムに数字とマークが記してあるたった4枚のカードのみ。観客がトランプ52枚のうちから、心の中で思い描いただけのカードをズバリ当てることができるのですから、実に実用的です。カードを1枚ずつ見せていき、マークがあるか?ないか?聞いていきます。続けて、数字があるか?ないか?聞いていきますたったこれだけで「52分の1のカード当て」が、フルデックを一切使わずに演じられるのです。サイフ等に気軽に入れておける、たった4枚のカードだけで。原理は昔からあるものですが、より分かりやすく、シンプルな構成で、デザインにも細かな工夫を凝らして使いやすく製作されたカードです。小品ですが、可愛らしいデザイン(シルクハットから色々なマーク・数字が飛び出している)のカードがいっぺんで気に入りました。♠♣♥♦

 似たような作品で、私が今までに好んで演じてきたのは、ジョIMG_1273ン・スタインマイヤー(John Steinmeyer)のものです。古いマジック道具を整理していたら、彼の1994年に発表した「世界一薄いデック」(The World’s Thinnest Deck of Cards)が思いもかけず出てきたんです。懐かしかったですね。薄さわずか4ミリ。もう今から約20年も前の作品ですね。たった5枚のカードが付いてくるだけなんですが、相手の覚えたカードをこれだけで当ててしまう、という数理マジックの大傑作です。♠♣♥♦

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

石見神楽ラッピングトレイン

 キハ126系(2両編成)の豪華絢爛な石見神楽のラッピング列車です。2012年の「山陰デスティネーション」のPRに使用され、キャンペーン終了後も、石見神楽のPRに使用されていました。2019年に「山陰DCアフターキャンペーン」の開催と石見神楽が「日本遺産」に登録されたことに合わせて、ラッピングのリニューアルが決まり、同年8月31日よりリニューアル車両の運行が開始されました。「神々や鬼たちが躍動する神話の世界~石見地域で伝承される神楽~」が日本遺産に認定され、「山陰デスティネーションキャンペーンアフターキャンペーン」も開催されることから、リニューアルした「石見神楽列車」の運行を通じて、石見神楽石見エリアの魅力を発信しています。リニューアル車両は、石見神楽を代表する演目の「大蛇(おろち)」「塵輪(じんりん)」などを車体前面及び背面に配置し、背景には絢爛豪華な衣裳で激しく舞う「石見神楽」の華やかさをイメージしています。また、リニューアルに合わせてトイレ部分に内装が施され、演目「恵比須」に登場する事代主命(ことしろぬしのみこと)を配置しています。山陰線の米子駅~益田駅間を中心に運行しています。私も通勤時に時々乗ることがあります。

▲トイレにはエビスさんが!

 黄色を基調とした車体には、豪華な衣装で激しく舞う石見神楽の世界が大きく描かれ、躍動感を感じることのできるデザインとなっています。素敵なラッピング列車です。♥♥♥

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

休むな!

 「皆勤」ってそんなにすごいことなんですか?とよく聞かれました。すごいことです。だから「推薦入試」などでも調査書に皆勤」とあれぱそれだけでずいぶんのポイントを稼げるのです。休まないのだから、一時間一時間の授業の積み重ねがあり、それが学業成績につながることは自明ですね。私の現役時代に生徒たちにいつも強調していたのは「休まない」ということでした。私が担任したクラスはいつも出席率がよかったのはそういうわけです。何よりも社会に出てから、こういう基本的習慣のついている人は重宝されることが分かっているからです。残念ながら、今の高校生は、ちょっと頭が痛いと、お腹が痛いと言ってすぐ休む。昨年の松江北高3年生でも、授業の度に毎回5,6人欠席しているクラスがありました。受験結果がひどかったことは言うまでもありません。本番を想定して「這ってでも出て行く」くらいの気構えでやって欲しいのですが(「練習は本番のように、本番は練習のように」が私の信条です)、もう時代遅れの考えのようです。このことは生徒だけでなく大人にも言えることです。ベネトン・ジャパンという上場の会社の取締役が、いいことを言っていました。これが成果をあげている会社における常識であろうと思うので紹介してみますね。

  部下にはいろいろ要求しますが、なかでも「絶対にこれだけは」というのは、朝、就業時間には必ず出社しなさいということです。上司たるもの「きょう、あの人にはこの仕事を、この人にはあの仕事を」と考えているものなんです。それが『きょうは体調不良で』とか「きょうは遠い親戚が死んで」とか言って遅れたり、休んだりする。こういう輩はあてにならないから仕事なんて頼めませんよね。だからとにかく「あてになる人材になりなさい。そのためには必ず時間通りに出社しなさい」と言っています。

 以前、島根県立大田高校理数科1年生を担任した時に、生徒達に一番強調したことがこのことでした。休むな。少々えらくても出てこい。一時間の授業を大切にしよう!」3年後にクラスの半分以上の生徒達が皆勤賞をもらい、学年では100人以上が皆勤賞の表彰を受けました。この年の進学成績が大田高校始まって以来の、国公立大学103人合格(それまでは40人~60人程度の合格者)という新記録を樹立したことも、このことと無縁ではないでしょう。最近の中学校の「無理をするな。えらければ学校を休め」という安易な指導には納得がいかない八幡です。少しは無理をしないと、大きなことは成し遂げられないでしょう。

  もう一つ、追加しておきましょう。私は現役時代は、朝の6時半に登校して、その日の授業の準備や教材の作成、生徒からの質問を受けていました。生徒たちには、「学校には余裕を持って登校しなさい」と強調していました。長い間教員をしていて、ジーッと先輩の先生方を観察をしていて気がついたことは、仕事のできる先生はみんな朝が早いんです。今日一日やるべき仕事の割り振りや準備の計画を余裕を持って立てておられました。始業時間ギリギリに駆け込んだりは絶対にしません。前任校のある先生が、異業種体験の企業研修として、一ヶ月間一般会社に派遣されて研修を積みました。研修初日に、いつものように8時30分始業時ギリギリに会社に出向いた所、社員全員がもうすでに慌ただしく働いており、恥ずかしい思いをしたといいます。上司が言うには「8時30分始業ということは、8時30分きっかりに全員が仕事に取りかかるということです。そのためにみんな早めに来て、あれやこれや準備をしているんです。学校の先生には、そんな基本的なことも分からないのですか!」とたしなめられた、といいます。教訓的な話でしょう?明日からは余裕を持って早く来ましょうね。

 あの巨人軍のV9を達成した偉大な川上哲治(かわかみてつはる)監督は、練習でも、何かの会合でも、列車などに乗る時でも、必ず30分前には集合するように選手に教育した、といいます。十時からの練習だったら9時半には集合する。旅行にしても、練習にしても、三十分前に集まっていれば間違いないということで、選手たちに必ず三十分前に一応揃うように癖をつけさせました。時間の中に自分の人生があるのだ、というように植え付けて、時間が命だと教育をしたといいます。当時は、三十分前集合を「ジャイアンツ時間」と呼んでいたそうです。団体生活では集合時間を守るというのは大切なことです。オーナーの正力さんの「巨人軍選手は紳士たれ」という言葉に象徴されるように、社会人としての訓練と教育、ものの考え方をきちんと指導していたのが、当時の巨人軍だったのです。だから強かった。今は…?♥♥♥

▲よく似ているでしょ?

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

「はなまる」うどん

◎週末はグルメ情報!!今週はうどん

 うどんは麺類の中でも良質な炭水化物で、食物繊維比率が低く、糖質の比率が高いため、小さな子どもには離乳食として、またお年を召した方には消化の良い食事として好まれています。うどんの国・香川県には讃岐うどんの名店がたくさんあります。香川は温暖な気候で、雨が少なく、昔から小麦と塩の生産が盛んだったため、うどん作りが文化として根付くようになりました。

 讃岐うどん」の全国チェーン店「はなまる」は、松江市ではイオンの3階の「フードコート」にあります。いろいろなお店がしのぎをけずっている場所です。創業以来「一杯の讃岐うどん」の美味しさを追い求めて、「本当・本物・正直」にこだわり続けて、うどんを作ってきたお店です。強いコシを持った生麺、最も質の高い小麦粉など原料へのこだわり、水(軟水)へのこだわり、各工程での品質・衛生管理の徹底、讃岐を名乗るからには「いりこだし」、選別された源泉の薬味の青ネギ、などが主な特徴となります。お値段も他社と比べても実にリーズナブルで、とても美味しいうどんがいただけます。競争相手の「丸亀製麺」が、ガツンと食べたい男性客を狙っているのに対し、「はなまる」は、ヘルシー路線の女性客をターゲットにしている、と言われています。

▲用意された数々のトッピング 私はかき揚げとエビ

 初めてこのお店に行った時には、注文の仕方にちょっととまどいました。まずトレーを取って並びます。天ぷらなどを選びます。天ぷら皿とトングを使って綺麗に盛り付けても可です。ここで勝手に食べてはいけません。うどんの種類(温・冷・大・中・小)を注文して、お会計を済ませます。私は、シンプルにかけうどんの(小)を注文します(270円)。ここのツユ好きなんですよ。天ぷらやおにぎりをセルフで取って、最後にうどんを頼むんです。熱々サクサクのかき揚げ(140円)を乗せると相性ピッタリです。厳選した「いりこ」と昆布をベースに、各素材の持ち味を最大限に抽出した風味の強い一番出しに、数種類の特選醤油や塩などをブレンドしたかえしをあわせたオリジナルのつゆです。めんにコシがあって、だしも濃すぎず、どれを食べても大きな間違いはないので、時折利用させてもらっています。できれば、付け合せのネギが自分で好きなだけ取れるようになるといいなあ~と思っています。

