研究会無事に終わる!~教え子と一緒に

 ZOOMによる八幡の「共通テスト」の振り返り講演会「2023大学入学共通テストに求められるチカラとは ~大学入学共通テストの振り返りと指導事例のご講演~」(ラーンズ主催)が、6月25日午後3時30分より無事に終わりました。いつもは東京からお届けするんですが、今回は岡山ベネッセ本社でした。先生方から事前にたくさんのご質問をお寄せいただいておりましたので、できる限りそれに応える形で進めていきました。具体的にどんな授業をやっておられるのか、という要望が多くありましたので、「それでも英語は絶対に裏切らない!」と題して、日頃私が心がけていることを、できる限り具体的にご紹介してみた次第です。今年の「共通テスト」は、中でも第4問第5問が非常に難しく、取り組みにくかったという事実があります。それにもちゃんと理由がありました。時系列に並べる問題、複数解答を要求する問題、行ったり来たりと図表・グラフを絡める問題は、間違いなく受験生は苦手です。

 今回の講演をお申し込みいただいた先生方には、「参加特典」として、この「第5問の解き方」という私の最新資料をプレゼントさせていただきました。第5問のご指導をなさる際に、きっと役立つ情報が詰まった資料です。ぜひ使ってみてください。また「共通テスト」指導に参考になる資料・参考書も紹介して欲しいというご要望もございましたので、この資料ならびに講演内でご紹介しました。今までと違い、顔を出してのオンライン講演でしたので、緊張もひとしおでした(何せ内気で恥ずかしがり屋ですので)。なお関連する資料のダウンロードの頁も設けておりますので併せてご利用ください。⇒「連動企画~資料のダウンロード」コチラです

 もう一つ特筆すべき収穫は、今年入社したばかりで、英語編集課に配属された松江北高の教え子の小川歩未(おがわあゆみ)さんが、私の隣で機器のスイッチングをやってくれたことでしょう。4月に入社したばかりだというのに、言葉遣いといい、気の利いた行動といい、見違えるように立派に成長していました。教え子がこういう立派に成長した姿を見るのは嬉しいものです。小川さん、お世話になりました。また一緒に仕事ができるといいね。♥♥♥

カテゴリー: 英語指導に関して | コメントをどうぞ

入試問題はメッセージ

 2022年の河合塾「第1回全統記述模試」の英作文の問題に、次のような日本文が出題されました。実に考えさせられるいい出題でした。問題文をよく読んでみてください。


 入試問題は学力を調べるためだけにあると思っていませんか。確かにそのような側面もありますが、実は入試問題にはそれぞれの学校の教育観が表れているのです。単に知識の量や情報処理能力を試しているわけではありません。大学がどんな生徒に来てほしいのかという独自のメッセージが込められているのです。そのような視点で入試問題を見るようになれば、興味深いものになるかもしれません。  (第1回全統記述模試より)


 まさにおっしゃる通りで、入試問題は大学側から受験生へ、ひいては現場の教員に向けたメッセージであることが多い(そんな意識はこれっぽっちも無い大学も多いですが)ことは、毎年入試問題を解いてきた人間として感じるところです。「試験問題」という場を借りて、大学側が「意見」を表明しているのです。例えば、今年の京都大学のⅣの自由英作文の問題は、次のようなものでした。明らかに大学側から受験生への熱いメッセージですね。大学は研究に行くところであって、遊びに行くところではありませんよ。京都大学はそのような研究者を育てたいと宣言しています。

 大学で研究をするうえであなたが最も重要と考えることを一つ挙げ、その理由を2点に絞って100語程度の英語で具体的に説明しなさい。(京都大学 2022年)

  京都大学の入試問題の英作文は、日本語との格闘を要求しているのですが、間違いなく、我々にメッセージを発していると思われます。再考すべき社会問題・価値観を取り上げていますね。英会話の重要性ばかりがクロースアップされる中で、英語の試験にもかかわらず、「日本語力」が問われています。専門性と思考を深めるための道具として「母語」の重要性を伝えようとしています。発信力はもちろん大切だけれども、「その前にもっと必要なものがあるでしょ?」というメッセージだと私は感じています。いくつか例を見てみましょう。

 女性が従来学問の世界で十分活躍できなかったのは、男性中心で作られてきた社会に原因があったことは疑う余地はありません。とくにわが国は従来年功序列の社会でありましたので、出産、育児のため女性が休むことは昇進の面で著しく不利でありました。今後は休んだ後の復職を容易にするとともに、復職後業績を上げれば速やかに昇進できる体制を作り上げて行かねばなりません。(京都大学 2005年度)

 わたしは、家具や道具はなるべく木の素材を選んでいます。木は命あるもの独特のやさしい雰囲気があるので、心地いいんです。人工的な素材は新しい時が最高の状態だけれど、木は新品の時が出発点です。年月に磨かれて、味わいも美しさも増していく。そこが一番の魅力です。(京都大学 2004年度)

 自分の仕事に妥協するようだと誰もその道のプロにはなれないと思う。私は頑固者だとよく言われるが、仕事に対する姿勢がまじめだからそう言われるのだ、というように理解している。融通がきくタイプの人間は周囲には受けがいいかもしれないが、仕事の方は何か物足りないところがあるように思われる。(京都大学 2003年度)

 私たちは、周囲にあまりにもたくさんある文化財になれっこになって、その存在を当然のように思いがちである。しかしほんとうは、一つ一つの文化財は、それを維持するために尽くしてきた数多くの人々の多年の努力の結晶なのだ。文化財をおろそかにすることは、そうした人々の努力をないがしろにすることであるという事実を忘れてはならない。(京都大学 2002年度)

 週末にキャンプを楽しむ人が増えてきました。確かに、都会生活でたまった疲れをいやすためには、自然の中でのんびりするのが一番でしょう。ただ残念なのは、木々の枝を折ったり、ゴミをそのままにして帰ったりする人がいることです。これでは、自分の疲れはとれても、自然の方はいい迷惑だと思います。(京都大学 2001年度)

 東京大学も、入試問題に社会的メッセージを込めた出題をすることで知られています。「ゆとり教育」全盛の頃、「円周率を3として教育する」といったバカげたことが決定された2003年には、「円周率が3.05より大きいことを証明せよ」という問題が出題されて、「ゆとり教育」への警鐘が鳴らされたのでした。2006年度には、小学校の運動会において、競争心をあおる種目の是非について出題しました。続いて、2007年度には英語のリスニング学習についての学び方の指針が示されています。こうやって受験生に(ひいては現場教員に)メッセージを送っているのです。東大の英語試験では、難しい知識を問う問題はほとんど出ません。どれも「基本をどれだけ柔軟に使いこなせるか」を問うものなので、英語の基本構造を本当に理解していれば解ける問題ばかりです。しかし、英語の原理について深く掘り下げて使える学生は多くないので、そこに東大入試問題の難しさがあるのです。メッセージ性の強い問題や、応用力を問う問題を出題する背景には、物事を研究したり考える人間を養成したいという目的があるのでしょう。固定観念や目先の利害にとらわれず、目で見たものを疑い掘り下げて考える学生を求めているのです。

 「詰め込み教育」に対するアンチテーゼという意味があるのかもしれません。最近の各大学の入試問題では、知識があれば解けるようなものが増えてきています。受験生に考えさせる問題が減っているのは、とても憂うべき流れです。しばらく前、自分たちで入試問題を作ることのできない大学は入試問題を外注するということが話題になりました。大学の入試問題作成を大手予備校が有料で請け負う。現実にそういうことが行われています。♥♥♥

「現在の行動にばかりかまけていては、生きるという意味が逃げてしまう」と小林秀雄は語った。それは恐らく、自分が日常生活においてすべきだと思い込んでいることをやってそれでよしとしているようでは、人生などいつのまにか終わってしまうという意味であろう。  (東京大学 2018年度)

 世界中でプラスチックごみを減らす動きが活発だ。食品などプラスチック製容器や包装をなくしたり、レジ袋を有料化したりするのはもっとも容易にできることだろう。それらを紙製品や生分解性の素材に変えたりする動きも目立つ。しかし、もっとも重要なのは、プラスチックごみによってかけがえのない自然環境を汚染しているのは私たち自身であると、私たちひとりひとりが日々の暮らしのなかで自覚することである。とはいえ、そうした意識改革が難しいことも確かで、先日もペットボトルの水を買った際に、水滴で本が濡れてはいけないと、ついレジ袋をもらってしまった。 (東京大学 2019年度)

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

小田和正福島コンサート

 シンガー・ソングライターのカリスマ・小田和正(おだかずまさ)さんが6月3日、福島・郡山市ビッグパレットふくしま」で、3年(1038日)ぶりとなる全国アリーナ・ツアーの『Kazumasa Oda Tour 2022 「こんど、君と」』をスタートさせました。74歳8ヶ月でのアリーナ・ツアー開催は、国内アーティスト史上最年長となります。2019年7月31日に、愛媛県武道館で行われた前回ツアーの最終日、「また逢おうぜ!」と約束した小田さんは、有言実行で約束を果たし、3年ぶりとなるツアーの初日を迎えました。

 「ビッグパレットふくしま」を5,500人の観客が埋め尽くす中、160メートルにおよぶ花道に設けられたセンターステージに登場した白いシャツ姿の小田さんを、大歓声が迎えます。明治安田生命企業CM曲として使用されている「風を待って」からスタートし、この日を待ち焦がれた総立ちの観客の手拍子が鳴り響きました。派手な演出や特殊効果は一切なし。澄んだ高音と、ギターとピアノの音色で聴かせました。

 小田さんは「みんな、どうもありがとう!元気だったでしょうか?」と呼びかけ、「このコンサートが決まったとき、とってもうれしかったんですが、本当にこの日がこんな状況の中でできるのだろうかとずっと不安でした。今日ようやく、この日がきたんだ、みんなが集まってくれたんだと、一同ホッとしております。どうもありがとうございます」と感慨深げにあいさつをしました。

 「とにかく楽しく楽しく乗り切ると、その楽しさをこのツアーの最終日までどんどんふくらませ、大きく駆け抜ける、それがテーマであります」と伝えると、「今日はその第1日ということで、全部の日が大切ですが、特別大切であります。何とか楽しく楽しく終わりたいと思います」と、“最年長ツアー”初日を迎えた喜びを明かしました。

 中盤の“ご当地紀行”(小田さんが公演先の名所や旧跡など訪れた映像)後には、NHKドラマ10『正直不動産』主題歌「so far so good」、代表曲「ラブ・ストーリーは突然に」を歌唱。49年前のオフコース時代の楽曲「水曜日の午後」など、懐かしい曲や、誰もが聴きたい名曲、最新曲にいたるまで、約2時間半にわたって全25曲をエネルギッシュに披露しました。本ツアーは全国16ヶ所計34公演で31万人を動員予定です。11月9日に地元の横浜アリーナでファイナルを迎える予定です。

 この日は、ヒット曲「ラブ・ストーリーは突然に」をはじめ、8年ぶりのオリジナル・アルバム「early summer 2022」に収録される新曲「ナカマ」など25曲を熱唱。コロナ禍の影響で、恒例だったステージ上の客席は設置できず、客席を練り歩き、観客にマイクを向けて一緒に歌うこともできませんでした。それでも3年分の思いをぶつけました。聴き心地のいいクリアなハイトーンボイスは健在です。序盤から全長160メートルの花道を歩きながら、時には小走りし、ファンに近づいてパフォーマンス。ツアータイトル曲「こんど、君と」の歌唱中は感極まり、目頭を押さえ感極まる場面もありました。全国アリーナツアーとしては、昨年、矢沢永吉が72歳(当時)で樹立した最年長記録を塗り替え、10月の神戸での追加公演も発表されました。11月に地元・横浜でファイナルを迎える小田さんは「楽しさをツアーの最終日までどんどん膨らませていって、大きく駆け抜ける。それがテーマです」と完走を誓いました。「想う人がいる 想ってくれる人がいる」(ツアータイトルにもなった「こんど、君と」)と歌った小田さんです。自分を待ってくれている人、自分がその場所で歌えば、笑顔と拍手で迎えてくれる人たちの存在を真っ先に思っているのが、小田和正という人です。

 全国ツアーは2019年に開催して以来で、同7月の最終公演で「また会おうぜ」と約束していました。この日、10月29、30日の神戸公演が追加発表され、全国各地のアリーナ会場で34公演を開催し、計31万人の観客動員を見込んでいます。74歳8カ月でのアリーナ・ツアーは、国内では昨年、矢沢永吉(72歳)が72歳3カ月で開いたのを抜き、史上最年長となりました。

 ツアー真っただ中の9月に、75歳となります。コロナ下でもラジオ体操や、自宅周辺を走り体力づくりを欠かさないなど、元気に満ちあふれた小田さんです。今回はちょっとコンサートにはお邪魔することはできませんが、小田さんには体の続く限りいつまでも頑張ってもらいたいと念願しています。♥♥♥

▲8年ぶりの新アルバム予約受付中

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

川上哲治のキャッチボール

 先日、「小さな仕事こそ」と題して、ブログを書きました(⇒コチラです)。どんな小さな仕事でも全力を傾けることの大切さを述べたのです。Excellence is a thousand details.(成功は千の詳細である、アリストテレス)という言葉があります。一見些細でも、どうでもいいようなことが、たくさん重なると卓越になるということです。細かいからどうでもいいのではなくて、一見細かくてどうでもいいようなことが、実は重要なのですね。古くから「チリも積もれば山となる」とも言います。「神は細部に宿る」ということですね。その後、いい話を聞きましたので、付け加えておきたいと思います。巨人軍の不動の四番バッターで、「打撃の神様」川上哲治(かわかみてつはる)さんのことです。「V9」(今ではおよそ考えられない9年連続日本一!)の監督でもありました。好調時には、打席で「ボールが止まって見えた」と言われていますね。その栄光ゆえに、彼の背番号16は巨人軍の永久欠番となっています。試合前のキャッチボールの話です。試合前の練習におけるキャッチボールを見ていた人の目が、釘付けになったそうです。肩慣らし程度のキャッチボールで、すでに彼は違っていたというのです。「ボールを拝む」ような丁寧なキャッチボールだったそうです。「一球ごとに祈りを込める」ようでもあり、他の選手が三球投げる間に、一球ぐらいしか投げません。そして気合いが入ってくるにつれて、そのテンポが少しずつ速くなってきます。たかがキャッチボールにも、このように「魂を込める」という態度!「神様」と呼ばれるまでになった技術の根幹は、「小さなことをいいかげんにしない」ことにあったんだな、と感じたそうです。

 巨人軍の誇る世界の「ホームラン王」王貞治(おうさだはる)選手に関しても、同様のことを聞いたことがあります。さんは高卒で巨人軍に入団した一年目、すぐにレギュラーになりましたが、一年目のバッティングの成績は大したものではありませんでした。にもかかわらず、球団は翌年の給料を大幅にアップしました。一体なぜでしょう?一年生の彼は、ボール係を命じられていました。練習の後、ゲームの後、使ったボールを探しては拾って集め、数を確かめて、キチンと管理するという、下積みの地味でやっかいで面白くもない仕事です。この「つまらない仕事」を彼は、過去の誰よりも真面目に完璧・正確にやってのけたといいます。ボール係という「一所」に懸命になったのです。その王さんも偉いのですが、そこをちゃんと見て「これは見込みのある男だ。こいつは、大成するぞ!」と看破して増俸してやったフロントもまた偉かった、と言わねばなりません。王選手は打つことだけに一所懸命だったのではなく、恐らく私生活も含めて、生活の全てにおいて懸命になる人であったに違いありません。そういった人間的な土台の上にこそ、本職の技術面での偉大な花(ホームラン世界記録868本)は咲いたのです。

 将棋の大山康晴(おおやまやすはる)十五世名人の強さはケタ違いであったことは、いまさら言うまでもありません。将棋タイトル全五冠を独占、数々のタイトルの他、A級棋士在位連続44期のままお亡くなりになりました。ある将棋観戦記者がこの大山名人と旅をともにする機会があったそうです。ある夜、和風旅館の和室で、ふとんを並べて寝たそうです。翌朝目を覚ますと、大山名人が、窓の外、ベランダに出て、洗濯物を干しています。朝早く起き、風呂場あたりで肌着を洗ってきたようです。天下の大名人が肌着を自分で洗うことにまず感心しましたが、より驚かされたのは、その干し方のていねいさであったといいます。かわいた時に、シワが残らないように、吊した肌着の一枚一枚を、ピンと引っ張り、伸ばすのですが、そのやり方が実に細かくてていねいだったそうです。「わかった!!」と、その観戦記者は、腹の中でつぶやいたそうです。「大山の強さの秘密がわかった。精密機械と評される、あの緻密でスキのない将棋と、今見ているこのことは一つのものなのだ。後者があってこそ、前者もまたあるのだ」と。

 「ライオンはウサギを撃つにも全力をもってする」といいます。たかがウサギじゃあやる気がしない、などとはライオンは絶対に言わないのです。それゆえ、長く百獣の王として君臨できているのです。便所掃除一つにしても、その人の持つ全人格・全能力が出るんです。能力というと技術面のことだけを考えやすいのですが、人柄とか性格、人格もまた人の力のうちなのです。掃除のような仕事では特にその人の注意力と清潔感覚、仕事の完全さへの感覚といったようなものがハッキリと出るのです。チッポケな仕事などではないのです。仕事はそれがどんな仕事であっても、軽視することなく、全力を注いで熱心に、そして忠実に当たらなければなりません。「小事に忠」を、胸に刻みたいと思います。♥♥♥

 自分の努力で手に入れた幸福は、たとえどんなに分量が少なくても、心に生じる快感は絶大なものだ。その小さな積み重ねこそが勇気を生み、大きな成功を呼び寄せる。だが、その小さな幸福にあぐらをかいて、「もう、この辺でいいだろう」と、怠け心が生じて素力を止めたら、人間はそこでお仕舞いだ。その小さな幸福さえも、たちどころに消え去ってしまう。 (本多静六)

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

連動企画~資料のダウンロード

◎遅れて大変申し訳ありませんでした

 6月25日(土)にアップする予定でしたが、「ダウンロードサイト」不調のために間に合いませんでした。現在は修復されて閲覧できるようになっておりますので、どうぞご活用ください。♥♥♥

・「共通テスト」リーディング攻略マニュアル ⇒コチラから見てダウンロードすることができます

・「共通テスト」英語解法マップ ⇒コチラ

・「大学入学共通テスト」で気をつけたいこと ⇒コチラ

・「大学入学共通テスト」の分析 ⇒コチラ

・共通テスト「英語リーディング」解法マップ ⇒コチラ

・「英語」受験勉強カレンダー2022 コチラ

・「賢者は歴史に学ぶ~共通テスト先輩からのアドバイス」 ⇒コチラ

・「賢者は歴史に学ぶ~共通テスト先輩からの英語勉強アドバイス ⇒コチラ

・2022年「3年4月進研記述模試」見直しプリント ⇒コチラ

・2022年「3年5月全統共通テスト模試」見直しプリント ⇒コチラ

・2022年「3年6月進研共通テスト模試」見直しプリント ⇒コチラ

・2022年版「難関大合格者はココが違う!」 ⇒コチラ

・綴りを間違いやすい単語 ⇒コチラ

・綴りを間違いやすい単語 解答・解説 ⇒コチラ

・「英文読解八ちゃんの法則50」コチラ

 講演中に触れました保護者との関わりに関しては、「ダウンロードサイト」を開いて、「ファイル検索」のボックスにキーワード「保護者シラバス」と打っていただくと、私の作りました詳細「保護者シラバス 1年生~3年生版」を見ることができます。また生徒版「進路指導シラバス 1年生版」コチラです。

カテゴリー: 英語指導に関して | コメントをどうぞ

「ホット・エアー2」

◎週末はグルメ情報!!今週はラーメン

 鳥取のミシュラン獲得ラーメン店「ホットエアー」が、松江市内に昨年12月に初出店しています。場所は松江市向島町の「TSK山陰中央テレビ本社」向かい側。「喫茶ボレー」さん跡地になります(ボレー」さんは2021年4月末をもって約40年の歴史に幕を下ろされました)。

 「ホット・エアー2」は、オープンしたばかりのラーメン屋さんです。鳥取市気高町にあるあの有名ラーメン店の2号店です。ミシュランガイドのビブグルマンにも掲載された、あの車屋さんのラーメン店です。松江店では、本店で修行をされた店主さんが本店の味を再現しておられます。また、松江店限定メニューとして「“彩り天佑卵”を使用した卵かけご飯」も。月曜定休、営業時間は11時~15時、食材切れで早仕舞いとのこと。

 鳥取市内の中古車販売店が、子どもに「いいもの」を食べさせたいと、人工的な添加物を一切使わずにダシづくりに熱中し、地元の祭りでラーメンを出したところ、評判になりました。一念発起して店内に厨房を新設し、商談スペースを改修してカウンター席やテーブル席をしつらえ、2012年頃から特製ラーメンを提供し始めました。地元産の鶏ガラ、煮干しなどを組み合わせ、全体のハーモニーを重視して、温度1度単位、0.1グラム単位にこだわったラーメン作りを目指しました。『ミシュランガイド京都・大阪+鳥取』で、ビブグルマン(価格以上の満足感が得られる料理)の店として掲載されました。その2号店が松江市の、それも山陰中央テレビの本社前に出店したものだからさあ大変。ラーメンフリークどころか、ミシュランが気になって仕方がないグルメな方々にも話題となって、行列が絶えない状態が続いていると伺い、今日お邪魔してきました。

f:id:jeepkotani:20211224121300j:plain

 お店の中に入ると、実にきれいでおシャレな店内です。およそラーメン屋さんとは思えない内装です。カウンターも中央の大きなテーブルも新しいだけあって清潔感が漂います。入り口の券売機で「極み塩・味玉」1,000円)を購入します。なかなかしっかりしたお値段ですね。テーブル席に促されると、レモンで香りを付けた水を饗されます。あー、これはワクワクしますね。そして、ラーメン。スープは淡麗、スッキリとしたとても綺麗な鶏の出汁。胃袋に染み渡ります。麺は小麦の中心からやや外側を挽きこんだ細麺です。少しだけ表面がぬめる麺はスルスルっと食べることが出来ます。無化調ラーメンとしてとても高いレベルのラーメンだと思います。特に飲んだ次の日などの胃が弱ってる時にはほんとに良いだろうし、脂が気になる女性や高齢者にも良いと思います。でも私の好みの味ではありません。スープは僕的にはもう少しパンチが欲しいかな。ちょっと上品すぎるラーメンかも知れません。おしゃれ過ぎる感じがします。♥♥♥

カテゴリー: グルメ | コメントをどうぞ

カードはどーか

【お詫び】先生方すみません。「ダウンロードサイト」が不調で、現在調べてもらっております。今日の資料の提示は、もう少しお待ちください。お詫び申し上げます。(八幡)

 天才クリエーター・菅原 茂(すがわらしげる)さんの代名詞「貫通マジック」の最新作が届きました。トランプ1組が丸ごと箱から滑り落ちてしまう「カードはどーか」(7,100円)です。デックの上部にあいた穴に棒を通し、すべてのカードに穴があいていることを示します。この全てのカードに穴があいたトランプ1組から、観客に全く自由に1枚のカードを選んでもらいます。選ばれたカードを1組に戻し、木製の箱に納めます。棒を箱の穴から通してトランプを固定すると、当然のことながら、逆さにしても落ちてきません。しかし、ここでマジシャンがおまじないをかけると、なんと観客に選ばれたカード1枚だけを残して、デックは棒をスルーッとすり抜けて、箱から抜け出てくるんです!箱の中で棒に一枚だけぶら下がっているのは、間違いなく観客の選んだカードです。巧緻を極めた秘密の原理をカードマジックに応用して、新たな現象を生み出しました。フォースは一切必要ありません。観客のカードを2~3枚程度にしても演じることができます。説明書が分かりにくく、マスターするのにちょっと苦労はしましたが。

 菅原 茂さんの最新作「カードはどーか」は、タイトルからして、前から読んでも後ろから読んでも同じ「回文」(かいぶん)となっている所が面白いですね。やはり菅原さんの前作の「ダイスやけに逃げやすいだ」も見事な「回文」となっていました。これもトランプをサイコロに替えた貫通作品でした。穴のあいたサイコロに棒を通し、サイコロを指で軽く回転させ、間違いなく穴があいていることを示します。今度は箱を取り上げて、口を観客の方に向けて示し、普通の木箱であることを証明します。箱の底にも両方に横向きに穴があいています。この箱の底に先ほどの穴のあいたサイコロを落とし入れます。箱の側面の穴から、木の棒を通します。そのまま逆さにしても、当然のことながら、棒に貫かれたサイコロは落ちてきません。しかし、おまじないをかけて指で軽く弾くだけで、サイコロは棒をスルッとすり抜けて箱から抜け出てきます!これぞ、「貫通マジック」を得意とする菅原さんならではのアイディアと、気に入ってよく演じていました。

▲貫通作品をレクチャーする菅原さん

 テンヨーにお勤めの頃から、菅原さんは天才だと思っていました。(株)テンヨー時代から「貫通の菅原」として有名だった菅原さんのレクチャーを、岡山市で受けることができると聞いて、私はすぐに申し込んで出かけて行ったことがあります。会場で次々と繰り出される不思議な貫通作品に、参加者は驚きとため息の連続でした。レクチャー後、氏の作品を片っ端からまとめ買いしたものです。以来、菅原さんの新作が出る度に買い求めています。菅原さんはレクチャーの中で、「自分の作品は、東急ハンズに売っているような普通の材料を使って、みなさんでも簡単に作れるものばかりですよ」とおっしゃっておられましたが、とんでもない!!真似など絶対にできません!今回のものも凄い仕掛けです。♠♣♥♦

▲レクチャー終了後、菅原さんと一緒に岡山で記念撮影

 

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

共通テスト不正行為は被害届

 今年、昨年と、過去二年間に「共通テスト」で行われた不正行為は、次のようなものでした。

【2021年「共通テスト」不正行為】   4件

静岡県では定規を使用、東京都では「マスクを正しく着用すること」という試験監督者の指示に従わなかったこと。また、茨城県ではカンニングペーパーを使用、鳥取県では試験終了後にマークシートを記入した。

【2022年「共通テスト」不正行為】   4件

三重県の会場では、受験生が国語の時間にスマホを股に挟み、必要に応じて参照できる状態で試験を受けていました。開始から約50分たったところで、試験監督が不審な動きに気づいて不正が発覚しました。当の受験生は「分からない問題を調べるためだった。画面がスリープモードにならないように触っていたが、解答するための使用はしていない」などと話したといいます。スマホを調べたところ、外部に問題などを流出させたような記録はありませんでした。過去のセンター試験でも、試験中にスマートフォンを使っていた受験者や、国語の試験中に定規を使っていた受験者が不正行為とされて、全教科の試験結果が無効になってしまったことがありました。スマホに関連した不正行為の認定は、前身の大学入試センター試験を通じて6件目となります。

神奈川県の会場では、英語のリスニング試験の際、開始の合図の前に、試験用のICプレーヤーを作動させる不正がありました。受験生は英語リスニング開始直前に居眠りをしており、目覚めた時にプレーヤーがあったため、既に試験が始まっていると勘違いして操作したといいます。

徳島県の会場では、数学の試験で他人の解答用紙をのぞき込むようなしぐさをして、試験官から1度注意されていた受験生が、その後の理科でも同じように周囲の答案をのぞいていたため、カンニングと認定されたものです。喝です!

