祝・原 辰徳監督!

 私の大好きな巨人軍が9月11日、ヤクルト14回戦(東京ドーム)に2-1で勝ち、原 辰徳監督(62歳)が、球団単独最多となる監督通算1067勝目を挙げました。巨人歴代1位の通算1067勝を達成した試合後にはお祝いのセレモニーが行われ、オーロラビジョンには、長嶋茂雄終身名誉監督(84歳王貞治ソフトバンク球団会長(80歳、そしてジョー・トーリ元ヤンキース監督(80歳)からのビデオ・メッセージが流され祝福を受けました。監督としての通算勝利数を1067勝(798敗62分け)とし、川上哲治元監督の1066勝を上回る球団最多勝利を達成しました。プロ野球全体では11位。原監督は試合後のインタビューで「先輩として燦然さんぜんと輝く神様・川上監督を超えられたのは信じられない。心の中の宝物にして、さらに精進、そして挑戦していきたい」と語りました。本当におめでとうございました!!

 川上監督時代は、「ONがいれば誰が監督をやっても勝てる」などと、嫉妬交じりの皮肉を言われましたが、決して油断・慢心することなく補強を続けていました。人間教育」を第1に掲げた川上監督でなければ、V9なんて達成できなかったでしょう。⇒コチラ「川上哲治監督の偉大さ」と題して詳しく偉業を書きました   原監督も、第2次政権では、阿部慎之助という不動の捕手がいるにもかかわらず、實松一成鶴岡一成という他球団の2番手捕手をトレードで獲得しました。これは、阿部にアクシデントがあった場合のバックアップ要員でしたが、昨年は小林誠司大城卓三宇佐見真吾という伸び盛りの選手がいる中で、炭谷銀治郎を獲得。批判の声もありましたが、若手投手の成長にもつながり、戸郷翔征など、若い投手陣の潜在能力を引き出す役割も果たしました。まるで川上監督を彷彿とさせる補強が功を奏しています。1シーズンあたりの平均勝利数を出してみると、実は、原監督が第1位なんですよ(78勝)。

・原 辰徳/1シーズンあたり平均78勝/1063勝798敗61分(14シーズン目途中)
・鶴岡一人/1シーズンあたり平均77勝/1773勝1140敗81分(23シーズン)
・川上哲治/1シーズンあたり平均76勝/1066勝739敗61分(14シーズン)
・水原 茂/1シーズンあたり平均75勝/1586勝1123敗73分(21シーズン) 
・西本幸雄/1シーズンあたり平均69勝/1384勝1163敗118分(20シーズン)
・王 貞治/1シーズンあたり平均69勝/1315勝1118敗74分(19シーズン) 
・星野仙一/1シーズンあたり平均69勝/1181勝1043敗53分(17シーズン)
・長嶋茂雄/1シーズンあたり平均68勝/1034勝889敗59分(15シーズン)
・上田利治/1シーズンあたり平均66勝/1322勝1136敗116分(20シーズン)
・野村克也/1シーズンあたり平均65勝/1565勝1563敗76分(24シーズン) 
・三原 脩/1シーズンあたり平均64勝/1687勝1453敗108分(26シーズン)
・別当 薫/1シーズンあたり平均61勝/1237勝1156敗104分(20シーズン) 
・藤本定義/1シーズンあたり平均53勝/1657勝1450敗93分(31シーズン)

 今年のジャイアンツは、今日現在で貯金25、2位に11.5ゲーム差をつけてマジック35まで点灯し、ぶっちぎりの独走状態です。原監督の操縦は見事という他ありません。私は仕事をしながら、毎晩のナイター観戦が楽しくてしょうがないのですが、八幡なりに、今シーズン好調の要因を考えてみたいと思います。

①サカ・マル・オカの復調

やはり今の巨人軍を支えているのは坂本、丸、岡本、この3人です。一時不調な時期もありましたが、この3人の誰かが打線を支え続けました。下位打線の中島、大城、吉川尚の好調も機能しています。

②盤石の投手陣

先発の菅野(11連勝中)、戸郷が好調なのに加えて、残りの投手陣もチーム内での競争に勝ちながら、9月の防護率はリーグ1位の2.23です。リリーフ陣も、新戦力の高梨、大江鍵谷や、配置転換で活躍を始めた大竹、万全のストッパー中川デラロサと、チームの勝利を支えています。

③鉄壁の守備陣

今年のジャイアンツは失策が本当に少ない。岡本、坂本、吉川尚の内野陣を始め、今季71試合で総失策数がリーグ最小の16です。この三人の守備は安心して見ていられます。投手も含めて、守りがしっかりしていることを見逃すわけにはいきません。さらに、ジャイアンツは、12球団で唯一キャッチャーのパスボールがないんです。安心感というところでは、ピッチャー心理としては大きいですよね。こんなところにも巨人軍の強さが見られるんです。

 ▼ 9月12日終了時点の12球団の捕逸数 
【セ・リーグ】 
0 巨人 
2 阪神 
3 ヤクルト 
4 広島 
6 DeNA 
6 中日 

【パ・リーグ】 
2 ソフトバンク 
2 ロッテ 
2 オリックス 
5 楽天 
6 西武 
7 日本ハム

④選手のマネジメント

今年のジャイアンツのブルペンは無理をさせません。今季は特殊な日程で連戦も多く、コンディションを維持するのは大変なことです。目先の勝利にとらわれず、3連投をさせることはありません。先発投手もまだ余力がある段階で代えて、必要以上に選手に無理をさせない方針で一貫しています。体調の悪い主力選手も早め早めに代えて休ませています。ナイターから翌日のデーゲームでは、連戦の疲労を考えて試合前の全体練習を行わないなどして、過密日程を乗り切りました(13連戦を10勝1敗1分け1試合中止)。

 9月15日(火)の『読売新聞』には、原監督×島耕作の対談が掲載され、そこで原監督は、監督としてのマネジメントに関して、次のように述べておられました。なるほど!