 1つ困ったことは、店頭のポップが「かけうどん」の表示が小さく、他の高価なうどんが前面に表示されていることです。確かに利益率はそちらの方がよいとは思いますが、基本はかけうどんにし、あとはトッピングで、という方式が香川方式ではないかとも思います。♥♥♥

カテゴリー: グルメ | コメントをどうぞ

田舎の学問より京の昼寝

▲私の愛読書

 「東大・京大で一番読まれた」という触れ込みもあり、263万部を突破した『思考の整理学』(ちくま文庫、263万部のベストセラー)で高名な「知の巨人」が、故・外山滋比古(とやましげひこ)先生でした。とても美しい日本語を書かれる先生です。難しいことをやさしい言葉でかみ砕いて書いてあるので、分かりやすいんです。印象的なたとえ話(例:飛行機人間とグライダー人間)がたくさん出てくるのも、引きつけられる理由の一つかもしれません。私は外山先生の本の大ファンなんです。高校生のみなさんにもぜひ読んでもらいたい一冊です。

 この先生の本を読むと、「田舎の学問より京の昼寝」という諺がよく出てきます。あることわざ辞典には「田舎で勉強してもたかが知れているが、都はただそこにいるだけで見聞を広める材料がたくさんあるので知識が身につくということ」などと、とんでもない間違った解釈が載っていたのですが(笑)、そんなつまらない意味ではなく、これは、ローマの皇帝アウグストス愛用の言葉であった「ゆっくり急げ」(フェスティナ・レンテ)と同義で、「一本調子ではなく緩急のリズムをつけることが、生活には大事である」という意味です。つまり、一心不乱に勉強する田舎「モノ」より、勉強の合間に昼寝をするゆとりがある都「ビト」のほうが、成果が出るという教訓なんです。田舎の人は純朴だから、一心不乱に他のことは一切顧みることなく学問に精進します。それに対して、都の学者は生活にリズムを持って学問をします。学問をする合間に、一休み、昼寝をするゆとりがあります。いかにも遊んでいるようですが、そういった学問の方が、学問一筋の田舎の学問よりもすぐれた成果をあげることができる、そのように解釈してはじめて、このことわざのユーモアを理解することができるのです。「よく学び、よく遊べ」(←All work and no play makes Jack a dull boy.)と相通ずるところがありますね。やはり勉強一点張りではいけないことを教えています。

 「急げや急げ」の一点張りじゃ、休むこと(昼寝)に罪悪感が生まれてしまう。要するに田舎で大車輪、一刻を惜しんで学問に打ち込む人より、都でのんびり昼寝をしている人の方が、立派な学問をすること」を言ったものです。本にはいろいろな疑問の残る説明を見ることができます。

田舎で学問を一生懸命勉強するより、都の京都にいて昼寝でもしながら、いろいろな所を見て歩けば、知識が知らないうちに身についてしまう。

●学問的な環境に恵まれていない田舎で一生懸命勉強しても、到達する水準はたかが知れている。それより、京都のような文化的刺激が多い都会にいれば、怠けていても自然に知識が身につくので有利だ。 

 本ばかり読むのが能ではありません。忙しくても、昼寝をする。そうすれば自然に頭が整理されて、よく働くようになり、立派な成果を収めることができるのです。自分のリズムが生まれて、一日一日の時間が、もってこいの練習時間になります。

 さて、この諺で強く思ったのは、地方よりも都が知性を刺激する知的文化に溢れているという主張よりも、「京で昼寝をする(人の)心の余裕」です。それは、ゆっくりとした時間の中のこってりとした学びでした。そのように学ぶことを好しとされました。今思うと、若い頃の私は、

  • 知識は知力や教養をつけるきっかけに過ぎないこと。目標ではない

  • 知識だけを入れても仕方がないということ(教養があることと知識が豊富であることは異なること)

  • 知力や教養をつけるためには、ゆっくりじっくり考えることが必要であること

をまったく分かっていませんでした。狭い世界に住む、知識偏重主義者でした。

 この「田舎の学問より京の昼寝」という諺は、知力・教養を身につけるには、知的な文化環境だけでなく、心のゆとりが重要であることを改めて考えさせてくれます。昼寝をしながらよ~く考えてみれば、本当に自分が共鳴できること、自分の波長に合ったメッセージを発見することができます。京都大学の元総長・山際寿一先生「正解をひたすら暗記する受験勉強をしてきた高校生の多くは、大学に入ってから壁にぶつかっている」と指摘されています。

 第二次世界大戦中に、イギリスの宰相ウィンストン・チャーチルは、午後の早い時間にお昼寝をする習慣がありました。イギリス政府の閣議は、伝統的に午後一時からと決まっていて変わることはありませんでしたが、トップのチャーチル自身がお休みではいかんともしがたく、閣議の時間を繰り下げて、首相のお目覚めを待ったといいます。そうそう、アメリカのカーター大統領も、昼寝をしました。そして必然的に夜遅くまで執務します。周りの者は昼寝をしないのですから、とても付き合いきれません。そこで、カーター・シフト」、つまり早番と遅番をこしらえて、二交代制で仕えたことが知られています。現在、世界の一流企業(グーグル、アップル、マイクロソフトなど)も、昼寝スペースや快眠マシンを導入して、仮眠を推奨しています。NASA(アメリカ航空宇宙局)が宇宙飛行士の睡眠について行った実験によると、昼に26分間の仮眠をとった結果、認知能力が34%上昇し、注意力も54%上がったと言います。ギリシャのアテネ大学の調査によれば、成人を対象とした調査で、週3回以上30分間の昼寝をすると、心臓病によって病死するリスクが37%低下することが分かりました。毎日30分ほど昼寝をする人のガン発生率は、昼寝をしない人と比べると、3分の1だといいます。まさに昼寝の効用です。

 尊敬する故・渡部昇一先生も、昼寝の効用を説かれるお一人です:

 そのような習慣のうち、大きな効果があったと思うのは昼寝である。大学時代には、朝は4時45分に起きていたけれども、午後に1時間くらいは必ず昼寝をしていた。この習慣はドイツに留学した折も続けた。ドイツの大学は授業が12時ごろ終わって、3時ごろまで授業がなかった。その時間を利用して昼寝をすることができた。他の人たちも、みんな家にいったん帰ってから午後の授業に出てきていた。昼寝の習慣はその後もずっと続けた。上智大学で勤務するようになってからも、研究室にソファを置いて、午後は30分から1時間くらい昼寝をしていた。大学の講義を終えたあと、夜に座談会や研究会がある日は、時間単位で安く借りられるホテルなどに泊まって、2時間くらい寝ることを心がけた。(『実践 快老生活』(PHP出版))

 ちなみに、私は田舎で昼寝を楽しんでいます。退職してから一番嬉しかったことが、このお昼寝の時間ができたことでした。♥♥♥

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

東京駅

 大好きな歌手の松山千春さん(66歳)が、11月17日、東京国際フォーラム・ホールA「松山千春コンサートツアー2022秋」の東京公演を行いました。10月7日から全国24会場25公演のツアーを成功させた松山さん。この日は満員の5,000人の前で、約2時間半、ヒット曲「大空と大地の中で」「長い夜」「時のいたずら」「あなたへの愛」など17曲を熱唱しました。松山さんは「選曲も東京バージョン。これは地方では歌えないなっていう曲も歌わせてもらうよ」と、東京限定のセット・リストでファンを魅了しました。

    コンサート・トークでは、このツアーで茨城県の会場を回り、東京駅に戻ってきたときのことを振り返りました。バンドのメンバーと一緒に新幹線で東京駅に着いた松山さんは、「メンバーは、東京駅からそれぞれいろいろな路線で帰るようで、『お疲れさま』と言って別れた」といいます。残されたのは松山さんとマネジャーの2人でしたが、「オレもマネジャーも北海道の人間です。出口が分かりません」東京駅構内をウロウロ。「『出口はこちら』ともっと大きく出していてくれればいいのに、30分近くも駅構内にいました。出口はあっちかな、こっちかな」と迷いに迷ったことを話し、ファンを笑わせました。

▲東京駅丸ノ内口

▲東京駅八重洲口

 私も若い頃、東京に初めて行った時のことを思い出します。東京駅に着いても、あまりにも複雑すぎて、どこから出ていいのかが分かりませんでした。構内が非常に複雑な作りになっていて、改札もホームもたくさんあって、自分が今どこにいるのかも分かりません。乗降客も滅茶苦茶多くてホームは人でいっぱいです。改札はもちろんのこと、乗り場案内の数も多く、表示も見慣れていないと、どちらに行けばいいのか迷ってしまいます。人に尋ね回って、何とか「八重洲口」に出たものです。以来何度東京駅を利用したか分かりませんが、大分慣れてはきたものの、今でも自信がありません。特に地下のショッピング街はさっぱりです。お土産店やレストラン街も今でもよく分からないんです。上の松山さんの気持ちは非常によく分かります。♥♥♥

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

「Eruption」

 Jordan Victoria & PCTC「Eruption」です(英語では「爆発,噴火」という意味ですが、ドッカーン、それぐらいに凄い現象ということなのでしょう。確かに現象を見ると、ビックリ仰天します)。ついでながら、私は授業で、erupt(噴火する)という単語が出てくると、語根の「rupt(壊れる)」を指導して、bankrupt(破産した)、interrupt(中断する)、corrupt(腐敗した)、abrupt(突然の)、rupture(破裂)と広げていきます。三年間で、約50個の語根を指導することで、ずいぶんと単語力・応用力をつけることができるんです。

 観客に選ばれたクイーンだけが、4枚のブランクカードの中に出現します。カードは選ばれたたったその1枚しか印刷されていないのです。すべてのマークに対応しています。もちろん、 コンセプトは、あのマックス・メイビン(Max Maven)さんの代表的傑作の「ブウエーブ:B’wave」です。テンポよく演じられる「B’wave」現象です。原作ではちょっとした制約があったんですが、フォースやエキボク(マジシャンズチョイス)は一切無しで、なんと全てのマーク4つに対応できるように進化しました。仕掛けは実に巧妙で、これにはさすがのマジシャンでも引っかかってしまいますよ。

 このエフェクトでは、観客に好きなクイーンのマークを言ってもらい、あなたが出すパケットの中で、1枚だけ反転したクイーンを出現させる方法を学びます。カードは1枚だけしか印刷されておらず、裏の色も他とは違っています。フォースもチョイスも一切使いません。クイーンの選択は全く自由です。一切の誘導はないのです。4枚のカードはそれぞれ100%クリーンです。フォース不要!他に道具(ワレット等)不要!そんなバカなことが!


