「兼六カレー」

◎週末はグルメ情報!今週はカレー

 JR金沢駅構内に併設されるショッピングモール「金沢百番街・あんと」「あじわい小路」の中にあるお店「ゴーゴーカレー金沢駅総本山」に入ってみました。お昼時と夕方は多少混雑しています。外に椅子が並べられていますが、結構海外からの観光客も多く、たくさんの方がこちらの駅構内のお店にいらっしゃいました。入り口横には「金沢カレーの総本山」と書かれた看板が。「ゴーゴーカレー」のトレードマークであゴリラがお出迎えです。店内は全面黄色にコーディネイトされており、カレー店のムードがプンプンと漂います。壁にもゴリラのイラストがどーんと描かれています。このゴリラは、元プロ野球選手の松井英喜さんをモチーフにしたとも言われているとのこと。同じく店頭に掲げられた「GO!GO!メニュー」には、「百万石カレー」「兼六カレー」という、いかにも古都・金沢らしい名前を見ることができます。「兼六カレー」(金沢で有名な「兼六園」から来ている)を食べてくるように勧められていたので、早速注文しました。注文してから10分くらいで「兼六カレー」が運ばれて来ました。「…..でかっ!!」トッピングされているのはロースカツ、チキンカツ、ウィンナー2本、えびフライ1本、ゆで玉子。2枚のどでかいカツがぎっしりと表面を覆い、ライスの姿は全く確認することができません。見るからにサクサクのカツの上にはソースがかけられています。ウィンナーはシワっとしたタイプのもの。針金でカットするエッグスライサーに通されたとおぼしきゆで卵が、なんだか懐かしい雰囲気を醸し出していましたね。

「兼六カレー」の中身を確認しておくと、下記の通り。
•ご飯:300g
•ロースカツ:1枚
•チキンカツ:1枚
•エビフライ:1本
•ゆでたまご:1個
•アルトバイエルン:2本

 お皿をぐるりと一周させ、カレーの裏側でようやく発見できたライスの地表。そこにもカレーがかけられており、ライスそのものはついに見つけることができませんでした。表面積の98%はカツやウィンナー、キャベツで占められています。さっそくカレーを味わってみます。金沢カレーと言えば先割れスプーンかフォークを使って食べるものであり、「ゴーゴーカレー」ではフォークが使われているようです。まずはチキンカツをパクリ。ほどよく厚いチキンの身は歯ごたえもたっぷりでボリューム感アリ。表面のソースと、裏面についたカレーのおかげで、味わいが増しているように感じられます。ロースカツもパクリ。薄めにスライスされたお肉のおかげか、歯ごたえはしっかりしていながら食べにくさは感じられず、次々に食べ進めていける仕上がりになっていました。ライスを掘り出して、カレーと一緒に食べてみます。カレーの風味は「濃厚」のひと言。ほどよく辛く、ほどよく甘みのある濃厚なルーに、カレーの風味がギュッと濃縮されています。お店のサイトでは、このルーについて、「55の工程を5時間かけてじっくり煮込んだ特製オリジナル・ルー!それを55時間寝かし旨みを熟成させる!」と解説されており、これがクセになる理由でもあります。

 ウィンナーは身が柔らかいタイプで、肉のうまみを、薫製によって閉じ込めた風味を感じる一品となっていました。特に味付けされていないゆで玉子はプレーンな味わいで、カレーとカツに疲れた口をリセットするのに最適です。えびフライはごく一般的な安心の味。衣の端までしっかり身がつまっていました。ある程度食べ進んだところで、福神漬けを投入。こちらも一般的な安心の福神漬けで、カレーとの相性は申し分なしでした。

一応金沢カレーの特徴としては下記があげられるようです。
•フォークで食べるのが金沢カレーの食し方
•スレンレスの皿に盛られている
•付け合わせとして千切りキャベツが備わっている
•ご飯の上にルーを薄く、その上にカツを乗せてカツの上にはソースがかかっている
•金沢カレーのルーは少なく、どろっとしているのが特徴

