タイガー戸口の「キウイロール」

 日本プロレスに入門し、単身米国武者修行で「ヒール」(悪役)としてトップとなり、「週1万ドル」を稼ぐアメリカン・ドリームを実現したタイガー戸口(71歳)キム・ドクとして大木金太郎(キム・イル)との韓国師弟コンビで、全日本プロレスジャイアント馬場ジャンボ鶴田の師弟コンビを撃破し、インタータッグ王者にも輝きました。その後、タイガー戸口として、馬場鶴田に次ぐ第3の男として、全日本プロレス入りしましたが、途中、アントニオ猪木新日本プロレスに電撃移籍。裏切り者として、馬場さんの存命中は、全日本のリングに上がることは絶対に許されませんでした(こういう点で馬場さんは厳しかった。「裏切り者」は絶対に許さないのです)。

 今年2月19日の「ジャイアント馬場没20年追善興行~王者の魂~」(東京・両国国技館)では、悪役のキム・ドクとして、第1試合の「ジャイアント馬場メモリアルバトルロイヤル」に出場を果たしました。71歳まで現役を続けているからこそ、恩讐を超えたいろんな出番があるということに感謝していると語っていました。心臓が悪く、最近引退を表明したようです。このタイガー戸口初の自伝が『虎の回顧録 昭和プロレス暗黒秘史』(徳間書店、2019年)です。馬場さんへの不満やら、語られることのなかったエピソード満載で実に面白かった。

 1978年9月13日愛知県体育館で行われたUNヘビー級選手権試合、王者ジャンボ鶴田対挑戦者キム・ドク(タイガー戸口)の試合が行われました(ジャンボの引き分け防衛)。1本目にドク鶴田からギブアップを奪いますが、このときに見せたのが「キウイ・ロール」です。ゲスト解説の竹内宏介さんが技の名前を「キウイ・ロール」と紹介しますが、実況をしていた倉持アナウンサーは、初めて見る技だったので、竹内さんの言った技の名前を「キーロール」と聞き間違えてしまいます。解説の山田さんからもこの技の由来の紹介がありました。

 これは、かつて新日本プロレスにも来日した覆面レスラーのレッド・ピンパネールの得意技です。素顔のアベ・ヤコブとして日本プロレスにも来日しました。当時新日本プロレスの外国人ルートが無い時に、カール・ゴッチが招聘しました。アントニオ猪木ゴッチから奪取した世界ヘビー級ベルトにも1度挑戦したこともあるレスラーでした。「キウイ・ロール」は、レッグロックの状態から後向きに後転してグルグルと回る技です。アベ・ヤコブカール・ゴッチが招聘したレスラーでしたから実力者でした。

 今では使い手が誰もいませんから、ほとんど知られていません。もうちょっとこの技に触れておこうと思います。うつ伏せにした相手の膝の裏側に、自分の膝をのせて体重をかけ、その足を取って曲げ(自分の膝をテコの軸に)捻るように固めます。この時点で「レッグロック」という、基本技になりますが、その体勢から足を固めたまま、後ろ向きにでんぐり返しをします。相手は足を固められたまま、横向きに回転させられるわけです。一回転すると元の体勢に戻ります。この時、相手の膝裏に自分の膝で体重をかけて捻るのがコツ。また後転します。この繰り返しです。テコの原理でどんどん膝が締め付けられ激痛が走ります。ジャンボ鶴田も、堪らずギブアップしてしまいました。初めてこの技を見たこの試合のことが、無性に頭に残っていて、今でも鮮やかに蘇ってきます。この選手権試合がユーチューブで公開されています。12分頃にこの「キウイロール」で決着します。♥♥♥

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

「バックシャン」

 年末からお正月にかけて、峰 隆一郎(みねりゅういちろう)さんのトラベル・ミステリーをまとめて読んでいましたところ、バックシャン」という、耳慣れない言葉が出てきました。

 高級な女だろう。歩き方もきれいだ。もちろん、こんな女とは縁がない。バックシャンというのがある。もう古い言葉になってしまった。後ろから見て美人ということだ。バックシャンは顔を見てはならない、という。顔を見ればがっかりするからだ。  ―峰 隆一郎『四国発「瀬戸」殺人夜行』(廣済堂ブルーバックス)

 「むかし、バックシャン、って言葉があった。後ろから見れば、すごくいい女だ。前に回れば、ブスだったりして。尾戸さんは後ろからも前からもシャンだ。シャンとは美人だということ。もう古い言葉だよね」「あたし、バックシャンなの」「そう、後ろから見てもいい女だ。足も長くてきれいだし、腰も細い。柳腰だね」「ほんとに」  ―峰 隆一郎『寝台特急「瀬戸」鋼鉄の棺』(講談社ノベルス)