◎香川県出身の大阪在住の女子大生が「地理歴史、公民」で、試験時間中にスマホで動画撮影した「世界史B」の試験問題を協力者を通じて東大生に送信し、解答を得ていました。外部からの通報を受け、大学入試センターが警視庁に相談。東京地検は3月末、出頭した女子受験生を偽計業務妨害の非行事実で東京家裁に送致しました。

 さてここからは最新情報です。「大学入学共通テスト」の受験生が試験中に設問画像を外部に流出させた問題を受け、文部科学省は5月20日、今年度に行われる大学入試の実施要項に、試験監督官による巡視を強化するといった不正行為対策案に加え、カンニングなどの不正行為を行えば「警察に被害届を提出する場合がある」と明記する方針を固めました。刑事事件に発展する可能性を示すことで、抑止効果を期待しています。見直し案では、監督者の巡視強化(頻度を増やす)も求めています。受験生の手の位置や目線など、巡視時に注意が必要な観点を試験監督者に十分に周知することも盛り込んでいます。試験会場で監督者の席から見て死角となる場所があるかどうか確認することなどを求めました。今年の共通テストの会場近くで刺傷事件が起きたことを踏まえ、警備員の確保や警察との連携も要請しました。大学の実情に応じて巡視を補助する人員を確保すること、も追加されています。スマホ禁止の徹底や、新たにイヤホンの使用の禁止も盛り込みました。従来は、スマホなどを机上に出し、電源を切るタイミングは受験生まかせでした。来年以降は、試験前に監督者の指示で一斉に机上に出させ、電源を切らせてから、かばんにしまわせることで確実に実行させると言います。各大学の判断で不正行為について警察に被害届を提出する場合があることを受験生に周知するとしました。文科省は「受験生に不正行為を犯すことの影響を自覚してもらうことが重要。実行性があると考えている」としています。今年1月の共通テストでは,東京大学付近で刺傷事件が起きたことから、「受験者等が万が一、不審者や不審物を発見した場合に、その通報を受けられる体制を整えておくこと」も加えられました。

 今までは、不正行為をした場合は、その場で受験の中止と退室を指示され失格となり、それ以後の受験はできなくなり、受験した大学入学共通テストのすべての教科・科目の成績が無効となるだけでした。入試でのカンニングを禁じる法令はないため、刑法の偽計業務妨害などが適用されるとみられます。

 流出事件で使用されたスマートフォンへの対策として、スマホ電波遮断装置の導入も検討されましたが、「共通テスト」の全国の会場(約1万室)に配備すると、毎年約100億円のコストがかかるという、巨額の費用や維持管理の負担がネックとなり、見送られました。不正が発覚した場合、その受験生には翌年度の受験を認めないとする「罰則」の導入も検討しましたが、進学機会を奪いかねないことから、見送ることになりました。文科省はこうした対策を盛り込んだ大学入試の実施要項を6月に公表し、各大学や共通テストを実施する大学入試センターに徹底を求める見通しです。文科省担当者は、「様々な可能性を考慮して不正対策を打ち出した。不正行為を心理的に抑止する効果はあり、実効性はあると考えている」「不正を防ぐため、各試験の実施主体は会場などの状況に応じて具体的な対策を詰めてほしい」と話しました。

 今年1月の一橋大学の外国人留学生向けの入学試験で、数学の問題用紙の画像が試験中にSNSを通じて外部流失していたことが判明しました。問題を流出させたとされる中国人受験生は合格し、同大に入学していました。各大学は個別入試の不正対策に、一層の知恵を絞ることが求められます。 ♥♥♥

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

原敬首相殺害現場

 毎日20万人の乗降客が行き来する巨大駅、東京駅に来ています。東京駅丸の内南口」の切符売り場の近くにある、「原首相遭難現場」です。この場所で、藩閥内閣や政党内閣を作った、19代内閣総理大臣の原敬(はらたかし)首相が、暗殺されました。大正10年11月4日、午後7時20分に、原敬首相は、京都で開かれる政友会京都支部大会におもむくため、丸の内南口の改札口に向かっていたところ、1人の青年が飛び出してきて、東京駅初代駅長の高橋善一の肩をかすめ、いきなり刃わたり5寸の短刀で、原首相の右胸部を深く刺しました。原首相は、その場に倒れ、駅長室で手当てを受けましたが、すでに、絶命(死亡)していました。犯人は、中岡艮一(なかおかこんいち)という人で、原首相の率いる政友会内閣の強引な施策(財閥への利益誘導政策、普通選挙への反対、ロシアによる日本人700を含む住民虐殺事件への対応など)に不満を抱いて凶行におよんだ。と、書いてあります。殺人罪で無期懲役の判決を受けますが、恩赦により1934年には出獄しています。

 東京駅丸の内側の南口の改札外に、原首相が、短刀で刺された現場を示す、小さい「円」の形の目印(マーク)が床にポツリとつけられています。ここは、「原敬首相の終焉の地」でも、ありますね。戦前に、政党政治が弱くなり始めた分岐点の事件。歴史の証人でもあります。

 案内プレートがある壁と、その前にある、さりげなくつけられた円の目印です。丸の内改札の外にあるので、簡単に立ち寄ることができます。人目につきそうな場所にありながら、意外とこのマークの意味が分かる人は少ないと思います。近くに事件の経緯を説明するプレートが設置されています(写真上)。♥♥ 

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

さだまさし『孤悲』

 『存在理由』以来、約2年ぶりのオリジナルアルバムです。シンガー・ソングライターのさだまさし(70歳)さんが、6月1日に発売した新作アルバム『孤悲(こい)』で、新型コロナウイルス禍や、ロシアによるウクライナ侵攻について歌っています。「ここで歌わずにいつ歌うの?と思う。みんなロック魂を失っているとしか言いようがない」穏やかな口調に怒気を込めて、シンガーソングライターの自負をのぞかせています。「僕の歌は時代の標石。何が起きたか、何を感じたかの記録」と語るさださんが、新作にどんな思いを込めたのでしょうか?

▲「孤悲」のレコードジャケット

 前作から約2年ぶり。タイトルは「孤悲(こい)」です。万葉集にある言葉で、「恋」の当て字。 「『孤』は独りぼっちは寂しい、『悲』は心が張り裂けそうだって意味でしょ?ひとりぼっちで寂しいという文字通りの感情をこの二年間皆が経験してきたじゃない。」 いま出すのに、これほどふさわしいタイトルはありませんでした。コロナ禍については、早い段階で1曲発表していました。この新作にも収録した「緊急事態宣言の夜に」という歌です。一昨年、緊急事態宣言が発出された翌々日の4月9日に書き上げ、10日には弾き語りするライブの映像を配信しました。「殴られたら殴り返す感覚というか、いま起きたことを歌にするのが僕らの一番大きな仕事。おかしいと思うことが起きたら声に出さなくてはいけない」 また、自身が創設した基金を使った医療現場支援など直接的な行動も起こしています。その経緯や思いは、『緊急事態宣言の夜に ボクたちの新型コロナ戦記2020』(幻冬舎)という書籍にまとめました。 だが、その後、歌が書けなくなりました。大勢の命が奪われているにもかかわらず、ウイルスへの警戒感を緩めていく社会に戸惑い、迷ったのです。2年近く歌づくりが手につきませんでした。しかし、今年2月、ロシアがウクライナへの軍事侵攻を始めます。「ウクライナで、罪のない民が死んでいく。どうにかならないのかと歌で問いかけなくてはいけない」 コロナ禍も含め、命について歌おう、と3月から猛然と歌づくりに取り組みました。

 今回、さださんが曲作りで初めて撮った手法が、「曲先」「詩先」ならぬ「ドラ先」でした。ドラマーにリズムパターンを10通り以上録音してもらいました。それを聴きながら、どういうギターをかぶせたら、自分の心が動くかを考えながら、曲作りをしました。「ドラムが鳴り、エレキが鳴るサウンドならみんなが流れで聴けて、何度かリピートするうちに『すごいことをと言っているぞ』となる。完全ロックの手口でした。」さださん。古希を迎えたさださんは、これからはこの年齢でなければ書けない恋唄を歌っていきたいと語ります。年を取ってもきれいな花は咲く、この年齢になったからこそ、照れずに堂々とあなたは美しいと言える、この作品にはそんな曲も入っています。「恋や愛というもの正体に肉薄していきたいです」と語るさださんです。

 作っては録音し、録音しては作るを繰り返し、一気に7曲を仕上げました。手元にあった3曲を加え、10曲を収めて新作アルバムをスピード完成させました。 タイトルソングの「孤悲」をはじめ、「抱擁」「緊急事態宣言の夜に」「風を贈ろう」「キーウから遠く離れて」「鷽(うそ)替え」の6曲でコロナ禍やウクライナ侵攻、あるいは東日本大震災の被災地へ寄せる思いを歌っています。

 曲名にウクライナの首都の名前が入った「キーウから遠く離れて」には感銘を受けました。テレビに流れたニュース映像が制作のきっかけとなったと言います。マリウポリに侵攻してきたロシア兵に向かって老婦人が「何をしにきたの!帰りなさい!」と食ってかかっていて、ロシア兵が口籠もっていると、老婦人が「あんたポケットにひまわりの種を入れときなさい。あんたが死んだら私がその花を眺めてやるから」ニュースで見た、その言葉にショックを受けて、この曲が誕生しました。「わたしは君を撃たないけれど  戦車の前に立ち塞がるでしょう ポケット一杯に花の種を詰めて 大きく両手を拡げて  わたしが撃たれても その後にわたしがつづくでしょう そしてその場所には きっと花が咲くでしょう 色とりどりに」と歌っています。「僕は音楽家なので、銃は撃たないと決めてるんですね。じゃあ、銃を撃たない僕が、どうやって大切な人を守れるんだろうって随分考えたんです。方法は一つしか思い浮かばなかったですね。それは“戦争を始めさせない”っていうことしかないと思うんです」と語り、音楽や言葉の力で思いを届けたいと話しました。

 さださんは「あと1マイル」「フレディもしくは三教街―ロシア租界にて―」「防人の詩」「戦友会」「前夜(桃花鳥)」など、折に触れて戦争に関する歌を書いてきました。しかし今回は、戦争を寓話的に歌うのではなく、我が事として歌っています。今、そこに銃口が見えています。「鷽替え」は、参加経験のある福岡太宰府天満宮の厄払い神事「鷽替え・鬼すべ」をテーマにした作品で気に入りました。「替えましょ、替えましょ」の優しいリフレインに、重く垂れ込めた空気が澄んでいくようです。実にさださんらしい曲です。知らずについた嘘を誠心に替え、悲しみを幸いに替えるという神事になぞらえてはいますが、この歌そのものが、コロナやウクライナの問題をすべて幸いに替えて欲しい。という叫びとなっています。そして、明るく希望に満ちた壮大なバラード「歌を歌おう」で締めくくります。これは、歌手のMISIA(ミーシャ)に贈っていた歌です。 一方、それらの合間に、自身の過去と未来に思いをはせた「詩人」「偶成」「OLD ROSE」という3曲を配置しました。 「10月でデビュー50周年を迎えるのですが、いつまで歌っているのだろう? 70歳で現役で突っ走れる人はひと握り。その中に入りたい。もうちょっとやりたいんだという意思表示」と説明します。 しかし、「歌が多くの人に届かない時代になった」とため息もつきます。さらに「僕ね、いまの子供たちに響くとは思わないです、僕の歌が」とも。 では、なぜ歌を作り、歌い続けたいのか? 「歌という石を置き続けなくてはならないからだ」と答えます。 「いま受けなくても良い。僕がいなくなった後、誰かが、こんな歌があったのか、こんな思いがあったのかと発見し、歌ってくれたら。僕の歌は、そのための標石。未来へ向かってさおを投げるようにして歌を作っているのです」

さだ・まさし 昭和27年生まれ、長崎市出身。昭和48年、フォークデュオ、グレープの一員でデビュー。51年からソロ活動。「関白宣言」「北の国から」などヒット曲多数。小説家としても「解夏(げげ)」「風に立つライオン」などを発表。近年は俳優としてテレビドラマでも活躍。平成27年には「風に立つライオン基金」を設立し、被災地支援事業などを行っています。 

 朝ドラに出演したと思ったら、今度はドラマで7月10日夜10時スタートの「石子と羽男」で法律事務所の所長役で、有村架純さんの父親役です。八面六臂の活躍です。負けてはおられません。 ♥♥♥

カテゴリー: 私の好きな芸能人 | コメントをどうぞ

本多式「4分の1」貯金

 今日はみなさんにチョットいいお金の貯め方に関する情報をお知らせしたいと思います。みなさんは「本多静六」(ほんだせいろく、東京大学名誉教授)という人をご存じでしょうか?私は若い頃に、故・渡部昇一先生のエッセイを読んでいて、よく登場したのが本多静六博士でした。博士は、「日比谷公園」「明治神宮の森」など数々の公園を設計した功績から、「国立公園の父」とも呼ばれる日本初の林学博士です。幼少時に父親を亡くし貧乏であったがために、自分の郷里出身の大蔵省の官吏のもとに書生として入りました。そのご主人が、あるときこう言ったんです。「今度、政府は山林学校をつくる。これは授業料がただだ。入って勉強してみてはどうだ?」と。それに本多先生は飛びつきます。別に木に関心があったわけではなく、ただで入れるということで入ったのでした。学校の定員は50人でしたが、本多先生はビリの50番目で入りました。そこを受ける人は中学だとか師範学校から進んでいるんです。本多先生は書生でそういう勉強を一切やっていません。ただ一つ、先生は独学で漢文をたくさん暗記していましたので、作文の点数は良かったんです。当時は、漢字をたくさん使った作文が評価される時代でした。そこで「こいつは数学は全然できないけど、入れてやれ」ということになりました。本多先生が数学でたった一つだけできたのは、ピタゴラスでした。先生は受験するときに、数学が全然解けないと困るだろうといって軍人を紹介され、そこへ習いに行っていました。その軍人は、山の学校なら木を測るような問題が出るのではと考え、ピタゴラスの定理を教えました。それで一題だけできたんだそうです。ところが本多先生は、一学期に落第してしまいます。支援してくれた人に申し訳ないということで自殺しようと井戸に飛び込んだら、たまたま木のふちに腕がひっかかって助かったのでした。その後、先生は死んだ気になって勉強します。幾何の問題が500題あるような問題集を買ってきて、全部解くことを決意します。そうした努力の甲斐あって、全部解いた時には数学が一番できるようになっていたそうです。その学校は後に東大の農学部になりましたが、そこを一番の成績で卒業し、ドイツに留学するのです。

 本多先生は、ドイツ留学でのルヨ・ブレンターノ教授の教えから、勤倹貯蓄を処世訓とし、奈良県・吉野の土倉庄三郎翁の書生をしながら直接林業を学び、林学の基礎を作りその普及に務め、後に日本で最初の林学博士となりました。投資家としても巨万の富を築きますが(40歳あまりで現在の価値で約100億円もの資産を築き上げた)、退官を機に匿名でほぼすべてを教育、公共の関係機関に寄付したことでも知られています。こんな生き方をしてみたいと私が憧れた人物です。また、日々1ページ原稿を書くことを常としたため、370冊を超える著作があります。

▲この本が私の人生を…

 故・渡部昇一先生が、特に推奨された本が、本多静六『私の財産告白』でした(現在は実業之日本社文庫で読むことができます)。若い時にこの本を読んだことが、私の大きな転機となりました。ミュンヘン大学の留学を終えて帰国する本多博士に、ブレンターノ博士は、「お前もよく勉強するが、今後、いままでのような貧乏生活を続けていては仕方がない。いかに学者でもまず優に独立生活ができるだけの財産をこしらえなければ駄目だ。そうしなければ常に金のために自由を制せられ、心にもない屈従を強いられることになる。学者の権威も何もあったものでない。帰朝したらその辺のことからぜひしっかり努力してかかることだよ」と戒められたそうです。

 全く財産もなく貧乏な生活から抜け出せなかった本多博士は、貧乏に強いられてやむを得ず生活を切りつめるのではなく、貧乏をこちらから進んでやっつけなければ貧乏は征服できないと考えました。自発的、積極的に勤倹貯蓄を努めて、逆に貧乏を圧倒するのでなければならないと考えたのです。そこで断固決意して実行に移ったのが、本多式「四分の一天引き貯金法」でした。苦しい苦しいで普通の生活を続けて、それでもいくらか残ったら……と望みをかけていたくらいでは、金輪際余裕の出てくるはずもありません。貧乏脱出にそんな手ぬるいことでは到底ダメです。いくらでもいい、収入があったとき、容赦なくまずその4分の1を天引きして貯金してしまう。そうして、その余りの4分の3で生活を押し通すのです。あらゆる通常収入は、それが入った時に、天引き4分の1を貯金してしまいます。さらに臨時収入は全部貯金して、通常収入増加の基に繰り込むのです。方程式にすると次のようになります。

  貯金 = 通常収入×(4分の1)+ 臨時収入×(10分の10)

通常収入に4分の1という「手かせと足かせ」をはめて、残りの4分の3で暮らすのは「はじめから4分の3のお金で暮らすのだと思えば、苦しくも何ともない」という腹決めをすることです。頭から使えるお金はこれだけだと考えて、腹を決めて生活をする。実際、天引きしないで倹約して残ったお金を貯めようとしても、お金というのは残らないものなんです。

 例えば、月収が手取りで30万円、ボーナスが年二回合計60万円だとして計算してみましょう。月収の4分の1である7.5万円、年単位では90万円、ボーナス全額60万円を加えた150万円というのが1年間の貯金額となります。これを30歳から定年退職する60歳まで続けると、30年間たとえ無利子だったとしても、もう4,500万円ものお金が貯まっています。まさに「継続は力」でしょ?

 私はこの薄~い本を読むことで、大きな転機を迎えました。私が真似たのは、決まった月給は、3分の1を貯金して、残りの3分の2で生活する。印税・著作収入・賞与などの臨時収入分は全額貯金に繰り込む、というやり方でした。決して楽な生活ではありませんでしたが、何十年と続けてきました。小さい頃は貧乏で、何の財産もありませんでしたが、人よりチョットだけ英語を勉強し続けた結果、思わぬ収入も入るようになり、それを全てこの本多式で貯金してきました。本多先生は、貯まったお金を投資に回して、さらにそれを増やして億万長者に成られましたが(①好景気時は勤倹貯蓄に徹し、不景気時に積極果敢に投資、②2割食い、③10割益半分手放し、の本多式「3原則」に従い)、私は投資は一切していません。退職してからは、銀行員の教え子の勧め(脅し?〔笑〕)で退職金を全部運用してもらっていますが、残念ながら利益は上がっていません〔笑〕。それでも全くの無一文から、松江北高近くの一等地に土地を購入して、書庫とお風呂の充実した自宅を建てることができたのも、趣味のマジックにも5,000万円以上のお金を充てて楽しむことができ、一流のお店でしか味わえない美味しい料理を食べたり、全国各地にふらーっと気ままに旅をして、その土地の最高のホテル(旅館)に泊まってくつろぐことができるのも、全てこの「本多式貯蓄法」のおかげだと感謝しています。ぜひ上の本多博士の著書を読まれることをお薦めしています。他にも沢山の著書がありますが、そのエッセンスだけをまとめた本『本多静六 人生を豊かにする言葉』(イーストプレス、2006年)も出ています。♥♥♥

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

研究会迫る!

◎研究会土曜日に迫る!!

