つばめ

DSCN3974 久しぶりに広島の「つばめ」に行ってきました。平和大通りの緑大橋西詰南側にお店があります。オレンジ色の看板がすぐ目につくお店です。扉を開くと、「そばいくつ?」と声がかかります。メニューは、中華そば(650円)一本勝負。おでんもあります。中華そばは、醤油とんこつの軽い口当たりです。このスッと口の中に広がる、ほんのり甘いスープ、他では味わえないもので、素晴らしいですね。麺は細麺、やや硬めの仕上がりですが、スープとの違和感はありません。もやし、ねぎ、チャーシュー、麺、スープ、そのすべてが一体感を醸し出します。やはり広島ラーメンの有名店である「すずめ」から徒歩数分の距離にあります。 この「すずめ」(15時以降)や、こちらの「つばめ」(11時30分以降)などを『小鳥系ラーメン』なんて言うみたいですね。私は若い頃から「つばめ」派です。

DSCN3972 改めて壁のメニューを拝見すると、メニューは
・中華そば ¥650
・おでん ¥100
・ビール小瓶 ¥300
・むすび一皿 ¥200
以上!!!
非常にシンプルでわかりやすくていいですね。店内はカウンター三席、テーブルが七卓あり、ゆったりしています。卓上にはコショーのみ。カウンター右におでん、カウンター左端にはおむすび。おむすびはセルフで取りに行くのがこのお店のしきたりです。レンゲもありません。スープをDSCN3973どんぶり直でズズズズッ…スープは、濁りありの醤油豚骨系。醤油はそれほど塩っぽくなく、むしろ甘さを感じます。麺は細麺で、硬めな茹で加減です。チャーシューはもも肉。パサツキとしっとりの間くらい。薄くカットされているからありですね。もやしは少なめでシャキシャキ。ネギのカットは粗め。液体油もあまりなく、サラッと食べられるラーメンといった印象でしょうか。午前11時半からの通し営業という点も、嬉しいお店です。私はいつも帰る時は、ご主人に持ち帰りをお願いして、家に持って帰って食べるほどの、このお店のファンです。もう何十年とこうして通っているお店です。今日も無骨なご主人に、麺は絶対に冷蔵庫には入れるなよ、とクギをさされました。

 ラーメン好きな私に、ここのお店を紹介してくれたのは、詳細な地図まで手書きで描いて持ってきてくれた、数研出版の伝説の営業Aさんでした。この人は現場の先生方の喜ぶ情報をいつも届けてくれる方でした。私が進路部長を務めていた大田高校の進路指導部で、助手さんからお茶が出るお客さんは極めて少なかったのですが、Aさんはその数少ないお茶の出る営業さんでした。「本を売るのではなく、先生の喜ぶ情報を届ける。そうすると不思議と本を採用してもらえる」ということを、身を以て語っていた伝説の女性営業レディでした。今は結婚されてご退職、懐かしいですね。元気にしておられるのかな?

カテゴリー: グルメ パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中