wedding night

 新刊の辞典を手にするたびに目が行く、「試し語」(ためしご)なるものをみなさんお持ちのことでしょう。かつて教員になりたての頃、私は、新刊の「和英辞典」を手に取るたびに引いていたのが「初夜」でした。当時辞書の世界に巣食う「孫引き」という因習をまざまざと実感させられた好例で、判で押したようにどの和英辞典もが、bridal nightとなっていたのです。ところが、私が新聞・雑誌や小説で出くわすのはいつもwedding nightばかりで、bridal nightという表現には一度も出会ったことはありませんでした。現実の語法との乖離を見せられた好例でした。

(1) I married a virgin, but I knew on our wedding night that sex was never going to be a breathless part of our lives.― “Ann Landers” Asahi Evening News, Aug.30, 1994

(2) On the wedding night, her parents expect to be able to show proof of her viginity. Time, Apr.2, 1979

(3) “Okay, Loren, get on upstairs. It’s not a good thing to keep a bride waiting on her wedding night.  H.Robins, The Betsy.

(4) But I was eight when I witnessed Sharon’s wedding night, and discovered what IT could grow ITself into.  Anonymous, I.

 確認を取ったアメリカの辞書の老舗メリアム・ウェブスター社の膨大な用例ファイルにも、bridal nightは一例も記録はありませんでした(当時のFrederick Mish編集長のご教示による)。故・ボリンジャー博士も「聞いたことがない」とおっしゃっておられました。最近の和英辞典は、さすがにwedding nightになっていますが…。

【先日の形容詞の語順に関する追記】 センター試験の形容詞の語順を問う問題に関して、「主観的⇒客観的」という大原則を述べました。そしてこれが絶対的なものではないことにも触れました。このことを分かりやすく解説した本に田中茂範『表現英文法』(コスモピア)があります。Mr. Suzuki is a bearded old man./ Mr. Suzuki is an old bearded man. の意味の違いにまで踏み込んで、形容詞の並び順の神髄にまで迫る解説です。私は今の所、これ以上の参考書の解説を読んだことがありません。みなさんにオススメしたい英文法書です。著者の田中茂範先生は35年の大学生活を終えられ、この4月から「PEN英語教師塾」(⇒コチラです)を中心にした活動をしておられます。

 

 

広告
カテゴリー: 日々の日記 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中