監督として、選手の起用に関しては実力至上主義を貫いています。力のある選手を選び、スターティングメンバー、1軍メンバーに起用する。私情は一切はさまず、物差しは「実力」だけだと、選手に伝えています。この原則がないとチームの輪というものは守れません。

組織が同じ目標に向かう中で、監督、コーチはチームを勝たせる、プレーヤーはいい成績を残す。裏方やフロントの人たちにも、それぞれの役割があります。その役割に対して汗をかこうという人が集まらないと、いいチーム、強いチームにはなりません。ジャイアンツという組織は、全員でも200人程度のメンバーですが、やっていることは大きいという自負はあります。

 『日刊スポーツ』の9月18日付けには、原巨人の強さを深掘りした特集記事が組まれました。そこにはこんな言葉が載っています。まさに名言です。

 原監督は言う。「チームの“和”を保つには絶対的な実力至上主義が必要」。能力はもちろん、練習態度やチームへの献身を重視し起用する。当たり前のようだが、この見極めが難しい。チームの細部まで見極め、決断する。「責任はすべて監督にある」という言葉は、どのチームの監督も使うが「本当にそう思っているの?」と勘ぐりたくなる監督は多い。実績がなければ言葉の重みも違ってくる。20年の巨人は、だから強い。

◎指揮官は選手の「負けざま」を見ている!

 これだけの実績を残しながら、その手腕については、名将」と讃えられた先人に比べ、なぜかイマイチ評価が低いのが気になります。「各チームの主力をFAで引き抜ける、金満球団だから勝てているだけだ」と、必ず枕詞がついて語られます。果たしてそうでしょうか?そうした世間の評価に対して真っ向から異を唱えるのが、2020年7月に、『監督 原辰徳研究』(徳間書店)を上梓した、野球解説者の江本孟紀(73歳)さんです。実に面白く読みました。その中で、江本さんの「若い選手を一軍で起用するうえで、最も大切していることは?」と聴かれた原監督は、こんなことを言っておられました。ここら辺の「愛情」と「厳しさ」が、原監督の快進撃を支えています。♥♥♥

 「目」ですね。ギラギラしている「目」をしているかどうか。ここは常にチェックしています。投手であれ、野手であれ、うまくいくときもあれば、失敗するときもある。投手であれば打たれてノックアウトを食らうこともあるでしょうし、野手ならばエラーをしたり、三振をしてしまうことだってあるでしょう。ある意味、それは仕方のない部分もあるので、そのことだけで私は選手をとがめるようなことはしません。問題はその後、ベンチに戻ってきたときの表情です。「今にみていろ」とリベンジに燃える目をしているかどうか。ここがあるのかどうかが大切です。失敗したときの、「選手の負けざま」というのは常に目を光らせて見ています。もし失敗したときに、魚の死んだような目をしているようであれば、「もう一度、ファームで鍛え直してこい」と言います。その点は、「容赦ないな」と言われても、仕方のないことかもしれませんが、私はそのことを徹底しています。

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

文科省の杜撰さ

 来年から始まる新しい「共通テスト」の要項が、こんな箱に入って松江北高に送られてきて、笑ってしまいました。国の組織としてはあり得ないような笑い話です。ちょっと見れば、誰でも気づくじゃないですか。チェック機能が働いていないのが、今の文科省なのか?!「願書」の中身に関しても、現場にいっさい丸投げしている箇所もあり、批判が強まっています。

 「共通テスト」の細部に関しても、大枠が発表されて以降、小出しに小出しに、次々と変更が加えられていきます。外部試験」実施の延期に始まり、複数解答」の設問の変更リーディングにもイギリス英語出題の可能性リスニングの第3問の1回読みへの変更、と。これだけの大きな試験を実施するにあたり、このような後出し変更はちょっと考えられません。その度に、現場が大混乱します。勘弁してほしい。現在行われている模擬試験も、対応が追いついていません。

*******************

 最近、松江北高でも実施された、「大学入学共通テスト第1回ベネッセ・駿台マーク模試 英語(リーディング)」の第5問の問4(めちゃくちゃ難しい)において、与えられた選択肢A~Fを選ぶ解答の正しい組み合わせの中に、なぜか選択肢のEがいっさい漏れてしまっているのは一体どういうことでしょう?(気づいた生徒もいます。「Eを読まなくていい、ラッキー!」と言っていました)Eが可哀想!〔笑〕数十万人が受験するこの模擬試験でも、このありさま。チェック機能が働いていないのは、文科省と同じですかね〔笑〕。♠♠♠

カテゴリー: 英語指導に関して | コメントをどうぞ

『LEAP』の素晴らしさ

 竹岡広信先生の英単語集『必携英単語 LEAP』(数研出版)が素晴らしい出来映えの書物であることは、もう何度も述べてきました。私は発刊時から、米子東高校に新たにできた浪人生クラス「神田ケ丘志学館」ですぐに採用して、今日に至っています。毎時間演習に使っているんですが、毎回新発見があります。竹岡先生の頭脳がぎっしりと詰まった、まさに学術的な単語集ですね。最近このブログでも取り上げたrespectableを引いてみると、「(人・家庭などが)ちゃんとした」となっています。さすがですね。この単語集、米子東高校の現役生も、今年から採用となっています。⇒私の解説はコチラコチラにあります

 出版社によれば、この本の主な特徴は次の通りです。私のコメントを付しました。

1.Active Vocabulary(発信語彙)とPassive Vocabulary(受信語彙)の分類
1,935の英単語をwritingやspeakingで「使いこなせる」ようにするActive Vocabulary と、readingやlisteningで「意味がわかる」ようにするPassive Vocabulary
に分類しました.※この重要性がお分かりですか?