▲前回2月のZOOM講演(東京より)

 いよいよ研究会が迫ってきました。(株)ラーンズよりご案内がいっていると思いますが、今週の土曜日に、ZOOMによる「共通テスト」の振り返り講演会を行います。先生方から事前にたくさんのご質問をお寄せいただいておりますので、できる限りそれに応える形で進めていきたいと思っているところです。具体的にどんな授業をやっておられるのか、という要望が多くありましたので、「それでも英語は絶対に裏切らない!」と題して、日頃私が心がけていることを、できる限り具体的にご紹介してみたいと思います。今年の「共通テスト」は、中でも第4問第5問が非常に難しく、取り組みにくかったと聞いております。今回の講演をお申し込みいただいた先生方には、「参加特典」として、この「第5問の解き方」という私の資料をプレゼントさせていただきます。第5問のご指導をなさる際に、きっと役立つ情報が詰まった資料です。また参考になる資料・参考書も紹介して欲しいというご要望もございましたので、この資料ならびに講演内でご紹介しております。できる限り、日頃の先生方の授業に役に立つ情報をお届けしたいと思っておりますので、まだお申し込みでない先生方は、どうぞご参加ください。 

▲プレゼント資料の決定版「第5問の解き方」を作成中

 なお当日ご都合の悪い先生方は、「録画」でもご覧いただくことができます。ラーンズのホームページの「研究会情報」または下のURLより、「録画」でお申し込みください。


2023大学入学共通テストに求められるチカラとは ~大学入学共通テストの振り返りと指導事例のご講演~

■講師  島根県立松江北高等学校・鳥取県立米子東高等学校「勝田ケ丘志学館」
          八幡 成人

■日時  2022年6月25日(土) 15:30~17:10

■配信視聴可能期間(予定) 2022年6月29日(水)~7月18日(月)

■対象 全国の高等学校・中高一貫校(中等教育学校)の先生

■開催形式  ZoomでのLIVE配信、動画視聴  ※申し込みフォームよりご選択

■定員    500名

■参加費   無料

■締切    2022年6月25日(土)15:30
            ※定員に達し次第、受付終了。


★プレゼント特典   八幡成人(編)「第5問の解き方」

 たくさんの先生方のご参加をお待ちしております。♥♥♥

★お申し込みはコチラからできます(録画申し込みもコチラよりお願いします)

カテゴリー: 英語指導に関して | コメントをどうぞ

「ガンバリウス」

◎週末はグルメ情報!!今週はビアレストラン

 志学館の授業が終わってから、山根館長さんに大山にある「ガンバリウス」に連れて行ってもらいました。生田事務長さん、依藤元米子東高校校長(私の大学時代の後輩)も一緒です。国立公園大山のふもと標高300m、欧風レンガを基調とした威風堂々としたビアレストランが迎えてくれました。大山の源水を使用して醸造した地ビール「大山Gビール」、ソーセージ、スペアリブなど、ビールによく合う料理、釜焼きピッツァ、パスタ、オリジナルカレーなど、大人から子どもまで満足できる料理を楽しむことができます。あの安倍元総理も、ふるさと納税効果の視察に訪れ、所信表明演説で、大山Gビールについて言及しました。醸造している大山Gビールが、納税者への特典品として好評をいただいているため、視察先に選ばれたのです。首相は社長と醸造長説明のもと、ビール仕込み釜などを見学。またレストランでは、同じく納税者に人気の大山ハムがぶりこスイカなどを実食され、「政府として、地域の特産品をPRする施策を考えたい」と意欲を示されました。今年で創業25周年を迎えるビアレストランです。

 この日は、海側のビュースポット窓際席を予約してもらって、大山の夕日を眺めることができ、壮大な夕暮れを眺めながら語り合う素敵なディナータイムでした。飲めない私は、ひたすら食べまくりました。中でも、豆腐のサラダ、4種類のソーセージの盛り合わせは最高の味で気に入りました。地元、伯耆町で60年以上の歴史を持つ、老舗豆腐屋さんの「井上食品(井上豆腐店)」が作った豆腐を使っていて、絹ごしですがシッカリとしていて食べ応えがあります。私の好きな大山ハムのソーセージが使われています。フランクフルターやポチキウィンナーなどの盛り合わせ、地元ならではのフレッシュ感があって、どれも美味しくいただくことができました。2種類のピザも美味しかった。最後はパスタでシメ。しかも信じられないくらいに安いんです!満足の1日でした。また行きたいと思っています。山根館長、ありがとうございます。♥♥♥

 

 

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

歩けるようになった!

 先日松江駅で突如として歩けなくなり、その場にへたり込んでいたというお話をしました。⇒詳しくはコチラです  何回か整形外科に通い、だいぶん痛みを和らげてもらいましたが、まだ痛い。私の机のある北高の英語研究室から補習科までは、果てから果てで、相当長い距離を歩かねばなりません。痛む足を引きずりながら、途中でふうーっと休憩を入れながら、たどり着くといった具合です。米子の場合は松江駅でもかなり歩き、米子駅に電車の着く4番ホームを降りて、境線の0番ホームまで、これが長い距離なんです。昨年までは電車は1番ホームに着いていたので、チョット歩けば0番ホームでした。今年3月の時刻表改定で変更になったのです。これは辛い。これも米子駅の果てから果てです。何とか博労町駅に着いてから、米子東高までもかなりの距離があります。それでも生徒達には「1時間の授業を大切に!」と口を酸っぱくして言っている手前、意地でも穴を開ける訳にはいきません。何とかたどり着き、授業中も痛む足をひきずりながらホワイトボードを往き来していました。私は17年間北高にいますが、穴を開けて休んだのは、心臓の手術をして入院した5日間だけです。これは私の自慢でもあるんです。一切休みません。出張の時も必ず振り替えてもらって授業をします(最近の先生方は平気で自習にします。私の北高時代では考えられないことです)。足の痛みは日に日にひどくなり、もう我慢の限界です。

 もう一度「だて整形外科」にかけ込みました。この痛みを何とかして欲しいと訴えます。何枚か腰と股関節のレントゲンを再び撮ってもらい、診察を受けました。写真では、腰の骨の1本がずれて小さく突起状になっており、それが神経を刺激して痛みにつながっているとのことでした。何とか痛みを止めてもらうことはできませんかとお願いしたところ、注射をしましょう、ということで、お尻に太い注射を2本打たれました。痛み止めと胃薬をもらって帰って、ずっと横になって寝ていました。するとどうでしょう。翌日起きたら、痛くありません。普通に歩けます(ひねったり変な動きをするとまだ痛みますが)。ありがたい!これで普通に生活できます。普通に歩けることのありがたみをこれほど感じたことはありませんでした。たくさん抱えている仕事も何とかこれでこなすことができます。今は歩けることの喜びをかみしめながら、感謝の気持ちで毎日を送っています。今私は全部で13種類の薬を毎日飲みながら、生活をしています。どれがどれだったか忘れてしまうこともあります。さあ、今日も朝から病院の検査です。結果が良ければいいなあ~。♥♥♥

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

「バックドラフト」

 テーマパーク・USJのアトラクションの中でも定番である「バックドラフト」カート・ラッセル主演の映画「バックドラフト」の世界観を体験することができるアトラクションです(この映画、消防士の熾烈な生き様を描いた傑作で大好きな映画です)。映画のセット、映画撮影の様子、そして本物の炎を間近で見ることができます。「バックドラフト」は、USJサンフランシスコ・エリアにある屋内型のアトラクションです。ウォーク・スルー型のアトラクションなので、乗り物には乗りません。ゲストは3つの部屋を順番に歩いて見学する、という流れです。定員は240名(車椅子・電動車いすスペース5台)です。ただ、一気に240名が入るわけではなく、3つの部屋がそれぞれ稼働していますので、約80名ずつが移動して行きます。前の部屋のゲストが次の部屋への移動が終了してから、その部屋に入る、という流れです。USJのアトラクションのなかでは、比較的待ち時間は短めです。1日の平均待ち時間は、平日でだいたい30~40分程度。土日や祝日などはプラス10~20分程度です。今日は「待ち時間30分」とありました。その他もろもろの注意事項が英語で書いてあって(写真下)、「心臓疾患のある人はご遠慮ください」とありましたが、ここまで来て後には引けません〔笑〕。

 気密性の高い部屋で火災が起こった時には、一時的に火災が鎮火したような状態になります。しかし、これは空気不足で一見鎮火したようになるだけであって、そのような部屋の扉を開けてしまうと、新鮮な空気(酸素)が入り込んで大爆発を起こしてしまう、これがバックドラフト現象」です。実際の火災現場でもよく起こっている実在する現象です。以前に映画でも見ましたが、それはものすごい爆発と炎です。

 アトラクション内に入ると、まずはベビーカー置き場がある建物内へ。消防署の中のような作りになっていて、消火に使うホースやヘルメット、消防士が着る防火服などが飾られています。そこを通り過ぎると待ち列(写真下)になります。天井から吊り下げられたテレビモニターを見ながら待ちますが、待ち列は屋外になっています(多くは日陰)。そして、中に入りますがウォーク・スルー型のアトラクションなので、最初から最後まで立ち見です。それぞれの部屋へ歩いて移動し、立って見学します。アトラクションの入り口から中に入ると、最初の部屋に入る前から、3つのレーンに分けられています。扉が開いてレーンを進んでいくと、常に右手側にセットがあります。なので、進行方向に向かって右側が最前列になります。一度レーンに並んでしまうと、最後までレーンの変更はできず、出口まで同じレーンを進んでいくことになるので注意が必要です。2列目以降のレーンは前の列より一段高くなっていますので、見にくくなる訳ではありません。ただやはり、迫力ある炎を間近で体験できるのは最前列ですね。

 第1シーンの部屋では、スクリーンにロン・ハワード監督が登場して、「バックドラフト現象」の説明や、映画(1991年公開)撮影の秘話を語っていきます。主演のカート・ラッセルを含め、映画に関わったキャストさん達が映像で登場します。撮影現場での苦労話なども聞くことができ、映画に興味を持つことができます。そして、次の第2シーンの部屋へ案内されます。撮影リハーサル現場を見学する設定で、映画で駆使された特殊効果についての理解が深まります。主演のカート・ラッセルらが実際の撮影風景を体験させてくれるのです。映画撮影ってこういう風にしてるんだな、という事も分かります。「火は生き物だ!」。そしていよいよ最後メインの第3シーンの部屋へ。最後の部屋で本物の炎を使って、映画の大火災を再現したシーンを体験できます。化学薬品工場で火災が発生します。最初は小さかった火が、まるで生きているかのように一気に燃え広がっている様子は、炎の猛威を体感でき圧巻です。40種を超える特殊効果を駆使して、火災現場をダイナミックに再現しています。耳をつんざくような爆発音や、最高1100度に達する熱風もすさまじい迫力です。ここに来るまでに水に濡れたアトラクションの洋服も、一気に乾きそうな熱風ですね。 

 最初のうちは、小さい火が煙とともにくすぶっている感じなのですが、徐々に大きくなってきて、ドラム缶が大爆発!炎の熱気も間近で感じることができ、炎の形、動き方など、いろいろな種類がある事が分かります。徐々に大きくなってくる大迫力の炎や爆発に、思わず恐怖で足がすくみそうになり、火事の怖さを思い知ります。そして気がつけば、辺り一面が火の海です。炎の迫力に気を取られていると、最後の最後でビルの鉄骨が倒れかかってきます。本物の炎が間近に迫ってきたり、耳をつんざくようなすさまじい爆発音がします。目の前で建物が炎で包まれていてすごい熱気なんですが、近づいても「なぜかそこまで熱くない」と思ったのは、舞台とウォークスルーの間に、エアーカーテンが設置されているからでした。♥♥♥

 

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

東京駅丸の内駅舎

 高層ビルが建ち並ぶオフィス街に、長さ330m、鳥が羽を伸ばしたようなシンメトリーで重厚な赤レンガの建物がひときわ目立ちます。1908年(明治41年)に着工し、1914年(大正3年)竣工の姿を今に残す「東京駅丸の内駅舎」です。国の重要文化財にも指定された(旧大社駅門司駅の三つのみ)華麗で堂々とした建物は、時代を超えて多くの人々を魅了してきました。 

 東京駅の顔であり、今や観光スポットとなっている「丸の内駅舎」は、1914年に創建され、一度、東京大空襲で被害に遭いましたが、その後の戦災復興工事が1945~1947年に行われました。その60年後、創建当時の姿に戻すための保存・復原工事が2007~2012年に行われ、現在は創建当時の姿に復原されています。1914年創建時の丸の内駅舎の設計者は「近代建築の父」といわれる辰野金吾(たつのきんご)氏であり、日本銀行などを手がけた建築家です。鹿鳴館ニコライ堂などを手がけたジョサイア・コンドル氏の弟子になります。復原する3階部分の躯体は鉄筋コンクリートで作り、外壁には化粧レンガを貼っています。2階以下は既存の構造レンガと、外壁の化粧レンガ等、創建時の意匠材料が大切に保存されました。

 改札を出て天井を見上げてみましょう。圧巻のドーム天井がお出迎えしてくれます。黄色を中心に明るい色使いが印象的な八角形の天井が目に飛び込んできます。クリーム色の天井には、細かな意匠が施されています。そこには躍動感溢れる鷲や8つの干支のレリーフなど、細部に渡って見事に復元されています。ドーム下の八角コーナーには、左を向く8羽の勇猛な鷲が取り付けられています。両翼を広げた約2.1mの大鷲は細部に渡り躍動感にあふれています。ドーム内の8カ所のコーナーに、その干支の方位に従って12支のうち8干の彫刻が配置されています(残り4支は省略)。

 道路を挟んで真向かいにあるKITTEの6階屋上庭園 「KITTEガーデン」 に上がると、この東京駅を見下ろすことができます。おそらくここからの構図は東京駅の写真を撮るにあたって、最も有名な構図でしょう。東京駅の横顔と、オフィス街を間近に見ることができます。夜景も最高だと聞きました。

 もう一つ、東京駅丸の内駅舎で忘れてはならないことは、松江北高の卒業生で英語を教えていた箆津杏奈(のつあんな)さんが、この丸の内駅前広場工事の現場監督として、この仕事を完成させたことです。彼女は松江北高から鳥取大学工学部に進み、同大学院を卒業後、鹿島建設に入社しました。そして早速入社一年目にこの工事の現場監督に抜擢され、苦労しながら大工事に取り組み完成させました。彼女が就職前に北高に訪ねてきてくれたときのことを、今でもはっきりと覚えています。まだ若い彼女の奮闘ぶりが、『日本経済新聞』2017年2月25日付の第一面にデカデカと載った日には、ビックリしたことでした(写真下)。「まだまだ未熟で悔しい思いをする毎日ですので、日々の経験を大事にして、記事に負けない実力をつけます!」と彼女からメールをもらい、応援したいと思ったものです。実際に広場を見て、見事な完成度に感銘を受けました。いい仕事をしましたね。

 鹿島建設のホームページにも、この工事の全貌が詳しく記されています。苦労も多かったことでしょう。この記事の最後の方に箆津さんも写真入りで登場して、苦労を語っています。しっかり見てきましたよ。頑張れ、箆津杏奈さん!!♥♥♥

▲箆津杏奈さんと

 

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

「ひろしまの丘」

 世界文化遺産「原爆ドーム」のお隣にある、私のお気に入りの場所「おりづるタワー」(広島市中区、2016年オープン)。その屋上階の展望スペース「ひろしまの丘」に腰掛けて、広島の街並みを見渡すのが、私の一番のリラックスタイムなんです。「ひろしまの丘」という名前の通り、フロアは丘のような勾配があり、心地よい風が下から吹き上げて通っていきます。実に素晴らしい。

 屋上展望台は周囲がメッシュで覆われたウッドデッキの展望スペースで、風がそのまま通り抜ける設計となっています。「今」の広島の音や匂いをありのまま感じながら、平和記念公園・原爆ドーム、晴れた日には宮島の弥山(みせん)まで、広島の2つの世界遺産を同時に望むことのできるスポットです。また、テイクアウト専用のカフェも常設しています。屋上展望台のゆるやかな丘の上で、軽食やドリンクとともに、広島市内の景色を眺めながら、ゆったりとくつろぐことができます。展望台に向かう最後の階段をのぼっていきます。

 現在、「2045 NINE HOPES」が企画されています。1階から屋上展望台まで続く9層のらせん状スロープの壁に、戦後100年広島の願いの巨大壁画が描かれています。壁面一層ごとに、縦約4メートル、横約24メートルの巨大キャンバスに見立て、広島ゆかりの20~90代のアーティスト9人が、戦後100年の世界に何を望むのか、後世に残したい「2045年への願い」を、それぞれが描きました。

 すると見えてくる大パノラマ!平和記念公園原爆ドーム旧広島市民球場など300度くらいでしょうか?ぐるりとパノラマビューが広がります。「今」の広島の音や匂いをありのままに感じながら、晴れた日には宮島の弥山まで見ることが出来ます。

 「ひろしまの丘」という名の通り、フロアは丘のような勾配があり 心地よい風が下から吹き上げて通っていきます。部分的にスロープや階段状になっているため、好きな場所に座って、まったりと風景を楽しむことが出来ます。

 この床と柱はヒノキ、天井ははスギを使用しているため、湿度の高い雨の日などにはその香りも感じられるのだとか。草木も生えぬ不毛の地になるといわれた広島の街でしたが、美しい緑と川を抱く美しい街へと復興した風景が広がっており、眩しく感じます。この街に慣れ親しんだ地元民でも、きっと新鮮な気持ちで眺められるんじゃないでしょうか。その眺めの中には過去の悲しみと未来への希望があり、奥から熱いものがこみ上げてくる、そんな感覚もありました。優しい木の香りの中で風を感じながら、「丘」に腰かけて何時間でも居られそうです。

 夕方、日の入りの時刻の景色(マジックアワー)が最高です。マジックアワーとは、日の入りの前後に太陽が傾き、空の色が変化する時間帯の総称で、一日の間でほんのわずかな時間しか見られません。ゴールデンアワーブルーアワーと呼ばれる2種類の時間帯に分かれ、どちらも薄明といわれる時間帯に見られます。日によって雲の量や形に違いがあり、空の染まり方も、オレンジ、赤、ピンク、藍色とさまざまです。その日の空が何色に染まるのか、マジックアワーは気まぐれそのものです。またそこに楽しみが生まれます。

 現在、展望台では、「ROOF TOP BAR 2022」がオープンしており、喧騒から離れた場所で、上質なお酒やおしゃれなオリジナルカクテルを楽しみながら、広島の夜景を眺めながら、穏やかなひとときを過ごすことができますよ。♥♥♥

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

縁雫アンブレラスカイ

 梅雨を間近に控えた山陰地方。 松江市では雨のシーズンを楽しむ恒例のイベントが始まりました。 降り注ぐ雨の雫を良縁に恵まれる“縁雫”(えにしずく)と呼び、“雨の似合うまち”をPRしている松江市。 毎年、松江市観光協会では、梅雨の時季を“縁雫期間”とし、観光キャンペーンを行っています。松江市・殿町の「カラコロ工房」では、6月1日から216本のカラフルなビニール傘を天井に吊り下げて飾る「縁雫アンブレラスカイ」が始まりました。これは2018年から毎年、梅雨の時期に合わせて取り組んでいます。今年のテーマは「SMILE &PEACE」(笑顔と平和)。コロナ禍に加え、緊迫する国際情勢が1日でも早く収束するようにとの願いが込められています。黒色の傘を使ってスマイリーマークが描かれいます。昨年度とは違ったデザインで、今年は初めて傘を組み合わせたアンブレラボールも登場しています。青いのは地球を表しているんでしょうね。

 じめじめした梅雨空を晴れやかな気持ちで過ごしてもらおうと企画されたこのイベントは今年で5年目を迎えます。 「毎年来てるんですけどいいと思います。やっぱり気分も明るくなりますね。いいですね。」「スナップが私、好きなんで。これ(アンブレラスカイ)が主体で、あとは子ども、親子連れ、おばあさんと合わせてて撮ったらいいと思います。」 などの感想が聞かれました。また、雨が降った日は市内の一部の施設で、入館料の割引やプレゼント企画などを行うなど、梅雨時の松江観光を盛り上げています。松江に降る雨はご縁を運ぶ「縁雫」。色とりどりの傘が天井を覆う「縁雫アンブレラスカイ」です。

 梅雨のじめじめした空気を吹き飛ばす、鮮やかな傘のアートをお楽しみください。開催期間は、6月1日から7月31日までです。朝の9時半から夕方6時半までやっています。❤❤❤

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

「燕京」が潰れた!

 松江に「燕京」(えんきょう)という創業53年になる老舗の中華料理屋さんがあるんです。お座敷席もあり、コース料理もありで、宴会など大人数でも対応でき、価格も比較的リーズナブル。ファミリーからお一人様まで行きやすい中華屋さんです。松江の中華料理店の中では「桃仙閣」(とうせんかく)とならぶ老舗中の老舗です。1階は少人数のテーブル席主体で、円卓も一つあります。2階が座敷になっています。松江イオンの前にあります。

 私が松江南高校に勤めている時代は、日曜日に、母とよくイオン(当時はサティ)で買い物をした後で、ここでランチを食べて、前のタクシー乗り場でタクシーを拾って家に帰った思い出があります。母はここの「チャンポン」をいたく気に入っていました。松江北高に帰ってきてからも、よくお邪魔したお店です。素朴だけれど美味しく、温かいお店でした。北高でも、教科や分掌でも二階の座敷をよく利用して、コース料理を1週間に3回も食べに来たことがあります。久しぶりに今日は「燕京」に行ってみようとやってきたら、お店が閉店していました。コロナの影響でお客さんが減ったために閉店の運びとなった、という貼り紙がドアに貼ってありました。コロナの影響で潰れたお店は松江に数多くありますが、こういった老舗にまで大きな影響を及ぼしているのだと実感しました。実に残念です。

 ここで最後に食べたのは、昨年のことでしたっけ。「麻婆豆腐定食」、これで1050円!?すごいボリュームです。メインディッシュに加え、天ぷら、餃子、スープ、漬物、ライス、デザートまで!天ぷらは海老2匹に、ピーマン、春巻きで、しかも揚げ立てで、衣がサクサク!!全然油っこくなくて、とっても美味!餃子も、イイ焼き加減で、肉の旨みもしっかり感じられ、素直に美味しい。麻婆豆腐はお皿で供されるので、ちょっと温度が低くなってますね。木綿豆腐、椎茸、グリーンピース、ねぎ、所々に唐辛子の切片も認められます。グリーンピースが入っているのはなかなか珍しいのかな。山椒はかかっておらず、豆鼓、葉ニンニクもみられないようです。豆腐は木綿で、しっかりめで比較的原型を保ち、もりもりと存在しています。粘り気でしっとりとして、麻婆豆腐のスタンダード的な佇まいを見せています。さて,食べてみますと,おやおや?見た目よりは辛くありませんね。そのかわり、味噌風の味わいをしっかり感じます。木綿豆腐がぷるぷるとして、口の中で踊ります。グリーンピースも口の中で意外に邪魔はしません。

 燕京が無くなった今、中華料理を食べるには、「桃仙閣」(とうせんかく)&「ジャスミン」爸爸厨房(ぱぱちゅうぼう)の二つだけになってしまいました。♥♥♥

カテゴリー: グルメ | コメントをどうぞ

「月ヶ瀬」のぜんざい

◎週末はグルメ情報!!今週はぜんざい

 島根県の観光地出雲大社・松江では、ぜんざいがご当地の名物スイーツになっています。出雲大社の周辺では、美味しいぜんざいが食べられるお店が揃っています。

 私の住む松江では、やはり何と言っても「月ヶ瀬」のぜんざいですね。この老舗はお団子・あごだしラーメン(⇒コチラに私の紹介記事が)だけでなく、ぜんざいも有名なんです。旧暦10月、全国の神様たちが会議のために出雲に集まってきます。そのことから、10月は「神無月(かんなづき)」(=神様がいない月)と呼ばれています。しかし出雲では、神様がたくさんいらっしゃるために「神在月(かみありづき)」と呼ばれているんです。旧暦10月の「神在月」では、「神在祭(かみありさい)」が執り行われます。そのお祭りでふるまわれたのが、「神在餅(じんざいもち)」というぜんざいなんです。「じんざい」が出雲弁でなまって、「じんざい」→「ずんざい」→「ぜんざい」となっていったんです。なるほどね。


 無性に「ぜんざい」(660円)が食べたくなって、「月ヶ瀬」に行ってきました。大きな柔らかいお餅が2個入っています。甘さも甘すぎず、いい感じのぜんざいです。昔母がよく作ってくれたぜんざいの味を思い出します。「山椒の実」が添えられていて、ぴりりとした山椒が、お口直しにぴったりです。疲れている時にはホッとします。ごちそうさまでした!♥♥♥

カテゴリー: グルメ | コメントをどうぞ

『人生の経営』

 ソニーの経営トップを10年にわたり務めた出井伸之(いでいのぶゆき)さんがお亡くなりになりました(84歳)。デジタルや通信分野を推進するとともに、映画や音楽、ゲーム機などエンターテインメント分野にも力を入れ、現在のソニーの基礎を作りました。インターネットがもたらすインパクトをいち早く予見し、デジタル化を推進した先見性は見事でした。しかしキャリア終盤には、家電事業部門の業績不振の責任を問われ、退任しました。「プレイステーション」、パソコンの「VAIO(バイオ)」、犬型ロボット「AIBO(アイボ)」はヒット作となりました。出井さんの経営で印象的なのは、ソニーというブランドの確立でした。常にカッコよさを求め、ソニーらしさとは何かを考えていました。これはかつての日本の製造業では見られなかった視点です。

