MARUZEN

 博多駅ビルの8階に「丸善」(MARUZEN)ができていてびっくりでした。津和野高校勤務の3年間に、博多に37回足を運んでいます。その目的の大半は、天神にある「ジュンク堂」に寄って、洋書・和書を仕入れて帰ることでした。探そうと思って出向いた本が空振りでなかった試しは1回もなかった、と記憶しています。各フロアで分からない本の情報を聞いても、スピーディに的確に答えてもらえるのが、大好きでした。島根県の本屋さんではまずありえないことです。当時の丸善は、その近くのビルに入った小さい店舗でした。博多駅前のバスセンタービルには紀伊国屋」が入っていまして、それらをはしごして帰るというのが、楽しみでした。それにこれだけ広い丸善が加わったのですから、博多はとても魅力的な街です。新しく出たオックスフォード系のアメリカ英語辞典や、新刊のペーパーバックなどを大量に買い付けて、自宅に送ってもらう手配をして、店を後にしました。800坪の明るく広々とした売り場に、蔵書約60万冊の充実したお店でした。また行こう!

 センター試験の第4問題図表・グラフのA問題を苦手にしている3年生が多いようです。山下りょうとく先生「第3回全統マーク模試」を題材に解説をしておられます(約50分)。第4回目の特別講義です。ぜひのぞいてみてください。それでコツをつかむとよいでしょう。この問題の英文の語彙には特徴があって、これを押さえていない人は、英文を読むのに苦労します。山下先生のホームページ上にある「ビジュアル問題頻出表現のまとめ」というファイルをダウンロードして押さえておくとよいでしょう。 ⇒山下りょうとく先生の特別講義(4)はコチラ

⇒山下りょうとく先生のホームページのセンター関連ファイルのダウンロードはコチラ

カテゴリー: 日々の日記 パーマリンク