2.Active Vocabulary (Part 1, 2) には「使うための情報」が満載
「英語での発信」に必要な「熟語」や「定型表現」を[頻出]として,「発信の際に間違えやすいポイント」を[注意]として掲載しました. ※英作文に重宝する情報です。

3.見出語の難易度をCEFRレベルで表記
見出語にCEFRレベル(A1~B2)を表記し,「どのくらい使われる語なのか」「どのくらい重要な語なのか」を明示しました※私はこれは画期的な試みだと思っていますが、その意味はお分かりですか?

4. 「グルーピング」と「語のニュアンス」で「語の使い分け」が可能
「グルーピング」によって意味の似た語を並べ,適宜,「ニュアンス」を簡潔に解説することで,類義語との違いを理解し,使い分けができるようになります※英作文の指導に極めて有用です。

5. 語源や語呂合わせなどで,英単語の「丸暗記」を打破
語源や語呂合わせなど,覚える手がかりとなる情報を提示し,英単語学習が「丸暗記」にならないように工夫しています.語源は,その連想の過程をかみ砕いて示し,さらに同語源の単語も提示することで理解を深められます.また,「語呂合わせ」なども掲載していますので,楽しく英単語学習ができます.思わず吹き出しそうな竹岡ギャグ満載です〔笑〕。サラッと書いてある語源情報は、清水建二『英単語の語源図鑑』(かんき出版)や、『ライトハウス英和辞典』(研究社)の「単語の記憶」欄を参照することでさらに広がっていきます(勝田ケ丘志學館ではこの二冊も全員が持って勉強しています)。新しく始まる「共通テスト」で益々高まる「語彙力」の増強にはありがたい情報ですね。 

6. 「発信」に役立つ42の基本動詞
巻頭にて「基本動詞」を解説しています.42語の基本動詞を厳選し,その中心となるイメージを解説し,activeな用法,間違えやすい注意点,[比較]]として類義語との違いなどを精選して掲載しています.※基礎・基本の大切さを徹底したいですね。

7. 充実したコラム
「語源(主に接頭辞・接尾辞)」の理解を助け,「発信」に役立つ「発音とアクセント」の基本的なルールを学べるコラムを用意しました.
①「語源の捉え方」(Ⅰ. 語源について Ⅱ. 覚えておきたい接頭辞・接尾辞)
②「発音・アクセントのルール」(Ⅰ. 発音編 Ⅱ. アクセント編) ※類書にはない情報です。

8.4種類のダウンロード用音声でさまざまな音声活動が可能
4種類のダウンロード用音声で4技能を見据えたさまざまな音声活動ができます.
① 見出語+語の意味
② 用例(日→英):口頭英作文用 ⇒ 英語で「話す」トレーニング
③ 用例(英→日):英文解釈用 ⇒ 英語を「聞く」トレーニング
④ 用例(英文のみ):ディクテーション・シャドウイング用   ※貴重な音声ファイルですが、ちょっと重すぎるのと、使い勝手には工夫の余地はあります。

▲これも効果的

 案外知られていないのが、この単語集をさらに定着アップさせるために考案された付属の『活用ノート1・2・3』(別売)です。これが実によくできているんです。私は『LEAP』を生徒たちに与えて、学習してもらいながら、『活用ノート』1→2→3を毎時間使って、定着度を確認しています。受動用の語彙はサラッと、能動用の語彙は英作文に使えるまで徹底的に書き込み式で答えていきます。昨年1~3まで使ってみて、ものすごくよくできた演習ノートであることを実感し、ずいぶん力をつけることができました。今日は著者の竹岡先生が、全国の指導者のみなさんに、この本の効果的な使いどころを発信しておられますので、ご覧いただきましょう。サラッと述べられていますが、実に示唆に富んだ、内容の深いメッセージですよ。まもなくこの『LEAP』の「入門編」が発刊されると聞きました。楽しみです。♥♥♥

カテゴリー: 英語指導に関して | コメントをどうぞ

『京都に女王と呼ばれた作家がいた』

 西日本出版社が、7月14日、ベストセラー作家・山村美紗の生涯を描いた花房観音『京都に女王と呼ばれた作家がいた 山村美紗とふたりの男』(初刷7000部)を発刊しました。存命中は、他の作家に京都を舞台にしたミステリーを書くことを絶対に許さなかった、新聞広告で自分より名前が大きく掲載された作家がいると、編集者を呼び出しては激怒、謝罪させた…。数々の伝説に彩られた女王・山村美紗さんの生涯を、「ふたりの男」との関係を軸に描いた作品です。

 山村美紗さんは、出版市場がピークを迎えた1996年に人気絶頂の中、帝国ホテルの一室で執筆中に急逝しました。まだ出版業界の華やかなりし時代と共に、女王はこの世を去りました。生前200冊以上の本を出して、その数多くの作品がテレビドラマ化され、華やかなキャラクターでも多くの人に知られるその一方で、文学賞とは縁がなかったことへのコンプレックス、拠りどころを持てなかった不安感を内に秘め、数多くのプロットを残しながらお亡くなりになりました。その思いや、存命中はほとんど表舞台に出なかった夫・山村 巍(やまむらたかし)さん、「同志」とも「パートナー」とも言われたミステリー作家・西村京太郎先生との関係、没後も二人の男性を執着させる作家としての存在感をまとめたのが、この一冊です。私は西村京太郎先生の大ファンなので、この本、とても興味深く読了しました。

