代々木ゼミナール

 予備校「代々木ゼミナール」はかつては、数々の名物講師を擁して、予備校業界をリードしていました。人気講師を使って、とにかく大きな教室をいっぱいにできるだけ受験生を集める。当時は700人くらい入る教室もありましたっけ。日本武道館に、約2万人を集めて入学式を行い、マスコミの注目を集めました。1980年代後半から1990年代前半にかけて、予備校全盛期に一際多くの話題を振りまいた予備校です。河合塾駿台が教育関係者によって設立されたのに対して、代ゼミは商売人が興した予備校です。創業者の故・高宮行男さんは、質屋の番頭や新宿のキャバレーの支配人をやっていた人で、大学受験生が50万人ほどいるのに、大学の定員はわずか14万5千人しかない!浪人生を相手にする予備校しかないと、儲けのチャンスを先読みしたのでした。予想通り、大学受験産業は巨大なマーケットになりました。

 中でも、代ゼミの名物英語講師として名を馳せた「金ぴか先生」こと佐藤忠志(さとうただし)さんが象徴的でしたね。奇抜なファッションで着飾り、はったりをかましながら、集客力抜群の英語講師でした。彼が、代ゼミ横浜校で元日のオープン講義をしたときには、徹夜で並ぶ生徒たちが校舎の周辺を三重に取り巻き、その列が横浜駅までつながっているくらいにすごかったんです。多くの生徒を集められる人気講師には、当然のように高い給料が支払われました。当時2億ぐらい稼いでおり、地元の長者番付に載るくらいすごかったと言います。私は彼のような外見を飾る教師を信用はしませんでしたが、彼が今どんな生活を送っているかという様子はインタビューで読むことが出来ます。⇒コチラです  当時は、監視カメラが各教室にあり、講師の授業風景を収録、教え方が上手なら翌年度も契約を更新し報酬もアップするが、評判が悪ければ、契約を打ち切るという厳しさでした。講師の先生方も必死で教え方に磨きをかけ、当然のことながら、公立学校の先生たちは太刀打ちができませんでした。その人気講師たちも他の予備校に引き抜かれていきました。

 私が若い頃の代ゼミは、本当に羽振りがよくて、「大学入試説明会」に行くと、他の予備校の2~3倍の旅費を出してくれ、高価な記念品まで用意するという気前の良さでした。この記念品目当てに何度も通ったものです〔笑〕。中でも私が一番ありがたかったのは、センター試験自己採点分析資料冊子で、他の予備校・模試会社の追随を許さないくらい、圧倒的に使いやすくて中身も充実した資料でした。進路指導に本当に重宝したものです。今はこれもありません。

 ところが、2014年に突然、全国27校舎のうち20校舎で2015年度の新規受講生の募集をやめ、校舎を閉鎖。翌年から大学受験生向けの主要な全国模擬試験も廃止しました。40歳以上の職員に早期希望退職を400人程度募るという大リストラも行われました。講師の首もずいぶん切られたようです。当時これは衝撃的で「エーッ!あの代ゼミが?」とビックリしたのを覚えています。⇒私の報告はコチラです  業界では、駿台理系に強く、河合塾国公立大学に強く、代ゼミ私立大文系に強いという棲み分けがありました。しかし大学の定員が増え続け、事実上の大学全入時代が訪れ、志望校にこだわらなければ成績の中下位層は勉強しなくても大学に入れるようになり、特に私大文系志望の生徒は浪人する必要がなくなったのでした。さらには不況の影響で、就職が有利とされる理工系、授業料の安い国公立大に人気が偏るようになり、代ゼミの存在意義が薄れたために、このような思い切った先手を打ったのでした。そしてそれは正解でした。先見の明があったと言えます。代ゼミは受験生が多い私立文系のコースを複数開き、100人以上を収容する大型教室で授業をすることが多かったのですが、一定の受講生が確保できなければコスト負担が重くのしかかり経営を圧迫していました。タイミング良く不採算部門を整理したのです。さすが、商売人!

 実はずっと以前から、「代ゼミは将来生徒が少なくなっても大丈夫なように、駅に近い土地を選んで買っている。予備校がダメになったら改装してホテルにする。だから校舎が立派なんだ」という「都市伝説」がまことしやかに語られていました。いずれ少子化の時代になったら受験生の数も減るだろうから、その時には別の用途に使える構造にしてあるというのです。果たしてその噂は現実のものとなり、名古屋京都では、校舎がホテルや会議室に鞍替えされています。代ゼミの縮小というのは、中央で生の授業、地方では優秀な講師陣によるサテライン授業に切り替えるという、「商売人の予備校」の変わり身の早さを示した出来事でした。♠♠♠

広告
カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

ZARDのDVD

 現在、アシェット社から『ZARD CD&DVD Collection』が配本中でしてね、第39号からはDVDがついてくるんです。現在、私のところには第45号まで届いていて、第52号で完結ですから、もうすぐですね。DVDには各曲のプロモーションビデオ、ライブ映像、テレビ映像さらには、坂井泉水(さかいいずみ)さんのプライベート・オフショットや、貴重な未公開映像などがふんだんに収録されていて、もうこれは完全保存版です。創刊号にも、ZARDバイオグラフィ・ムービーを収録した特別DVDがついていて、他では手に入らないので、ZARD(坂井泉水)熱烈ファンの私は2冊も買ってしまったぐらいです。

 2007年の5月27日に、3年生の授業を終えて帰ってきたら、机上のパソコンに同僚の先生からメールが入っていて「先生、ZARDの坂井泉水さんが亡くなりました!」とあり、愕然としました。病気(子宮頸がん)だったことも全く知りませんでした。手すりに乗っていて3メートル下に転落、病棟脇の非常階段で倒れているのが発見。脳挫傷でした。まだ40歳!結局事故か自殺か判然としません。まだまだいい曲を届けてもらいたい惜しい歌い手でした。

 今日も空き時間に、3本ほどこのDVDを見ました。元気だった頃の坂井さんが懐かしいですね。生き生きとして輝いていました。私は歌い終わった坂井さんが、伏し目がちに下を向くあの表情が堪らなく好きでした。

 このシリーズの毎号のマガジンは、「SONGS|名曲アーカイブ」、「GALLERY|ギャラリー」、「HIGHLIGHT|ハイライト」、「MUSEUM|ZARDミュージアム」、「MY MEMORY|私とZARD」、「OFFSTAGE|素顔の坂井泉水」の6章立てで構成されています。長年コンビを組んだ長門プロデューサーの回顧録は、とっても坂井さんの人柄を映していて、興味深く読んでいます。

 最近、購読途中に、実に嫌な経験をしました。突然に、第34号~35号の代金が払い込まれていないので、次号から送れないとの通知が来ました。私は品物を受け取ったら必ず次の日には送金する主義です。受け取ってもいないものを、支払うことはできません。アシェット「お客様センター」に電話して、まだ商品を受け取ってもいないのに支払うことはできない、と苦情を述べました。すると、商品は別便ですぐに送る、支払い用紙は通常は商品に同封するのだが、今回は少し遅れて別便の佐川急便で送る、とのことでした。一週間ほどして商品が届きました。ところが、待てど暮らせど支払い用紙が送られてきません。一ヶ月ほど待ちましたが、一向に送られてこないので、再び「お客様センター」に電話して一体どうなっているのか訊ねました。その時は、すぐに来るはずですので、もう少しお待ちください、とのことでした。ところが一向に送られてきません。すると、支払いがないので、購読を打ち切ります、との通知が来ました。そんなバカなことがあるかと思い、すぐに再び電話をかけました。この対応に出た女性の応答が非常に腹が立つ、ひどいけんか腰の応対でした。こちらは支払い用紙さえ送ってもらえればすぐに払う、と言っているのに、もう二度も送っているのに支払いがない、の一点張りで実に腹の立つ対応でした。今までの支払いの記録を見てもらえれば届いたらすぐに支払っていることは分かるはず、用紙が手元に送られて来ないのだから支払いができないのだ、と主張しても、取り合ってくれません。事情の分かる人と話をさせてくれと言うと、後ほど(3時間後!)担当部署から連絡をさせるという段取りを取り付けました。ようやく担当の女性から電話をいただき、今までの支払いの記録を確認したが、おっしゃる通り、全て届いた翌日に入金があります。振込用紙は送った記録があるのだが、届いていないようなので、私の責任ですぐに送る。今後の商品の発送は、少し遅れるけれども間違いなく継続します」との返事でした。ようやく分かってもらえた、と一安心です。一週間後、振替用紙が送られてきました。すぐに払い込むと、2日後にまた同じ振込用紙が送られてきた(!)のでゴミ箱直行です!今は幸い、引き続き順調に送られてきています。それにしても、あの「お客様センター」の女性のけんか腰の対応のまずさ、思い出してもはらわたが煮えくりかえります。商品が届いた翌日にすぐ入金していたのが、私の苦情の裏付けになったのかな、と改めて思いました。品物を受け取っても代金を払わない人がたくさんいるから、あのような態度になるのかなとも思いました。私の「センター本」を受け取っても二ヶ月も三ヶ月も梨のつぶて、再度請求しても知らん顔、結局は泣き寝入りという教育関係者もいますからね。😠😠😠

カテゴリー: 私の好きな芸能人 | コメントをどうぞ

「三井ガーデンホテル岡山」

 岡山駅から、徒歩約2分の好立地に位置する「三井ガーデンホテル岡山」は、岡山で私が頻繁に利用するホテルです。何よりも駅のすぐそばにあるので、どこへ行くのにも便利ですね。買い物もすぐそばに「イオンモール」があるので、重宝します。以前は、「グランヴィア岡山」を利用していたんですが、(株)ベネッセ(株)ラーンズのお仕事でよく泊めてもらうようになって、以来気に入って定宿にしています。決め手は、(1)ガーデン大浴場(2)地元の食材をふんだんに使った朝食です。今日もここに泊まってきました。

 なんと言っても、最上階の10階には檜を使った「ガーデン浴場」があり、体と心を解きほぐすのに最適なリラグゼーションを提供してもらえます。この大浴場には、ガラス越しに緑豊かな日本庭園(「後楽」)が広がっており、最高の眺めです。檜の香りをかぎながら、手足を伸ばして日本庭園の緑を望む湯浴みが叶います。夜にライトアップされた庭園を眺めながらの入浴は、仕事疲れに最高ですね。夜は1時まで、朝は6時から開いています。私はいつも誰もいない早朝一番に朝風呂に浸かります。今日も6時前に朝風呂を目指しましたが、1名先客がいました〔笑〕。スッキリとした気分で1日を始めることができます。

 また、1階のレストラン「ガーデンカフェ」では、朝食を岡山県産にこだわった新鮮な野菜を中心に、和洋食折衷メニューを品数豊富に取り揃え、ビュッフェスタイルで提供しています(6時30分~9時50分)。旬の食材の美味しさを逃さず調理した料理で、フレッシュな朝を迎えることができます。高原地域で栽培される「桃太郎トマト」や岡山県産のキャベツや水菜など、産地仕入れの新鮮な野菜が多かったように思います。フレッシュな美味しさをそのままいただける、サラダがおすすめです。中でも私が一押しなのが、一度食べたら、病みつきになる「えび飯」です。岡山のB級グルメというものでしょうか。見た目は黒くて味が濃く見えましたが、食べてみると意外にもサッパリした感じです。他に、郷土料理「ままかりの酢漬け」「きびだんご」「ちらしずし」「桃太郎トマト」など岡山ご当地グルメもそろっています。ドリンクの種類も豊富で、提供されるコーヒーもどうしていい味をしています。

 お部屋からは岡山駅に出入りする新幹線も眺めることができます。また、中国地方最大級のショッピングモール「イオンモール岡山」にも、徒歩2分くらいで行くことができます。国内ホテルチェーン「ガーデンホテルズ」の第15番目のホテルです。ビジネス街にも繁華街にも至近距離にあるという好立地に位置し、353室の県内最大の客室数を誇り、レストランと大浴場を備えた宿泊主体型ホテルです。同ホテルは、既に開業している「三井ガーデンホテル広島」(平成元年7月開業)と「ホテルサンガーデン姫路」(平成2年9月開業)との間に位置しています。352の客室数は、「三井ガーデンホテル大阪」(371室)に次ぐ2番目の規模となります。

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

林部智史カバーアルバム

 私がその声に惹かれる林部智史(はやしべさとし)さんの待望のファースト・アルバム『Ⅰ』が発売になったのが、2018年1月10日のことでした。2016年2月にシングル「あいたい」で鮮烈なデビューを果たし、今最も泣ける歌として大きな話題となり、同年末には「日本レコード大賞新人賞」「日本有線大賞新人賞」を受賞しましたね。セカンド・シングルの「晴れた日に、空を見上げて」が、テレビ朝日系木曜ドラマ「就活家族」主題歌に抜擢され、サード・シングル「だきしめたい」もロングセールスを続けました。待望のファースト・アルバムでは、シングル表題曲を全て網羅して、故・阿久悠さんの未発表詞に吉田拓郎さんが作曲した「この街」も収録して、林部智史入門編にしてベスト・アルバムとも言える作品でした。私もすぐに買って等身大の「林部ワールド」を堪能したものです。彼は歌い手になるために、本当に苦労した人です。⇒私のレポートはコチラ

 その「泣き歌の貴公子」林部智史さんが、去る10月3日に初めてのカバーアルバム『カタリベ1』をリリースしました。当日『朝日新聞』に全面広告でデカデカと宣伝していてビックリしましたね。今回は、カバー楽曲を通して“語り部”に徹し、シンガー林部智史の魅力を存分に届けてくれています。本作にはアマチュア時代にライブで披露していた楽曲から、チャンピオンに輝いた『THE カラオケ★バトル』で歌唱した秦 基博の「ひまわりの約束」、髙橋真梨子の「ごめんね…」、中島みゆき「糸」、自身のツアーで披露していた玉置浩二「行かないで」、小田和正「たしかなこと」(先日結婚した教え子の野津実希さんが結婚式でピアノ独唱した歌です⇒コチラに関連記事が)など、全12曲のカバー曲が収録されています。ファンならずとも林部さんがどんな歌唱を聴かせてくれるのか、期待せずにはいられないラインアップで構成されています。私は広告を見てすぐに、田和山の「スタジオワンダー」に走って、求めました。お店はポップ等、かなり力を入れて宣伝活動をしておられました。「サイン入り特製ポストカード」が特典でした。

 なお、林部さんは、9月17日の埼玉・三郷市文化会館公演を皮切りに、このカバーアルバムに特化した内容のツアー<林部智史 〜意志の上にも三年・秋〜 CONCERT TOUR 2018>を全国10公演で開催中です。アルバム各曲のさわりだけ聞いてみましょう。上手い!❤❤❤

カテゴリー: 私の好きな芸能人 | コメントをどうぞ

竹内 均先生の教え

 もうずいぶん前、私が30代、松江南高校時代のことです。「松江くにびきメッセ」に、竹内 均(たけうちひとし)博士がやってくると言う。どうしても話を生徒たちに聞かせたかった私は、担任していたクラス全員を連れて大挙して講演会に出かけていきました。チケットは先生が「メガネの三城」のCMをやっておられた関係で、クラスの生徒で、会社をやっておられるお父さんに頼み込んで、手に入れてもらいました(今ではこの生徒、700人を超える従業員を抱える立派な社長さんです!)。講演を聴いた生徒たちが口を揃えて、「こういう人を本物と言うんですね。いいヒントをもらいました」と喜んでくれました。博士は70歳を越えて本を500冊近く書き、東大の名誉教授(地球物理学)を務め、雑誌『ニュートン』の編集長を務め、代々木ゼミナールの校長を兼務し、テレビに出演したり、全国を講演に飛び歩いておられました。一体どうしたらこんなに多くの仕事をこなすことができるのか。身体も頭も一つなのに、一人で「十人前」の仕事をこなしている先生が自分で実行して、驚くほど効果をあげている「頭脳鍛錬法」を全て開陳したのが、実例研究頭がよくなる本』 (三笠書房、1100円)でした。卒業生たちにずいぶん薦めてきましたが、「もっと早くこんな本を読めばよかった」と非常に好評だった本です。例えば、「時間がない、ない」とこぼす生徒諸君に、竹内先生が実行していることは「早寝早起き」です。しかも仕事のできる人はみんな朝で差をつけているという。朝8時前に飛び起きて遅刻ぎりぎりに登校したり、日曜日に朝9時、10時まで寝ているようでは話にならないということです。健康面だけでなく、頭の働きという点でも、朝はとてもいいという結論が出ています。センター試験本番前になって、慌てて朝早起きに直してもすぐボロが出ます。今のうちから心がけてみる価値のあることではあります。さらに竹内先生は、「限られた時間を有効に生かす7つのポイント」を挙げておられました。早速実行して欲しいものばかりです。

 ①チョットした「すきま時間」を上手に活用する(たったの15分でよい)!
②やるべきことの優先順位をきっちりつける!(1,2,3,4,5,…)
③全部を自分で背負い込まない!(助けてくれる友人を作る)
④問題を絶対に先送りしない!(今日できることは今日片づける)
⑤「死に時間」をなくす!(時は金なり)
⑥約束の時間は必ず守る!(信用は金で買えない)
⑦メモをこまめにつける!(習慣化をはかる)

  できる人はそれなりのことをやっているのですね。集中力」のない人には次のようなポイントが示されています。

 ①「成功」をイメージする。
②「締め切り効果」を利用する。
③ときには目先を変えてみる。
④自分に見合った目標を設定する。
⑤上手な気分転換を工夫する。
⑥悩みのタネは早めに取り除く。

  この竹内 均先生の本がリニューアルされて発売になっています。頭をよくする私の方法』 (三笠書房、1300円)がそれ。これは、以前に出版された竹内先生の2冊の本を大幅に加筆修正して再編集したものです。勉強方法がバッチリ分かります。「どうしたら最も効率よく勉強できるか?」これは、私がよく聞かれることです。私はこうした質問に対しては、「あなたが健康で、やる気さえあればいい」と答えることにしています。考えてみると、誰でも仕事をもっているかぎりは、勉強する時間など簡単に生みだせるわけがありません。時間というものは、自分がその気にならないかぎりは、決して生み出せないものなんです。逆に、時間を作ろうと本気で思えば、どんなに多忙な人でも自然に自分のための時間は生まれてきます。要するに、これは「やる気」の問題である、と竹内先生はおっしゃっておられました。

  私は、竹内先生の本からは数多くのことを学ばせてもらいました。中でも「理想の職業論」というのがあって、自分にとって最高の職業とは、①好きなことをやって、②それでメシが食えて(生活ができる)、③時々人から感謝される」だと言われます。そういう職業に就ければ最高だというのです。確かに自分のことを考えてみても、私は英語が大好きで、生徒に教えるのが三度の飯より好きです。十分な給料をいただき、時々生徒や保護者からお礼・感謝の言葉をいただいたりする、こんな幸せなことはありませんね。だから毎日が楽しいのです。楽しいからもっと高い目標を目指すことができます。生徒諸君にも「君たちにとってこのような職業とは何だ?」と尋ねることにしています。竹内式「最強の勉強法」「頭脳の鍛え方」を是非真似てみてもらいたい、強く強くお薦めしたい本です。★★★

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

「丸善岡山シンフォニービル店」

     岡山駅から路面電車に乗って、3駅目「城下」で降ります。岡山城近くに、コンサート・ホールも兼ね備えた「岡山シンフォニービル」があり、「丸善岡山シンフォニービル店」は、その1階と地階にあります。近くには日本三大名園のひとつである「岡山後楽園」「岡山県立美術館」などもある、大いに文化的な香りの漂う場所です。このお店は、2013年2月に大幅な改装工事を終え、リニューアル・オープンしました。1階に雑誌・コミック、地階には一般書はもちろん、洋書や理工書、法経書といった専門書の他、高級筆記具を含む文房具も取り扱っています。豊富な品揃えときめ細やかなサービスで、多くの人々に親しまれているお店です。

 私は学生時代から、余分なお金が入ると岡山まで出てきて、「丸善」の以前の店舗や「紀伊國屋」に行って洋書・語学書を買い込んで帰ったものです。教員になってからも、ボーナスをもらう度にやって来ては、まとめ買いをして帰った思い出があります。当時の安月給では、この程度しか本を買うことができなかったんです。今日も立ち寄りました。松江では取り扱いがないようで手に入らない本も、ここでは検索機にかけると、すぐヒットしました。なにせ売り場面積が広いので、何処にその場所があるのかさっぱり分かりません。店員さんをつかまえてお願いすると、すぐに探して持って来て下さいました。親切です。これだけの品揃いのお店が松江にもあるといいのですが。ただ「洋書売り場」だけは、目当ての本が置いてありませんでした。この点では、福岡・博多「ジュンク堂」「丸善」にはかないません。

 今日私が目当てにしてやって来たのは、渡部昇一『アングロサクソン文明落穂集⑧』(広瀬書院、3500円)、渡部昇一・西尾幹二『対話 日本および日本人の課題』(ビジネス社、1600円)、渡部昇一『終生 知的生活の方法~生涯、現役のままでいるために』(扶桑社新書、850円)の3冊。渡部昇一先生がお亡くなりになってから、久々に新刊書が出てきました。特に最後の新書では、奥様の迪子(みちこ)さんが、今は亡き先生の素顔を書いておられて注目です。以前先生がお亡くなりになった時にも、なれそめから普段の先生の生活を詳細に書いてくださっていて、ファンにとっては非常に参考になった思い出があります。ピアニストの奥様、文章がお上手です。それともう一冊、上甲 晃『松下幸之助に学んだ人生で大事なこと』(致知出版社、1500円)松下幸之助さんに畏敬の念を抱く私は、松下さん関係の本は全て読むことにしているんです。私は毎晩就寝前に、ベッドで本を読みながら眠りに就くので、だいたい2~3日で1冊を読み終わるんですが、この本だけは感動的で一気に読んでしまいました。やはり松下さんは偉大です(松下さんに批判的な本もありますが…)。❤❤❤

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

「梅蘭」岡山店

◎週末はグルメ情報です!!今週は中華!