 上の記述からも分かるように、バックシャン」というのは「魅力的な後ろ姿の女性」という意味です。後ろ・背中(背部)」といった意味の英語“back(バック)”と、美しい」という意味のドイツ語“schoen(シャン:左記は英語表記。独語表記ではschon(oの上にウムラウトが付く)と書く)”の合成で、「和製英語」の一種です。ただし、後姿だけが美人(後姿だけで期待したほど顔は良くない)といった否定的なニュアンスが強く、褒め言葉として使われたものではありません。当時は、正面から見ても美人という意味の反対語「トイメンシャン」という言葉もありました。しかし、「シャン」という言葉自体が使われなくなり、バックシャン」も今では死語となっています。誰も知らない言葉です。♥♥♥

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

「横浜ホテルニューグランド」のフルーツケーキ

◎週末はグルメ情報です!今週は復活を望むフルーツケーキ

ホテルニューグランド 横浜港から吹く風は遠く異国へのイメージを増幅させ、古く重厚なたたずまいを見せる建造物に、ヨーロッパの匂いを感じます。その最も横浜らしい街、山下町に、港のうつろいを見つめ続け、ついに80年を迎えるようとするホテルがあります。ホテルニューグランド」です。昭和初期に誕生したこのヨーロッパスタイルの正統派ホテルは、大切に磨きあげられた宝石のように深く輝き、かつ 毅然としてそこに存在しています。あのマッカーサー元帥やチャーリー・チャップリンも泊まった、伝統と格式のあるホテルで、fruit cake歴史とともに歩み、彩られた不朽の名門ホテルです。そのクラシカルなたたずまいから、映画のロケにも多用されるホテルです。

 私は、昔からここのホテルの「フルーツケーキ」が大好きです。ラム酒にじっくり漬け込んだ各種ドライフルーツを、贅沢に混ぜ込んで焼き上げたフルーツケーキです。ナッツの歯ごたえがマッチした、しっとりと奥深い味わいが魅力でDSC02130す。私の中では、フルーツケーキ・ナンバーワンの商品です。冷蔵庫に1・2時間ほど寝せてから食べると最高です。クルミとレーズンとチェリーがたっぷり入っていて本当に美味しいケーキです。開封するとラム酒のふくよかな香り。同封の説明書には2時間ほど冷やして召し上がると美味しいとありました。生地は舌で押しつぶせそうなほど柔らかで、しっとり感もふんだんに。ほんのりハチミツ風味がする上品な味わいです。練り込まれているのは、チェリー、レーズン、いちじくなどのドライフルーツ。そして胡桃。どれも大粒で素材の良さがダイレクトに伝わる存在感。その上、噛むほどにジワリとラム酒が滲み出て来ます。甘すぎない大人味。オーソドックスながら非常にラグジュアリーを感じさせます。ウマイなぁ♪

 松江駅隣の一畑百貨店「横浜中華街展」をやっていて、この「フルーツケーキ」が出品していました。早速2本買って帰りました。1本は私が食べ、1本は久しぶりにお見えになった友人に差し上げて喜んでもらいました。

DSC02129
 この記事の原稿を書いていたのが、今から4年前。今ではこのケーキ販売されていません。ホテルで作らなくなったみたいです。ぜひ復活して欲しいと思っているんですが…。これ、めっちゃ美味しいんです。♥♥♥

 

カテゴリー: グルメ | コメントをどうぞ

ピエール・カルダン

 日本の三陽商会が英国・バーバリー社と手が切れてしまったために、(⇒私の解説はコチラです)もうバーバリーのネクタイを買うことができなくなりました。全国の大きな百貨店に行けば、必ずバーバリー・レーベルの売り場があって、重宝していました。気に入っていただけに残念です。ということで、代わりを見つけないといけません。そういうわけで、私が次に選んだのが、「ピエール・カルダン」でした。

 ピエール・カルダンという男がやってきたことは、数知れません。「モードの民主化」と呼ばれたプレタポルテを誰よりも先駆けて始め、デザイナーで初めてライセンス・ビジネスを興し、インテリアから車、ジェット機まであらゆるライフスタイルに関わる商品をデザインし、中国で、ロシアで初めてファッションショーを開いた男です。実業家としてパリの高級レストラン「マキシム」も経営し、自ら芝居をプロデュースする男はモード界で初めて、そしてただ一人「フランスアカデミー」会員に選ばれ、ユネスコ名誉大使として忙しく世界を飛び回っています。そのブランドです。岡山「高島屋」に売り場があるので、そこでまとめ買いをしています。私の大好きなブルー系のネクタイが結構あって、バーバリーほどではありませんが、気に入っているところです。♥♥♥