 西村先生は、美紗さんの死後4年後の平成12年(2000年)に、二人の恋と葛藤を描いた小説『女流作家(続編の『華の棺』は2006年刊)を刊行されました。⇒詳細はコチラに書きました  自分の手に入らなかった女への「執着」、男と女の「狂気」、世間の常識とはかけ離れた二人の異常な関係性が描かれていました。この二冊の本の中にも、私たちは山村美紗さんの人となりをはっきりと垣間見ることができます。

 作者は、京都在住で「山村美紗以来の京都を描く女流作家」といわれる花房観音(はなふさかんのん)さん。山村さんの作品は、あれだけのベストセラー作家であったにもかかわらず、もう現在書店には並んでいません。これだけの人気作家でさえ、死後20年で書店で入手しにくい。流行作家の悲しさ、山村美紗という作家がいたことを残しておきたい」と、執筆に至りました。事前注文は好調だったそうで、発刊前からこれほどマスコミ取材が重なったことはなかったそうです。死後20年経過して、山村美紗を知らない人も増えているので、まずは書店員さんに読んでほしい、文芸・京都本コーナーなどで展開を勧めたい、と出版元の社長さんは言われます。当初、この本を出したいと、花房さんが出版社の人たちに話したとき、皆さんが「美紗さんのことを書くとなると、西村京太郎さんに触れないわけにはいかないでしょ。だからダメです」と言われたそうです。90歳の現役で今でも活躍する大物ベストセラー作家のタブーに触れることは、著者の花房さんが仕事を失う不安と恐怖に立ち向かうことでもありました。

 さて、副題の「ふたりの男」とは、ベストセラー作家の西村京太郎氏と、夫の山村巍(やまむらたかし)氏です。まだ美紗さんが無名時代にファンレターを送り、それをきっかけに才能と美貌に惚れ込んだ西村先生が京都に移り住み、やがて美紗さんの隣の家に住むようになります。⇒コチラに詳しく書きました  二人の家は地下でつながっていました。山村さんの方から西村さんの家には行くことができるけれども、西村さんの方からは山村さんの家には入ることができません。西村氏との関係は広く知られましたが、夫の存在はほとんど表に出ませんでした。しかし決して不仲だったわけではありません。元旅館を改装した豪邸の本館と別館に、美紗さんと西村氏が住み、夫は向かいのマンションから妻のもとに通う。3人の関係は、まさに「事実は小説より奇なり」です。

 本書で何より印象的な描写は、女王と呼ばれ、派手好き、勝ち気な性格で知られた山村美紗さんが、実は病弱な体に苦しみ、主要な文学賞の受賞歴の無いことに深いコンプレックスを抱えていたことでしょう。だからこそ、流行作家であることにこだわり、自身に関するうわさやスキャンダルも宣伝に利用した。夫はそんな妻をそっと陰で支え、ベストセラー作家は同志として男社会の出版社と戦う盾になったのです。

 山村美紗さんは京都に根づき、京都であることをこれ以上ないほど意識して作家として活動した人、著者の花房観音も京都在住の女性作家で、京都の女たちの微妙な内面を描きまくっている人です。

 編集者を叱り付けたり、新聞広告での自分の扱いに怒ったりする反面、ベストセラー作家になった後でさえ、売れなくなったらどうしよう、もっと書かなくては、もっと頑張らなくては、と自分を追い込んでいたといいます。文学賞を取らずにデビューしたコンプレックスや玄人受けしない大衆性に、最後までコンプレックスを持っている人だった。身体が弱いのに、命がけで大量の本を送り出し、長者番付に載り続けるために節税は一切しない。昼と夜とを完全に逆転させ、1日20時間を執筆にあてる生活を30年ほど続けました。年齢も偽っていました。公式プロフィールによれば、1934年に京都で出生となっていますが、実際は1931年生まれです。京都に生まれ、少女時代を戦前の日本統治下の朝鮮漢城(ソウル)で育ち、敗戦による引き揚げ者でした。幼い頃から体が弱く、ほぼ寝たきりの少女時代を過ごし、作家になってからも、喘息や慢性盲腸炎に悩まされ、苦しみながらの執筆でした。満身創痍の体を華やかなドレスで包み、お姫様のようなヘアスタイルをウィッグで保ちながら、締め切りに次ぐ締め切りをこなしていました。生前は他の作家が「京都のミステリー」を書くことを絶対に許さなかったといいます。ずっと体調が悪く、東京まで移動する体力がないので、ベンツのキャンピングカーで横になったまま上京し、帝国ホテルのスイートルームで執筆中に心臓発作で壮絶な急死(62歳)を遂げておられます。

 新しい電化製品や機械が大好きで、テレビを自作したこともあったそうです。幼い頃、娘の紅葉(もみじ)さんが外で遊んでいて、転んだりするとすぐに美紗さんが駆けつけてきてくれました。何かあるとすぐに来てくれるものだから、紅葉さんは「ママはスーパーマンなのかな」と思っていたら、実はワイヤレスマイクを仕掛けていて、小説を書きながら娘の様子を気にかけていた、というエピソードも面白く読みました。生い立ちや作家として活躍しだす前のエピソードも面白いけど、何より大物作家たちを次々虜にして、西村京太郎と並びの邸宅に住み、向かいのマンションに夫を住まわせていた、その女性としての魔性に強く惹かれます。