 中華料理で有名な「梅蘭」(ばいらん)は、1987年横浜中華街に本店(1号店)を出店して以来の人気店です。中国料理四大系統の一つ上海料理(他は、広東料理、北京料理、四川料理)をベースとしています。上海料理は主にお酢、味噌、醤油、などの醸造品を使用した料理がとても多いのが特徴で、味付けは日本人の舌と非常に相性が良いとされています。その中で人気の創作中華料理となったのが、TV・ 雑誌等でも取り上げられる事が多く、横浜中華街の名物料理となった大人気の「梅蘭焼きそば」です。これは、両面をカリッと焼いた焼きそばの間に豚肉・玉葱・モヤシなどのトロリとした、アツアツで醤油味の餡がたっぷりと入っている一品です。⇒私のレポートはコチラです  梅蘭」は、伝統の製法で本場の味を再現した本格中国料理から、気軽に中華料理を楽しむことができる家庭的料理まで幅広く取り揃えていました。中国の料理人が心を込めて腕を振るった料理です。私の大好きなお店です。

 岡山に来ると必ず立ち寄るのが、イオンモール6階にある「梅蘭岡山店」です。今日もやって来ました。頼んだのは「五目炒飯」(853円)「麻婆豆腐」(1188円)「杏仁豆腐」(400円)です。「梅蘭焼きそば」にも惹かれますが、今日は五目チャーハンです。いかにも中華料理店のチャーハンという感じで、パラパラ感があってとっても美味しい。いい味をしています。やはりチャーハンはこれでなくてはいけません。長崎の「江山楼」を思い出します。なかなか松江ではこの味には巡り会いませんね。麻婆豆腐」「梅蘭」では、No.2の人気料理なんだそうですよ。ピリ辛で実に美味しい。ペロッといただきました。本場中国の味です。料理が終わった後にデザートでいただくプリプリ「杏仁豆腐」は、さっぱりとした感じで、食べやすく、食事の〆には、ちょうどよかったです。私はこのお店に来ると必ず「杏仁豆腐」を頼むファンなんです。❤❤❤

カテゴリー: グルメ | コメントをどうぞ

「ファブリーズ 次世代トイレ用消臭剤」

 今までトイレの消臭剤は、アース製薬「消臭たまご」(⇒私の体験記はコチラ)に始まり、そして最近までは「スッキーリ」(⇒私の紹介記事はコチラ)を使っていました。まずまず気に入っていたんですが、最近テレビのCMで新しい「ファブリーズ」の消臭剤を知り、スーパーで求めたのがP&Gファブリーズ 次世代トイレ用消臭剤」でした。

 「ファブリーズ 次世代トイレ用消臭剤」は、史上初についたニオイを消臭・防臭するトイレ専用消臭剤です。壁や床を有効成分で覆うことで、イヤなニオイを防臭してくれます。狭いスペースにも置けるコンパクト設計でありながら、トイレ内の気流を活かすことで、空中の消臭だけでなく、壁や床も防臭コートすることで、嫌なニオイがトイレに居座るのを防ぎます。トイレ特有のアンモニア臭、そしてそのアンモニア臭を吸収・放出する壁や床の特性を捉え、アルデヒド・カルボニル化合物類のなかから、最もトイレの消臭・防臭に適した有効な「ERAC(Evaporative Reactive Aldehydes & Carbonyls)」の調合に成功しました。壁や床にアンモニア臭が吸着されてもすばやく中和されるため、ニオイが蓄積されることなく、居座り臭が全く発生していません。しかも、この壁や床に対しての消臭・防臭効果が使い始めてから最後まで、約45日間続きます。快適に製品を使い続けることができるよう、「使いやすさ」と「安心」を追求。これまでのトイレ用消臭剤にあったさまざまな不満を解消しています。八幡家のトイレに入ると、石けんのいい香りが漂います。これ、いいぞ!

 使用開始時には、背面のボタンを押すだけです。コンパクトな設計なので、タンクの上にも置けます。私の使っているのは、「ブルー・シャボン」の香りです。香りのトップノートは、リフレッシュ感があり爽やかなグリーン、レモンライムとミントです。その後、ジンジャーやスズランなど瑞々しい香りによって、よりフレッシュな印象が広がります。ベースはスミレ、松の香りが支えています。本体はこんなに小さいながら、なかなかのスグレモノだと感じます。私は今日スーパーにまとめ買いに走りました〔笑〕。香りはこの他に、「シトラス・スプラッシュ」「クリーン・ラベンダー」があります。コレ、本当にいいですよ。オススメします。❤❤❤

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

新聞からアイデア!

 『大空港』『ホテル』『自動車』『マネーチェンジャーズ』『殺人課刑事』『エネルギー』などの企業の内幕小説で、私が大好きだった大ベストセラー作家のアーサー・ヘイリーは、毎日丹念に新聞・雑誌を読んでいました。新聞雑誌を穴の開くほど読むことで、次の作品のアイデアを練るのだそうです。朝刊を開けば、本を書く題材が五つや六つは見つかるのだそうです。私も毎日、たくさんの新聞をじっくりと穴の開くほど読んでいますから、このことは本当によく分かります。

 自宅では『朝日新聞』『読売新聞』『アルファ』を定期購読しています。そして早朝(だいたい6時15分頃)学校に登校する前に、近くのコンビニに立ち寄り、『スポーツ報知』『日刊スポーツ』『大阪スポーツ』を買って学校に向かいます。松江北高の図書館には、『朝日新聞』『読売新聞』『毎日新聞』『山陰中央新報』『産経新聞』『日本経済新聞』が、毎日入れてありますから、これらにも目を通します。気になった記事はすぐに切り抜いて、ネタ帳」「雑資料」のノートに貼り付けています。これが後々役に立つんです。私が毎月定期購読している雑誌についてはコチラに書いたことがありますのでご覧ください。これらが、このブログのネタになっているんです。生徒たちにも新聞を読むことで、視野や世界観が広がるからと力説していますが、「時間がない…」と言って(実はそうではないんですが)、なかなか読もうとしません。二次試験で小論文面接が課せられる直前になって慌て出す、というのが実態のようです。これでは力はつきません。新聞・雑誌・本は視野を広げるための宝庫だ、ということを確認したいものです。

 私の尊敬する地球物理学の東大名誉教授の故・竹内 均(たけうちひとし)先生は、こんなことをおっしゃっておられました。東京大学名誉教授、科学雑誌『ニュートン』の創刊(編集長)、代々木ゼミナール札幌校の校長、メガネの三城のCM出演、そのかたわらに全国各地を講演で飛び回り、かつ500冊に近い著書の数々を書かれたとんでもない学者でした。私の紹介記事はコチラです。

 このように独創的な仕事をするためには、まず営々と努力して、数多くの断片のデータを集めなければならない。しかし、だからと言って、数多くの断片を集めたから独創的な発想が浮かんでくるわけではない。断片の単なる集合が独創ではないのである。それが独創と呼べるようなものになるためには、最低限、断片が意味のあるものに集合していることが必要である。前にも述べたが、断片から意味のある集合をつくることこそが独創と呼べるのである。すると、独創というのは、結局、断片を結合させる能力があってはじめてそれが開花すると言える。この断片を結合させる力を、私は「構想力」と呼んでいる。  ―竹内 均『自分を生かす選択』(三笠書房)

 「構想力」というのは、断片を集めてそこから何かを思索する力と言っていいと思います。私の英語の勉強もそうやってやってきました。データとデータとを関連付け、その組み合わせから生じる意味や効果を探り、重要な意味を生むようなデータを関連付けて考察してきました。若い頃から、米国の悩み相談室“Ann Landers”を毎朝読み続け、米国唯一の全国紙USA Todayを購読していたのも、このデータ集めのためでした。女性向け雑誌SeventeenCosmopolitanまで(!)購読していたのを見て、生徒たちは笑っていましたが。

 教室で「新聞・雑誌を読みなさい」と生徒に力説するのは、そんな理由からです。特に同じ事柄を扱った記事を、複数の新聞で読み比べてみるといいですよと付け加えています。❤❤❤

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

Capitulating Queens(再)

 James Swain & Gary Plants「Capitulating Queens」は、もうずいぶん前に出た時に手に入れてから、その流れるようなハンドリングが気に入って、ずーっと演じてきた作品です。私の演目の中では常にベスト5に入るパケット・トリック(カード数枚で演じる)ですね。品切れ状態だったんですが、最近また販売になったので、カードも痛んできたことだし、もう一度購入しました。これで3回買い直したことになりますね。USPCC製のきれいなカードです。現象は次の通りです。

capitulatingqueens-full マジシャンは、4枚(♠♣♥♦)のクイーンを取り出して、観客に表を示しながら「この中に1枚だけ裏模様が違っているカードがあるのですが、どれだと思いますか?」とお客さんに尋ねます。お客さんは自由に1枚を選ぶのですが、裏模様を見てみると、何とそのマークのクイーンだけが、確かに裏模様が異なっているのです。まずは1回目の驚き。ここで、お客さんが思うことは「じゃあ、他のマークを選んでいたら…?」ですよね。マジシャンはそれを見越しているかのように「もし、他のマークのクイーンが選ばれたら…」と言ってもう一度裏模様を示しますが、先ほどとは異なるマークの裏模様が違っているのです。2回目の驚き。オイオイ、なんと、これを3回繰り返します。そして、「スペードが選ばれるとちょっと面倒になります」と言って、スペードの裏を示すと普通の模様です。ただし、他の3枚がスペードとは異なる同じ裏模様のカードになっています!4回目。最後に4枚のクイーンを広げてみると、すべてがばらばらの裏模様になっているのです!もう信じられない!!

 

 シンプルな変化現象、だからこそ1人を相手にしても、50人を相手にしても、演じられるんです。若干のカード・テクニックは必要ですが、非常に効果的なパケット・トリックです。もちろんギミック・カードなんですが、手順通りやればそれを全く感じさせない見事なハンドリング構成となっていますね。最後のオチでは必ずビックリします。私の最も好きなパケット・トリックの一つです。ギミック・カードをあれほど嫌った大御所ラリー・ジェニングスが、好んでレパートリーにしていたのもうなずける出来映えですね。映像の演技で、最後にギミックを巧妙に処理してしまっていますが、これはダーウィン・オーティーズのアイデアです。作者(ジェームズ・スウェイン)の言葉をお読み下さい。♠♣♥♦

 私は過去10年にわたって、このセットをサイフの中に携帯しており、パケット・トリックとして演じられるマジックの中でも、最も観客を楽しませ、不思議にさせる手順のひとつだと思っています。これを1人だけに演じても、あるいは50人のグループに演じても、同じくらい満足な結果を必ず得てきました。また、この手順は、普段ギミックカードを使った手順を嫌う、ラリー・ジェニングズ(Larry Jennings)のレパートリーでもあります。私が行う中でも、この手順は最も簡単なものの一つであるにもかかわらず、おそらく観客を最も不思議にさせるものです。

カテゴリー: マジック紹介 | コメントをどうぞ

大分シティ屋上ひろば

 大分駅特急ソニック」「或る列車」「ななつ星」もやってくる駅です)、JR「大分シティ」の屋上には、JR博多駅と同じように「屋上庭園シティ屋上ひろば」が設置されています。もちろん私の尊敬する水戸岡鋭治(みとおかえいじ)先生がデザインした、約4500㎡の面積をもつ日本最大級の屋上庭園です。私は一目見てそのとんでもないスケールに目を奪われました。神社があって、滝が流れていて、鳥居をくぐると仲見世があり、広場には三輪車が走っている。デッキの下にはすべり台やブランコがあり、二重螺旋の五重塔まであります。回廊には絵馬がかかり、噴水もあり、ミニトレインまで走っています。子どもも大人も心から楽しめる心豊かな空間となっています。1m50㎝から5mくらいまでの多種多様な樹木約1000本、花木が約1000本、松が9本、竹が22本、球根800ポット、笹4万ポットが植えられた屋上庭園が広がり、四季折々の木々や花々が楽しめます。あと2・3年もすれば林や森になるはずです。野菜や花の畑もあり、家族で落ち着いて憩いの時間を過ごすことができます。

 一緒に中身を少し詳しく見てみましょう。博多駅と同じように鉄道神社」があります。こじんまりとしたミニ神社で、旅の安全や出世開運などのご利益があるといわれています。国指定重要文化財である豊後一ノ宮・柞原八幡宮のご分霊を受けています。神社とお寺があって、お参りができるということで、お年寄りが毎日のように来ています。お参りしてから、下のカフェで飲んだり食べたりして、夕方は買い物をして帰るというのがお年寄りの日課〔微笑〕。夕方からは中高生が集まって遊んでいます。土日は子ども連れの家族で溢れています。まさに「鎮守の森遊園地」です。また、鉄道神社へと続く表参道沿いの「仲見世」には、両側に土産物や食べ物屋店が立ち並び縁日のような賑わいを感じることができます。また、畑の傍らには列車のコンパートメントのような小屋「クラインガルテン」もあり、飲食物をゆっくり味わえる半個室スペースでのんびりですることができます。野菜や花の畑の様子を見ながら、憩いの時間を過ごすことができます。

 なお、こちらの参道には、九州7県の地図の上を、7人の小人が電車ごっこしているかわいいオブジェもあります。これはゆるキャラ「せんとくん」で有名な薮内佐斗司(やぶうちさとし)氏の作品です。これと同じものが「博多シティ」の屋上にもありますね。思わずパチリ!

 「ぶんぶん広場」には、赤と白の展望台があり、それぞれ滑り台を設けています。2つの展望台を結ぶ吊り橋の下方には親子ブランコが。自由に乗れるミニ三輪車など、子どもが遊べる楽しい遊具がいっぱい! さらに、近くには雨の日や日差しが強い日でも天候を気にせず、室内で木のボールプールなどで遊べるスペースやカフェもあります。くろちゃん」がそこらじゅうに見えますね。

 なお、広場にはリアルなワンコが寝てると思いきや、遊びごころのある本物そっくりのオブジェでした。さらに展望台からはJR九州の列車が行き交うシーンや、大分の町並みが眼下に広がります。まさに絶景ですね。また、水戸岡鋭治先生オリジナル・デザインの「くろちゃんぶんぶん号」(有料)は、屋上の景色を楽しみながら広場をぐるっと1周できる楽しい電動ミニトレインです。また、天気を気にせずに室内でこどもと大人が一緒になって遊ぶことのできる「おもちゃのチャチャチャ。ちゃちゃくらぶ」は、木の素材を中心に作られており、木の持つぬくもりややさしさに包まれています(博多駅1番ホームにも同様の施設があります⇒私のレポートはコチラ)。カフェも併設されていて、くつろぎのひとときを過ごすことができるんです。

 シティ屋上ひろばのシンボル的存在である「夢かなうぶんぶん堂」は伝統的な建築様式のお堂です。上りと下りが交わることのない二重らせん階段を進んで行きます。中国風のお堂の中は展望台になっており、こちらにも先ほどの籔内佐斗司(やぶうちさとし)氏の「七福神」がお迎えしてくれます。大分駅には、改札口のぶんぶん童子や、先ほどの鉄道神社前のオブジェもありますが、こちらの「ぶんぶん堂」もさらにパワーアップした、独特の薮内ワールドが広がっていました。

 一角には「鐘撞き堂」があって、いい音が鳴り響きます。高岡の鋳造屋さんに特注で作ってもらったものだそうですよ。こどもたちが一心不乱に鐘をついていました。いい音色でした。

 さらに、屋上庭園のすぐ隣にあるのが、人気の「JR九州ホテルブラッサム大分」です。こちらの最上階には「展望露天風呂」があり、大分市の絶景を眺めながらの入浴は是非おすすめです!特に露天風呂からの夕焼けは素晴らしいの一言!(私が泊まった日はあいにくの雨模様で体験できませんでしたが)また、本格的なサウナやカフェラウンジ等がある癒しスポットで、日帰り入浴もできます。このホテルは水戸岡鋭治先生がプロデュースされたもので、あの豪華寝台列車「ななつ星in 九州」「或る列車」の面影を至る所に見ることができる素敵なホテルでした。人気で予約がなかなか取れないんですが、また泊まってみたいホテルです。⇒私の宿泊レポートをぜひご覧くださいコチラです

   ******************************

 さてここからは、マル秘の後日談です。これだけのすごい目玉のある屋上庭園ですが、最初に設計事務所(JR九州は駅ビルの設計を初めは外部に依頼していたんです)から出てきた案では、屋上には何もなかったんです。エアコンの室外機だけが並ぶだけの、ただの殺風景な空間だったんですね。この絵を見たJR九州社長(当時)の唐池恒二(からいけこうじ)さんが、水戸岡鋭治さんに相談します。水戸岡さん、ひどいよこれ。何か面白いのないの?」と、無茶振りです。唐池さんは水戸岡さんの目の前で南北をつなぐ城門のようなゲートが欲しい。ランドマークになるような」と言って見事なスケッチを描いたそうです(今でも額装して大分駅ビル社長室に飾ってあります)。最新刊の唐池恒二『感動経営』(ダイヤモンド社、2018年9月)の274ページにそのスケッチの現物が出ていました。「これはすごい!これは最高!もうできたも同然!」と叫んだ水戸岡先生は、そのイメージを基に、デザインが始まりました。鉄道神社」があって、後ろに滝が流れていて、鳥居をくぐると「仲見世」がある。広場には「三輪車」が走っていて、デッキの下には滑り台やブランコがある。二重螺旋のさざえ堂の「五重塔」があり、回廊には絵馬がかかっている。仕掛け噴水」もある。ミニトレイン」も特注品です。「しゅっしゅっしゅっ」といい音をさせて楽しく走っています。のれん、看板、パンフレット、スタッフの半纏などのユニフォームまで、全部水戸岡さんのドーンデザイン研究所のオリジナルです。一角には「鐘撞き堂」まであり、子供たちが楽しそうに鐘を撞いていました。試みに私も撞いてみましたが、これがまたいい音がするんです。植栽にも力を入れています。屋上だけで、1メートル50センチから5メートルくらいまでの木を約1000本植えてあります。花が咲く木が約1000本。松が9本、竹が22本、球根800ポット、笹が4万ポット。あと2、3年もすれば立派な林や森が誕生することでしょう。このように大分シティは、緊急のピンチヒッターで入った水戸岡さんが、建築だけでなく、電車のロゴマーク、シンボルマークのデザイン、お守り、おみくじ、といった細かいところまで、一貫してデザインしておられます。一つ一つに水戸岡さんらしくこだわりを持ってデザインした結果、ものすごいものが出来上がりました。あまりのすごさに、私は「屋上ガーデン」で茫然と立ちつくしていました。「ピンチヒッター」で登場した水戸岡先生、渾身の作品です(水戸岡鋭治『鉄道デザインの心~世にないものをつくる闘い』(日経BP社、2015年、2016年10月新潮文庫で文庫化)を参考にさせていただきました)。

 こんな楽しい駅を作ったところ、以前は利用客が年間500万人くらいだったものが、新しい駅ビルができて2,000万人に増えたと言います。地元の人がいっぱい来ているんでしょうね。大分市の人口は約48万人です。みんな何回も足を運んでいるんでしょう。豊かな空間を提供するために、経済性ばかり追求せずに文化を追求して感動体験に出会える仕掛けを作ると、結果的に多くの人が来てくれるということですね。そこには水戸岡先生の哲学が溢れています。九州で博多に次いで2番目の規模の複合型駅施設としてにぎわいを見せています。昨年のちょうど今頃、今井書店井上さんが、「先生、最近こんなものが出ていますが」と持ってきてくださいました。雑誌イラストレーション』2017年9月 No.215(玄光社)で、特集は「水戸岡鋭治 旅をデザインする」でした。水戸岡ファンにとっては読み応えのある特集でした。❤❤❤

 

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

牢働、労働、朗働?

 政府が最近発表した「過労死等防止対策白書」の中で、全国の小・中・高などの教職員を対象とした調査(約3万5000人が回答)によれば、「業務でストレスや悩みがある」と答えた人が80.7%に上がったそうです。悩みの内容は、「長時間勤務の多さ」(40%)⇒「保護者・PTAへの対応」(38%)⇒「部活動の指導」(15%)

 仕事には、牢働」「労働」「朗働」(ロウドウ)の三つがあると言います。「牢働」とは、牢獄の中で手足をつながれ、ムチで容赦なく叩かれながら嫌々酷使されることです〔笑〕。辛くて苦しいばかりの毎日です。これに対して「労働」は、苦役と言うほどではないけれども、やっていて楽しい、ワクワクするわけでもありません。普通の「労働」です。この二つの他に、「朗働」という働き方があります。社員が仕事に面白さや遊びを実感して、朗らかな気持ちで毎日仕事に励んでいるのです。そこには「ワクワク感」が存在していますね。さて、みなさんの仕事はどれに相当しますか?地獄のような「牢働」ですか。それとも毎日が楽しくて楽しくてしょうがない「朗働」ですか?何の変哲もない淡々とした「労働」でしょうか?