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

バーバーリー~三陽商会の落日

 イギリスの高級アパレル・ブランドの「バーバリー。有名ブランドには全く興味・関心のなかった私が、以前、ロンドンに行った際に、一緒に行った仲間の女性陣たちが高級ブランド・ショップに入ったきりなかなか出てこない。仕方なく時間つぶしに入ったのが「バーバリー」のお店でした。値段も日本よりもかなり安くて、素敵な色合いの商品(マフラー、ネクタイ、セカンドバッグ、小物)がいっぱいあったので、まとめ買いをして帰国したのが、初めての出会いでした。以来長く愛用していますが、やはり高級品は長年使っても質が落ちず飽きが来ない。ということで、私は熱狂的な「バーバリー」ファンになったのでありました。日本人にとってなじみの深いこのブランドは、アパレル・メーカーの「三陽商会」が、日本でのライセンスを取得して、半ば独占的に販売してきました。ただし、数年前にライセンス契約の継続が困難になり、商品が作れないことになってしまいました。全国に300店舗以上あった百貨店等の「バーバリー」の売り場が消えてなくなってしまいました。私は「バーバリー」のネクタイを買うことができずに、困り果てています。

 「バーバリー」は、タータンチェック柄で知られる英国発祥のアパレルを中心としたブランドです。三陽商会」「バーバリー」を取り扱い始めたのは1960年と約60年前。プチ富裕層のハートをがっちりとつかみ、百貨店にとっては欠かせないブランドになっていました。「バーバリーなくして三陽商会なし」といわれるほど、「三陽商会」「バーバリー」事業に依存しており、売上高、営業利益の半分近くをバーバリー事業が生み出していたと見られていました。ところが、英国のバーバリー社は、三陽商会の思いをよそに、かねてから日本事業の見直しを検討していました。というのもブランド戦略として、単なるアパレル・ブランドではなく、ルイ・ヴィトンのような総合ラグジュアリー・ブランドの方向性を打ち出したのです。日本のように、比較的安価な価格設定の地域ブランドを野放しにしておくと、ブランド全体の価値を毀損することになりかねない。すでに日本以外に残っていた地域ブランドの廃止はほとんど終わっており、最後に残ったのが日本だったのです。実際、2009年には「バーバリー」からの申し入れで、ライセンス期間を5年間短縮して2015年までに見直すなど、徐々に外堀を埋められていました。バーバリー」はその後、三陽商会」は使わず、自前の直営店を出店していく方針で、すでに10店舗以上の直営店があります。三陽商会」「バーバリー」のライセンス契約が切れたのは2016年6月。経営陣は、他のブランドでなんとか埋め合わせはできるだろうと、当初はのんびりと構えていたようです。ところがそれ以降、業績悪化に歯止めがかかりません。最新の2018年度の営業損益は21億7,600万円の赤字(前年同期19億700万円の赤字)、経常損益は19億5,000万円の赤字(前年同期19億4,100万円の赤字)、親会社株主に帰属する当期純損益は8億1,900万円の赤字(前年同期10億2,500万円の赤字)となり、これで3年連続の大赤字です(2019年も赤字を出し社長が降格になったとか)。

 「三陽商会」が厳しい状況に立たされているのは、アパレル業界の誰もが認めるところなんですが、その経営陣にはあまり危機感が感じられないと言います。業界からは当時「バーバリーの名称が使えなくなるのにあまりにも楽観的で、開いた口が塞がらない」と酷評されていました。これだけずっと大赤字を出しているのに、今でも平気で「黒字化の予定」とか言っておられますものね。

 私が感じていることは、「三陽商会」は、「バーバリー」の絶大なブランドのもとで胡坐をかいていたので、マーケティング能力もブランディング戦略も、明確なものを持っていないように思われます。先ごろ発表された戦略も、あまり効果を見込めるようには思われません。バーバリーのライセンス契約を切られて以降、全ての戦略は的外れでトンチンカンで、正直今後にも期待できないと感じています。黒字を見込んでいると自信をのぞかせていますが、楽観的に過ぎます。このままでは、経営破綻してもおかしくない現状と思われます。このようにトップが迷走すると、会社全体がおかしくなっていきます。すべてはリーダー次第ということです。学校を見ていても同じことを感じます。♠♠♠

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

利益三分主義

 サントリーの創業者鳥井信治郎(とりいしんじろう)さんは、人のやらないことを「やってみなはれ」というチャレンジ精神で有名ですが、創業の理念として、「利益三分主義」を掲げました。事業による利益の3分の1を顧客」に、3分の1を社会」に還元し、残り3分の1を事業拡大」に使うというものでした。企業が得た利益を自社の発展のために使うのみではなく、社会や顧客に還元するという精神です。事実、信治郎は経営に余裕が出た後に、戦災で苦しむ人々のために奉仕し、苦学生へ学資を援助しました。社会福祉と奨学資金のために寄付をしても、そのお金の出所を相手に知られないように細かい配慮をしていたと言われています。