 本の中では、影の存在であり続けた夫・山村巍(たかし)さんの存在が際立っています。美紗さんの生きているうちは、表に出ることはなく、かといって経済的に依存するわけでも、マネージャーのようになるわけでもなく、数学の教師の仕事を続け、ひたすら家庭内のサポートと身体のサポートをしながら、日陰の存在であり続けました。そうして彼女が他界するまでその位置に留まり続け、亡くなってから初めて、思いを抱えて彼女の絵を描くことを決め、その絵画を発表しました。とても穏やかな紳士的な方で、ただひたすら美紗さんを献身的に支え、「陰の存在」に徹しておられました。花房さんは、温かい理解と細やかな分析で、「他の男とパートナーだった亡き妻をモデルに絵を描き続ける夫」としての巍さんの真実に迫り、「美紗が作家になった時に、陰の存在になると決めていて、自分はずっと二人の間で、美紗のためだと思って存在を消して陰の存在として生きてきた」という夫の生き様を描いておられます。お互いに決して愉快な存在ではなかったことでしょう。そこに繰り広げられる喜び」「悲しみ」「怒り」「嘆き」「悔しさ」「憎悪」「後悔」を拾い上げて執筆しておられます。

 美紗さんが小説家になるため苦節10年の努力をし続けられたのも、さんが「女は家にいるものだ」という価値観の持ち主ではなかったこと、良妻賢母として生きることをしない彼女を理解し続け、一切束縛をしなかったことが大きいと思われます。デビューが決まった時は誰よりも喜んで、作品を学校の生徒に配りました。そして「美紗が売れっ子になるにつれ、『夫』の存在が消されていった」のです。

 よくぞ文壇のタブーにひるまずに、執筆・出版されたと思います。巻末に収められている「山村美紗年表」「山村美紗著書リスト」も労作です。♥♥♥

カテゴリー: 私の好きな芸能人, 日々の日記 | コメントをどうぞ

「Boggle Flash」

▲専用の辞書と併用すると効果的

 先週、このブログで英単語ゲーム「Boggle Flash」にちょっと触れたところ、詳しく教えてほしいという質問を受けましたので、ご説明しますね。「Scrabble Flash」という全米の小学校などでも単語学習教材として使われていた商品で、「ゲーム・オブ・ザ・イヤー」を受賞した、本当にスグレモノ電子玩具です。全ブロックの側面を合わせて、各ブロックのボタンスイッチを押すと、電源が入り、1、2、3の数字が現れます。ここで1を押すと(2,3では別の遊び方が)、液晶画面(ディスプレイ)付きの5つのブロックにランダムにアルファベットが表示されます。これを自由に組み合わせて、3文字以上でできる限りの英単語を作っていきます。作った単語のスペルが正しければ、瞬時に光と音「ピー」で反応してくれます。間違った組み合わせでは一切反応しません。約1分の制限時間に何個単語が作れるかを競うのです。制限時間終了後は、自分の正解数(スコア)と、そのアルファベットから作ることができた英単語の最大可能組み合わせ数が画面に表示されます(最初のうちはその多さにショックを受けます〔笑〕)。私は現職教員時代には、ESS部を指導する中で、このゲームをアメリカから購入して、生徒達には10個以上をノルマに課していました。非常にスリリングで、かつ語彙力の研鑽には有用なゲームです。生徒たちは緊張感の中で、知る限りの単語を作っては一喜一憂しながら、単語ゲームを楽しんでいました。制限時間が近づくと「ピッピッピッ」と電子音で迫られるので、最後のひとあがきと頑張ります。Scrabble専用の辞典も出ていますので参考にします(写真上)。懐かしい想い出です!!

 これを、日本の(株)タカラトミーが、英単語パズルゲーム「ボグルフラッシュ」(Boggle Flash)として国内で発売しました。5個のデジタルブロックに表示されるアルファベットを使い、並べかえて英単語を作ります。上の写真の場合は、 A – P – N – S – T がお題として与えられていますから、PANTS とか ANT とか NAP とかPANとかTANといった英単語を思いつく限り作っていくことになります。ここで「語彙力」が発揮されます。英単語を形成するアルファベットに、一定の規則的な法則を見出すこともできます。タカラトミーに言わせれば、「グローバル化が進行する社会背景を踏まえ」た製品ということでした。当時、価格は4,515円でした(電池別)。持ち運びが便利な専用ケースも付いています。手のひらサイズに収まるので、どこにでも持ち運んで遊べます。その後、これはいい、使える、ということで、英語科で大量に購入し、単語定着の小道具として活用したものですが、最近は誰も使う人がいないようで、お蔵入りして遊んでいます。残念なことです。今はもう売れていないようですね(アマゾンではまだ在庫があるようですが)。勝田ケ丘志学館の教室には、これが置いてあって、休み時間などに生徒が単語練習に使っています。

 当時は海外仕様のままで売られていたんですが、日本バージョンとして、高等学校で出てくる英単語に限定するとか、MAXの語数を示すだけでなく、その解答をも併せて表示するとか、レベルに応じて制限時間をもうちょっと長く設定するか複数選択できるようにするとか、さらなる工夫の余地はあったと思いました。♥♥♥

 