 出口のレジの所には、レトルトのおみやげ用カレーが並んでいましたので、買い求めて、家に帰ってから食べてみましたが、やはりお店で食べるのが一番でした。♥♥♥

【追記】 最近ローソンに寄ったら、この「ゴーゴーカレー」監修のカップ麺限定「カレーヌードル」が新発売されて入っていました。コシのある太麺に、ポークエキスや野菜等の旨みをきかせた、黒くスパイシーな濃厚カレースープが特徴です。美味しそうです。「マルちゃん」(東洋水産)から232円(税込)の発売です。パッケージのゴリラのインパクトがすごいですね。家に買って帰って食べてみましたが、そこまで美味しいとは感じませんでしたね。シャキシャキのキャベツがたくさん入っているのがよかったくらい。

カテゴリー: グルメ | コメントをどうぞ

Jupiterのワイルドカード

 もうずいぶん前のことになりますが、東京に来たらちょくちょくお邪魔する茅場町(かやばちょう)のマジック愛好家たちの聖地「マジックランド」で、何か新しいパケットはありませんか?」というパケット好きな私の求めに、ママさんが見せてくださったのが、Jupiterの「ワイルドカード」でした。当時イタリアで求めて来られたそうです。最近、これがひょんなところから、出てきたので、気に入って演じています。自宅で一番気の休まる所は、中2階にある「蔵」で、私が世界中から集めたマジック道具が全部置いてあるんです。ふかふかのじゅうたんの上で、寝そべって作品をいじっていると、時の経つのも忘れてしまいます。最近は忙しさにかまけて、「蔵」に入ることもできないでいます。

 数枚のジャンボ・カードを見せます。トップの「ハートのK」をテーブルに置き、残る4枚は全て、表も裏も何も書いてない真っ白なブランクカードであることを観客に示します。ここでテーブルに置いてあった「ハートK」をパケットに加えて、おまじないをかけると、あら不思議!全部のカードが「ハートK」に変わってしまいます。さらに裏も見てみると、全部真っ白だったのにちゃんと青裏のバックになっているではありませんか!今度は、その「ハートのK」をテーブル上の真っ白なカードと交換してやると、今度は再び裏も表も真っ白なカードに戻って変身してしまうという、とっても面白いパケット・トリックでした。使う技法はエルムズレイ・カウントのみ。当時、ママさん「お値段が高い(3000円)ことがチョット……」と、こぼしておられましたが、専用のパケットケースに入りラミネートされたきれいなジャンボ・ギミックカード(汚れない)に、この摩訶不思議な現象なら、決してお高くはないと思いました。それにしても最近、「マジックランド」に行っていないなあ~。店主小野坂トンさんの新しい作品が出る度に購入はしていますが、やはりママさんにその場で演じてもらって買うのが一番です。♠♣♥♦

▲マジック愛好家・プロマジシャンの聖地「マジックランド」

カテゴリー: マジック紹介 | コメントをどうぞ

「揖屋駅」

 「揖屋駅」(いやえき)は、いつも通勤途中に通過する駅です(松江―東松江―揖屋―荒島―安来―米子―博労町)。松江・安来・米子への通学・通勤客でかなりの人が利用しています。いや」という名前がふるっていますね〔笑〕。その昔、駅に到着の放送が流れていた頃は、いや~、いや~」と、可笑しかった。全国的にも珍しい名前でしょう。最近、浅井建爾『日本の駅名 おもしろ雑学』(知的生きかた文庫、2020年11月)という、全国の面白い駅名ばかりを集めた本が出て、面白く読みました。この本の中にも島根県の「揖屋」(いや)「馬路」(まじ)が紹介されていました。かつては中線のある2面3線の駅でしたが、2001年山陰線高速化の際に、中線が撤去されたために、2面2線で営業されています。ホーム先端から米子方面約2kmの複線化がなされ、走行しながらの行き違いが可能となりました。

