観光特急「花嫁のれん」

 和倉温泉に行くために、金沢から観光特急列車「花嫁のれん」(キハ48形から改造、最高運転速度95km/h)に乗ってきました。私の壮大な目標に全国の特急列車を制覇するというものがありましてね、旅する度にせっせと乗っているんです。今回の旅の大きな目的の一つが、この「花嫁のれん」号に乗ることでした。「花嫁のれん」というのは、大切に育てた娘の幸せを願って、婚礼の日に色鮮やかな暖簾(のれん)を贈るという旧・加賀藩の加賀・能登・越中に古くから伝わる伝統文化に由来しており、乗車する人にも幸せになって欲しいとの思いを込めた列車愛称ですね。

 北陸新幹線金沢開業に関連して、北陸地区への観光誘致を目指して、2015年10月、金沢から能登半島の和倉温泉までの、のどかな田園風景のなかを、真っ赤な車体に金箔風の模様を施した艶(あで)やかな列車が走り始めました。運行開始以来、すぐに予約がいっぱいになってしまう(全席指定)人気のこの列車は、「花嫁のれん号と言います。臨時特急として金沢~和倉温泉間を1日2往復しており、金・土・日曜日を中心に、繁忙期には運転日が追加されます。金沢駅の4番のりばに急ぎます。入って来ました。エントランスも和のデザインです。

 

 車内外のコンセプトは「和と美のおもてなし」で、外観は赤・黒を基調とした伝統工芸の「輪島塗」「加賀友禅」をイメージしてデザインされました。改造にあたっては、前面貫通扉や行き先表示器が撤去されました。列車は2両編成で、1両ごとに内装が異なっています。1号車(定員24名)は、個性的な8つの半個室(2人用3部屋、3人用2部屋、4人用3部屋)と物販スペースからなり、ゆったりとくつろぎの旅を楽しめる空間となっています。通路には、日本庭園の「飛び石」をイメージしたじゅうたんを敷き詰め、それぞれのセミコンパートメントには、加賀友禅」のオールドコレクションがあしらわれています。

 私の乗った2号車(オープンタイプ、定員28名)は、イベントスペースを中央に配置、窓に面した1人席のほか、2人席、4人席などが備えられています。座席は虹色の生地と、背面の木の格子が特徴的な回転椅子を採用しています。木製のテーブルもあります。通路は「流氷」のイメージです。照明も通路に合わせた形状です。内装は、伝統的な「輪島塗」の図柄を用いて、車両全体で北陸の和と美を感じさせるつくりで満喫できます。車内を見てまわるだけでも楽しい時間になりますね。

 2往復運転される列車内では、“食のおもてなし”があり、乗車4日前までに「花嫁のれん食事券」の購入が必要となります。便により内容は異なりますが、和倉温泉の老舗旅館「加賀屋」総料理長監修による懐石風の「和軽食セット」(2,500円)、「ほろよいセット」(2,000円)、世界的パティシエの辻口博啓さんのオリジナルセレクトによる「スイーツセット」(2,000円)を、乗務する和装アテンダントのおもてなしと共に、楽しむことができます。車内販売や軽食提供、記念写真撮影などのサービスを実施しておられました。私はこの日「加賀屋」に泊まる予定だったので、「スイーツセット」を予約していました。列車が出発すると、和服姿のアテンダント(3名乗車)の方が食事券の回収に回られ、まもなくすると「加賀棒茶」「ヘーゼルナッツ・ケーキ」が届けられました。食べ終わると、さらに素敵な箱に入った焼き菓子のセット(世界的パティシエ辻口博啓さんのプロデュース)がやって来ました。持ち帰り用の袋もついていますので、これはお土産用としましょう。

 1号車の車端寄りに備えた「物販スペース」では、沿線にゆかりのあるソフトドリンク、アルコール飲料、お菓子、珍味、伝統工芸品、オリジナルグッズなども販売されています。私は「金箔のしおり」「オリジナル・キーホルダー」を購入しました。その真正面には、「伝統工芸品展示スペース」もありました。展示棚の背面には、金沢金箔の装飾が施されています。

