「負けないで」

    「負けないで」     作詞 坂井泉水

ふとした瞬間に 視線がぶつかる
幸運(しあわせ)のときめき 覚えているでしょ
パステルカラーの季節に恋した
あの日のように 輝いてる あなたでいてね

負けないで もう少し 最後まで 走り抜けて
どんなに 離れてても 心は そばにいるわ
追いかけて 遙かな夢を

何が起きたって ヘッチャラな顔して
どうにかなるサと おどけてみせるの
“今宵は私(わたくし)と一緒に踊りましょ”
今も そんなあなたが好きよ 忘れないで

負けないで ほらそこに
ゴールは近づいてる どんなに 
離れてても 心はそばにいるわ
感じてね 見つめる瞳

負けないで もう少し 最後まで
走り抜けて どんなに 離れてても
心は そばにいるわ
追いかけて 遙かな夢を

負けないで ほらそこに
ゴールは近づいてる
どんなに 離れてても
心は そばにいるわ
感じてね 見つめる瞳

 大震災・大災害が起こったときには、よくZARD「負けないで」という歌が応援歌としてかかりますね。「負けるな、頑張れ!」という熱い思いが込められています。元々はフジテレビ系のドラマ「白鳥麗子でございます!」のエンディングテーマとして流れたものです。1994年には春の甲子園、第66回選抜高等学校野球大会の入場行進曲にも採用されたことがありました。日本テレビ系「24時間テレビ「愛は地球を救う」」のチャリティ・マラソンのゴール直前では、出演者全員での大合唱が定番になっていました。これだけ長い間に渡って、この曲が多くの人に愛され、歌い継がれてきた理由は一体何でしょうか?メロディーのポップさ、透明感のある彼女の歌声はもちろんですが、私は、故・坂井泉水(さかいいずみ)さんの書いた詩に、その大きな理由が隠されていると思っています。知らないうちに、“負けない”暗示をかけてもらっている不思議さがあります。彼女は粘って粘って推敲を重ねながら言葉を紡いでいました。私が尊敬している音楽評論家の小貫信昭さんが面白い観察をしておられましたね。

 作詞家・坂井泉水の特色として、流行の言葉や外国語に逃げなかったことが挙げられる。もちろん時には英語のフレーズを使ったが、しかしそのことでワン・クッションを得て、さらに真意を伝わりやすくするための工夫でもあった。推理小説の女王・アガサ・クリスティは登場人物が纏う洋服のモードを、あえて具体的にはしなかったという。なので、彼女の小説は、いまも読み継がれている。坂井泉水の作風にも似たところを感じる。これが“スタンダード性”のひとつの理由かもしれない。

 さて、このZARDの6枚目のシングル名曲「負けないで」が、2014年から高等学校英語の教科書『MY WAY English Communication II』(三省堂発行)に採用されています。初年度でも、全国約400の高等学校で採用されました。教科書の中ではLesson 7 「An Encouraging Song(元気がでる歌)」として、負けないで」を紹介。Sakai became famous as a singer in the early 1990s. と記して、I have always treasured words from the bottom of my heart. I would like to send my messages to others through my music.(私はいつも心の底から歌詞を大切にしてきました。私の音楽を通してメッセージをみなさんに送りたいのです)という坂井さんの生前の言葉を紹介しています。1995年1月の阪神淡路大震災や、2011年3月の東日本大震災の際に多くの人々を励ましたこと、1994年には選抜高等学校野球大会の入場行進曲に採用されたこと、坂井さんが言葉にこだわり、制作にDSC00546全精力を注いだことなどが、何度も何度も書き直された直筆の歌詞とともに伝えられています(写真下)。発行元の三省堂は、題材の採用理由について、「約20年間も色あせることなく、今もって若者の間で、“人生の伴走歌”として歌い継がれてきています」と説明「その秘密は何かと言いますと、坂井泉水さんが何度も何度も繰り返し繰り返し練り直して完成させた歌の歌詞にあります」「“ことば”そのものが持っている大きな計り知れない『魔法の力』に気づいてもらい、この多感で悩み多い高校時代を強く乗り切っていってもらいたい」との編集の思いを込めたとのことです。

DSC00545

 さて、この「負けないで」という歌は、一般には上の教科書のように、人生の「応援歌」としての位置づけで歌われることが多いのですが、実は、作った坂井さん本人の意図とは全く異なるものでした。ここからが今日の私の課題です。「勝田ケ丘志学館」の生徒たちに、歌を聴いた上で、上の教科書の英文を速読してもらい、要点をまとめてもらいました。新しく始まる「共通テスト」では、特にこのような力が問われます。

負けないで もう少し 最後まで 走り抜けて
どんなに 離れてても 心は そばにいるわ
追いかけて 遙かな夢を

 この歌詞をじっくりと読んでみると、男女の恋愛の世界観」を詠んだ歌であることが一目瞭然です。夢を追い続けている大好きな男性がいて、私が身を引けば、あなたは思う存分夢を追いかけることができる。だから私はあなたを嫌いになったりせずに、離れていてもずっと応援し続けます、ということです。明らかに切なさがにじんだ女性の失恋ソングです。私はZARDの熱狂的なファンで、その全ての曲を聞いていますが、ZARDの楽曲に出てくる女性像はほぼ一貫しています。歌詞の世界は、恋愛で振る、振られるではなくて、愛する男性の夢の実現のために、自分からソッと身を引くスタイルのものが圧倒的に多いのです。坂井さんの歌詞の世界観と、日頃の坂井さんの姿がマッチングしていた」と語るのは、デビュー当時からのディレクター寺尾 広(てらおひろし)さんです。髪型を変えず、ほとんどメイクもしていない。ラフな感じの部屋着を着ている。男性の後ろを3歩下がって歩くような『昭和の女』であろうとしたんです。歌詞に書いたような女性の姿を、彼女自らなりきっていた。それが多くの人の心をつかんだと思う」 

 愛する男の子のために身を引き、遠くで応援し続ける「平成に生きる昭和の女」の歌であることは、最近の坂井泉水『永遠』(幻冬舎)の中で、長戸大幸プロデュサーも語っていました。そんな失恋ソングがなぜ「応援歌」として定着したのか??が大きな「謎」ですね。実は、この曲の発売日は1月末でした。165万枚も売れたこの曲が(ZARD最大のヒットシングル、この曲を収録したアルバム『揺れる想い』は223.9万枚も売れました)、受験シーズンの真っただ中で、そーっと受験生の背中を押すような意味合いの応援歌となっていったものです。後は「負けないで」というメッセージが、自ら独り歩きを始めたというわけです。

 来たる5月2日には、デビュー前から坂井泉水さんと親交があった倉木麻衣をはじめ、作・編曲のみならず、ライブなどZARD/坂井泉水と活動を共にしたミュージシャンや作家陣、楽曲制作に携わった歴代のディレクターやエンジニア、総勢25名のインタビューを収録した『ZARD坂井泉水~Forever You』(Musing、2,200円)が発売になります。坂井泉水との初対面の想い出や最後に交わした言葉、初ツアーのリハや本番直前におけるメンバーとの知られざるエピソード、現場で見せる坂井泉水の驚きの言動やお茶目な一面、後輩へ送ったアドバイスなど、新証言の数々を収録しています。ZARDと現場を共にしたミュージシャンや制作陣の証言により、ZARDを世に送り出し、トップアーティストに育てあげたプロデューサー・長戸大幸氏のプロデュース論やアーティスト論が窺い知れる価値ある一冊です。私は早速出版元に予約しました(書店販売はない予定)。♥♥♥

カテゴリー: 日々の日記 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中