Brain Drain

    Colin Williamsによる全く新しいアイディアのスペシャル・デック「Brain Drain」 です。現象としては、あの有名な「ブレーンウェーブ・デック」なんですが、原作からは格段の進化を遂げています。仕組みは全く異なります。52枚のカードは自由に見せることもできます。

 赤裏のデックを示し、1枚1枚広げて異なる52枚のカードであることを示します。ここら辺がブレーンウェーブ・デックと異なるところですね。表を広げていきながら1枚好きなところで人差し指でストップをしてもらいそのカードを引き出します。観客が全く自由に選んだカードです。このあたりのスムーズさもブレーンウェーブ・デックとは格段の進歩です。それをデックの中から取り出すと・・・・なんと、そのカード一枚だけ裏の色が違っていて青裏なんです。応用編として他のやり方も考えられ、カードの表をファン状に広げて観客に好きなカードを選んでもらっても・・・そのカードだけ裏の色が違います。52枚のカードは自由に見せることが出来ます。好きな数字とマークを観客に言ってもらうだけでもいいです。もちろん、フォースなどは必要ありません。ここら辺もブレーンウェーブ・デックではできなかったことです。スペシャルバイシクル・デックとレクチャーDVD(英語、ボーナスキャプチャー付き)のセットになります。これ、気に入っています。♠♣♥♦

 

カテゴリー: マジック紹介 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中