 


 また、カスタマイズできる便利なパッケージ(実演映像での封筒)も付属しています。この古めかしい雰囲気の封筒に、自分宛の住所を記入しておくと、いかにもそれらしい道具が完成ですね(写真上)。このパケット・トリックを、自然な雰囲気でどこにでも持っていくことができます(小さな財布に完璧に収まります)。

 この方法は、何年もかかって開発されました。ギミックカードの仕掛けは、実に手が込んでいます。小粒ではありますが、ものすごい作品です。そして今、私たちはこの方法をマジックのコミュニティで共有できることを嬉しく思います。

 小さな封筒を示し、予言のカードが入っていることを伝えます。観客に1枚のクイーンを頭に思い浮かべてもらい、そのクイーンを言ってもらいます。マジシャンは古めかしい封筒から4枚のカードを取り出し、広げて見ると、あなたが選んだカードだけがそこに現れるのです。さらに、反対側を見てみると、選んだマークのカードだけが、他のカードと裏の色が違っているのです。他のカードは全て真っ白なブランクカードです。まさにドッカーン!!商品が入っている封筒を財布の中に入れて使用することで、怪しさなく取り出して演技ができます。封筒の中には余分なカードなどは一切入っていません。今私が一番気に入って練習している作品がこれです。♠♣♥♦

カテゴリー: マジック紹介 | コメントをどうぞ

Jack in the Box

 「びっくり箱」は、英語では「ジャック・イン・ザ・ボックス」(Jack in the box)と言います。なぜJack in the box”と呼ぶようになったかというきっかけは、実在の人物がモデルになっていると言われています。イギリスの13世紀にいた地方の領主が、病気や歯痛を「術」を使って治すことに優れていたことから、悪魔を一匹閉じ込めて持ち歩いているからと噂され、箱の中からその悪魔が飛び出す様子を、あのオモチャが表しているという由来話があるのです。箱の中から悪魔が飛び出してくるその様子を、ピエロが飛び出す「びっくり箱」が表しているというのです。

 この「びっくり箱」をモチーフにして、素敵なカード・マジックに仕立ててくれたのは、私が大好きだったイタリア人マジシャン&クリエーターの故・Aldo Columbini(アルド・コロンビニ、1951―2014)さんでした(⇒私の追悼文はコチラです)。当時はとても簡素な真っ赤な堅紙のカードで作られていたパケット・トリックでしたが、着想が実にユニークで、私も購入してよく演じていました。もちろんロイ・ウォルトン(Roy Walton)のあの有名なパケット・マジック「Oil & Water(オイル&ウォーター)」を、現代風に新しくアレンジし直したものです。このたび、The Magic Apple社より、ロイ・ウォルトン本人のご許可を得て、USPCC製のバイシクルのきれいなカードで再発売されました。早速購入です。

 8枚の黒の10赤のジャック(J)が、交互に混ざり合っていることをはっきりと観客に示します。そのうちの4枚のカードを、テーブルのカード・ボックスの中に入れて置いておきます。残った4枚のカードをもう一度見せて、確かに10ジャックが交互に混ざり合っていることを、観客にはっきりと示します。この4枚(10、J、10,J)を箱の上にかざしておまじないをかけると、次の瞬間、4枚のカードは全て10になってしまっています!お客さんに「では、箱の中のカードは何ですか?」と聞くと、必ず「ジャック!!」という答えが返ってきます。そしてカードを箱から出して、表向きにすると、4枚全てのカードが「びっくり箱」のピエロの絵柄のカードに変わっているのです(写真下)。まさに「箱の中のジャック」(Jack in the Box)なわけです〔ギャグ、笑〕。赤のジャック(J)は忽然と消えてしまいました!

・赤のJ(ジャック)が忽然と消えてしまいます。いったいどこに行ったのでしょうか??摩訶不思議!

・ラフ・アンド・スムーズではありません。使うのは間違いなく8枚だけのカードです。

・簡単にできます(使う技法はハーマン・カウントエルムズレイ・カウントのみ)。私は最後にもう一度、ダメ押しのーガー・カウントで検めを行っています。

・実にきれいなカラー印刷のカード(USPCC製)です。本家のコロンビニさんのカードの質とは段違いです。

・すぐにリセット完了です。

 商品には、演技の仕方を解説したDVDが付いてくるのですが、冒頭の映像で出てくるそうそうたるマジシャンたち(Tony Clark, Rob Zabrecky, Derek DelGaudio, etc.)のお笑い演技には、笑ってしまいました。今私が一番気に入っているパケット・マジックです。♠♣♥♦

カテゴリー: マジック紹介 | コメントをどうぞ

神戸ポートループ

 新しく神戸にできた劇場型水族館「アトア」に行くために、三ノ宮駅前の観光案内所で教えてもらった、神戸の連節バス「Port Loop(ポートループ)」(名前はウェブアンケートの公募で決定)に乗って目指しました。バスは「ブルーリボンハイブリッド連節バス」という日野自動車製のバスで(計4台)、定員は112名。みなとまち「神戸」を連想させるようなあざやかなブルーのバスが2つ繋がったようなデザインです。全長は路線バスの倍近い17.99メートルです。乗降口は三つあります。2021年4月1日(木)からウォーターフロントをメインに運行がスタートしています。神姫バスが運行を担当しています。神戸「阪急デパート」前の三宮駅前」バス停からスタートです。

 歩道橋のデッキ下あたりのポーアイキャンパス方面行のバス停の横に、「ポートループ」のバス停と時刻表があります。この「ポートループ」は、三宮駅前→新港町→ポートタワー前→ハーバーランド、を50~60分かけて巡回しています。

 運賃は大人210円、小児110円、1日乗車券500円となっています。

 「ポートループ」には3つの扉があるので、どこから乗るのか迷う人もいるでしょう。先頭の扉は降車、後ろの二つが乗車用です。ノンステップ・バスで段差がなく、手を伸ばしたところに持ち手が設置されています。お年寄りや子どもでも無理なく乗り降りできる心遣いを感じました。乗車口は間口が広く、普段バスの利用を控えがちな、ベビーカーや車椅子利用の方も躊躇なく利用が可能です。

 「ポートループ」の接続部分は、大きな蛇腹で繋がっており、前方の座席は振動が少なく、後方の座席は揺れ幅が大きいのが特徴です。カーブでは、真ん中の蛇腹部分から、くの字に折り曲がります。後方に座ると、曲がるときに蛇腹部分が45°〜60°くらいに大きく動く様子が見られるので、交差点など曲がる時は必見です。乗ってみての印象は静かだなあということ。エンジン(後ろ部分にあります)の音やモーター音はそれなりにしますが、最新バスだけによく抑えられていて、普通の路線バスよりもはるかに静かです。停車時はエンジンを止めて、発車時はモーターのパワーで動いています。私は前側部分に座ったのですが、まるで電気自動車のような静寂さがあります。最新バスに乗っているな、という印象です。車体後部にはバスとしては珍しいボックス席が設置されています。まるで特急列車に乗ったようなゆったりとした作りは、グループや家族連れでも楽しめますね。ボックス席にはドリンクホルダーも備えてあり、乗車時間が快適になるような作りになっています。

 ブルーを基調とした落ち着いた雰囲気の車内と座席です。つり革はウッド調、座席はタータン柄です。車内は大きめの窓から差し込む光で、明るく開放的なイメージです。一般的な路線バスよりも車内が広々としていて、速度もポートループの重量感からかゆったりと走っている感じがしました。

 前方はゆったりと1人席が並んでおり、後方の座席は2人掛けのシートが充実しています。私が実に興味深く観察したのは、つり革が電車やバスで一般的な丸形三角型ではなく、全部四角であったことです。こんなつり革は初めて見ました。

 バス停のバスロケーションシステムもディスプレイ式で、バスの現在位置も分かりやすく図示されています。「ポートループ」の昨年11月の利用者数は2万1,468人と、4月の運行開始から、初めて月間の利用者数が1万人を上回りました。10月29日に新港町で「神戸ポートミュージアム」が開業したのに合わせ、「ポートループ」も4台体制での本格運転を開始しています。三宮発のダイヤも、20分おきのパターンダイヤで分かりやすくしたことなどが寄与した、とのことです。今後も「ポートループ」の利便性を高め、市街地の回遊性向上などを目指します。なお2022年4月1日からは、山陽新幹線の新神戸駅まで延伸されました。新神戸駅と、メリケンパーク新港町などの湾岸部が、乗り換えなしでつながりました。以前にご紹介した「シティループ」(⇒コチラです)と共に、神戸散策には一層便利な存在になりそうですね。♥♥♥

