In fact

  英語で「分かってないなあ~」と思う事項が山のようにあるのですが、その中でも最もひどいのが、長文に頻出する成句in factの使い方です。模試でも長文問題集でも、その多くが、in factを、何でもかんでも「実は」とか、「実際」と訳して終わりです。教員の中にも、「実は」と片付けて、何の問題意識も持たない人が多くいます。模試や問題集にもよく出てくる頻出表現ですが、「解答・解説」を見ると、決まって「実は」「実際(は)」でごまかしています。ひどい熟語集になると、こんな用例を出して終わりです。これでは、高校現場で、生徒たちが何でもかんでも「実は、実際」と片付けてしまうのも無理はありませんね。

In fact, my parents are against my part-time job. 実は、両親は私のアルバイトに反対している。  ―木村達哉『新ユメジュク』

 実は(?)〔笑〕、私も高校時代に、英語の先生からそのように習ったのですが、大学時代に新聞・雑誌・小説をむさぼり読む中で、これはちょっとオカシイぞ、と気づきました。以来、ずっと用例を集める中で(八幡の用例キャビネットには数百枚のin factの用例があります)、明らかに間違っているという認識を抱くようになりました。上の用例のどこがまずいかと言うと、(1)in factがどのような文脈で使われるかが全く分からないこと、(2)前文とのつながりを考えると、「実は」はあり得ないこと、の二点です。日本語の「実は」でも、一応意味は通じてしまうところが、この問題を根深いものにしています。しかし、二つの文のつながりは、見事に見落とされてしまっているのです。日本語の「実は」の意味は、「めんどうな説明を省いて内情(事実)を端的に言うならば」(『新明解国語辞典』第8版)ということです。英語辞典では、この句の意味を、(a) used when you are adding something, especially something surprising, to emphasize what you have just said    (b) used to emphasize that the truth about a situation is the opposite of what has been mentioned [LDOCE]と説明していますが、そのほとんどが、(b)の用法です。

 二つの文章のつながりを、次の英米の学習辞典の用例で確認しておきましょう。

I thought the work would be difficult. In actual fact, it’s very easy. [OALD]

I know the mayor really well. In fact, I had dinner with her last week. [LDOCE]

They told me it would be cheap, but in fact it cost me nearly $500. [LDOCE]

I don’t work. In fact, I’ve never had a job. [CALD]

I haven’t seen him for years. In fact I can’t even remember what he looks like. [MED]

I know her really well. In fact, I had dinner with her last week. [LAED]

That sounds rather simple, but in fact it’s very difficult. [CAAED]

They know each other; in fact they’re close friends. [MWALED]

 前の文と後ろの文がどのような関係でつながっているのかを考えれば、「実は」では説明できないことが一目瞭然お分かりいただけるでしょう。私は現場での注意喚起を促すために、最新の『直前演習2022共通テスト 英語(リーディング)』(ラーンズ)別冊付録「攻略BOOK―Score Up & Check―」に、このin factのコラム記事を書き、解説しておきましたのでお読み下さい(写真下)。「もっとはっきり言えば」「いやそれどころか」「ところが実際には」といった訳語が指導されないといけません(「実は」という意味になるのはどういうときかに加えて)。もう一つのafter allも、現場で広く誤解されている表現です(何でもかんでも「結局」としてしまいます)。⇒私の解説「after allは「結局」ではない!」コチラです

 このような、現場で見逃されてしまっている大きな誤りを取り上げて私なりの解説を加えたのが、『高校通信東書英語』No.124~No.134(東京書籍、1983~1984年)に連載した八幡成人「英和辞典のウソ(1)~(9)」、『現代英語教育』4月号~3 月号(研究社、1990~1991年)に連載した「ボリンジャー博士の語法診断(1)~(12)」でした。懐かしい!♥♥♥

カテゴリー: 英語語法 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中