 和倉温泉~金沢間を1日2往復しており、基本的に金・土・日の運転です。この日も満席でした。加賀能登の和と伝統美が満載のきらびやかな七尾線の観光列車でした。さて、次の目標となる特急列車は?♥♥♥

   大好きな西村京太郎先生の2018年の作品に、『能登花嫁列車殺人事件』(カッパ・ノベルス)というものがあります。能登路をはしる『花嫁のれん』の車内に、加賀友禅の花嫁が突然、現れ、消えた!?という展開で始まる推理小説ですが、その中で、この観光列車が詳しく取り上げられていますので、ちょっと紹介してみましょう。私がこの観光列車にぜひ乗ってみたいと思ったのは、この作品を読んだからでもあります。念願が叶いました。

 

 黒木は、銀座にある大手の旅行代理店に行き、「花嫁のれん」という観光列車
のパンフレットをもらった。
 そこに書かれた説明によれば、「花嫁のれん」というのは、北陸の石川県を中
心とした旧加賀藩一帯に昔から伝わる嫁入り道具の一つらしい。婚礼の日、花嫁
は、嫁ぎ先に掲げられた、加賀友禅で作られた通称「花嫁のれん」をくぐって嫁
入りする。それを観光列車に応用したというのである。
 二両編成の外観は、ピンク色の華やかなもので、和と美のおもてなしと書かれ
ている。外観は輪島塗や加賀友禅をイメージしたものらしい。
 この列車が運行されているのは、主に金土日と祝日ということで、とにかく、
乗ってみなければ、優雅さや楽しさが分からない。(p.10)

 二人は、ホームに停まっている「花嫁のれん一号」に乗り込んだ。
 座席は全席指定で、二人の乗った一号車は二人用、三人用、四人用と分かれて
いて、それぞれに桜梅の間とか撫子の間といった名前が付いていた。
 二人が乗ったのは、二人用の個室、菊の間である。ただ、個室とはいっても、
独立した、個別の部屋があるわけではなくて、S字型に曲がった廊下を歩き木の
格子で囲まれた半分個室の部屋に入るだけなのだ。それよりも、黒木は通路の方
に感心した。
 列車の通路は、普通は一直線なのに、この列車は微妙に曲がり、その上飛び石
模様になっていて、まるで京都の何とか小路のような感じになっているのは、一
つの知恵だなと、黒木は思った。(pp.12-13)
 
 カウンターが、一号車にも二号車にもあって、そこにいるアテンダントは、全
員が和服姿である。とにかく、列車全体で和の美しさを強調しているのだ。
(p.13)

 「この10時15分発の『花嫁のれん一号』で出るのは、スイーツセットです
けど、時間によっては、ほろよいセットというのがあって、和倉温泉の加賀屋が
選んだお酒と肴が出るんです。黒木先輩は、そのほろよいセットが出る列車に乗
りたくて、本当は、この10時15分発の『花嫁のれん一号』には、乗りたくな
かったんじゃないですか?どうですか、違います?」
 と、綾乃が突っ込んでくる。
 「残念ながら、下りの列車では、ほろよいセットは出ないんだ。帰りの、上り
の『花嫁のれん四󠄁号』で出るんだ。その取材もしたいから、その『花嫁のれん四󠄁
号』にも、乗るぞ」と黒木は、笑いを殺して、いった。
 若い綾乃は、北陸のスイーツが出て、ご機嫌である。
 仕方がないので、黒木は、自分の小さなデジカメを持って、車内を歩いてみた。
 一番の見ものは、あらためて、通路だと思った。通路にはグリーンのじゅうた
んが敷かれた、その上の石のような模様は、やはり、京都の石塀小路にあるよう
な飛び石をマネているのだろう。
 その他、半個室の背中には、美しい加賀友禅の、いわゆる「花嫁のれん」が下
がっていた。
 黒木と綾乃は、途中で、食事を取ることになった。列車に乗る前に、あらかじ
め食事券を買っておいたので、それを示すと、お弁当が、渡された。
 たぶん、このお弁当も、加賀屋の料理長が厳選したものなのだろう。北陸のお
弁当らしく、合鴨料理やシイタケ、ニンジンなどが豊富に入っている。
 それに、添えられているのは、おそらく加賀屋で作ったと思われる加賀ドリン
ク、加賀棒茶である。(pp.14-15)
カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

