「原因自分論」

 2018年10月にお亡くなりになった、高原慶一朗(たかはらけいいちろう)さん(私の解説は⇒コチラ)の創業された「(株)ユニチャーム」には、「語録手帳」というのがあって、そこには企業活動や毎日の仕事において、社員の行動原則や行動指針となる二百余にのぼるさまざまな言葉が、簡潔に記されています。社員たちは日々の活動心得として活用しています。

 物事の原因と責任は全て自分にある。自分の非力さに原因を求め、他に責任を転嫁しい。原因を自分に求めることにより失敗の教訓を生かす事ができ、人は成長する。     ―「ユニチャーム語録」より

 その中の興味深い一つに、「原因自分論」というのがあって、それはこういうことです。何か物事がうまく運ばない時に、とりあえず条件反射的に人のせいにしてしまう人がいます。「世の中の景気が悪い」「部下がちゃんと働かない」「需要が落ち込んでいる」「上司が認めてくれない」など、自分ではなく全て他に責任を転嫁してしまう人たちです。リーダーたる者は、人を批判したり非難する前に、まず自分の問題として受け止めて、それを解決するために自分としては何を考え、何を行ったらよいのかを考えることが大切です。

 「あなたのせいだ」と相手を責めたくなったときこそ、その指先を自分に向けよう。「原因自分」の考え方が失敗を生かし、人を成長させる。

前を指さす男の子のイラスト

 「こうなったのはおまえのせいだ」と、相手を非難して指さした時の指の形をよ~く見てみて下さい。相手の方に向かっているのは人差し指だけで、残りの中指・薬指・小指はほとんど自分の方を指していますね。残りの親指は天を指して、神様の審判を仰いでいます。他責1に対して自責が3倍大切であることを意味しています。物事がうまく進まなくて人を責めたくなるときでも、その責任は、実は概ね自分にあるものなのです。まず他人ではなく、失敗やトラブルの原因をすべて自分の非力に求めて、その自分を基点にして解決や対処をしていこうという姿勢です。かつて、米国のトルーマン大統領は、「全ての責任はここで止まる」(The buck stops here.)という文字板を、机の上に置いていたそうです。英語には、「問題は自分のもの」(I own the problem.)という言い回しがあります。物事が思った通りに進まなかったり、いろいろなトラブルが起きたりするものですが、その場合に、問題の責任や原因をいきなり人に押しつけるのではなく、自分の問題として考えようという姿勢を言ったものです。「部下が働かないのが悪い」「生徒が勉強しないのが悪い」と他責に走るリーダーが目立ちますが、そこからは何も生まれません。私は生徒の力をつけるために少しでも良い教材をと、自分で開発してきました。自腹を切って生徒たちに届けてきました。The buck stops here.の精神です。

 素直に「自責」の姿勢を心がけて、自ら失敗の要因を改めようとする「原因自分論」。変化した分だけが人生の成長だと評価して日々を送る「変化価値論」。経営の目的は「つねにお客さまに尽くし続けてこそナンバーワン」。以上の三つが、ユニチャームのDNAだと伺いました。いい話でしょ?業界のトップに立つ会社はやはりどこか違いますね。息子さんの現社長・高原豪久(たかはらたかひさ)さんにそのDNAはしっかりと受け継がれているようです。♥♥♥

カテゴリー: 日々の日記 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中