一青窈「千本椿」

 一青窈4 10月22日に発売された、一青 窈(ひととよう)さんのニューアルバム『私重奏』に収録されている「千本椿」(せんぼんつばき)、石川テレビ開局45周年と北陸新幹線開通を記念した「メイド イン イシカワ 見つけよう!石川の底力」CMキャンペーンソングに決定しました(放送期間は2015年9月まで)。このアルバムの中で、私が一番気に入っている曲です。詞は一青さん、作曲・編曲は一青さん最大の理解者、武部 聡(たけべさとし)さんです。間に流れる切ないピアノの調べが、彼女の歌唱力を一段とひきたてます。一青さんに私が求めたい歌は、決して派手な曲・軽快な曲ではなく、「ハナミズキ」や、まさにこの歌のような「泣ける歌」なんです。⇒コチラで聞くことができます  今夜のテレビ番組「アナザースカイ」でゲスト出演した一青さんは、「泣きたい人の代わりに、寄り添ってあげる気持ちで詩を書いています」と宣言し、心のふるさとである台湾を美味しそうに食べ歩いていましたね。今後の彼女に期待しましょう。

いつか君がもし一人旅に出たらそっとしよう
ここで待つから ずっと待つから
おかえり を 言ってあげるから
何も咲いてない山も君を思い浮かべるよ
ほら! 千本の椿
赤い花に、 赤い花になって咲くよ   (「千本椿」 二番のサビの部分)

  この歌のモデルとなっている、ヤブツバキの群生地・石川県珠洲市木の浦周辺は、2月下旬から4月頃にはヤブツバキがあたり一面真っ赤に咲き誇り、訪れる人たちの目を楽しませてくれます。特に、近くにある徳保神社(とくぼじんじゃ)は、「徳保の千本椿」と言われるほどヤブツバキが群生しているそうです。珠洲の大谷と木の浦の間の、椿峠のてっぺんにある「椿展望台」からは、眼下に広がるヤブツバキの林と、その向こうに能登・外浦独特の海岸美を堪能することができます。雄大な大自然の感動の中で、気持ちをリフレッシュして、この詞ができあがっているのかもしれません。一度訪ねてみたいですね。もうすぐ仕事から解放されるので、今から楽しみにしたいと思います。

 あ、そうそう、やはりこのアルバムの中のすてきな曲「風光る」が、協和『フラコラ プラセンタ エクストラクト』TV-CM楽曲に決定しました。山口智子(50歳)さんが出演する協和 エイジングケアブランド「フラコラ」シリーズの原液美容液『フラコラ プラセンタ エクストラクト』のテレビコマーシャルが、2014年12月1日(月)から東京・大阪・名古屋・福岡エリアで放映開始となります。一青さんが大好きな、そしてよき理解者川江美奈子(かわえみなこ)さんの手になる楽曲です。(⇒コチラに川江さんと一青さんのきずなについて書きました) 3種類のテレビCMをコチラで見ることができます。このCMの日の出と夕日のシーンの撮影のために、山口さんは「夕方6時過ぎ就寝、午前1時半起床」という生活で臨み、台本はなく「自然の美しさに助けられて”心の声”が出た」そうですよ。「一生をかけて、いかに美しくなれるか。50歳がスタートラインです。今この瞬間の先に未来がある。いかに今を最高のものにするかです。自分を偽ると肌に出ます。我慢はストレスなので、自分の心と体に何を欲しているのかを問いか蹴る。体は答えを知っていますから。」と山口さん。その背景に流れるのがこの「風光る、いい歌ですね。作曲者の川江さんがコーラスで参加して盛り上げています。絶妙のハモリが最高です。この二人、声の相性が抜群ですね。

カテゴリー: 私の好きな芸能人 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中