take the liberty to do ?

 OEDCODなどによれば、次の(a)型、(b)型の両形が可能であることは間違いなさそうです。意味はどちらも「勝手に…する」です。

         (a) take the liberty of doing           (b) take the liberty to do

 実際『ヤングジーニアス英和辞典』『Eゲイト英和辞典』『グランドセンチュリー英和辞典』『ユースプログレッシブ英和辞典』などが、両方の形を何の注記もなしに併記しています。わずかに『アクティブジーニアス英和辞典』だけが、(b)型を「今はまれ」と注記しているのが目に留まるぐらいでしょうか。私たちの『ライトハウス英和辞典』では、(a)型のみを取り上げて、(b)型は無視しています:May I take the liberty of calling on you tomorrow?(勝手ながら明日お伺いしてもよろしいでしょうか)

 こういうコロケーションに強いBBI(2009)を見ても、(a)型の用例のみを示すだけなので、著者のイルソン博士に伺ってみました。するとイギリス英語では“(b) is not really used nowとの回答でした。アルジオ博士「両方とも文法的で、(b)型も廃用ではないが、圧倒的に(a)型の方が普通」とのことでした。そんなわけで、私たちの『ライトハウス英和辞典』では、学習英和辞典として、(a)型のみを示しているのです。以上、学習辞典の舞台裏のお話しでした。

 今日は兵庫県立津名高等学校真鍋伊作先生より、ユメタンの英単語のチェックリストをお送りいただきました。「ダウンロードサイト」に登録させていただきます。真鍋先生どうもありがとうございました。

  • センターレベル英単語

  • 上級レベル英単語 & 上級レベル英単語2 兵庫県立津名高等学校 真鍋伊作先生ご提供

IMG_1479

カテゴリー: 英語語法 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中