 そもそも人はどんなときに仕事が楽しいと喜びを感じるのでしょうか?それは、仕事を通じて自分を磨き、高められるという期待・実感が抱けるとき。会社が成長し、それに呼応して自分の給料も上がっていく。自分のやったことで、周りの人も喜んでくれ、知名度も上がり、家族も喜びを感じる。人生の目標が自分自身にはっきりと見え、仕事を通じて、誇りや、感謝の気持ちが芽生えた時。こうした物心両面の「得」があって初めて、その社員にとって毎日の仕事が「朗働」となります。リーダーは、社員にこうした「朗働」の場と機会を提供することこそが、仕事となります。では、「牢働」「労働」「朗働」に変えるためには何が必要でしょうか?次のような条件が満たされないと、うまくいかないでしょうね。

①職場を好きになる。 ②上司や同僚や部下に好意を持つ ③仕事の価値を認める ④仕事に改善と変化を求める ⑤人から感謝される ⑥何よりも自分が健康である

 私が現役教師だった頃の松江北高は、島根県一勤務がきつい学校で(北高から転勤することを「脱北」などと揶揄されることもありましたっけ)、毎日夜遅くまで残り、それこそ「判定会議」「作問会議」は日をまたぐことは度々でしたが、これで生徒の進路が保証され、力がついていくという展望が得られたので、やり甲斐があり自分でも成長を実感でき、決して嫌だと思うことはありませんでした。上の①~⑥が満たされていたのです。過酷な勤務時間でも「朗働」だったのです。「働き方改革」など無用でした。

 若い頃に、故・竹内 均先生から、自己実現の究極の仕事選択はね、自分の好きなことをやり、②それで充分に食べることができ、③のみならずそれが他人のために役立ち、また他人からも評価される、そんな職業に就くことが最高だね、と教えてもらいました。竹内先生は、東京大学名誉教授、科学雑誌『ニュートン』の創刊(編集長)、代々木ゼミナール札幌校の校長、メガネの三城のCM出演、そのかたわらに全国各地を講演で飛び回り、かつ500冊に近い著書の数々を書かれたとんでもない学者で、まさに「朗働」を絵に描いたような先生でした。好きなことであれば、どんな苦労でもいとわずに努力する情熱を持つことができます。もし仮にそれが駄目になったとしても「好きなことをやってきたのだから」とあきらめもつきます。「好きこそものの上手なれ」と言うように、好きな道なればこそ、完成度の高い仕事ができる場合も多いでしょう。小学生3年生の頃から教師になりたかった私は、まさに最高の職業に就き、毎日教えることが楽しくて楽しくてたまらない、まさに「朗働」の日々を送ることが出来ました。支えて下さった沢山の方々、そして何よりも私の授業を受け続けてくれた生徒のみなさんに感謝したいと思います。❤❤❤

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

A rolling stone gathers no moss.2つの意味の理由

 私がまだ教員に成り立ての若い頃に、 A rolling stone gathers no moss.(転石苔むさず)に、二通りの解釈が存在するということがよく話題になっていました。すなわち、(A)「落ち着きなく転居や転職を重ねて動き回っていると財産も地位も身につかない」(悪い意味)(B)「常に活動的に動き回っているものはいつまでも古くならない」(良い意味)と、英米で、+-全く正反対の意味に取られるという興味深いものです。当然、この問題はさまざまな研究書に取り上げられ、結論的には(A)はイギリス古来の解釈、(B)はアメリカの新しい解釈、という扱いが一般的であったようです。しかしこれをもって、(A)―英用法、(B)―米用法と割り切るのはとても危険です。そのことを、私の調査結果を踏まえて、「現代英語の語法観察(4)」(『研究紀要』第49号 島根県立松江北高等学校)の中で明らかにしました。⇒コチラで全文を読むことができます このブログでも、そのエッセンスを紹介しています。⇒コチラです  今日はその続きです。

 同じ表現でも、「苔」の解釈一つで、これほどまでに受け止め方が異なるものか、と面白く思ったものですが、なぜそのような意味の違いを生んだのか?ということについては、どこにも解説が見当たらないようですので、ここで考えてみたいと思います。興味のある方は、外山滋比古『歯切れよく生きる人 知的な健康生活』(祥伝社黄金文庫、2017年)『日本の英語、英文学』(研究社、2017年)を読まれるとよいでしょう。

 日本もそうですが、雨の多い多湿のイギリスでは、コケは美しく好ましいものと感じられています。コケも生えないというのは貧しさを暗示するのです。コロコロ転がっていたら何も身につかない。その点では日本も同じで、コケを自慢する「コケ寺」があるくらいです。いかにも風情がありますね。日本の国歌の「さざれ石」も、コケがむすまでじっとしているのがよい、という意味ですね。絶えずあちこちに住居を変えたり、やたら仕事を変えたりする者はコケをつけない転石と同じである、成功しない、一つのことにじっとしろ、という意味で使われてきました。他方、アメリカは、イギリスや日本に比べると気候が乾燥しています。湿地でないと育たないコケはむしろ不潔で邪魔な好ましくないもの、コケのつかないのは結構なことだとなります。コケがアメリカではあたかもサビのように感じられるのでしょう。才能や能力のある人は、一カ所にじっとしていない、次々と仕事を変えて多忙で錆びついたりすることがない、コケもつかないという、転がる石はコケをつけなくていい、と考えるわけです。絶えず動き回っているのは優秀な人間で、動いていればコケのような余計なものがついたりはしない、いつも輝いている。日本における終身雇用のように一つの所にじっとしていたら、いつまで経っても飛躍は望めない。条件のいいところがあったら、どんどん転職していったほうがよい。活動的なアメリカ人は、転がる石を評価するのです。戦後の日本では、なぜかコケを美しいと感じない人が増えたようで、転がる石はいい石だというアメリカ的な解釈が、若い人を中心に広がったようですね。世界的ロック・バンド「ローリングストンーズ」(The Rolling Stones)の活躍・人気も、このことに拍車をかけたかもしれません。❤❤❤

カテゴリー: 英語語法 | コメントをどうぞ

「月ヶ瀬」のあごだしラーメン

◎週末はグルメ情報です!今週はラーメン 

 松江の「月ヶ瀬」と言えば、お団子ぜんざいなどで有名な甘味処なんですが、実は、ここの「あごだしラーメン」も隠れたヒット商品なんです。以前に、同僚の先生に連れてきてもらってからは、私も時々食べています。団子やぜんざいと一緒に頂いても全く違和感のない仕様となっています。あご出汁のいい香りが立ち上ります。スープはちょっとだけ濁っているけど白湯スープ、焼きあごと鶏のブレンドスープだそうです。ほのかな魚介の香りと、やや甘さのあるやさしいスープ。脂も少なめでラーメンと言うよりはうどん出汁に近い。そこそこの大きさのチャーシュー、もやし、メンマ、岩のり、青ネギが綺麗に盛り付けられてます。あごだしと岩のりの組み合わせに、島根らしさを感じますね。まずはスープから、あご出汁がしっかり感じられます。鶏の優しい味付けのあっさりとしたスープで、女性が好みそうな味です。麺は中太縮れ麺、麺自身の味はほとんど主張されず、あっさりスープとよく合います。岩のりのトッピングは、珍しいけれど嬉しいですね。しっかりと磯の香りが感じられこのラーメンにはベストマッチです。ということで、あっさりラーメンが好きな人には堪らない一杯です。

 ちなみに、ここでいう「あご」とは、島根県では「トビウオ」のことを指しています。島根の美しい海と、多種多様な魚介類を代表する魚種として、「県魚」に選ばれているトビウオ。県民には「夏を告げる魚」として親しまれています。トビウオとは、ダツ目トビウオ科に属する魚の総称で、日本国内で確認されているものは約30種類。島根県では、「ホソトビウオ」と「ツクシトビウオ」の2種類が漁獲されます。特徴は、その名の通り、翼のような胸ビレで水面から飛び上がること。最長では、なんと500mも滑空することがあると言われているそうですよ。獲れたてを刺身や焼き魚でいただきます。上品な白身は、その身の美しさから、お頭を飾り付けた姿造りにされることもあります。加工品も数多く、島根県では、トビウオのすり身を大きなちくわに仕立てて香ばしく焼き上げる「あご野焼」が有名で、古くから出雲地方の名産品となっていて、私も小さい頃はよく食べましたね。また、煮干加工した「あごだし」は、そのままあるいは粉末にして料理のだしをとるのに使われ、近年人気が上昇中。未成魚を使用する県もありますが、島根県のあごだしは贅沢に成魚を使っているため味は保証付きです。その他にも燻製など多様な加工品が開発されています。❤❤❤

カテゴリー: グルメ | コメントをどうぞ

今村信貴投手

★今村投手を変えた原監督との10分間!

 不振だった巨人軍で、今村信貴(いまむらのぶたか)投手菅野メルセデス、に次ぐ3本柱投手の一人として後半戦で活躍してくれたことは、幸いでした。今年度は、6勝2敗で安定した成績を残しました。あのドロンとしたスローカーブは大きな武器となりましたね。2018年開幕前に、彼は同じ左投手の田口投手にジェラシーを感じると述べていました。その田口投手は今年はまったくダメだった(=CSシリーズでは今年一番の投球をしましたが、信用がないので途中交代させられ逆転負け!)。

「田口に抜かされたのは本当に悔しいです。差をつけられた一つの理由はスライダーのキレ、制球力かなと。田口を追い越さないといけないですし、内海さんや杉内さんにも勝たないとローテに入れない。左の先発で1番を目指します」

 2011年のドラフト2位で巨人入団。入団7年目でようやくブレークの兆しを見せました。来年の活躍が楽しみです。そんな今村投手の原点を私は知っていますので、記しておきます。入団3年目で(20歳)ヤクルト戦(ひたちなか球場)に先発した今村投手は、バレンティンに満塁ホームランを浴びて4回途中6失点でKO降板しました。即2軍行きです。降板後、8回の守備中に原 辰徳督(当時)にベンチで呼ばれて、隣に座らされ、「走者もいないのにセットポジションから投げるのは、あんまり良くないんじゃないか。迫力がない。先発ピッチャーで、セットで投げて成功した選手は見たことがないぞ。1回変えてみろ。将来のジャイアンツを背負っていかないといけない存在なんだから」と、10分間濃厚な指導に聞き入りました。今村投手は「落ち込んでいたんですけど、すごくありがたかったです。そう言っていただいたので、もっともっと頑張らなくちゃいけないと思いました」と、指揮官の金言を胸に刻みました。こうした指導者との巡り会いが、人生を変えるということがよくあります。2軍落ちした彼は、ノーワインドアップに戻して投げ込みを続けました。セットの時よりも右打者の内角にしっかりと投げられるようになりました。右足を上げた時に、軸の左足が折れる悪癖が改善され、しっかりと体重移動ができるようになり、クロスファイアの威力が増大し、ダイナミックな投球を取り戻しました。これが原点となって、今年の安定した投球がありました。激励した当の原監督が、来季は帰って来ます。さらなる飛躍を期待しましょう。❤❤❤

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

ちゅーりーちゃん

 古くから異文化の玄関として栄えた長崎に、152万平方メートルの敷地を持つハウステンボス そのハウステンボスのマスコットキャラクターが「ちゅーりーちゃん」です。ちゅーりー」とは、ハウステンボスの「しはいにん」で、 チューリップの妖精です。3月25日生まれの女の子。ちゅーりーちゃん」の手は葉っぱ。木靴を履いています。愛らしいルックスでピンク以外にも黄色や水色、オレンジ、赤などいろいろな色の子がいます。お決まりのポーズは、右足を出すポーズで、お客様を出迎えたり、一緒に写真を撮るお仕事をがんばっているゆるキャラです。

 今回のハウステンボス訪問では、オフィシャル・ホテルの「変なホテル」に泊まりました。前回は、「ホテルヨーロッパ」という最高級のホテルに泊まり、サービスに感動したのを覚えていますが(何せクルーザーでチェックインですよ ⇒コチラです)、今回はロボットで今話題の「変なホテル」に、どうしても泊まってみたいと思いました。連休中にもかかわらず予約がとれたので、ホテルの入り口を入ると、ハウステンボスのマスコット・キャラクターちゅーりーちゃん」のロボットが、挨拶をして出迎えてくれます。実に愛くるしい。恐竜ロボット」のチェックイン(!)を受けた後、(⇒コチラです) お部屋に入ると、ベッドの枕元に「ちゅーりーちゃん」のミニロボットが設置されています。聞くところによれば、シャープ製だそうです。ハウステンボスと共同開発したコンシェルジュ・ロボットで、ハウステンボスのマスコットキャラクター「ちゅーりーちゃん」を原型にしており、客室のベッド近くに設置されています。本体サイズは、188(幅)×208(奥行き)×325(高さ)ミリ、重量は約1.1キロ。

hm_sha01.jpg 

 ロボットの名前の「ちゅーりーちゃん」声をかけると、何でしょう?」と返事をしてくれますが、聞こえないと「はー?」とか言ってきます(笑)。照明のオン/オフ、現在時間、モーニングコールのセット、長崎の天気情報の取得などができます。ただ、決められた言葉以外に反応できないため、室内ガイドとして隣に置いてあるWindowsタブレット(10インチ、EPSON製)に書かれた言葉以外はことごとく無視します。スピーカーの正面から言わないと、全然反応してくれません。話しかけると返事をしてくれますが、かなり雑な感じで聞こえないと「はー?」とか言います。思わず笑ってしまったのは、「歌って」とリクエストすると「歌いますよ」と言って、「秋の夕日に照る山紅葉…」と長々と2番まで歌い出すんです。これは可笑しかった。英語バージョンに切り替えることもでき、私は一晩中お部屋で、この「チューリーちゃん」ロボットと遊んでいました(笑)。まだ、対応が雑なところはあるにしても、日本の技術の進歩は恐ろしいですね。❤❤❤

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

「カラコロ工房」ハロウィン装飾

 松江市殿町「カラコロ工房」では、ハロウィン・ウィークということで、ハロウィン風に飾り付けがされていました。お化けに見立てたオレンジ色や紫色の丸いオブジェ約60個が天井から吊されていました。石壁には怪しげな黒い木の影が施されています。観光客が盛んに写真を撮っていました。写真の奥の方に見える郵便ポストが、「幸運のピンクのポスト」です。⇒私の解説はコチラ


 東京・渋谷のスクランブル交差点では、仮装した若者たちが酒に酔い暴徒化して、軽トラックを横転させる、暴挙、喧嘩、盗撮、痴漢をするなど大騒ぎで、騒然となったそうです。ハロウィンというのは、そもそも古代ケルト人の悪霊退散の儀式かつ収穫祭が起源です。魔除けと収穫を祝うという面が発展して、米国ではお化けに扮した子供がお菓子をもらうイベントとなりました。それが日本では、仮装した大人が暴れて乱痴気バカ騒ぎをする、日本版ハロウィンとなりました。仮装というのは現実逃避で、平々凡々な日常からの解放と感じ、知らない者同士でもノリで一緒に盛り上がるお祭りと同じ精神作用が働きます。仮装しているところから、自分が誰か分からないだろうからという気持ちで、バカ騒ぎして無法地帯と化しています。仮装は結構ですが、人に迷惑をかけても平気というのがいけません。このハロウィンのバカ騒ぎは年々ひどくなっていく感じです。困ったものです。

 私は各所で、ハロウィンのイベントを楽しんで写真に撮って回っています。❤❤❤

▲東京ディズニーランドです

▲長崎ハウステンボスです

 

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

「あ、さだ飴」?

 本題に入る前に、まずはのどで有名な「浅田飴」の歴史から。「浅田飴」(あさだあめ)の名称は、宮内省の侍医で漢方医の浅田宗伯による処方であることから、浅田の名をとったものといわれています(会社創立者の堀内伊三郎浅田の下で学んでいました)浅田宗伯は同郷のよしみから堀内伊三郎に処方を伝授し、伊三郎「御薬(おんくすり)さらし水飴」として明治20年に製造発売しました。その2年後、浅田宗伯の名にちなんで「浅田飴」と改称。息子の初代 堀内伊太郎の手により売り出されたのが「浅田飴」の始まりです。創業時の店舗は神田富山町にありましたが、明治22年に神田鍋町に移転し、浅田飴本舗堀内伊太郎商店」が誕生しました。その後、明治30年に現在地の神田鍛冶町に移りました。当初は水飴タイプとして発売されたが、携帯に不便だったため、1915年(大正4年)にキャラメル状の固形タイプの「浅田飴」を考案。11年後の1926年(大正15年)に現在の碁石の形をした固形タイプの「浅田飴」が完成しました。2003年(平成15年)には固形浅田飴のシュガーレス化に成功。浅田飴」発売当初からのキャッチコピーは「良薬にして口に甘し。」「せき・こえ・のどに浅田飴」でその名を知られていますね。「良薬にして口に甘し」といううたい文句で広まった「浅田飴」ですが、あくまでも医薬品である故、その有効性・安全性については現在も学術レベルでの研究が続けられています。「浅田飴」の長寿の秘訣は、人の好みや時代は変わっても、薬としての本質は何も変えていない「安心感」にあるのでしょう。ラジオパーソナリティーで作詞家の故・永 六輔(えいろくすけ)さんが1970年から3度出演したテレビCMでも使われた「せき・こえ・のどに浅田飴」のキャッチフレーズで知られていますね。面白いことを言いながら、真面目なメッセージを発信するのが、『浅田飴』のDNAかもしれませんね。

 さて、ここからが今日の本題です。デビュー45周年、大好きなさだまさしさんのコンサートツアー「Reborn」は、2018年5月12日の、長崎ブリックホール公演から始まりました。そのコンサート会場で、コンサート・グッズの一つとして販売が開始されたのが、あ、さだ飴」でした。さださんと深い親交のあった亡くなった永 六輔さんが、以前楽屋で、「まさしがのど飴をなめている。あ、さだ飴」って笑い話をしてくださっていた、という話で大笑いしたことがあります。デビュー45周年にそんなパロディの偽物を作っちゃおうか、とスタッフとの間で盛り上がったので、いやいやそれならいっそ、さんとのご縁もあるので、本家に相談してみよう、とスタッフが図々しくも『浅田飴』さんにお伺いしてご相談も上がりました。すると、実は浅田飴』さんでも、さんの話とさださんの話で盛り上がっていたらしく、「それは面白いですよねえ」と、喜んでくださいました。でもそういう物を簡単に作ることが出来るわけではありません。製品化のために、あれこれと様々にご苦労いただいて、ようやく、ついに製品になったのが今日の話題「あ、さだ飴」です。その詳しいいきさつについては、朝日新聞』9月8日付に、浅田飴代表取締社長堀内邦彦さんとさださんの対談全面広告が掲載されました。社内でさんの追悼イベントにさださんが出ているのを見て、「うちのCMをずっとやってくれた永さんの後継者として、永さんと長いおつきあいのあるさださんと何かできたらいいね」と話していた次の日に、さださんの会社から、「あ、さだ飴」の製品化について電話が来たそうです。これは運命かなと思い、社内会議では全員一致で製品化を決定したそうですよ。

 「あ、さだ飴」は、おなじみのブリキ缶に入って、さださんのコンサート会場だけで手に入る特別製品です。といっても、勿論ちゃんとした本当の「のど飴」ですが、決してコンビニや薬局では売っていませんからご注意を!コンサート会場では大人気のようで、箱買いしていく人も多く(私もその一人ですが…)欠品しそうになったとか。カリン味(シュガーレス)ののど飴で、「うた・こえ・トークに」、キャッチコピーも変えられていて、下の方には「盛り上がりすぎていためたのどに」と洒落ています(本家のは上の写真と比べてみてください)。コンサートにお出かけの時には是非ご覧になってみてください。スタッフにも大好評で、みんな大笑いしながら喜んでいるそうですよ。うた・こえ・トークに「あ、さだ飴」です。私が箱買いすると、こんな「トートバッグ」が記念についてきましたよ。それにしてもよくできたギャグですね。実に、さださんらしい。今私は、知り合いにお裾分けして回っています〔笑〕。

 私も喋ってなんぼの商売なので、のどは日頃から大事にしています。松江南高校時代に、突然全く声が出なくなったことがあって、授業は黒板を使った筆談で行われました。「違う!」「訳せ」「バカ!」「よし!」「どういうこと?」…生徒たちには受けていましたが、やっている本人はたまったものではありません。それからです。授業が終わって帰る度に、うがいを必ずするようになりました。使うのは、以来ずっと、校医の先生に勧められた「アルペンのうがい薬」です。松江では手には入らないので、広島に出た時や、アマゾンなどで箱買いしています。❤❤❤

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

自由席料金で指定席へ?

 昨年、あこがれの「特急ハウステンボス」の新型車両(上写真)で、ハウステンボスから博多に帰ろうとしている時に、佐賀を過ぎたあたりでしょうか、こんな車掌さんの車内放送が流れてきてビックリしました。「…自由席にお乗りの方は指定席に座ってもらって結構です」という内容でした。「えー?そんなことしていいの?!」と思わず不審に思いました。地元・島根県を走る特急列車(やくも、スーパーおき、スーパーまつかぜ)だったら、必ず指定料金を取られるところです。なんでも、賀→博多間は、グリーン車及び2号車(783系は1号車半室指定席)を除く空いている指定席自由席特急券で着席できるんだそうです。ただし指定券を持っているお客さんが優先で、乗ってこられたら席を空けなければいけません。レーつばめ、有明、かもめ、みどり、ハウステンボスの特急列車が対象です。好奇心旺盛な私は、「いったいどうしてこんなサービスが生まれたのかな?」と疑問が湧きました。

 車掌さんがグリーン車内に入ってこられたので、聞いてみました。以下は、車掌さんと私との1問1答です。

「さっき~あんな放送があったんですが、あれは全部の特急列車で行われているんですか?」 ―「上りの博多行きに限って、佐賀・鳥栖以降に開放しています」―   「なぜそんなサービスが生まれたんですか?」 ―「佐賀~博多間は通勤で利用されるお客さんが非常に多く、自由席には立っているお客さんもたくさんおられました。指定席は結構空いていることが多かったので、それなら移って座っていただこうということになったのです」(素晴らしいサービス!)―「もうこのサービスは長いんですか?」 ―「10年くらい前から実施しています」―「トラブルはないんですか?」 ―「時々下りの列車で、勘違いされて指定席に移られるお客さんがおられ、ご理解いただくのに苦労することもあります」

 ある特定区間のみ黙認をしたら、せっかくの 指定席料金を払った設備が自分達より安く乗っている人達、またある特定区間だけ優遇されるのはおかしいという話にもなりかねません。指定券の所持客が来たら、ちゃんと席をどける or 指定席所持客もうまく空席へ避けると、共存が出来ているようですね。いずれにしても、お客さんの満足度を最優先に考える、いかにもJR九州らしいサービスで感心しました。ところが、…。

********************************

 ところが、JR九州は、今年3月のダイヤ改正で、長崎線の佐賀-博多駅間で実施していた特急列車の指定席開放を取りやめたんです。2001年に自由席の通勤客の混雑対策として始め、福岡市内に向かう利用者に重宝されてきましたが、「高い料金を払っているのに、自由席料金で座れるのは不公平ではないか」といった不満や、自由席料金で指定席に座れる割安なインターネット予約が浸透したことなどを理由に、廃止を決めたそうです。混雑する平日の通勤時間帯の特急で、自由席の車両を増やしてはいますが、減便にとどまらないサービス低下に不満の声も上がっています。「指定席が空いているのなら開放を続けていいのでは」。「本数の多さを含め、気軽に利用できるのがこの区間の魅力。今後は自由席に座れないことがあるかも」

 JR九州はこのダイヤ改正で、佐賀県内を含む新幹線と在来線の全22路線で、発足以来最大の減便を行いました。改正後の利用状況を調査中で、指定席開放の取りやめに関しても、「混雑状況によっては、自由席を増やすなどの対応を取る可能性がある」と説明していました。なかなか難しい問題ですね。♠♠♠

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

桐原書店講演会

今週末、この講演会(岡山会場)に出かけてきます。大西・マクベイ両先生は、来たる11月19日に刊行される私たちの『コンパスローズ英和辞典』(研究社)の、監修をして下さっています。全部の会場が満員御礼だそうです。すごい人気ですね。今から楽しみです。❤❤❤

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

Virtue is its own reward.