Cii standの心配り

◎週末はグルメ情報!今週はケーキだ

 松江駅南口を出たところに、私が大好きなケーキ屋さん「Cii stand」があります。⇒私の詳しい紹介記事はコチラです  いつも美味しいケーキを食べさせてもらっています。松江にもたくさんのケーキ屋さんがあるんですが、私がこのお店を気に入っている理由は、ケーキが美味しいこと以外にもあるんです。今日はそれをお話ししますね。

(1)箱詰めする際に、ズレないよう動かないようにきちんと固定してもらえるんです(写真上)。私は自転車で訪れることがほとんどなので、これは実に有り難いサービスです。他のケーキ屋さんでは、そのまま箱に入れてしまうので、家に帰るともうグチャグチャになっていることが多いんです。ケーキ同士が、あるいはケーキが箱の上部にあたって原形をとどめなくなっていることも度々。このお店はその点、紙の仕切り版で1個1個固定してあるので、家に持ち帰っても、そのままきれいな姿のままです。気持ちいい。関西博多では当たり前のサービスのようですが、松江ではまだ珍しいお店です。

(2)箱を開けやすくシール角が折ってあります。他のお店ではそのままシールを貼ってあるので、爪を立てて剥がすのが一苦労ということも多いんです。その点、こうして折ってあると、その部分からペロッとスムーズに剥がすことができるんです。ちょっとしたことですが、これも有り難いサービスですね。この点を一度聞いたことがあるんですが、店長さんが食べ歩きをしている中で、出くわしたサービスに感動して取り入れておられるんだそうですよ。

▲私の写真失敗作品!でも感じは分かりますよね

(3)買ったケーキをお客さんのところまで出てきて渡してもらえる。松江のケーキ屋さんのほとんどが、レジのところでお金を払い、そこでカウンター越しにそのまま手渡してもらうのがほとんどです。こうやって、こちらまでカウンターから出てきて渡してもらえるのは、松江では田和山「ウィーンの森」ぐらいでしょうか(出口まで持って来て渡してもらえます)。お客さん目線で大事にしてもらっているみたいで、なんだか嬉しいですよね。

 若い女性オーナーさん(講武千晶さん、26歳)は、母の日、父の日などのイベントに向けて、他のお店と新たなコラボを考えておられるとのことでした。私は最近、病院検査の結果が芳しくないので、自分でケーキを食べることはできませんが、お世話になっている知り合いの方々にせっせと届けては、喜んでもらっています〔笑〕。ぜひみなさん、一度足を運んでみて下さい。ちなみに私が今一番気にいっているのは、「フレジェ」というケーキです。♥♥♥

カテゴリー: グルメ | コメントをどうぞ

「湯元の広場」

 和倉温泉」の開湯は、今から約1200年前のことです。二羽のシラサギが傷ついた足を海中に湧く湯で癒していたのを、一人の漁師が見つけ、飛び立った場所に行ってみると、海の中からお湯がわき出ていたという伝説から、湯が湧く浦」ということから「湧浦」、これが時代を追って変化して後に「和倉」となりました。温泉の湯は、塩の香りがほんのりと漂う、日本でも珍しい「海の温泉」です。

 宿泊した「加賀屋」を出て右にちょっと歩くと、温泉街の「湯元の広場」にある涌「浦乃湯壺」には、その開湯の伝説にちなんだ二羽のシラサギのブロンズ像が立っています。岩山の上に時計台が建ち、記念碑が置かれ、塩分を含む高温の源泉が湧き出しています。像のかたわらに湧く源泉に、半熟とろとろの「温泉玉子」を作るかごが設置されており、自由に利用できます(15分ほどで完成)。噴水のように温泉が出るモニュメントの「温泉流水塔」や、高さ11.5mの日本最大のガス灯「涌浦の炎」も立っています。和倉温泉の名所スポットです。夜を迎えると、町全体が温泉街ならではのレトロな雰囲気へと変わるので、湯冷ましの散歩がてら訪れるのもおすすめです。日本でも珍しい海の温泉であり飲泉もできるので、温泉の効能を体の中からも感じてみては。♥♥♥ 

