Pocket Money

 イギリスのマーク・メイソン(Mark Mason)は、良質なマジックを数多く届けてくれる腕利きプロデューサーですが、今回は“Pocket Money”という素晴らしい新作を届けてくれました。観客の手とポケットで起こす強烈なコインマジックです。作者は、最近大活躍のウェイン・ドブソン(Wayne Dobson)です。この会社の商品にハズレはまずありません。安心して購入できます。♠♣♥♦

 小さなベルベットの袋から、各国の5種類のコインを取り出します。例えば、チャイナコイン(中国)、1ペニー(イギリス)、25セント(アメリカ)、50ユーロ(欧州)、500円(日本)としましょう。テーブルに並べたこれらのコインを観客に握りとってもらい、そのままズボンのポケットに入れてもらいます。ここで、ポケットに手を入れて適当に2枚のコインを握り、取り出してもらいます。演者は、手の中を透視する仕草で「その中になんとなくですが、小さい銀貨、アメリカの25セントコイン…は見えませんので、手の中にはないはずです」と透視結果を述べます。手を開いてもらうと、正解です!続いて、同様にポケットから2枚のコインを握り、取り出してもらいます。再度、演者は観客の握った手の中を透視します。「今度はハッキリ見えます。今手の中には、穴あきチャイナコインと日本の500円硬貨が握られているはずです!」またも正解です!ここから最後のクライマックスです。「残った最後のコイン25セントコインを取り出してください」と観客に指示しますが、観客はポケットに手を入れて確認しますが、『もうコインはありません』と答えます。ここで、最初からテーブルに置いてあった小さなポーチを観客に渡し、中を確認してもらいます。中からポケットにあるはずの最後の消えたコインが出てくるのです!すべての5枚のコインは即観客に手渡し確認してもらいますが、何もおかしいところはありません。全ては観客の手の中、ポケットの中で起きます。セットにはギミックコインも含め5種類のコインが付属されています。この中のコインを最大3枚は好きなコイン(例:日本のコイン)に替えてできるので、日本人には嬉しい手順です。チョット高いですが、ギミックコインは、大変精巧にできていますので手渡しOKの価値あるコインです。なくさないないようにしよう!

カテゴリー: マジック紹介 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中