 「上席役員14人を飛び越えて社長に就任!」と騒がれたソニーの初のサラリーマン元社長・出井伸之さんの最新刊が、『人生の経営』(小学館新書、2022年4月)です。いまや1兆円企業となったソニーの変革を主導した元CEO・出井伸之さんによる、初のキャリア指南書でしたが、これが遺作となりました。84歳にしてベンチャー企業「クオンタムリープ」を率いる現役経営者である出井さんは、「人生の経営」についてこう説きます。「自分の人生は会社のためだけにあるわけではありません。自分はどうありたいか、どういう人生を歩みたいかを決めるのは自分自身です。つまり、自分の人生を“経営”するのは自分なのです。」そう、「人生のCEO(最高経営責任者)はあなた自身」なのです。その上で出井さんは、どのように人生を経営していくか、出井流指針を示しておられます。「定年という考え方をやめる」「社内転職に挑戦する」「左遷だって糧にする」「キャリアを生かせる場所を探す」「地方やベンチャー、アジアに目を向ける」など、出井さんがソニーで学び、自ら切り開いてきた、会社にも定年にも縛られない生き方から、大きなヒントを得ることができます。

 出井伸之さんは、ソニーCEOを退任した後、69歳で新たなベンチャー企業「クオンタムリープ」を立ち上げました。財界活動に精を出したり、顧問や相談役といった肩書きで会社に残る経営者が多い中、なぜ新たな挑戦をしたのでしょうか?それこそ、「人生のCEOは自分である」という出井さんの信念によるものでしょう。84歳になった今も、現役経営者としてアクティブに活動し続けられる出井さんの姿勢や言葉から、多くのビジネスマンが勇気をもらうことでしょう。もう一度、次の言葉をかみしめてみましょう。 

 さらに、出井さんの歴史に関する言葉には、まさにその通りだな、と感銘を受けました。♥♥♥

 僕は最近、企業で働く人々がグローバル化に対応していくためには「歴史を知る」ことが重要ではないかと、痛切に感じています。必要最低限の条件と言い換えてもいいかもしれません。石器時代から日本の歴史を勉強し直すのは大変ですが、少なくとも直近の歴史だけは知っておくべきです。歴史という軸を持たないと、現在我々がどこにいるのか、どこに進んでいけばいいのかわからなくなってしまうからです。(p.112)

 若い人たちには歴史を学んでほしいと思います。今、自分たちはどこに立っているのかを歴史の中での日本という視点が欠けていますし、現代史をきちんと教えていません。(p.139)

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

「人生は50メートル走」

 成功する経営者の特徴として、私の尊敬する経営コンサルタントの小宮一慶(こみやかずよし)さんは、かつて以下の5つを挙げておられました。


《成功する経営者の5つの特徴》
1.「せっかち」であること
2.「人を心から褒められること」
3.「他人のことでも、自分のことと同じように考えられる」
4.「優しくて厳しい」
5.「素直さ」

 今日ご紹介する「人生は50m走」の話は、1.「せっかち」であることの項目において語られています(戦前の大阪師範学校の教師で、将来教員になるべき若者たちに対するアドバイスが書かれた、森信三『修身教授録』(致知出版)で学ばれたようです)。長い人生はよくマラソンに例えられます。確かに人生は長丁場で、苦しいマラソンのようです。しかし、それを頭からマラソンだと思っていると、先は長いなと感じて、「今日はまあいいか」「明日にしておくか」「今日はしんどいから、これは明日にしよう」という甘えた気持ちが湧いてきてしまいます。人間は弱い存在ですから、何でもかんでも後回しにしてしまいがちです。それを戒める意味でも「人生は50m走」なんでしょう。何かをやると決めた時には、50メートル走だと思って全力を出さなければ、実力は上がりません。

 この話を読んだとき、人生を「長距離走」ではなく、「短距離走の積み重ね」として捉えているのはとても面白い視点だと思いました。経営者はゴールに到達するため、自分に甘えることなく、前倒しにして行動することを心がけなければならない、行動を前倒しすることで様々なチャンスをつかみやすくなります。さらに、目標は「いつまでに達成する」というように期限を設けるものですから、前倒しで行動することで、成果も早くあがります。ゴールまでの道のりを細分化して、小さなゴールをたくさん作ることも目標達成のためには重要です。仕事のToDoリストを細かく設定して終わらせていくように、小さな達成感を得ることはモチベーションの継続に欠かせません。短く区切り、ダッシュで前倒しする点から、「短距離走の積み重ね」で表しているんですね。この50m走のたとえ話は目標達成のプロセスを鋭く捉えていると感じます。毎日を全力で走り続けろという風に聞こえるかも知れませんが、何事も先延ばしにせずに、やれることは今日中にやろうとする意識を持って行動しようということです。英語の有名な諺にも、Don’t put off till tomorrow what you can do today.(今日できることは明日に延ばすな)というのがありますね。つい誘惑に負けて先延ばししたくなりますが、目標達成のため、毎日コツコツと全力疾走していきましょう。(ちなみにフルマラソンは42.195kmなので、50m走を844回すれば目標達成です!)♥♥♥

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

足立美術館19年連続日本一に!

 横山大観(120点所蔵)らの近代日本画コレクションで知られる「足立美術館」(島根県安来市、入館料2,300円)が、米国の日本庭園専門誌「ジャーナル・オブ・ジャパニーズ・ガーデニング」の2021年の日本庭園ランキングで1位に選ばれました。2003年のランキング開始から19年連続の快挙です。19年ですよ!国内外の専門家が、日本にある約1,000カ所の庭園を、庭園の質、建物との調和、利用者へのホスピタリティなどを基準に総合評価したものです。2位は桂離宮(京都市)、3位は山本亭(東京・葛飾)、4位は皆美館(松江市)、5位は御所西・京都平安ホテル(京都市)でした。例年の発表は1月頃ですが、今年はコロナ禍の影響で遅れたようです。

 背後の山を「借景」に、人工の滝を組み込んだ庭園は自然と技術の融和が特徴です。19年連続日本一を支えるのは、創設者、足立全康(あだちぜんこう)氏(1899~1990年)の「庭園もまた一幅の絵画である」という信念だといいます。借景の山々を含めた庭園の総面積が約16万5千平方メートルを誇る「足立美術館」は、JR安来駅からバスで約20分の郊外にあります(無料のシャトルバスあり)。 「日本一に選ばれるために庭園を管理しているわけではありませんが、記録が途絶えずほっとしました」と、同館広報係長の菅野綾夏(かんのあやか)さんは言います。彼女は松江北高で私が担任した教え子です。教え子が立派になったのを見るのは嬉しいものです。私はちょっと疲れると、ここへ来て、椅子に座り庭園をボーッと眺めながら心を癒やすのが習慣になっています。

  同館の日本庭園は、昭和43年に地元の実業家、足立全康氏が造園に着手しました。当初は著名な造園家に設計を依頼していたものの、「自分の理想の庭園をつくりたい」と、後に自ら庭師を指揮。約15年をかけ、現在の庭園の基本形を作り上げたのです。枯山水庭や苔(こけ)庭、白砂青松庭、横山大観の絵をイメージした人工の滝「亀鶴の滝」などで構成されます。 「足立美術館」には、美術館としては珍しく庭園部が置かれ、専属の庭師8人が在籍しています。「開館前は落ち葉一つも残さない。全康さんの、一つ一つの積み重ねが大事だという言葉を守っている」 と庭園部長の小林伸彦さん。同館は昭和45年に開館してから一日も休館したことがありません。365日、喫茶部門など庭園部以外の職員も総出で、庭を竹ぼうきで清めることから一日が始まります。雨の日にもカッパを着て掃除をします。徹底した「おもてなし」の姿勢ですね。庭師は午前7時半に出勤し、開館前の手入れを1時間。開館中も、庭木の剪定や植え替えなどで休む間もありません。庭園部は最年長の小林さんを筆頭に、20代まで幅広い年代で庭の手入れにあたります。庭師は経験者やコンクールの入賞者らエリートをスカウトするのではなく、地元の農林高校から採用し、いちから「足立メソッド」を学んでもらうんだそうです。 菅野さんは、「この庭園に合うように技術を身に付けてもらうのです」と話します。例えば、庭園内に約800本ある赤松は、手前の木はつみ取る量を多くし、奥になるとできるだけ多く残し、借景の山々に自然に溶け込む手法を取り入れているといいます。 

 また、同館近くの数カ所にある仮植場には赤松だけでも約400本育てられており、庭園の松(約800本)が大きくなりすぎると植え替えられます。苔にもスペアが準備されているという徹底ぶりです。毎朝、足立隆則館長が写真を撮り、チェックします。植物が大きくなりすぎると、庭の石が小さく見えるため、バランスが崩れていないかの見極めも連日欠かさないという。 これらの取り組みが専門誌では「神管理」と評価され、19年連続日本一につながっています。 「足立メソッド」とは何か?菅野さんによると「館員一丸で、『全康マインド』に基づいた美意識を持つこと」だといいます。そのために剪定方法の工夫や、仮植場があるとのこと。 ランキングで知名度が上がった効果で、国内外から年間60万人を超えていた入館者は、コロナ禍により20万人超まで落ち込みました。ただ、「全康マインド」は今も引き継がれています。小林さんは言います。「全康さんは『一人でも何百人でも、庭を見て感動してもらうのが仕事だ』と話していた。私たちは、自然を生かした庭園が素晴らしいと思っており、それを守るために一生懸命やるだけです」 自然と人工の美が一体化した、世界に例を見ないスケールの独自の景観美が魅力です。自然と人工の美が創り出す景色は、まさに一期一会のドラマそのものであり、一幅の名画を見るような深い感動を与えてくれます。ガラス越しに向こう側の白砂青松庭が望め、自然の木々や滝、石組みなどが、ちょうど床の間にかかる一幅の山水画のように眺めることができます。これがきっかけとなって「生の額絵」も生まれました。私のお気に入りの場所がこの「生の額絵」です。喫茶室「翆」を出て、順路を進んだところにあります。

 足立美術館足立隆則館長は、今回の日本一にあたり、「自然と人工の美が創りだす日本庭園の景色は刻一刻と変化する一期一会のドラマ。(新型コロナウイルス禍で)不自由な生活を強いられる日々が続くが、日本一の庭園の素晴らしさを満喫していただきたい」と、コメントを出しています。♥♥♥

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

歩けない!!

 いつものように米子の「志学館」で授業した後、JRで松江に帰ってきました。ホームに降り立って、改札を出たところで、突然股関節に激痛が走って歩けなくなりました。その場にへたり込みました。こんなことは初めてです。しばらくの間、椅子に座って痛みがおさまるのを待っていました。何とか家にたどり着いて、お風呂に入って患部を温めたりして、仕事もせずに休みました。翌日、北高補習科に授業に行きました。英語研究室から補習科までは、果てから果てで、歩けない身にとって実に辛いことです。「1時間を大切に!」と生徒たちに言っている手前、絶対に穴を開ける訳にはいきません。痛む足を引きずりながら、何とか補習科にたどり着いて授業を始めました。しばらく黒板に説明をしているうちに、あら不思議!痛みが消えました!歩いても痛くありません。不思議なものです。

 授業が終わってから、念のために診てもらっておこうと、お世話になっているだて整形外科」に出かけました。名前を呼ばれて診察室に入ったら、見たこともない先生が座っておられます。後で看護師さんに聞いた所では、息子さんがこの日の午後だけ出張してきておられるとのことでした。事情を説明して、レントゲンも撮ってもらったんですが、どこも「異常なし」ということで、痛み止めをもらって帰りました。

 ところが、翌日から、また痛みが始まりました。股関節ふくらはぎに激痛が走り、歩くこともままなりません。足を引きずり、引きずり、本当に辛い思いをしながら、何とか北高と米子の「志学館」授業には穴を開けずに頑張り通しましたが、この痛みだけは辛抱できません。もう一度診てもらいに、だて整形外科」に行きました。今度はいつも診てもらっている大先生です。今度はていねいに患部を診察してもらい、体を反ったり、前屈したり、それはていねいに診てもらいました。ふくらはぎが異常なくらいにむくんでいて、歩くとズキズキ痛みます。前回撮ったレントゲンや腰のレントゲン写真を吟味された上で、「腰から来る神経痛です」という診断でした。私はすっかり股関節に異常があると思っていましたから、ビックリです。腰にコルセットを巻かれ、薬をいただき(細かい指示と一緒に)、寝るときには足の下に座布団を敷いて寝るようにとのこと。心臓よりも高くして寝るためだそうです。

 言われたとおりにしてみたところ、あら不思議、ずいぶん痛みが和らぎました。やはり名医です。日に日に少しずつ痛みが和らいでいきます。腰にコルセットを巻き、今では足を引きずることもなく、何とか北高にも米子にも通っています。♥♥♥

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

渡部昇一先生のエピソード(15)~初めての著書

 ドイツの留学を終えた故・渡部昇一先生(上智大学名誉教授)は、帰国後、日本での最初の著書を出版することになりました。しかし、本をどうやって出したらよいかさっぱり分かりません。これが、渡部先生が東大や京大出身の人なら、有力な先生が出版社に斡旋してくれたり、編集者に話をつけたりもしてくださるのでしょうが、上智大学にはそのような先生はおられませんでした。ドイツでの留学の思い出をまとめた本を出そうと思っておられ、当時「朝日新聞」の論説委員で、出版社に紹介してくれる人がいました。紹介された出版社に行き、渡部先生は、最初は自費出版でも、あるいはいくらか費用を出してでもいいから、青春の記念に本にしたいと申し入れました。するとその小出版社の社長から返ってきた言葉は、「自費出版などというのは自慰みたいなものだ」という信じられないものでした。その時、渡部先生は、「お前に辱められる理由はない!」と、原稿を引き上げてしまわれたのです。苦労ばかりが多くて、あまり良い思い出はなかった、と振り返っておられます。

 この原稿は、昭和30年(1955年)から約3年間のドイツ学生生活の体験と観察をメモしたものや日記を踏まえて、留学終了と同時に書きはじめたものである。その頃、出版したいとは思ったが、出版関係にこれという知己もなく、そのまま箱にいれてしまっておいたものである。知り合いの老婦人に乱雑な原稿を綺麗に清書してもらい、近親の者に回し読みをしてもらった、各章毎に、父がボール紙の表紙をつけてくれたので、わりと読みやすい形になったと思う。私の父も、その老婦人も、ともに今は亡い。なるほど10年一昔というけれど、20年は確実に二昔である。(『ドイツ留学記』(上巻)あとがきより)

 その後、先生の『知的生活の方法』(講談社現代新書)が爆発的大ベストセラーになったこともあって、同じく講談社から『ドイツ留学記(上)(下)』(講談社現代新書)として、書き上げてから25年後に、ようやく日の目を見ることになります。これがいざ出してみると結構売れて、版を重ねました。最近、『わが体験的キリスト教論』(ビジネス社、2021年10月)と言う本が刊行されましたが、これは1980年11月刊行の幻の名著『ドイツ留学記(下)』を、新装復刊したものです(写真下)。この本に渡部先生がいたく思い入れをもっておられたことを、長男の玄一さんが明らかにしておられました。また玄一さん自身も「父の本で『ドイツ留学記』が一番おもしろいと思っている」とおっしゃっておられます。

 ミュンスター大学で博士号を取得したときの、西洋の文献学の画期的な博士論文を日本で出版するのにも大いに苦労しておられます。日本に帰国後、それを自分で日本語に訳して、日本でも出版したいと思っておられました。何しろ、英文法史の分野では、日本人としては初めての論文でもあり、内容にも自信を持っておられました。ドイツでは向こうから出版費用を出してもらいましたが、コネも何もない日本ではどこも出してくれません。1960年代の初めというのは、単行本の研究書が売れなくて、出版社が警戒し始めた時期でしたので、なかなか出版することができませんでした。そこら中頼み回った末に、ある出版社に原稿を預けます。ところが、これが二年たっても三年たっても、一向に出版してくれません。そこで、どうせならもっと大きなところに頼もうと決めて、費用の半分ぐらいは自分で負担してもよいからということで、英語の分野では一流の出版社である(株)研究社に話をしました。英語の専門分野では一番だというプライドもある研究社は、内容がいいのなら、ということで、売れないのを覚悟で出版してくれました。渡部昇一『英文法史』(研究社、1965年)がそれです。あにはからんや、これが専門書としてはよく売れました。5版、6版と版を重ねたもので、最初に半分出した費用も全部戻ってきて、むしろだいぶんプラスになりました。あのとき、最初に頼んだところで簡単に出版されていたら、おそらくは初版でおしまい、そんなに売れることもなかったかもしれませんね。研究社という一番いい専門書店から出版したので、出版社のプレステージも加わってか、長く売れ続けたわけです。つまり、最初に失敗したことが、「もっといい」結果を導いた、と言えるでしょう。

 渡部先生は、ご自分の体験から、こんなアドバイスを若い人たちに贈っておられました。なるほど~。♥♥♥

 だから、自分がはっきりと自信を持ち、明確なイメージを持ってやったのに失敗したのであったら、ああ、これはよりいいものを待つための失敗だな、と思い込むことをすすめたい。また反省してみたら失敗して当然だったと思うところがあったら、それはそれでいいわけである。どうしても失敗で終わらせてはならないというのであれば、これはよりいい結果がでるための予告であると解釈する。ムシのいい考え方だといわれるかもしれないが、一回失敗しただけで、あとは気落ちしてやる気もなくするのでは、自分を高めることはできない。どんな時でも前向きに、明日のよりよい自分のために、と考えることを私は若い人にすすめたい。

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

水戸岡鋭治先生とN700Sかもめ

 2022年9月23日に部分開業する九州新幹線西九州ルート(長崎新幹線)を走る新型車両「N700Sかもめ」JR九州から公開されました。5月10日から走行試験も始まっています(~6月16日)。西九州新幹線はどの新幹線にも接続しない「武雄温泉駅」「長崎駅」間のみの部分開業です。今後の延伸については国・長崎県・JR九州と、佐賀県との間でまだ意見がまとまっていませんので、とりあえずは博多駅から在来線特急「リレーかもめ」が走り、「武雄温泉駅」の同じホームで在来線特急から西九州新幹線を乗り継ぐ「リレー方式」となります。鉄道雑誌も相次いで、この新型新幹線「N700Sかもめ」を取り上げています(写真下)。西九州新幹線は武雄温泉〜長崎間(66㎞)を速達列車で27分程度、各駅停車は33分程度で運行する予定です。博多―長崎間は現在より約30分短い約1時間20分で結ばれます。今回公開された「N700Sかもめ」は6両4編成が製造され、最高時速260kmで走行します。「それぞれのまちの思いを受け止め、地元の方々や遠くから来てもらう方々に満足な新幹線を提供するため、(開業日の)9月23日に向けて進めていきたい」と、小宮洋二JR九州社長は述べました。

▲「N700Sかもめ」を取り上げる鉄道雑誌

 東海道・山陽新幹線で運転されているN700Sをベースに西九州新幹線用に改良したものです。シンボルマークは、三つの輪に飛行するカモメの姿を重ねました。指定席は通路を挟んで2列ずつで、1~3号車のシートはそれぞれ菊大柄や獅子柄、唐草と異なるデザインにしました。

▲デザイナー水戸岡鋭治先生

 外装には、青柳俊彦社長が揮毫(きごう)した列車名「かもめ」の文字をひらがなで入れ、企業カラーの赤を帯状に引いています。デザインは豪華寝台観光列車「ななつ星」と同じ、工業デザイナーの水戸岡鋭治先生が手がけました。水戸岡鋭治先生といえば、JR九州新幹線800系「つばめ」、特急車両の885系「かもめ」特急「ソニック」「ゆふいんの森」号などJR九州をはじめ、日本全国であらゆる名列車のデザインを手掛けておられます。私は水戸岡先生の大ファンですから、先生のデザインされた全国の鉄道車両にせっせと乗っています(最近では、「丹後の海」「丹後あおまつ」「丹後あかまつ」「チャギントン電車」)。今秋開通したら、すぐ乗りに行ってこようと思っています。

 「JR九州の車両はとがったものだったが、『かもめ』は大人で優しいホテルのようなデザイン」と解説しています。これまでたくさんのJR九州の車両デザインを手かげた水戸岡先生ですが、新幹線車両はとにかく制約との戦いでした。800系の時にはいちからデザインしましたが、今回はJR東海のN700Sを借りて、どこまで変えられるか、というのがテーマでした。それは仕方のない話で、何百両も作るJR東海と違い、JR九州では開業までに24両しか作らないのですから。新幹線は安全快適にそして高速に、静かに走る性能を実現するべく、極限までブラッシュアップされたサラブレッドのような車両設計になっていることから、「少しでもなにか変えようとすると、新幹線のルール、重量、コストの全部がオーバーしてしまう。ですが、ひとつひとつ丁寧に仕事をすることでオンリーワンの車両を目指しました」と話しました。JR九州の青柳俊彦代表取締役社長「車体の基本となる部分にも改良を加えようとすると非常に大変な作業になることから、表面的な箇所にこだわりを持った」と語ります。「JR東海が完成させたN700Sという車両に手を加えていくというのは、難しい仕事でしたが、デザイナーとしては非常に大切な仕事でもありました。数々の制約の中、最後の1%のデザインをどう行っていくか。ここにこだわりました。また、ご利用いただいたお客さまがどこで記念写真を撮ってもすぐに『かもめ』だ、ということがわかるよう、至る所に『かもめ』という文字をデザインしています。制約の中でも表面的箇所やテキスタイルデザインを丁寧に行っていくことで、オリジナリティは十分に出るし、オンリーワンは表現できるはずです。西九州新幹線の乗車時間は短いですが、それでもまた乗りたい、そう思っていただける車両になったと思っています」と、水戸岡先生はN700Sへの強い思いを語りました。『新幹線EX』春号 Vol.63(イカロス出版、2022年)は、その「かもめ」誕生の特集でした(写真下)。

 唐池会長と雑談している時には、最初真っ黒(写真上)と真っ赤の2つのパターンを話したそうです。黒は視認性が低いという意見がありましたが、だいたい新幹線は踏切のない、しかも営業時間帯には人が立ち入らない線路上を走るんだから、黒でもいいじゃないか、と考えましたが、真っ黒がいい、なんて言う人はJR九州には唐池会長しかいないでしょう〔笑〕。結局、白・赤のものに決まりました。かもめの白は純白です。今のところ白はN9.5(日塗規格)が一番明るい白です。「かもめ」はN9.4です。他の新幹線よりも真っ白です。現場では汚れが目立ちすぎ、ホコリがついて雨が降って乾くと、汚れの線が出てしまいます。ここら辺がJRの腕の見せ所です。JR九州のメンテナンス技術を表現するバロメーターとしての白ということです。

 800系の時には、車内に絵があったり、工芸品があったりと、こだわった飾り付けがなされていましたが、予算の限られている「N700Sかもめ」では、叶いませんでした。水戸岡先生は自分たちで絵を貼っちゃおうか、小さな絵をたくさん車内に貼って車内でドーンデザイン研究所の展覧会をやりたい〔笑〕、とおっしゃっておられました。

 「かもめ」車体下部には、JR九州のコーポレートカラーである「赤」のラインを大胆に配色。見慣れたN700Sの印象が一気に変わります。車体横の「かもめ」の文字。筆文字でありながらセンスのいいフォントは、外国人受けしそうなデザインです。これは青柳社長の書かれた文字です。800系の時は「九州旅客鉄道」と落款印を押しましたが、今回は『青柳俊彦』の落款印です。個人の落款印が押してある車両なんて、世界中の鉄道どこを見てもありません〔笑〕。そして車体各所に散りばめられたオシャレな英文字。書体のバランスや字間スペースには洗練されたグラフィックデザイン的な要素がふんだんに取りれられています。観光客のために車両のそこらじゅうにロゴを配置するのは水戸岡流です(⇒私の解説コチラをお読みください)。そして車両前面をご覧ください!自動車に詳しくない方でも一目であの車!?と思ったのではないでしょうか?そう、アルファロメオです。アルファロメオの特徴的なあの逆三角形グリルデザインが「かもめ」に施されています。ヘッドライトもオマージュされているような…?水戸岡鋭治先生は、鉄道デザインのアイデアに自動車のデザインを参考にすることがある、とおっしゃられています。「883系」はイタリアのデザイナー・マルチェロ・ガンディーニのトラックからヒントを得られたそうです。

 水戸岡先生は車両が完成すると、まずは子どもたちを招待します。そして車両に入った瞬間に、子どもたちが車内を喜んで走り回る車両はだいたいヒットするんだそうです。子どもたちが喜ぶ姿を見て、はじめて「これはいけるかも!」と思うんだそうです。子どもたちの感性・知性・情熱を刺激し、豊かな感動経験をさせてあげることが、その子の将来を決めていくのだ、というのが水戸岡先生の信念なのです。♥♥♥

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

OGUOGU ICECREAM

◎週末はグルメ情報!!今週はアイスクリーム

▲若い女性ばかりの行列が!!

