中村ブレース

 2007年に世界遺産に登録された石見銀山のある島根県大田市大森町、人口わずか400人の小さな町ですが、その入り口代官所跡の隣に、義手義足を製造販売している世界的企業「中村ブレース」があります。社長中村俊郎さんは「世の中の人が少しでも幸せになるお手伝いがしたい」と考え、様々なオンリーワン技術を生み出してきました。最近では人口乳房や指・手などのメディカルアートに進出し注目を浴びています。カンブリア宮殿でも取り上げられたり、数多くのものづくり賞を受賞しておられます。患者さんや障がいをかかえた人たちのために、やるべきこと、考えるべきことは山のようにあるので、会社の社是は「THINK」です。私たちの生き方にも、参考になるところが大きい会社なので、今日は少し詳しく取り上げてみます。

 社長の中村俊郎さんは、地元の大田高校卒業後、京都で義肢装具の修業を積み、1972年24歳のときに単身渡米。偶然出会った島根県江津市出身のオーナーに雇ってもらいながら留学をはたします。ある夜、英会話学校に自転車で通うとき後ろからひき逃げをされ、気がつくと病院の霊安室のベッド。この経験が後の人生に大きく影響する。人間がどん底になったとき、何をして欲しいか、経験した人間にしか分からない願いを原点とした。つらい人の立場に立った優しいものづくりはここから生まれたと言います。

 2年後日本人としては初めての米国准装具士ライセンスを引っ提げて、ふるさとの大森町で起業するのです。しかし過疎化の激しい、さびれた姿のこの田舎町で商売になる訳がありません。夢を持って看板を掲げたものの、当初は全く売り上げのない苦しい状況が続きます「場所じゃない。いいものを作れば、必ず評価してもらえるIMG_2270はず。何よりも再起不能に見えたこの町を、私が一歩頑張ることで明るくしたい」との決意から、研究に打ち込みます。「売り上げなんて期待できない。ともかく、誰か一人に喜んでもらえばいい、喜んでもらえるいい品物を作ろう」「一つの製品でいいから、誰かが喜んでくれれば、そこから希望が見えるはずだ。希望につながればそれでいいじゃないか」会社は技術の確かさもあって、次第に軌道にのり、地元の若者を積極的に雇い入れます。私の以前勤めた大田高校からも、卒業生を受け入れていただきました。中村社長のモットーは「ビジネスの前に、人に喜んでもらえる仕事がしたいんですよ」です。中村さんは「人と同じことはやらない」を基盤に事業展開しておられます。島根県の山の中に本社を置き、日本企業が盛んに生産拠点を海外に移し空洞化が進んだときもまったくそのブームには乗りませんでした。「みんなで一緒に」が嫌いなんです。2008年「カンブリア宮殿」に取り上げられた時の、中村社長の金言は「モノづくりで人の心を温かくしたい」「利益だけで満足してはいけない」「経験を若者に伝えればいつか花咲く」の三つでした。

 そんな中村さんに、澄田信好知事より、島根県教育委員の就任要請があります。委員会で中村さんは「試験の点数ではなく、本当に子どもが好きな人を教員として採用してください。心底先生になりたいと思っている人を採用してください。」と強く主張されました。点数の高さだけで採用された教師の中には、教師として適性の疑わしい人がいる、というのが中村さんの実感だったのでしょう。教育委員長として大森から松江まで2時間かけて通う生活を5年間で400回も続けます。島根県の全ての県立高等学校の図書館に、雑誌『PHP』を毎月長年(平成20年1月号―平成25年1月号)贈り続けていただいたことは、島根の生徒の心の教育をという、中村さんの熱い想いからでしょう。有り難いことでした。

 地元の廃屋になりかけた近隣の家々を、私財を投入して買い取り、修繕して社員寮や工場に活用したりして、保存に努めておられます。地元への深い愛情を感じますね。

 ★ここら辺の様子は、千葉望『500人の町で生まれた世界企業』(ランダムハウス講談社、2009年中村俊郎『コンビニもない街の義肢メーカーに届く感謝の手紙』(日本文芸社、2011年)に詳しく出ています。PHP寄贈のことに関しては、島根県立三刀屋高等学校学校司書渡部信子さんより情報をいただきました。お礼申し上げます。

カテゴリー: 日々の日記 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中