カテゴリー: 英語指導に関して | コメントをどうぞ

大学の英語名

 再来年(令和4年)の4月に、大阪府立大学大阪市立大学が統合して「大阪公立大学」となることが決まっています。今、その新しい大学の英語名をめぐって大騒ぎが起こっています。新大学側は、University of Osakaとすることを発表しました。すると大阪大学が、自分たちが長く使って来た商標名Osaka Universityと酷似しており、非常に紛らわしいと強く反発、クレームをつけたのです。外国人にとっては同じ大学と受けとられかねませんからね。受験生や大阪大学の学生・卒業生、一般市民、海外の研究者・学生などに大きな混乱を招き、両大学の未来にとって大きな障害となることがが必至」だと訴えます。最近では、大阪大学の学長が、ホームページで四度にわたり抗議をして、ますます騒動が激化しています。⇒コチラの大阪大学のホームページでは、この英語名の問題点が詳細に綴られて再考を求めています    大阪大学側の主な反対の論点は、次の4つです。 ①「University of Osaka」は、大阪大学(Osaka University)と同義であるとすでに認知されており、これまでにも海外で広く使われてきた、②「University of Osaka」は学術論文や学術書においても、大阪大学の英語名として長期間使われてきた、③英語圏以外でも、「Osaka University」と「University of Osaka」を区別できない例がある、④一般市民が大学についての情報を得る際には、インターネットが極めて大きな役割を果たすが、ネット上では「Osaka University」、「University of Osaka」はリンクされ、常に相互参照可能となっている。

 この騒ぎに関連して、今日は、大学名の英語問題を考えてみようと思います。理屈として押さえておきたいのは、 University of XXX は、XXX が地名であれば問題ありませんが、例えば明治大学のように地名でないものに University of Meiji としてしまうと、英語としては間違いです(of は所有や直接的な関連を表すため)。一方 YYY University は地名であろうがなかろうが使える万能型です。結局、東京も京都も地名なので、University of XXX スタイルでも YYY University でもどちらでも正しいことになります。しかし慣例で、東京大学はthe University of Tokyo、京都大学はKyoto Universityと言っているようです。

 まず、ここに使われているof をどう理解すればよいかですが、「何かから出ると同時にその何かに帰属するという関係」を表すと考えるといいと思います(学生時代、恩師の安藤貞雄先生「意義素」と呼んでおられました。当時、これを入試問題と絡めながら解説した先生の『前置詞のポイント』(研究社)は画期的な受験参考書でした)。「帰属の部分」と「出所の部分」の双方が含まれるところにofの特徴があり、そのどちらに強調点が置かれるかによって、ofの異なった意味合いの用法が生まれているのです。具体例を見てみましょう。the top of the mountain (山の頂上)の頂上は山の一部ですが、the top of the mountain と表現することで、the top に話題としての注目が行きます。しかし、話題化された頂上は、山に帰属するという関係になることには変わりません。同様に、the bottom of a bottle(ビンの底)のように「部分-全体」の関係を表す場合にはofを使います。一方、「ビンのラベル」や「ドアの鍵」におけるラベルや鍵は、ビンやドアを構成する一部ではありませんからofは使わず、それぞれthe label on the bottle(ビンに貼ったラベル)、the key to the door (ドアの鍵)のように表現します。ここら辺は、高校生が英作文の時によく間違える点ですから、注意を喚起しておきたいところです。

 「オックスフォード大学」と「ハーバード大学」を英語で正式に表すと 、the University of Oxford と Harvard University となります。これは、オックスフォードが地名であることに関係します。地名だからそこに帰属する(代表的な)大学として the University of Oxford といえるのです(BBC放送では、Oxford UniversityとUniversity of Oxfordの両方を使っているようですが)。一方、ハーバードは地名でないので、the University of Harvard とは言いせん。シカゴ大学はthe University of Chicago で、ニューヨークのコロンビア大学は Columbia University というのも理解ができますね。

岩手大学 Iwate University 岩手県立大学 Iwate Prefectural University

秋田大学 Akita University 秋田県立大学 Akita Prefectural University

埼玉大学 Saitama University 埼玉県立大学 Saitama Prefectural University

東京大学 The University of Tokyo 東京都立大学 Tokyo Metropolitan University

新潟大学 Niigata University 新潟県立大学 UNIVERSITY OF NIIGATA PREFECTURE

富山大学 University of Toyama富山県立大学 Toyama Prefectural University

福井大学 University of Fukui 福井県立大学 Fukui Prefectural University

山梨大学 University of Yamanashi 山梨県立大学 Yamanashi Prefectural University

★静岡大学 Shizuoka University 静岡県立大学 University of Shizuoka

滋賀大学  Shiga University     滋賀県立大学 University of Shiga Prefecture

京都大学 Kyoto University 京都府立大学 Kyoto Prefectural University

★島根大学 Shimane University 島根県立大学 University of Shimane

岡山大学 Okayama University 岡山県立大学 Okayama Prefectural University

広島大学 Hiroshima University 県立広島大学 Prefectural University of Hiroshima

山口大学 Yamaguchi University 山口県立大学 Yamaguchi Prefectural University

★高知大学 Kochi University 高知県立大学 University of Kochi

★長崎大学 Nagasaki University 長崎県立大学 University of Nagasaki

熊本大学 Kumamoto University 熊本県立大学 Prefectural University of Kumamoto

 全国的に見た大学名は上記のようです。私の住んでいる島根県にも「島根大学」(Shimane University)と「島根県立大学」(University of Shimane)があって、上記同様の英語名問題が観察されますが(全国で4大学★)、島根大学の話によれば、年に数件間違えた照会が入ることがある程度だそうですよ。これはおそらく両大学の学部が全く異なっており、ダブりが見られないことにも起因するのだと推察されます。地名を冠した大学の場合は、英語表記はどうしても似てしまう避けられない問題を抱えているのです。現状でも、大阪経済大学(Osaka University of Economics)、大阪商業大学(Osaka University of Commerce)、大阪体育大学(Osaka University of Health and Sport Sciences)などの私立大学とも混同しそうですね。文科省はあたりさわりのないコメントを発しています。♥♥♥