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

visiting hours

 「病院の面会時間」を、英語ではvisiting hoursと言います。The Newbury House Dictionary of American English (1996) *のvisiting hoursの項に、The hospital visiting hours are from 2:00 to 4:00P.M.という用例があります。だからといってこれを鵜吞み・拡大解釈して、英米の病院の面会時間が午後2時から午後4時の間が一般的なのかと、勘違いするとしたら困ったことです。日本でもそうだと思いますが、アメリカ・イギリスでも、病院によりこれはまちまちです。全くそういった制限のない、何時に行ってもいい病院もあれば、制限のある病院もあります。『ライトハウス英和辞典』(研究社)の編集顧問のイルソン博士のお嬢さんは、当時医学部の学生さんでしたので、この問題にすぐ答えていただきました。病院間でも異なるだけでなく、病棟間でも、あるいは患者間(病気が重ければ短くなる)でも差があるということでした。

 この他にも、刑務所の面会時間や、寮に客を呼んでもいい時間帯のことも、visiting hoursと呼んでいます。♥♥♥

*この辞典は誤解を招きやすい説明、誤りが数多く見られます。発刊当時にネイティブの先生方と徹底的に検証したことがあります。

カテゴリー: 英語語法 | コメントをどうぞ

豚バラ塩やきそば

◎週末はグルメ情報!!今週は焼きそば

 10月24日に、まるか食品より「ペヤング 豚バラ塩やきそば」(235円)が新発売になりました。公式HPによると「豚バラをメインに使用した商品です。ごま油が香る塩ベースのソースが、豚バラの旨味を引き出し、最後まで飽きのこない味わいに仕上げました。」とのこと。ごまが効いた結構強めの塩味です。

 ローソンで購入してみました。黒を基調としたパッケージですね。原材料を見るとポークエキスとチキンエキスなどがタレに含まれています。

 パックの中には液体のたれとかやくが入っています。先入れかやくに具として入っているのは、チップ状の豚バラ肉と、ニラ、ネギ。豚バラ肉の甘い味付けが、塩気の強いソースと対比になっていて、塩味が豚バラ肉の甘味をいっそう引き立てています。もう少し多く肉が入っているといいのになあと思います〔笑〕。

 完成品がこちらです。ネット上の実食感想の中には、ごま油の香りが凄いとありましたが、私はニラの香りが一番強い気がします。まずは一口食べてみましょう。タレにしみ込んだニラの出汁が凄くて、塩ニラ炒めのような味わいです。ごま油はそれなりに入っていますが、ニラの香りが打ち消していて、後味に香る程度。塩・ニラ・ごま油が合わさった味付けはとても食欲を誘い、がっつり最後まで美味しく食べることができました。町の定食屋さんに出てくる豚ニラ炒めを食べたような感じですね。かやくについては豚バラは入っていますが、おまけ程度で量はさほどといったところです。ニラがとにかく多いので「ニラ塩焼きそば」の方が商品名にピッタリではないかと思いました。豚バラについてはいまいちですが、味付け自体はがっつり系の人が好みそうな仕上がりでした。ご飯との相性もピッタリです。ごちそうさまでした。♥♥♥

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

ブックマークペンシル

 本を読む際に、読みかけの箇所をはっきりさせるために、私もいろんなしおりを使っていますが、すぐになくなるんです。どこに行ったか分からなくなります。全国いろんな観光地に行くと、その土地のしおりを買い集めています。先日姫路城を訪れたときには、金の姫路城しおり」を買いました。

 今日ご紹介する「ブックマークペンシル」(3個入り、パレット)は、ペンシルの先で読み終えた行にマークしておくと、再開する時にどこまで読んだのかがひと目でわかります。ペンシル型の先端で、最後に読んだ一行をピンポイントでマークでき、ノートのポイントもすぐに判別できます。スケージュール帳の大切なページのマークに、すぐに開きたいページのページマーカーとして、とても便利なしおりです。

 柔らかく軽い樹脂製で、本体の重さは、わずか0.7g、厚みは2ミリのポリプロピレン製だから、本にも優しい商品です。すべりにくい処理がされていて、はさんだままめっくても、ズレません。つけたままめくって読めるのがいいですね。読み終わった行にマークすることができ、読んだところがすぐに分かります。しっかりはさめて軽いので、つけたままでページをめくることができます。超薄型なので、そのまま本を閉じてもスッキリ。クリップ式なので、逆さにしても落ちることはありません。

 鉛筆の芯のデザインに合わせ、行の始まりを隠さない為に、芯に当たる部分に穴をあけてあります。芸が細かいですね。本を痛めない為の穴が空いていて、無理な力がかかった時でも、本体が曲がって力を逃がし、本を傷める事が少なくなります。色は全部で3種類出ていて、280円(税別)です。資料をまとめて色で分類もできます。私が買ったのは当然「ブルー」です。鉛筆型のブックマークでお洒落にチェックです。♥♥♥

 

カテゴリー: 文房具 | コメントをどうぞ

藤波辰巳のドラゴンスープレックス

 私は若い頃から熱狂的なプロレスファンで、ジャイアント馬場さんや、特に藤波辰巳(ふじなみたつみ)選手の信奉者でした。自分の世界でしか勝負をしない長州 力はあまり好きになれず、誰とでもオールラウンドな戦いのできる藤波選手に限りない魅力を感じていたのでした。彼がスターに一気に駆け上がることになった当時を振り返ってみたいと思います。

 大分県・東国東郡で陸上競技に明け暮れて、中学卒業後、地元大分県の自動車整備工場に就職した藤波辰己(ふじなみたつみ)は、プロレスラーアントニオ猪木にあこがれ、同郷というだけでたまたま湯治に滞在していた、見ず知らずの北沢幹之をたよって入門を直談判します。すると巡藤波業に帯同させてもらえるという幸運を得て、日本プロレスに押しかけ入門をします。1970年のことでした。格闘技のバックボーンなど何一つないあどけない少年です。北沢にくっついて動く藤波を見て、アントニオ猪木「あの坊やは何だい?」と聞いたと言います。身長177㎝、体重68㌔の少年がプロレスラー志願だとは誰も思いませんでした。1年の練習生活を経て藤波はデビューしますが、7か月後に、内紛で猪木が日本プロレスの乗っ取りを謀ったとして追放されます。1972年、新日本プロレスを旗揚げした猪木について行った18歳の藤波は、必死でトレーニングに励みます。1974年に行われた「第1回カール・ゴッチ杯」に優勝した藤波は、ご褒美に海外武者修行の切符を手にします。

 「海外は新間寿さんに『行け』と言われました。マンネリ化を防ぐためだったのでしょう。僕と木戸(修)さんは西ドイツのトーナメントに10カ月。それでもまだ、帰国にふさわしい話題がなく中途半端でした。それからアメリカのフロリダに行って、カール・ゴッチさんのところで毎日寝泊まり。本格的な格闘技漬けでした。ゴッチさんはアメリカンプロレスが嫌いだったから、ガチガチで本当にパンクラチオンみたいで(笑)。日本から月刊の『プロレス』とか『ゴング』といった雑誌が届いても『こんなもの見るな』と没収されました。ただただ『ここで練習すればいいんだ』と」

 ヨーロッパに転戦。藤波は神様カール・ゴッチの家に住み込んで、ここで日本人選手としては最も長い間を過ごし、相手がどんな手を使ってきても反撃できる、懐刀の関節技を習得することになるのです。

 「アメリカにいるのに試合も見に行けない。毎日が練習でした。日中の練習のないときは『これ見てろ』って、ゴッチさんから表紙の硬い格闘技の分厚い本を渡されて、部屋で眺めていた。英語で書いてあるから、関節技の絵だけ見ていましたけど(笑)。ゴッチさんの家の周りには大きな池があって、そこにミカンの木が十数本植わっていた。その日陰の芝生の上に薄いシートを敷いて練習しました。ブリッジと寝技が中心です。大きな木の枝にぶら下がったロープによじ登ったり、ゴッチさんに足を持ってもらって鉄棒で弓なりに体を引き揚げたり……。吊り輪で十字懸垂、できましたからね。軽いし、バキバキだったものね。体操選手と一緒。鉄アレイとかはありません。いわゆるボディビルなんかやったことない」

 海外で過ごした3年8カ月の間に、藤波は多様なプロレスを自然に見ることになりました。「ゴッチさんは僕をアメリカに長く置きたくなかった。変なことしか覚えないから、って。それで、メキシコに行ったんです。ドイツで基本を、アメリカでショーマン的なものを、そしてメキシコでは動きの速いルチャリブレを。いろいろなプロレスを体感できましたね」

 海外生活で苦労したことはなかったのでしょうか?「メキシコでもどこでも僕はすぐに馴染んじゃう。嫌いなところはないです。たとえ秘境でも秘境にならない。楽しかったですよ。日本に帰りたいと思うこともたまにはあったけれど、旅が好きだから、『今度はどこに行こうかな。また、アメリカに行こうかな』と。アメリカにも友達ができたので、次の居場所を探せました。どこの州にもプロレスはあったから」

 「そのうち『アメリカで試合したいか?』って聞かれました。もちろん試合はしたいから、ノースカロライナで1年くらい。出番はだいたい3試合目か4試合目でしたね。当時、日本人は東洋の陰湿な反則イメージのタイツをはかされて、裸足で、ヒゲ生やして、というのがセオリーだった。猪木さんも馬場さんもそれをやってきたんだけれど、ゴッチさんは『藤波は裸足ではやらせない』と。普通のリングシューズとタイツをはいた日本人レスラーは僕が初めてでしょう」確かにそう言われると、アメリカ人にとってのプロレスにおける東洋人のイメージはそういうものでしたし、ヒロ・マツダでもマサ斎藤でもそうでしたね。