    島根県北東部、松江市南東部の一地区で、旧揖屋町(今は松江市と合併)。中海(なかうみ)南岸に位置し、神話の黄泉比良坂(よもつひらさか)の地「伊賦夜(いぶや)坂」が転じて揖屋になったと言われています。国道9号線が通じ、JR山陰本線揖屋駅があります。駅前には、当地区出身の歌舞伎役者6代目市川門之助の銅像が立っています。駅に隣接する「観光案内所」の入り口には、やはりこの役者さんのイラストが描かれていました。

    古くから開けた地で、京羅木山や星上山から流れ出す意東川、意宇川が形成する沖積平野には、条里制の遺構が多く残っています。かまぼこの産地として知られる中心地の揖屋(いや)には農機具メーカーの工場があり、町の主産業となっています。農業では野菜栽培が行われ,特産品に干し柿、苗木などがあります。

 松江北高が3年連続で、国公立大学合格者数日本一を記録した当時の校長・故・鞁嶋弘明(かわしまひろあき)先生は、この揖屋から北高に通われ、定年退職後はこの町(東出雲町)の教育長→町長をお務めになりました。鞁嶋先生についてはコチラをご覧ください。若い頃、教員のイロハを教えていただいた「生徒のためなら何でもする」熱血の先生でした。♥♥♥

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

デザインダブルクリップ

▲八幡が仕事で使っているイタリア製「サークルクリップ」

▲私のお気に入りのイタリアアレッシー製の「はりねずみ」

 毎日文書を持ち歩いている私にとって、クリップは必需品です。私の使う書類クリップは人とちょっと違っていて、丸形の「サークルクリップ」を使うんです。以前は、ロフト」が扱っていた光沢のある中国製のものを好んで使っていたんですが、製造中止とかで、もう手に入りません。そこで、東急ハンズ」にしかなかったイタリア製のものを使い始めました。また在庫がなくなるといけないので、大量に買い溜めていたんですが、これも今は製造中止となり、手に入らなくなりました。大量に買っていたので、その在庫を大切に大切に使っていますが、今はもう底をついてきました。書類の落とし物をしても、「丸形クリップのついているものは八幡先生の書類だ」ということで、すぐに戻ってくるので、とても重宝しているんです。

 分厚い書類には「ダブルクリップ」も重宝しています。このクリップのことを「バインダークリップ」と呼ぶ人もいますね。文具王の高畑正幸さんが出された『文房具語辞典』(誠文堂新光社、2020年)には次のようにあります。この辞典、最近の『日本経済新聞』において、第1位に選ばれたとてもユニークな辞典です。

 閉口するコの字型の板バネの口端に針金を曲げたハンドルを取り付けたクリップ。ハンドルを背の方に倒しテコとして開口させ、紙を綴じた後は反転させて閉じる。1915年にアメリカのルイス・エドウィン・バルツレーが発明。保持枚数が多く、把持力がとても強いのにかさばらず安価なため、枚数の多い書類を綴じるクリップとしては最も普及している。「バインダークリップ」とも。(p.109)

 なぜこれを「ダブルクリップ」と呼ぶのか不思議でしょう?クリップの持ち手を折りたたんで横から見るとアルファベットのWの形をしています。このW(ダブリュ)がダブルと変化したものらしいんです。この「ダブルクリップ」はテコの力を利用してレバーでクリップを開くようになっています。結局、横から見た形がアルファベットの「W」に見えるから、ダブルクリップ」ということなんですね。一昨年プラスから「エアかる」という「ダブルクリップ」が出て話題となりました。「てこの原理」を応用した新機構により、開く力を従来品比で最大約50%に削減し、空気のように驚くほど軽く開くことができるダブルクリップです。「エアかる」というのは、空気のように軽く開けられるという意味です。⇒コチラに紹介しました

