黒い「セブンイレブン」

 最近訪ねた四国のJR琴平駅の中に、黒い「セブンイレブン」を見つけました。確か、以前にもどこかで見た記憶もあるのですが、定かに思い出せません。「セブンイレブン」の看板と言えば、オレンジの3色がコーポレートカラーです。一目で分かりますよね。この色彩は「セブンイレブン」のシンボルとされており、「色彩のみからなる商標」に日本で始めて登録されています。この一風変わった看板に関しては、セブンイレブンでは、次のように語っています。

それぞれの地域の「景観条例」等によるもので、通常とは異なる看板を設置している店舗が一部ございます。主に、国立公園内の店舗に多くございます。

 看板の色が通常と違うのは、「景観条例地区に指定されているから」ということです。簡単に言うならば、街の景観や雰囲気に合わないド派手な看板や模様はダメですよ、目立っちゃいけませんよ、ということです。同じように景観を考慮して落ち着いた色彩の看板を掲げている店舗は各地に存在するようで、ネット上には目撃談が多数寄せられていますね。コンビニや飲食店の世界は目立ってナンボですが、こられのエリアに出店する際には、街の雰囲気に溶け込むか、目立たないような店舗にしなければならないということです「金比羅さん」のお膝元である琴平もそういう地域なのでした。♥♥♥

カテゴリー: 日々の日記 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中