 「ゴッチさんの所での練習はブリッジで始まってブリッジに終わるようなもの。とにかくまずは首の鍛錬。ジャーマン・スープレックスをやるにも首をちゃんとしないと。100キロ以上の重みが、自分に落ちてくるわけですから」

 あるとき、ゴッチが言いました。「スープレックスにはまだ種類がある。誰もやったことがないし、危険も伴うけれど、相手を羽交い絞めにして、そのまま反って投げるものもある」と。「そう言われても想像がつかなかった。まさか、ゴッチさんを試しに投げるわけにもいかない(笑)。80キロくらいのダミーの人形を相手に練習しました。棒みたいで腕が短いんですよ。すべって何回顔面に落っこちてきたことか……」

 日本からは「藤波の仕上がりはどうだ?」という連絡が度々入っていましたが、完璧主義者のゴッチは「まだまだ、ダメだ」と答えていました。単身アメリカからメキシコに放浪の旅に出た藤波は、なかなか帰国命令のでないことに落胆しながらも、日本を離れて2年半が経ったとき、やっと新興団体WWWFジュニアヘビー級選手権(現WWE)に挑戦するチャンスが与えられたのでした。それもアメリカのエンターテインメントの代名詞とも言える由緒ある会場、ニューヨークのマジソン・スクエア・ガーデン(MSG)で、同団体のジュニアヘビー級王者カルロス・ホセ・エストラーダに挑戦するタイトルマッチが組まれたのです。1978年1月23日のことで、日本からもテレビ中継のスタッフが駆けつけました。

 王者と言ってもキャリア3年(ほんの3日前にトニー・ガレアとの王座決定戦を制してチャンピオンに)、実力もゴッチ道場で鍛えに鍛え上げられた藤波(当時24歳)に肩を並べる程の選手ではありません。

 「結果次第で、日本に凱旋できるかどうかが決まる。テレ朝から舟橋慶一さんら放送スタッフが来ていて、東スポの桜井康雄さんもいた。アメリカの雰囲気も知っているけれど、MSGはビビるね。熱気というか、名前がね。誰にでも上がれるところじゃない。花道から会場に入っていくけれど、何とも言えない圧力に押し戻されるような感じでした」

 藤波は序盤から勢いよく攻め込み、逆水平チョップやジャンプ力の凄いドロップキックで攻め込んでいきます。窮地に立たされたエストラーダは、苦し紛れドラゴンスープレックスのローブローを叩きこんで挽回を図ろうとしますが、藤波の怒りに火をつけただけでした。藤波エストラーダの背後に回るや、フルネルソン(羽交い絞め)に捕えると、そのまま後方に投げを打ちます。見事なブリッジを効かせた藤波エストラーダの後頭部をマットに叩きつけると、レフリーが3カウントを叩きます。王座の交代劇です。2万人以上の観客がその時目にしたこの技は、今までに誰も見たことのない衝撃の必殺技でした。フルネルソンからのスープレックスホールド、藤波が世界初公開した奥の手の必殺技「ドラゴン・スープレックス・ホールド」(飛龍原爆固め)です。この技はフロリダ州・タンパのゴッチ道場で、カール・ゴッチさんから教えてもらったものでした。しかしゴッチさん本人も試したことはなく、それまで誰も使ったことのない技でした。タンパで藤波はただ一人、80キロくらいのダミー人形を相手に、この技の練習に励んだのでした(棒みたいで腕が短いので、すべって何回顔面に落っこちてきたことか。メキシコで数回試し運転はしていたようですが)。ゴッチさんが開発した「ジャーマン・スープレックス・ホールド」でさえ一撃必殺の決め技だった時代に、さらにフルネルソンで受け身が取れない状態で放たれるのですから、このフィニッシュに観客が受けた衝撃は計り知れないものがあったはずです。最大の奥の手を、最高の舞台で初めて繰り出したのです。

「期待されているのを感じました。試合前に新間さんが『なんかやれよ』とか無責任なことを言うから(笑)。それで、フルネルソンからのスープレックスが炸裂したわけです。やっているうちに無意識のうちに出た。エストラーダが柔軟だったからよかったですよ。頭からリングに突き刺さるような感じだった。よく怪我しなかったと思う。もし大怪我させていたら、リングから永久追放されたでしょうね」

 藤波が初披露したスープレックスに、客席は水を打ったようにシーンとしていました。レフェリーに手を上げられても、どうしていいか分かりませんでした。現地のファンも、信じられないものを見た衝撃に反応が遅れたのでしょう。パラパラと拍手があって、遅れてスタンディングオベーションが続きました。しかし、控室に戻ってみんなが「おめでとう!」と祝福してくれるものと思っていた藤波は、冷ややかな視線、険悪な雰囲気に拍子抜けしてしまいます。受け身の取りづらい危険な技と思った選手たちは、こいつは危ない奴だ…」「おまえはなんてことしてくれたんだ…」と冷ややかな目で、この「事件」の張本人・藤波を迎えたのでした。

 「意気揚々控え室に戻ったら、針のむしろですよ。ブルーノ・サンマルチノ、ゴリラ・モンスーン、ペドロ・モラレスらがいましたが、変な空気で、冷ややかな視線を浴びた。息が詰まるような感じで、汗を拭くような仕草を見せてタオルだけ持って控室を出ました」

 新間に「いや、すごい! よかったよ」と声をかけられましたが、気まずさが先行していた藤波は「何がよかったんですか。控室行ってみてくださいよ。人の気も知らないで」と応じたといいます。

 実際に1982年WWFは、この技を受け身が取りづらく危険すぎると「3年間禁じ手とする」と通告しています。結果、藤波自身も封印しました。

 技名は「ドラゴン・スープレックス(飛龍原爆固め)」。こうして、藤波はWWWFジュニア・ヘビー級王者という看板を引っ提げて凱旋することになりました。羽田空港に降り立った藤波は驚きました。「行くときは誰も見送ってくれなかったのに、ファンがいっぱいいるんです。半分はサクラで新日本プロレスの仕掛けだったのかもしれないけれど、海外のアーティストみたいな出迎え方で、後ろから誰か来るのかと振り返ってしまいました(笑)」

 ニューヨークでの一撃があまりにも刺激的だったので、ファンからはドラゴン・スープレックスが熱望されていました。「でもね、乱発しちゃうんです。歌手のヒット曲と一緒。それを見ないとお客さんが満足しないから。後のドラゴン・ロケットもね」一気にスターダムに駆け上った藤波が、「テレビの勝利者インタビューで、なんかしゃれたことを言わなきゃいけない」と考えて飛び出したのがこの言葉でした。「I never give up!」

 藤波は4日後に、ロサンゼルスのオリンピック・オーデトリアムで、マスクド・カナディアン(中身は当時は無名で、WWFで後に大スターとなるロディ・パイパーでした)相手に初防衛を果たして、アメリカ国内を転戦、日本での凱旋試合は1978年3月3日、群馬・高崎市体育館で、再びマスクド・カナディアンを相手に「ドラゴン・スープレックス」を初披露(「あの技はやめて欲しい」と試合前に言ってきたとか)。ここから日本で「ドラゴンブーム」が巻き起こるのです。鍛え上げた肉体と甘いマスクで、爆発的な人気の出た藤波のところには、ヴァレンタイン・デーに、トラック2台分のチョコレートが届けられたそうで、これは未だに破られていない記録だそうですよ。♥♥♥ 

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

THE MAGICオールジャンル日本一決定戦

 去る7月30日(土)深夜、各ジャンルから超ド級の技を持つマジシャン達が集結して、己の技術とプライドをかけた禁断&前代未聞のマジシャン日本一決定戦が始まりました。「THE MAGIC オールジャンル日本一決定戦」―日本マジック界の夜が明ける番組でした。 

 古代から多くの人々を魅了してきた“マジック”。時は流れ、歴史に名を残す数々の天才マジシャンたちの画期的な発明により、現代のマジックは、数多くのジャンルに細分化されていきます。ところが、これまでジャンルの違うマジシャンたちに優劣をつけることは、長らくマジック界の禁忌(タブー)とされてきました。しかし時代は流れて令和の今宵、そんな日本マジック界の夜明けが訪れました。各ジャンルから超ド級の技を持つマジシャン達が集結して、ジャンルの垣根を越えた禁断のマジシャン日本一決定戦が開幕したのです!カードマジックVSイリュージョン?ステージマジックVSメンタルマジック?おのれの技術とプライドをかけた頂上決戦が、今始まりました。

 参加するのは、いずれも国内外で輝かしい実績を持つBirdie(バーディー)、才藤大芽、高重翔、DAIKI(ダイキ)、Ars(アルス)の5人のマジシャンたち。審査員はプリンセス天功、Dr.レオン、KiLaの大御所3人が務めました。演技構成、オリジナリティ、テクニック、ショーアップの各25点の100点満点で採点し、3人の合計点で優勝者が決まります。司会はバナナマンの設楽 統(49歳)と東海テレビの速水里彩アナウンサー。リアクター(観客)として、バナナマンの日村勇紀(50歳)、アンミカ(50歳)、夏菜(33歳)、なにわ男子の大西流星(20歳)が登場しました。

