特急「かもめ」のグリーン車

 博多駅長崎駅を結ぶ「特急かもめ」号のグリーン車に乗車してきました。特急かもめ」といっても、885系の「白いかもめ」と呼ばれる「かもめ」と、787系の「黒いかもめ」があります。私が今回乗車したのは「白いかもめ」の方で、大型時刻表では、「白いかもめ」と書かれている列車です。私は昔から、水戸岡鋭治(みとおかえいじ)先生がデザインされたこの「白いかもめ」の大ファンなんです。もう何度乗ったことでしょう。私の壮大な目標が、全国の特急列車を制覇することです。

 この先頭車両の団子っ鼻は、間違いなく「0型新幹線」へのオマージュですよね。「白いかもめ」は、6両編成の特急列車で、長崎駅方面から1号車・2号車で、最後尾が6号車となっています。グリーン車は、1両編成のうちの1号車の長崎駅より半室です。長崎駅に向かっていく場合で考えると、先頭の部分がグリーン車ということです。

 グリーン座席に腰を下ろすとちょっと面白いことに気がつきます。停車中は前面の運転席はすりガラス状ですが、発車すると透き通ったガラス状に変わるんです。これは不思議!乗ったときには、運転席と客室を仕切る前面ガラスが白くすりガラス状で、前を見ることができません。これは、非常ブレーキをかけている時には、白くなるハイテクガラスを使用しているからです。このため、駅に停車するごとに白くなります。もちろん、走行している時はクリアで、前面の美しい眺望がよく見えます。これは、ガラスとガラスの間に液晶が挟まれていて、電流を流すことにより半透明になるんです。運転席において、非常ブレーキが掛かった状態では半透明になるようになっていて、不測の事故の際に目隠しになるようになっているんですね。手が込んでいますね。

 「白いかもめ」のグリーン車の座席配置は、ちょっと特殊です。1人席と2人席の横3列構造で、全部で4列あります。1人席と2人席と書きましたが、各々の座席は独立しています。なので、2人席の片方だけの座席を後ろ向きにするなんてことができます。席番号は、長崎駅方面から見て1・2~4となっています。で、長崎駅方面に向かって、左手の窓側が一人席のA席で、反対側の窓側がD席で通路側がC席です。B席は存在していません。という感じの、全部で12席のプレミアムな空間です(なお、787系の「かもめ」の座席配置は全然異なりますよ)。JR九州によると「高級感のある黒革張りのハイバックシート。アーム部分に取り付けられた白木のテーブルなど、列車とは思えない落ち着いた空間です」とあります。

 「白いかもめ」のグリーン車座席です。テーブルは広げた状態です。なお、普通車も革張りの座席です。シートピッチは当然広いのですが、フットレストがなく、足がなんとなく落ち着きませんね。テーブルもちょっと変わっていて、大きくはありません。折りたたんだ部分を広げると倍の大きさにはなります。まあ、窓枠部分にドリンクぐらいは置けますし、窓側席なら我慢できる程度。コートフックもあり、背面には網状マガジンラックもありますので、ペットボトルなどを入れておくことができます。座席の背面には「チケットホルダー」も。あと、コンセントですが、進行方向に向かって一番前の座席の窓側席のみにあります。車内販売はありません。で、かもめからの車窓ですが、A席は、なんといっても有明海と雲仙岳の荘厳な景色でしょうね。

 セラミック形ハイブリッド塗料の「N9.5レベル」という、塗料の中でも最高レベルのこれ以上ないほどの「純白」を採用しているそうです。一般の新幹線がN8.5~9.0といいますから、その純白度は際立っていますね。しかし綺麗な反面、一方ではそのメンテナンスは大変なんです。通常の車体であれば、二日に一度洗浄するところを、「白いかもめ」は毎日洗浄しなければいけません。当然、当時JR現場からは猛反対されたそうです。「車両の白さを維持することが、JR九州のスタッフの誇りとなる。そしてそんな会社にお客様は夢や企業努力を感じてくれる。さらにメンテナンスのレベルアップにもつながる。私はそう伝え、現場に納得してもらってきました。」 白は国鉄時代からタブー色とされてきました。蒸気機関車が走っていた時代に、石炭の「すす」で車体が黒く汚れてしまうために、車両デザインで明るい色合いが用いられることはなかったのです。その影響で、JRでも長い間「白」を使うことを極端に嫌っていました。水戸岡先生はそのタブーをあえて逆手にとって、挑戦をしました。「そして実際、お客様からは『白い車体がきれいだね』という言葉を多くいただいたそうです。そう言われたらもう、きれいにし続けるしかないですよね。このように、高いハ-ドルがあるからこそ、人は一層努力できるのです。」水戸岡先生。なるほど、逆転の発想ですね。

