TTO

 エースが沈みました。2019年2月11日、新日本プロレス「THE NEW BEGINNING in OSAKA」のメインイベントで、大事件が起こりました。『BULLET CLUB』のジェイ・ホワイト選手が、棚橋弘至選手の持つ『IWGPヘビー級ベルト』に初挑戦して、必殺の「ブレード・ランナー」で初戴冠を実現したのです。キャリアわずか6年の26歳と4ヶ月。まだ若いチャンピオンです。中邑真輔選手、オカダ・カズチカ選手に次ぐ若さでの戴冠劇に「大阪府立体育会館」(エディオンアリーナ大阪)には激震が走りました。大の字の棚橋選手は「もう無理だ……」と言葉を残して、控え室を後にしました(この日も試合前に東京から担当医を呼び寄せ、痛み止めの注射を打って出陣していました)。2012年にやはりここ大阪で起こしたオカダ・カズチカ選手の「レインメーカー・ショック」以来のサプライズは、これからの新日本プロレスの歴史の中で「スウィッチブレード・ショック」として語り継がれていくことになるでしょう。新日本プロレスは、新たな若いチャンピオンの誕生と共に、新時代へと向かうのかもしれません。

 ジェイ・ホワイト選手は来日後、新日本プロレスの入団テストを受けて道場で育ちました。数年前までは、海野翔太選手や成田 蓮選手と同様に、セコンド業務をこなし、先輩のお世話をしていたヤングライオンです。青い目のヤングライオンだったジェイ・ホワイト選手は、2016年6月19日、大阪で壮行試合を行い、海外遠征に旅立ちました。その際、日本語でファンにメッセージを送っていました。「新日本プロレスリングは俺の家だ!(ファンを見て)あなた、あなた、あなた、あなたは私の家族です」と。3年半前、第0試合でROHへと旅立った男は、メインイベンターへと成長を遂げて帰ってきました。お正月のイッテンヨン『レッスルキングダム13』では、オカダ・カズチカ選手をも「ブレードランナー」で完璧に破りました。そして今回の棚橋選手。新日本プロレスで今最も勢いのある男、それが“switch blade”ジェイ・ホワイト選手なのです。試合後も、リング上で控え室で、饒舌に自分の生い立ちをまくしたてアピールしていました。お前ら全員が疑っていたことをすべて成し遂げてやった。俺こそ有言実行の男だ。新しい時代へようこそ!」

 スイッチブレードショーを見たか?ショックを受けているかもしれないが、オマエたちの感情なんてオレにはどうでもいい。オレは言ってきたこと、やるべきことをやってきた。そしていま正式に、レフリーもタナも止められなかった強さをもって、チャンピオンになることができた。デビューして6年、新日本に入門してわずか4年で、この最高の名誉をオレは新日本のためだけではなく、プロレス界のために闘っている。オレこそが真のチャンピオンであり、世界を変える準備はできている。オレは天才だ。オレたちこそがカネを生み出せるヤツらなんだ。(次はMSG?)ニュージャパンカップでの防衛戦はないだろうから、MSGまでオレは防衛戦をするつもりはない。MSGは多くの人間が待っていた大会かもしれないが、みんなオレのことなんて大嫌いだろ?オレは真実のみを掲げ続ける。26歳のオレがこの立場になったことに、多くのヤツが嫉妬するだろう。嫉妬している自分に鏡を見て気づけばいい。みんなオレに焼きもちをやいていることに気づけばいい。新時代だ。(試合後のコメント)

 ジェイ・ホワイト選手の「ブレード・ランナー(変形コンプリートショット)はとんでもない必殺ワザです。レインメーカーを切り返し、ハイフライ・アタックを受け止めて、すぐさま発射し、効果は絶大でした。まさに勝つために生まれた一撃必殺の最高の技です。この技を懸けた攻防も見応えは十分。大阪での棚橋弘至選手との試合終盤でも、幾度となく技の読み合い・切り返しが見られ、見応えたっぷりでしたね。貰ったら即終了の技を高速で繰り出してくるだけに、一瞬の隙すら与えられません。今回の大阪も、勝負どころと放ったハイフライ・フローを見て、オカダ・カズチカ選手ですら、ほぼ全員が勝ったと思った状況から、キャッチされてそのままブレード・ランナーを決められ、ひっくり返されたのですから。今のジェイ・ホワイト選手は桁外れに強い。一体、今度は誰が新時代へと挑むのでしょうね?ちょっと思いつきません。

 2月の新日本プロレス札幌大会2連戦で初めてお披露目した、彼の新技「裏足4の地固め」に、目が釘づけになりました。棚橋選手とヨシハシ選手が、2日連続でギブアップ負けを喫した拷問技です。試合後のインタビューでこの技の名称について聞かれたジェイ・ホワイト選手は、ナハシップウト」の頭文字をとって「TTO」でどうだ、と言いました。翌日、ヨシハシ選手がギブアップした際には、「YTO」と公式発表されました。シハシップウト」の頭文字ですね。かける相手によってネーミングが変わるというのもグッド・アイデアですね。足をグイグイ絞り上げることで、関節に激痛が走ります。ただでさえ、右膝に古傷を抱えている棚橋選手にはたまったものではありません。この技はその昔、故・ラッシャー木村選手や吉江 豊選手が使っていた痛め技ですが、ジェイ・ホワイト選手の場合は、必殺技の説得力を持っています。入り方も実に切れ味鋭く巧妙で、いかにもフィニッシュ・ホールドらしい拷問技となっています。札幌での映像がありました。♠♠♠

カテゴリー: 日々の日記 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中