 さて、100均の「ダイソー」は、「ダブルクリップ」の種類が豊富ですよね。季節やトレンドに合わせて様々なデザインの「ダブルクリップ」が取り揃えてあります。サイズは小さいものと大きいものの2種類あり、挟む紙の種類によって選ぶことができます。今日私が購入したのは、「ダイソー」「デザインダブルクリップ」です。書類を挟む部分に色違いで「GOOD JOB!」「IMPORTANT」「CHEER UP!」「LIKE👍」「THANKS」と5種類のメッセージが印刷されており、各2個ずつ計10個入っています。実に可愛らしいのが気に入りました。「ダブルクリップ」は普段使いでも、仕事用にもよく使う文房具なので、たくさん準備しておきたいアイテムです。これ、おすすめのダイソーアイテムです。♥♥♥

▲さまざまな「デザインクリップ」が取り揃うダイソー文具売り場

カテゴリー: 文房具 | コメントをどうぞ

勝田ケ丘志学館が『朝日新聞』に!

 私が英語を教えております米子東高校の中にある予備校「勝田ケ丘志学館」(かんだがおかしがくかん)が、『朝日新聞』に取り上げられました。同紙の折り込み教育誌「EduA」(11月8日付)に掲載されました(写真上)。残念ながら、この折り込み誌は発行地域が限られているために、島根・鳥取では読むことができませんでした(発行地域:東京・神奈川・千葉・埼玉・茨城・静岡・愛知・岐阜・三重・大阪・兵庫・京都・奈良・和歌山・滋賀・・福岡・山口・札幌)。

 しかし11月17日(火)より、ネット上でこの記事の全文(拡大版)を読むことができます。「公立高の逆襲 注目校③勝田ケ丘志学館◆地元の浪人生を支える、米子東高内のもうひとつの「学校」」というタイトルで掲載されています。「志学館」を立ち上げられた山根孝正館長が、設立に至った思い、その果たすべき役割を語っておられます。卒業生のインタビューも載っています。是非ご覧ください。⇒コチラです

「まるで高校4年生でした」と話すのは、京都大工学部へ進学した吉岡重治さん。生徒の8割が米子東高の卒業生なので、ほとんどが顔見知り。クラスをまとめるために毎朝ホームルームを行い、清掃も生徒たちが行う。学校生活は高校の延長だったという。

驚くのはその勉強量だ。授業は朝8時から夜7時まで、1コマ90分授業を中心に時間割が組まれている。休みは月に1回で、土日・祝日も校外模試や授業を行う。

当初は基礎を徹底的にたたき込み、秋から過去問を中心とした演習に集中する。英語や数学などは、東大の過去問も取り上げて思考力を深めたという。大学入試改革をにらんだ受験対策も講じており、朝の45分間は英語のリスニングが日課で、週4日は小論文を書いて記述力を鍛える。「数学など、興に乗れば2時間や3時間ぶっ続けでやった。熱心な先生ばかりで、勉強に対する熱量がすごかったですね」と吉岡さんは振り返る。(記事より)

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

講演内容

◎講演迫る!!

 11月21日(土)14:00~ 八幡成人「大学入学共通テストに向けて~求められるチカラとその指導方法~ 英語は絶対に裏切らない!」のオンライン講演が、いよいよ今週末に近づいてきました。東京の多摩センターからお届けします。講演では、(1)「共通テスト」の正体・狙い、(2)そのためにどのような指導をしたらよいか(特に現2年生)、(3)先生方へのメッセージ、の三つを中心に具体的にお話しさせていただきます。とびきりの資料を用意し、ご指導のご参考になる本や資料もふんだんにご紹介させていただく予定です。ご参加していただいた先生方には、当日のパワーポイント資料に加え、私の最新版冊子『「共通テスト」攻略のために~リーディング編』(カラー版67ページ、写真右)を、無料でダウンロードしていただけるというプレゼント付きの講演です。この資料は、私が松江北高補習科・勝田ケ丘志学館で使用した「解き方・迫り方」の解説プリントです。第2回「試行テスト」を用いて、そのまま演習にご利用できるようになっていますから、「共通テスト」対策に重宝すると思いますよ。あれだけ時間不足で最後までいかずに点の取れなかった生徒たちが、今では見違えるように8割を超えるようになりましたので、効果は実証済みです。まだお申し込みでない先生方は、下記からお申し込み下さい。なお当日ご都合の悪い先生方は、後日録画でご覧いただくこともできます。こちらも、下記からお申し込みいただくことができます。それでは当日、画面でお会いしましょう。♥♥♥

