ザック・セイバーJr.

 私は熱狂的なプロレス・ファンなんですが、最近とっても気になっているレスラーがいます。ザック・セイバー・ジュニア(Jr)(30歳)という選手です。1987年7月24日生まれ。14歳から地元イギリスの「NWA-UKハンマーロック・レスリングスクール」に通ってレスリングを学んでいます。そこではプリンス・デビッド(現フィン・ベイラー)も一緒に練習していたといいます。2011年には日本のプロレスリング・ノアに留学生として初来日を果たし、道場に住み込んで巡業にも帯同していました。2004年3月に母国・イギリスでデビュー。伝統のランカシャースタイルのレスリングで、ヨーロッパ各地のリングやプロレスリング・ノアで活躍してきた若者です。変幻自在の関節技、グラウンドテクニックのバリエーションで、世界中のプロレスファンから注目を浴びる“英国の若き匠”です。イギリス出身の新世代3選手、ザック・セイバーJr.、ウィル・オスプレイ、マーティ・スカルを総じて、「ブリティッシュ三銃士」と呼ばれることもあるようです。183センチ85キロの細身で、ノッポ、迫力どころかか弱ささえ感じる体格ですが、関節地獄に引き込んでしまえば、体格は全く関係ありません。昔から「柔よく剛を制す」と言います。「7822個の関節技」を持つと称しています。また、彼はベジタリアンよりも厳しいビーガン(完全菜食主義者)だそうです。ベジタリアンは、植物性食品・卵・乳製品を食べますが、ビーガンは動物性の食品も一切摂りません。動物の皮でできた製品も一切身につけない、というほど徹底しているそうです。

 2017年3月6日『旗揚げ記念日』で、新日本プロレスに初上陸。新日本ではジュニアヘビー級戦士から、ヘビー級戦士へと転身。柴田勝頼を下し、「RPWブリティッシュヘビー級王座」のベルトを奪還。今春新日本プロレスの「ニュージャパンカップ2018」においては、初出場で初優勝。1回戦で内藤哲也(タップアウト)、2回戦で飯伏幸太(レフリーストップ)、準決勝でSANADA(タップアウト)、決勝戦では棚橋弘至(タップアウト)と、新日本の実力者たちをことごとくギブアップで退けての優勝は、まぐれではないことを物語っていました。「ニュージャパンカップ2018」の優勝戦の棚橋戦の試合映像を貼り付けておきますね。34分過ぎ棚橋の膝を破壊した「オリエンテーリング・ウィズ・ナパーム・デス」という必殺技は実に説得力のあるものでした。棚橋が悶絶していますね。

 毎回試合前に行うTAKAみちのくの巧みなマイクパフォーマンスの前振り。そのインパクトもありザックの存在感も際立っています。「いつ、何時どんな態勢でも関節技、サブミッションホールドを決められるこの男! 無限のサブミッションホールドを持つこの男! he is サブミッションマスター !he is ZSJ! he is ザック・セイバーJr.! ザックの前に立つ奴は皆ジャスト・タップ・アウト! ギブアップあるのみ!」この絶妙なダサさのセリフ回しがまた観客の印象に残りやすく、最近では「ジャスト!タップ!アウト!」を一緒にコールする人も増えているので、間違いなく定着しつつあります。ザックのサブミッションの恐ろしさをしっかりと刷り込んで、技を繰り出すたびに、不安&恐怖が漂うように心理操作しているところも凄いですね。

https://njpwworld.com/p/o_original_0008_320

  そんな背景もあり、4月1日(日)に、新日本プロレスの両国国技館で開催された「サクラジェネシス2018」の生中継で、オカダ・カズチカとの「IWGPヘビー級タイトルマッチ」を最後まで興奮しながら見ていました。前哨戦を見ていると、オカダが関節地獄の餌食になって王座転落もあるのではないかと、期待を抱かせる戦いぶりでした。試合中も、オカダの出す技を受けながら、一瞬のスキを突いて得意の関節技へと執拗に引き込むテクニックは見事というしかありません。ありとあらゆる体勢から、腕関節や足関節を取り締め上げる度に、オカダは悲鳴を上げていました。試合後もオカダはザックの関節技が「すごかった」と舌を巻いていました。試合後にはオカダの右手はもう上がらなくなっていましたから。必殺技の「レインメーカー」「飛びつき腕ひしぎ逆十字固め」に捕らえ、「三角絞め」に移行する所など、見どころ満点でした。「変形オクトパスホールド」に捕らえられ、オカダもギブアップ寸前、ロープに逃れるのがやっとです。反撃に転じた「ツームストンパイルドライバー」からお得意の「レインメーカーポーズ」を決めたその瞬間、腕を取って必殺の「ジム・ブレイクス・アームバー」を決めます。「ヨーロピアン・クラッチ」「ジャパニーズ・レッグクラッチホールド」を立て続けに決める所など、かつての故・ビル・ロビンソンの往年の姿を思い出しましたね。最後は「旋回式ツームストンパイルドライバー」から「レインメーカー」という必殺フルコースで敗れこそしましたが、存在感はたっぷりと見せつけたザックです。

 でもこれ全~部予め計算された予定通りの展開。試合が終わった後、マネージャーの外道が観客をあおって、新たな挑戦者棚橋をリングに迎え入れる。棚橋も入場してきてオカダに宣戦布告。5月ゴールデンウィークにはV11同士の因縁の対決が決定。全ての儀式が終わった時点で、レインメーカーお決まりのお金(レインメーカードル)の雨が会場に噴射されて終了。事前に筋書きができていなければ、こんなにトントン拍子に事が運ぶわけがありませんね。全てはマッチメイカーの仕組んだとおりに展開していくのがプロレスです。そんなことも分からずに、純粋に応援していた若い頃が微笑ましく思われます。❤❤❤ 

広告
カテゴリー: 日々の日記 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中