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

「理想の職業」論

 私がいつも生徒たちに話している、理想の職業」をご紹介しますね。これは日本の地球物理学の権威、故・竹内 均(たけうちひとし)先生(東京大学名誉教授)の教えです。竹内先生は、東大の教授を務める傍ら、全国を講演に飛び回られ、その後、代ゼミの校長、雑誌『ニュートン』の編集長を務め、そしてあれだけの膨大な数の著作を残された先生です。その竹内先生から教わった「理想の職業」論、(1)「好きなことをして」、(2)「それでメシが食えて」、(3)「時々人から感謝される」、この三つを満たす職業に就ければ幸せだよ、というものです。自分自身を振り返ってみるに、そういう意味で私は、まさに「理想の職業」に就いていることになりますね。大好きな英語を勉強させてもらい、給料をいただき、教え子や全国の先生方から温かい感謝の言葉をいただくことがたくさんあります。教えることが楽しくてしょうがありません。生徒たちにも、日頃から教室で「そういう職業に就ければ幸せだよ!」と、よくこの話をしてやるんです。

 センター試験が終わってからは、私は、毎日(土・日もなく)、米子東高内に昨年誕生したばかりの「勝田ケ丘志学館」へ通いました。これは前・米子東高校の校長先生だった山根孝正(やまねたかまさ)先生が、ご自分の退職金を投げうって、新設された予備校です。⇒詳しいホームページはコチラです    午前中は松江北高・補習科で教えて、松江駅に移動して、電車で米子駅~博労町へ、そして夜7時まで授業をした後で、特急「やくも」で松江に帰るという超ハードな毎日を過ごしていたんです。2月途中から左膝がパンク(激痛)してまともに歩けなくなり、米子駅から学校までタクシーで通い、帰りはいつも担任の福田先生に駅まで送ってもらっていました。結構辛かったんですが、何とか授業に穴をあけずに最後まで務めました。3月に入ると、生徒たちから続々と合格の喜びを知らせるメールが届き、嬉しく思っていました。10日で前期試験の最後の結果が出揃い、東京大学(文1)・京都大学(工)を受験した生徒も合格してくれました。松江北高・補習科で教えた生徒も、東京大学・理1に合格しました。「先生に英語を鍛えてもらったおかげです」などと言ってくれると、嘘でも嬉しいですね。松江北高・補習科で、最後の授業が終わり、大職員室の所まで帰って来ると、教えていた補習科の生徒たちがみんな追いかけてきて、御礼を言ってくれました。御礼に一発ギャグをやります、と言って披露してくれましたが、私にはチンプンカンプン、何のことやらサッパリ分かりません。それならもう一つやると言って、やってくれましたが、これまたさっぱり。年代の差を感じたことでした〔笑〕。手紙やらメールやらでいろいろと感謝の言葉をいただきました。こういう嬉しい言葉をもらうと、また調子に乗ってなかなか引退できそうにありません〔笑〕。やはり私の「理想の職業」なんでしょう。一部をご紹介しますね。♥♥♥

◎短い期間でしたが、八幡先生に英作文を見ていただき、私自身、雑に、アバウトにやるところがあったのですが、今ではケアレスミスをなくすよう丁寧に取り組むようになったと思います。本当にありがとうございました。また、読解の授業でも、一文、一文精読していく、論理的に読んでいくなどと、今までに疎かにしていたことを教えていただき、前よりも(一年前)英語を読めるようになりました(まだまだですが…)。

◎今年一年で英語に対する考えががらっと変わりました。特に、英単語は丸暗記ではない、ということは僕にとって衝撃でした。これから海外へ行くことになると思います。その時は先生に教わった知識を自信に新たなことをどんどん吸収していこうと思います。先生の授業の時の深い話も本当にありがとうございました。