 JR境線博労町駅の踏切を渡ったところにオープンしたばかりのアイスクリーム専門店「OGUOGU ICECREAM」(12時~19時 売り切れ次第終了)です。 隣はうどんの「たかのり」です。ミントクリームの外壁のカラーとロゴが可愛いですね。店名の「OGUOGU」はオーナーの小倉将一(おぐらしょういち)さんの名前から採られています。専用の駐車場はありませんが、「勝田神社」さんの駐車場(18・19番)を利用してよいそうです。地域のみんなに喜んでもらえるお店を作って、米子を楽しい街にしたい、というオーナーの想いを「勝田神社」さんが応援してくださっているそうな!ただ、行列して買った後で、いい年をした大人が、アイスクリームをほおばりながら、道を広がりながらど真ん中を歩いている姿は感心しません。実に見苦しい姿です。

 6種類ほどのアイス、マシュマロなど8種類のトッピングから自分好みの色鮮やかなアイスを選ぶことができます。 トッピングはアイスの味を消さないものを厳選しているそうです。中でも、目を惹くのがこちら。鮮やかなミントカラーの青いバニラアイス。オグオグバニラです。予想をはるかに超えるお客さんが大挙して来店したために、在庫が不十分になって、開店直後1週間ほどお休みをしておられました。勝田ケ丘志学館の生徒たちが「美味しかった!!」と薦めてくれたことをお伝えすると、店長さんはすごく喜んでくださいました。

▲小倉店長

▲ミントにチョコスプレーをトッピング

 さて店内の床には遊び心満載のソフトクリームのオブジェが点在しています。椅子の下、トイレの入り口等、いかにも本物のアイスクリームが床の各所に置かれているのです。お客さんは皆驚かれる、と店員さんは言っておられました。♥♥♥

カテゴリー: グルメ | コメントをどうぞ

JR赤字を公表

 JR西日本は、利用者が少なく路線維持が難しくなっているローカル線について、区間ごとの収支を初めて公表しました。⇒「ローカル線に関する課題認識と情報開示について」 コチラです   対象は17路線30区間で、同社は路線の活性化策などを関係自治体と協議したい考えのようです。今後は、廃線も視野に議論が進む可能性があります。公表されたのは2019年度の実績で輸送密度(1日1キロ当たりの平均旅客輸送人員)が2,000人未満の区間。北陸、近畿、中国地方にまたがり、30区間の総延長は計1359.9営業キロ。JR西の在来線の総営業キロ数の約3割を占めています。全区間で経費が収入を大きく上回る赤字でした。沿線の人口の減少、少子高齢化、道路整備や道路を中心としたまちづくりの進展など、ローカル線を取り巻く環境は大きく変化しています。『鉄道ジャーナル』6月号(2022年)でも、「打つ手なし?山陰本線西武の現状を見る 三桁輸送密度の衝撃」というショッキングな特集が組まれました。

 2017~2019年度の平均で赤字額が最も大きかったのは、山陰線の出雲市(島根県)―益田(同)間で34.5億円。次いで紀勢線の新宮(和歌山県)―白浜(同)間が28.6億円でした。2018年に島根県では三江線が廃止されています。100円を稼ぐために必要な費用を示す線区営業係数(2018年~2020年の平均)は、島根県内では、木次線の宍道―出雲横田が1323円、出雲横田―備後落合(広島)が6596円、山陰線の出雲市―益田が542円などでした。丸山達也島根県知事「改めて強い危機感を持った。鉄道はネットワークとしてつながっていることで最大限の効果を発揮する。JR西は多額の国民負担を伴って民営化されており、採算性のみによって、安易に地方路線の見直しを行うことは認めがたい」と、さらなる廃止にくぎを刺しました。JR西日本は、新幹線や大都市部の路線を抱え、駅ビルなどの収益もありますから、こうした儲けでローカル赤字路線を支えてきましたが(JRでは「内部補助」と呼ぶ)、コロナ禍で新幹線や都市部路線の利用客が激減し、その構図が崩れ始めています。2021年の決算では2332億円の赤字となり、2022年3月期も赤字を見込んでいます。

▲廃止されるトロッコ観光列車「奥出雲おろち号」

 島根県ではJR木次線の存続が注目される中(今回公表された30線区のうちワースト2位)、2023年度でトロッコ観光列車「奥出雲おろち号」(3両編成、定員64人)の運行が終了します(代わりに観光列車「あめつち」を走らせるようですね)。1998年に運行を開始したこのトロッコ列車は、スイッチバックや眺望の素晴らしさで大人気で、いつも満員です。対して最近、私は木次線(木次~宍道)に乗りましたが、乗客はほとんどいませんでした(写真下)。心配なことです。

▲乗客がまったくいません

 JRグループでは、経営再建中のJR北海道佐藤信之『JR北海道の危機~日本からローカル線が消える日』(イースト新書、2017年)参照)が2015年11月、7路線10区間の収支を公表。その後、4路線4区間が廃線となりました。これまでも収支を公表することで、(1)赤字路線の合理化、(2)公的支援などを求める動き を取ってきました。こういった歴史があるだけに、「一気に路線廃止に進むのではないか」「収支だけで決めないで」と、沿線の自治体や住民の間では動揺が広がっています。JR西日本としては、「廃線を前提とはしない」としつつも、情報開示によって、廃線やバスなどへの転換に向けて議論・検討を進めたい考えです。問題は赤字額ではなく、地域交通を利用しやすい形に再生することが真意なのだ、と言いたかったのでしょう。JR四国も全8路線18区間で赤字だったと公表しました。野村総合研究所の試算では、今の運賃で2019年度の利益水準を維持し続けるには、JR西日本では全路線の19%に相当する800キロ、JR東日本は17%にあたる1000キロの路線を縮小する必要があると言います。全国各地で同様の動きが出てくるものと思われます。♥♥♥

 今春のJRの時刻表改編で、私の利用する米子地区のローカル線も、大きく便数を減らされてかなり不便になってしまいました。米子―益田間を走っていた貴重な快速アクアライナー」は、全ての便が廃止となりました。放課後の部活帰りの高校生の乗る便がなくなり、不便になったという声も聞きます。私が辛いのは、今までは米子駅の1番ホームに到着して、少し歩いてすぐ向かいの0番ホームの境線に乗り換えていたのが、4番ホームに着くようになってしまいました。ホームの果てから果てまで移動しなければならなくなり、左膝の痛い私には実に苦痛です。しかも米子駅での乗り換え時間が2~3分になってしまったので、痛む足を引きずりながら急いでもギリギリ間に合うかどうか、そんな訳で、今年度は1本早い電車に乗って通っています。さらには、米子駅でのホームの待ち時間も増えました。実に不便です。駅のホームでひたすらこのブログ記事の校正をやっています。♠♠♠

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

「努力は夢中に勝てない」

 『 努力は夢中に勝てない』という名言はアパレルで有名なBEAMSの社長の設楽 洋(したらよう)さんの言葉です。間違いなくそうだなと感じます。自分が夢中になっていることは人にも伝わるし、右に行った方が儲かるが、左に行った方が楽しいと言われたら左を選ぶ、「何よりも好きであることを徹底的に大切にして、人々の“手に届く幸せ”を提供する」のが設楽流です。努力している状態と夢中な状態の違いは次のようなものでしょう。

努力している状態 →成果を得るために頑張っている状態 ➡ 成果+苦痛
夢中な状態 →プロセスそのもの自体も楽しんでいる状態 ➡ 成果+楽しさ

努力している状態はあくまで結果や成果を得るために頑張っている状態です。なので、プロセスが辛いと感じながら結果や成果を得ようとします。しかし、夢中な状態はプロセスを苦に感じずに、いつの間にか頑張っているんですね。天才と言われている人たちは夢中な状態の人が多いです。子供が夕方まで時間を忘れるまで遊んでいるのは夢中な状態です。私も仕事をしている時は、やればやるほど夢中になるタイプです。仕事しているうちに誰かを喜ばせたいという相手が増えるので、やりたいことも次々に増えていくんですよね。例えば、イチロー選手が素振りを毎日何百回、何千回していて、「ああやって努力をすると、あんな選手になれるんだよ」とよく言います。でも実際には、「ああでもない、こうでもない」「こうした方がもっといいのでは?」と、気がついたら何百回もやっていたというのが現実です。周りから見ると努力だけれども、本人はただ夢中だったのです。みんなは「頑張らなきゃ」と思ってやっている中、本人は楽しいと思いながら夢中でやっているのです。夢中になれば、気がついたら周りと差がついているのです。

 「努力は夢中に勝てない」のです。夢中とは脳が没頭している『フロー状態』です。そもそも夢中という言葉は『夢の中』であり、夢中な状態とは『脳が没頭している状態』です。これは、脳が最高に集中した状態である『フロー状態』です。アメリカの教育機関による組織「Flow Genome Project」によると、フロー状態に入ることで、以下の効果・働きが生じると言われています。

・創造性や課題解決能力が4倍になる
・新しいスキルの学習スピードが2倍速になる
・モチベーションを高める脳内物質が放出する
・痛みや疲労を感じなくなる 

 その道のプロはこうも言います。「努力は夢中に勝てない。努力している時点で向いてないってことなんだ」「でも大事なことは、嫌いにならないところまで、とりあえずやってみること。どんなことでもはじめは難しいものなんだ。何が面白いのか理解して、それでもつまらないと思ったら、そのときはやめればいい」

 私は高校入門期の生徒たちに、こんな不等式を示します。今後の3年間の勉強の「指針」を表すものです。

     夢中好き努力義務

 いやいやながら「義務感」でやっているうちは伸びることはありません。「努力」と捉えている様では、まだ「好き」な人には叶いません。「好き」と捉えている様では、「夢中」な人には叶いません。早く夢中になれることを見つけられた者勝ちですね。また、最初は夢中になれなくても、その事柄に意識的に長く接し、努力し、好きになり、夢中になっていく可能性は、十分にあると言えます。私が日頃取り組んでいる英語の勉強でも、このことが言えると思います。「受験のためにいやいや嫌いな英語を勉強している」人は、「○○大学に入るために努力している/○○職業に就くために一生懸命に努力している」人には叶いません。でもその人たちも「英語が好きで勉強している」人には叶いません。しかし、その人も「英語が楽しくて楽しくて時間の経つのも忘れてしまうくらい」の人には及ばないでしょう。そういう生徒をたくさん育てたい、というのが私の目標なんです。♥♥♥

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

「秋桜」

▲「鳥取花回廊」にて

▲秩序を保つ宇宙のごとく

 「コスモス」(cosmos)というと、真っ先に花を思い浮かべますが、不思議なことに、「宇宙」を表すときも「コスモス」(cosmos)という言葉を使います(どちらも英語の発音は「コズモス」)。花と宇宙。どこにつながりがあるのでしょうか? 「コスモス」の語源は、ギリシャ語の「kosmos」に由来します。これは、「秩序」「美しい」「調和」などを意味します。 宇宙を、統一された調和のとれたシステムととらえるときに、「コスモス」という使い方をします。「カオス(混沌)」(chaos)の対義語であるといえば、分かりやすいかもしれません。 宇宙は「コスモス」(cosmos)以外にも、「スペース」(space)「ユニバース」(universe)とも呼ばれます。spaceは、空間としての宇宙、universeは、観測できるすべてを含めた宇宙を表します。cosmosという呼び方は、どちらかといえば思想的・哲学的なニュアンスが含まれます。 一方、群生で咲いていることが多い花のコスモス。同じ時期に、同じくらいの高さで、整然と咲く様子は、まるで秩序だった宇宙のシステムのように見えるのでしょうか。宇宙と花。意外なところでつながっていました。

 コスモスは外来種(メキシコ原産)なので、和名が「秋桜」であっても、それを「コスモス」とは読みません。「秋桜」と書いて「あきざくら」と読みます。逆に、日本に古くからある「女郎花(おみなえし)」や「百日紅(さるすべり)」などは、当て字の漢字があり、古くは万葉集や古今集などでも詠まれています。では、なぜ「秋桜」と書いて「コスモス」と読むようになったのでしょうか?それは、昭和52年(1977年)に山口百恵さんが歌った「秋桜」という歌謡曲が大ヒットしたからなのです。嫁ぐ娘が母を思う気持ちを歌った歌で、当時の百恵さんは18歳でした。作詩・作曲はさだまさしさん。曲のタイトル「秋桜」「コスモス」と読ませ、歌詞の中でも「秋桜」と表記して「コスモス」と読ませました。今日6月1日に届いたさださんの最新アルバムのタイトルは、「孤悲(こい)」です。万葉集にある言葉で、「恋」の当て字です。『孤』は独りぼっちは寂しい、『悲』は心が張り裂けそうだって意味です。コロナ禍で皆が味わった思いを込めるのに、これほどふさわしいタイトルはないと、そう考えての発売です。さださんはこんなふうに難しい漢字を充てるのが好きな歌い手です。

 娘が無邪気な子どもでいられた穏やかな春の時間が、結婚を控えた秋のひとときに、母への感謝の言葉や一抹の寂しさとともに鮮やかによみがえってきます。母と娘の二人が積み重ねてきたかけがえのない人生が凝縮された時間をかみしめながら、祈りにも似た万感の思いが切々と歌い上げられています。私はさださんの一番の魅力は、この美しい詩にあると思っています。

     秋桜
              作詩・作曲 さだまさし
              歌 山口百恵    


淡紅の秋桜が秋の日の
何気ない陽溜りに揺れている
此頃涙脆くなった母が
庭先でひとつ咳をする

縁側でアルバムを開いては
私の幼い日の思い出を
何度も同じ話くり返す
独言みたいに小さな声で

こんな小春日和の穏やかな日は
あなたの優しさが 浸みて来る
明日嫁ぐ私に 苦労はしても
笑い話に時が変えるよ
心配いらないと 笑った

あれこれと思い出をたどったら
いつの日もひとりではなかったと
今更乍ら我侭な私に
唇かんでいます

明日への荷造りに手を借りて
しばらくは楽し気にいたけれど
突然涙こぼし 元気でと
何度も何度もくり返す母

ありがとうの言葉をかみしめながら
生きてみます私なりに
こんな小春日和の穏やかな日は
もう少しあなたの子供で
いさせてください

 

 「ピンとこないでしょう?」と、電話口でさだまさしさんが尋ねました。受話器の向こうでは、18歳の山口百恵さんが、きっぱりと「はい」と答えました。まだ18歳の山口百恵さんには、「結婚式前夜の母娘」というテーマは理解できるはずもありません。「ピンとこないので……、思ったように歌えなくて苛立っています」百恵さんは言います。さださんは「気にしないでね」と答えます。「あなたの歌い易いように、フレーズ感やメロディ感にとらわれずに好きなように歌ってね」と。そして「何故僕がこんなテーマを選んだのか、あなたに解って貰える日が早く来るといいね」と付け加えました。

 やがてついに、彼女が三浦友和さんという素晴らしい伴侶を得て、結婚・引退することになりました。その最後の引退コンサートに、さださんはお招きを頂きますが、その日はちょうど大阪フェスティバルホールのコンサートと重なっていたので、お邪魔することはできませんでした。さださんがフェスティバルホールのライブを終えて、ホテルに戻ると、フロントに百恵さんからのメッセージが届いていました。「さださんがこの歌を作ってくださったお気持ちがやっと解る日が参りました。本当に、本当に、ありがとうございました。山口百恵」

 この心温まるメッセージを、さださんは何度も読み返して感動に震えました。たったの一度電話で話しただけのさださんの何気ない言葉を、彼女はずっと大切に記憶していたのです。自分の人生で最後のコンサートを迎えるというそんな大切な日に、他人にこれだけの配慮ができる人がいるのだ、という感動でした。山口百恵という偉大な歌手がどのような人柄の人であるかを、さださんはつぶさにはご存じありませんが、このエピソードだけでもそれが十分に伝わることでしょう。さださんはこの話を、コンサートや著書で何度も紹介しておられます。私はいい話だなと思って、記憶の片隅にとどめているんです。♥♥♥

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

麦なでしこ

 今井書店学園店(写真上)にはここ数十年、もう何千回も通っているんですが、その裏の川沿いに可愛らしい「麦なでしこ」が咲いていることには気付きませんでした。今日は開店時間までに10分ほどあったので、裏側に回ってみると、初めて群生した「麦なでしこ」を見ることができました。松江にはもう長く住んでいながら、「エーッ、こんなところがあったんだ!」という新発見が今でも少なくありません。その度に、新鮮な驚きと喜び、感動を味わっています。

 5月〜7月頃に咲く「麦撫子(ムギナデシコ)」は初夏を知らせる花です。風にそよぐ姿が気持ち良さそうですね。学名のAgrostemma(アグロステンマ)は、ギリシャ語で「畑」を意味する“アグロ”と、「王冠」を意味する“ステンマ”から名付けられました。鮮やかで可愛らしい花姿が人気のアグロステンマ。ヨーロッパでは麦畑の雑草で知られ、その性質は丈夫で育て方も簡単なお花です。鮮やかで可愛らしい花姿が人気のアグロステンマ。花壇や野原いっぱいに小さなピンク色の花が咲く姿はとても魅力的です。こんなお花がお家に咲いていたら素敵ですよね。

 地中海沿岸が原産で、ヨーロッパでは麦畑の雑草として知られている丈夫な草花です。日本には明治時代に渡来しました。5枚の花びらに放射状の筋が入った、花径5~7cmほどの花を咲かせます。花色は基本ピンク色で、5枚の花弁は少し外側にカールしており中心が白く外側へグラデーションになっています。また花の中心から恋色の筋が放射状に入っているのが特徴です。茎葉は細く柔らかくナデシコ科の特徴を持っていますが草丈は60cm~90cmほどまで伸びます。野や花壇いっぱいに咲く姿は優しげな雰囲気があり景色を鮮やかに彩ります。アグロステンマは小さな見た目とは裏腹にとても丈夫で繁殖力が強い植物です。そのため自生地では園芸としての栽培は少なく、日本でも半野生化した姿を見かけることができます。花言葉は「気持ちがなびく」、「自然を好む」、「小国の王」などです。風にユラユラそよぐ姿は、見ていてとても気持ちの良いものです。それに学名の“麦畑の王冠”よろしく「小国の王」というのもピッタリな気がします。♥♥♥

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

「抽象」から「具体」へ

 松江北高補習科勝田ケ丘志学館では、『Reading High-level』(ラーンズ)『Make Progress  in English Reading 』(数研出版)の二冊の長文問題集を使って、英文読解演習をしながら、一年間で英語の読み方を徹底的に鍛えています。具体的には、資料「英文読解八ちゃんの法則50」(写真下)のポイントを1つ1つ振り返りながら、確認作業をしていきます。生徒たちは、「分かったつもりでいたことが、実は分かっていなかったことが分かった」〔笑〕と口を揃えます。

・「英文読解八ちゃんの法則50(改訂版)」⇒コチラでダウンロードできます

 

 その中の一つに、「抽象から具体へ」という重要な事項があります。英語では、難しいことを言ったら必ずその後に分かりやすい説明のフォローがある、という大原則です。これは英語を読む際には、常に頭に置いておく必要のある重要事項です。したがって何やら難しい文章が出てきたら、それをああでもないこうでもないとこねくりまわすだけでなく、その後の部分もしっかり読んでごらん、すると分かりやすい説明が出てくるから、と指導しているんです。難関大学の下線部訳問題などは、まさにここがポイントで、難解な部分に線が引かれていますから、そこだけでなく、その後をしっかり読むとヒントが書いてあって、そこから難しい部分の言っていることが推測できるという訳なんです。「下線部和訳問題は下線部分だけでなく、その前後もしっかり読め!」と私が強調するのはそういうことなんです。具体」抽象」の大きなヒントになるということですね。英語の苦手な人は、このことが分かっていないので、難しい部分を一生懸命読むのですが、チンプンカンプンさっぱり分からない、と諦めて白紙答案を出してしまいます。実にもったいないことです。

 今日たまたま読んでいた英文学者の故・外山滋比古先生(二年前にお亡くなりになりました。『思考の整理学』の著者。最も美しい日本語の文章を書かれる先生として私はお手本にしてきた先生です。⇒私の追悼文はコチラです)の最新刊『「忘れる」力』(潮文庫、2022年)にも、そのことが書いてありました。

 この構造に不案内だったりするとひどい目にあう。以前、大学入試で英文和訳の問題が必ず出た。その答案を採点していておもしろいことに気付く。さきのAの部分の原文の下を鉛筆の線が往き来していて苦心のあとを留めている。それが突破できずに失敗するのであるが、Bへ行けばわかりやすく、そこから返ってみればAもわかる。A止まりだから失敗するのである。(p.97)

カテゴリー: 英語指導に関して | コメントをどうぞ

キツネはワナをとがめるが自分はとがめない

 「電信柱が高いのも、郵便ポストが赤いのも、全部自分のせいだと思え」とは、尊敬する経営コンサルタントの一倉 定(いちくらさだむ)さんの名言です。我々は、とかく他人や世間を非難しがちですが、常に自分を反省することが大切です。

 故・高原慶一郎(たかはらけいいちろう)さん(私はこの人の著書からいろいろなことを学ばせていただきました⇒コチラです) が起こした会社(株)ユニチャームの社訓には、「原因自分論」(=物事の原因と責任は全て自分である。いつも人の話を素直に聞き、問題が発生した場合も自分の非力を原因に求め、他に責任を転嫁しない。原因を自分に求めることにより失敗の教訓に生かすことができ、人は成長する)というのがあります。何か物事がうまく運ばない時に、とりあえず条件反射的に人のせいにしてしまう人たちがいます。「世の中の景気が悪い」「部下がちゃんと働かない」「需要が落ち込んでいる」「上司が認めてくれない」など、自分ではなく全て他に責任を転嫁してしまう人たちです。リーダーたる者は、人を批判したり非難する前に、まず自分の問題として受け止めて、それを解決するために自分としては何を考え、何を行ったらよいのかを考えることが大切です。

 「あなたのせいだ」と相手を責めたくなったときこそ、その指先を自分に向けよう。「原因自分」の考え方が失敗を生かし、人を成長させる。(高原慶一郎)

▲よ~く指の形を見てみよう!