 お笑い賞レース(M1)や、格闘技イベントさながらの緊張感。審査員は誰もが知るベテラン・マジシャンたち!普段は見せない真剣な表情でガチ審査!披露される超絶マジックにアンミカ&夏菜も立ち上がって驚愕!なにわ男子・大西流星は“画伯”っぷりをいかんなく発揮!そしてバナナマンはなぜか抱腹絶倒!誰もが予想できない展開に!芸人におけるM-1グランプリのような、全てのマジシャンが憧れる新たな賞レースが生まれる瞬間です。 

 収録を終えた設楽は、「想像をはるかに超えていきました。普通に笑ってしまう楽しさもあり、ものすごいエンターテインメントを見られたという高揚感でいっぱい。ぜひ2回目も」と興奮気味。日村「ジャンルが違うマジックのいろいろな部分を見られました。最初から最後まで全部が見どころ」と感想を語りました。持ち時間5分の演技終了後に、司会者が出来映えを本人に直接尋ねてそれに正直に答えるという構成は、マジックの世界では新鮮に感じました。

設楽:とても楽しかったですね。マジックの番組ということで元々楽しみでしたが、想像を遥かに超えていきました。普通に笑ってしまう楽しさもありましたが、ものすごいエンタテイメントを観られたという高揚感でいっぱいです。

左から、バナナマン日村、才藤大芽。(c)東海テレビ

日村:ジャンルが違うマジックのいろんなものを観られたという興奮がありました。(審査員についても)プロ目線だと、ああいうところを見ているのかというね。俺たちのリアクションもマジックのひとつの演出に入るんだとか。プリンセス天功さんも全然違う目線で評されるから、そういう部分も聞けて、とても面白かったです。

設楽:大会なので、1人ひとりの設定時間が短い人もいれば、ちょうどいい人もいるんでしょうけど、でも僕はそこが逆に今回は見どころというか、面白く働いた要因だと思います。スタジオ内で5分という制限時間で、自分でアレンジしてくださいっていうのが面白かったのではと思いました。

日村:こういうマジックの大会を僕は知らなかったので、そこがまず単純にすごいと思いました。その中で、どれが一番すごかったんだっていう、これに尽きますね。

設楽:僕らもショーを観ている、参加しているぐらい楽しかったので、皆さんにもその雰囲気を味わってもらえればと思います。今回、本当に面白い、いい人選だったんですよ。ぜひぜひ観ていただきたいなと思います。

日村:いろんな種類のマジックってあるんだなと思いました。それぞれのどこを観ても面白いので、最初から最後まで全部が見どころです!

 審査結果は次の通りで、クロースアップ・マジックのArs(アルス)さんが優勝しました。


◎才藤大芽:生き物を操るステージマジック  253点
◎Birdie :人のイメージを読むメンタルマジック  253点
◎高重 翔:ストーリー仕立てのコインマジック  272点【2位】
◎Ars(アルス):仕掛けなしのカードマジック(水と油) 273点【優勝】
◎DAIKI:超スピーディ新時代のイリュージョン  266点【3位】


 演技後の審査員のコメントが実に面白かった。優勝したArs(アルス)さんの、KiLaさん評が以下のものです。♥♥♥

 正直、高重さんと差は無いんですよ。無いんですが、僕の中ではテクニックのオーディエンスマネジメント(観客をどうコントロールするか)がクロースアップマジックの強い所なんですよ。観客が参加することで、現象値がアップしますし、ショーアップの部分でもアップしちゃうんですよね。それが有利に働いたかなと思います。(Dr.レオンと二人して)『うめぇな……』ってボソッと。

 これに続いて、8月13日(土)には、「激突!次世代マジシャンGP2」が放送されました。コンセプトは、次世代マジシャンの真剣勝負ということで、Mr.マリックが厳選した若き6名の凄腕マジシャンが3名ずつA,Bの二つのブロックに分かれ、制限時間内で超絶マジックを披露しました。ゲスト審査員がもう一度見たいマジシャンを選びます。勝ち上がった2名で最終バトル(決勝)が行われ、次世代マジシャンNo.1が決定しました。ここでは、前番組で第3位だったDAIKIさんが優勝を飾りました。

 DAIKIさんは、国内外で数々の賞を受賞し、今メディアで最も注目されている若手No.1イリュージョニストです。年間300本のステージをこなす中で、テレビ番組から引っ張りだこの次世代イリュージョニストです。子どもの頃からずっとテレビで憧れ、影響を受けたマリックさんの番組でグランプリをいただけたことに、感極まっておられましたね。♠♣♥♦

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

バナナの叩き売り発祥地の地碑

 2022年2月12日付けの『朝日新聞』で、北九州市の門司港バナナの叩き売り」が特集されており、興味を持って読みました。門司港は私の大好きな観光地で、もう何度も訪れています。⇒例えばコチラです  その度に、門司港駅を出たところにある「バナナの叩き売り発祥の地碑」の前を通って、歩いて「九州鉄道博物館」へ行くのが定番でした。碑は、門司港駅付近にあった旅館「群芳閣」の入り口横に建てられていましたが、旅館解体後は、門司港駅前広場に建てられています。

 バナナが初めて日本に輸入されたのは明治36年頃で、当時、基隆(キールン)[台湾]の商人が神戸に持ち込んだのが始まりです。それが大量輸入されるようになったのは、明治41年以降です。その頃、台湾は日本の領土であったことと、門司港が産地台湾と比較的近かった関係もあって、大量荷揚げされ、市場が設けられたのでした。このバナナ入荷は、青いままのバナナで、3~40人の仲買人[室(むろ)を持つ問屋]により競り売りが行われました。そして、引き取られた青いバナナは、仲買人の地下室で蒸されて、黄色くなってから、市場に出て行くのが通常ルートでした。ところが、輸送中に蒸れた[俗に籠熟(かごうれ)バナナと言う]ものや、加工中に傷みが生じた一部不良品等で輸送困難なものは、出来るだけ早く換金する手段として、露天商等の手を経て、口上よろしく客を集め、売りさばかれたのが、「バナナの叩き売り」の始まりというわけです。

 今も観光イベントなどでの実演が人気です。「叩き売り」の現場です。ねじり鉢巻き姿の売り手が、バナナの一房をお客に見せながら売り始めます。「さあこのバナナ、1,000円でどうだ!」客からすぐに「高い!」「けち!」と声がかかります。客との掛け合いでどんどん売値を下げていきますが、なかなか売れません。「関門橋から飛び降りて、どぼんとまけとけ、400円!」「買った!!」「持ってけ、ドロボー!」こんな調子です。「野風にさらされた、常人を超えた声」小沢昭一)で聴衆を引き込むすごさが称賛されています。

 しかし、戦争の激化でバナナの輸入が途絶え、戦後はバナナが貴重品となると、門司港の叩き売りは姿を消すことになります。物流の進化、冷凍保存技術の発達などにより「バナナの叩き売り」は廃れていきます。門司港そのものも、関門トンネル関門橋など、本州と九州を結ぶ交通網が整備されると、「通過地点」となり、街のにぎわいに陰りが出てきました。最近ではイベントや夜店で見かける程度です。「バナナの叩き売り」は、今では年齢の高い人には懐かしい響き、若い人には新鮮な響きと受け取られ、人気を呼んでいます。そこでは後継者育成のねらいから、「門司港バナナの叩き売り保存会」の協力を得て、平成9年から「バナちゃん道場」を経て、「門司港バナナ塾」の開催へとつながっています。アセチレンランプの下で、バナナを戸板に並べ、30~40人の露天商が、手拍子と名調子で競うようにバナナを売っていく様子は、門司港の風物詩として有名になりました。

f:id:reiwa00502:20210321163747p:plain

  「バナナの叩き売り」のポピュラーなスタイルは、一房のバナナを価格の高い値段から徐々に値を下げていく、「投げ売りダンピング方式」です。門司港でのバナナの「門司港バナナの叩き売り保存会」という会があり、この会によって伝統が受け継がれています。2017年(平成20年)4月には日本遺産に認定されています。技を引き継ぎ、「文化芸能」へと進化させているのです。♥♥♥

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

岡山駅前イルミネーション

 「おかやま桃太郎まつり」は、岡山駅周辺で毎年12月~1月上旬になると行われているイリュミネーション・イベントです。「桃太郎」伝説を基にしており、イリュミネーションに使われる光源はLEDが使用されているため、かなりの明るさがあります。この華やかなイベントは、1986年から開催されている歴史あるもので、今では岡山市で人気のイベントとなっています。

 岡山県にあるJR西日本・岡山駅のシンボルといえば、「桃太郎像」ですね。キジ、サル、犬を連れて凛々しく立っているのが印象的です。毎年冬になると、この桃太郎像にイリュミネーションが施され、いつもと違う姿を楽しませてくれるんです。しかしこのイリュミネーション、一部では「超絶ダサい」とささやかれているとか…。桃太郎の頭上に輝く、ミラーボール…!鬼退治の際、もしこんな姿で桃太郎が登場したら、鬼もさぞやびっくりするでしょうね。ネット上では、さまざまなコメントが寄せられました。◎吹いた。我が地元、さすがです。◎鬼もざわつくダサさ。嫌いじゃない。◎ダサい…!声を出して笑いました。見に行きたいです。◎一周してかっこいいですよ!   ミラーボールに照らされた桃太郎一行は、多くの人を楽しませているようですよ。確か一昨年も見に来た記憶があります。

 まずは岡山駅・東口をエスカレーターで降り立つとすぐにキラキラの存在感を示しているのがこちらの「シンボルツリー」です。ちなみにツリーの右奥にある「ターミナルスクエア」ビルも、キレイな発色を出していました。心温まるイリュミネーションの光景です。♥♥♥

 

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

岡山駅

▲岡山駅の名物・桃太郎像

 今年で開業131年を迎えた山陽本線のJR岡山駅。山陽新幹線の開業からも半世紀近い年月が経とうとしています。ここでちょっとだけ、岡山駅の歴史に触れておきましょう。鉄道用地の確保に当たって、当時は鉄道反対運動のために、思うように土地の買収ができませんでした。とにかく協力してもらえる方々の土地を買い集めたために、南北に長い土地になってしまいました。山陽本線は多くの駅で「北口・南口」ですが、岡山駅「西口・東口」になっています。地図を見ると、山陽本線が岡山駅の前後だけ、クランクのようになって見えるのはそのせいなんです。

 JR岡山駅は、新幹線の停車駅です。利用客がずいぶん多い駅ですが、駅の構造は意外とシンプルです。在来線のプラットホームは1階にあり、2階へ向かうと「中央口」改札、地下へ向かうと「地下口」改札へ出ます。在来線の改札は、基本的にこの2つしかありません。改札内にトイレはあるのですが、改札を出るとトイレが非常に遠いのが岡山駅の難点です。JRの大きな駅はみんなそうです。何とかしてちょうだい!