◎八幡先生には、英語だけでなく、僕の知らない世界や勉強の仕方をたくさん学ばせていただきました。大学で目標を定めて、勉強をがんばりたいと思います。1年間ありがとうございました。無理はなさっていると思いますが、お体に気をつけてください。

◎第1志望で受かれたのは八幡先生の指導のお陰で踏みとどまれた(特に英作文)からだと思っております

◎ほんとに先生に鍛えて頂いたおかげです。ありがとうございます。

◎一年間大変お世話になりました!最初は英語が一番苦手な教科でしたが、おかげさまで1番楽しい教科になりました!!本当にありがとうございました!!大学でも勉強を1番に頑張ります!!

◎1年間みっちり英語を教えていただきありがとうございました。

◎八幡先生には1年間大変お世話になりました。和文英訳や英作文の添削も、指導していただいたおかげで、本番で思う通りに書くことが出来ました。本当にありがとうございました。

◎本当に1年間ありがとうございました。先生のご指導のおかげで合格できたと思っています。

◎先生のご指導のおかげで東京大学に合格することができました。東大でもこれまで学んだことを生かしながら、気持ちを新たに頑張りたいと思います。大学の様子等はまた連絡させていただきます。先生もお体に気をつけて頑張ってください。

◎理科一類に合格しました!!本当に2年間ありがとうございました!!

◎先生から教わったことを大学で最大限活かせるよう頑張ります。1年間ご指導いただきありがとうございました。

 

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

『重要問題演習』動画公開!

 昨年11月に、 『2021共通テスト重要問題演習英語リーディング』(株)ラーンズより刊行されました。来年から始まる「共通テスト」の出題方針、2回の試行調査で見られた出題様式を踏まえて、分野別に基礎の定着をはかり、「共通テスト」で求められる思考力・判断力・表現力の土台を養成するための格好の教材です。問題冊子、解答・解説、別冊「ナビゲータ&チェック」冊子(私が執筆協力)の3分冊から成り立っています。幸い増刷もかかり、全国の先生方に好評でたくさん使っていただいているようです。この本の詳しい中身の紹介・ページ見本は、ラーンズのウェブサイトに出ていますので、ぜひご覧になってくださいね。⇒コチラです

 このたび、この本の「紹介動画」が完成したのでご紹介します。

 この動画の最後の方で、私も「声」で出演しておりますので、ぜひご覧になってくださいね。最後に下のような私のイラストが出てきます。そこに私の生の声がかぶさってきます。この動画の録音をする際に(松江北高英語研究室で)、私は痛めていた左ひざに前日ヒアルロン酸を打ってもらったのが悪かったみたいで、激痛の中で収録しました。全く歩くことができませんでした。収録が終わるとすぐに整形外科に駆け込んだ、という忘れられないエピソードがあります。

 手探りの「共通テスト」対策で、何かいい教材はないか?と、お探しの先生方は、ぜひこの本の見本を手に取ってみてください。私が最も大切だと考える「勉強の仕方」「取り組み方」が詳しく解説されていますよ「ナビゲータ&チェック」冊子でこれを勉強してから、本冊の新規オリジナル問題へと進んでもらうのが、お薦めの勉強法です。♥♥♥

【追記】 今週3月15日(日)に、米子東高校内の予備校「勝田ケ丘志学館」で、来年度の保護者・生徒対象の説明会が行われます。 大きく変わる来年度の英語の「共通テスト」に関して、分かりやすくまとめた資料を作りました。「ダウンロードサイト」に登録しておきましたので、興味のある先生方はご覧ください。♦♦

・「「共通テスト」で英語は大きく変わります!」 (編)八幡成人  ⇒コチラで読むことができます

 この一年間、「勝田ケ丘志学館」で、私がどんな教材を用いてどのような指導をしてきたのかを一覧にしたものをまとめました。生徒たちはかなりの力をつけて、志望の大学に合格してくれましたので(東大・京大を含む)、方向性・指導内容は間違っていなかったものと考えています。ご参考に。♦♦