 「こうなったのはおまえのせいだ」と、相手を非難して指をさした時の指の形をよ~く見てみて下さい。相手の方に向かっているのは人差し指だけで、なんと残りの中指・薬指・小指はほとんど自分の方を指しているではないですか!親指は1本だけ天を指して、神様の審判を仰いでいます。他責1に対して自責が3倍大切であることを意味しています。物事がうまく進まなくて人を責めたくなるときでも、その責任は、実は概ね自分にあるものなのです。まず他人ではなく、失敗やトラブルの原因を、すべて自分の非力に求めて、その自分を基点にして解決や対処をしていこう、という姿勢が「原因自分論」の核なんです。しっかりと頭に入れておきましょうね。

 「成功したときは窓の外を、失敗したときは鏡を見る」という言葉があります。成功を収めたときには窓の外を見て、成功をもたらした要因を見つけ出す、具体的な人物や出来事が見当たらないときには、幸運の有り難さに感謝する。結果が悪かったときには、鏡を見て、自分に責任があると考える、うまくいかないときは、自分のせいだと思うことです。鏡に自分を映して、何がいけなかったのかを素直に謙虚に反省しないといけません。上手くいったときは他人のおかげ、上手くいかないときは自己責任ととらえて反省する気持ちが大切だと、尊敬する故・松下幸之助さんも言っておられました。

 あの幸田露伴(こうだろはん)は、人生における成功者と失敗者をじっくりと観察して、1つの法則を発見しました。「大きな成功を遂げた人は、失敗を人のせいにするのではなく、自分せいにするという傾向が強い」露伴は言います。人のせいにすれば楽なものです。しかし、こういう態度では、物事はそこで終わってしまい、そこから得たり学んだりするものは何一つありません。一方、失敗や不運の原因を自分に引き寄せて捉える人は、辛い思いをするし、苦しみもします。しかし同時に、「あれはああではなく、こうすればよかった」という反省の気持ちを持つことにもなります。それが、進歩であり、前進・向上というものです。失敗や不運を自分に引き寄せて考えることを続けた人間と、他人のせいにして済ますことを繰り返してきた人間とでは、かなりの確率で運の良さがだんだん違ってくるのです。

 幸田露伴は、このことを、運命をたぐり寄せる二本の紐に喩えて紹介しています。一本の紐はザラザラゴツゴツとした針金のような紐で、それを引くと掌は切れ、指は傷つき、血がにじんできます。耐えがたい苦痛に耐えて、それでも我慢して引き続けると、大きな幸運を引き寄せることができます。しかし、手触りが絹のように心地よい感触の紐を引っ張っていると、引き寄せられてくるのは不運だというのです。見事な喩えです。私はこのことを「力を尽くして狭き門より入れ」と生徒たちに紹介しています。

 企業・政治家の不祥事が続いて、その度に責任のある幹部が出てきて謝罪をするのが通例のようになっています。中には「極めて遺憾である」とか「残念だ」といった、まるで人ごとのようなコメントでお茶を濁す例が少なくありません。それは部下のしたことで、自分は知らない、関知していない……こんないいわけを聞いていると、「キツネはワナをとがめるが、自分自身をとがめない」というイギリスの詩人・ウィリアム・ブレイク(1757-1827)の言葉を思い出します。キツネはワナにかかった自分の不注意を反省せずに、そこにあったワナを責める。同じように、愚かな人は、過ちに対して、自分の行いの悪かった点を認めず、他人や状況のせいにすることを皮肉った言葉です。自分が為したことの結果については、すべて自分自身に原因と責任がある。とりわけ失敗の要因は、常に自分の力不足に求めて、他に転嫁しないこと。その「原因自分」の考え方、行動原則を忘れないようにしたいものです。♥♥♥

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

「香味徳由良店」

◎週末はグルメ情報!!今週はラーメン

 先週ご紹介した「香味徳赤崎店」に続いて、JRに乗って今度は香味徳由良店」に行ってきました。「香味徳」は鳥取県に全部で3軒あります。赤崎の香味徳(本家)、由良の香味徳(分家)、倉吉の香味徳(分家)です。赤崎の香味徳からは、東京(銀座)ハワイのホノルル(!)にも出店しています。味は似てはいますが、店ごとに違いがあります。仕入れや仕込みを店ごとに工夫を重ねていますので、違った味となってきます。赤崎店が本家で、のれん分けで北栄町に、昭和59年にJR由良駅前に移転して営業しています。3店はチェーン店ではなく、それぞれが独立したお店です。

 由良「香味徳」のラーメンは、一言で言うと、カネマスの淡口醤油と豚と牛を使った醤油ラーメンです。お店の入り口にはちょっと強烈な貼り紙が。牛骨ラーメンを期待するお客さんには、別のお店に行って欲しいという思いから、「当店に牛骨ラーメンはありません」との貼り紙となっています。店外で待つことに関しては、店内で待たれると、先のお客さんがせかされて気になって落ち着いて食事ができないので、そのため基本的に店外で、なるべく車内で待ってもらうようにしています。お店は二人だけで回しておられます。不器用だけれども誠実な姿勢、お客さんに美味しいラーメンを届けたいという強い思いを感じることができます。

 店内から外に漂ってくるスープの香りはかなりインパクトがあります。私が行った時にはすでに行列ができています。15分くらい待って、店内に案内されました。ここら辺の応対はとても丁寧で好感が持てました。テーブル席とカウンター席があります。一番奥のカウンター席に案内されました。隣の席に荷物を置いて下さいとのこと。満員なのに気を遣っていただきました。頼んだのは「チャーシュー麺」「チャーシューご飯」です。しばらく待つと、やってきました。

 箸でチャーシューを掴むと崩れちゃいます。チャーシューがとろけるのは、香味徳」さんでは由良店だけだそうです。味の濃さも普通で十分なんだけども、汗をかく夏場はどうしても濃いほうがいいなーってなりますよね。そういう時はこの醤油ダレで調整可能です。

 定番のコショウ(複数のスパイス類をブレンド)以外にも、醤油ダレ、モンゴル岩塩や青唐辛子もあります(写真上)。麺は中細縮れ麺(米子市内の岡本屋商店という製麺所の麺を使っており、赤崎倉吉とは違っています)。丁度良い茹で加減であっさりとしたスープとよく馴染んでいました。一見あっさりしている透明なスープは食べ進めていくうちにコク(豚肉の味)を感じることができます。具材はねぎ・メンマ・もやし・薄切りの茹で卵・バラチャーシュー。全体の感想はあっさりしていますが深みがあり、食べているとほっこりする一杯。このホッとする飽きない味わいが香味徳の長い歴史を築いてきたのでしょう。「チャーシューご飯」は、チャーシューの切れ端と、チャーシューと一緒に煮たショウガを刻んだものをご飯に乗せています。「うま~!」と思いながら食べました。メニューに「学生ラーメン」というのがありますが、これは「をっちゃんラーメン」でいう「素ラーメン」みたいなものです。具材が少ないので、食欲があまりないときに食べやすいラーメンだと思います。学割ではない誰でも頼むことができます。名前が「学生ラーメン」というだけです。美味しいお店で、JRではるばる来た甲斐がありました。♥♥

カテゴリー: グルメ | コメントをどうぞ

サイコロの目が揃う!

 昔、私がよく演じていた超ビジュアル・ダイスマジックがあります。本家本元はドイツ製品で、結構なお値段がしたのを覚えています。松江北高オープン・キャンパスなどで、中学生相手によく披露していましたね(写真下)。中学生たちはみんなビックリして喜んでくれましたよ。意表を突いて一般受けがあまりにもいいものだから、世界中で似たようなコピー商品が大量に出回りました。 私も何種類か持っています。

▲この写真は平成24年度 第40回島根県高校写真展」の生徒入選作品 北高オープンキャンパスにて

 小さな箱の中に、バラバラの目(1~6)が出た6個のダイスが入っていることを見せます。箱のふたを閉め、別に手に持ったダイスをカップの中に入れて一振りします。この箱の上にかぶせて開けるとサイコロの目が出ます。サイコロをふたの上に置いたまま、小箱のふたを開けると・・・驚いたことに、バラバラだった小箱の中のダイスが全て、なんと見事に上のサイコロと揃った目になってしまっています。中のサイコロを出してみても普通のサイコロです。一体どんなトリックを使えば、こんなに素早くダイスの目を変化させることができるのでしょう?

 何とこれと同じものが、100均のダイソー」に売れていました!!「300円マジック」です。「瞬間ゾロ目マジック」というタイトルで、サイコロの目が一瞬で揃う商品です。ダイス・マジックは難しいと思っているあなたも、一切の練習なしで、手にしたその日からプロ・マジシャンの仲間入りです。これで300円は安すぎ!恐るべし、ダイソー」!!♠♣♥♦

カテゴリー: マジック紹介 | コメントをどうぞ

追悼・坂井泉水さん

 2007年5月27日、今から15年前の今日、授業から帰ってきたばかりの私のパソコンに「先生、大変です。坂井泉水さんが亡くなりました」と同僚からメールが入っていてビックリ仰天。彼女の歌が好きだっただけに大ショックでした。坂井泉水さんは、病気治療(子宮頸ガン)で闘病生活を送り、入院先の病院の手すりに乗っていて3メートル下に転落、病棟脇の非常階段で倒れて亡くなっているのが発見されました。脳挫傷でした。40歳の若さでした。今日は命日ですので、坂井さんの活動を振り返ってみたいと思います。

▲東京での追悼展にも行ってきた。「Zard Gallery」

 坂井泉水さんの活動の集大成『ZARD CD&DVD COLLECTION 〜永遠のスタンダード・ナンバー〜』(アシェット)が、2017年2月8日に創刊され67号まで発刊されました。私は全部揃えています。2020年に「NIKKEIプラス」から発表された「10代から60代に聞いた、今こそ聴きたい、元気になれる歌15選」では、ZARD「負けないで」が総合第2位にランクされるなど、不朽の名曲の数々(16年間の活動で155曲)は、今もなお世代を超えて色あせること無く受け継がれています。16年間の歌手生活の中でテレビ出演はたったの7回です。「テレビに出なかったのは、彼女が極度に緊張してしまい、良さが伝わらないと考えたから。それに何より、曲作りに力を傾けていたから」長戸大幸プロデューサー。コンサート活動もほとんどしていません。それなのになぜにこんなにも長きにわたり、ZARDの楽曲は愛され続けるのでしょうか?

▲東京・町田市で開催された「心に響くことば展」

 その答えは2004年のライブツアーのMCで坂井さんが語った有名な言葉に見ることができます。「私はいつも本当に言葉を詞を大切にしてきました。音楽でそれが伝わればいいなと願っています」I have always treasured words from the bottom of my heart. I would like to send my messages to others through my music.普通の人の傍らにある喜びや悲しみを自分らしい言葉で、そして音楽を通して表現していきたいというのが彼女の思いでした。そのことは、2020年にNHKBSプレミアムで放送され大反響を呼んだ、ZARDスペシャルドキュメンタリー番組「ZARDよ永遠なれ 坂井泉水の歌はこう生まれた」でより一層はっきりとしました。この番組はデビュー30周年となる2021年2月10日に、特別編集版でパッケージ化されて発売されました。ぜひご覧いただきたい貴重な映像です。また昨年の6月に、東京都・町田市の町田市民文学館」で開催された「ZARD坂井泉水 心に響くことば展」に史上最大規模で展示された直筆歌詞や資料でもそのことははっきりと感じることができました。もちろん「色鮮やかなメロディー」「こだわり抜いたサウンド構成」「唯一無二の歌声」「心くすぐられるビジュアル」(=美人)など人気の秘密はいろいろあるのでしょうが、わたしが一番の魅力と考えるのは、やはり坂井さんが大切にしてきたと公言している「歌詞」です。一切の妥協を許さず、レコーディングでは20回でも30回でも歌い直したといいます。

 彼女の楽曲で最も有名なものは、やはり「負けないで」でしょうね。2014年から高等学校英語の教科書「MY WAY English Communication Ⅱ」(三省堂)にも採用され、初年度でも全国約400の高等学校で採用されました。1995年1月の阪神淡路大震災や、2011年3月の東日本大震災の際に多くの人々を励ましたこと、1994年には選抜高等学校野球大会の入場行進曲に採用されたこと、坂井さんが言葉にこだわり、制作に全精力を注いだことなどが、何度も何度も書き直された直筆の歌詞とともに伝えられています。「約20年間も色あせることなく、今もって若者の間で、“人生の伴奏歌”として歌い継がれてきています」というのが採用理由だったそうですが、実は、作った坂井さん本人の意図とは全く異なるものでした。歌詞をじっくりと読んでみればはっきりしますが、「男女の恋愛の世界観」を詠んだ歌であることが一目瞭然です。「事情があって遠く離れてしまった女性の『失恋の歌』」寺尾 宏ディレクター)です。元カレを遠くから見つめて応援する女性の心を描いています。彼女の多くの楽曲に出てくる女性像はほぼ一貫しているんです。その失恋ソングがなぜ「応援歌」に定着してしまったのか、に関しては私なりの推論をコチラに書いていますので、興味のある方はご覧ください。

 私は数ある彼女の名曲の中でも、「forever you」に強い思い入れを持っています。坂井さんの体験そのものが歌詞のなかに織り込まれているのです。

▲『ZARD 30th Anniversary Photo & Poetry Collection THE WAY』(ミュージックフリークマガジン、2021年5月)


   Forever you       ZARD

                 作詞 坂井泉水  作曲 織田哲郎   

若い頃は人一倍好奇心が強くて
いろんな周囲(まわり)の人や家族に迷惑ばかりかけてた
手さぐりで夢を探していた あの日
自分が将来(あした)どんな風になるのかわからなくて ただ
前に進むことばかり考えていた Dear old days

もう泣かないで やっと 夢が叶った
ずっと…forever you
そう あせらずに そう 急がずに 大人になりたい

たくさん失敗もしたけど いつもそんな時
優しく親切だった人達の笑顔が浮かんだ 涙も忘れた
自分で選んだ道だから

もう迷わない 今が幸せだから
ずっと…forever you
そう あせらずに そう 急がずに 愛したいの

それは暖かいあなたに出逢うまでの試練
過去(むかし)に後悔なんてしてない
またとない 二度と来ない 私の青春だから

So stay with me my love forever


 この曲は、ZARDの1995年発売のアルバム『forever you』のタイトルにもなったバラード曲です。主人公の嘘偽りのない気持ちを切々と歌い上げた名曲ですね。主人公が過去に思っていたこと、迷っていた体験は、全て間違いじゃない、過去を否定しない、後悔はない、という内容の歌詞がとても新鮮に響きました。実は、この「forever you」という曲が制作される少し前に、坂井泉水さんのZARD以前のキャリア(グラビアモデル、レースクイーン)についての、あることないことの誹謗中傷記事が、新聞や週刊誌に書かれて、彼女はひどく傷ついていました。坂井さんは、ZARDになる前の自分の仕事については、キャリアの一部だとそのまま受け入れて、当時の仕事を取ってきてくれたスタッフたちにも、感謝の気持ちを忘れていませんでした。ところが、事実ではないデタラメ記事がスポーツ紙に大きな見出しで踊ったときには、涙をこらえきれませんでした。ZARDのスタッフたちに泣き顔を見せたくなかったのでしょう、しばらく化粧室から出てきませんでした。スタッフたちにただ一度だけ見せた、坂井さんの悲しみの涙でした。坂井さんの育ての親で、プロデューサーの、長戸大幸さんが当時を回想して、この「forever you」という曲の誕生秘話を明かしています。これは坂井さんの自伝的な歌詞でもあるんですね。

 坂井はね、記事の内容が事実であれば、グラビアの仕事を書かれても、過去のセクシーな水着の写真が掲載されても、堂々としていました。自分が納得して引き受けた仕事だからまったく気にしていないという態度です。そういう仕事を取ってきてくれたかつての事務所のスタッフに感謝していたほどです。ただね、僕たちはグラビアをやっていたことを興味本位で記事にされることは嫌でしたよ。だから、かつての自分を後悔していないなら、そういう歌詞を書いて歌ってくれ、と坂井に言いました。それでつくったのが『Forever you』という曲です。歌詞には若いころの自分を悔やんでいないこと、夢を探していたこと、手を差し伸べてくれた人への感謝がつづられています。  ―『永遠 君と僕との間に ZARD』(幻冬舎、2019年)

   2004年に敢行されたZARD初にして唯一の全国ライブツアー「What a beautiful moment tour」が、47都道府県の映画館で上映されました。⇒私のレポートはコチラです  私は松江イオンの「松江東宝」でグッズも求めてきました(クリアファイル2種類、ブックマーク)。やはり劇場の音響で聴くと、坂井さんの会場に響く力強い歌声や、バンドの迫力ある演奏が臨場感をもって伝わってきます。♥♥♥

カテゴリー: 私の好きな芸能人 | コメントをどうぞ

京都駅二つの日本一

 2010年の京都大学の二次試験の英語問題に、次のような「和文英訳」が出題されました。京都大学の英作文は一筋縄ではいかず、いかに和文和訳をしながら日本語を読み替えていくかがカギとなります。この問題もそこがポイントになってきます。京都大学の入試問題の英作文は日本語との格闘を要求しているのです。英語の試験にもかかわらず、「日本語力」が問われています。専門性と思考を深めるための道具として「母語」の重要性を伝えようとしています。発信力はもちろん大切だけれども、「その前にもっと必要なものがあるでしょ?」というメッセージだと私は感じています。


 子供のころには列車での旅行というのは心躍るものであった。年に一度、夏休みに祖父母の家に行くときには、何時間も列車に乗ると考えただけでわくわくした。今では長距離列車を見ても、子供のころのように気分が高まることはないが、大きな駅のホームに日本各地に向かうさまざまな列車が並んでいる光景は鮮明に覚えているし、発車の瞬間の独特の高揚感を思い出すこともある。


 私はこの問題を、JR京都駅のホームを思い浮かべながら解説をしました。古都の玄関口である京都駅。JR各線をはじめ、近鉄や京都市営地下鉄が乗り入れ、1日平均約60万人(新型コロナウイルス禍前)が行き交う関西有数のターミナル駅です。空中径路や大階段が人気スポットとなり、駅そのものが観光名所となっています。西南戦争が起こった明治10(1877)年に開業し、今年で145周年。この歴史あるJR京都駅(現在4代目)は、他の駅には見られない「日本一」が二つもあることでも知られています。(1)日本一長い0番ホームと、(2)最も数字の大きい34番ホームです。

▲空中径路

 京都市内を南北に貫く烏丸通を市中心部から南下し、正面に見えてくるのが、近代的なたたずまいの京都駅です。中央口から改札を抜けると、すぐ目の前に0番ホーム(現在全国で40ほどの駅に0番ホームがある:長崎駅、盛岡駅など)。主に北陸方面に向かう「特急サンダーバード」が発着しますが、朝は琵琶湖線などの新快速も発着します。0番ホームに立つと、2~10番までのホームは臨めるんですが、なぜだか1番ホームだけが見当たりません。そう、京都駅には1番ホームが存在しないのです。

▲京都駅0番ホーム。主に北陸方面へと向かう「特急サンダーバード」が発着する

 平成4年、駅ビル工事の一環でホームを拡張した際に、「運転番線」の改訂が行われたことが原因です。「運転番線」は、運転士らが職務上使う番号で、ホームの有無にかかわらず線路ごとに付けられています。京都駅では、JR東海が管理する東海道新幹線の11~14番線の数字は、JR西日本は動かせないという事情があり、JR西日本の在来線11本の運転番線を10以内で収める必要がありました。そのために、0~10の数字を割り当てたのです。

 一方、ホームの方は、1からの番号が振られており、この時点では1番ホームは存在していました。ただ、ホームは1番だが0番線が通るという矛盾した状態で、混乱を招いたことから平成14年、ホームも0番に変更されたといいます。さらに0番ホーム(323メートル)は、その先に続く30番ホーム(235メートル)と一体化され、全長558メートルとなり、日本一の長さを誇ります。東端から西端まで歩くと、831歩、5分43秒もかかります。新幹線のホーム(400メートル強)よりもずっと長いのです(在来線の列車28両分の長さ)。では1番線はどこに行ったのでしょうか?実は0番線と2番線の間にある貨物列車や回送列車の専用通過線路で、ホームが必要でない線路だったのです。

 その後、山陰1番ホームの名称は30番ホームに変更され、ほかの山陰線のホームも31~34番ホームとなりました。これはJRが言葉遊びをして、山陰線の31番ホームの「さんいん」という発音に「31」という数字を充てようとして、それ以前の数字を飛ばしてしまったのです。ここで、もう一つの日本一が誕生しました。京都駅には0~34番のホームがあります。ただ、15番から29番までは空白で欠番となっており、実際にあるホームは19本だけなんですけどね。34番は嵯峨野線(山陰本線)の降り場専用という珍しさもあります。「のりば」数字ではなく、実際に最も多くのりばが存在するのは、東京駅です。在来線が1番から10番、東海道新幹線が14番から19番、東北・上越新幹線が20番から23番と全部で20ホーム。地下にも、在来線のホーム総武・横須賀線の1番から4番、京葉線の1番から4番、合わせて8つの「のりば」があります。合計すると「28」で、単独の駅としては日本一です。

 旅情をかきたてる京都駅は、たびたび小説やエッセーなどにも登場しています。駅や列車を舞台にしたトラベルミステリーといえば、3月にお亡くなりになった作家、西村京太郎先生です。京都駅の0番ホームは、作品タイトルにもなったほどです。平成22年に当時の角川書店から出版された『京都駅0番ホームの危険な乗客たち』(写真右)おなじみの「十津川警部」シリーズの一つとして人気があります。

photo

▲京都駅の二つの日本一とは?

 暗号めいた新聞広告をもとに、要人に復讐を企てる犯人グループが京都駅0番ホームから寝台特急に乗り込んで計画を遂行し、十津川警部が事件を解決していきます。小説で0番ホームは、当時運行していた大阪と青森、札幌を結ぶ寝台列車「日本海」「トワイライトエクスプレス」が発着する場として描かれました。ほかに京都駅を題材にした西村作品は、京都駅爆破を脅迫する犯人と十津川警部たちとの行き詰まる攻防を描いた『京都駅殺人事件』(光文社)があります。⇒私の解説はコチラです  ただ、長年にわたり京都を拠点に執筆活動をしていた西村先生にしては、京都駅をテーマにした作品は意外に少ないんです。♥♥♥

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

ダブルクリップ

▲白潟本町の「原文タイプ パピロ21」

 毎日このブログの下書き原稿(今日現在で1,446本)を、「ダブルクリップ」で挟んで、鞄の中に入れて持ち歩いています。松江駅「ドトール」で、米子往復の電車の中で、駅のホームでの待ち時間に、ご飯を食べに入ったレストランで、授業の合間に、時間を見つけてはお気に入りのエナジェルインフリーのピンク(0.7㎜)を使って校正をしています。持ち歩く原稿が溜まってきて分厚くなってくると、小型のクリップでは挟めないので、最も大きな「ダブルクリップ」が必要になってきます。最も大きなものは、文房具の専門店に行かないと手に入りませんので、今日は白潟本町「原文タイプ パピロ21」まで行ってきました。タイプライターを使っていた学生時代から慣れ親しんだ文房具専門店です。ダブルクリップの最大のものと最小(ミニ)のものがどれくらい違っているかは、下の写真をご覧になれば分かると思います。

▲ブログ原稿をこうやって持ち運ぶ

▲ダブルクリップの大とミニ

 もっと大きな「特大」クリップが、東京の「伊東屋」などには売れています。東京大・京都大志望者のために私が編集した英語演習プリント&解説が300枚ほどあるんですが(写真下)、これを留めておくためには、この「特大」が必要になってきます。どれくらい大きいかは、ミニと比較してみるとよく分かります。

▲今度は特大とミニ


 なぜこれを通称「ダブルクリップ」と呼ぶのか不思議でしょう?クリップの持ち手を折りたたんで横から見るとアルファベットのWの形をしています。このW(ダブリュ)がダブルと変化したものらしいんです。この「ダブルクリップ」はテコの力を利用してレバーでクリップを開くようになっています。結局、横から見た形がアルファベットの「W」に見えるから、ダブルクリップ」ということなんですね。

 この「ダブルクリップ」は、1910年にアメリカのルイス・エドウィン・バルツレー氏が発明したものです。ワイヤーレバーを使ってテコの力で板バネの口を開く構造は、100年以上前の発明段階からなんら変わっていません。実際に出された特許の書類(写真下)と比べても、見た目は現在の市販品とほぼ一緒ですね。2~100枚を超える紙を簡単に束ねられて、不要になればすぐ外せて元通り。100年以上の長きにわたって進化する必要がなかったぐらいに、優れた製品なのです(材質は多少進化している)。

▲米国特許商標庁に登録されているダブルクリップ(Paper-binding clip)の画像より

 とはいえ、欠点が存在しなかったわけでもありません。自分で「ダブルクリップ」を使ってみればすぐ「ははーん、アレだな」と分かると思います。とにかくバネが固いのです。100枚以上の紙をがっちり束ねる必要上、板バネの弾力はどうしても強くなってしまいます。その弾力を細いレバーでグイッと広げるのですから、いくらテコの力を使っているとはいえ、なかなかの腕力が必要になってくるのです。弾力が強い大サイズともなると、女性やお年寄りにとっては使うのもイヤだなと感じるレベルでしょう。近年、プラスから「エアかる」という画期的な「ダブルクリップ」が出て話題となりました。「てこの原理」を応用した新機構により、開く力を従来品比で最大約50%に削減し、空気のように驚くほど軽く開くことができるダブルクリップです。「エアかる」というのは、空気のように軽く開けられるという意味です。⇒私はコチラに詳しく紹介しましたのでご覧ください。♥♥♥