     ▲お申し込みはコチラから

▲私の大好きな「ドトール」で準備中

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

funny uncle

   funny uncleという英語表現をご存じでしょうか?大学生の時に、初めてこの表現に出会った時に、さっぱりわからずに困ったことを覚えています。当時、英語辞典・百科事典を見ても、何のヒントもなく途方に暮れました(当時はインターネットなどもありませんから)。毎日、アメリカの悩み相談の“Ann Landers”Asahi Evening Newsで読む中で、そのヒントが分かり、少しずつ実態が見えてきました。決して、志村けんさんのような「変なおじさん」ではありません。私の集めた以下の用例の一部をご覧ください。

     I’m talking about child sexual abuse, incest and rape by their parents, stepparents, “funny” uncles and neighbors.  ―The Akron Beacon Journal, May 17, 1984.

     Most parents are too embarrassed (or uninformed) to deal with subjects like masturbation and “Funny Uncles” Yes, even in these “enlightened” times. ―”Ann Landers,” November 3, 1978.

     A 15-year-old girl is more of a woman than a child. She is old enough to tell a stepfather, a boyfriend or a Funny Uncle to keep his peapickin’ hands off her body―if she really wants them kept off.―”Ann Landers,” September 3, 1974.

     I want to thank you for openly discussing all human problems―homosexuality, masturbation, abortion, infidelity, kinky sex, sadism, shoplifting, teenage pregnancies, venereal disease, alcoholism, medical problems, drug addiction, wife-swapping, child abuse, “funny uncles”―every conceivable aspect of life. ―”Ann Landers,” February 25, 1980.

     We looked in the Ann Landers Encyclopedia for help under “Molest” and “Funny Uncles,” and we couldn’t find anything. ―”Ann Landers,” November 6, 1979.

     You have helped me understand homosexuality, masturbation, obsessive-compulsive behavior, abortion, kinky sex, transvestism, “funny uncles,” medical problems, emotional problems, sibling rivalry, and made it possible for me to get along with my relatives, neighbors and friends. ―”Ann Landers,” November 24, 1983.

     You have printed many letters about child molesting, “Funny uncles,” etc.―”Ann Landers,” January 7, 1984.

     Say nothing until they come to visit. Then, take that funny uncle side and make it abundantly clear that if you catch him looking sideways at your daughter you will tell the entire family  about his attempt to seduce her. ―”Ann Landers,” February 16, 1985.

 ここまで読むと、何となくその正体が見えてきましたね。次のAnn Landers女史の回答を読むと、その正体が一層はっきりと分かります。

 A “Funny Uncle” is NOT A HOMOSEXUAL. He is a relative who sexually abuses young children. Almost always such a person is heterosexual―as any professional who has dealt with these situations will tell you. ―”Ann Landers,” Dec.19, 1978.