大阪公立大学の設置を認可するか議論する審議会でも英語の名称は議論の対象にはなる。あくまでも両大学で話し合っていただきたく、経緯を注視したい。双方が納得する形での決着を期待している。

【追記】 大学名に関して、こんな騒動も起こっています。「京都造形芸術大学」が来年の開学30年を前に、今年4月に校名を「京都芸術大学」に変更しました。これに「京都市立芸術大学」が、類似し混乱を招くとして提訴しました。「京都芸術大」や「京都芸大」「京芸」「市芸」は市立芸大の略称として親しまれ定着していると主張し、類似した名称の大学が存在することは、関係者の誤認や混乱を招く、として提訴していました。8月27日、大阪地裁は、「名称は『市立』の有無で明らかに異なり、類似するとはいえない」などとして訴えを棄却、新名称の使用を認めました。しかし、市立芸大側は、郵便物の混同なども起き、混乱が続いているとして、「一審判決は承服しかねる」と控訴を決断しました。この問題はまだまだ続きそうです。♠♠♠

カテゴリー: 英語語法 | コメントをどうぞ

「ラーメン841」

◎週末はグルメ情報!今週はラーメン

 勝田ケ丘志学館山根館長・生田事務長さんに、鳥取県・大山町の田んぼの中にある「ラーメン841」に連れて行ってもらいました。わりと派手なオレンジ色の外観と看板が目印です。自然豊かな田園地帯にある地元民がこぞって訪れる人気ラーメン店だそうです。一体なんて読むんでしょうか?「はしい」かな?素直に「はちよんいち」が正解だそうです。元々は店長さんの名前「橋井(はしい)さん」からきているみたいです。小さなお店ですが、お客さんで満員です。 「醤油ラーメン」をいただきます。

 4人テーブル×2席、3人テーブル×1席、カウンター席×10のこじんまりとした田舎のラーメン店です。平日の13時頃に行きましたが、満席に近い人気ぶりでしたね。メニューは、ダイレクトに分けられたしょうゆ・みそのほか、担々麺、ホルモンらーめん、丸かじりチャーシュー麺など、個性的なものまであります。トッピングやセットメニューも充実していました。ラーメンには欠かせないサイドメニューも豊富。テイクアウトもできるみたいです。野菜たっぷりのあっさりしょうゆラーメン+餃子を注文。しょうゆラーメンなのに、野菜がたっぷり盛られていました。ちょっとしたサービス感もあり、得した気分になりますね。鶏ガラ、昆布、魚介からダシをとった、濃厚な深みのあるスープ。地元産の白髪ネギ、たまねぎ、もやしなどの野菜がたっぷり入っているので、甘みも感じられましたね。ツルツルでのどごし抜群のちぢれ麺。スープがしっかり染みてますね。いや〜これは美味しかったです!食べ応え抜群の餃子も、あんがぎっしり詰まっていて美味しかった。噛んだ瞬間、肉汁がジュワ〜っと染み出てきます。ラーメンにピッタリなのはもちろんですが、これならごはんも進みますね。ラーメンのスープは飲み干してはならないという指導を受けているんですが、これは堪らず美味しかったので、飲み干しかけましたが、「待て、待て」と思い直しました〔笑〕。♥♥♥

カテゴリー: グルメ | コメントをどうぞ

ペンギンミュージアム

 宍道湖自然館「ゴビウス」のお隣の「宍道湖グリーンパーク」の一角に、「ペンギンミュージアム」があります。同僚の先生からぜひにと勧められていたので、のぞいてみました。「ペンギンミュージアム」とは、ホシザキグリーン財団の理事長であり、ホシザキ電機(株)会長の坂本精志氏の寄贈による 「ペンギングッズ コレクション」を一般公開したものです。坂本氏が約40年かけて、国内外から収集した様々なお子様が喜ぶような、ペンギンおもちゃから 大人まで見て楽しめるペンギンファッション(ネクタイ、ハンカチ)、または、ペンギンインテリアペンギン文具・日用品、 ペンギンアクセサリー、ペンギン書籍・印刷物、 ペンギンシルエットなど約2,000点の展示物があるそうですよ。ペンギン大好きな私はちょっと心が癒やされた感じです。

 ミュージアムの入り口にはまず、ペンギンの人形・ポストがお出迎えしてくれます。中に入るとたくさんのぬいぐるみやグッズ・おもちゃがぎっしり並んでいましたよ。ペンギンの可愛らしいインテリア・文具・おもちゃ(玩具やパズル)・アクセサリー(ネックレス・リング・ピアス・ブローチ)などがたくさん展示されていました。ぬいぐるみやいろいろな素材(ガラス・陶器・金属・木材)でつくられたペンギンや世界中の珍しいペンギンインテリアが大集合していました。中には「懐かし~」と思うものや、おしゃれなペンギンの洋服などのペンギンファッション(Tシャツ・ネクタイ・帽子・ハンカチ・タオル)、文具や日用品(キッチン用品・浴室用具)など珍しいものもたくさん置いてありましたよ。ペンギン絵本や写真集、切手やカード・シールなどさまざまな印刷物も。まあ、よくぞこれだけのものが集められたな、と執念を感じたことです。家族連れが目立ちましたが、楽しさいっぱい、癒されること間違いなしです。たくさんの子供たちもペンギンの数々に見入ってはしゃいでいました。