 この「利益三分主義」は、今でも継承されています。東京・赤坂にある「サントリーホール」は、1986年にオープンした東京初のコンサート専用大ホールですが、二千人あまりの客席がステージを取り囲む形式を採用しています。「世界一美しい響き」をコンセプトに開館しました。都心の一等地であるために年間の赤字は、当時で十億円になるそうですよ。完全な奉仕の事業であることが分かりますね。1961年に出来、2007年にリニューアルオープンした「サントリー美術館」もサントリーの社会貢献の一つです。「美を結び美をひらく」というミュージアムメッセージを掲げ、さまざまな活動を展開しておられます。

 鳥井信治郎さんが行った最初の社会貢献活動が「邦寿会」です。貧しい人々のために1921年に大阪西成区に今宮診療所を開設して、無料診療と投薬を行ったのが活動の始まりでした。この活動は戦時下にも継続され、戦後も新たに必要とされた海外引き揚げ者のための寮や戦争未亡人のための母子寮などを開設しています。その後特別養護老人ホームや保育園、福祉施設、訪問介護、居宅介護支援など、幅広い活動を続けておられます。

 創業者・鳥井信治郎さんの「利益三分主義」は、戦前からの社会福祉活動に加えて、「美術・音楽を中心とした芸術文化の振興、学問の振興などによって、生活文化の豊かな発展に寄与する」ものでした。この精神は時代の変化を応じて、活動を進化させてながら、世代を超えて受け継がれています。上場にはメリットだけでなくデメリットもあります。最近よく耳にする敵対的買収もそのひとつでしょう。また上場した場合、費用もかかるし、その維持費用もかかります。その中で最も大きいのは、会社が「株主」のものになる、ということかもしれません。上場しなくても資金に事欠くことなく、優良企業と評価を得ている企業は少なくありません。上場しているか否かは、企業の優劣には関係がないという事と、それぞれの企業の選択という事でしょう。

 最近、孫 正義さんのソフトバンクが大赤字を計上しましたが、携帯電話の会社だと思っていたら、彼の会社は今や投資会社と化していますね。やり過ぎなくらい投資をして儲けに走っている図式です。野球のソフトバンクホークスには、十分過ぎる投資をしてその成果も十分発揮されていますが、もうちょっと社会奉仕に心を砕いてもらえないかな、というのが率直な印象です。♥♥♥

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

underpants

 以前に、ジョージア大学で行ったunderpants(下着)のアンケート調査結果です。被験者は同大学の学部生・大学院生です。

◎ underpantsをはくのは誰でしょうか?
男性 9           女性 6          両方 13
その他 子供だけ 5     自分の語彙にはない 3

  この結果だけから見ると、underpantsは男・女用共に用いられると思われますね。ところが、私たちの編集顧問、米語の専門家ジョン・アルジオ博士にお尋ねしたところでは、underpantsという語は、もはや現代アメリカ英語では、男性・女性の下着に使われる一般的な語ではなく、子供用下着に使われるのが普通とのことでした。男性に使うとした9名、女性に使うとした6名は、本当にこの語を自分で使っているのか?博士は懐疑的です。ここら辺はまだ辞書の記述が追いついていないポイントです。

 イギリス英語の立場より、同じく編集顧問のロバート・イルソン博士は、LDOCE2“esp. for men”というレーベルに注目されて、女性用にも用いられている実態を指摘されました。同僚のSylvia Chalker博士も、最近女性用に用いられた例を見たと言っておられたそうです。

 『ライトハウス英和辞典』(研究社)では、「《米》では男女両方,《英》では普通は男性用というきわめて正確な注記が入れてあります。フェイバリット英和辞典』(東京書籍)の「(特に男性用の)パンツ,ショーツ」のような示し方は、英米をごっちゃまぜにしている点、日本語では男性用を普通はショーツなどとは言わない点、誤りです。ジーニアス英和辞典』(大修館)の「《米》パンツ《男性用・女性用の下着》;《英》(男性用)パンツ」は《英》用法を割り切りすぎという不備があります。オーレックス英和辞典』(旺文社)の「《英》では男性用を指すが、《米》では男女両方のものをいう」や『ウィズダム英和辞典』(三省堂)の「《英》では男性用、《米》では男女両方のものをさす」も同様です。 その意味で『スーパーアンカー英和辞典』(学研)のように、「パンツ(男性用・女性用下着)」と、くくってしまうのも、一つの優れた見識かとも思います。

 来年から始まる新しい英語の「共通テスト」では、「イギリス英語」の出題の可能性が予告されています。発音、文法、語彙、意味などにその違いが認められますが、現場の新しい課題ではあります。私は、そんなに目くじらを立てるほどのことではないと考えていますが、教師が頭の隅に置いておかなければいけない事項だとは思います。♥♥♥

カテゴリー: 英語語法 | コメントをどうぞ