The Great Houdini Escape

 歴史上最も有名な「脱出王」が、フーディーニです。彼は、あらゆる種類の鎖、手錠、箱から脱出してみせると豪語し、脱出奇術王」と呼ばれました。本物の刑務所に閉じ込めてもらっては脱出、本職の刑事に手錠をかけてもらって一瞬で脱出、というルパン三世みたいな事を、世界各国で実行していました。マスコミの宣伝力を最大限に活用して、センセーショナルな話題づくりで大衆の心をとらえる才能があり、20世紀初頭のアメリカを代表する奇術師として、一世を風靡したマジシャンです。

 そのフーディーニをモチーフにしたマジックが、世界中でいろいろと考案されています。例えばコチラのものを私はかつて紹介しています。

 このたび私の大好きなクリエーターのポール・ゴードン(Paul Gordon)さんが、このフーディーニを題材にしたに新しい完璧なパケット・トリックを発表しました。「The Great Houdini Escape」です。約20年前にも同名のトリックを発表しておられますが、今回ははるかにハンドリングも分かりやすく改善されています。6枚のフーディニーがデザインされたカードを示します。脱出王フーディーニの話をしながら、この中から観客にサイコロを振って出た目を使って自由に1枚のカードを選んでもらいます。選ばれたカードは机の上に出しておきます。残った5枚のカードの裏面を確認してみましょう。すると全て牢獄の中にフーディニーがいます。しかし、机上にある観客が選んだカードだけは、もぬけの殻の牢獄だけで、フーディニーがいないのです。見事脱出したのです。逃げたフーディーニは思わぬ所から出現します。脱出成功です!!高品質なカードに美しい写真が印刷された、オススメのトリックカードです。♠♣♥♦

カテゴリー: マジック紹介 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中