 「中央口」は非常に多くの人が利用する改札です。「中央口」改札横にはきっぷ売り場があるため、ここを待ち合わせ場所の目印にすると分かりやすいですね。

 岡山駅と言えば、岡山電気軌道の延伸計画が大幅にずれ込んでいます。岡山電気軌道の路面電車の終点は「岡山駅前」ですが、駅東口まで約100m延伸して、広場内に新たな市街電車の停留所を設けるというものでした。当初2022年度末完成とされていた工事は、まだ始まってもおらず、現在では2025年度完成予定となっています。市民から懸念されているのは、渋滞が今以上に加速することと、駅前広場が縮小されることです。市民の憩いの場がなくなることに、否定的な声が多いのですね。デザイン案によれば、噴水桃太郎像がある付近に、路面電車の乗り場が設けられるとのことで、噴水桃太郎像もお引っ越しするそうです。タクシー乗り場は北側に、一般車の乗降場は南側に、バス総合案内所は南側に移転し、路面電車なども含めた公共交通案内所兼待合室になります。♥♥♥ 

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

「焼きたて名人」

◎週末はグルメ情報!!今週はパン 

 松江市灘町に、LPCグループの複合施設『LPC松江レイクサイド』が、2022年11月16日(水)にオープンしました。松江NHKのお隣です。ラーメン屋さんの「塩名人」とパン屋さんの「焼きたて名人」が入っています。2階はフィットネスセンターです。私はオープン翌日にお邪魔してきました。

 人気のカレーパンをはじめ、食パン・クロワッサン・メロンパンなど、25種類以上のパンを品揃え。店内で食べることも可能な、店内イートインカフェスペース(約10席)も用意されています。可能な限り無添加・焼きたてを、国産小麦100%で提供 されるお店です。 「焼きたて名人 パン屋さん」さんには、国産小麦100%! 小麦 本来の素朴な味をいかした パンが用意されています。 そして、安心して食べてもらえるよう無添加生地のパンも用意されています。店内は、こんな感じになっています。狭~いお店です。

 「名人のカレーパン」というネーミングからも、力を入れている商品であることが伺えます。メロンパンやクリームパンといった、菓子パンの定番商品もしっかりと取り揃えています。パニーニやウィンナーパン、明太パンといった惣菜パンも豊富なラインナップです。店内で丁寧に製造され、大量生産ができないことから、売り切れも目に付きます。パン屋さんで午前10時開店というのは、ちょっと遅いような気がしないでもありません。個人的にお薦めは、「アップルパイ」(420円)です。パイはカリカリサクサクで、中に詰まっているアップルも程よい甘さ、このコントラストが堪りません。最近あまり美味しい「アップルパイ」に出会っていなかったので、これは嬉しい収穫でした。「クロワッサン」も美味しかった。ただ、店内の雰囲気、パンの種類の豊富さ、の点では、田和山の「森のくまさん」には叶いませんね。♥♥♥

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

髙橋真梨子ラストコンサート

 私の好きな歌い手で、デビュー50年の節目を迎えている髙橋真梨子(たかはしまりこ)さん(73歳)が、ライブアルバム『Last Tour LIVE! our Days』(2枚組、3500円+税)を、2023年3月8日にリリースすると発表しました。11月9日と10日に東京国際フォーラム・ホールAで開催した、最後となる全国ツアー「Mariko Takahashi Concert vol.44 2022 our Days -Last Date-」追加公演の模様が収録されることになっています。

 髙橋さんは2020年、「納得するステージを毎回継続していくことが年々厳しくなってきた」として、1979年にソロ・コンサートツアーをスタートさせて以来、欠かすことなく42年連続で毎年開催してきた全国ツアーからの“卒業”を発表しました。コロナ禍による公演延期や中止を乗り越え、2022年1月より最後の全国コンサートツアーとなる「Mariko Takahashi Concert vol.44 2022 our Days -Last Date-」を、約10ヶ月に渡って行ってきました(この日が39公演目)。追加公演が開催された東京国際フォーラム・ホールAは、コンサートを主軸に音楽活動を行ってきた高橋さんが、それまでの東京厚生年金会館から会場を移し、2001年〜2019年、2022年と20年間に渡り、マイクを握ってきたホームグラウンドともいえる場所です。レコードデビュー50周年という節目の年を飾るライブアルバムには、サプライズとして披露された、Wアンコール(彼女がダブルアンコールを行うのは50年に及び歌手人生で初めてのことでした)の「別れの朝」を含む全22曲が収められることになっています。夫のヘンリー広瀬さんは、「『別れの朝』はペドロ&カプリシャスのデビュー曲で、2代目ボーカルとして加入した髙橋真梨子が初めて覚えた曲なんです。ファンへの感謝の思いから初のダブルアンコールを決めました」と説明しました。

 ソロデビューの翌1979年から積み上げた2802公演目は、ファンへの感謝の思いを込めた「ありがとう」「遥かな人へ」で幕を開けました。髙橋さんの第一声は、「最後の全国コンサートツアー、今日、東京最後のステージを迎えました。みなさん、寂しい?でもまた会えるチャンスを作ろうと思ってます。本当に、今日みなさんに会えてよかったと思います!」と挨拶。割れんばかりの会場の拍手に「今日は東京最後のステージなんで気を引き締めて、お客さんからの拍手という元気をもらってこのステージを最後まで勤めたいと思いますのでどうぞ宜しくお願いします」と続け、「ジョニィへの伝言」「五番街のマリーへ」「桃色吐息」「ごめんね…」といった代表曲を中心に本編を終了。アンコールではメンバー紹介の流れで高橋さんの旦那様であり音楽プロデューサー・ヘンリー広瀬さんが、「彼女の50年は今日のためのものだと思います。これもファンのみなさんあってこそ。スタッフにも感謝します。そしてなにより高橋真梨子に感謝します!ステージを降りるとただの旦那なんですが、ステージにあがると真梨子に引っ張られてここまでやってきました」と語ると、受けて髙橋さんが「優しい旦那様なんです」とのろけつつも、「本当に本当にみなさん、ありがとう!」とコメントし、自身の半生を詩にした「The Road」を歌い上げました。アンコールが終わり一度下がった緞帳が、鳴りやまぬ会場の拍手喝采に応えて再度上がると、全国ツアー44回目を数えた高橋真梨子ソロコンサート史上初となるダブルアンコールとして、ペドロ&カプリシャスの代表曲の一つ「別れの朝」が披露され、その後も、約5,000人の観客のいつまでも鳴りやむことなく続く拍手の中、2時間にわたった東京追加公演は幕を閉じました。ステージの髙橋さんは、丸2年のブランクを全く感じさせることのない、抜群の歌唱力と熟練した表現力で、例年通りのパワフルかつ情感たっぷりの歌声を届けてくれました。

 終演後には、「1月にスタートした全国ツアー、その追加公演と銘打った東京国際フォーラム2daysも無事終了することが出来ました。20年にわたってホーム・グラウンドとして慣れ親しんだこのステージは、何度立っても緊張はするけれど、歌いだすと戻ってきたなぁって、不思議に心地良く、気持ちを解放させてくれる会場です。この会場をあとにしてからも、延期公演となったステージ(郡山・福岡)がディナーショーを挟んでまだまだ続いていきます。丸2年ぶりの全国行脚、楽しく回らせていただいてます。まだまだ精一杯歌います。」高橋さん。

 2,000人以上収容の大規模ホールで、年間25公演以上を40年以上も継続してきた女性ソロ歌手は、高橋さんだけです。ツアーに単発公演などを加えると、これまでに731万人超を動員してきました。全国を回ってファンと直接触れあうツアーには終止符を打ちますが、「ステージで倒れたら本望」と語る歌姫の音楽活動は、まだまだ続きます。

 なお、このコンサートの模様は、2023年1月にWOWOWにて放送されることになっています。楽しみです。♥♥♥

カテゴリー: 私の好きな芸能人 | コメントをどうぞ

『絆の極み』

 11月15日に、全音楽譜出版社よりルーシー原納『絆の極み ~さだまさしと渡辺俊幸の半世紀~』という本が発売されました。二人の大ファンである私は、すぐにアマゾンで取り寄せて読みました。国民的シンガー・ソングライター、さだまさし。大河ドラマや映画音楽で知られる作曲家、渡辺俊幸。成功の裏にあった挫折や困難の中で、半世紀にも亘りお互いを支え合った二人の知られざるパートナーシップと、それを支えた「絆」を改めて確認しながら、二人の音楽家の今と未来を語る書籍です。

