「Intersection」

「Hondoのカードスルーカードは完璧です!」  – M.H.(浜口正樹)
「信じられないほど視覚的で驚くほどシンプルです。これは魔法のようです。」         –エリック・チェン2018 FISMチャンピオンシップ

 昨年から数々のテレビ特番で、また「2019 TMA」で、日本の高校生天才クリエーターM.H(浜口大輝、はまぐちまさき)くんは、クロースアップ・パフォーマンスでスーパー・ビジュアル・エフェクトを実演しました。1枚のカードがゆっくりと他のカードを貫通し、最後、2枚のカードはつながったままでした。この現象はあまりにも視覚的で、観客全体の驚き・歓声はすさまじいものでした。およそCGとしか思えないような現象に、あのMr.マリックさんが「とんでもないマジシャンが現れました!!」と、感嘆の声を上げたのももっともなことでした。⇒私の紹介記事はコチラです

 このとんでもない作品が「Intersection」と題して、発売されました。クリエーターのHondoは、これをより進化したバージョンで演じるため、M.Hくんの現象をベースとして使用して、この作品を製作しました。このバージョンは本家本元のM.Hくんでさえ、驚いた物に出来上がっています。カードが別のカードを視覚的に貫通することができるほか、借りた紙幣にも貫通させることができ、演技の最後に2枚のカードを記念にプレゼントすることさえ可能です。とても視覚的であるため、実際の演技で観客に衝撃を与えるだけでなく、ビデオでの演技もより特殊な効果にすることもできます。解説では、2つの貫通方法を学ぶことができるだけでなく、補足も用意されており、これらの補足を使用して、複製またはカスタマイズする方法を学ぶこともできます。

1.まるでCG(特殊効果)のような視覚効果が得られる
2.簡単な操作だけで、初心者でも簡単に演じれます
3.スーパー・クイックリセット
4.2枚のカードを相手に手渡すことも可能で、その解説も動画でしてあります
5. カスタマイズ方法も解説動画で解説されています

 解説動画URLは、中国語で行われているんですが、見れば理解できます。日本にも入荷次第、すぐ売り切れてしまいましから、その人気ぶりが分かろうというものですね。♠♣♥♦

カテゴリー: マジック紹介 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中