・「「勝田ケ丘志学館」英語指導年間計画」 (編)八幡成人 ⇒コチラで見ることができます

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ

「吸血鬼カード」

 カードマジック愛好家の私が最も好きなパケット・トリックが、今日ご紹介するPaul Hallus「吸血鬼カード」です。 Magic Makersから発売されていました。もうずいぶん前から演じています。

 1枚の真っ白なカードを示して、それを持って他の4枚のカードが吸血鬼の絵が描かれていることを示します。真っ白なカードは、テーブルに裏向きにして伏せておきます。「ここに4枚の吸血鬼のカードがあります」まずマジシャンは、4枚のバンバイヤー(吸血鬼)の絵が描かれたカードを1枚ずつ示します。ここで、一番上のバンパイヤー・カードを裏向きにします。1枚だけ裏向きになっているはずです。そして、テーブルに置いた裏向きの白いカードでおまじないをかけると、2枚のバンパイヤー・カードが裏向きになってしまいます。再びおまじないをかけると、続けて、3枚、4枚と次々にバンパイヤー・カードが裏向きになってしまいます。4枚全部が裏向きになりました。さてここで表を確認してみましょう。すると・・・、バンパイヤー・カードは裏向きになっただけでなく、吸血鬼は全て消えていなくなって4枚とも真っ白なカードになっているのです。なぜこんなことが起こったのでしょう?テーブルに置いてあった、おまじないをかけていた白いカードを見ると・・・なんと、お墓のカードになっているのです。あらかじめテーブルに置いたおいた白い1枚のカードには、いつの間にかお墓の絵と「Prof. Van Helsing   Vampire Hunter」と書かれ、吸血鬼が退治されたことを示したカードに変化してしまいます。ちなみに、Van Helsingという人はドラキュラ・ハンターとして知られている人です。

 ストーリーがしっかりとした手順です。しっかりとしたオチが付いています。コーティングとエンボス加工もされとても美しく品質の良いカードです。吸血鬼という、ちょっと変わったカードを使ったトリックですので、普通のカードを使ったトリックに飽きた方におすすめです。使う技法はダブルリフトエルムズレイ・カウントだけです。私は5組以上買っています。それぐらいにお気に入りのマジックなんです。♠♣♥♦

カテゴリー: マジック紹介 | コメントをどうぞ

読書三昧!

 2月いっぱいで、私の全ての授業が終わり、3月は完全にフリーとなりました。1月のセンター試験が終わってからは、毎日(土・日も)米子に教えに行っておりました。午前中は松江北高補習科で授業し、松江駅に移動し、電車で米子まで、午後7時まで授業をして特急「やくも」で帰る、というハードな日々を過ごしておりました。ようやく解放されました。3月に依頼されていた県外の「共通テスト」の特別授業も、一斉休校でキャンセルとなり、完全に朝から晩まで自由に過ごせる天国状態です。思い起こせば、退職時に2ヶ月だけこんな有り難い日々を過ごして以来の経験です。生徒たちから届く「合格」のメール報告を喜びながら、読書三昧の日々を過ごしております。3月は旅行三昧と考えておりましたが、どこへ行っても休館・休園なので、旅に出ることもできません。書店に出かけて本を仕入れたり、馴染みのお店に食事に行ったりで、のんびりと過ごしております。今年一年使った教材の手入れをしたり、来年度用に手直しを加えたりする時間がたっぷりとできました。

 溜まりに溜まった積み上げられた本を、1冊1冊読破しております。毎日「今井書店」「BOOKOFF」松江・出雲「BOOKOFF」は、都会のお店よりも品ぞろいがいいんです。都会にはない本が結構手に入るんですよ。旅先の「BOOKOFF」を回ってみて、これは意外な発見でした)に出かけて、補充をしております。今日はこんな本を「今井書店学園店」から仕入れてきました。読書三昧、最高です。

 買い溜めしてあるマジックの最新商品の整理にも充てたいと思っています。今日も「フェザータッチマジック」から、4つの最新用具が届きました。あ~、天国です。♥♥♥

カテゴリー: 日々の日記 | コメントをどうぞ