 アメリカ人の中には、こんな表現聞いたことがない、という人や、「変人」(eccentric)あるいは「ホモ」(gay)のことではないかと誤解している人もいるみたいですが(そのような定義もないわけではありません cf. Urban Dictionary)、funny uncleというのは通例、a common euphemism used to refer to a male relative who engages in improperly sexual behavior with younger relatives. Often it refers to  behavior that is not overtly sexual, is felt to have sexual undertones or motivation” という意味の婉曲語法です。イギリス英語ではアメリカ英語ほど一般的ではありませんが、使われてはいるようです。恩師の故・安藤貞雄先生には、このように、ある表現の実態を映す良い用例を集めることの大切さを教えていただきました。「良い用例を集めただけでも賞賛に値する」とおっしゃっておられました。

 先日このブログでも紹介した、私が基礎原稿を一人で書き上げた『新リトル英和辞典』(第5版、研究社、1987年)に(⇒コチラです)すでに、funny uncleと成句を見出しに立て、「親類の子どもに性的いたずらをする男」として収録しています。もちろん、上記のような用例の蓄積に基づいて、原稿を書きました。現在の辞典でもこの句を拾っているものはあまりありませんから、33年も前の当時、画期的なことだったことが感じていただけるかと思います。辞典の仕事というのは、かくも大変なことなんです。私は若い頃はほとんど寝ずに、仕事に打ち込んでいました。♥♥♥

カテゴリー: 英語語法 | コメントをどうぞ

ローソン「坂内食堂」

◎週末はグルメ情報!今週はレンジ麺

 「喜多方ラーメン」は美味しいですよね。大好きです。蔵の街、人口51,000人のこの町に、なんと120 軒ほどのラーメン店がひしめいているそうです。その中でも私の大好きな「坂内食堂」(ばんないしょくどう)は、昭和33年の開店から60年以上を迎えた今も、 喜多方ラーメン「御三家」の一つとして、雑誌やTV等で絶えず取り上げられている人気店です。もちっと食感が決め手の平打ち熟成多加水麺と、あっさりしていながらも、豚の旨みとコクが決め手のスープが特徴です。チャーシュー、ネギ、メンマがトッピングされています。私は以前は、博多・キャナルシティ「ラーメンスタジアム」で、現在は、京都駅「拉麺小路」で、坂内食堂」「肉そば」をいただいています。

 2020年年10月6日に、ローソンが発売したのが、坂内食堂監修 喜多方ラーメン」(税込530円)ローソンでは、全国の人気ラーメン店監修によるレンジ麺シリーズの第1弾として、喜多方ラーメンとともに“日本三大ラーメン”といわれる札幌ラーメン「麺屋彩未監修 札幌味噌ラーメン」(税込530円)博多ラーメン「博多一幸舎監修 博多豚骨ラーメン」(税込530円)の計3品を、各店で専用の売り場を設けて発売しています。ローソンであの喜多方ラーメンが食べられるんです!!“もちっと食感が決め手の平打ち熟成多加水麺と、あっさりながらも、豚のうまみとコクが決め手のスープが特徴”のチルド麺です。名店が監修した商品は、手軽に名店の味を楽しめるのだから、注目度は高まっているようで、「とてもおいしい!」「再現度が高い!」といった高評価コメントをいくつも見ることが出来ます。私も「坂内食堂」のラーメンは何度も食べていますが、まさかローソンで買えるなんて夢のようです! 電子レンジ(500W)で5分加熱する時からいいにおいがします。蓋を開けてみると、透き通ったスープにチャーシューが5枚とメンマとネギが入っているのが分かります。見た目は「坂内食堂」の喜多方ラーメンそのもの。さて、問題は味ですね。スープはあっさりとしたしょうゆ味で、平打ち麺はもっちりとした食感です。チャーシューはとろけるようなやわらかさで、脂身の甘さも◎。見た目も味もお店そのもので、これが530円でいただけるなんて驚きです!別添の「粗挽きブラックペッパー」をかけると、スパイシーさがアクセントになって、また違ったおいしさになりますよ。♥♥♥

