戸田奈津子さん

 戸田奈津子さん、言わずと知れた日本の映画字幕翻訳の第一人者です。津田塾大戸田奈津子学・英文科時代は、一人映画館に通う毎日でした。大学三年、そろそろ就職を考えなくてはならない時になって、映画の字幕をつけている人の存在を知ります。しかもそれを職業として。当時の第一人者清水俊二さんに手紙を出して、お目にかかります。「とにかく難しい仕事だよ」と言われましたが、決してあきらめませんでした。とりあえず大学の紹介で、第一生命の社長秘書室に勤め、英語文書の翻訳を主にしますが、9時から5時まで拘束されることと、制服を着せられることが苦痛でたまらず、わずか一年半で退職します。組織の一員として働くのは性に合わないのでした。フリーで雑誌記事の翻訳や単行本の翻訳などをやりながら、清水先生に「まだあきらめてはいません」と年賀状を送っています。年頃なので、母親からは縁談を勧められますが、結婚願望はなく、好きでもない人と結婚するなんてまっぴらごめん、と断り続けます。何としても映画の字幕を仕事にしたい、その一心でした。この頃の自分を回想して、次のように語っておられるのが目を引きました(『PHP』2月号、2014年)。

 「追い続けていると、夢はいつか必ずかなう」などという人がいます。でもこれは、非常に危険な考え方です。夢がかなうかかなわないかは、五分五分、追い続けても、かなわずじまいで終わってしまうことも、決して珍しくありません。「かなわないこともある」という現実を直視することも大事です。私がホームレスを覚悟しつつ、一方では、目の前の仕事にも精を出していたのはそうした意識があったからです。(中略) 夢や目標を成就させるには、何よりまずその対象が好きなことが大切です。好きでないと長く続けられない。私は映画が好きだから英語を勉強しました。そうでなかったら、英語は勉強しなかったでしょう。(中略) 現実を見据えつつ、好きなことに打ち込む。結果がついてきたら、ラッキー。そう思って前を向き続ける人生もまた、素敵ではないでしょうか。

   大学を卒業して十年経った頃、映画『アリスのレストラン』(1966年)の記者会見の通訳の仕事が舞い込みます。これが外国人としゃべった初めての機会だったそうで、非常に緊張したそうです。この通訳という仕事、元来、私は大の苦手。私たちの世代は英語を聴いたり話したりの勉強はいっさい受けていないから、読み書きはできても会話はできない。私も当初は恥をかきかき、通訳の仕事をしていました。なにしろ初めて英語をしゃべったのは三十歳を過ぎてから」と。以降、一年に数本、字幕翻訳をするようになります。大きな転機は、さらに十年後の43歳のとき、フランシス・コッポラ監督『地獄の黙示録』(1979年)でした。来日したコッポラ監督の通訳をしたことが縁で、撮影現場にも立ち会わせてもらい、字幕を任せると言ってもらいます。これで次々と仕事が舞い込むようになり、一週間一本の仕事のペースで字幕翻訳を依頼されるようになったのです。「20年待ち続けて、やっとやりたい仕事ができるようになった」と、無我夢中で仕事に打ち込み、多い時には年間50本の映画を手がけました。その間、字幕の質に関して、かなり辛辣な批判にもさらされましたが、めげることはありませんでした。ハリウッドの名優が来日すると、記者会見でよく隣に座って通訳をしているのが戸田さんです。彼らから絶大な信頼を寄せられている証です。

 5年ほど前に、「映画にドラマを感じることが少なくなった」と気づき、手がける映画の本数を5分の1に減らしました。自由な時間が増え、海外旅行やドライブを楽しみ、今はタップダンスに夢中です(『読売新聞』)。全盛期のようにあれもこれもやると負担になる。体と相談しながら、老後を楽しまなくちゃね」と、笑顔で語ります。

DSCN3354 彼女の体験に基づく参考になる本は『字幕の中に人生』(白水社、1997年)『字幕の花園』(集英社、2009年)などいくつかあります。若い頃、戸田さんの字幕映画(ジェームズ・ボンド物は戸田さんが多いです)を見るたびに読み返したものです。かつて、戸田さんがアメリカの人気マンガ「ガーフィールド」の翻訳をされたことがあり、私はその推薦文を書かせていただいたことがあります。今となっては懐かしい思い出です。

DSCN3355

カテゴリー: 日々の日記 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中