  英語の諺で、Virtue is its own reward.というものがあります。英和辞典では「徳はそれ自体が報いである」「徳行は自ら報いる〔報酬を求めない〕 」「善行の報いはその中にあり」「徳行はそれ自体が尊い」「美徳はそれ自身の報酬である」などと説明されていますが、その意味するところがイマイチピンときませんね。

 尊敬する故・渡部昇一先生も、旧制中学時代に初めてこの諺を英語で読んだ時に、どういう意味かよく分からなかったと言います。カール・ヒルティ『幸福論』を読んだ時に、「あー、そういうことか!」と得心がいったそうです。

 どんな行為でも、また、さらに立ち入って言えば、どんな考えでも、それが一度考えられた時は、あるいは、行為の場合は一度何かをしたならば、必ず次に同じような行為や同じような考え方がその分だけ容易に浮かぶものである。そして、それと反対のことをしたり、考えたりすることが難しくなる傾向がある。

 良い行いの間違いのない報酬とは、必ず次の良いことをやりやすくなるということなのです。そして、さらに良い行いはやりやすくなります。そういう良い行いをする人は、永続的な影響を与えられます。美徳のある人とは、その美徳をやり続けたからそれが身についているということです。つまり良いことをやれるということそれ自体がもう報酬なんだということです。どうしても悪いことをやらずにはいられないという人間もいますが、それ自体が罰なのです。すなわち「習慣」というものは、単に癖だとかなんとかという軽い意味ではなくて、ある人の本質的なものであるということを、ヒルティは述べているのです。「美徳はそれ自身の報酬である」というのは、そんな理解をすれば良いのではないかと渡部先生は書いておられます。

 徳のある行為(virtue)をすると,「いいことをしたな」という満足感が得られますね。その満足感こそがその人にとっての報酬(reward)になる、ということなんです。逆に言えば、物質的な報酬や見返りを期待して、徳のある行為をしてはいけないということです。Virtue is its own reward. Don’t expect to get anything in return.「徳はそれ自体が報いである。見返りに何かを得ることを期待してはいけない。」などと使うことが出来るでしょう。よい行いをしたことの報酬は、善いと分かっていることをしたときに感じる満足感であって、善行に対して物質的な見返りを期待すべきではないと警告するためによく使われるそうです。

 私の例で考えてみましょう。私は小さい頃から「早起き」でした。これはなぜかというと、信仰心があつく信心深かった母親が、朝の5時から神様にお勤めの行をするんですが、鐘をチーンと鳴らしてお経を上げる、その鐘の音でパッと目が覚めるような習慣が出来上がっていました。前日(当日?)何時に寝ても朝の5時にはちゃんと目が覚めるのです。以来、ずっと早起きをして、学校に行くまでの数時間をひと仕事に充てていました。もう長い間、私は学校に朝の6時半に登校します。誰もいません。数年前までは、私より早くやって来る女性の英語の先生が、私に美味しいコーヒーを淹れて待っていてくれましたが、今はもうそんな先生はいないので、自分でコーヒーメーカーをセットしています〔笑〕。物音一つしないシーンと静まりかえった学校で、始業時までの約2時間を、予習や調べ物、教材作成に充てることができます。これを毎日続けるわけですから、年間にすれば相当の仕事量になりますね。私がこれまでに作り溜めた教材は、全部こうして完成したものです。また、私が早く来ることを知っている生徒たちが、質問や添削指導にやって来ます。学校が始まるまでの時間を、実に有意義に使う事ができています。始業時間ギリギリに、遅刻すれすれでやって来る教員もいますが、これでは立派な仕事はできないだろうな、と思って見ています。今日も朝早く起きて登校する、という良い習慣それ自体、そしてそれを続けることができていることこそが、私に与えられたご褒美なんです。カール・ヒルティに、「仕事というものは本当に熱心にやると、面白くなるという性質を持っている」という言葉があります。仕事は極めれば極めるほど面白くなっていく、私は教えることが楽しくて楽しくて仕方が無い、と思って毎日働いていました。Virtue is its own reward.は、そんな意味の諺です。❤❤❤

▲朝6時半の静まりかえった松江北高

カテゴリー: 英語語法 | コメントをどうぞ

いきなりステーキ

◎週末はグルメ情報です!!今週はステーキ

 去る10月4日に、松江イオンモール1階に、厚切りステーキ専門店「いきなり!ステーキ」(日本で331号店目!)の『イオン松江店』がオープンしました。量り売り(オーダーカット)でステーキを販売したり、あとハンバーグなども販売、美味しいお肉をお手頃価格で提供するお店ですね。私はよく出雲イオンモールの4階で食事をするんですが、そこに入っている「いきなりステーキ」のお店はいつも行列で繁盛していました。素通りして今まで入ったことはありませんでしたが、かなりのボリュームのお肉を安いお値段で食べられるので、ファンが多いのも分かりますね。松江にもグランドオープンしたということで、周りの先生方も数多く訪れておられるようで、ぜひにと勧められていました。

 平日、北高の授業が終わって、お昼時12時半頃に行きましたので、店内は超満員であふれかえっています。店先には10人ばかりの行列ができていました。行列嫌いの私も、今日だけは最後尾に並びました。「いきなりステーキ」は立ち食いが基本と聞いていましたが、松江店は普通の座席形式(椅子席)です。店員の人が案内してくれます。ところが、待てど暮らせど、注文を取りに来ない。お水も持って来ない。バイトなんでしょうけれど、この接客は-ポイント!隣にステーキを運んで来た店員さんに言って注文します。好きなお肉を選んでグラム指定、と聞いていましたが、メニューから普通に注文です。「サーロインステーキ200g」(1620円)「ランチのBセット」(サラダ・スープ・ライス 400円)を頼みました。10分ぐらい待って、スープとサラダが運ばれてきました。しばらくすると、鉄板に乗った熱々のステーキに付け合わせのコーンが到着。そしてご飯です。特製ステーキソースをかけていただきます。

 サラダにかけるドレッシングは2種類ありましたが、玉ねぎ「いきなりドレッシング」の味は気に入りました。肝心のステーキですが、まずいとは思いませんが、肉が硬い。私の大好きな東津田にある「ステーキ館 和」(さわ)のお肉は、口にほうばると、とろけるような柔らかさです。この点が致命的に違います。まあ、お値段も違いますがね。どうしてもあのお肉の感動と比べてしまいますよね。

 精算のレジで、「ポイントカード」を作りませんか、と勧誘されましたが、もう二度と足を運ぶことはないので、お断りしました。食べたステーキの量が、そのままマイレージポイント(グラム)になるというメンバーズカードですね。食べれば食べるほどランクが上がり、特典が増えるとか。私には関係ない。レジにはドレッシングステーキソースの販売見本が置いてありましたので、美味しかった「いきなりドレッシング」(650円)だけを買っておきました。今食卓のサラダにかけて食べています。これはなかなかいけますよ。

 全国で勢いのあるお店としてよく紹介されることも多く、お店を特集したテレビ番組では原価率が60%を超えるとか言っていました。普通飲食店の原価率というのは大体30%ぐらいと言われているので、そのコスパから言っても、いいお肉を提供している、ということでしたが、私に感動はありませんでした。一度、「和」(さわ)のステーキを食べてみてください。⇒私の最近の紹介記事はコチラ

 この「いきなりステーキ」に行ったことで、強く感じたことがありましたので、それを記しておきます。何でも最高のものを知っていると、ほどほどのものでは満足できなくなる、ということです。和」や東京のステーキ名店の味を知っている私は、あの程度のお肉では満たされない。何処の料理店でも、一流の味を知っていると、そこそこの味では満足できません。プロのマジシャンにもピンからキリまであって、超一流の演技はやはり違いますものね。学校の成績も同じです。松江北高はかつて三年連続日本一の国公立合格者数を誇った名門校でした。駿台模試で全国1位(!)を取った生徒もいました。今の生徒の成績を見るに、なんとも情けない思いです。若い頃から英語のスピーチの指導をずっと続けていたんですが、私が松江南高に現役で勤めていた頃は(13年間)、南高北高で代わる代わる優勝を分け合っていたものでした。北高に戻ってきてから10年間、優勝5回、2位が5回(松江のミッションスクール松徳学園坂本先生と1位・2位を分け合っていました)、それが現在は、上位に入ることもできません。私は若い頃から、全国の一流の先生の指導を受けることができた幸運に恵まれましたから、ほどほどの環境では満足ができなくなっています。大学にはすごい先生がおられます。こうした超一流の先生に触れることで、磨かれていきます。ライトハウス英和辞典』の主幹だった故・竹林 滋(たけばやししげる)先生は、音声学の世界では日本の権威だった先生ですが、中国地方の音声学の大学教授をひどくこきおろしておられました。同じ大学教授でも、これほどの違いがあるものかと、痛感させられたことでした。やはり若い頃から超一流に触れるというのは大切なことです。最近、「一番だけが知っている」というTBSのテレビ番組を見ましたが、やはり同じことを感じましたね。やはり一流に触れることで、自分のボーダーラインが上がり磨かれていきます。田舎に住んでいても、講演、展示会、旅行などで、一流に触れる努力を惜しんではなりません。「いきなりステーキ」から大きく脱線してしまいました〔笑〕。ご容赦を。❤❤❤

カテゴリー: グルメ | コメントをどうぞ

『九州特急「ソニックにちりん」殺人事件』

 西村京太郎先生の1996年6月の長編推理小説『九州特急「ソニックにちりん」殺人事件』(カッパブックス)は、阿蘇・大分を舞台にした十津川警部シリーズのトラベル・ミステリーです。特急「ソニックにちりん」が運行開始したのが、1995年のことですから、西村先生は、走り始めてすぐに九州に取材に行って作品化しておられ、さすがと思われます(西村京太郎『十津川警部とたどる寝台特急の旅』(角川oneテーマ21,2013年)。

 官僚出身の元首相秘書佐久間が突如失踪する。彼は次の総選挙に都内から立候補が決定しており、政治の裏側にも通じていることから、犯罪の可能性があるとして捜査を任された十津川警部。手掛かりとして春から運行を開始した特急「ソニックにちりん」と阿蘇の風景写真が見つかるが、佐久間が最近九州に旅行した形跡は見当たらない。しかし佐久間が20年前に大分の税務署長として2年間赴任していたことが判明する。九州に向かった十津川と亀井は「ソニックにちりん」の写真に写っていた女性が、ソニックレディと呼ばれるJR社員の矢吹みほであること、もう一枚の阿蘇の写真は内牧温泉の旅館だと知る。みほには会えなかったが母親の宏子に会い、20数年前に大分で小料理屋をやっていたことを聞き出す。やがて失踪していた佐久間が、無事帰京したとの報告が届く。岩手の花巻温泉にいたというが、十津川達は信じない。そのころ、内牧温泉の近くの牧場でみほの死体が発見された。熊本県警の管轄なので、十津川は手を出すことができない。しかも、佐久間の失踪のことも、政治的圧力がかかりうやむやにされようとする。みほを殺した犯人を突き止めたい宏子が上京するが、正体不明のグループに拉致され、逃げ出して入った病院にも、脅迫電話がかかる始末。宏子をガードする十津川だが爆破騒ぎが起きるなどてんやわんや。政治的圧力を受けながら、十津川達は真実を1つ1つ手繰り寄せていく、というお話。

 トラベル・ミステリーには、その土地ならではの事件であったり風習であったり、今ほど便利に情報が入る時代でもないし、ガイド的な役割を果たしたりなど、様々な役割がありました。西村京太郎先生のトラベル・ミステリーと言えば、初期の頃は時刻表とか列車のアリバイトリックとか、その場所ならではの奇抜性が受けた面も強くあります。そういう意味では、この作品は「ソニックにちりん」の車内で事件が起こるわけでもないので、そこの要素は薄い。反面、政治的圧力に心を悩ませながらも、捜査を断固行う十津川警部達の姿というのは、先生の面目躍如、初期の社会派の部分を彷彿とさせるところもあり、とても魅力的です。加えて最後に真犯人に仕掛けるトリックはなかなか優れていると思いました。しかし、本当の悪人はいまだ悠々と政界を泳いでいる、というラストの感じも悪くありません。巨悪は眠らないのです。

 二人が、ホームに出ると、問題の列車はすでに入線していた。
 写真で見たときも思ったのだが、ソニックにちりんのフロントは、セルリアンブルーの
色のせいもあって、昆虫を思わせる。設計者もたぶん、昆虫をイメージして、作ったに違
いない。
 九州には、つばめ号や、ゆふいんの森号のように、奇抜な形の列車が走っているが、新
しく走り出したこのソニックにちりんも、人気をつかむにちがいない。
 車内に入ると、今度は、童話の世界になった。座席のヘッドレストは、誰が見ても、ミ
ッキーマウスの耳の形である。それに、原色に近い色彩があふれている。
 子供が喜ぶだろうなと、十津川は思った。設計し、製造した人たちも、そのへんを狙っ
たのだろう。(中略)
 二人の乗ったグリーンは、1号車の半分を使い、十五の座席が用意されている。
 1号車は、禁煙だが、運転席のすぐうしろに、楕円形の休憩室が設けられ、そこには、
灰皿が用意されていた。

 題名の特急「ソニックにちりん」は、1995年3月18日より特急「にちりん」として営業運転を開始したのが元祖です。九州各地の道路網が次第に整備されていく中、1996年には福岡・大分間も高速道路で結ばれることになっていました。それに対抗するために、いち早くJR九州で新型車両が導入されたのです。大好きな水戸岡鋭治先生(ドーンデザイン研究所)のデザインでした。4月20日からは、車両愛称の「ソニック」を冠した特急「ソニックにちりん」となりますが、走っていた期間は実に短かったのです。何か問題があったわけではなく、博多―大分駅間の特急「にちりん」が、ほとんどこの883系となり、それを機に二つの特急の名称が「ソニック」に統一され、1997年3月22日のダイヤ改正から、現行の特急「ソニック」となりました。「鉄道友の会」が選定する「ブルーリボン賞」をはじめ、「グッドデザイン賞」「ブルネル賞」も受賞している名列車です。現在は日豊本線の博多―大分間を30分間隔で発着しています。

 車体は軽量ステンレス製で、昆虫のバッタを思わせる先頭部はメタリックの塗装。実にかっこいい。車内は、ガラスを多用した仕切り壁が、開放的な空間を創出しているほか、動物の耳のようなヘッドレストがついた座席が印象的です。半室構造のグリーン客車の運転席後部とグリーン客室の間には、楕円形のフリースペースの「パノラマキャビン」も設置されています。モダンな乗降口も異彩を放っていますね。九州初の、そして営業用交流電車としては最初の振り子電車で、最高速度は130キロです。私は何度も何度も乗っている大好きな電車です。日豊本線には、現在は「白いソニック」も運行していますが(特急「かもめ」の車両です)、私は、883系のこちらの青い電車が好きです。西村先生はその後、『十年目の真実』(ノンノベル、1999年)を書いておられ、これがTBSテレビで、渡瀬恒彦さんの十津川警部物・第44作「特急ソニック殺人事件」として放送されました。⇒コチラです ❤❤❤

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

運命の七夕飾り?

七夕のイラスト「笹の葉と短冊」

 島根県の教員異動ルールには、「同一校最高8年まで」というルールがありましてね、8年目に校長から「出て下さい」と言われました。本心は定年まで(あと2年)松江北高に奉職したかったんですが、「出ろ」と言われるなら、どこでも行きますと返事をしていました。生徒たちにも来年は北高を去ることになりそうだ、という話をついしてしまったんですが、7月の七夕を前に北高図書館前に「七夕飾り」が立ち、生徒たちがめいめい願い事を書いて短冊につるす、という司書さんのアイデアが実現しました。そこに、「八幡先生を辞めさせないで!」という短冊が何枚もぶら下がっているのを見て感動したことを思い出します。あれは教員生活の中でも一番嬉しい出来事でした。この短冊効果かどうか知りませんが、校長に呼ばれ、「残って下さい」と言われました。「出ろ」と言われたり「残ってくれ」と言われたり、ずいぶんブレていると思いましたが、結局このまま居残り、定年まで勤めました。10年間北高に在籍したことになります。私は退職したら、仕事はせずにスッパリと隠居生活に入るつもりで、各所のお申し出は全てお断りして、悠々自適の生活に浸っていました。よんどころない事情で(講演会ではネタにしてお話ししていますネ)、2ヶ月ほどブランクはありましたが、引き続き北高に勤務して(常勤⇒非常勤)、今年で14年目になります。そのドタバタの年に生徒からもらった手紙が出てきました。私は生徒からもらったものは大切に取ってあるんです。

 先生に英語を教えていただけるのも、あとわずかとなってしまいました。本当は、もっともっと先生にいろいろなことを教えていただきたかったし、先生の面白いお話をたくさん聞きたかったです。あと1年、あと1年だけでもいいので、先生に残っていただきたいと、同じRの子たちも言っています。本当に残念です。しかし、先生にもいろんなお考えがありますし、外から見ているとおっしゃっていたので、あと1年頑張ろうと思います。今回は日頃の感謝を込めて、バレンタインのチョコを贈らせていただきます。高校生ということもあり、あまり上等なものは買えなかったのですが、甘い物は疲れに良いといいますので、少しでも先生の疲れが癒えれば幸いです。

 今日は、毎月通院している病院の通路で、松江南高時代の、ずいぶん前の卒業生(50歳)に会いました。私の顔を見るなり飛んできて、「私、八幡先生の授業大好きでした!」 確か看護士になったはずじゃあ…、と言うと、嬉しそうに当時の授業の思い出話を次々としてくれ、懐かしくもありました。30年以上も前の授業を覚えてくれているだけで、幸せな八幡でした。❤❤❤

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

can’t thank you enough

 最近の模擬試験に、こんな文法・語法問題が出題されました。

Mary : Cindy, I can't (           ) for what you did for me.
Cindy : Oh, please don't mention it!
(ア)thank you enough            (イ)appreciate you enough
(ウ)thank you a lot             (エ)appreciate you a lot

 もちろん答えは(ア)ですね。「解答・解説集」には次のような説明が出ていました。

 I can’t thank you enough (for…)で「(…のことで)私はあなたにいくら感謝してもしきれない」という相手への強い感謝の意を示す会話の定型表現。対するシンディの返答にあるdon’t mention itは「どういたしまして,気にしないで」という相手から感謝を告げられた時の定型表現であり、両者の対話の内容もかみ合ったものになるので、(ア)が正解。

 can’t [can not]という言葉が入っていることで「感謝できない」と否定の意味になるのかな?と思ってしまいがちですが、最後にある“enough”というこの一語が重要なのです。「enough=充分」つまり、「充分には感謝しきれない」という意味になるんですね。本来の意味は「私はあなたに十分には感謝できない」、言いかえれば「私はあなたにいくら感謝してもしきれない」ということです。そこら辺がわかっていないと、理解出来ない表現なので、模試でも★★★印をつけて「発展 難易度が高く、応用的な内容を含む問題」とマークしていました。と、ここまでは教室でもよく取り上げられることです。

 しかし、キャサリン・クラフト『先生、その英語は使いません! 学校で教わる不自然な英語100 Textbook English vs. Everyday English』(DHC、2016年)によれば、昔の人たちは丁寧にこんなふうに言っていましたが、今の若者はこんな言い方はしないと言います。Thanks. I really owe you./ Thanks. I owe you big-time./ Thanks. I owe you one.などが、日常使う英語だと言います。この本には、「正しいけれど、もはや使われていない表現」「意味は伝わるけれど、ぎこちないフレーズ」があふれています。日本の学校で教えられている英語には、次のような不自然さがあり、注意が必要であることを教えてくれます。ぜひご一読ください。英語の勉強は実に難しい!♠♠♠

◎「話し言葉」と「書き言葉」がごっちゃまぜになっている。
◎「むかし」と「いま」の表現が混在していてチグハグである。
古めかしくてフォーマルな言いまわしが多い。
◎ イキイキ感に欠ける。

 

カテゴリー: 英語語法 | コメントをどうぞ

口コミで注文殺到!

▲田和山「今井書店センター店」でも販売

 私の最新刊『2019年度英語センター対策本』(自費出版、200円)CD『センター発音・アクセント過去出題語(1990年~2018年)』(自費制作、300円)をご希望になる先生が相次いでおります。さらには、その親本『2017年英語センター対策本』(自費出版、800円)まで欲しいとお求めになっています。最近も東京都立高校から233冊のご注文をいただきましたが、6月のラーンズの研究会にご参加なさった先生からの、口コミによるご依頼だったようです。みなさん、どうもありがとうございます。あと2年で現行のセンター試験が終了を告げるためか、例年発刊している問題集等を見送る出版社も出る中で(例えば桐原書店)、何かよいセンター教材はないのかとお探しの先生方も多いのではないかと思います。ぜひ私のこの教材を手に取ってみてください。ご期待に応える内容となっていると思いますよ。少しでも先生方・生徒さんのお役に立つのならばと、「利他の精神」で大赤字の中をお分けしている自主教材です。手に取っていただいた先生方の口コミで、評判をいただいて嬉しく思っております。お近くの先生方にもPRをよろしくお願いします。一人でも多くの生徒さんに、高得点を取ってもらいたいという思いから作った教材ですので。

 松江・米子・出雲にお住まいの方は、「今井書店グループ」に置いてもらっていますので、そちらでお求め下さい。ただしCDは置いてありませんので、ご希望の方は、直接八幡までご連絡ください(最近も、今井書店に照会したところCDはないとのことで、私に直接メールを下さった先生がおられました)。⇒メールはコチラ yawata@hb.tp1.jp

 少しでもたくさんの先生方・生徒さんに使って頂くために、多めに印刷して、在庫は準備してあります。お気軽にご照会ください。なお、全国の先生方のご要望に応えて、D】の提供を始めました。

【D】送料・梱包料込みで計1,000円

①『2019年度英語センター対策本』(200円) ②CD『センター発音・アクセント過去出題語リスト・音声』(300円) ③〔特典その1〕『【実践編】英語2016年度センター試験の取り組み方』(23ページ) ④〔特典その2〕「センター発音・アクセント過去出題語(1990〜2018年)」(カラー印刷)

 【A】【B】【C】は、今まで通りに提供させていただきます。

【A】送料・梱包料込みで計1,500円

最新版『2019年度英語センター対策本』(20ページ、自費出版、200円)×5冊セット…私の最新作。2018年度本試験問題をベースに勉強の仕方を解説

特典その1〕『【実践編】英語2016年度センター試験の取り組み方』(23ページ)…2016年の本試験の問題を用いて「勉強の仕方」を解説【5冊のお申し込みにつき1冊】
◎〔特典その2〕「「発音・アクセント」センター過去出題語(1990〜2018年)」(カラー印刷…過去に出題された語をアルファベット順に一覧表にしたもの。複数回出題された重要語はカラー化されており一目で分かる。先日の東京・茨城の研究会でアッという間になくなった貴重資料です【5冊のお申し込みにつき5枚】

【B】送料・梱包料込みで計1,300円

『2017年英語センター対策本』(自費出版、800円、144ページ)(800円)…親本。データに詳しい。

2019年度英語センター対策本』(第14版、200円)

〔特典その1〕『【実践編】英語2016年度センター試験の取り組み方』(23ページ)1冊

〔特典その2〕「「発音・アクセント」センター過去出題語(1990〜2018年)」1枚

【C】1枚の場合は送料・梱包料込みで計500円 

最新CD「センター発音・アクセント「過去出題語」リスト・音声」(1枚、300円)  ★枚数は何枚でも受け付けます。単語の覚え方、発音・アクセント問題の攻略法のデータ収録。

カテゴリー: 英語指導に関して | コメントをどうぞ

「松江水燈路2018」

  9月下旬から、松江ライトアップキャラバン(観光協会)が主催する松江城の光のイベント「松江水燈路2018」が開催されています。風光明媚な景観を残す城下町松江ならではの、光と影が織りなす幻想的な風景を楽しむことが出来ます。「水辺の路(松江城のお堀端)に、行燈を並べる光のイベント」ということから「水燈路」と名付けられました(よく間違われますが、「水灯路」ではありません)。会場に並べるのは行燈(あんどん)で、燈籠(とうろう)は使いません。言葉の響きから、お盆の「燈籠流し」と混同し、「水燈籠」「水灯籠」と間違われる方も多いようです。左膝の痛みで階段が上がれなかった私は、今まで行くことができませんでした。あの松江城の急勾配の階段を上り下りすることは苦痛ですから。名医伊達先生の治療のお陰で(⇒コチラです)、痛みが消えたので、今夜満を持して登ってきました。

 松江の町が、9月、10月の夜だけ幻想的な世界に変わります。松江城の周辺が光で彩られ、光と闇の世界を楽しむことが出来るんです。水燈路」期間中は、二の丸上の段に、やさしい光を放つ手作り行燈が並べられます。週末はそれは多くの人が訪れますが、平日は静かな雰囲気で、デートスポットとしても人気のようです。並べられる行燈は市民の手作りで、デザインは全て異なり一つとして同じ行燈はありません。毎年、行燈のデザインコンテストが行われ、優秀作品は表彰されます。この時期、ライトアップされて幻想的に浮かび上がる松江城天守に魅了されることは間違いありません(2015年に7月に国宝に指定されてから、天守への入場者数は36万8372人から53万5495人へと一気に増えましたが、昨年は減少し45万2585人にとどまりました)。松江市は現在、松江城の世界遺産への登録を目指しています。「水燈路」の穏やかな光は、松江を彩り、人々を魅了していくことでしょう。

 お城の周囲に目を落とすと、そこにも美しい光が満ちあふれていました。水面に映えるのはライトアップされた「島根県庁」です。この時ばかりは、県庁本庁舎も光のオブジェへと姿を変えています。「松江水燈路」に合わせて、午後6時前に庁舎内が消灯され、窓ぎわに設置された約200個のLED照明が1階から順に点灯されます。午後9時まで県庁周辺をライトアップしています(~21日)。

 60日間の中で一夜だけ特別な夜があります。10月20日、松江名物「鼕行列」(どうぎょうれつ)の「前夜祭」です。この夜だけは、光だけでなく、光と音で松江の夜を彩ります。大手前広場では、夜遅くまで勇壮な鼕の音が響いていました。❤❤❤

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

ジュリー、ドタキャン!