カテゴリー: グルメ | コメントをどうぞ

「ダイスやけに逃げやすいだ」

 名クリエーター・菅原 茂(すがはらしげる)さんの最新作(とは言ってもずいぶん前に作られたものですが。平成25年11月発表)ダイスやけに逃げやすいだ」「セオマジック」で手に入れました。タイトルからして、前から読んでも後ろから読んでも同じ「回文」となっている所が面白いですね。箱のなかでサイコロが棒を貫通してしまうという現象です。穴のあいたサイコロに棒を通します。サイコロを指で軽く回転させ、間違いなく穴があいていることを示します。今度は箱を取り上げて、口を観客の方に向けて示し、普通の木箱であることを証明します。箱の底にも両方に横向きに穴があいています。この箱の底に先ほどの穴のあいたサイコロを落とし入れます。箱の側面の穴から、木の棒を通します。そのまま逆さにしても、当然のことながら、棒に貫かれたサイコロは落ちてきません。しかし、おまじないをかけて指で軽く弾くだけで、サイコロは棒をスルッとすり抜けて箱から抜け出てきます!箱から棒を抜き取って終わります。演技動作の中に一切怪しい動きはありませんし、余分な物などは一切使用しません。一見シンプルな現象ですが、効果は絶大です。これぞ、「貫通マジック」を得意とする菅原さんならではのアイディアと感心しました。

 (株)テンヨー時代から「貫通の菅原」として有名だった菅原さんのレクチャーを、岡山駅前の「手品屋」で受けたのが今から5年前。⇒その時のレポートはコチラです 次々と繰り出される不思議な貫通作品にため息の連続でした。以来、新作が出る度に買い求めています。菅原さんはレクチャーの中で、「自分の作品は、東急ハンズに売っているような材料で、みなさんでも簡単に作れるものばかりですよ」とおっしゃっておられましたが、とんでもない、真似など絶対にできません!♠♣♥♦

▲菅原さんと一緒に岡山で

カテゴリー: マジック紹介 | コメントをどうぞ

小田さんのリメイク

 大好きな小田和正さんがかつて、『Looking Back』(1996年), 『Looking Back2』(2001年)で、昔の自分の楽曲をもう一度アレンジし直して発売し、話題になりましたね。このアルバムは単なる「セルフカバー集」とうたった企画盤ではなく、ましてやベスト盤でもありません。このアルバムは小田さんが「オフコース」時代のアレンジに納得いかなかったものを、もう一度自分なりに納得のいく用に手直ししたリメイク・アルバムなのです。タイトルである「Looking Back」(回想)に示されている通り、自らの過去の曲を振り返り、納得のいかない部分・別のアレンジができる部分を、悔いの残らないように修正したのです。実際、リメイクの出来に小田さんも満足していたようですね。「なぜ昔の名曲をあえて作り直すのか?」という質問に対して小田さんは、「純粋に音楽的な問題なんだ。楽器や録音機材の問題とか、まだ音楽的にいろんな方法論を持ってなかったせいで、サウンド面で納得できない部分が出て来ちゃったんだよ。あるいは「なんでこんな歌い方をしたんだろう?」っていうヴォーカル面での後悔とかね。要するに、自分の至らなさへの納得できない気持ちが、時が経つにつれて大きくなっていったってことだな。で、だんだんその納得できない気持ちを、なんとか解消したくなってきたんだよ。」と。例えば、名曲「僕の贈りもの」は、これまでのアレンジとは一転、子供たちの可愛らしいコーラスが印象的でポップなナンバーに仕上がりました。

 名曲として受け止める私たち聴き手と、作り手側である小田さん本人との間にこんな温度差があったとは、ビックリしたものです。ちょうど作家の井伏鱒二(いぶせますじ)が、名作「山根魚」のラストシーンを書き換えたのと似ています(理由は「だってかわいそうじゃない」でした)。あれは自分に対しての言い訳だから。やればもっとできたんじゃないかなっていうね。」「人生はやり直しがきかないけど、やり直せるならそうしたい、という想いから始まったんだよ。」と。高校時代は野球部で外野を守り、東北大学工学部で建築を専攻し、早稲田大学の大学院まで行った、理系の小田さんらしい言葉ですね。