 入場料は無料なので、宍道湖自然館「ゴビウス」に行かれた際には、是非「宍道湖グリーンパーク」へも行ってみられてはいかがでしょう。「公益財団法人ホシザキグリーン財団」は、野生生物の保護繁殖に関する事業を通じて、人と自然の調和した自然環境の保全に役立つことを目的としており、宍道湖の西岸に野生生物が生息する環境を維持し、訪れた人たちがこの地域の自然を気軽に楽しめるようにと、平成8年6月にこの「宍道湖グリーンパーク」をオープンしました。自然保護の普及啓発の場です。ここでは野鳥観察もできるので、宍道湖にどんな野鳥が飛来するのか見てみるのもいいですね。観察場所もちゃんと設けてありました。♥♥♥

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

リスニングの実験

 今日は、共通テストのリスニング演習で、こんな実験をしてみます。ある公開模擬試験のリスニング共通テストの問題を、音源を一切聴かせずに選択肢だけで解答してもらいます。印刷されている選択肢をよ~く観察し、放送原稿の内容を予測しながら正解を推理していきます。与える時間は20分です。「狙い」は後で述べます。生徒たちはどよめいています。「一体何が始まるんだ?!」20分間で解答してもらい、マークの解答用紙は取りあえず机の中にしまって、今度は音声をしっかり聴いて、いつものように解答してもらいます。はい、終わりました。

 まずは、先ほどの選択肢だけで解答したものを、自己採点してもらいます。一切音声も聴かずに選択肢だけで解答したものです。平均点は38.0点。なんと50点以上取った生徒が3人いました(57点、50点、50点)。すごいことです。50点を取った生徒は、「私、コワイ!!」と感想を述べていました〔笑〕。傾向としては、ある程度理詰めで解答できる第5問(20点満点)は正答率が高かったようです。私はこの部分16点でした。これで、音声を聴いて解答した方の点がより悪かったらえらいことですね。恐怖の罰ゲームが待っています(私は「Boggle Flash」を前に出てプレイして英単語が10個以上答えることができるまで、止めさせないという「公開処刑」罰ゲームをやっています⇒このスグレモノ教材についてはコチラに書きました )。自己採点の結果、全体の平均点は84点でした(最高100点、最低67点)。いつもよりも全員に高得点が出ています。

 このことは一体何を意味するのでしょうか?生徒たちに、これに気づいてもらうことが、今日の目標でした。リスニングは、選択肢の内容をある程度頭に入れて聞くのと、白紙で聞くのとでは、理解度が全然違うんです(これの最たるものが東京大学のリスニング試験です。事前に選択肢を「先読み」しておかないと手も足も出ません)。だから2回読みのところで1回で解答できた場合には、次の問題の選択肢を「先読み」にいきます。ポーズの時間も無駄にせずに、少しでも先の問題の選択肢を読むようにします。これだけでずいぶんと正答率が変わってくるんです。「何とかして選択肢を先に読むことを心がける」、このことが実感されたことでした。リスニング問題解答の鉄則は

 「前へ、前へ、先へ、先へ!!」

です。この実験、みなさんもぜひ一度試してみてください。♥♥♥

カテゴリー: 英語指導に関して | コメントをどうぞ

「御来屋駅」

▼山陰最古の駅舎へ行ってきた!

 山陰地方で最古の鉄道駅である「御来屋駅」(みくりやえき)に、志学館山根館長さんに連れて行ってもらいました。鉄道雑誌・本などで、この駅のユニークさは聞いていましたが、訪れるのは今日が初めてです。

 ここ山陰地方で初めての鉄道が開通したのは、明治35年11日1日のことでした。物資の陸揚げ地である境港から、陸軍軍馬補充部のあった富長村(現・大山町富長)にも近い御来屋の区間でした。ここから山陰の鉄道時代が幕を開けたのですね。御来屋駅」は、その当時の駅舎が現存しており、山陰鉄道発祥当時の面影を色濃く残す山陰最古の駅です。当時、国内に広がり始めた西洋建築を取り入れ、地元の大工さんが創意工夫して洋風に近づけて建築しました。鉄道を通じた地方の近代化を表す建築として、高く評価されました。平成14年には、山陰鉄道発祥100周年」を記念して、旧駅舎の改修も行われました。アンティークな駅舎内の出札窓口跡や小荷物扱い窓口・荷置き台などは100年前のものがそのまま残っています。このJR「御来屋駅」の駅舎とプラットホームの屋根が国登録文化財」として登録されています。

 この駅はホーム2面3線で、1番線を本線、2・3番線は副本線となっています、2・3番乗り場の島式ホームには、かつて貨物列車に直結されていた「ヨ5000形」車掌車を実験的に改造した「待合所」が設置されていて、懐かしい雰囲気を味わうことができました。残念ながら、これは北海道を除いてほとんど普及せず、今では希少な施設となっています。1番線ホームには、どこか懐かしさを誘う、木組みに付けられた回転灯スピーカーが。駅舎待合室には古い「小荷物運賃表」もそのまま残っています。最古の駅舎を思わせる数々です。

 駅舎の中には、駅事務室跡に、地採れの農海産物など、とことん町内産にこだわった地元産品の直売所「みくりや市」が毎日開かれ、地域のお宝が集まるふるさと市には、笑顔が溢れます。お隣では、特産の陣構紅茶(じんがまえこうちゃ)の入れ立てが味わえるミニ喫茶も併設しています。

 「御来屋駅」のホームからは、お天気の良い日には、大山がくっきりと雄大な姿を見せ、四季折々の大山と山陰最古の駅舎の両方を楽しむことができます。♥♥♥

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