 歌手のジュリーこと沢田研二さん(70歳)が、全国ツアーのさいたまスーパーアリーナ」公演を開催直前にドタキャンした事件の真相を、自身の口で話していました。当日は所属事務所もイベント主催会社も「契約上の重大な問題が発生したため、公演中止とさせていただくことが決定いたしました」と発表していました。「契約上の重大な問題?なんだ、それ?」という疑問が湧きました。9,000人入ると聞いていた観客が、実際には7,000人だったことや、リハーサルで観客が座れないように客席がつぶされているブロックが6カ所もあったことに腹を立て、自ら中止を決断したと明かしました。舞台裏では、主催者や事務所の人間が土下座してまで開催を懇願したようですが、最後まで首を縦に振ることなく、会場から立ち去りました。「客席がスカスカの状態でやるのは酷なこと。無理だよ。僕にも意地がある」と、最終的に自身で中止を決めたとのことです。「僕にさいたまスーパーアリーナでやる実力がなかった。本当に申し訳なく思っています。」と頭を下げ、「甘いけど、僕はお客さんを信じている。今回はお客さんに甘えさせてもらい、僕の意地を通させてもらいました」と説明しました。一言で言えば、「俺をバカにするな!会場いっぱいにしないとやらない」という、一時代を築いたスーパー・スターの「意地・プライド」を優先したということです。さいたまスーパーアリーナ」を何度もライブで使用しているイベント会社では、今回の損害額を「4,000万円を超えるのではないか」と推定しました。開演直前の公演中止の場合、キャンセル料の減額が難しく、警備人件費や会場代で約3,000万円かかることがあるといいます。これらにステージの音響、照明やセット、スタッフ費用などを加え、さらにチケットの払い戻し手数料なども加わります。この事情では興業保険もおりないでしょうから。

★同い年の小田さんとどこが違う?!

 開場の午後3時半になっても入り口が閉じたままで、開演予定の5時のわずか30分前の4時半に中止が発表されました。楽しみにしていたファンはすっぽかされた格好です。仕事を休んで地方から来ていた人もいたでしょう。ホテルを取っている人もいたでしょう。初めてジュリーのコンサートを楽しみにしていた人もいたはずです。これらのファンはないがしろにされました。プロとしては決して許されることではありません。沢田さんは、2004年10月にも、茨城・水戸公演を直前でドタキャンした前科がありました。主催者もギリギリまでチケットを売ろうと頑張ったはずです。そもそもなぜチケットが売れないのか?真剣にその理由を考えるべきです。私の大好きな小田和正さんは同じ70歳ですが、どこの会場もすぐ満員になりチケットを取るのさえ困難な大スターです。一体何が違うのか?あの年になっても(71歳)創作意欲は衰えず、ヒット曲を今でも出し続けています。コンサート内でもファンを喜ばせる仕掛けを数多く企画し、「今日は来て良かった。また来たいな」とファンは満足して会場を後にします。そこら辺の努力が、ジュリーの場合には足りない、ということなんでしょうね。現在、古稀公演として全国66公演ツアーの真っ最中の出来事です。聞くところによると、バンド編成で往年のど派手なヒット曲を歌ってくれるものと期待して行ったところ、ステージ上はギターと沢田さんだけ。「俺は自分のやりたい曲だけをやる!」と宣言して、ファンでも知らないような曲ばかり歌って終始会場はしらけていたといいます。ステージには大型ビジョンもありません。後ろの人は顔すら見えません。客が入らないのにはちゃんと理由があるんですね。対して小田さんはと言えば(7月松江のコンサート⇒私のレポートはコチラです)、いつものバンドに豪華な弦編成も加え、往年のヒット曲もたくさん交えてファンを喜ばせます。会場には花道まで作られ、ファンの所へ小田さんが全速力で駆けて出向きます。マイクを向けて一緒に歌います。会場後方のファンのためには大型スクリーンが用意され、アップの小田さんが映し出されます。そして最新曲も全て映画やテレビ、CMのタイアップのある馴染みの曲ばかりです。そして幕間には「御当地紀行」なるファンサービスを欠かしません。「ファンを徹底的に大切にする」ここら辺が本質的にジュリーと違うところでしょう。満員になるわけだ。とはいえ、わざわざ足を運んでくれたファンがそこにいる以上、プロならステージに上がるべきだと感じます。「これは老人虐待だ」などと訳の分からない言葉は不謹慎です。

 今回のドタキャンについても、「ジュリーらしいと言えばらしい」との感想を漏らすファンもいました。昔から、ジュリーはキレやすいことで有名だったといいます。例えば、「2015 沢田研二 正月LIVE」(1月20日、東京国際フォーラム)では、2時間歌ったあとのMCで、政治問題に関心の深い彼は、イスラム国の日本人人質事件について語り始めました。客席から「歌って~」の声が飛ぶと、これに激怒したジュリーは、「黙っとれ! 嫌なら帰れ!」とステージ上で怒鳴り、会場を凍り付かせたという事件もありましたっけ。現在もジュリーのファンクラブには3万人ほどの会員がいるといいます。これも驚きの数字です。「今いるファンはもう絶対に離れない。ジュリーがコンサート中に怒ったりすることにも慣れており、今更そんなことでファンを辞めたりはしない。さすがに最近はファンも高齢化が進み、日常的にコンサートに足を運べなくなった人もいます。そのため以前よりは徐々に動員がきつくなっているのは事実」と、関係者は語ります。ドタキャンしたコンサートの振り替え公演を行う予定だといいますが、果たして、この横暴にファンは今まで通り怒ることなく温かく迎え入れるでしょうかね?

 数年前に、松江北高でこんなことがありました。センター試験を直前に控えたお正月、北高では模擬試験の翌日に「フォロー講座」といって、出来の悪かった問題をもう一度取り上げて解説するという伝統行事があります。冬休み中の講座ですから、希望者対象ですが、例年私の教室は満杯になります。ところがこの年は「生徒の自主性を尊重する」という学年方針で(=教員が休みたい?)、カレンダー通り12月29日~1月3日は完全休日・学校閉鎖としました。例年なら最後の追い込みで、学校開放して生徒の勉強の便宜を図っていました。そんな年明けの「フォロー講座」、教室に行ってドアを開けたところ、生徒はたった二人しかいません。私は怒り心頭頭にきましたが、授業だけはきちんと行いました。そしてその次の回は一人しかいませんでした。「あー、今年はダメだな」と思いながら、それでも最後まで授業は大切にして全力投球はしました。私だけでなく、どの講座もスカスカ状態だったと聞きました。一人でも二人でも受講してくれる生徒がいるのであれば、その期待に応えるべく全力を尽くすのがプロです。もちろん「バカにするな」という気持ちはありましたし、進路指導部に抗議もしました。でも授業はきちんとやるのがプロだと思っています。その年の結果が惨憺たるものであったことは当然でした。対して、北高のセンター英語最高平均点を取った一昨年は、お正月もたくさんの生徒が出校して、各教室が超満員だったのを思い出します。私の授業では、定員オーバーで机・椅子が足りずに入りきらないので、他の教室から運び込んで授業を受けて毎回熱気ムンムンでした(写真下)。生徒と教員の波長がピッタリと合った時はいい結果が生まれるものです。今回のジュリーのドタキャン騒動を聞き、そんなことを思い出していました。彼はプロ失格だと思います。♠♠♠


【追記】 10月21日、ジュリーは大阪府大阪狭山市のSAYAKAホールで公演「OLD GUYS ROCK」を開催し、冒頭、ファンに、「僕は至らない人間です」「全て僕の責任です」「僕の性格、意地もありました」「全て僕のワガママです。本来謝罪すべきはさいたまスーパーアリーナに足を運んでくださった方々(に対して)です。本当に申し訳ないと思っています」と騒動を謝罪し、ファンに向かって深々と頭を下げました。観客の賛否は半々の反応で、「いいよ!」と支持する声も飛んだそうです。この日の会場は1,200人「満員御礼」だったとか。「さいたまスーパーアリーナを満員にできなかった僕の力不足です。僕は70歳になって、白旗でなく、自分に対して赤旗(レッドカード)をあげました」と、全てを背負う覚悟を口にし、「さいたまスーパーアリーナを満員にするという目標ができました。それをモチベーションにあと10年はやります」と、同会場を満員にするという目標を掲げ、80歳まで歌い続ける決意も表明しました。

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

名医!伊達先生

 私は現在、全部で6軒(!)の病院に通いながら、勤務を続けています。若い頃無茶苦茶な働き方をしたのが、今になってツケとなり、体のそこら中が悲鳴をあげています。今日は「高梨眼科」で1年ぶりに「視野検査」(異常なし!)をしてもらったその足で、「だて整形外科」に行きました。先週などは「だて整形外科」にお昼に行った直後の15時半に、「須山医院」(心臓外科)で心臓の精密検査(心電図、エコー検査、レントゲン検査)を受けてきました(異常なしでホッと一安心)。6軒も病院通いがあると、1日に2回ということもざらなんです。いつどの病院に行くのだったか?分からなくなることもあります。このところ私が毎週「だて整形外科」に通っているのは、6月に東京から戻って以来、左膝が曲がらなくなってしまい、痛くて歩けない、階段の上り下りができない、座ることができない、という症状に見舞われているからです。伊達先生は、5回ほど「ヒアルロン酸」を注射するので毎週通いなさいということで、今日はその4回目で、忠実に通っています。

 膝に注射をしてもらう度に、痛みが和らいできて、少しずつではありますが左足も曲がるようになり、だいぶん楽にはなったんですが、痛みがまだあり、学校・自宅の階段の上り下り、特に下りることが苦痛で、一段一段手すりを持ってゆっくりと、そーっと下りています。毎回膝にかなり水(関節液)が溜まっているみたいで、それを抜いて貰うんですが、今日もたくさん抜いて貰いました。生理食塩水を注入してもらい、今日は、注射を変えてみましょう、ということで左膝に注射してもらいました。いつもの2倍くらい痛かったです。今日1日は水につけることあいならぬということで、お風呂は厳禁です。するとどうでしょう。翌日、あれだけ痛くて階段を下りることすらできなかった左足が、全く痛くありません。スイスイ下りることができます。曲げても痛くありません。ちょっとまだ重いかなという感覚はあるんですが、今までの痛みが引いたことを思えば、幸せです。名医、伊達先生」です!今日もルンルンで、階段の上り下りをしながら授業に行ってきました。健康のありがたみを改めて噛みしめる毎日です。昨日は伊達先生にお礼を言いに行ってきました。水を抜いて貰い、もう1本ヒアルロン酸を打ってもらって、また痛みが出たらいらっしゃいとのことで、放免されました。まだ床に座ったりすることには痛みが伴うし、正座はできないんですが、日常の歩行には全く問題がないまでに回復しました。ありがたや!❤❤❤

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

「ウィーンの森」のケーキ

◎週末はグルメ情報です!!今週はケーキ!

 ウィーンにコーヒーハウスが誕生したのは1683年。上流社会の社交場から、19世紀には大衆にも広がり、 音楽家に愛されていたことで有名です。 『ウィーンの森』はそんな偉大な音楽家達に思いを馳せる、贅沢な時間を楽しむウィーンの伝統的コーヒーハウススタイル。メニューはウィーンのアレンジコーヒーを中心に、コーヒーのバリエーションが楽しめます。おすすめは「コーヒーとケーキとおしゃべりを楽しむ」ウィーンの伝統的な習慣、“ヤウゼ”スタイル。ウィーンの代表的なケーキ「ザッハトルテ」はチョコレートの 濃厚な味わいで、コーヒーとの相性はぴったりです。

 松江市「ウィーンの森」は二店舗あります。上の写真は町の中央部、殿町店です。もう一店舗田和山にもあります。以前、かつての同僚に、ここのお店の「いちごショート(ケーキ)」が美味しいよ、と薦められて行くようになったお店です。私お薦めの「珈琲館」もこのお店のケーキを出していますね。2階の喫茶でのんびりとコーヒーを飲むこともあります。このお店一番の「セビリア」は、オレンジピールを練りこんだケーキで、スポンジとの相性が抜群で堪りません。表面はアプリコット・ジャムで仕上げています。ただ季節限定商品なので、いつ行っても食べれるというわけではないのがたまにきず。もう一つ、「マルキーズ」というケーキも大好きです。伝統的なウィーン菓子で、チェリーのブランデー漬けを使ったケーキです。普段お酒を全く飲まない私もこのケーキだけはペロっといただきます。病気をする前はケーキが大好きで(「リビドー」「ウィーンの森」)、夜遅くまで仕事をするので、おやつにしょっちゅう食べていましたが、今は病気のこともあって節制しています。当時は九州の博多まで買いに行っていたくらいですから。病院の検査日にちょっと結果がいいと、ご褒美だと思って食べに行っていましたが、近年は毎回検査結果が悪化する一方だったので、自制しています。買って帰るケーキは、全て八幡家のお客さんがペロリ。ところが、この2ヶ月ほど検査結果が劇的に良くなり、調子をこいてケーキ屋に向かおうとする足を諫めている八幡です〔笑〕。❤❤❤

カテゴリー: グルメ | コメントをどうぞ

テンコード(Ten Codes)

 最近、出雲で見た最新映画『スカイスクレーパー』の冒頭シーンは、警察無線の「10-24」と交信する場面から始まっていました。これは、警察の無線通信で使用するために、10と他の数字を組み合わせた作った用語(コード)で、警察司令部とパトカーの間で、連絡・質問・応答に使われるものです。中でも「10-4 Ten-Four(了解)」が有名ですね。

 学生時代に、高校時代の恩師、故・大谷静夫先生三島房夫先生に紹介されてはまったEd McBain(エドマクベイン)の警察小説を読んでいると、この「10コード」(Ten Codes)が、山のように出てくるんです。パトリシア・コーンウェルの小説にもたくさん出てきますね。ところが、他の小説に出てきたり、米国の知人に調べて貰ったコードが、マクベインが作品中で使っているものと一致しないことに気付きました。例えば、次の作品中には、10-30、10-34、10-13が出てきます。

 A burglary past, couple of blocks down and to the south. No need for a detective on the scene. If it had been 1 0-30, an armed robbery in progress, or even a 10-34, an assault in progress, he’d have responded along with the blues. He guessed. Sometimes it was better not to stick your nose into too many things. A 10-13― an assist officer― sure. Man called in for help, you got to the scene fast, wherever you were. ―Ed McBain, Tricks.

 そこで、著者のマクベイン自身よりも作品のことに詳しい(!)直井 明(なおいあきら)氏にお願いして、マクベイン本人に確認を取って貰いました。直井さんには『87分署のキャレラ  エド・マクベインの世界』(六興出版、1984年)、『87分署グラフィティ  エド・マクベインの世界』(六興出版、1988年 のち、双葉文庫)、『87分署シティ・クルーズ  エド・マクベインの世界』(六興出版、1990年)、『87分署インタビュー  エド・マクベインに聞く』(六興出版、1992年)などの詳細・緻密な研究書があり、マクベインが新作を書くときには、過去の作品情報を直井さんに質問する、と言われたほどの作品通です。するとまもなくお返事をいただいて、彼が作品中で使っているコードは、ニューヨーク市警察のもので、一般的なものを除いては全米でバラバラである(They differ throughout the U.S.)ことが判明しました(1998年5月7日付け私信)。そのことは、後の直井さんの著書にも紹介されています。ここに出てくる「島根県の進学高校の英語の先生」は、私のことです。

 警察無線用語の10コードは、テレビのおかげで、“10-4”(了解)がとりわけ有名だが、島根県の進学高校の英語の先生から、87分署シリーズの10コードが他の作家の使うコードと違う、他の作家だと10-13は天候・道路状況の報告だが、87分署シリーズでは“警官を支援せよ”の意味になっているがと問い合わせが来た、10コードは全米共通ではなく、地方によりばらばらだと聞いた記憶があったが、念のため、マクベインに訊ねてみると、確かに、10コードは全国共通ではなく、彼が作品の中で使っているのはニューヨーク市警のものだとのこと。  ―直井 明『エド・マクベイン読本』(早川書房、2000年)

 直井さんのご厚意で、マクベインが作品中で使っているコード表もお送り頂いて、長年のモヤモヤ感が解消したのを懐かしく思い出します。今では、山田政美・田中芳文『犯罪・捜査の英語辞典』(三省堂、2012年)、『エド・マクベイン英語表現辞典』(英語の言語と文化研究会、2005年)、『パトリシア・コーンウェル英語表現辞典』(第3版、英語の言語と文化研究会、2014年)にも詳しく取り上げられています。ご参考までに、直井さんに送って頂いたニューヨーク市警の10コードを示しておきますね。詳細は、八幡成人「語法ノートから」『啓林』高英編No.148(2000年)をご覧ください。⇒コチラで全文を読むことができます

N.Y.C.POLICE DEPARTMENT RADIO AND INCIDENT CODE SIGNALS 
10-01  Call your command
10-02  Report to your command
10-03  Call Dispatcher by telephone
10-04  Acknowledgment
10-05  Repeat message
10-06   Stand by
10-07   Verify address 
10-11   Bank or hold up alarm(specify)
10-12   Pickup case (location, nature of incident)
10-13   ASSIST POLICE OFFICER
10-20   Robbery (past)
10-21   Burglary (past)
10-30   Robbery in Progress
10-31   Burglary in Progress
10-34   Assault in Progress
10-39   Other crime in progress (specify)
10-51   Roving Band (Specify direction of travel & number in group)
                               <直井 明氏提供>

 

カテゴリー: 英語語法 | コメントをどうぞ

『スカイスクレーパー』を見てきた!

 「Tジョイ出雲」で最新映画『スカイスクレーパー』を見てきました(英語でskyscraperとは「摩天楼」のことです)。最近見た『MEGザ・モンスター(⇒私のレポートはコチラです)同様、米中合作映画です。近年、中国資本が投入されたハリウッド大作が多数作られるようになりましたね。現実を忘れさせてくれるような型破りな娯楽映画を、大多数の観客が求めていることは、西洋も東洋も一緒ということですね。

▲映画館で求めたパンフレット 必ず買うようにしています

 主演は、かつてのプロレス界WWEの世界チャンピオン「ザ・ロック様」(The Rock)こと、ドウェイン・ジョンソン(46歳)です。プロレス界から映画界への転身について、当時、彼は次のように語っていました。

 スポーツで学んだ自己管理能力を俳優業に適用することができた。俳優の仕事を始めたとき、スポーツチームのルーキーになった気持ちで、まわりの演技コーチや先輩などから、スポンジのように能力を吸収しようとしたんだ。僕と同じようなキャリアをめざす人に必ず伝えるのは、スポーツで身につけた自制心を演技にも使う、ということなのさ。

 香港に新しく建設された、高さ1066メートル、240階建ての世界最大の超高層ビル「ザ・パール」。住居だけでなく、ホテル、公園、植物庭園、オフィス、ショッピングモール、コンサートホール、球体展望台(デザインが素敵です)など、あらゆる設備が揃い、ビル自体が一つの街となっています。ウィル(ドウェイン・ジョンソン)は、元FBI人質救出部隊の隊長だったんですが、とある事件で左足の膝から下を失い義足になりました。家族とともに「ザ・パール」に住みながら、ビルのセキュリティシステムを保安査定する仕事に就いていました。突如大規模な火災が発生します。天空にそびえる超高層ビルを、突如テロリストが襲撃し大炎上するのです。最新技術によって完全にコントロールされているはずの「ザ・パール」は、瞬く間に戦場と化してしまいます。燃えさかる地獄の遙か上層階に家族を囚われてしまったウィル。なぜかウィル自身も警察から事件の容疑者として指名手配されてしまいます。閉じ込められた家族を救うため、単身ビルへと乗り込むことに成功したパパのウィルですが、娘と再会したのも束の間、テロリスト集団に追い詰められ大ピンチに。保安管理を任されていることからも、テロリストたちの陰謀に協力することを迫られます。穏便な解決を目指したウィルですが、「娘を屋上から突き落とすぞ」と愛する娘の命を人質に脅された瞬間、表情が一変し、怒りの闘志に震えるほどの超本気モードへ突入!果たして、ウィル「強い動機があれば何でも可能だ」というテロリストの言葉を証明するかのように、愛する家族を救う」という何よりも強い動機で、どんな無理難題も打破して無事に娘を救い出し、燃え盛る摩天楼を脱出することはできるのか!?