 「もしこれが人生だったら、やり直そうにも、そんなことは不可能だ。昔、好きだった女がいたとしても、再び愛そうとしても、もうその女は、誰かと結婚しているかもしれないし。でも、自分の楽曲なら、誰にも口出しされずに、アレンジはおろか歌詞まで直してしまうことが出来るのだ。そこまでいったら、タイトルを変えたっていい。すごく嫌だな、この歌詞、嫌だな、というのは、あるんだ。あ、あの部分のアレンジ、嫌だな。すごく多い。その時は、それしか浮かばなかった。どう解決していいかわからなかった。でも、今なら…」小田さん。

 「そういや井伏鱒二が、何年か前、『山椒魚』のエンディングを書き直したんだよ。きっと、ずっと気になってたんだ(笑)。それを、批判した奴もいた。”できあがった作品に手を加えるなんて”。でも、作ったほうは自分の作品なんだし、そんな批判、関係ない。そもそも完璧な作品なんて、みんな作っていないんだから、どんな作家だって、”ここは変えたいなぁ”というのが、一つや二つ、あると思うんだ」  ―小貫信昭『Yes-No 小田和正ヒストリー』

 小田さんの気持ちは、本当によく分かります。私もたくさんの物を書いてきましたから、今ならもっとよく書けるのに、こうしたらもっと分かりやすく伝わる、という思いは常にあります。もしチャンスをいただけるのであれば、手直ししたい本もいっぱいありますから。でも全部が全部、リメイクがいいかというと、必ずしもそうでもありません。例えば、私が大好きな名曲「Yes-No」は、断然オリジナルのアレンジが好きですね。

 当時の小田さんの発言で、私がびっくりしたのは、彼の数々の素敵な歌の詩は、なんと「お風呂」で書くというのです。みんな風呂は体を洗ったり、チョット考え事をする場所ぐらいに思って、本格的に創造する場所とは思っていないかもしれないけど、自分が思っている以上に解放されるね。「今回はダメだろうな」と思っても、風呂に入るとなぜかサーッと書ける」とご本人。実は、私も論文や本や教材のアイデアは、お風呂で出すことが多いんです。八幡家自慢のパナソニック製お風呂で、のんびりと「ジャグジー」に当たりながら、ヒーリング・ライト」をつけて、温泉効果の「美泡湯」の中で瞑想にふけることがよくあります。そんなときに、不思議とひらめいたりするんです。私にとってお風呂は、アイデアの宝庫と言ってもいいでしょう。数年前、「ジャグジー」「美泡湯」がスイッチを入れてもウンともスンとも動かなくなり、修理に来てもらいました。ユニットごと交換してもらったので、とても高くつきました。「もうこのお風呂は製造していないので、部品もないから直せない、大切に使ってください」と釘を刺されました。以来、気をつけて優しく使っています。

▲八幡家自慢の「パナソニック」製お風呂

 文章を練るときに、最も名案が浮かぶのは「三上」であると、中国の昔、欧陽脩という人が言っていますね。すなわち、「枕上」(=寝ているとき)「鞍上」(=馬に乗っているとき、現代ならば通勤電車の中)「厠上」(=トイレで用便中)の三つです。これらには、「他にすることがなく体がゆるやかに拘束されている状態」(外山滋比古)という共通点があります。私ならば、これにお風呂で大発見をしたアルキメデスならぬ「湯上」(=お風呂)を付け加えたい気持ちですね。❤❤❤

【追記】 小田さんは去る9月20日に72歳(!)になられました。古希をはるかに過ぎてあの歌声。信じられません。あの高い声については、100年インタビューで「オリジナルに近い感じでファンは聞きたいわけだから、その期待は裏切りたくない」ときっぱり。キーを下げなきゃ歌えなくなったら、潔く身を引くのがいいなって、ぼんやり思っているんだけど」と、こだわりをのぞかせた小田さんです。質問は、引退にも及びましたが「へへへって書いておいてください」と照れ笑いでごまかしました。

カテゴリー: 私の好きな芸能人 | コメントをどうぞ