秋庭くん、司法試験合格!

 松江北高で午前中に補習科と6Rの授業を終えて、いつものように電動自転車で、今井書店学園店に向かっていました。途中、卒業生の秋庭大輝(あきばだいき)くんに偶然出会いました。彼は3年生と補習科で英語を教えた生徒です。今日の午後4時に司法試験の結果発表があるので(約4500人が受験)、緊張していると言っていました。秋庭くんは、現役生のときに生徒会長を務め、卒業式の感動的な「答辞」で、八幡をはじめ多くの先生方を号泣させた生徒です。2013年の3月1日、松江北高の卒業式において、生徒会長だった彼は、答辞の中で、購買のおばちゃん、長年職員室・進路指導室・補習科を支えてくださっている事務の女性職員、校務技術員さん、学校司書さんの名前を挙げ、お礼の言葉を述べ、壇上に進み出て深々と頭を下げました。私だけでなく、聞いていた周りの先生方はみなさん泣いていました(私の隣の司書さんも)。私が生徒の答辞に涙したのは、北高勤務で後にも先にもこの時だけです。学校を縁の下から支えてくださっている方々の苦労、こんなところに気づける生徒がいることを誇りに思うと共に、彼の大きく成長した姿に心を打たれたものです。

 彼は合格した神戸大学を蹴って、松江北高補習科で浪人の道を選びました。現役の時からどうしても京都大学に行きたかったからです。一年間浪人生活を送りましたが、残念ながら、夢を果たせずに広島大学・法学部へ進学していました(ずいぶん迷いました。現役の時に神戸大学を蹴っているのですから)。でも神様はちゃんと見ていました。そこで精一杯頑張ったんでしょう、成績優秀で「飛び級制度」を利用して、京都大学の大学院に合格しました。そのことを報告に学校に訪ねてくれたことがあります。「強い夢は叶うんだ!」ということを教えられた生徒でした。目標であった弁護士への道に着々と近づいていました。後輩たちにこの経験と高校時代の思い出を伝えて欲しいと、彼に体験談を書いてもらったことがありますので、ぜひお読みください。元気の出る先輩の体験談でした。

・「あむーる」5月号 2017年5月 島根県立松江北高等学校 八幡成人(編)⇒コチラで読むことができます

▲嬉しい報告に来てくれた当時の秋庭くん(2017年3月)

 そして今日の合格発表です。夜電話がかかってきました。「合格しました!」―「おめでとう!!」 電話で北高時代の思い出を語り合いました。いろいろと困難な道のりはありましたが、とうとう目標を達成しました。今日出会ったのは、本当に偶然です。彼は「あの時は、向こうから神様がやってきた、と思いました」と語っていました〔笑〕。これからが彼のスタートです(司法修習生)。きっと頑張って立派な弁護士になってくれるものと期待しています。今日は本当に嬉しかった!!❤❤❤

カテゴリー: 日々の日記 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中