 隣で工事中のクレーンからビルでとんでもない大ジャンプをかまし、ビルの外からほんのわずかな足場で移動し、グルングルン回る風力タービンの間を潜り抜け、最上階にある球体での映像パネルを駆使しして敵を錯乱し娘を助けるという、頭と体を張って大火災となっているビルを、義足と粘着テープを使って命がけで攻略し、家族を危機から救う最高の展開を見せてくれます。スマホを再起動すれば大体治る(これが事件解決への伏線となっていました)、という序盤での妻への助言を皮切りに、義足を使えばどんなに重い扉でも抑えられる、クレーンからジャンプすれば向こうのビルへ到着できる、止まったエレベーターのケーブルを切ってギリギリのところで手動でブレーキかければ無事1階までたどりつける、粘着テープを使えばビルの窓に張り付くことができる、など見せ場が盛りだくさんです。加速度的に悪化していく状況の中で、主人公はいったいどうやって愛する家族を救うのかが焦点です。

 ドウェイン・ジョンソン自身が「『ダイ・ハード』と『タワーリング・インフェルノ』の融合だと感じたよ」と告白するほどに、高層ビルを舞台にした往年のハリウッドアクション大作へのリスペクトに溢れた本作です。私も『ダイ・ハード』第1作(1988年)を思い出しながら見ていました。愛する家族を救うため、高層階で孤軍奮闘する主人公。現地警察の無理解と最後の微笑ましい理解。ビルの統括者はアジア人。まさに『ダイ・ハード』の世界ですね。同じく超高層ビルの火災を描いた大ヒット作『タワーリング・インフェルノ』(1974年)に登場するサンフランシスコのビルは、地上550メートル、138階ですから、今回のビルはその倍の高さです。「高所恐怖症」(acrophobia)の私には、ハラハラドキドキの連続で、「おいおい、ウソだろ!マジか?」と思いながら見ていました。見終わってから、あれ、そもそも悪の組織の黒幕は誰?なんでそんなことしたの?あのビル作った人はなんで作ったの?とか、そういう部分に触れられることは皆無だったな、と疑問が湧きました。

 ドウェイン・ジョンソンは、そのアクションに加え、「世界中の観客が一番惹きつけられるのは家族の絆だ。家族というものは人種や文化、階級、宗教を問わず、誰もが我が身のこととして感じる。家族が引き裂かれるときや、子供たちを何としてでも守ろうとする両親の感情は、理屈抜きに伝わるものだ。そうした面が本作では常に特別な土台となっていて、それを映画で追求することで、さらに観客が共感できるようにしている」と、本作の魅力について語っており、愛する家族が窮地に追い詰められた絶体絶命の状況で、史上最強のとてつもない力が目覚める瞬間をスクリーンで目撃することができました。義足での激しい動きに違和感を抱かれないように、彼はパラリンピック選手からアドバイスも受けたそうですよ。非常にスリリングでドキドキ感たっぷりの面白い映画でした。❤❤❤

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

高原慶一朗さん死去

 私が日頃尊敬している高原慶一朗さん(たかはら・けいいちろう、ユニ・チャーム創業者)が10月3日、老衰で死去されました。87歳でした。愛媛県川之江市(現・四国中央市)の出身で、大阪市立大学商学部を卒業後に関西紙業に入社、29歳で1961年ユニ・チャームの前身の大成化工を創業し、建材板紙の製造販売を行いました。1963年生理用ナプキンの製造販売を開始。1974年に現社名に変更し、生理用品「ソフィ、1981年幼児向け紙おむつにも事業を広げ「ムーニー」で業界首位に。2001年に70歳で退くまで社長を務めました。乳幼児向け紙おむつ「ムーニー」をはじめヒット商品を世に送り、同社を町工場から世界的な企業へと育てました。2011年から取締役ファウンダー。2001年に長男の高原豪久さんに社長を引き継ぎました。

 『日本経済新聞』『産経新聞』の評伝によれば、高原さんは強烈な一番志向の持ち主だったそうです。原点には母親の教育があるようです。5人兄弟の長男である高原さんの誕生日だけ、鯛の尾頭付きが用意されたといいます。それだけ母親の期待が大きかったのでしょう。

 高原さんの人生においては、「決定的瞬間」が二度ほどあったといいます。自らの人生観や職業観、意識、物の見方や考え方が180度変わる転換点のことです。昭和16年ころの川之江(愛媛県四国中央市)の小学生の時に、いじめられて家に泣いて帰ると母親は「負けて帰ってくるな!」「みっともないことはするもんやない」と叱責しました。砂浜に顔をうずめられても「のちには見とれ」と相手に言い続けたといいます。また小学校4年生の時に、学業でもクラスで3番だと「なんや三番か、一番ではないのか」と、母親は不機嫌な表情になり、「一番になると母親が喜んでくれる」というトップ志向の原体験が刷り込まれました。小さな慢心を戒められて、以降幼いながらも「こまい(小さい)ことで満ち足りるな!」という自戒を腹に据えた出来事だったといいます。以来、一番を目指して突き進んできました。このような負けず魂こそが、世界の巨人P&Gや、花王資生堂ライオンなどの大手資本を相手に、当時ベンチャー企業だったユニ・チャームが互角以上の戦いを演じて、生理用品など数多くの分野でシェアナンバーワンを維持しています。

 もう一つの「決定的瞬間」は、起業して2年後31歳の時です。昭和30年代後半にアメリカ視察時に立ち寄ったサンフランシスコのスーパーで、生理用品が普通の商品と分け隔て無く陳列棚に堂々と並んでいたことに衝撃を受けました。当時の日本では生理用品は、まだ薬局の片隅で人目をはばかってひっそりと売られた時代で、目立たないように陳列されており、このような日常は考えられなかったのです。人目を忍んでこっそりと買っていく「日陰」の商品でした。ちょうど新しい市場を開拓しようとしていた彼は、このアメリカの日常を日本に持ち込んでみたらいけるんじゃないか?と思い、思い切ってトライしたのです。アメリカの実態を目の当たりにして、日本の意識がいかに遅れているかを実感し、男性社員たちの猛反発を受けながらも(実際に会社を辞めていった社員も多かったとか)、生理用品の取り扱いに踏み切りました。商品開発に励む一方で、しらみつぶしに問屋さんに飛び込み売り込みました。商品を身につけた高原さんがトイレを借りて取り出し、優秀さを説明しようとして相手を呆れさせたとか、高原さん自身が自ら生理用品を装着して寝ていた、と本で読んだことがあります。言われのない社会通念や古い意識を変えるときや」が彼の口癖でした。経済発展とともに女性の社会進出を見越して、経営の軸足を生理用品に移しました。「生理の不快感をなくせばどれほど女性のお役に立てることか」と使命感に燃えて、世の中の役に立ちたいという強い思いを実現していきました。女性の社会進出・活動を側面から支援する功績がありました。消費社会の構造変化をかぎ分ける嗅覚は鋭く、紙おむつ、老人用紙おむつ、ペット用品と紙を軸に成長分野へと事業の幅を広げていき、アジアを中心とした新興国へも進出をして大成功を収めています。

 2006年に脳梗塞で右半身が不自由になりましたが、持ち前の負けず魂で医者も驚くほどの回復を遂げ、意欲は晩年まで衰えなかったといいます。そんな高原さんの、私の心に染みた名言のいくつかを挙げておきます。噛みしめたいですね。❤❤❤

▲当たり前のことを、当たり前とバカにしている人は成功できない。当たり前がいちばんむずかしく、また見落としやすい。突飛なことや奇をてらうのは、一見、派手で目立ちやすいが継続がむずかしい。

▲賢い人が失敗するときは、その賢さに足をすくわれる。愚直に、一心不乱に、取り組んでいる人がいたら、その人こそ恐れよ。

▲物事をまっすぐにとらえ、素直、健全に行動すること。それが成功への最短距離になる。複雑なことほど単純に考え、単純なことほどじっくり考えよう。

▲今、不満を言う人は、もっと面白い場面や場所があるのに、これを探そうとしない横着者だと思う。

▲冷たい水に真っ先に飛び込み、率先して泥をかぶる覚悟を決めよ。その必死で真剣な思いがおのずと人の心を動かし、周囲にも伝わっていく。

▲本を読むとき、私たちの精神は活発に動き出す。読書の習慣をつけよう。孤独で静かな時間を確保して、その井戸を掘り下げよう。

▲失敗を失敗のまま放置したとき、失敗が失敗として確定してしまう。失敗してもチャレンジすれば、いつも成功の過程にいられる。成功するまで続けることが成功のコツ。

▲ケタ違いの努力をすれば、才能などなくても凌駕できる。努力なんて当たり前のこと。努力という言葉を必要としない努力こそが本物の努力だ。

▲「もう」といいたいときに、「まだ」といってみると、それだけで気持ちが前向きになる。言葉には意識を変える力がある。自分のテーマを言葉にしてみよう。

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

村田修一引退セレモニー

 元巨人男・村田修一選手」が引退をしましたね。彼が「男」と呼ばれた理由の一つに体の強靱さがありました。たとえ骨が折れていても、レントゲンを撮らなければ誰も分からない。試合に出られるか、出られないかを決めるのは自分。どこかが痛くてもチームに貢献できる自信があるのならば、俺は出る、と公言していましたね。私は彼が巨人を自由契約になってからずっと動向を追いかけてきました。「若返り」各球団共通のキーワードが、今年38歳となる村田選手の前に立ちはだかりました。確かに計算できるベテランに頼れば、若手のプレー機会が奪われ、最高の育成の場である実戦に出ることができません。どのチームも明確な戦略ビジョンを持ち、長期的視野に立って構想を練っています。一方で、条件面は「1軍最低年俸保障でも構わない」と公言し、オファーを待ち続けた歴戦の猛者に救いの手を差し伸べる球団はありませんでした。まだまだ十分戦力として計算できる選手でした。目の前の1勝のための選択肢は多いにこしたことはないはずなんですが、残念です。各球団ファンからの村田選手獲得を願う生の声があふれていましたが。WBCや五輪など多くの国際大会も経験したプロ野球界の功労者が、大記録を前にして、まだ力を残し、燃え尽きることもなくユニホームを脱ぎます。2000本の「名球会」にあと135本と、松坂世代で最も名球会に近いとされた功労者です。ファンの目には、プロ野球チームの器量も問われているように映ってなりません。

 巨人―横浜の最終戦に、村田選手の記念セレモニーが開かれました。大型ビジョンに流れる自身の功績をまとめたVTR映像を口を真一文字に結んで見つめていた村田選手は、引き続き挨拶のためスーツ姿でマイクの前に立ちました。「え~皆様、お久しぶりです」と一言。両チームのファンから大きな拍手と声援を受けました。そして、クライマックスシリーズ(CS)出場を懸けた大事な1戦の前にセレモニーを開いてもらったことや、両球団関係者、BCリーグ・栃木などに感謝の言葉を述べた後で、ファンへの熱い思いを吐露しました。「色々なBCリーグの球場で声をかけてくださったファンの皆様。そして、今シーズン、NPBで、NPBの球場で、僕が以前使用していた応援歌を歌ってくださった…」。ここまで話すと声が震え、「…ファンの皆様にもこの場をお借りしてお礼を申し上げたいと思います」。声の震えを抑えながら一気に言い切ると、「巨人ファンの皆様、横浜ファンの皆様、そして野球ファンの皆様。本当にありがとうございました」と続けました。優勝という目標を達成できないまま途中で飛び出す形となった古巣横浜ファンに向けては、「チームを強くすることはできませんでした。横浜ファンの皆様、本当に申し訳ありませんでした」と謝罪する場面もありました。巨人への移籍については「ただ、勝ちたい。その気持ちを胸に飛び込んできました」とし、「自分の考え方、野球スタイル。色々なことが状況とともに変化していったような気がします。しかし、それも自分が選んだ道。どんな時も前を向いて進んできたつもりです」と振り返り、「優勝する喜びを教えていただきました。本当にありがとうございました」と感謝しました。「未練がないと言ったら嘘になるかもしれませんが、自分が選択して歩んできた道に後悔はありません」とも話した村田選手「長い間ご声援本当にありがとうございました!」とひときわ大きな声を張り上げ、16年間のプロ野球生活に別れを告げると、スタンドからは何度も盛大な「村田コール」が鳴り響きました。

 挨拶後には村田選手の「背番号25」の継承者でもあるDeNA・筒香嘉智外野手(26歳)、巨人・岡本和真内野手(22歳)の両主砲から花束を受け取り、あふれ出る感情を必死に抑えながら後輩たちと固い握手を交わした村田選手は、引き上げる際には巨人ベンチに歩み寄って、高橋由伸監督(43歳)とも固い握手。最後はスタンドへ手を振りました。

 試合は、大先輩村田選手を慕う巨人・長野久義外野手(33)が、最終回に劇的なサヨナラホームランで息詰まる投手戦に決着をつけました。チームは3位に再浮上。勝利投手の菅野智之投手とともにお立ち台に上がった長野選手は、「うれしいですけど…2回のチャンスで打てなかったので、その分が残念です」と、2回無死二、三塁と絶好の先制機に右飛に終わり、結局この回チームが無得点に終わった自らの反省の弁からスタート。「出塁することを心がけて打席に入ったんで、入ってくれて良かったです」と冷静な口調で振り返りました。サヨナラ弾は2013年8月29日の阪神戦(東京D)以来5年ぶり自身3度目です。お立ち台を通じて冷静さを装った長野選手でしたが、最後に一言求められると「村田さん、見てますか〜!」と絶叫。日大、巨人を通じての大先輩に向けて渾身のエールを送りました。

 試合後、巨人・横浜時代の応援歌を大合唱する両軍ファンに手を振りながら場内を一周。両チームの選手が出てきて、村田選手が現役時代に守り続けた定位置のサードベース付近で胴上げを行い、5度宙に舞いました。若返りをはかる巨人は昨年のオフ、「村田ならどこかの球団が獲得するはず」との判断もあり、本人のためを考えて早めに「自由契約」という形で放出しました。しかし、現実には、待てど暮らせど手を挙げる球団はなく、結果的に現役引退に追い込まれてしまいました。村田選手にとった処遇に責任を感じている巨人は、来季は、村田選手を二軍もしくは三軍のコーチとして招聘するべく、話を進めているという噂も聞こえてきました。やはり巨人が首にしたのは間違いでした。♠♠♠

【追記】 あれだけ苦労したペナントレースと打って変わって、髙橋由伸監督が辞意を表明してからの巨人は、見違えるような強い戦いをしています。クライマックスシリーズでは、2位のヤクルトに連勝して、広島戦にコマを進めました。しかも、最多勝、最優秀防御率、最多奪三振の投手三冠に輝いた菅野智之投手の、史上初ノーヒット・ノーランというおまけ付きで(三振7 内野ゴロ6 内野飛球3 外野飛球11 四球1 投球数113球)。最近の試合運びを見ていて、改めて思ったことは、野球はピッチャーが辛抱して抑えていればちゃんと勝てるんだということ。そして打てないからといってコロコロと打線や打順をいじくってはダメだということ。デンと構えていればよろしい。最近はピッチャーが最少失点に抑えていて、打つべき人が打っています。キャッチャーは、いくら打てなくても小林誠治捕手で固定することです。彼は強肩だし、守備の要です。打てなくてもきちんと守ってくれるだけでよしとしましょう。頑張れ!巨人!!

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

島根大学医学部怪文書事件

 医学部入試の不正疑惑が大きな問題となりました。女子や浪人生を合否判定で不利に扱う、合否判定に不適切な点が認められるなど、不正が疑われています。これに関して思い出すことがあります。

 今から3年前の出来事になりますが、2015年の1月に新聞紙上で、島根大学医学部の怪文書事件が報道されました。前年の10月20日に実施された、医学部のオープンキャンパスに、次のようなビラが校内数カ所の学生向け掲示板に、無断で貼られていたというものです。インターネット上でも拡散されたようです。大学側は「悪質な行為に、困惑を通り越して怒りに達している」とコメントしました。

受験生の皆さんへ深刻な、島根県の「医者不足」解消 のため

ぜひ、島根大学医学部 医学科を受験してください!

地域枠の推薦入試「定員・10名」なら

センター試験、500点台後半~600点台前半(900点満点中)で 
なんと 合格!!!できます!!

☆昨年は志願者が少なく16名の受験者でした。

今年は、たくさんの方々の 受験 をお待ちしております。

「今や、医者になるのは夢ではありません!!」

 当時、あながちデマとは断定できないと感じたことを思い出しました。間違いなく、事情に詳しい教育関係者の仕業です。信じられないような学力の生徒が、この「地域枠推薦」を利用して合格しているという実態が確かにありました。もちろん、医学を志す生徒たちですから、大半は学力の高い優秀な生徒たちがほとんどです。でも島根大学医学部は、全国的にも入試が最も易しい大学の一つですから(追加合格も出る)、センター試験で思うような点が取れなかった県外の生徒たちが、全国から押し寄せてきます。そのような生徒たちが合格すると、大学でしっかり鍛えても、島根県に残ることなく出身県へと帰ってしまいます(このことは地方大学の医学部に共通の問題です)。私は西部の地域で教えていたこともあるので、島根県西部の医師不足が大変深刻であることも目の当たりにしてきました。そのようなジレンマの中から生まれたのが、この「地域枠」という制度でした。そしてこの怪文書では、この制度を使えば、センター得点が低くても簡単に合格できるということを訴えている(茶化している)のでした。

 大学側は「虚偽情報だ」として相手にしませんでしたが、全くのデタラメとは思えない具体的な数字が並んでおり、間違いなく確信犯の仕業(内部告発?)だと感じていました。詳しいことは控えますが、私もこの「地域枠」創設の際に、ちょっとだけ絡んだことがあって、関心を持って見ていたんです。その後は実態はどうなんでしょうね?一つだけ言えることは、正規の入試よりも低い点で合格できることだけは確かでしょう。あまりにもひどい学力の生徒が合格した実態をこの目で見ていますから。

 私が以前、心臓の手術を経験したときに(無自覚性心筋梗塞)、手術室で執刀医が途中で代わるということがありました。うまくいかなくて途中でベテランの先生に代わったんです。母から小さい頃にもらっていたお守りを、手術着のポケットに入れていたんですが、思わずそれを握りしめ「神様、助けて!」と心の中で叫んでいました。その先生は不安に怯える私に「大丈夫ですよ。もうすぐに終わりますからね」と声をかけてくださいました。この言葉でどれだけ勇気百倍になったことか!幸い無事に手術は終わり、退院することができました。右手から大量に出血したのを放置されたために、一ヶ月間は右手を使うことができませんでした。こんな経験をしたもので、今通っている心臓外科の先生から、精密検査入院をして来るように言われたときも、この出来事を話し、上手な先生でないと嫌です、とわがままを言わせてもらっています。先日も、年1回の教員の健康診断で「心電図」を撮ると「ABNORMAL」と印字されてくるのが、なんとも嫌なんです。私は手術をすれば正常に戻ると思っていたんですが、その痕跡がずっと残るんだそうです。心筋の壊死した箇所が2カ所ほどあって、それが「心電図」にも現れると聞きました。翌日に、再び心臓外科で精密検査をしてもらいましたが、心配ないと言われ、ホッとしました。

 間違いなく腕のいいお医者さんと、下手くそなお医者さんがおられます。私が担任した教え子がたくさん医者になっているんですが、彼らは「先生の命は僕たちが守る!」と嬉しいことを言ってくれます。入院するときには必ず知らせるように、そうしたら自分たちが一番腕のいい先生に手術して貰いますから、と励ましてもらっています。持つべき者は教え子ですね。

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

「口福堂」

◎週末はグルメ情報です!!今週は「おはぎ」

 「ゆめタウン出雲」内の「Tジョイ出雲」で映画を見た後、「イオンモール出雲」までタクシーを飛ばして、昼食を食べて(金久衛門)帰ろうと、1階に降りてきました。大通りに出ようと店内を歩いていると、1軒の和菓子屋さんが目に留まりました。なにやら美味しそうな「きなこ餅」が店頭に出ています。口福堂」という和菓子屋さんです。私は、人と違って餡は「つぶ餡」ではなく「こし餡」が大好きなんですが、その「こし餡」の手作り「ぼた餅」も出ていました。早速ぼた餅」「きなこ餅」をお願いすると、「今作りますからちょっとお待ちください」と言われ、店員の方が目の前で、お餅をこねて丸めていかれます。それをきな粉につけてぐるぐると転がしていかれます。さらにたっぷりときな粉をかけて出来上がり。目の前で作ってくれるというところが気に入りました。容器にもこれでもかというぐらいきな粉をふりかけてくれます。 家に帰って食べるとこの「きなこ餅」がメッチャ美味しいんです。こし餡のぼた餅も美味しかった。これは次回イオンに行ったときには、絶対に立ち寄らねばなりません。

 家に帰って調べると、レストランやお惣菜などで有名な「柿安」が経営されている和菓子屋さんです。店名の「口福堂」とは美味しいものを食べれば幸せな気持ちになることから、食べることの「口腹」と幸せな時の「福」を重ね合わせて「口福堂」と名付けられたそうです。お店に並ぶ和菓子は、昔から現在に至るまで、一つ一つ丹念に手作りされているそうで、保存料、人口甘味料、香料は一切使用せず、素材本来の持つ味を生かした和菓子作りを守られているそうですよ。

 ということで、一ヶ月後、今日は再び出雲に出かけ、「口福堂」に立ち寄ってきました。店員の方とお話ししたところでは、8月にオープンした新しいお店(島根県初出店)だそうです。美味しいので松江からわざわざ買いに来た、と言うと、ずいぶん喜んでくださって、「中にはそうやってわざわざ知らせて下さる人もおられて嬉しいんですよ」とのことでした。今日は前回は気づかなかった「わらび餅」も買って帰ったんですが、これもプルンプルンで、実にこしがあって美味しい。大収穫でした。「口福堂」のファンになった八幡でした。❤❤❤

カテゴリー: グルメ | コメントをどうぞ

「京都丹後鉄道」

 「京都丹後鉄道」は、「北近畿タンゴ鉄道」の運行部分を引継ぎ、WILLER TRAINS株式会社が運行する、京都府北部の丹波、丹後地域と兵庫県北東部の但馬地域を走る鉄道です。舞鶴市と宮津市を結ぶ「宮舞線」、宮津市から与謝野町、京丹後市を経て、兵庫県の豊岡市を結ぶ「宮豊線」と、福知山市と宮津市を結ぶ「宮福線」があります。今日は少しこの鉄道の歴史を遡ってみたいと思います。

 丹後半島地図

  「宮福線」は、京都府北部地域と京阪神地域を短絡する路線として、昭和63年に第三セクター「宮福鉄道株式会社」により開業し、平成元年に社名を「北近畿タンゴ鉄道株式会社」(以下KTRという)に変更しました。「宮津線」は、昭和7年に全線開通し昭和55年に国鉄再建法による廃止対象路線に指定されましたが、「鉄道として存続させる」という沿線住民の悲願を実現するため、「宮福鉄道株式会社」が運営を引き受けることとなり、平成2年にKTRに移管・開業されました。開業以来、通勤・通学をはじめ地域の人々の生活の足として、また、ビジネス、観光、レジャーなどに幅広く利用されてきましたが、少子高齢化や道路網の整備、モータリゼーションの進展等により、利用者数・運輸収入が減少し、大変厳しい経営環境となっていました。KTRは、地域の公共交通の中心を担っており、今後も地域に貢献する鉄道として存続させることが求められていましたが、2013年度の乗客数は186万人とピーク時の1993年度の303万人の約6割にまで落ち込んでいました。2013年度の赤字約9億円は、第3セクター鉄道で最も大きいものでした。赤字脱却に向けて、京都府は車両や駅をKTRが保有したまま運行を委託する「上下分離方式」を採用し、平成26年5月に公募で委託先に決まったのが、大手高速バス会社WILLER ALLIANCE株式会社でした。これにより、鉄道施設等を北近畿タンゴ鉄道株式会社が保有し、WILLER TRAINS株式会社がそれを借り受けて運行するという、「上下分離方式」による新たな運行体制が、平成27年4月からスタート。鉄道通称名は、「京都丹後鉄道(丹鉄)」となりました。バス事業のノウハウを鉄道再生に生かそうという試みで注目を集めました。

 沿線にある天橋立などをイメージした「丹鉄」のロゴマークを作成、KTRで働いていた約190人のほとんどを雇用し、運行のノウハウを引き継ぎました。「地域に活力を生み、住民が愛着を持てる鉄道を目指したい」という決意でスタートしたんです。「丹後あかまつ号」(私の乗車レポートはコチラ)、「丹後あおまつ号」(レポートはコチラ)、特急「丹後の海」(乗車レポートはコチラといった、水戸岡鋭治先生デザインのユニークな列車を走らせ、マニアの間では大人気となっています。私も乗ってきました。ただ残念ながら乗客数は伸び悩んでいるようですね。そもそも人口の少ない、それでいて山間地を縫うように走っている路線です。飛躍的な数字の伸びを期待するほうが無理なのかもしれません。でも地域にとっては大切な足です。何とか工夫を重ねて(各名所を通る度に案内を放送で流していました)、発展して欲しいと願っています。下の写真は現在「京都丹後鉄道」を走っている各種列車です。❤❤❤

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

「モジニライン」絶好調!