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

Promised You

 3連休に、テレビドラマ「鉄道捜査官」の記念すべき第1作、第2作を見ました。当時は「鉄道おんな捜査官 花村乃里子」(てつどうおんなそうさかん はなむらのりこ)のタイトルで放送されました。第1作「東北新幹線やまびこ  トンネル殺人7分の罠!」(2000年)と、第2作「私は殺された  鳴門の渦に女の叫び!」(2002年)です。主演の沢口靖子(さわぐちやすこ、56歳)さんが、まだ若くてピチピチしていたのが印象的でした。このシリーズ、現在では、第19作までが公開されています。このたび沢口さん主演の「科捜研の女」が最終回で終了しましたから、久しく間が空いていた「鉄道捜査官」の製作が始まるのではないかと期待感が高まります。第1作、第3作(津和野・山口線のSLをテーマにした作品でトリックがとても面白かった。津和野高校に勤務していた私には懐かしく思い出される場所がたくさん出てきます⇒コチラです)以外の原作は、故・西村京太郎先生十津川警部シリーズですが、捜査員の刑事は全て「鉄道捜査隊」に置き換えられています。主人公も鉄道捜査官の女性・花村乃里子に置き換えました。ゴツゴツしたイメージの十津川警部ではなく、女性刑事を配することで、お茶の間の人気を狙ったテレビ局側の作戦だったのでしょう。そこら辺は、私の大好きだった故・津村修介(つむらしゅうすけ)さんの私立探偵・浦上伸介(うらがみしんすけ)シリーズが、テレビ化される際に、女性の高林鮎子(たかばやしあゆこ)弁護士に置き換えられたこととよく似ていますね。⇒ここら辺の詳しい事情についてはコチラに書きました  さて、今日見た2本のドラマの最終エンディングに、美しい調べで流れてきたのが、大好きなZARDの故・坂井泉水(さかいいずみ)さんの「Promised You」でした。そういえばこの曲、かつてのテレビ朝日系『土曜ワイド劇場』のエンディングテーマだったんですね。

    

   Promised you ~ ZARD

      作詞:坂井泉水 作曲:栗林誠一郎 編曲:Cybersound

土曜にはめずらしく 人通りが少ない
いつからか 不安な雨が降る
あの頃の思い出が懐しい
君は深く 眠っていたよね
恋がいつか愛に変わった
promised you また始めよう
白く煙った宇宙に
みんな笑って生きてる
長い冬が終わって
promised you また始めよう

 美しいメロディーに、坂井さんの素敵な詩がマッチして、印象的な曲となっています。まるで現在のコロナ禍の自粛ムードを絵に描いたような詩でもあります。その中の「恋がいつか愛に変わった」というフレーズが、なぜか心に残っています。「恋」「愛」の区分というのはいったいどこにあるのでしょうか?大雑把に言うと、何となく「恋」は「表面(見た目・肩書き・財産etc)」で「愛」は奥深い「内面」といった感じがします。

 以前、何かで聞いたか読んだかした話で、うまい事言うなぁ~と思ったのは、

『恋』は「心」という字が下にある →下心がある
『愛』は「心」という字が内(真中)にある →真心がある

という話です。何か妙に納得してしまったことでした。損得や駈け引きのない、心からの想いが『愛』なのかなとも。遠く離れても変わらぬ想い。この“想い”は、“慕う”だけではなく、“気にかける”とか、“見守る”とか、心遣いや優しさなどいろいろ含まれますね。「恋がいつか愛に変わった  promised you  また始めよう」とても好きな素敵な歌詞です。長戸プロデューサーは、「新しいはじまりを予感させるようなイメージにしたかった曲」と語っておられました。

 この「promised you」(プロミスド・ユー)は、ZARDの33枚目のシングルです。ZARD9枚目のオリジナルアルバム『時間の翼』(ときのつばさ)の中に収録されている楽曲です。「promised you」直訳すると「あなたと約束した……」という意味になりますね。ボストンのサウンドチーム・Cybersoundと唯一組んだ楽曲です。マイケル・アフリックのコーラスを全面的にフィーチャーしたミディアムバラード調の編曲が楽しめる逸品です。ただこの楽曲を収録したアルバム『時間の翼』(2001年2月)は、ZARDのオリジナルアルバムで、唯一廃盤を経験した作品として知られています。坂井さんおよびプロデューサーの長戸大幸さんの双方にとって、「ZARDの作品としてどこか納得がいかない」という話になり、「二人の間でじっくりと時間をかけてきちんと作り直し、いつか良いタイミングに発表し直そう」との結論で、いったん廃盤することとなりました。

 坂井泉水さんは子宮頸ガンで闘病生活を送り、2007年5月27日に、入院先の病院のスロープから転落、脳挫傷のため亡くなりました(享年40歳)。あれからもう15年です。命日が近づいてきました。♥♥♥

カテゴリー: 私の好きな芸能人 | コメントをどうぞ

ネット情報の恐ろしさ

 松江北高では年に一回、学校行事で「芸術鑑賞」として、演劇・音楽・古典芸能などをローテーションで鑑賞させています。もうずいぶん前のことになりますが、その年は「学校寄席」として、若手落語家による「落語」を体育館で鑑賞しました。その落語の中で、森喜朗元総理の失言エピソードがネタとして使われ、生徒・教員たちは一同大爆笑でした。例の話です。今でもネット等に載っている有名な話ですね。

【森喜朗総理とビル・クリントン米大統領の対面前】
森総理クリントン大統領が会うことになり、対面する時に英語で話したいのだがどうすればいいのか?という事を側近に聞いたところ、「最初に元気ですか?と聞いてください。How are you?で結構です。そうしたら大統領は、おそらく元気だと言ってから、総理にも元気かと聞いてくるはずですので(I’m fine, thank you. And you?) 、Me, too.(私も元気です)と言ってください。」との答えが返ってきました。そして本番で、森総理はこのやりとりを完璧にこなすはずでした。が…。

【実際は・・・】
ついに2人は対面します。しかし・・・森総理のいきなりの発言に本人だけでなく、周囲もビックリ仰天します。

森総理:「Who are you?(あなたは誰ですか?)

これを聞いたクリントン大統領は、何かのジョークに違いないと思ったのか、とっさの機転を利かせ、こう返します。

クリントン大統領:「I’m Hilary’s husband.(私はヒラリーの夫です)

さすがアメリカ人。アメリカン・ジョークで自虐的に応えます。しかし、森総理はアメリカ人も顔負けの更なるジョークで対抗するのでした。

森総理:「Me, too.(私もです。)

 ネット上には、今でも上のような記事が堂々と載っています。当時は週刊誌などで面白おかしく取り上げられて、拡散していきました。情報が一人歩きしたのです。例えば次のような記事です。

 もっとも、わが総理に国際センスを望むのはムリというもの。五月の日米首脳会談の際クリントン大統領に、「ハウアーユー(ご機嫌いかが)」「ミートゥー(私も)」とだけ言うようにアドバイスされていたが、いざ会うや「フーアーユー(あなたは誰)?」とやってしまった。大統領が苦笑いしながらも、ユーモアなのか、と思い「アイム・ヒラリーズ・ハズバンド(ヒラリーの夫です)」と答えると、森首相はなんと、「ミートゥー」と答えた――。そんな英会話能力に恐れをなしたか、首脳夫人は一人も沖縄入りしないという異例のサミットとなった。— 「サミットで首脳夫人にも嫌われた森喜朗首相の英会話」『週刊文春』2000年8月3日

 実は、これは大嘘です。デッチ上げです。この嘘の発信源として森政権退陣後の2004年、毎日新聞記者の高畑昭男さんが名乗り出ています。私がやりました。ごめんなさい、と謝罪しています。「これは元々お隣の韓国の金泳三(キム・ヨンサム)大統領が英語が苦手なのを皮肉ったジョークです。それをどこかで聞いて、外務省記者クラブで「これ森さんに替えても使えるよね」と言ったら、それがあっという間に広がってしまった。森ジョークは私が広めた張本人でございまして、森首相には申し訳ないと思っております。これが実話のように新聞や週刊誌にも書かれて、一年ぐらい経った後でも、永六輔さんが講演をされた際に「これは本当にあった話だ」と話されたとか聞いております。」と。立腹した森元総理自身もコメントを出しています。

 訪米した際、私がクリントン大統領に「フー・アー・ユー」と言ったという話までまことしやかに書かれた。いくら私が英語が得意ではなくても、そんなこと言うわけがない。それを本人に確認もせず書いてしまう。こうなるとほとんどもう悪意そのもの。それが私個人への誹謗中傷で済むならいい。私は何も、森喜朗という個人を誉めてくれなどと言っているのではない。しかし、そういう報道が日本の総理大臣、ひいては日本そのものを貶めているのだということを考えて欲しい。(森 喜朗)

 私はすぐにこの事実を「あむーる」に載せて、翌日の職員朝礼で配布し、各クラスの生徒達に周知してもらいました。

◎「あむーる」第9号 2016年 ⇒コチラで読むことができます

 ネットの情報は便利なものですが、このようにデマ情報もたくさん混じっていることにくれぐれも注意しなければなりません。英語に関しても、生徒たちがいろいろな事項を検索をしていますが、嘘もたくさん混じっていることに愕然とします。かつて、私の尊敬する故・渡部昇一先生が、ご自分の「ウィキペディア」の紹介記事がデタラメだらけであることを、雑誌『WILL』(ワック出版)に書いておられたことがあります。ご本人が言うのだから間違いありません。ネットの利用には、気をつけたいものです。♥♥♥

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

「香味徳赤崎店」

◎週末はグルメ情報!!今週はラーメン

 勝田ケ丘志学館山根館長さんに、東伯郡琴浦町赤崎のラーメンの名店「香味徳」(かみとく)に連れて行ってもらいました。鳥取中部の牛骨ラーメンの老舗の名店です。創業は1949年(昭和24年)の老舗のお食事処です。「香味徳」の大きな看板が見えてきます。この看板が目印です。まるで民家のような趣のある外観ですね。今も変わらない昔ながらの味が人気のラーメン店です。店内に入ってすぐ目の前に、食品サンプルの展示があります。まずはそのメニューの多さに驚かされます!ラーメン屋さんというよりも、大衆お食事処といった方がいいかもしれませんね(そう言えば看板には「喫茶」とありました)。昭和14年創業の老舗食堂です。老若男女問わず、愛され続けています。

 広々とした店内に、4名テーブル席、座敷席で、ゆったりとした空間です。ベテランらしきおばちゃんたちが、丁寧に接客してくださいます。昔ながらの雰囲気がまた良くて、温かい気持ちになりますね。

 私は「ラーメンセット」を注文しました。牛骨ラーメン、コロッケ2個、サラダ、お漬物、大盛りご飯のセットです(1,000円)。ラーメンの具材は、チャーシュー、玉子、メンマ、モヤシ、ネギと、シンプルな組み合わせです。見た目は塩ラーメン。スープは、牛骨の出し汁がたっぷり出ていて、油も結構浮いているんですが、味付けは薄口醤油を配合したあっさりとした味。あっさり系でありながらコクもあります。「飲み干し系」と呼ばれる透明感のあるスッキリスープでした。体に染み渡ります!麺は弾力のある中太ちぢれ麺でした。麺にもスープが染みていて美味しかったです。シンプルなゆで卵は、濃厚なスープとの相性が良く、欠かせないトッピングの一つです。じっくりと煮込まれた牛骨の旨味と甘みが凝縮された一杯です。昔から受け継がれているこの味をたくさんの人に知ってもらいたいですね!

 昔から多くの人に愛される歴史あるラーメン店です。メニューも豊富で料金もリーズナブル!!人気なのも頷けました。レジのところには、地元のコロッケや練り物が販売されていました(写真下)。ハワイ東京・銀座にも出店しておられるというのは驚きですね。由良(ここが一番美味しいと聞きました)倉吉にもお店があるとのことなので、食べ比べてみるのもいいですね(店舗によって少しずつ味が違うと評判です)。ついでながら、この「銀座香味徳」監修のラーメンが「鳥取ゴールド」(寿がきや)という名前のカップ麺で販売されています。スープも同じ味でした。♥♥♥

▲「香味徳」のカップ麺です。

カテゴリー: グルメ | コメントをどうぞ

天保山大橋

 USJに向かう観光客の多くはJRゆめ咲線(西九条~桜島)の「ユニバーサルシティ駅」を利用しています。しかしUSJの玄関口はここだけじゃありません。私は最初は知らなかったので、それまではずっとJRを利用してぐるーっと回って、無駄な時間を過ごしていました。USJには港があるんです。それは「ホテルユニバーサルポート」の足元にある「ユニバーサルシティポート」。港といっても横浜の大桟橋や神戸のポートターミナルのような立派なものを想像してはいけません。安治川に簡単な浮き桟橋、これが「ユニバーサルシティポート」。名前の割には、そして天下のUSJの表玄関にしてはなんともシンプルで、その簡素さにビックリする人も少なくないとか。浮き桟橋上にある乗船券売り場も、写真下のように質素なプレハブです。ここから本当に船が出るの? と不安感がますます募ってくる人もいるかもしれませんが、心配ご無用。建物の内部にはチケットカウンターも待合室もあります。


 「キャプテンライン」の正式には「海遊館西はとば」行きです。片道700円、往復すれば1,300円。「10分間の船旅でこれは高いんじゃないの~!」などと思ってはいけません。まず、安治川で隔てられた大阪ベイエリアの両施設を陸上ルートで行ったとしたら、10分などではとてもたどり着けません。そして乗船券には特典も付いているのです。「海遊館」の割引券200円分(大人のみ)と、「海遊館」のある天保山・大観覧車の100円割引利用券が付いています。ちなみにこれから乗る「キャプテン・シルバー号」は総トン数60トン。トン数で言われてもピンとこない人も多いでしょうから、定員で表すと146人まで乗船可能。小さな船体に似合わず、かなりの人数を運べるのです。

 「キャプテンライン」は乗下船のサポート、チケット販売、そして船の運航全て女性によって行われています。彼女たちのキビキビした動きによって、浮き桟橋で待っていた大勢の人たちもスムーズに乗船できる。そして、女性キャプテンの元気な声で出発。桟橋では笑顔の女性クルーが手を振って見送ってくれます。女性クルーの見事な運航で、「キャプテン・シルバー号」は安治川を下っていく。キャプテン・シルバー1階にはイス席、天候のいい日には2階のデッキに出ることをオススメします。大阪港の表玄関である安治川をまたいで阪神高速5号湾岸線を対岸に通す全長640mの「天保山大橋」をくぐる瞬間、その迫力は2階デッキでより感じることができます。ちなみにこの「天保山大橋」(1991年開通)、大型船舶が航行するため、海面からの高さは52メートル、主塔の高さは152メートルもあります。つまり日本有数の斜帳橋(主塔から斜めに張ったケーブルで橋げたを吊っている)で、保守点検などのため、主塔にエレベータが設置されているという点では世界的にも珍しい橋です。「天保山大橋」をくぐり終えると、この地域の一大ランドマーク・大観覧車が迫ってきます。さらに、運がよければ天保山客船ターミナルに停泊しているクルーズ客船を間近に見ることができるかもしれません。

 やがて「キャプテン・シルバー号」は左に舵を取り、海遊館西はとばに到着します。目の前が「海遊館」という、絶好のロケーションです。最初は「10分間で700円!」と心の中で渋い表情を作っていた私も、その中身の濃い船旅にすっかり満足していました。

 「キャプテンライン」USJ「海遊館」という2大スポットを結ぶ単なる渡し船ではありません。大阪ベイエリアの魅力をコンパクトに体験できる、実は魅力たっぷりのミニ・クルーズ船なのです。元気な女性たちが運航する「キャプテンライン」に乗ってみると、きっと、いいベイエリア土産になるはずだです。♥♥♥

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

consequence

 新聞・雑誌や入試問題を読む際に、consequenceという単語がよく出てきます。受験生なら誰でも知っている単語ですね。今日の長文読解演習にも出てきました。『新ユメタン』(アルク)や、松江北高で使っている『音読英単語〔必修編)』(Z会)には「結果、成り行き」とだけ出ています。『英単語ターゲット1900』(旺文社)「結果;重大性」です。一応これはこれで、大学入試はクリアすることができるでしょうね。でも私はこれでは不満なんです。この単語は、con(一緒に)sequ(続く)=「一緒に後ろに続くこと」で、「何かした後に続いてくるもの→結果」という意味です。私は授業でこの単語が出てくる度に、「複数形で使うことが多く、よくないことに使うことが多い単語だよ」と注釈を添えることにしています。ネガティブなニュアンスを持つ語で、「悪い結果」や「深刻な結果」を表すことが多く、serious consequences(深刻な結果)grave consequences(由々しき結果)などのマイナス表現で使われることが多いんです。そのことは注意深く新聞・雑誌を読んだり、丁寧に英米の辞典を読めば気がつくことです。

a result of sth that has happened, especially an unpleasant result  [OALD10]

a result of a particular action or situation, often one that is bad or not convenient   [CALD4]

 したがって、consequenceと共によく使われる形容詞も、dire(恐ろしい), disastrous(悲惨な), fatal(致命的な), inevitable(避けられない), serious(重大な), tragic(悲劇的な), unforeseen(予期せぬ), unfortunate(不運な) [MED]といったマイナスイメージのものが多いんです。今年の4月の「3年生進研模試」第4問にも、次の様な英文(negativeと共起)が出てきました。

 Generally speaking, research suggests that people prefer things that often benefits in the short-term rather than the long-term. This pattern can be a problem when  the short-term option has some negative consequences for the long-term.  一般的に言って、人は長期的よりもむしろ短期的に利益を提供するものを好むことを研究は示唆している。この思考様式は、短期的な選択肢が長期的に何らかのよくない影響を与える場合に問題になる可能性がある。

 尊敬する山岸勝榮先生『スーパーアンカー英和辞典』(学研)で、「結果,成り行き ▲ある行為を行うことによって生じた結果で、行為者が責任を持つべきもの。しばしば、避けられたはずの悪い結果をさすと正確に記述しておられます。さらに類義語〕として、「resultは「結果」の意の一般語で、最終的な結果を強調する。consequenceはある人の行動や決定がもたらす、通例好ましくない事のなりゆき。effectは原因(cause)に対する直接的な結果や効果。outcomeは結果として出るまでどうなるか確信をもって言えないものをいう」と、参考になる説明が加えられています。私たちの『コンパスローズ英和辞典』(研究社)では、〔しばしば複数形で〕「(しばしば良くない)結果、成り行き」と記述しました。

 consequenceに、尊敬する竹岡広信先生『LEAP』(数研出版)の中で、「主に(よくない)結果」と書いておられるのはさすがです。他の受験用単語集とは一戦を画し、最も信頼すべき単語集と私が高く評価するのはこんな所からなんです。「★consequenceはしばしば良くない結果を暗示する」(『システム英単語』(駿台文庫))「通例望ましくない内容について用いる」(『コーパス4500』(東京書籍))もいいですね。♥♥♥

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

ジンベエザメ

 ジンベエザメは、英語ではWhale shark (ホエールシャーク・直訳で鯨ザメ)と呼ばれており、魚類の中では最大の大きさの生き物です(体長10~12m、体重18トン)。サイズは大きいですが、動きは遅く通常の遊泳速度は時速4キロしかありません。サメと聞くと、スピルバーグの映画『ジョーズ』(Jaws)との連想から、「人食いザメ」や「凶暴な魚」「怖い」「襲ってきそう」というイメージをいだきがちですが、ジンベエザメはとても大人しい魚で、人間に危害を加えることはありません。食べ物もオキアミという、エビに似たプランクトンや小魚、海藻を食べます。歯は退化していて、とても小さな歯が口の上下合わせて約8,000本並んでいます。食事の仕方が独特で、プランクトンの多い海面付近に体を垂直近くまで方向け、大きく口を開けて海水ごと吸い込みます。吸い込んだ海水の中からプランクトンだけを濾し取り、海水は鰓裂(さいれつ)と言われるエラから排出します。ジンベエザメは、1日で25メートルプールの4杯分の海水を吸い込むそうです。水族館で観察するときはぜひ、食事シーンを見て欲しいです。大阪の「海遊館」では、1日に8㎏、「沖縄美ら海水族館」では30㎏も食べます。

 とても体が大きいので、飼育するのは容易ではありませんが、日本国内では、ジンベエザメが見られる水族館が4つあります。私はそのうちの「海遊館」「のとじま水族館」の二つを訪問しています。残り二つ!!

◎海遊館(大阪)

大阪にある水族館で水槽の大きさは世界で上位5位になる最大級の水族館です。「美ら海水族館」に続き日本で二番目にジンベエザメの飼育をしています。エイたちと一緒にジンベエザメが悠々と泳ぐその姿は圧巻の一言です。

◎のとじま水族館(石川)

石川県能登島にある水族館で、2010年8月より国内4番目のジンベエザメの飼育を開始しています。「のとじま水族館」の水槽の水深は6メートルで、ジンベエザメを飼育するには浅く、ジンベエザメが餌を食べる際に垂直になるとき底に当たってしまうこともあり、6メートル近くまで成長した場合は、自然に戻す方針です。

◎美ら海水族館(沖縄)

沖縄の「美ら海水族館」は、世界で初めてジンベエザメの飼育に成功した水族館です。

◎いおワールドかごしま水族館(鹿児島)

「いおワールドかごしま水族館」は、水量1,500トンの大水槽でジンベエザメを飼育しています。ただ大人になったジンベエザメは体長10メートルを超えるため、この水槽では飼育することが出来ません。「いおワールドかごしま水族館」では5.5メートルまたは5.8メートル達する前に海へ帰すため、野生へ復帰する訓練を実施したうえで海へ帰す「かごしま方式」を取り入れています。

 ジンベエザメは、2003年ワシントン条約の付属書Ⅱ(現在は必ずしも絶滅の恐れはないが、取引を規制しなければ絶滅の恐れのあるもの)に掲載されました。♥♥♥

 

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

「象は忘れない」

 学生時代に英語力をつけるためには、英米の推理小説」を読むのがいいよ(もう一つ薦められたのがポルノ小説」!)、と薦められて、イギリスの推理小説作家・アガサ・クリスティ(Agatha Christie)の作品を片っ端から読んでいた記憶があります。当時洋書のペーパーバック1冊がちょうど300円くらいしていて、お昼ご飯(当時学食のカツカレーが280円だった)を1回抜くと1冊買えるのでした。熱狂的なファンとなってはまった私は、クリスティの作品は全部買い求めましたが、裏表紙には日付が記入してあって、「あー、この日にお昼ご飯を抜いてこの本を買ったんだなあ~」と、今では思い出に浸ることができます。当時は大学前にあった本屋さん(園山書店)に、洋書もたくさん置いてあったんです。クリスティのペーパーバックも全作品が揃っていました。こうやって貧乏学生だった私は、一冊一冊買い揃えていったのでした。他の人に買われてしまっては困るので、仲のいい女店員さんに頼んで、書棚の奥に隠したこともありましたっけ〔笑〕。今ではその本屋さんも潰れてしまいました。今は都会の大きな書店でも、洋書を置かないお店が増えていますね。そもそも学生が本を読まなくなっています。

 さて、そのクリスティの作品の一冊に、Elephants Can Remember (1972)という、名探偵・エルキュール・ポアロ最後の作品がありました。象が記憶力がいい」ということは、私は恥ずかしながらこの作品で初めて知ったんです。 推理作家・オリヴァ夫人が子供の頃教わった話をポワロにします。 象が仕立て屋に鼻を針で刺されます。 何年もして忘れてしまった頃に、仕立て屋は象に鼻から水をぶっかけられます。 象はひどいことをされたことを忘れてはいなかったのです。 記憶力が良く、自身が受けた仕打ちを決して忘れることはなく、必ず復讐する、ということです。オリヴァ夫人は事件を調査するのに、自分の入れ歯の話題から象に結び付けていきます。 ここら辺の話の持っていきかたは、さすがストーリー・テラーのアガサ・クリスティです。 自分の老いと過去の記憶を、自然に「象」の話へと導きます。

 ポアロの盟友である推理作家ミセス・オリヴァには、かつて自身が名づけ親となったシリアという娘がいました。シリアは近々デズモンドという好青年と結婚する予定です。ところがある日、オリヴァは、デズモンドの母親からぶしつけな依頼を受けます。それは十二年前に発生したシリアの両親の心中事件についてのこと。この事件では父親が先に母親を銃で撃ったのか、あるいはその逆だったのか(?)。この謎をシリアに確かめて欲しいというものでした。オリヴァから相談を受けたポアロは、彼女とともに当時の関係者を訪れて、過去の暗闇の中から真相を探ろうとします。「象は忘れない」。この不思議な言葉は、作中でミセス・オリヴァとポアロが交わした会話のなかに出てきます。ミセス・オリヴァいわく、「象」は意地悪された人間も優しくしてくれた人間のことも、決して忘れることはない、と。その言葉を知っていたポアロは、今回の謎解きにあたってミセス・オリヴァと二人で「どこかにいる象」を訪ねることにしたのです。記憶力の良い証人たちを「象」に例えたわけです。その「象」は過去の全てを覚えているはず。この時から二人の過去への探索の旅が始まりました。彼らが訪ねたのは、当時の二人をよく知る近所の人たちやシリアの家庭教師たち。また事件を担当した警察官や医師などでした。ある者は二人にはそれぞれ秘かな恋人がいたらしい、と言います。またある者は彼らほど仲の良い夫婦はいなかった、とも言います。そのほか母親は死の病を患っていた。二人のどちらかに妹か姉がいて、精神病で入院していた、等々の話が集まります。とは言え残念ながら、一人として完璧な「象」はいなかったのです。ところが物語の中盤、突如過去の霧のなかから衝撃的にその姿を現した人物がいました。その人物の登場により、今までくすぶっていた漠然とした不安や恐怖がたちどころに顕在化し、物語は一挙に緊張感が高まります。ここからが名探偵ポアロの出番。やがて彼の鋭い洞察力、人間観察力によって事件の全貌が明かされます。こうしてポアロによって完成されたジグソーパズルの「絵」は、当初の「絵」とは真逆のものでした。確かにこの強烈なドンデン返しに読者は驚倒、中にはだましの快感をも感じる方もおられるかも知れません。

 この作品で、象が並外れた記憶力を持っていると知った私は、その後、新聞や小説を読む中で注意していると、このことに何度も何度もぶつかることになります。以下はその例の幾つかです。私はその後、『ライトハウス英和辞典』(研究社)の中に、Elephants never forget.《ことわざ》象は物事を忘れない(象は記憶力がよい)という用例を含めておきました。恩師・安藤貞雄先生『三省堂英語イディオム・句動詞大辞典』(三省堂)では、Elephants never forget.《諺》ゾウは決して忘れない/an elephant’s memory ゾウの記憶力《抜群の記憶力,執念深さ》が載っています。こういった英単語にまつわる文化的背景の大切さは、学生時代に山田政美先生(島根大学名誉教授・島根県立大学名誉教授)からこんこんと教えていただきました。興味のある方は、山田先生の数々の著作をお読み下さい。♥♥♥

(1)   “Dear Lord, help me to do my work well; to have the memory of an elephant, and by some to be able to do five things at once―answer four telephones while typing a letter that ‘must go out today.’  ―”Ann Landers,” Dec.5, 1978.