 この本は、渡辺俊幸(わたなべとしゆき)さんとさだまさしさんの、半世紀以上にも渡るパートナーシップを通して結ばれた「絆」について描かれています。特に初期の頃からのさだまさしさんのファンの方は、さださんと渡辺俊幸さんの関係も古くからご存じだと思います。これまでのお二人の二人三脚のパートナーシップは、数々の華々しい栄光に彩られていますが、その裏には様々な挫折や困難もあったようです。そしてこの挫折や困難を乗り越える源となったのは、お互いがお互いを支え合った「絆」にあったわけです。本書には初めて明かされるエピソードも含まれており(二人とも死を覚悟するほどの交通事故に遭った、「風に立つライオン」の制作秘話、など)、さだまさしファン、そして渡辺俊幸ファンには必読の書と言えるでしょう。

 二人はすぐに親密になったわけではありません。グレープの解散コンサートのサポートメンバーとしてツアーに同行した時に、解散後どういう形で音楽活動をしていくかずいぶん悩んでいたさださんが、渡辺さんに相談したところから急接近していきます。結果、さださんはソロのアーティストとして、渡辺さんはさださんのプロデューサー兼アレンジャー、また作曲家として新たな道を踏み出します。かくしてほぼ半世紀にわたり、共に支え合い、音楽家として切磋琢磨してきた二人です。

 「良い歌」を書きたい。これが僕のすべての目的です。果たして何が「良い歌」かは、死んでも分からないでしょう。ただ、「良い歌を書くために、僕は音楽を生きている」と信じている。そして、この「良いものを作るために生きている」という思いは、ナベちゃんとの「共通の希望」であり、「共通の願い」でもあります。もしかして「共通の幻想」でも構わないと思っています。(さだまさし)

 さださんは グレープでデビューして、最初のヒット曲「精霊流し」「暗い」と言われ、「無縁坂」「マザコン」、ソロになってすぐに「雨やどり」が大ヒットすると今度は「軟弱」「関白宣言」「女性蔑視」「防人の詩」では「右翼」、さらに「しあわせについて」では「左翼」とさんざん叩かれ続けました。さすがにさださんもイヤになったと言います。そんな時に渡辺さんは、「言いたいヤツには言わせておけばいい。人に何を言われようが、まっさんらしいいい楽曲を堂々と作ればいいんだよ!」と励まし続けました。

 彼がソロになるにあたって、この人を日本一にしたいと思ったんです。彼と出会わなかったらどんな音楽家になっていたかわからない。その時その時に衝動的にやりたいとおもったことをやり続けただけなんですけど、ご縁のあった方々のサポートのお陰。いろんな人との出会いのお陰だと思っています。本当にありがたいと思います。(渡辺俊幸)

 そんな渡辺さんが、2022年10月1日、「株式会社まさし」の所属アーティストとなりました。さださんがグレープでデビューした頃に、渡辺さんは「赤い鳥」のドラマーとして活躍しており、同じ事務所「ザ・バードコーポレーション」に所属していました。再びタッグの結成です。不思議な縁を感じますね。渡辺さんは、次のように語っています:

今年は、私にとって音楽家活動50周年の年になりますが、自分の音楽家人生を振り返ってみると、さだまさしさんとの出会いがとても大きく作用して今の自分がある事を感じます。

さださんとは、私がフォークグループ「赤い鳥」のドラマーとして、さださんがフォークデュオ「グレープ」として同じ事務所「ザ・バードコーポレーション」に所属した事で出会いました。

その後、さださんがソロ活動を始めるにあたり私は専属のプロデューサー兼アレンジャーとしてさださんを支えていく事になります。さださんのアルバムの為のアメリカでのレコーディング体験などがきっかけとなり私は更なる上のレベルの音楽家を目指す為、さださんとの仕事を一時中断してアメリカ留学をしたいとの思いが膨れ上がりますが、そんなわがままな要望をさださんは「自分の分まで勉強してきてね!」と快く受け止めてくださいました。そしてその時に留学した事で掛け替えのない音楽的体験と勉強を重ねる事が出来、今の自分があります。NHK大河ドラマ「毛利元就」、「利家とまつ」や「おひさま」などの朝ドラ4作品を含む多くのテレビドラマや映画音楽を手がけ、オーケストラの指揮者としても活躍出来るようになったのは、この時の留学経験があったからこそです。

留学を終え帰国後も現在に至るまでさださんとは、アルバム制作やコンサートなどを通してずっと一緒に音楽活動をして来ました。ほぼ半世紀という長きに渡って、音楽家同士そして盟友として共に過ごせたのはこの上なく幸せな事だと感じています。

この度、お互いに音楽家活動50年を迎えることを機にさださんの会社に所属し、より親密な関係でこれまで以上に素晴らしい作品を作り続けて行きたいと思いました。

新たな出発です。
どうか応援のほど、どうぞよろしくお願い申し上げます。

▲二人のエピソード満載の本!

カテゴリー: 私の好きな芸能人 | コメントをどうぞ

in factは「実は」か?

 英語で「分かってないなあ~」と思う事項が山のようにあるのですが、その中でも最もひどいのが、長文に頻出する成句in factの使い方です。模試でも長文問題集でも、その多くが、in factを、何でもかんでも「実は」とか、「実際(は)」と訳してごまかして終わりです。教員の中にも、「実は」と片付けて、何の問題意識も持たない人が多くいます。模試や問題集にもよく出てくる頻出表現ですが、模試の「解答・解説」を見ると、決まって「実は」「実際(は)」でごまかしています。最近受験した「進研マーク模試」「進駿記述模試」の読解問題にも、何度もin factが出てきましたが、どちらもごまかしていました。先日の「全統マーク模試」だけは、「いやそれどころか」と正しく文脈を捉えており、見直しました。 困ったことには、「実は」「実際」と訳しても何となく通じてしまうように思え、それ以上考えることをしなくなることでしょう。前の文と次の文とのつながりは完全に無視されてしまいます。実にひどい熟語集になると、次のような用例を出して終わりです。これでは、高校現場で、生徒たちが何でもかんでも、「実は、実際」と片付けてしまうのも無理はありませんね。

In fact, my parents are against my part-time job. 実は、両親は私のアルバイトに反対している。  ―木村達哉『新ユメジュク』(アルク)

 実は(?)〔笑〕、私も高校時代に、英語の先生からそのように習ったのですが、大学時代にありとあらゆる新聞・雑誌・小説をむさぼり読む中で、これはちょっとオカシイぞ、と気づきました。以来、ずっと用例を集める中で(八幡の用例キャビネットには数百枚のin factの用例の証拠があります)、明らかに間違っている、という認識を抱くようになりました。上の用例のどこがまずいかと言うと、(1)in factがどのような文脈で使われるかが全く分からないこと、(2)前文とのつながり(文脈)を考えると、「実は」はあり得ないこと、の二点です。ところが、日本語の「実は」でも、一応意味は通じてしまうところが、この問題を根深いものにしています。しかし、二つの文のつながりは、見事に見落とされてしまっているのです。日本語の「実は」の意味は、「めんどうな説明を省いて内情(事実)を端的に言うならば」(『新明解国語辞典』第8版)ということです。英語学習辞典では、この句の意味を、(a) used when you are adding something, especially something surprising, to emphasize what you have just said    (b) used to emphasize that the truth about a situation is the opposite of what has been mentioned [LDOCE]と説明しています。

 二つの文章のつながりを、次の英米の学習辞典の用例で確認しておきましょう。

I thought the work would be difficult. In actual fact, it’s very easy. [OALD]→(b)

I know the mayor really well. In fact, I had dinner with her last week. [LDOCE] →(a)

They told me it would be cheap, but in fact it cost me nearly $500. [LDOCE]→ (b)

I don’t work. In fact, I’ve never had a job. [CALD] →(b)

I haven’t seen him for years. In fact I can’t even remember what he looks like. [MED] →(a)

I know her really well. In fact, I had dinner with her last week. [LAED]→ (a)

That sounds rather simple, but in fact it’s very difficult. [CAAED] →(b)

They know each other; in fact they’re close friends. [MWALED] →(a)

 前の文と後ろの文がどのような関係でつながっているのかを考えれば、「実は」では説明できないことが、一目瞭然お分かりいただけるでしょう。最近では、学習英和辞典でもこのことに注目して、正確な訳語を与えているものもあります。私は現場での注意喚起をするために、最新の『直前演習2023共通テスト 英語(リーディング)』(ラーンズ)別冊付録「攻略BOOK―Score Up & Check―」に、このin factのコラム記事を書き、解説しておきましたのでお読み下さい(写真下)。「もっとはっきり言えば」「いやそれどころか」「ところが実際には」といった訳語が指導されないといけません(「実は」という意味になるのはどういうときか?に加えて)。ここで取り上げたもう一つのafter allも、現場で広く誤解されている表現です(何でもかんでも「結局」としてしまいます)。⇒私の解説「after allは「結局」ではない!」コチラです

 このような、高校現場で見逃されてしまっている大きな誤りを一つ一つ取り上げて、私なりの解説を加えたものが、『高校通信東書英語』No.124~No.134(東京書籍、1983~1984年)に連載した八幡成人「英和辞典のウソ(1)~(9)」と、『現代英語教育』4月号~3 月号(研究社、1990~1991年)に連載した「ボリンジャー博士の語法診断(1)~(12)」でした。ここに取り上げた事項は今でも十分に通用します。懐かしい思い出です!♥♥♥

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