◎「こんなの欲しかった!!」待望の蛍光ペン

 以前にこのブログで、(株)ゼブラが発売した(8月10日)、ボールペンの文字にラインを引いても文字がにじまない新開発のインクを搭載した蛍光ペン「ジャストフィット モジニライン」をご紹介しましたが、売れ行きが絶好調のようですよ。⇒私の紹介記事はコチラです

 従来の蛍光ペンは、ボールペンで書いた文字の上から引くと水性ボールペンのインクがにじんで、紙も汚れ、ペン先も汚れてしまう欠点があり不満に思っていました。「モジニライン」は、水性ペンのインクが“マイナスの電荷”を帯びていることに注目し、蛍光ペンのインクに“プラスの電荷”を帯びた新成分を配合し、互いのイオンが結合してボールペンのインクが紙面に固まり、にじみを抑えることを実現しました。ボールペンの上からベタ塗りしても大丈夫です。このイオンの力でボールペンの文字がにじまないインクの開発、というところがオンリーワンのすごいところですね。また、従来の「ジャストフィット」と同様に、ペン先に柔らかい素材のナイロンを使用しており、しなって紙面にピタッとフィットするようになっています。均一の力で線を引くことができるので、厚い参考書の曲面などに簡単にマーキングすることができますね。縁をなぞっても縁取りもキレイにできます。教室で話題にしたところ、使っている生徒は、文字がにじまないのは嬉しいのだが、紙の裏写りが気になると言っていました。

 私は仕事上(辞書・教材・発表資料・原稿等々)、蛍光マーカーを頻繁に使うので、この製品は非常に重宝しています。ぺんてる「ノック式ハンディラインS」のようにノック式だとさらに便利だと思うんですが。ご検討下さい。


     私の勤める松江北高の購買でも、最近から取り扱いが始まり、写真のように素敵なポップ(!)を作って販売してくださっています。売れ行き好調のようですよ。北高生は購買で!インクの色は、ピンク、オレンジ、黄、緑、青の5色で、価格は1本税抜100円です。私も大切にしている「人のやらないことをやる!」精神が、ゼブラの魅力です。❤❤❤

カテゴリー: 文房具 | コメントをどうぞ

『コンパスローズ英和辞典』速報!

 来たる11月19日に、(株)研究社から赤須 薫(編)『コンパスローズ英和辞典』が発売になります。今日、今井書店井上さんがチラシを持って来て下さいました。八幡が約3年間原稿執筆に取り組んだ最新辞典で、『ライトハウス英和辞典』の上級版学習辞典となります(かつての『ルミナス英和辞典』級)。大きな特徴としては、大西泰斗、ポール・マクベイ両先生に、「語のイメージ」を監修していただいていることでしょうか。文法(文の骨組み[フレームワーク])とイメージ(語の核心[ハート])をガッチリと組み合わせて、実践力をつける英語学習を可能にしてくれる辞典です。大学入試の新しい流れを見すえた編集となっており、収録項目は10万5千語になります。

 ちなみに「コンパスローズ」(羅針図)というのは、地図や羅針盤の文字盤の中で方位を表示する図案のことですが、「英語」という大海に乗り出して進路に迷わないための指針となる辞書を目指しています。『ライトハウス英和辞典』の上級版という位置づけのため、いずれも「(英語という大海での)航海を助けるもの」というイメージで統一しています(ライトハウスは「灯台」ですね)。主な特長は次の通りです(研究社ホームページより)。

●収録項目10万5千
新語・新語義・時事用語を豊富に収録した、上級の学習辞典。

●語のイメージ+語義インデックス
最重要語では「語のイメージ」の広がりを示して、多義語の意味の関連をわかりやすく表示。基本となる「コアイメージ」と、拡張された「派生イメージ」を関連づけて、単語をひとつながりのまとまったイメージで把握できるよう工夫した。単語の核心をネイティブのように感覚的に捉えて、読解だけでなく、書くこと、話すことにも応用がきくような理解に導く。

●語義のマッピング
語源も考慮に入れて、複数の意味のつながり方をマッピング。語の全体像を一望できるようにした。

●語根で覚えよう
語彙を増やすためには、語の成り立ちを知るのが近道。共通の語根を把握することで、複数の単語をまとめて記憶できる。

●語法
特に電球マークを付けた「語法」欄は、文法的理解とともに感覚的理解の仕方を説明。

●構文
大学入試に役立つような重要な構文について、そのパターンをとる動詞や形容詞、名詞をまとめて表示。

●コロケーション
使用頻度が高く、英語らしいコロケーションをまとめて紹介。

●会話に役立つ例文
会話や作文に使える例文を多数収録。

●ポライトネス
コミュニケーションの鍵となるポライトネス(敬語などの使い方)を豊富な用例とともに解説。

●日英比較
発想・ニュアンスが日本語と違うために間違いやすい点に注目。

●「類義語」の解説も充実。

●TOEIC®テスト頻出の約2000語句を3段階に分けて明示。

●巻末に「イメージ」の新しい視点も取り入れた文法解説を収録。

 主な特長や、具体的なページ見本パンフレット」についてはコチラをご覧下さい。『ライトハウス英和辞典』ともどもよろしくお願いいたします。毎晩徹夜して原稿執筆に明け暮れ、細かな作業に没頭したことが思い出されます。❤❤❤

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

「口内炎」の治療

 私は教材を作るためにパソコン画面と長時間にらめっこしたり、辞書の仕事で、小さな活字を熟読したり、小さな文字をゲラに書き込んだりすることが多く、ちょっと無理をすると、口の中や唇に表面が白くなる「口内炎」がよくできるんです。ちょっと根を詰めたり、食事で野菜不足になったり、仕事が立て込んで疲れたり、夜更かしをして睡眠不足で生活が不規則になったときによくできるようです。何にもせずに放っておいても、だいたい一週間ぐらいすると治るんですが、その間痛くて物が食べれないし、何を食べても美味しくない。集中力もそがれます。いやーな毎日を過ごすことになります。「口内炎」は小さい頃からずっと苦しんできたんです。当時は、治るまでずっと我慢をして過ごしていました。

 最近は、近所のかかりつけの歯医者さん(多田歯科医院)で、「アフターゾロン」という塗り薬をいただいて患部に塗っておくと治りが早いことを経験してからは、「口内炎」ができる度に、いつもこのお薬をもらっていました。⇒コチラです  今日も痛くて堪らないので、歯医者さんの治療の際に、「口内炎が下唇にできて痛いので、アフターゾロンをもらえませんか?」とお願いしたら、先生が「レーザー治療をしましょう」ということで、レーザーで焼いてもらいました。光線が当たる度にちくちく痛みます。我慢、我慢。これが終わると、小さくて赤い丸いシールを患部に貼られました。このシールには薬がついているそうで、だんだん溶けて白く変色していく、飲み込んでもオブラートみたいな物だから害はないとのことでした。時間が経つにつれ、赤かったシールがどんどん白くなっていきます。半日ぐらいで真っ白になって剥がれました。そこへ「アフターゾロン」を塗り込みます。アッという間に楽チンになりました。翌日にはもう快適な生活に戻っていました。これから「口内炎」の治療はもうこれに限りますね。医学は確実に進歩しています。感謝、感謝!☺☺☺

 私の大好きな大ベストセラー作家アーサー・ヘイリー『ホテル』『大空港』など企業の内幕暴露小説で有名。のぼせて読んだものです)の長男スティーブン君(「口内炎」で学校を欠席)が、元気になって学校に登校する際に、先生宛に持たせた「短信」がふるっています。この詩が学校ではアッという間に大評判となり、クラス中に読まれ、職員室では回し読みされて、スティーブン少年は一躍英雄となりました〔笑〕。大作家のやることは違いますね。❤❤❤

第一次大戦のさなか 長き年月
  兵士のこらえし数多くの病の中に
不治の病と言われし 耐え難き
  歯ぐきの炎症―
今、わが息子は
  同じ苦しみと対決せり、
  その名を  口内炎と人は言う―
燃えたぎる 歯ぐきにより、この若者は
  痛みと必死に戦いつつ
ペニシリンに助けを求めつつ
  絶え間なく 軟膏をぬり続け、
ついに回復、仲間のもとへ帰りたもう       (加藤タキ訳)
カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

「模範解答」

 以前に、リッツ・カールトン・ホテル高野 登(たかののぼる)さんのお話で、99℃と100℃では大きな違いであることを話題にしました。⇒コチラです  両者はたった1度違うだけです。しかしこの1度の差が大きな違いを生み出します。どちらも熱いに変わりはないのですが、99℃でやめてしまったら、何も起きません。100℃になって初めて、いろいろと違う世界が生まれてきます。100℃に達すると沸騰を始め、沸騰した水は蒸気になって、蒸気機関をも動かす大きな力となるのです。成功しようと思ったら、99℃でやめるな、この100℃を超えろ、と生徒たちには言っています。

 最近、2学期の中間試験が終わりまして、答案を返却する際に「模範解答」も一緒に配布しました。解答が書いてあるだけです。生徒たちはそれを見て、自分の答案を直して終わり。私は今までずっと「模範解答」を作る際には(定期考査、課題テスト、校内模試、業者模試を問わず)、採点した際に間違いの多かった問題が一目で分かるように工夫し(★★、★印)、そして横に典型的な誤答を添えて、簡単なコメントを付けて、生徒たちに注意喚起を図っていました。ほんのちょっとした手間の差なんですが、この姿勢で3年間ずっと指導していくと、大きな違いを生み出すんです。私は「答案返却」の際には、平均点、得点分布だけでなく、特徴的な傾向、そして間違いの多かった問題の解説に1時間を費やしていました。解答を配って終わりと、少しばかり答案に踏み込んで解説を加えるのは、ちょうど99℃と100℃の違いのようなものであると感じています。でもこのほんのわずかな一手間が重要だと思ってやってきました。私の以前の定期考査の「模範解答」の一例を「ダウンロードサイト」に登録しておきました。⇒コチラです

 採点をする時に、生徒たちの大半が間違える問題にはちゃんとそれなりの理由があります。それを考えながら採点する。そして注意喚起を図る。それを長年続けていくと、生徒たちがどこで間違えるか?が手に取るように分かるようになります。以前に、北高の元ALT・ナディーン・ライト先生が、生徒の英作文の採点をする際に、数多くの生徒たちに共通する間違い英語表現をメモしてくれていたので、一緒に「日本の高校生の間違いやすい英語」という、高校生が陥りやすい誤り表現リストを作成しました。⇒コチラで全文を読むことが出来ます  当然のことながらこの知識・体験は問題作りに生かすことができます。試験の平均点をいかようにも調整することができます。校内模試」を校内平均40点/100点になるように作成する際には、予め問題作成の時に、各設問ごとに上位層と下位層の点数を予測し、全体がきちんとその近辺に収まるように電卓を入れながら調整していたものです。今はそういうことのできる教員が非常に少なくなりました。作りっぱなしで、ひどい結果になっても反省が生かされません。そもそも全体の平均点をコントロールしようという意識が希薄です。教員は問題作成で力がついていくんです。それを疎かにしていては、生徒の力も絶対につかない、というのが私の長年の持論です。模範解答」を見ながら、そんなことを考えていました。

 答案返却についても、思い出があります。私が若い頃に鍛えていただいた松江南高校・英語科では(ここで先輩の先生方にいろいろと教えていただいたことが、その後の教員人生に大きく影響しました。感謝あるのみです)、定期考査だろうが課題テストだろうが、実施日の次の時間には絶対に返却していました。当時は学年団による回し採点で、一人が遅いとみんなに迷惑がかかるので、結構苦しかったんですが、尊敬する先輩の先生からは、生徒はこの試験のためにものすごい勉強をして臨んでいるのだから、我々教員もそれに応えて早く採点をして返却してやらねばならない。「鉄は熱いうちに打て」で、記憶の新しいうちに反省を迫るのだ。1週間経ってから返しても生徒は全部忘れている!」と教えて貰いました。以来、そう思って、ずっと続けてきました。その気になればいくらでもできるんです。あるときなど、2時間目に終わった「課題テスト」を、6限の授業で返したときなどは、生徒は驚き呆れていましたが…。それを「忙しい…」と言い訳をして、1週間も投げておく、それでは力がつくわけもありません。尊敬していた故・渡部昇一先生も、「できない理由を探さない!」と言っておられました。私は今までそういう気持ちで教師を続けてきたように思います。❤❤❤

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

「失敗」と書いて「成長」と読む

 標題の言葉は、私の大好きな野球評論家の野村克也(のむらかつや)さんが、数々の著書の中で書いておられる「野村語録」の一つで、私も気に入ってよく使わせてもらっています。昨日読んだばかりの、最新のご著書『短期決戦の勝ち方』(祥伝社新書、2018年10月) から引用してみましょう。

 どんなに強いチームであってもミスはする。問題は、ミスをした後の態度だ。弱いチーム、大事なところで勝ちを逃すチームには、ひとつの特徴がある。それは、ミスをしても笑ってごまかしてしまうことだ。万年Bクラス(4位、5位、最下位)に甘んじているチームは決まってそうだ。エラーをしてもアタマをかいて笑いながら、ベンチに戻ってくるような選手がいる。周囲の連中も笑って「ドンマイ、ドンマイ」だ。しかし、仮にもプロの選手であるなら、ミスや失敗は「恥ずかしいことである」と感じなければ失格である。恥ずかしいと感じるから、「二度とミスはしない」と思う。さらに「では、どうすれば失敗を回避できるか、自分の技術を改善し向上できるか」と考える。つまり、恥の意識が人を努力へと向かわせるのである。日頃から、こうした教えが徹底されているチームは強い。(pp.20-21)

 「勉強」も同じです。試験でミスすることは恥ずかしいことではありません。恥ずかしいのは、そのミスを放置して、再び同じ間違いを繰り返すことです。私がうるさく、テストは「見直して初めて力がつく!」と公言するのはそういうことなんです。このことは巣立っていった多くの卒業生たちが実感していることのようで、そういった言葉を後輩たちに残してくれています(「合格体験記」「あむーる」など)。力のつかない生徒たちの共通点がここにあります。「やりっ放し」なんです。野村さんがよく口にされる、「勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし」という、江戸時代後期の平戸藩主で剣の達人としても知られる松浦靜山(まつらせいざん)の言葉を思い起こしましょう。勝っても謙虚な気持ちを忘れずに、負けたら敗因を徹底的に究明する姿勢こそが大切です。

 今日は、9月に行われました「3年生進研・駿台共催マーク模試」「見直しプリント」「ダウンロードサイト」に登録しておきました。非常に簡単だったようで、高得点が続出の試験でした。私は長年こうやって、試験実施の翌日に、このプリントを配布して生徒たちに「見直し」を迫っているんです。

・「2018年3年生9月進研・駿台共催マーク模試」見直しプリント 島根県立松江北高等学校 八幡成人 ⇒コチラです

 模擬試験の基準日前の実施の学校には、業者が「解答・解説」冊子を送ってくれない、と聞きました(基準日を過ぎてから送ってくれる)。全国そこら中で不正を働くふらちな高校生が多い、ということの対策なんでしょうね。高得点を取らせたい一心で、事前に問題を見て、生徒たちに問題情報を漏洩する教師が存在するという実態もあると聞きます。島根県でも、県の高校入試の英語の問題作成者が、友人に漏らし、塾で事前に演習したという嘆かわしい事件が起こり大騒ぎになったことがあります。「人間教育」が必要ですね。♠♠♠

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

「だんだん」

◎週末はグルメ情報です!!

 島根県庁に近い松江市片原町の堀川沿いに店を構える居酒屋が、「だんだん」です。だんだん」というのは、出雲弁で「ありがとう」という意味。かつてNHKの朝の連続ドラマ『だんだん』で、一躍有名になった出雲弁ですね。出 雲の神様の導きで偶然出会った双子姉妹の運命的な出会いが、家族やふるさとの人の輪に広がっていく「縁結びの物語」でした。元気一杯の双子姉妹マナカナ(三倉茉奈、佳奈)がヒロインを演じたこのドラマの松江ロケでは、松江北高4階&通学坂&グランドがロケ地に選ばれ、松江北高生30人がエキストラでテレビ出演しました。朝6時からの早朝ロケにもかかわらず、誰一人遅れることなくやって来て、撮影に協力しました。当時、総務部長だった私は、生徒部長の松田先生と一緒に、このドラマの撮影に関わり協力させていただきました。NHKからは「だんだん」と言って感謝され、打ち上げにも呼んでいただいたのはいい思い出です〔笑〕。余興のジャンケン大会では、豪華景品がかかっていたのですが、私は一回戦敗退でした〔笑〕。

 さてこちらの居酒屋「だんだん」で、いつもお世話になっている株)ラーンズの営業担当宮次博康さんと、豚しゃぶ」コースをいただいてきました。店内は落ち着いた雰囲気で、2階席からは「堀川」やライトアップされた「カラコロ工房」を見渡すことができるよい景色なんですが、現在痛みで左膝が曲がらないので座れない私は、1階のテーブル席でいただきました。ここは「ポテトサラダ」が目茶苦茶有名なんです。⇒私の紹介記事はコチラです  「ポテトサラダ」に関してはチョットうるさい私は、このお店がお気に入りで、追加注文していただきました。実は、このお店の一番人気メニューがこの「ポテトサラダ」なんです。その名も「ともだちのポテサラ」です。テレビで紹介されたこともあって、一躍人気となりました。東京にもお店があってファンは多いみたいですよ。円錐上に盛られたフォルムと、黄みがかった色相、がっつり振られている黒こしょう、白こしょうのインパクトに食欲をそそられますね。見た目は塩辛そうに見えるんですが、こしょうはあくまで香りづけで、食べてみると意外とまろやかな味で美味しいんです。たまごの風味がよく、もっちりとした「ポテトサラダ」です。ハムとジャガイモ、玉子のつぶしかたのバランスが絶妙。味付けも食材の風味を生かしたものです。胡椒がアクセントとなっていますね。今まで食べた「ポテトサラダ」の中でNo.1かNo.2といってもいいぐらいです。コース料理のメインは「豚しゃぶ」で、たらふくお肉をたいらげました。面白いことにお肉はいくら食べてもいいが、野菜は別料金ということでした。続いて、唐揚げ、〆のうどん、デザートを堪能しました。帰り途には、お気に入りの「珈琲館」で(八幡はいつもこの二階で堀川遊覧を眺めながら原稿を書いています)、コーヒーを飲んで別れました。❤❤❤

カテゴリー: グルメ | コメントをどうぞ

権藤さんの意見

 『日本経済新聞』に、たまーに権藤 博(ごんどうひろし)さんの「悠々球論」という短いエッセイが掲載されるのを楽しみにしています。滅法面白い!9月13日のエッセイを読んで、「そうだ、そうだ!」と膝を打ちました。権藤さんと言えば、来る日も、来る日もマウンドに立ち続け、権藤、権藤、雨、権藤…』と言われ、流行語にもなりましたね。1961年、中日の新人投手だった権藤さんはひたすら投げまくり、35勝を挙げ最多勝、新人王、沢村賞、ベストナインなど賞を総なめにしました。翌年も30勝をマークしますが、登板過多は確実に彼の肩を疲弊させました。権藤さんを最後に、年間35勝以上の投手は出ていません。⇒私の権藤評はコチラ

 権藤さんが口を酸っぱくして言われるには、野球中継の最後の「ヒーローインタビュー」が面白くない。「みんながチャンスを作ってくれたので返そうと思った」「打者が点をとってくれたので、抑えようと思った」そんなこと改めて聞かなくても分かる当たり前のことですね。「ファンのみなさんの声援のおかげで打てました」声援で打てるくらいなら、簡単なことでしょう(もちろんファンの声援に感謝することは重要ですが)。そしてインタビューの最後はいつも判で押したように「応援よろしくお願いします」です。全く面白くない。「企業秘密まで話してくれとは言わないが、もっと技術に触れて欲しい」と権藤さんはおっしゃいます。チラッとでいいから技術を語ることで、やっぱりプロはすごいやと勝負の迫力を伝えて欲しいと。昔はすぐウソと分かる話をする選手もいて、それはそれで味があって面白かったと言い、小山正明投手や打者の例を引いておられました。全く同感です。紋切り型のコメントなど聞いていて面白くもありません。巨人の髙橋由伸監督の勝利監督インタビューなど、何の面白みも、ファンサービスの精神のかけらも感じられません(辞められるみたいですね。当然でしょう)。誰もが言わない権藤さんの鋭い指摘に感心したところです。確かに、権藤さんのテレビ解説は滅法面白い。「見ててご覧なさい。こうなりますから…」と予言すると、本当にそうなるので、流石ということになります。言われることが実にユニークです。今の野球解説者で面白いなあと感じさせてくれるのは、他に落合博満さんと野村克也さんぐらいでしょうか。要は、よく勉強しているから、自分の理論を持ち、人とは違った視点での野球の捉え方ができるんですね。当たり前のことをしゃべっても、それは解説とは呼びません。野村さんが解説者時代にどれだけ苦労して勉強されたかは、数々の著書から感じ取ることができます。プロのすごさをきちんと伝えることのできる解説が聞きたいな~。今朝も『日刊スポーツ』に載った権藤さんの完封勝利した阪神・藤浪評を面白く読みました。視点がやはり人と違います。♠♠♠

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

「センター本」続々と採用!

