「サーストンの三原則」

 マジックの世界では、古くから知られている言葉に「サーストンの三原則」というものがあります。ハワード・サーストン(Howard Thurston , 1869―1936)という、今世紀前半に活躍したアメリカを代表する偉大なマジシャンの名前を冠した言葉です(写真右)。それは、

原則1.「マジックを演じる前に、現象を説明してはならない」

原則2.「同じマジックを2度繰り返して見せてはならない」

原則3.「種明かしをしてはならない」

というものです。 共通していることは、マジックの本質である「意外性」をなくすようなことは極力避けよ、ということの具体的・実践的なアドバイスと言っていいでしょう。初心者の方には何のことかちょっと分かりにくいかもしれませんので、少し補足しておきましょう。

「原則1」 マジックはその目で見たらわかるわけですから、前もっていちいち現象を言葉で説明するまでもなく、さっさと演技に入ればよいということです。「今から、このビール瓶が空中に浮きます」などと言わなくても、突然ビール瓶が浮遊したほうが観客は驚きますね。「前もって現象を説明しない」ということです。

「原則2」 あるマジックを観客に見せた時、不思議であればあるほど、「もう一度見せて欲しい」とリクエストが返ってきます。このとき、調子に乗って、ついまた同じものをその場で見せてしまいがちですが、これをやると、大抵失敗します。なぜなら、観客はすでにどのような現象が起きるのか知っているわけですから、二度目はその現象を楽しむことより、ひたすらタネを見破るつもりで見ています。そのため、タネがばれてしまう危険性が大変高くなるわけです。繰り返してはダメということです。

「原則3」 「種明かしの禁止」は言うまでもないでしょう。タネを教えてもらうと「なーんだ、そんな簡単なことだったのか」と、今見た不思議な現象に対する感激や驚きも急激に色あせてしまいますからね。失望させるだけです。

 この「サーストンの三原則」を、あえてぶち破って大成功をおさめたマジシャンが、あの大御所のMr.マリックさんです。実演販売員時代から長年培った彼のコミュニケーション術を全部明かしたのが、Mr.マリック『超魔術の裏技術 誰の心でも誘導できる』(ワニブックス、2019年8月)です。昨年、東京の「八重洲ブックセンター」をのぞいたときには、ベストセラーでずいぶん話題になっていましたね(写真下) 。マリックさんは岐阜県の工業高校を卒業した後、「パロマ」に就職しますが、すぐに辞めてプロの道を目指します。ものすごく下積み時代で苦労されたことは、「Mr.マリックの修業時代」と題して詳しく取り上げました。⇒コチラです

▲「八重洲ブックセンター」でベストセラーの仲間入り!!

 その観点からスタートした時、私にはテレビ時代に培った経験則があります。それは“先に結論を言う”というものです。たとえば、人を空中に浮かせる超魔術をやるとします。その際に私はまず、「今から、この人が空中に浮きます。」と、結論を先に言ってしまうのです。言ってしまってから、ゆっくり実演していくのです。CMをまたいでも大丈夫です。視聴者は待ってくれます。ザッピングしたとしても、気になって戻ってきます。NHKの『チコちゃんに叱られる』という番組が人気ですね。チコちゃんが質問してゲストが答える形式なのですが、チコちゃんは早い段階で正解を言います。そしてなぜそうなったのか、というのをじっくり答え合わせしていくのです。(同書、pp.116-117)

 将来に向けて、マジック界を盛り上げるには「誰にでもできます」が大切なことと考えたマリックさんは、簡単にできる「超魔術」を普及させることが自分の使命と考え、いかにしてお客さんを惹きつけるかを真剣に考え、時には繰り返し、タネ明かしをしながら、「サーストンの三原則」をぶち破り、タレントさんたちにマジックを教える番組を作りました。当然のことながら、常識破りのこのやり方に対して、閉鎖的なマジック業界は激怒します。彼はこの種蒔きで必ず5年後にブームが来ますから」と、理解を求めました。現実には、3年で手品用品のブームが到来し、業界が活性化します。マリックさんの眼力の正しさが証明されたのです。♠♣♥♦

カテゴリー: マジック紹介 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中