バッカスアイス

◎週末はグルメ情報!!今週はアイスクリーム

▲冬の定番「ラミーチョコレート」と「バッカスチョコレート」

 (株)ロッテから出ている「ラミー」「バッカス」は、冬季限定で販売される我が国で半世紀以上も愛されているロングセラーの洋酒入りのチョコレートです。「ラミー」にはラムレーズンが、「バッカス」には芳醇なコニャックが組み込まれており、どちらにもアルコールが1%以上使用されています。お酒の全く飲めない八幡ですが、このチョコレートだけは、若い頃から大好きなんです。⇒コチラに詳しく書きました

 そして今季は、ロッテから10月11日、アイスクリームタイプの「バッカスチョコアイス」(248円・税込)も新登場しました。バッカスのアイス化は初めてで、現在注目を浴びています。昨年も人気だった「ラミーチョコアイス」(248円・税込)も、再登場しています。チョコアイスと洋酒が組み合わさった大人の味覚を楽しむことができます。イオンで買ってきました。

■『ラミーチョコアイス』

 美味しさの秘訣は、薫り高いラムの味わいです!まるごとラムレーズンが入ったチョコアイスと、洋酒がほんのり香る芳醇な生チョコレートが一緒に楽しめるカップアイスです。生チョコ部については、洋酒がほんのり香る、大人の味わいの柔らかい生チョコになります。洋酒の風味や香りを楽しめるように、オーク樽から抽出した香気成分をアイスに付与し、口の中で広がる薫り高いラムの味わいが感じられる品質に改良しました。生チョコの下のチョコレートアイスの中には、ラム酒の香りたっぷりのレーズンがゴロゴロと入っています。

■『バッカスチョコアイス』

 今年は「バッカス」もアイスとなって新登場です。とろ~んと口に広がる芳醇なブランデーの味わいと、チョコの美味しさが楽しめるアイスです。「バッカスもアイスで食べたい!」と思っていたみなさんにとっては、待望の新発売ですね……!

ロッテのバッカスチョコアイスのパッケージ

 「バッカスチョコアイス」は、チョコアイスにコニャックを加えたブランデーソースを合わせ、天面にチョコをかけて仕上げられています。先の「ラミーチョコアイス」はラムレーズンの食感がポイントですが、「バッカスチョコアイス」は滑らかなくちどけが楽しめそうですね。天面にたっぷりとかかっているパリパリのチョコレートから、口溶け良くカカオの香りが広がる、ビターな味わいが特徴です。チョコアイスも、濃厚かつ甘さ控えめで、後味はさっぱりとしていますね。ブランデーシロップは想像以上にたっぷりと入っていてびっくりします。とろ~っとした食感が味わえるのと同時に、ブランデーの上品な香りがほのかに広がります。ビターなチョコレートとのマリアージュが楽しめますよ。贅沢な口どけに虜になる人が続出の予感がします。カカオのビターな香りとブランデーの華やかな香りが広がる、贅沢で大人なアイス。本家のおいしさはそのままに、脂肪分の低いラクトアイスでしっかりと再現されていました。ブランデーの味わいがクセになる美味しさです。チョコレートのアルコール分は3.2%に対して、アイスは1.1%です。

ロッテのバッカスチョコアイスの開封後

ロッテのバッカスチョコアイスをスプーンですくっているところ

 「ラミーチョコアイス」「バッカスチョコアイス」の両方を食べ比べしてみるのも楽しいかもしれません。ただ、アルコール分が1.1%分入っているので、注意してくださいね。あ、それからワンポイント情報を。冷凍庫から出して数分間待ってからが、ベストな食べ頃です。アイスとチョコレートが柔らかくなって、口溶けもアップしますよ。♥♥♥

カテゴリー: グルメ パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中