 私の最新センター試験対策教材『2019年度英語センター対策本』(自費出版、200円)を、口コミで一括学年採用していただく学校が増えており、発送に嬉しい悲鳴をあげております。今週も233冊ご注文をいただき発送いたしました。ありがとうございます。2年前に出した親本『2017年英語センター対策本』(自費出版、800円)のエッセンスをギュッと詰め込んだコンパクト版です。両方をご希望になる学校もございます。せっかくですので、現在この「親本」をご注文いただいた学校には、コンパクト版も無料サービスで付けさせて頂いております。勉強の仕方・解法のコツ」を、最新の2018年本試験の問題を例にとって解説している小冊子です。20ページほどの薄~い冊子ですが、内容はどうしてどうして濃いものになっています。カラー印刷してありますので、見やすく分かりやすい構成と評判です。さらに特典として「発音・アクセント問題過去出題語(1990~2018年)」というカラー印刷リストを全員につけさせていただいており、これを音読することで、第1問「発音・アクセント問第」の完全な対策が可能になりました。別売のCD(300円)を1枚買って頂いて、収録された「MP3ファイル」をスマホ等にダウンロードしてコピーをして頂ければ、さらに強力な勉強が可能です。CDの中には、私が松江北高補習科で4月から演習を重ねてきた50枚の問題・解説プリントも収録されていますから、これを生徒たちに配布して自学あるいは解説することで、勉強の仕方」がさらに身につくことでしょう。私がかつて作りました英単語記憶本『英単語はアタマ・オナカ・シッポで攻略だ!』(現在品切れ)のPDFデータが、このCDには入っているので、ご注文いただいた先生方は喜んでいただいているようです。

 なかなか「これは!」というセンター教材がない中で、この冊子は重宝されているようです。反響はコチラコチラをご覧下さい。センター対策に苦労なさっておられる全国の先生方には、福音となる冊子であることは間違いのない自信作です。ぜひ手に取ってご検討ください。一人でも多くの生徒のみなさんにこの本を使って高得点を取っていただきたいと思い、「利他」の精神で心を込めて作りました。

 松江・米子・出雲に住んでいる生徒の皆さんは、今週から今井書店グループ」に置いてくださっていますので、そちらでお求め下さい。この本のために、今井書店で作って下さったポップがとても手が込んでいて素敵で、私は気に入っています。このポップのデータを今井書店より提供していただきました。⇒現物はコチラをご覧ください 今井書店には感謝の言葉もありません。この冊子も親本も在庫はたくさん持っておりますので、ご遠慮なくご照会ください。

 ちなみに今20冊以上ご注文いただいた先生方には、御礼にDVD英語は絶対に裏切らない!~英語センター二次試験参考データ集  Ver.3(下記写真参照)をお送りさせていただいております。センター・二次対策指導資料データ集」最新版(非売品)で、私の41年間にわたる長き教員生活で、特に松江北高で作りました417本の指導資料を惜しみなく収録しております。株)ラーンズさんが、私の研究会のために特別に作って下さいました。センター試験の「第1問~第6問」、「その他」、「リスニング」、「二次試験対策」、「模擬試験対策」、「特別オマケ」、「八幡最近の著作から」といったフォルダーに、該当する最新資料が収められており、先生方が日頃の指導にすぐに使っていただけるものばかりです。「417本って、どういった資料が収録されているんですか?」というご質問をいただきますが、「一覧表」にまとめてありますのでどうぞご覧下さい。⇒コチラです ❤❤

▲417本の指導資料が収録されたDVDデータ集 東京・土浦の研究会で大好評でした!

カテゴリー: 英語指導に関して | コメントをどうぞ

副島隆彦なる人物

 副島隆彦(そえじまたかひこ)なる人物が、この度『傷だらけの人生~ダマされないで生き延びる知恵』(ベスト新書、9月)という本を出しました。今の若い英語の先生たちは知らない人も多いと思いますが、彼は代々木ゼミナール講師時代に「宝島事件」と世に呼ばれる「大騒動」を起こして、その後大学教授に転じた人物です。当時は、英語教育界で大騒ぎに発展しました。

 平成元年(1989年)10月26日付けの『朝日新聞』朝刊に、「日本でいちばん売れている英和辞典はダメ辞典だ!」という極めて挑発的な文言と共に、副島隆彦&Dictionary-Busters著『欠陥英和辞典の研究』(JICC出版局)の大々的な宣伝が掲載されました。対象となった辞典は、研究社発刊の『新英和中辞典』(1985年、第5版)『ライトハウス英和辞典』(1984年、初版)の2冊でした。新聞広告では、研究社の辞書2冊の外箱が、ビリビリに破られ、押し潰されて、両辞典から引き裂かれた何十頁分もの頁と共に、まるでゴミ屑のように打ち捨てられた衝撃的なものでした(上写真左)。私の母はこの広告を見た途端に卒倒しました。可愛い子供(私!)が全精力を傾注して長年取り組んで、その苦労を目の当たりに見てきた作品を、このように罵倒されたのですから無理もありません。副島氏はさらに、『英和辞書大論争!』(別冊「宝島」113号;1990年6月)を出版し、こんどの表紙には、「タダの予備校講師・副島隆彦が天下の研究社をノックアウト!『欠陥英和辞典の研究』の批判に耐えきれず、研究社は卑怯にも裁判所へ駆け込んだ。あれからいったいどうなった?と思っているあなたへ」という、再び過激で挑発的な字句が並んでおり、研究社の2辞典の写真には、今回はしめ縄まで張ってある〔笑〕という異常なものでした(上写真右)。

 2著とも私たち編著者を「バカ、アホ、マヌケ」「恥も外聞のないマヌケ集団」呼ばわりして、読むに耐えない極めて不快な文章でした。もちろん辞典には完全なものはありません。私たちの『ライトハウス英和』にも誤り、不適切な項目も中には含まれているのも事実です。しかしそれを建設的、共栄的に指摘して少しでも良いものにしていこうという姿勢の批判なら喜んで耳を傾けるのですが(いい指摘もあった)、そうではありません。面白オカシク揚げ足を取って、一方的に見下してこき下ろすというものでした。その人間性・言葉遣いには不快感しか感じませんでした。さらに、見当違いの誤り・批判も数多く含まれており、ちゃんとした専門家が見れば、彼の破壊的な姿勢には大きな誤りが含まれていることは自明でありました(例えば山岸勝榮教授は、いち早くその点を正していただきました)。しかしながら、信念・良心のかけらもないマスコミは、この話題にすぐ飛びつき、彼を持ち上げ、はやし立て、面白オカシクねつ造報道を繰り返したのでありました。

 研究社は当然のことながら、すみやかに「名誉毀損、悪質な営業妨害」として、著者の副島隆彦氏と出版元の宝島社を東京地裁に提訴しました。私も詳細に彼の多数の誤謬・謬見を分析して資料を提出したものです。それから長い年月を経た1996年(平成8年)2月28日に、東京高裁の控訴審判決が下りて、「権威への挑戦として許される過激さ、誇張の域を越え、公正な論評としての域を逸脱するもの」と述べ、名誉毀損に当たるとして、『欠陥英和辞典の研究』の出版元である宝島社に400万円の支払いを命じました。宝島社らは高裁判決については上告せず、判決が確定したのでした。これが「宝島事件」の全容です。残念ながら、あれだけ面白オカシクちゃかしてねつ造報道を繰り返した新聞・週刊誌は、この結末をきちんと報道することはありませんでした。謝罪もありません。マスコミの姿勢とはこんなものか、信念のかけらもないのかと憤慨したのを覚えています。学問の世界は「言ったもん勝ち」にしてはなりません。判決文を挙げておきます。

 学術上の論争と言えども相当の節度及び公正さが要求されることは論を待たない。(中略)特に辞書においては本両辞典(ライトハウス英和と英和中辞典の2冊を指す)を含めて、通常の場合相当の業績を有する学者が編者となり、多数の執筆者及び校閲者が関与し、何万語の見出し語とそれに対する語義、用法指示、例文など、他の辞書や文献等を参照しながら選別記述した学術的労作である。このような対象を批判するにあたってはその表現方法や表現内容についてもそれなりの節度を要求してしかるべきである。以上のような諸事情を総合考慮すると、編集方針など批判する右部分における本主張の記載は、権威の批判の挑戦として許される過激さ、誇張の域をはるかに超え、前提として指摘する事実の一部に真実であると認められるものはあっても、全体として公正な論評としての域を逸脱するものであると言わざるを得ない。

 その副島氏は、その後経済学の大学教授とやらに転身し(!)、相変わらずマスコミ受けする言動や著書で世間を賑わせているようでした。私は、以来一切この人の著書に関わることはありませんでした。最近、その彼が初めて書いた「実用書」として、今井書店に並んでいましたので、思わず手に取って買ってしまいました。タイトルから、もしかしたらあの時の事に言及・反省の弁を述べているかもしれないと思ったからでした。私は、何か偉い先生が、高みに立って、偉そうに「拙者が皆の衆に教えて進ぜよう」という本はもう書きたくない、と思うようになった。今は、「上から目線で何か言う」のが、一番嫌われる時代だ。もうひとつ、「お前が、それを言うな」、「お前にだけは、言われたくない」というコトバがあって国民によく使われている。私はこのことを察知して知っている。ということは、私のような爺が、上から目線で、偉そうなことを書いてはいけない、となる。それで、私はハタと困った。それなのに、自分から言い出して、この新書を丸々一冊、実用書を書かなければいけない。しかも、これまでに私が書いてきたものとは違う、何か新しいことを書かなければいけない。私は、この3ヶ月間、七転八倒して苦しんだ。そして出来たのが、この本だ。私はもう、ムズかしいことを書きたくない。威張りたくないんだ。偉そうなことは書きたくないんだ、もう、そんなのには飽きたんだ、とブツブツ言いながら、書いたのがこの本だ。脱「威張りん坊」という新しいアイデアでやってみた本である。」と「あとがき」に書きながら、相変わらずあの時のままのいやらしさでした。世の中は自分を中心に回っていて、他の人間は全部クズである、という魂胆が見え見えです。人間は変わらないんですね。銀行員時代や大学教授時代に嫌がらせを受けた「傷」はいやというほど書いてありましたが、あの予備校時代の「傷」には一切触れていませんでした(触れることが出来なかった?)。読みながらあの当時の不快感が蘇ってきました。

 そうそう、この本の中には、彼が信条として大切にしているという言葉・原理が紹介されていました。それは「いいことは悪いことだ。悪いことはいいことだ」「良いことが悪いことで、悪いことのほうが良いことだ」(pp.122-123)というものです。宝島事件」を思い起こしてこの言葉と照らし合わせてみると、いかに皮肉なことかがわかります。私自身は、「良いものは良い、悪いものは悪い」「ダメなものはダメ」という信念の持ち主ですから、両者が相容れないのは当然のことでしょう。♠♠♠

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

「鳥取私塾の会」で講演

 9月25日(火)、米子国際ファミリープラザで行われた「鳥取私塾の会」9月定例会において講演をさせていただきました。実は9月6日松江北高に、同会幹事の白土茂幸先生(英会話タイムライフ学校長)遠藤卓也先生(成蹊塾)が訪ねて来られて依頼を受けました。遠藤先生が長年私のことを追いかけてくださっていたそうで、一度ぜひお話しを聞きたいとの有り難いお申し出でした。遠藤先生には、再び松江北高に講演資料を取りに来て頂きました。講演が終わってからも遠藤先生からは「長年の夢が叶い感無量です」とのお言葉をいただき嬉しく思いました。帰りましてからもメールでコメントをいただいております。ご参加いただいた先生方、ありがとうございました。

▲北高に依頼にみえた白土先生(左)と遠藤先生(右)

▲多くの先生から「今日の公演は本当に良かった」とか「ここ数年の公演の中で一番素晴らしかった」とか言って頂き、皆さん本当に喜んでおられました。

▲先生の講演の後、講演について会員同士で話し合いましたが、会員一人一人がとても満足していました。本当に有難う御座います。

▲当日は大変貴重なお話をありがとうございました。先生の教育への情熱を強く感じました。

 私の「紹介映像」を流した後で、いつものように「ダイスの透視」から本番スタートです。これは最近の私の講演の定番メニューとなっております。東京では大失敗をやらかしてしまいましたが、以降は寸分の狂いもなく演じております。実に不思議な現象ですが、「コツコツ正しい努力を積み重ねる」ことで、こんなに大きなことも出来るようになる、という私の持論の証明として演じさせてもらっています。今日もバッチリでした。弟子入りを希望する先生もおられましたよ〔笑〕。

 英語の先生も何人かいらっしゃましたが、それ以外の先生もおられましたので、英語の指導だけでなく、どうやったら「生徒の心に火を付ける」ことが出来るか、という点を中心にお話しさせていただきました。私の目標は「分かりやすい授業」ではなく、「ワクワクする授業」「生徒の心に火をつける授業」「もっとやってみようと思う授業」です。私が赴任した頃松江北高は、そんな精神で、「伸びる 伸ばす」をモットーにそれぞれが手を尽くしていました。

 講演でも述べましたが、私は学校ではできないことを、塾の先生方にサポートしてもらいたいと思っています。私がまだ若い時、松江南高校に勤めていた頃、指導内容のいい加減さは言うまでもなく、南高を批判したり、南高の先生方の悪口を並べたてて生徒募集をしておられた塾がありましたが、本来の姿ではありません。今でも信用しないことにしています。また、最近塾校舎の前に毎日だらしなく多くの自転車をぐちゃぐちゃに放置して、大道路にまではみだしている大手の塾などは、人間的に信用なりません。塾の先生方には、学校では手の行き届かない面にまで細かくフォローして頂くことで、お互いにWin-Winの関係になればよいと考えています。学校でいい加減な取り組みをして、塾に抱っこにおんぶという生徒たちをたくさん見ていますが、これでは伸びるはずもありません。私は点さえ取ればそれでよい、という教育には関わりたくありません。

 お話しをさせていただいた後で、会のご好意で私のセンター教材の即売会を行いました。『2019年度英語センター対策本』・『2017年英語センター対策本』・CD『発音・アクセント過去出題語』をたくさん買っていただきました。帰りましてからも数多く発送させていただいております。講演の中でご紹介した『英単語はアタマ・オナカ・シッポで攻略だ!』が好評で、ぜひ欲しいという先生が数名いらっしゃいましたが、コチラは残念ながら品切れで差し上げることができませんでした。でも上記のCDの中に本のデータはPDFで全部収録してありますので、プリントアウトして使って頂けたらと思います(昨日も東京の先生からこの本が欲しいとメールが届いておりました。昔作ったものを要望していただくのは嬉しいものです)。先生方と一緒に昼食をいただき、懐かしい昔話で盛り上がりました。最後に会場前で記念撮影をして、皆さんに送られてエレベーターに乗り込みました。ご参加いただいたみなさん、本当に有り難うございました。会のホームページにこの例会の報告が載っています。⇒コチラです  ところで、今日お話しさせていただいた3階の会場に「稲盛ホール」と名前がついていたのですが、私の尊敬する稲盛和夫先生と何か関係があるのでしょうか??❤❤❤

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

センター本、今井書店に!

 私の最新刊『2019年度英語センター対策本』(自費出版、200円)が、今週から今井書店グループに並んでいます。松江、米子、出雲の各今井書店でお求めになることができます。本の中には、「発音・アクセント問題過去出題語(1990~2018)」リスト(カラー印刷)も挟み込まれています。第1問は、このリストから模試や本番に出題されることが多い(「お色直し」)ので、これを音読するだけでずいぶん得点率がアップするのです。松江北高では先日希望する生徒たちに販売を済ませています。わずか20ページの小冊子ですが、内容はグッと濃いものになっています。全国の先生方からいただいた、この本に対する反響はコチラコチラをご覧ください。カラー印刷されていますから、ポイントが分かりやすいと評判です。手に取って自分の目で確かめてください。気に入ってくださったらぜひご購入ください。200円ポッキリですよ。

▲松江北高での販売

 この本のために、今井書店では手の込んだ素敵なポップまで作ってくださいました。このポップ、とっても素敵で気に入っています(下写真)。本のポイントを簡潔に分かりやすくまとめていただきました。ありがとうございます。ぜひこちらにも注目ください。今井書店井上さんを始め、ポップを作ってくださった担当者、全ての関係いただいた方に厚く御礼申し上げます。感謝の言葉もありません。❤❤❤

カテゴリー: 英語指導に関して | コメントをどうぞ

「幸福三説」

 明治末期から大正初期にかけ、日本は暗闇の時代が続きました。事業の失敗や失業、貧困など、さまざまな外的原因によって自らを不幸だと思い込み、悩み、苦しみ、陰惨な思いに沈む人が数多くいました。そんな中で、幸田露伴(こうだろはん)は、「どうすれば人は必ず幸福になれるか」といったスタイルの「幸福論」は絶対不可能であると考え、「どういう心がけで生きれば、不本意なことが多い世にあって人生を肯定的に生きられるか」を説きました。それが名著『努力論』でした。

 露伴の家はもとは徳川幕府のお茶坊主を務めた家系でした。彼は旧制東京府立中学や東京英学校に学びましたが、どちらも家計の事情で中退しています。その後、漢学塾に入り、電信修技学校に入り電信技手になり北海道に赴任します。しかし作家への思いが断ちがたく、職を辞して東京へ歩いて帰ります(お金がなかったのです)。「露伴」というペンネームはその帰りの苦難の旅の途中に、二本松で詠んだ句「里通し いざ露と寝ん 草まくら」に由来すると言われています。このように努力に努力を重ねて自ら作家への道を切り開いた露伴ですから、『五重塔』といった小説だけでなく、随筆や史伝にも卓見が満ちあふれています。

 40代前半に、幸福を引き寄せるために、露伴「幸福三説」なる3つの工夫を述べています。幸福三説」は、「惜福」「分福」「植福」の三つからなっています。これを若い時に知ったことは、私の生き方の上で、大きな影響を与えました。私は今まで努めてこれを実践するようにしてきました。

 「惜福」(せきふく)とは、文字通り福を惜しむことです。自らに与えられた福を、取り尽くし、使い尽くしてしまわずに、天に預けておく、ということ。その心掛けが、再度運にめぐり合う確率を高くする、と説かれます。露伴「幸福に遇う人を観ると、多くは「惜福」の工夫のある人であって、然らざる否運の人を観ると、十の八、九までは少しも惜福の工夫のない人である。福を取り尽くしてしまわぬが惜福であり、また使い尽くしてしまわぬが惜福である。惜福の工夫を積んでいる人が、不思議にまた福に遇うものであり、惜福の工夫に欠けて居る人が不思議に福に遇わぬものであることは、面白い世間の現象である」と述べています。例えば、宝くじで1億円が当たったら〔笑〕、全部使ってしまわずに、2千万円くらいは貯金に回しておこう、つまり福を大事にする精神のことですね。よそ行きのいい洋服を作ってもらったら、それまで着ていたまだ十分着れる服をさっさと捨てて、いい洋服を普段着のように着回すのではなく、ちゃんとよそ行き用だけに着て、古い普段着はさらにブラシをかけて着る。控えめにして、自ら抑制する、いい福が来たら、それを惜しむような態度でいると、福が集まるということです。

 「分福」(ぶんぷく)とは、幸福を人に分け与えること。いい事があったら一人占めにせず、他の人にも福をおすそ分けをすることです。自分一人の幸福はありえない、周囲を幸福にすることが、自らの幸福につながる、と説かれます。「恩送り」「情けは人のためならず」と近い考え方ですね。露伴「すべて人世の事は時計の振子のようなもので、右へ動かした丈は左へ動き、 左へ動いた丈は右に動くもの、自分から福を分ち与えれば人もまた自分に福を分ち与えるものだ」と述べています。露伴によれば、恵まれた福を分かつことは、春風の和らぎ、春の日の暖かみのようなものであると言います。春風はものを長ずる力であり、暖かさでは夏の風にはかなわないが、冬を和らげ、みんなを懐かしい気持ちに誘うことができる。それと同じように、福を分かつ心を抱いていると、その心を受けた者はやすらかな感情を抱くものです。分福をあえてなす者は周囲に和やかな気を与えることができるのです。どこからお土産をたくさんもらったら、それをお裾分けする。ただし、あくまでも好意で分けるのですから、「見返り」を期待してはいけません。福は天からの授かり物であって、自分に何かいいことが起こったら、それを天の一角に返す気持ちで他人に分ける、そういう気持ちが大切です。するとめぐりめぐって、いつの日か再び自分に回ってくるということです。上司に褒められた場合も、「ありがとうございます。これも、同僚や先輩の皆さんがお力を貸してくださったおかげです」と一言添えるのも一種の分福と言えるでしょう。商売で儲けたときに、社長が、利益を従業員に分けてあげると、儲かると自分たちにもいいことがあるんだと分かり、熱心に業務に励もうと努力する、と露伴は例を挙げています。分福をせずに商売で得た利益を独り占めして、社長が自分の懐を潤すだけなら、儲けようが損をしようが、自分たちには関係ないと考えて、熱心に働く気も失せ、やがてはその店はもうけのチャンスを逃すことになるだろうと言っています。

 「植福」(しょくふく)とは、後世の人々の幸せのために「福の種」を植えることであり、3つの福の中でこれが最も大切だと露伴は言います。将来にわたって幸せであり続けるように、今から幸福の種を蒔いておくこと、精進(正しい努力)し続けることが重要です。過去に自らが蒔いた種が芽を出し、今の自分を創っている。過去を書き替えることはできないが、今から良い種を蒔き続ければ、望ましい未来につなげることが出来る、と説かれます。例えば、60歳になるおじいさんが、自分の土地に植林を始めたとしましょう。小さな苗木を1本1本と何日もかかって植えていきます。この木が成長して材木などに利用できるようになるまでには、何十年とかかります。その頃にはもうこのおじいさんは生きてはいません。あれだけ丹精を込めて育てた苗の恩恵を自分は全く受けないかもしれません。でも自分が恩恵をこうむらなくても、子孫や村、ひいてはお国のためには、福となって返ってくるのです。自分に返らないことがわかっていながら、なおかつ福を植えるという気構え、これが植福です。1人の植福がどれだけ社会全体を幸福にするか計り知れません。植福において、個人と社会の福がつながってくるのです。植福とは、自分の力・情・智をもって、人の世に幸福をもたらす物質・清趣・知識を提供することを言うのである。すなわち、人の世の慶福を増進長育するところの行為を植福と言う」と、露伴は説いています。

 福とは天に向かって矢を放った状態だといえます。矢は必ず落ちてきます。つまり、そのままにしておいては福はなくなります。福をなくさないためにも、さらには福を増やすためにも、「惜福」「分福」「植福」の3つの工夫があるのです。露伴はこれをやったら必ず幸せになれると言っているのではありません。自分のやることに責任を持ち(⇒コチラに露伴の考え方を記しました)、「惜福」「分福」「植福」を地道に積み重ねることこそ大切なことだと感じています。私は若い時に、故・渡部昇一先生の影響で、幸田露伴の本を読んで、ずいぶん生き方の参考にさせてもらっています。❤❤❤

【追記】お亡くなりになった渡部昇一先生の過去の著作を、もう一度丁寧に読み返しているところですが、考え方が少しも古くなっていない、全部今でも通用することばかりです。先生の卓見に今更ながら感銘を受けているところです。

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

「はし友ラーメン」

◎週末はグルメ情報です!! はずれ…

 米子の錦町にある「今井書店錦町店」に立ち寄った帰り道、公会堂の方へ向かって歩いていると、昔「ほか弁」があった場所にラーメン屋さんが出来ていました。米子で結構有名な「はし友ラーメン」が移転してきたようです(2018年1月)。テレビで紹介しているのを見たことがあったので、入ってみることにしました。山陰で唯一「横浜家系ラーメン」を看板に掲げるお店のようです。

 お店に入ると食券機で食券を買って下さいと店員。カウンター10席とテーブル1卓の店内です。ずいぶんとたくさんのメニューがありましたが、まずは定番の「ラーメン」を注文しました。さてお味は。先ずはスープを一口、チー脂の甘い香りにガツンとくる醤油と旨味。なるほど家系してますね。三枚の海苔にほうれん草は家系の定番です。麺は平打ちの太麺で長い。チャーシューはノーマルなチャーシューでした。ただ私にはこのスープは濃すぎて合いません。私はあっさり系のスープのラーメンが好きなんです。「ローダン」「大和」などのラーメンの方が好きですね。麺も半分残してお店を出ました。ネットの評判はずいぶんと高いお店ですが、ラーメンというのはこのように個人の好みで合う、合わないがはっきりと分かれるんです。ちょっと期待外れのお店でした。😢😢😢

カテゴリー: グルメ | コメントをどうぞ