 乗降口のドアの横に配された、ピンクやブルーのライトに迎えられ、心地よく第一歩を踏み入れました。またデッキには、自然で心地の良い木材を壁や床に使用して「おもてなし」の応接スタイルを取り入れています。これを演出しているのが「墨書」を楽しめるギャラリースペースです。初めて乗ってこれを見た時の驚きと感動は忘れることができません。島原の子IMG_9067守歌や名産、祭り、歴史的な言葉など、豪快でいてかつ趣のある作品を車内に見ることができます。思わず写真に撮ったものです。後にこれが、四宮佑次氏の書であることを知ります。「かもめ」型列車ではこのような「墨書」でしたが、「ソニック」型列車では右写真のような「墨画」になりました。画の内容は、これまた編成によって異なっています。乗るたびに要チェックですね。ちなみにこの「墨画」の作者は、この特急をデザインした水戸岡鋭治先生です。「琳派」の流れによる独特の絵を、水戸岡流にリメイク・リデザインしたものだそうです。電車のデッキがまるで美術館のようです。

 また、全席に採用された、牛の本革張りの座席シートにもたまげました。グリーン車でもない普通車に上質な本革シートと天然木の肘掛けIMG_9075やテーブルが、まるで社長の椅子にでも座っているような気分に浸らせてくれます。水戸岡先生は、ドイツの高級椅子メーカーから着想を得た、と聞きました。そのゆったり感が通勤客だけでなく、私たち旅人を満足させてくれます。「どうして、そんなに贅沢をするのか。」と言う人も多いようですが、実はこれまでの車両の製造費とそんなに差はないそうです。牛の革は一頭単位で取引されています。買った革を何パーセント使うかで値段は変わってきます。傷のないところだけ使おうとすると、一頭の半分は捨てることになります。「特急かもめ」の座席では、傷もOK。少しくらい傷がついていてもいいではないか、捨てずになるべく端まで使ったそうです。多少の不揃いがあるのはそんなわけです。このことは、水戸岡先生が子ども向けに書かれた『ぼくは「つばめ」のデザイナー』(講談社青い鳥文庫、2014年)で知りました。こんな高級な座席を「心ない乗客に傷つけられたらどうしよう」といIMG_9062う心配をする人もいました。デザインが一定以上のレベルに達すると、乗っている人にも一種の心地よい緊張感IMG_9071が生まれるのです。逆に、車両がしっかりしていないと、乗客のモラルも低下する、と水戸岡先生は考えます。全くの杞憂でした。

 上の写真からも分かると思いますが「荷物棚」は飛行機のような美しさの「ハットラック収納式」で、開放感あふれる車内の、すっきりと明るく広々とした印象に貢献しています。荷物が全部隠れ、美しく静かで緊張感のある空間を演出していますね。ハットラックに入りきれない大きな荷物は、1号車を除き各号車に設置されている「ラゲージラック」に置くように配慮されています。いたれりつくせりですね。この「ハットラック」方式を採用するにあたっては、最初は、JR九州からも「蓋の開け閉めは乗客にとって面倒だし、忘れ物をする」と、大反対をされたそうです。水戸岡先生は、次のように喝破しました。❤❤❤

 確かに、荷物棚の蓋の開け閉めは面倒くさいかもしれません。また蓋を開ける時に不意に中の荷物が落ちてくることがあるので、注意をしなければならない。しかし、蓋の開け閉めくらい、手間ひまをかけてもいいと思う乗客もいるのではないかと私は思ったわけです。ちょっとしたリスクで落ち着いた空間を作り上げることができるなら、そのリスクを引き受けてもいいと考える人もいるのではないでしょうか。また、中から落ちてくる可能性があるので注意しなければならないということは、その下に座っている他の乗客のことも考えなければいけないということです。時には声をかける必要もあるでしょう。その時に乗客同士のコミュニケーションが生まれる可能性があるのではないでしょうか。私はこうした考えを主張し、そのつどJR九州の担当者に納得してもらってきました。そして「かもめ」の荷物棚もハットラック式にしてもらいました。もしかしたら私の考えは少し強引に思われるかもしれません。しかし、列車という公共空間に対して私は思っていることがあり、この「なんでも簡単な方向に」という考えは断固拒否したかったのです。     ―水戸岡鋭治『水戸岡鋭治の「正しい」鉄道デザイン』(交通新聞社新書、2009年)

 

カテゴリー: 日々の日記 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中