(2)   “Heavenly Father : Give me the patience of Job, the memory of an elephant, and the hide of a rhinoceros. ―”Ann Landers,” Nov.8, 1979.

(3)   “You didn’t forget, did you, Angelo?” she asked. I raised my glass to her. “Angelos, like elephants, never forget.” ―H.Robins, Betsy.

(4)   “Reliable witness?” Carella asked. “Sharp as a tack. Memory like an elephant.” ―Ed McBain, Lightning.

(5)   I’ve already forgotten it, believe me, and I have a memory like an elephant. ―E. Hunter, The Blackboard Jungle.

(6)   William Small, in his own words, and through his own voluntary admission, had “the memory of an elephant.”  ―Ibid.

(7)  Please, Ann, fill me in on this. It’s been years since I read that letter and I’ve been wondering about it ever since. Can you give me an update?

     Elephant, indeed! That letter appeared at least 15 years ago and I remember it well. ―”Ann Landers,” Jul.9, 1982.

(8)   “I’m not looking for any nurses,” he said. “No?” Greg’s eyes narrowed. “I remember you, mate. Maybe you was too busy to notice me the last time you was here, but I remember you. I remember you goddamn well. I got a memory like an elephant.” ―Ed McBain, Death of a Nurse

(9)   “By the way, did you learn anything else from Mrs. Norris when you showed her Zach Caulder’s diary?”  George rolled her eyes. “Miss Elephant’s Memory here suddenly couldn’t remember where she left the diary, so we couldn’t show it to anyone.” ―C. Keene, The Clue in the Old Album.

(10)   Now, you may say that Lamp got picked up for pushing ‘way back in the sixties, and he done his time and paid the penalty, but that’s not good enough for me. I got a memory like an elephant. ―Ed McBain, Hail to the Chief.

 そんなことを思い出していた時に、偶然、柳 広司『象は忘れない』(文春文庫)を書店で見つけました。ついタイトルにつられて買って読んでみました。3.11東日本大震災時の原発事故によって今までの生活が一転してしまい、今なお苦しんでいる人たちの胸のうちを描く短編集です。立場はそれぞれ違うけれども、誰もが原発後にもがき苦しんでいる様子を、当事者の視点を様々に変えた状況で淡々と描いていきます。今でも一部では忘れ去られている現実を、今後も絶対に忘れないように、風化させないように、という作者の強いメッセージが、間違いなくタイトルには込められていますね。♥♥♥

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

追悼「再婚列車殺人事件」

 3月14日、15日、16日の3日間、3月3日にお亡くなりになった国民的作家・西村京太郎先生を追悼する特別番組が、テレビ朝日2で特集されました。その一日目は「終着駅殺人事件」(1981年)「再婚列車殺人事件」(1982年)の二作品でした。後者の主演は緒形拳さん。相手役は大谷直子さん。準主役の亀井刑事役は故・愛川欽也さん、十津川警部役は故・三橋達也さんでした。このドラマは、鳥取県米子市が舞台となっており、あの出雲大社(島根県)も出てくるところから、地元西村ファンの私としては忘れることのできない旧作品です。原作の小説は「再婚旅行殺人事件」で、短編集『蜜月列車殺人事件』(1982年)に収録されました。

 3年前、亀井刑事は井村尚子と知り合った。 鳥取に犯人が逃亡したという情報を聞き、十津川警部、亀井刑事、清水刑事は、鳥取に飛んだ。情報どおり、犯人は現れたが、女性を人質に取った。だが、鳥取県警の刑事達の協力により、犯人はあっさり逮捕されてしまった。その人質の女性は、とりあえず、病院に運ばれた。名前は、井村尚子と言う。尚子は、夫の井村正義と別れたが、3年後、よりを戻そうと正義が言ってきた。二人は再婚旅行と称して、急行「さんべ3号」に乗り込んだ。急行「さんべ3号」は、途中の長門市駅で二手に別れる。そして、下関駅で再び一つの列車になる。一度別れてもう一度くっつくという事で「再婚列車」と呼ばれているらしい。二人は、その列車と同じように、二手に分かれた。が、尚子の乗っている「さんべ3号」の方で、殺人事件が発生!しかも第一発見者は尚子。捜査線上に浮かび上がった容疑者・夫は、その時間帯に山陰本線経由の列車に乗っていたことが分かった。容疑者はどうやって、美祢線経由の列車内で被害者を毒殺したのか?亀井刑事は、再び、尚子と会う事になった。 井村正義と尚子は、再婚旅行をやり直そうと、もう一度、山陰の方へ向かった。 だが、そこで今度は、井村尚子が殺されてしまう!! 夫は別の列車に乗っていた。一体犯人のねらいは・・・・?

 急行「さんべ」は、1961年に関西方面と山陰方面を結ぶ列車として誕生しました。列車名の「さんべ」は、沿線の名山「三瓶山」に由来しています。当初は列車名も漢字の「三瓶」だったといいます。その後「さんべ」の名は、1968年に山陰方面と九州方面を結ぶ列車に転用されました。新しい「さんべ」は、山陰本線経由、美祢線経由、山口線経由の3つのルートを走る準急列車を統合して格上げした列車でした。急行「さんべ」は、米子駅熊本駅・小倉駅・博多駅を結ぶ列車が仕立てられ、夜行列車と日中を走る列車がありました。山陰方面は、鳥取発着へ延長された時期もあります。分割した列車を再び併結する列車は、昼間に設定された1往復でした。この列車がこのドラマの舞台となります。

 この作品中、急行「さんべ3号」は、7両編成で鳥取から博多までを走る急行列車です。2号車はグリーン車になっています。鳥取を午前8時26分に発車した7両の急行「さんべ3号」は、途中長門市駅で二つに分かれ、前より1号車~4号車までは美祢線経由、後より5号車~7号車は山陰本線をひた走るのです。二つに分かれた急行「さんべ3号」は、別々の線を走り、再び下関駅で一緒になり博多まで行く、別名“(離婚)再婚列車”とも呼ばれています。この列車を舞台にした殺人事件が展開します。

 急行「さんべ3号」鳥取を午前8時22分に発車。山陰線を西へ進み、長門市(山口県)に午後3時半に着きます。この駅で同列車は「離婚」。グリーン車を含む編成は、同3時36分に発車し美祢線~山陽線へ。残りの編成はそのまま山陰線をひた走り、同5時17分に下関に到着します。その3分後、美祢線を回ってきた編成が追い付いて、晴れて「再婚」を果たすのです。いったんは分かれて別々になった列車同士がその後再び一緒になる、このユニークな運行形態を「再婚」に喩え、「再婚列車」と呼んだのです。再び元の「さんべ3号」に戻った列車は、関門トンネルをくぐり、終点の博多に同6時51分に到着します。この「分割、再連結」という運用は1985年まで実施されたといいます。急行「さんべ」は、長らく山陰地方と九州方面を結ぶ急行として、運行区間の延長と短縮、運行本数の削減、夜行列車の臨時列車化など、時勢に合わせて運行形態を変化させながら、1997年に日中の定期列車を廃止。1999年に臨時の夜行列車も完全に廃止されました。「再婚列車」というこのユニークな名称は、あくまで鉄道好きのマニアの間で言われていただけで、現地で実際にそのように呼ばれていたわけではありません。いったんは別れながら、相手を待たせることなく再会する「さんべ」の絶妙な運行ダイヤを可能にしたのは、長門市-下関の距離にあったようで、調べてみると、山陰線直行が77.7キロ、美祢線回りが79.8キロと、ほぼ同じ距離なんですね。

 原作は、西村京太郎先生「再婚旅行殺人事件」(『別冊小説宝石』1981年5月)です。先生はこの作品が収録された1982年刊の『蜜月列車殺人事件(ハネムーントレイン)』の「あとがき」において、「長谷川章さんの『鉄道面白事典』が、簡潔で、しかも面白いので、ときどき参考にさせていただくのだが、山陰本線に、「さんべ」という面白い急行が走っているのを知ったのも、この本からである」として、次のように執筆のきっかけを告白しておられました。

 途中で切り離して、別々の場所へ行く列車は、よくあるのを知っていたが、いったん分かれて、また、一緒になって、終着駅へ走るというのは知らなかった。この、いわば再婚みたいな列車のことを、『鉄道面白事典』で知って書いたのが、「再婚旅行殺人事件」である。(西村京太郎)

▲私は2016年7月に西村先生を湯河原にお訪ねしました

  「再婚列車」内で起きた謎の殺人事件で、現場に残された白い封筒に、完全犯罪の秘密が隠されていました。アリバイ崩しの見本みたいな作品でしたね。実際のドラマ作品内のクレジットでは、愛川欽也さんがトップに表記されていましたが(出番も一番多い)、新聞欄では緒形 拳(おがたけん)さんがトップに表記されることが多かったようです。もう全部故人となってしまいましたがね。今回ゲストで出演した緒形 拳さんと、主演の愛川欽也さん、島崎喜美男監督は、ともに俳優座養成所の研究生として同じ釜の飯を食った仲だそうです。ドラマ中に、米子市の観光地・皆生温泉「皆生グランドホテル」が出てきて、私も小さい頃よく行ったので懐かしく思い出しました。出雲大社も事件のカギを握る舞台となっています。♥♥♥

 さて、西村先生が去る3月3日にお亡くなりになって、追悼作品が次々と公刊されています。先日ご紹介したムック『西村京太郎の推理世界』(文藝春秋)が一番のオススメです。⇒私の紹介記事はコチラです

▲西村京太郎先生の全軌跡をたどる一冊 全著作リストが貴重!

 ネット上では、「追悼西村京太郎 担当編集者が見たベストセラー作家の素顔(1)~(10)」も公開されています。⇒コチラです  今日は今井書店において、『小説宝石』4月号(光文社)の中で、推理小説研究家の山前 譲(やままえゆずる)さんが追悼文を寄せておられるのを見つけました。山前さんは、現在西村京太郎作品の最も良き理解者・研究者で、再刊される西村先生の文庫本を私が再び全部買うのは、この人の解説を読みたいがためです。『小説NON』5月号(祥伝社)にも、小梛治宣(おなぎはるのぶ、文芸評論家・目黒日本大学学園理事長)さんの追悼文が載りました。さらに西村先生のご逝去を偲んで、各社から十津川警部の短編集も矢継ぎ早に発売されています(写真下)。お亡くなりになってからも、相変わらず熱狂的な西村京太郎ファンの八幡です。♥♥♥

 しかし、十津川警部は終着駅に立ってしまった。実に残念である。しかし、その終着駅にいたるルートは西村作品のなかに数多くある。未知のルートを辿るのは楽しいに違いない。(山前 譲)

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

これぞエース!菅野智之

 ゴールデンウィーク期間中は1勝9敗と沈んだ巨人。でもこれぞ「エースの姿」です。巨人は12日のDeNA戦(横浜)に4ー1で勝利。右ひじ違和感から登録抹消後、復帰登板となった菅野智之投手(32歳)が走者を出しながらも粘り強く投げ、6回100球5安打1失点で4勝目。巨人は今季ワーストの5連敗中だったが、エースの帰還で6連敗を阻止し(チームの5連敗以上を止めたのは6度目で桑田真澄以来)、4位から3位に浮上しました。

◎フライもゴロも捕れない巨人!!31失策!

 この日の菅野投手はナインを鼓舞する姿勢も光りました。試合開始から激しい雨が降りしきり、チームはミスを連発(今年の巨人はエラーが31失策、12球団一多いんです。与四死球もリーグワースト。これもひどい。⇒「八幡必敗の3原則」コチラ)します。初回先頭の桑原の打球は打ち取ったかと思われたのですが、送球難を抱えるウォーカーをカバーしようと深追いした遊撃の中山が落球(記録は左二塁打)。このミスが響き失点すると、4回は右翼手・ポランコソトの飛球をグラブに当てながらも落球(記録は右二塁打)、5回にも二塁手・広岡関根のゴロをファンブルするなど、味方の度重なる拙守に足を引っ張られながらも、そのたびに「大丈夫!」とグラブを叩いて、ナインを勇気づけました。魂のこもった投球でした。「チームを鼓舞するような投球をできればと思っていた」そうです。1点リードの6回。先頭の牧に二塁打を許しピンチを招くと、ギアを上げました。ソト大和を連続三振に打ち取ると、四球をはさみ、二死一、二塁で迎えた代打・藤田を外角速球で空振り三振に斬ると雄たけびを上げました。「ここをゼロでいけばより勝利に近づく」とギアを入れ替え、闘志をむき出しにしました。

 こういった菅野投手の姿勢が勝利に結びついたのでしょう。以前は味方にミスが出たり、納得のいく投球ができなかったら、明らかにマウンド上で不服そうな表情を見せていましたが、この日だけは徹底してフォローに回っていましたね。チームに一体感が生まれたことも大きかったと思います。降板後もナインをねぎらい、ベンチで懸命に勝利を願う姿がありました。「今日の1勝で良い流れになると思う。明日からチームも頑張ってくれると思います」菅野投手。(実際3連勝しました)。チームに欠かせないピースが、まずは一人戻ってきました。

 病み上がりで、決して万全の状態ではありません。守りに足を引っ張られても、それでも懸命に腕を振るエースの姿に打線も奮起しました。3回にはポランコ岡本和のアベックアーチも飛び出し、菅野を援護します。4回にはプロ15年目で初となる中田の送りバントで1点をもぎ取りました。8回には中田の2点本塁打でさらに追加点を奪い、最後は大勢が締めました。菅野が抜けたチームは、試合前まで5連敗と苦しんでいましたが、見事、連敗ストッパーの役割を果たしたことに「何とか粘って投げられればと思っていた。いい結果につながって良かった」と安堵の表情を見せました。

 試合後、「エースの役目」のタイトルでブログを更新した、巨人の大エースだった堀内恒夫さん。「菅野が1軍のマウンドに戻ってきた」と書き始めると「まだ本来の姿じゃないけれど俺はエースの役目を果たしてくれたと思ったよ。内容的にはいえば菅野の本質的なところは50%も出ていないが結果的には良かった」とした上で「ようするに調子がいいときに勝てるのは並みのピッチャー。エースの役目とは自分の調子が悪いときにいかにチームが勝てるかどうかなんだ。これからの菅野に期待しよう」と結びました。まさにこれぞ真のエース、快投でした。♥♥♥

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

これ絶対うまいやつ!

◎週末はグルメ情報!!今週は袋麺

 「これ絶対うまいやつ!」は、日清食品が販売する袋麺のインスタントラーメンです。「家族と食いてぇ、この濃い袋麺。まるで国道沿いの、あのラーメン」がキャッチコピー。パッケージの絵柄からも分かるように、よく国道沿いで大きな看板を掲げているラーメン屋のような、濃い味が特徴です。スーパーなどで3食入りで販売されています。テレビのCMで、お笑い芸人のチョコレートプラネット」が、「これ絶対うまいやつ〜~」と歌う様子が特徴的で目を引きますよね。いわゆる「若者言葉」を商品のブランド名に起用し、2020年度の売り上げが当初の計画の275%を記録する大ヒット商品となりました。日清の袋麺ユーザーの中心層は、40代、50代ですが、30代ファミリー層から強く支持される新商品を作りたい、というのが日清食品の狙いでした。仕事中に立ち寄った国道沿いのラーメンの名店の味を、せめて家で家族にも食べさせてあげたい、という切なる思いですね。

 「これ絶対うまいやつ!」は、複数の種類が販売されていて、味もそれぞれ異なります。背脂醤油、濃厚味噌、豚骨醤油、香味ねぎ塩、濃厚醤油まぜそばの5種類です。強気のネーミングなので「どんな味がするの?」「おいしいの?まずいの?」と思われるかもしれませんね。まず私が試したのは、「日清これ絶対うまいやつ!香味ねぎ塩」青いパッケージが目印の香味ねぎ塩です。2021年9月に発売された新商品です。

 入っているのは、麺(ストレート麺)と液体スープのみ。具材は一切入っていません。麺を茹で(4分)、丼に液体スープを入れて、麺を茹でたお湯でスープをとき、麺を入れて完成です。


 黄色い濃い塩スープ。子どもの頃から私の好きな「サッポロ一番塩ラーメン」のようなあっさりした塩味ではなく、ねぎ油とごま油、ニンニクがよくきいていて、パンチがあります。お店で食べるような、旨味と深みのある塩ラーメンでおいしかったです。インスタントで、ありそうでなかった味です。トッピングをするなら、青ネギ、メンマ、もやし、チャーシューといったシンプルな組み合わせがおすすめです(写真上)。

 最初のが美味しかったので、次に買ったのは「日清これ絶対うまいやつ!背脂醤油」です。赤いパッケージが背脂醤油です。

日清これ絶対うまいやつ 背脂醤油のパッケージ

 入っているのは、麺(ストレート麺)と液体スープのみ。具材は一切入っていません。見るからに味の濃さがわかる深い色の醤油スープです。味は、すっきりとしながらもコクと背脂の旨みを感じられる醤油スープ。飲めば飲むほど、背脂の旨みを感じられて飽きずに飲み干せます。脂っこさが少なく、醤油の風味とコクが混ざり合い、バランスがいい味。まずまず美味しかったです。少しコシのあるストレート麺は、ズルズル食べられます。国道沿いにある店で例えるなら、来来亭」魁力屋」のような感じでしょうか。

 この袋麺、本当にうまかったです。特に香味ねぎ塩味。 久しぶりに美味しい袋麺に出会ったなぁ~。♥♥♥

カテゴリー: グルメ | コメントをどうぞ

「又来軒」

◎週末はグルメ情報!!今週は中華

 「又来軒」、倉敷駅前にある「天満屋倉敷店」6階のレストラン街にある中華料理店です。中華四川料理のお店です。読みにくいでしょうが、「又来軒」「ゆうらいけん」と読みます。「またくるけん」ではありません〔大笑!〕ゆうらいけん」なんですね。かなり広い店内で、団体さんが利用できるスペースがありました。

 日曜日の12時前にお邪魔したんですが、お客さんは誰一人いません。私が食べ終わるまでに入店したお客さんは、たったの一人だけでした。注文したのは「麻婆定食」炒飯」を添えてもらいました。一応完食はしましたが、私がいつもお邪魔する岡山イオン6F「梅蘭」の横浜中華街の中華料理と比べてしまいます。私は「麻婆豆腐」にはチョットうるさいんです。「またくるけん」とは言えません〔笑〕。♥♥♥

カテゴリー: グルメ | コメントをどうぞ

仕事と趣味の違い

 「仕事」「趣味」の違いについて、スイス人のカール・ヒルティが、一所懸命にやった途端に面白くなるのが「仕事」で、やっているうちに飽きてくるのが「趣味」なのだと言っています。まさにこれが判別式だと思います。

 例えば、私は若い頃、将棋が好きでよくやっていました。将棋本をむさぼり読んで、相手を見つけては対局して、コンピューター将棋ソフトにものぼせてやっていました。学園祭の将棋大会に出場したり、定期考査の期間中には、好きな先生方が集まってトーナメント大会をしょっちゅう開催していました。けれども、いくら好きだと言っても、3日も4日も続けてやっているとさすがに飽きてしまいます。また、40代以降はマジックにのぼせて、作品を大量にアメリカから取り寄せては演じていました。解説動画や説明書と悪戦苦闘しながら手順を覚えていくのは、何よりも楽しい経験でした。でもいくら面白いからと言って、それを1週間ぶっ続けでやれるかというと、ちょっと無理ですね。つまり、私にとっては、将棋もマジックも「趣味」以外の何物でもなかったということなんです。

 ところがこれに対して、英語のほうはどうかというと、二ヶ月でも三ヶ月でも、三年でも五年でも、あるいは四十年以上も平気でやってこれました。辞書一つ引くだけでも、その奥深さに感動したものです。そしてやっているうちにどんどん面白くなっていって、さらに勉強しようという意欲が湧いてきました。故・竹林 滋先生(東京外国語大学名誉教授)のお導きで、若い頃から辞典の編集にも携わらせてもらい、英語への興味・関心はますます深いものになっていきました。英語を勉強しない人には絶対に分からないであろう独特の楽しみ、言うに言われぬ喜びを味わうようになっていきました。最近は、その成果をさまざまな形で、全国の先生方や若い先生方に提供して、ご恩返しをする毎日です。これこそが、ヒルティの言う「仕事」なんです。

 ある事に一所懸命になって自分を沈潜させてみたり、身も心もくたくたになるくらいに全力投球をすることで、面白さが出てくるもの、それが「仕事」なんです。本当の「仕事」と言えるようなものを持ったことがない人は、このような面白さ・喜びは味わったことがないはずです。職業を次々と変えて転々とする人がいます。彼らは何かをやってはすぐに飽きて面白くなくなり、また次のことをやり、また飽きて次へということを繰り返していきます。これでは「仕事」をしているとは言えない、とヒルティは言っているのです。

 「仕事」を楽しみとして感じることができるのは、精一杯仕事をやっているだからこそです。嫌な思いをしたからと言ってすぐに辞めてしまうようでは、決してこれら無上の楽しみは味わうことができないでしょう。辞めてしまうのは、その人が「趣味」としてしかそのことに関わっていないということです。「石の上にも三年」という古い諺がありますが、それくらい辛抱しなければ何事も報われることはありません。♥♥♥

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